【監督】ベン・アフレック
【出演】ベン・アフレック/アラン・アーキン/ブライアン・クランストン/ジョン・グッドマン/ケリー・ビシェ
【公開日】2012年 10月26日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
イランで過激派がアメリカ大使館を襲撃、大使館員を人質に取る。彼らはアメリカに逃げた前国王の身柄を要求。混乱の中裏口から6人が脱出し、カナダ大使の家に身を隠すが、見つかれば公開処刑は免れない。そこでCIAの人質奪還のプロ、トニー・メンデスが呼び出される。彼が出した名案は、ウソの映画を企画し、6人をスタッフに仕立て上げて出国させると言う作戦だった・・・。
【コメント】
オスカー候補にもなれば遅くとはいえ順次公開の予定くらいはあるかなと思ったいたのですけども、結局地元では公開の兆しが全く無いままレンタル待ちとなってしまったので、自分にとってはホント待ちに待ったと行った所ですね。ベン・アフレックが監督する作品は毎回評価が高いことでも知られていますが、ウソみたいなホントの人質救出作戦を描いた本作もシリアスとユーモアが込められてて、聞き及んでいた通りに見応えがありました。

まあアメリカが長い事機密扱いにしてたっていうのもあるでしょうし自分が生まれる前の出来事でもあるので、人質事件の事や『ハリウッド作戦』なるものも本作で初めて知ったわけですが、大使館員を映画スタッフに仕立て上げて堂々と帰国させてしまおうと言うその大胆な作戦内容には確かに驚いてしまうものがある。CIAの隠密・極秘作戦の類って暗部のような勝手なイメージが頭の中にもあったので、革命真っ只中のピリピリした国の中でこんなバカっぽい作戦が当時実施されていたのかと思うと『事実は小説よりも奇なり』といった言葉もしっくり来る感じ。・・でも端から見ると正気の沙汰とは思えないものだからこそ奇をてらうかのような狙いもあったんでしょうねぇ。バカっぽいとは言ってもその凝り様は観てて凄まじいものがあり、本場ハリウッドのプロデューサーや特殊メイクマンも協力することでニセ映画用の脚本はおろか製作発表まで大々的に行う周到ぶりで、こういう本格的なとこは正にアメリカならではって感じもしますねwそれにハリウッドスタッフに扮していたジョン・グッドマンやアラン・アーキンらの演技も、ガチガチの社会派に思えた本作にユーモアさを盛り込んでるようにも見え、おかげで地固めに割いていた前半をかなり面白く観る事も出来ました。

・・対してイランに現地入りしてからの後半はユーモア皆無なシリアスムードの連続で、目を離せないような展開も長く続くので観る側も気が気じゃないほどハラハラしてしまいますねぇ。脱出させたという結果は分ってはいても、そこに至る過程が凄い緊張感なもんですから、バザールや空港でのシーンなんてもうやばいことやばいこと^^;。個人的には圧倒的な数とアナログ手法でトニーや職員を追い詰めていくイラン革命軍との攻防や駆け引き、飛行機が飛び立っても領空を出るまでは安心できない気の抜けなさといった細かいとこなんかもスリルがあって良かったですねぇ(ただ『待て』って言った時、え?まだなんか問題が?って思っちゃいましたけどw)。
あと『細かい』と言えば、本作のエンドロール前に6人の職員の顔写真や当時の事件の現場などを写した写真が作品のシーンと一緒に出ていましたが、これもかなりそっくりな描写が多くてこの辺りにも結構驚いてしまった。70年代のイラン情勢の忠実さにもしっかりこだわっていたんだなというのも感じ取る事が出来た気がします。


