【監督】三池崇史
【出演】伊藤英明/二階堂ふみ/染谷将太/林遣都/浅香航大/水野絵梨奈/山田孝之/平岳大/吹越満
【公開日】2012年 11月10日
【製作】日本

【ストーリー】
蓮実聖司は生徒から“ハスミン”という愛称で呼ばれ、絶大な人気を誇る高校教師。学校やPTAの評価も高く、いわば「教師の鑑」とも呼べる存在だったが、それはすべて仮面に過ぎなかった。彼は他人への共感能力をまったく持ち合わせていない生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)だったのだ。蓮実は自らの目的のためには、たとえ殺人でも厭わない。学校が抱える様々なトラブルや、自分の目的の妨げになる障害を取り除くために、いとも簡単に人を殺していく。やがていつしか周囲の人間を自由に操り、学校中を支配する存在になっていく蓮実。だがすべてが順調に進んでいた矢先、小さなほころびから自らの失敗が露呈し、それを隠蔽するために蓮実はクラスの生徒全員を惨殺することを決意する・・・。
【コメント】
原作は未読なれど書籍の方は書店でも一目を置くくらいの分厚さでもあり、内容知らなくてもその見た目などに驚いてもいたもんですが、フタを開けるとまさかここまで過激なものだったとはぁ~・・--;三池監督のバイオレンス描写に加え、主演の伊藤英明さんも自分が持つイメージとは真逆の演技を披露していたので、この作品は自分の脳裏にもかなり刻み込まれてしまった気がします(汗

出て来るなりとても爽やかな笑顔で職員会議でカンニング対策を熱弁し、生徒たちからもハスミンという愛称で慕われている主人公の蓮実聖司。一見するととても人当たりの良い先生のように見えるものの、実は生まれ付いてのサイコパス(反社会的人格者)であり冷血な殺人鬼の顔も併せ持っており、その常軌を逸した行動の数々は前半に主に描かれている蓮実とは別の教師達の不肖や異常さが些細な事に思えてくるほどにゾッとするものがありましたねぇ・・。
サイコパスっていうのは単語を知ってても意味は知らなかったため、鑑賞前に事前に知っておいて正解でもありましたが、その意味を知ったら知ったで蓮実の異常性と合わせかなり関り合いになりたくない性格(?)の1つだとも思った。何しろ罪悪感やモラルといったものがまるでなく、自分が常に正当であるかのような振る舞いばかりだから、『駄目だこいつ、早く何とかしないと・・』という以前にもう手に負えないといった感じに見えてしまう。最初こそ善良教師の蓮実ですけど、彼の素性がバレそうになったりなトラブルが出始めるとサイコパスの片鱗も現れ始め、それがごく普通の会話などに紛れ込んでいたりもしてるから、なんかこう・・・観てると背筋がブルッとするものもあったりするんですよねぇ。大っぴらで過度な恐怖演出もまあ怖いと言えば怖いのですが、こういったジワジワ~とくるようなものもなんか嫌ですね・・(汗

そんな蓮実を演じた主演の伊藤さんですが、この演技は確かに凄かった。蓮実という人物像に関しては共感もへったくれも出来ませんし、本作のストーリーにしてもただただ血なまぐさいものばかりでしたから、必然的に注目したのはやっぱり伊藤さんそのものなわけでっ。なまじドラマもあまり見てないですから自分のイメージはモチロン『海猿』オンリーですし、正直そのギャップはいかがなものかという興味本位が先行した鑑賞でしたけど、正義感溢れる仙崎とは本当に真逆っ。文化祭の前夜祭ならぬ惨殺祭の無表情っぷりもヤバければ、その時の目の見開き具合も相当ヤバイもので、本当の人格破綻者の特徴を捉えてるかはさておいても不気味さはもう充分に伝わってくる。漫画のセリフも引用するならば、自分が悪だと気付いていない最もドス黒い悪・・『最悪』たる人物を上手く演じていたように思えます。


