【監督】ピーター・ジャクソン
【出演】イアン・マッケラン/マーティン・フリーマン/リチャード・アーミテージ/ジェームズ・ネスビット/ケン・ストット/シルベスター・マッコイ/ケイト・ブランシェット/クリストファー・リー/ヒューゴ・ウィービング/アンディ・サーキス/他
【公開日】2012年 12月14日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
ある日ホビット族のビルボ・バギンズは、魔法使いガンダルフからスマウグという恐ろしいドラゴンに奪われたエレボールのドワーフ王国を取り戻すための壮大な冒険に誘われる。伝説的な戦士トーリン・オーケンシールド率いる13人のドワーフたちとともに旅に出た彼の行く手には、ゴブリンやオーク、凶暴なワーグや魔術師たちが跋扈する危険な荒野が待ち構えていた。目指すは東にある“はなれ山”の荒れ地。険しい山々を越え、エルフ族のエルロンドやガラドリエルとの出会いを経て旅は続き、そしてゴブリンのトンネルでビルボは自分の人生を永遠に変えることになるゴラムと遭遇する・・・。
【コメント】
今年は未公開作品の方もあまり鑑賞せず、それこそこういった本格的なファンタジー作品は自分にとっては去年のハリー・ポッター以来だと思うので、やはりどこか待望していた気持ちと言うのは強かった気がしますね。・・とは言っても前3部作のロード・オブ・ザ・リングに到ってはもう1作目から10年も歳月が過ぎてますし、公開に備えての予習もしないで挑んだもんですから単語や人物等はかなり記憶から飛んじゃってるとこもあったりと、ここら辺はハリポタと同じ轍を踏んでいる自分でもあったりで・・(汗
ただそれもまた良かったのか、懐かしさよりもむしろまた新しい気持ちで中つ国のもう1つの物語を堪能できて面白かったです。

前3部作ではホビット族のフロド・バギンズがサウロンの指輪を捨て去る使命を背負いながら壮大な旅を続けていましたが、本作ではその60年前が舞台となり、主人公もフロドから彼の養父のビルボ・バギンズへと交替。指輪を巡っていた時の物語とも少し違い、今度は遥か遠方にあるドワーフ王国に巣くう邪竜の討伐を終着点(?)としているようで、その内容も行く先々の神秘的な光景や幻想的なキャラクター&クリーチャーに彩られていて、改めてとても魅力に溢れてる世界だというのも感じてしまいます。原作の方は未読ですのでどこが省かれていてどこが映画のオリジナルなのかといった詳細な所までは分からないものの、それでも観た感じとしては『丁寧』に作られている感じは抱きましたねぇ。ホビット庄にはじまり、ビルボの家へと押し掛けるドワーフの仲間達にガンダルフ。旅の合間にはドワーフ王国の若き王子トーリンの壮絶な過去と因縁も盛り込み、また前3作を観た人には懐かしい顔ぶれもチラホラとっ。そして後半にはあのゴラムと指輪も登場したりと急ぎ過ぎでもなく緩過ぎでもない展開は個人的には見応えがたっぷりだった♪
・・まあその『たっぷり』と引っ掛けると、上映時間が170分で約3時間近くもあって時間的に余裕もあるからそう見えただけかもしれませんが、しかしこれもまた長大故にだるくなる印象を自分は抱きませんでしたね?むしろトーリン一行の旅は一難去ってまた一難という窮地が立て続けにも見えたので、次がどうなるのかワクワクしてたほどっw

そんな窮地のようなシーンがたくさんあったせいか、アクションの方もオーク軍団とのスピーディなバトルや足場の悪い山脈での巨人との遭遇、トロルの巣窟での集団戦と実に多彩♪ハリポタの魔法バトルも好きですが、スリリングな場面での戦いも多くて興奮出来る分だと自分はやはりこちらのシリーズの方が好きかもしれない。トロルの巣窟でのバトルなんかだと狭い路地をどんどん進みながら敵を倒しては時々の障害を利用して先に進んだりなんだりとテンポも良くて、本作の中では一番好きな場面♪別な見方でなんかピタゴラスイッチのようにも見えちゃったのは自分だけかなぁ~?と(汗
あと意外と言ったらアレですけど、トーリン率いるドワーフたちもかなりカッコ良かったですね。中つ国のドワーフのイメージはそれこそ前3作でレゴラスといいコンビでもあったギムリを嫌でも思い浮かべちゃうもんですから、何といいますかまさかあそこまで俊敏で連携も含めた華麗な戦いが出来るとは・・という意味での『意外』^^;リーダーのトーリンも壮絶過去相まってまるでドワーフ版アラゴルンのようにも見えちゃいましたし、取り敢えず今の所は主人公のビルボより魅力に富んでるキャラクターに見えちゃったのでした。