ベンが手掛けた過去作と比べれば今回は政治色も濃くて、正直なところ自分が苦手とする要素も加わってはいたのですが、それでも飛行機に迫る革命軍のような一分一秒を争う描写といった映画ならではのエンタメ性もしっかりあったので、総じて観ればやはり面白かった作品。それに偽者の企画とはいえ『映画で人助けをする』なんてとこもアカデミー会員の琴線に上手いこと触れそうで、作品賞に選ばれたのもまあ納得かなぁと^^;
・・でも逆にベンは監督賞では候補にすら挙がってないんですよね?それがなんとも不思議でした(汗
18年歴史に隠れた英雄 【Story】 1979年11月。革命の嵐が吹き荒れたイランで、民衆がアメリカ大使館を占拠して、52人の職員を人質にとる事件が発生する。その際、裏口から6人の職員
(原題:Argo) ----『アルゴ』って ベン・アフレックが監督・主演した作品だよね。 実話に基づいていると聞いたけど…。 「うん。 この映画は、 1979年のテヘランで起きたアメリカ大使
ARGO 2012年 アメリカ 120分 サスペンス 劇場公開(2012/10/26) 監督:ベン・アフレック『ザ・タウン』 製作: ベン・アフレック ジョージ・クルーニー 出演: ベン・アフレック
飛行機に乗る際のパスポートチェックは、こちらが何も悪い事してないのに、ただでさえ緊張するものである。 言葉が通じない上に、きちんと伝えないと奥の部屋に連れて行かれてしま
【ARGO】 2012/10/26公開 アメリカ 120分監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、スクート・マクネイリー、ク
飛行機に乗る際のパスポートチェックは、こちらが何も悪い事してないのに、ただでさえ緊張するものである。 言葉が通じない上に、きちんと伝えないと奥の部屋に連れて行かれてしま
実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。 イラン革命で占拠されたテヘランの米国大使館。6人の米国人がひそかに脱出し、カナダ大使私邸に身を隠す。

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

後半の緊迫感は素晴らしかったです。結果が分かっているにもかかわらずここまで見ているこちらにあの緊迫感を与えるのは流石ベン・アフレックと感じました。ただメビウスさんもおっしゃられているように、『映画で人助けをする』という点での作品賞はいいとしてもそれを映画化したベンがアカデミーに引っかからないのはなんとも不思議ですよね。

良く分かりませんね

>daiさん♪

凄く緊迫感に富んだ良い作品で作品賞も納得できるのに、監督賞だけ除外されてるのが良く分からなかったですね^^;監督賞候補の他の監督さんたちは作品賞ノミネートとダブルなだけに自分は不思議に感じてしまいました。アカデミー会員の人達は年配の方が多いと聞いてはいるのですが、その人達にベンはあまり快く思われていないんでしょうかね~?ベンはもう監督としても高い手腕があると思ってもいるんですけど、一体何がいけなかったのやらです(汗

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは。
コメント&TB有難うございました。
ベン・アフレックは今回も期待に応えてくれました。
ああいう奇抜な作戦が本当にあった事には驚きでしたが、その架空の映画をネタにして人質を救出するという展開だからこその面白さは感じられました。
「自転車で逃げる」を映像にしてもつまんなかったでしょうし(笑)。
終始緊張感漂うストーリーでしが、空港シーンでは最高潮に達していました。
手に汗握らされるとは正にああいうシーンを指すのでしょうね。
観客を引き込ませる演出の上手さが光った作品でしたが、それがあっての脱出成功時には一緒になって喜べるという楽しさもありました。

期待通り

>ヒロ之さん♪

ベン監督の作品は良作が立て続けでもありますから周囲のプレッシャーとかも大きい感じはしますけど、今回もまた良作で嬉しかったですねっ^^『自転車で逃げる』みたいに本当は地味目な作戦だったとは思いますけど、ベンが手掛けるとエンタメ性も緊迫感も向上してるようでホント秀逸。そいえば自分も最後の飛行機のシーンは、領空から出た瞬間『ふぅ~~っ』と大きく安堵しましたね(笑

こんにちは

もうDVDが出たんですね~
新潟は遅れて1月の公開だったものだから、つい最近みたばかりって感じがしますよ。地元では別のシネコンで再上映中ですし。

とにかく、結果が分かっているのにこのハラハラドキドキはお見事としかえいないですよね。

ベンは監督としてはこれまであまり評価されていなかったのだけど、才能は本物ですよね。
これからも彼への期待度大です!
マット好きとしては、また組んで欲しいなぁとか思ったりもしますが。

ハラハラドキドキ

メビウスさん☆
本当にハラハラドキドキ、胃がキリキりな映画でしたねぇ。
バリバリの社会派に見せかけて、結構エンタメというバランスが非常にいい映画でした。
ベン監督、もっと賞賛されてもよさそうですけどねー

いつかやりそうです

>たいむさん♪

そいえばたいむさんの今年の鑑賞1発目は確か本作でしたよね?1月でも若干遅めですが、お互い昨年の映画ベストに加えられなかったのが残念なとこでもありますね^^;
ベンは次作が出るたびに監督としての手腕が上がってるようでもあって、これだけ期待しちゃう監督さんは個人的にはフィンチャー以外は無かったです。次なる作品は何になるんでしょうね~?次回作かは分りませんが、それでも『グッド・ウィル・ハンティング』の再来とばかりのマットとの共演はいつか絶対やりそうな気がしますw

