【総監督】庵野秀明
【監督】摩砂雪/前田真宏/鶴巻和哉
【出演】緒方恵美/林原めぐみ/宮村優子/石田彰/三石琴乃/立木文彦/山口由里子/清川元夢/坂本真綾/長沢美樹/子安武人/優希比呂/沢城みゆき/大塚明夫/大原さやか/勝杏里/伊瀬茉莉也
【公開日】2012年 11月17日
【製作】日本

【ストーリー】
エヴァ改弐号機と8号機は大気圏外でNERVが封印していた初号機の奪還に成功。一方、綾波レイを助けようと行動する過程で意識を失っていた碇シンジは、見知らぬ場所で目覚める。しかし、そこはシンジにとって予想外の状況が目の前に展開されていた・・・。
【コメント】
鑑賞する事前まで本作における自分の情報源が約1分ほどの予告編のみだったため、今回の『Q』の情報はなんだか世間でもネット上でも随分少ないなぁ?というか伏せられてるなぁと感じていたのですが、その理由が始まって数分程のシーンでなんとなく察する事が出来てしまった。まあそれくらい情報云々を狭めでもしなければ、確かに本作は最初から最後まで驚愕できなかったとも思いますねぇ。当初とは若干意味合いの異なる『Q』というタイトルも、ここまで急展開の連続ならば『急』でも全然問題ないのでは?と思えるほどとてもパワーのある内容でした。

そいえば昔・・それこそ旧シリーズの1年前くらい前に出たゲーム作品で、主人公が宇宙漂流をして奇跡的に地球に帰って来たら20年以上も時間が経過していた『ポリスノーツ』というアドベンチャーゲーム(自分がプレイしたのは96年のPS版)があったのですが、冒頭のシンジの境遇は正にソレと似た雰囲気があって、自分のゲーム脳の記憶もふと一緒に呼び起こされてしまいました(笑
前作『破』ではエヴァマーク6が降り立つ非常に気になるシーンで幕引きとなっちゃいましたので、てっきりまた初号機に槍が刺さってのタイムラグ無しスタートも予想してのですが、シンジが目を覚ますと何故か隣には可愛い女の子がいて、見知った人は老け、見知らぬ人が増え、唯一の理解者でもあった大人の女性は『艦長』という肩書きになって巨大な戦艦を指揮し、しかもかつて従事していた職場に反旗を翻していたと来るっ。・・こんな以前とはまるで違う『様変わり』な光景が説明を与える間もなく矢継ぎ早に体験させられてしまうわけですから、まあシンジもそうでしたけど観てた自分も『?』が何個頭に浮かんだか分からなくなりました^^;序・破では再構築された初号機の初暴走だったりマリの鮮烈デヴューというように、自分は最初何かとエヴァ対使徒の激闘が印象に残ってたりするんですけども、今回はやっぱり戸惑いの方が先に来ちゃいましたねぇ。それこそタイトルが表記されるまでの間はまるで『不思議の海のナディア』を観てるかのようでしたし・・。
とは言え、この一連の大変化はその戸惑いが先行したのも確かだけど、やはり同時に圧倒されたのも然りですね。エヴァの世界に巨大戦艦という異色さを持ってくる事自体自分も考えが及ばなかったですし、4部作の劇場版の折り返し地点のような中で更なる新参者を加入させフレッシュさみたいなのを盛り込んできたという点なども踏まえると、前2作以上にインパクトがあるのは当然と言えば当然かも?特にそのインパクト面では個人的にヴンダーの存在感などがなかなかに強烈っ。ミサトの艦長姿にしても凄いカッコ良かったですし、ガンダム作品の方でも別な艦長役がまだ記憶に残ってるせいか、『撃ェーっ!!』なんてセリフもかなり堂に入ってる感じがしました。(ミサトじゃなくて三石さんがねっww)