お目当てでもあった伊藤さんの違う演技の面と言うか幅の広さを改めて知り、そして度肝を抜かされたという点では観た価値は大いにアリだった『悪の教典』ですけど、ただ個人的にやっぱりスプラッターモノってあまり好みな方ではないので、後半はちとしんどかったぁ・・。なんかずっと俺のターンっていうくらい蓮実の一方的な惨殺シーンばかりでしたし、生徒達も阿鼻叫喚や逃亡だけじゃなく反撃とかにももうちょっと色を付けて欲しかった・・かな?蓮実の過去なども個人的には少年期の頃だけで良かった気もしますが、海外に居た頃の凶行も断片的に見せたせいで返って中途半端な印象も残った気がします。
抜群の頭の良さがほしかったハスミン 【Story】 頭脳明晰なうえ爽やかなルックスで生徒はもちろん、同僚やPTAからも信頼の厚い高校教師、蓮実聖司(伊藤英明)。しかし彼の正体は...
監督:三池崇史出演:伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林遺部、浅香航大・・・「海猿」とのギャップが、まさに“エクサレ〜ント”!!
強烈ではあるがアクションが平板で勿体ない。  
2012/11/10公開 日本 R15+ 129分監督:三池崇史出演:伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、浅香航大、水野絵梨奈、山田孝之、平岳大、吹越満、、KENTA まるで出席をとるみたいに、先生...
「悪の教典」(R15+指定)は貴志祐介原作の「悪の教典」を映画化した作品で、学校では人気者の教師が裏ではサイコパス(反社会的人格障害)の持ち主で、様々な事に対して容赦ない殺人 ...
□作品オフィシャルサイト 「悪の教典」□監督 三池崇史□原作 貴志祐介□キャスト 伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林 遣都、浅香航大■鑑賞日 11月11日(日)■劇場 
Data 監督 三池崇史 原作 貴志祐介 出演 伊藤英明  二階堂ふみ  染谷将太  林遣都  山田孝之 公開 2012年 11月
映画「悪の教典」観に行ってきました。「海猿」シリーズその他でヒーローや善人的な役柄を主に担ってきた伊藤英明が一転してサイコキラーな悪役を演じることで話題となった、貴志祐...
 高校の英語教師、蓮実聖司(伊藤英明)は生徒たちから「ハスミン」 と呼ばれ、 そのカリスマ性とルックスにより絶大な人気を得ていた。同僚からも一目置かれ る存在である彼は
「悪の教典」★★★☆ 伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、 林遣都、浅香航大、水野絵梨奈、 山田孝之、平岳大、吹越満出演 三池崇史 監督、 129分、2012年11月10日より全国にて公開 2012,日...
 まだまだ面白い企画はあるものだ。  先日、『北のカナリアたち』に感心したばかりだが、映画『悪の教典』も企画の上手さを堪能した。  林朋宏氏によれば、映画がよく見られる...
悪の教典 MOVIXさいたま ハスミンというニックネームで呼ばれ、生徒たちから圧倒的な人気と支持を集める 高校教師・蓮実聖司(伊藤英明)。 生徒だけでなく、ほかの教師や保護者も
あれだけショットガンをぶっ放しているのに、ご近所さんは気が付かないものなのか?
【=58 -6-】 米子での仕事は終了、あとは懇親会だけだ。  TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる13本目の鑑賞、原作はおもしろかったそうだし、映画自体もたいへんな話題になって
 邦画で学園の残忍なシーンを描いた作品という意味でちょっとバトル・ロワイアルに似てるかなという気もするけど、あの爽やかそうな先生がどう豹変するのか楽しみな悪の教典の記事...
2012年 日本 129分 サスペンス/ホラー/学園 R15+ 劇場公開(2012/11/10) 監督:三池崇史『愛と誠』 原作:貴志祐介『悪の教典』 脚本:三池崇史 出演: 伊藤英明『アンダルシア...
筋トレシーン、excellent、to die?、チーッチッチ チーッチッチ チーッチッチ、パンティ嗅いで美彌とかで笑いを取りにいってますよコレ! AKB大島さんが「私はこの映画が嫌いです」と泣

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

三池監督のバイオレンスと伊藤英明の今までとは
真逆のイメージの怪演で突っ込みどころは満載ながら
飽きずに観れました。

ただ確かにスプラッター嫌いの人はきついかもしれませんね。
私の脇で観ていた人なんて「うっ」とか声を出して、
震えていましたし。

海猿オンリーだったから、
今回の悪の役は冴えた、って感じでした。
私、後半になってからライフル銃でバンバンやりだしてから・・
面白くなりましたわ~(苦笑

ヤバイ兆候ですw

>daiさん♪

三池監督のドギツイバイオレンス描写も久々でしたし、伊藤さんのサイコパスな役も思ってた以上にハマってたので、この2点は確かに見応えがあったと思います。でもコレもう1回観ようと言う気にはならないかもしれませんね~?^^;自分んとこの方でも観終わって照明が付いた瞬間、口々に漏れていたお客さんのため息・・。他の方も多分結構しんどかったのかなと思いました(汗