>まだ~むさん♪

まだ~むさんのような胃がキリキリといった表現は決して大袈裟ではなく、実際自分も心臓が凄い早鐘打ってたので、なんか観ると言うよりは『体験してる』って感覚も強かったですね。当時こんなことが実際起こってたと思うと、トニーも職員達もある意味凄いハートを持ってると感心してしまいます(汗

でもベンの監督賞ノミネートなしは残念ですよね。文句の一つでも言っていいような気もしますけど、作品賞ゲット時の紳士なスピーチぶりといったらもう・・^^;

こんばんは♪

公開されず残念でしたね。これは大きなスクリーンで観て欲しかったです。
まさに事実は小説よりも奇なりでしたよね。
実話ものって忠実に作るといまひとつになってしまうことが多いですが、しっかりエンタメ性もあって結末もわかってるのにあの緊迫感緊張感は半端なかったです。
アカデミーの作品賞は本当に嬉しかったです。
でも私も監督賞の候補にあがってなかったのはいまだに不思議です。

No title

そちらでは上映ありませんでしたか・・・ 残念でしたね。こちらでは車で一時間半くらいかかるところでやってたので観にいきました。そのあとオスカー取ってからもっと近いところで凱旋上映があったりして。まあこういうことに関しては真っ先にそれほど時間もかからずに観られる都心の人がうらやましいですわ・・・
アカデミー賞は基本的に若イケメンに厳しいようで監督賞がなぜか『ライフ・オブ・パイ』のアン・リーだったのも本来ならベンにいく票がみんなそっちに流れたからだとか。かわいそうなベンベン
でも彼はあるインタビューで「監督賞にノミネートされなかったのはみんな残念がってくれるんだけど、主演男優賞にノミネートされなかったのには誰も何も言ってくれないんだよ!」とか笑いながら言ってました。器がでかいですね!

観れないと後悔しますね・・

>yukarinさん♪

自分が観てるシネコンはコロナなんですが、当初はちゃんと10月公開予定になっていたのに、何故か青森だけ外れちゃっていたんですよねぇ^^;3Dに力を入れる前にこういった良作公開にもちゃんと力を入れて欲しいかな~・・と(汗)ホント、この緊張感を大きなスクリーンで観れば、それこそ手に汗握っていたでしょう。今年も多分、こういう悔しい思いをするよーな気がしますね。

>SGAさん♪

都心優先なのは仕方ないかもしれませんが、それでもアカデミー賞のノミネート作品は地元の方でも普段なら単館とかで順次公開してたので、今回アルゴがそのままスルーになっちゃったのはちょっと珍しかったですね。しかし『ゴーン・ベイビー・ゴーン』の時もそうでしたが、もしかしてベンってまだ監督として若輩扱いなんでしょうかねぇ?だから今年の監督賞でもノーエントリーだったのかな?
あ、でもそう言えば主演男優賞からも外されてますねベンベン^^;・・ただまあ人質救出が主な内容でもありましたので、トニー自体はちょっと地味な役回りに見えなくも無いですしね。故に男優賞から外れたのは納得だったり(笑

こんにちは

手に汗握る緊張感とほぐれるコミカル部分の融合が見事でした。空港での緊張感は凄かったですよね!また、言語が通じないものだから「えっなになに、どうなるの…」って思っちゃう。

作品賞じゃなくて監督賞が欲しかったですよね
作品としては多少なりともアメリカ万歳的な内容の部分があるので、作品賞といわれるとちょっと鼻白んじゃう部分があるんですよね
監督としての技量には全く問題ないと思います。むしろ、安定感がでてきたような気がします
これで3作目ですが、どれをみても面白いと思える作品作りはやはり素晴らしいことです(それでも、やはり一作目のゴーン~が好きですが)
イラン側のアルゴも作られるとか作られないとか話がありますが、どうなんでしょうね~
比べてみるのも面白いかもしれませんが…

候補除外の理由

>makiさん♪

シリアスと緊張感の連続の中にも適度なユーモアを加えて面白く見せている点が自分も好感持てましたっ。それにこれが緊迫オンリーだったら多分観終わった後疲れてましたから、コミカルは程よい息抜きになってたと思いますね。

そいえば監督賞に選ばれなかった理由は諸々憶測が流れていますけど、ベンの過去の経歴云々で会員に敬遠されているというのも理由の1つなんだとか?でもそれって作品の出来映えとあんまり関係ないものだからちょっと理不尽に思えちゃうのは自分だけでしょうかね~?過去のベン作品を振り返れば監督技量の申し分の無さは分ると思いますから、歯がゆい気持ちにもなっちゃいますね。

PAGETOP