また『様変わり』な要素は人物等といった目に見えて明らかなものだけでは無く、再構築性がもはや殆ど見受けられないサードインパクト後の崩壊した世界を形作るにおいても際立っており、類似しているのも渚カヲルの結末くらいなものだったので、自分も初見気分で見応えがグンと上がってましたねぇ♪・・・けど、同じ結末故かやはりその後のシンジの転落ぶりも凄まじく、せっかく破で前向きと言いますか内向的な性格から少し男気溢れるものに変わっていく兆候が見られ始めたのに、知らぬ間に大きな罪も背負えば母親の辛い真実も知らされ、そしてトドメはカヲルなわけですから、もう強烈なパンチを食らい過ぎた結果再度塞ぎ込んでしまう辺り、なんか旧シリーズの弐拾四話辺りに戻ってきたような感じがして展開的に少々嫌~な予感がしてきたのは自分だけでしょうかね?^^;
カヲルのこれまでの意味深な発言もループを思わせるような含みを感じられなくは無かったので、そう考えると自分もなんだかネガティブな方向にばかり考えてしまうようになってるんですよねぇ・・。最後久々に揃った3人も見るとお先真っ暗より明るい道を歩んで欲しいとも思わずにはいられませんし、ここから最終的に庵野総監督の真意が『シン・エヴァンゲリオン』とやらでどう描かれるのかも今から気になってしまう所です。


個人的に新劇エヴァには毎回驚かされてはいるものの、今回の『Q』に到っては年月を長大に飛び越えてしまったり『エヴァの呪縛』なる時間の概念或いは人体の成長を無視したような設定も出てきたために、驚愕の度合いは今までの比じゃなかった気もします。自分が抱えてる劇中の様々な謎や疑問の考察をしてる余裕などもあんまり無かったですし、サードインパクトも起こってしまったせいかカヲルとシンジの交流のような安らげる場面や日常的な部分もかなり少なかったので、それが尚更勢いを増してるように見えて、取り敢えず1度目は付いていくのがやっとと言った所。落ち着いた鑑賞も目的にしたリピートは必須かもしれませんね?(汗
もうね、何が何やら。ただ映像と音楽は素晴らしいの一言。
期待を裏切らない、期待の裏切り方だった。 さすが庵野監督。
あけましておめでとうございます。 今年は、かれこれ13年ぶりに年賀状を出しました。祖母が亡くなってからずっと出してなかったのですが、父の三回忌を終えて、何か心境がかわ
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」は新世紀エヴァンゲリオンの新劇場版の第3弾作品として公開され、今回は碇シンジが綾波レイを助けようとしたサードインパクトから14年後が描か ...
社会現象を巻き起こした庵野秀明監督によるオリジナルアニメーション「新世紀エヴァンゲリオン」(1995〜96)を、新たに4部作で描きなおす「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ第3 ...
2012年 日本 105分 SF/アクション 劇場公開(2012/11/17) 総監督:庵野秀明 監督: 摩砂雪 前田真宏 鶴巻和哉 エグゼクティブプロデューサー:庵野秀明 原作:庵野秀明 脚本

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

戸惑いましたね〜、本作は。
前作であった先行きの明るさのようなものが一切なくなっていて、まるでリセットされたかのよう。
このままの調子で最終作にいくのならば、新劇場版を作る意味は?などと考えてしまいます。
これが最終作の前振りであることを祈りつつ、次回作を期待したいと思います。

完結も不安

>はらやんさん♪

時間経過の予想はリツコさんから言われるまで大体感づき始めてはいましたけど、まさかあそこまで長大に過ぎ去ってるとは思わなくて唖然としちゃいました^^;おまけにインパクトが起きた後の世界ってのも尚更驚きですよねぇ・・。前作の前向きさはなんだったんだろうと、自分もなんだかどん底に落とされた気分。
前振りがこうだと完結も特大に不安になってしまいますけど、果たして落とし所は上手く付けてくれるのでしょうか?ループみたいなものだけはやめて欲しいですね(汗

こんにちは

ほんとに突き落とされた感覚の「Q」でしたね。
期待させておきながら一気に落す、という手法はどんな作品でもあるのだけど、このシリーズは落されっぱなしの可能性も否めず、とにかく作り手の意思が作品に色濃く見えてくるので困ります。
本当に、庵野監督はなにがしたいのだろう、とか思ってしまいます。

しかし、映像はさすがに10年前とは比べ物にならないものとなり、ワクワクしてしまうのも確か。
事の成り行きもここまで来たら見届けないとと思うし、いろんなことを祈りながらも、次を待ちたいと思ってます。