・・シリーズモノの1作目は何かとキャラクターの自己紹介的な感じだったりあらすじなどに消化されてしまう場合が無きにしも非ずですが、本作はフロドの物語の前日譚でもあるからか、後々に繋がる伏線もちらほらあってそこもまた楽しめたりしましたね。ラスボスになるであろう邪竜スマウグもシルエットは限定的ですので、その凶暴であろう姿も次のストーリーへの楽しみとして持たせているようで今からかなり気になってしまう存在。掴みはOKにも見えますから、次も期待出来そうな予感です♪

※そういえば今回は3D映像の新しい手法で秒間48フレームの撮影を可能にしたという『HFR(ハイフレームレート)』なるもので鑑賞をしましたが、この映像は確かに驚きもありました。あまりに滑らかで映画を観ているという気分はすんごい薄れていましたけど、その分映画の世界へと入り込ませるかのような臨場感は格段に上がってたと思う。HFRは作品のジャンルによってはもう一度体験してみたい映像でもありますねっ。
疲労と至福が混じり合う。  
青い光を放つ剣。黄金の指輪。いとしいしと。
'12.12.10 『ホビット 思いがけない冒険』(試写会)@イイノホール 今年すごく見たくて公開待ってた映画の1つ。先日は、監督&キャストの来日記者会見のブロガーレポーターも体験♪ そんな...
「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の前日談が、再び3部作として戻ってきた。 壮大なスケールで、わくわくの冒険に出かけるホビットが様々な困難を乗り越え成長していく様は、ロ
注目の映画「ホビット 思いがけない冒険」を鑑賞しました。
三部作で描く『ホビットの冒険』の第一部、今回はHFR 3D、3D、2D、そしてそれぞれ字幕と吹替版と様々なヴァリエーションで公開されてますが、2D吹替版で早速見てきました。 ...
続きの上映が待ち遠しいな。
ホビット 思いがけない冒険 '12:米,ニュージーランド ◆原題:THE HOBBIT: AN UNEXPECTED JOURNEY ◆監督:ピーター・ジャクソン 「ロード・オブ・ザ・リング」 ◆出演:イアン・マッケラン、マ...
 ロード・オブ・ザ・リングシリーズも見ていない。見ていないというか、1作目見た時に寝てしまい、再度レンタルDVDでチャレンジしたけれど寝てしまった。と言うわけで本作も見なく...
三部作の第一部。 「指輪物語」は小学生の頃読んだけれど、その前日譚である「ホビットの冒険」は多分きちんと読んでない。 映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの主人公フ
THE HOBBIT: AN UNEXPECTED JOURNEY 2012年 アメリカ/ニュージーランド 170分 ファンタジー/アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2012/12/14) 監督:ピーター・ジャクソン『ラブリーボー
【あらすじ】 ホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)は、魔法使いのガンダルフ(イアン・マッケラン)から思わぬ旅の誘いを受ける。それは、ドラゴンに乗っ取ら

コメントの投稿

非公開コメント

冒険!

冒険に同行している感覚こそ『ロード・オブ・ザ・リング』
『ホビット』もそれは変わっていなくて嬉しかったぁ。

見どころ満載でしたね!

また観たい。
次はHFRで観たい!!

RPGのようなっ

>AKIRAさん♪

ホント、一緒に冒険しているような雰囲気と言いますか、観て楽しむRPGな感覚と言うかw行く先々の色んな出来事にワクワクしつつ幻想的な映像にも惹かれてどこもかしこも楽しめましたね♪次回作も1年後とも聞いてるので、案外また早く冒険を楽しめるかもしれませんね?

HFRも個人的には良かったです♪一見の価値はあるかもしれませんよ?

ご無沙汰してます

こんばんは。
せっかく、この作品に備えて数ヶ月前に『LOTR』を観たのに筋書きの多くを忘れ(~_~;)
HDDには『LOTR』の2,3作も入りっぱなしなのに未だに観ておらず、
なのに、この作品はとっても楽しく3時間見続けていたという変わり者なわたし・・・
でも、時系列通りにお話を観るのもアリにしようと思いました。

ドワーフたちがあまりにたくさん居たのでほとんど覚えられず、
覚えたのは、トーリンとキーリ、という男前2人だったことに自分でも呆れました(;´Д`)

大所帯

>悠雅さん♪

1作目から10年くらい経ってますから、予習しないとやっぱり忘れてしまいますね^^;自分もガンダルフとか主要のキャラクターは覚えていたのですが、エルフの王妃でケイト・ブランシェットが演じてたガラドリエルは新キャラだと勘違いしてので・・・(汗

そいえば仲間のドワーフは今回多いですよね。ビルボも入れれば14人と前3作の2倍くらいはあるんじゃないでしょうか?そんな大所帯でしたから、自分も顔と名前を覚えてたのはトーリンのみw次回作で『このドワーフ誰だっけ?』って思わないようきちんと覚えないといけませんねぇ(汗