>えふさん♪

自分も海猿オンリーっなギャップもありますけど、それとは別に伊藤さんの悪い役を演じてる作品って多分観た事が無かったので、その新鮮さも込みな感じだった気がしますね、本作はっ。
と言うか、後半のあのシーンでえふさんワクワクしたのですか?そ・・それはひょっとしたらヤヴァイ兆候では・・?^^;
でもあの惨殺シーンは三池監督の悪ノリも多分に入ってますから、気持ちは分からないでもないですねw

こんにちは♪

ちょっと前までは人命救助してたのにこのギャップ!
かえって面白いと思いましたね。
後半はもう一方的に撃ちまくりで恐怖感よりも爽快感が出てきてしまいました(汗)

ほんの3ヶ月前位は・・

>yukarinさん♪

ホント、約3ヶ月くらい前だと『諦めないでくださーい!!』とか言って必死に人命救助に尽力してたのに、今度は無表情且つ無慈悲に命を弄ぶのですから、これほどギャップの激しいものはないですよね。伊藤さんもこの切り替えは大変じゃなかったんでしょうかねぇ?^^;

あと後半は個人的に爽快感よりも苦笑が何かと多かったですね。散弾銃を持ってるとはいえ蓮実1人だけでしたから、数人がかりでタックルでもなんでもして羽交い絞めにすればいいのにーとか、邪推な事も考えてしまったのでしたw

三池崇史の悪意

観客にいや~な気持ちを味あわせてやろうと、久々に三池崇史の悪意大爆発した作品でした。
この最悪な役を伊藤英明に演じさせる時点でもう毒気いっぱいですね。
まあ結果的に彼が俳優として確実に幅を広げたのは確かでしょう。
やはりメジャーでここまで振り切った映画を撮れるのは三池さんくらいかな。

悪役開花

>ノラネコさん♪

蓮実のサイコパスは生理的に受け付けない人もいるかもしれませんし、彼の生徒の殺害も悪ノリが利いていたトコもあったので、そういう意味では確かに三池監督の意図的な悪意を汲み取れる作品でもありますよね^^;しかも知ってる人なら大半が海猿の正義の人・仙崎を思い浮かばずにはいられない役者・伊藤さんなわけですから、ここもまた意図的w逆にこれを観た後海猿を観たらまた凄いギャップに悩まされそうです。
でも伊藤さんもこれを機にして、悪役のオファーがたくさん来るかもしれませんね?

こんばんは!

メビウスさんこんばんは!
「序章」はシリアスなサスペンスものって感じでしたが、この劇場版はキャラクターといい展開といい、私にはどうしてもコメディにしか見えなくて(笑)
ハスミンの意味のない全裸懸垂からして笑ってしまっていました。
バイオレンスな描き方がいかにも三池さんらしくて、何時もながら凄い作品を作っちゃうなぁと感心させられるものがあります。
やりたい放題、無茶苦茶な銃殺、もうなんか笑っちゃうほどに愉快でした。
AEDを使ったオチも意表を突かれて好きです。
ハスミンは魅力的なキャラだと思いますねぇ。

一方的なのが良かったのかなと・・

>ヒロ之さん♪

序章は未見ですが、本作だけを観る限りでは確かに三池監督の悪ノリで補正したコメディ要素も多くて思わず笑っちゃうとこもありましたよね。「to die?」とか山田孝之がパンツ当てする場面とか(笑)
残酷な描写も多いのは否めませんけど、あそこまで突き抜けすぎているとノリノリな音楽の相乗効果もあって正にエンタメ^^;
そういう意味で考えると、やはり生徒の反撃などをほとんど描かなかったのは正解だったのかもしれませんね?

こんにちは

変に海猿のイメージがなかったのが良かったのかもしれません(あのシリーズTV時代からみてません)
チーチッチ チーチッチ チーチッチ
to die?
これコメディやんよ!!!www とニヤニヤしながら観てました。不謹慎ですかね~
巷では「私はこの映画が嫌いです」とかって泣いちゃう女の子もいるのに、一方でニヤけつつ観てる、同性の私。
やってる事は非道なのに非道にみえないというまさにエンタメ作品になってたと思うのですが、どうでしょうか

ちゃんとエンタメです

>makiさん♪

殺戮的なシーンが多いせいか本作はそこばかりに目が行きがちなとこもありますけど、よく観察すればやっぱりお笑い要素もそれなりに多いですよね^^

そいえばちょっと前に公開された洋画で『スペル』という怖い作品があるんですけども、その作品も『度』が過ぎてるせいで返って笑いも引き出しちゃってるんですよねぇ^^;『悪の教典』もその辺りが同じに見えた感じがします。

PAGETOP