落差

>たいむさん♪

観てる側にしてみましたら、それこそ破の続きを予想していた人がたくさんいたと思うだけに、今回の落差は凄いですよね。何でそこから始まるの?みたいな感じで(汗
この急展開は驚きもあると同時に内容が破綻気味にも見えて憤慨する人もいるかもしれませんから、もしかすると新劇場版の中で一番賛否が激しい作品かもしれませんね?ホント、庵野監督の真意が全然見えずで、今回は映像等に救われた感じも否めないですね。何回も鑑賞すれば変わってくるとは思いますが・・。

SGA屋伍一

こんばんは
そういえばありましたね・・・ スケルトンのピアノがただポロロン♪と演奏されてるだけのわけのわからん予告映像がw
今回も途中からやけに観念的になり、冬月司令とパチパチ将棋をさしてるあたりで「このまま終わったらどうしよう?」と言い知れようのない不安を感じましたw
でもそのあとにも一応派手な見せ場があったのでそれでよしとしておきます

あとミサトさんは今回シンジ君にやけに冷たかったですね。彼女にも責任の一端はあると思うんだけど。その辺の真意・和解も完結編で描かれると信じたいところです

ピアノのみでは理解に苦しむ・・

>SGAさん♪

ありましたね、あの当初意味の分からないピアノだけの予告編^^;エヴァの予告編と言うことで期待してた人も多かっただけに落胆する人もまた多かったと思いますが、ただあれも今だからこそ分かるシーンといった感じですよね。でもせめて弾いてる人のシルエットとかなんらかの工夫はして欲しかったかもかも?

ミサトやリツコは世界崩壊の原因を知ってただけに、それをシンジに説明しなかったのは確かにミス。シンジにしてみればショックもでかいでしょうけど、それでもせめてちゃんと言ってれば彼もあそこまで悲劇的にはならなかったとも思いますしねぇ。
でもミサトがシンジに冷たく当たってる理由はエヴァだけじゃないような気もしますよね。どんな真意があるか分かりませんが、その辺りも最後でキチっと消化してもらいたいものですっ。

「急」

メビウスさん☆
「Q]でなくて「急」って上手い事言いますねぇ(笑)
ほんとに急展開で、違った世界になっていて驚きました。
違った世界なのに、確かに24話以降の元の世界に戻ると言う、色々な意味で庵野監督には驚かされっぱなしです。
明るい未来にむかっていくことを臨んでいる我々を、高い位置から見下げて笑っているようにも見えましたね。

またループですかね?

>まだ~むさん♪

14年間の時空跳躍はおそらく誰もが驚くと思うので、当初のタイトル通り『急』でも全然違和感が無いように思ってしまいました^^;しかしこの急展開も庵野監督のシナリオ通りなんでしょうかね~?旧シリーズのような同じ轍を踏むまいと予想してはいたものの、シンジがあんな状態ではまたループの可能性も捨てきれず、今は嫌な予感しかしません(汗)最終作でまた良い裏切り方を期待する他ないかもしれませんね。

こんにちは!

メビウスさん、こんにちは。
難解なQでした。
ネットで調べてようやく(なんとなくですけど)話が解った状態です^^;
それでも観ている間は楽しめちゃいました。
それ位やっぱ自分はエヴァが好きなんだなぁと思いましたよ。
最終作でどう決着をつけるのか不安と期待が入り混じっています。
誰でも納得いくような話であって欲しいです。

じっくり観てます

>ヒロ之さん♪

お返事が遅れてすいませんでした^^;

前2作の繋がりを断ち切るほどにいきなり設定がガラッと変わっちゃってもいますから混乱しちゃいますよねぇコレ。新劇になってからは映像も素晴らしいエヴァですけど、展開も新しくなってる分旧作の知識があんまり役に立たず、自分も購入したBDで何回か巻き戻しながら観てる箇所があります。ただじっくり見るとやはりそこかしこに謎を解くヒントみたいなものや人物関連の秘密もちらほらあったりしますね。
最終作もホント不安と期待が入り混じり・・・でも初号機は復活しそうな予感が大っ。シンジが廃人状態からどう立ち直るかも注目ですねw

PAGETOP