ご無沙汰してました

メビウスさん☆
3時間の長さをかんじさせない、ハラハラ窮地がいっぱいの話でしたね。
ピタゴラスイッチですかー確かに!
絶対あんなの助からないっ!と思いながらも、面白く観ました♪

テンポよし

>まだ~むさん♪

このシリーズって旅の道中でもキャラクターの会話だったり回想だったりと、面白さを継続させる要素が幾つも散りばめられているせいなのか、全然ダレないのが良いですよね。ピンチに次ぐピンチを危機一髪で乗り切る展開も好きですし、トロルの巣は岩をごろごろ転がしたり揺れる橋板や梯子を使ってテンポよく敵をなぎ倒したりと、自分にとってはホントピタゴラ感覚でございましたw来年もそういうシーンあればいいな~と♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>トーリン一行の旅は一難去ってまた一難という窮地が立て続けにも見えた

地底から脱出してひとまずENDかな~と思ったらさらにもう一山が! ピーター・ジャクソンのサービス精神に嬉しくなっちゃいましたよ。本当にラブリー・ボーンとはいったいなんだったのかと。
ピタゴラスイッチというかスーパーマリオのようなアトラクションの連続は『キングコング』を思いだしました。これ実際にやったら相当な無理ゲーだと思うんですけど

ラストシーンはなつかしの『エラゴン』と全く同じだなあと思いました。どうか同じ道をたどることがありませんように・・・

黒歴史

>SGAさん♪

そういえばありましたね、ピージャクが前3作の指輪の後に監督した『ラブリー・ボーン』なるスピリチュアルな作品が^^;やっぱりこのシリーズでの功績が非常に大きいからかはたまたこのシリーズで力を出し尽くしてしまったのか、自分にとってもなんとも印象に残らない作品になってしまいました。彼にとっても黒歴史なのかも?(汗

黒歴史な作品と言えば、もう1つありましたね『エラゴン』wあれは主演の人よりもマルコヴィッチが可愛そうに思えました(汗
ホビットはそうあって欲しくないですよね・・。

こんにちは

やはり世界観の作りこみが素晴らしいですよね
今回はRPGの明るいノリだったんで、見やすかったと思います
やっぱり比べるものはLOTR…そう考えると、話が薄いな^;とも思えちゃうのですが、まだ序章ですし、次作が楽しみでもあります
13人のドワーフたちでも見分けがついたのは7人くらい…あ、勿論イケメンはすぐ覚えましたよ(笑)
ギレルモ監督が脚本になってましたが、本来は彼が撮る予定だったんですよね、いやーそっちで観たかったです。どういう出来になったんだろう。

おそらくアクションてんこ盛り

>makiさん♪

3時間分の長大さがありますから、世界観の構築が良く整っている感じがしましたね。これだけ作りこみが丁寧なら170分も苦にならないと言うものw物語もホントまだ序盤でしょうから、本作はまだ土台を作っている所・・と思えば薄味テイストもまた我慢できる部分があります。

あ、そいえば確かにギレルモ監督の名前もありましたね。ピージャクではなく彼が監督を務めてたら、ブレイドやヘルボーイみたいにアクションてんこ盛りになってたかも?(笑

こんにちは!

メビウスさん、こんにちは!
170分という長尺ですが、全く気になりませんでした。
むしろ終わってからも、そのまま続きが観たい!って思ってしまったほどです。
それ位今回もトールキンの世界にどっぷり浸る事が出来ました。
見所満載でしたが、やはり一番はガンダルフのお助けっぷりでしょうかね。
ハラハラさせておいて、ドンッと出てくるその勇ましさに興奮!
ガンダルフ様様ですよねぇ。
2部では遂にドラゴンとの対面になるんでしょうか。
もう待ち遠しくて仕方が無いです。

ハマッたらあっという間

>ヒロ之さん♪

ハマらない人にはひたすら長い170分ですが、中つ国に上手い事入り込むと3時間近くても全く気になりませんよね。自分の場合は鑑賞がHFR(ハイフレームレート)と呼ばれている最新の映像技術で観たのもあってか、もうかなり釘付けになっておりましたw
でも前3作でもそうでしたけど、ガンダルフってホントオイシイ所で颯爽と現れて見せ場を作りますよね^^前3作でもあの巨大なクリーチャーのバルログっていうのと凄い取っ組み合いをしてましたし、本作でも窮地で大鷲を連れてきたりとなんか『狙ってる』としか思えないタイミングの数々ばかり。おそらく次のスマウグとの戦いでもピンチはチャンスみたいな見応えをたくさん作りそうな気がしますねぇ~。

PAGETOP