【監督】赤根和樹
【声の出演】入野自由/坂本真綾/日野聡/松岡禎丞/日笠陽子/藤原啓治/茅野愛衣/石塚運昇/松風雅也/子安武人/他
【公開日】2012年 8月4日
【製作】日本

【ストーリー】
皇暦2017年、神聖ブリタニア帝国に占領され「エリア11」となった日本で、王位継承権と母親の命を奪われたブリタニア帝国の皇子ルルーシュが仮面の男「ゼロ」となり帝国に反旗を翻していた頃、ヨーロッパでもブリタニア軍が圧倒的な武力で各国へ侵攻。元ブリタニア貴族のレイラが司令官を務める欧州連合軍の特殊部隊「wZERO」に所属するアキトは、それぞれ凄惨な過去を持つ日本人の少年少女の隊員たちとともに、生還率の低い無謀な作戦に投入される・・・。
 
【コメント】
第1期が確か地元では夜中に放映されていて途中から見始めた記憶があるのですが、その二転三転するストーリーやナイトメアのメカアクションといった燃える要素も相まって、日5枠で始まったR2が始まった頃には自分も久々にガッツリハマるアニメとなっていたコードギアス。故に劇場版も楽しみにしてたのですが、やっぱり地元では公開されずで渋々ながら今回はPSN(プレイステーションネットワーク)を用いてのかなり遅れた鑑賞となりました^^;

テレビ版の方ではエリア11(日本)を舞台にしてルルーシュが母国のブリタニア帝国に反旗を翻す戦いの様子が主に描かれていましたが、アナザーストーリーのような劇場版は場所をヨーロッパに移しており、また登場人物も一新されていたので見知った内容でもなんだか新鮮な感じで観る事が出来た気がしますね。
思えばブリタニアに並ぶ強国と言われてたE.U.側・・まあ中華連邦側もそうなのですが、テレビで見てた時でも断片的にしか確認することが出来なかったため、列強各国の詳しい情勢などは自分も気にはなってたんですよねぇ。でも本作を観る限りだと少なくともヨーロッパ方面はかなり切羽詰った所まで追いやられているようで、世論を気にする国家の内情も大分腐敗が進んでいるのが垣間見える。また日本人=イレヴンに対しての差別的な見方もここでは変わらなく、ヒロインのレイラ・マルカルのような例外を除いては戦いにおいても消耗品のようにしか扱われていないので、なんだかゼロのようなカリスマの存在もいない分エリア11よりも風当たりが相当キツくて劣悪な環境のように思えてしまいますね。そんな印象を抱いちゃったもんですから、個人的に内容が結構ズッシリと重暗いものも感じてしまった。・・でもこういった理不尽な状況や強大な力を持った相手に様々な策を講じて後々スカッと打破していたのがコードギアスの見所でもありましたので、この劇場版でもそんなスカッとさせるものをwZERO部隊の参謀であるレイラがルルーシュのように知略を駆使してブリタニア軍を翻弄してくれるのかな~と思うと、重暗い印象と同時に先の展開を楽しみにさせてくれる内容でもあったかなと。
それともう一つの見所でもあったナイトメア戦に到っては凄いの一言っ。公式サイトを見ましたら『ベルセルク』と同じ手書きとCGのハイブリットを用いているとの事ですが、そのクオリティはテレビ版以上に思えてしまう。ナイトメアのランドスピナーでの疾走は目で追えないほどスピード感が底上げされているように見えましたし、多彩なカメラワークも主人公の日向アキトが駆るアレクサンダの縦横無尽な暴れっぷりを如何なく見せ付けてくれてこれまた迫力満点♪個人的にロボットダイスキーな性分もあってかコードギアスもナイトメアのメカアクション目当てな部分もあったりで、本作でもいっぱい盛り込んでて欲しいなとも思ってはいましたけど、量より質と言った感じの今回のナイトメア戦には序盤だけでお腹一杯になってしまったほどでしたw


全4部で構成される劇場版として先陣を切った第1章である本作は50分と非常に短くもあったのですが、それでも急ぎ過ぎでもなく詰め込み過ぎでもない内容はかなり見応えがあり、且つ後々へも見せ場を上手く繋げた様な風に思えますね。アキトやレイラの過去、そして終盤に出て来たブリタニア軍のシンという人物がギアス保持者であるなど、非常に気になるシーンもたくさんあったのですが、取り敢えず本作は世界観の把握やキャラクターの紹介、wZERO部隊のメインメンバー(?)が揃ったという面持ちを見せたに留めたといった感じでしょうか?続きが非常に気になりますけど、恐らく地元ではまた公開されないんでしょうね~?・・とネガティブに考えちゃうと早くも悲しくなってきた(T-T )
けど最後の予告編ではスザクが出て来たり、wZEROでも内輪もめみたいなのがあったり、C.C.も妙な衣装で登場したりと、第2章も波乱と驚愕に満ちた展開が期待できそうな予感。次に備えてもう一回テレビ版を予習し直した方がいいかもですね?
第2章は来年春かぁ・・・、長いな。

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

劇場公開がないのは残念ですねー。
ガンダムUCもそうだけど、戦闘シーンでの音と振動とスピード感は大スクリーンでみると格別ですし、実際TVシリーズより断然クオリティが高いと思います。(技術は進化しますからw)
それにしても、50分だから出来るのかもだけど、やっぱり50分は短いですよね。ヱヴァくらいの4部作なら良いのに・・。

内容は、意外にもと言っては失礼だけど、ワクワクするものでしたねー。本編ではほとんど触れられなかったEU地域紛争だから多少明後日も話でも、逆に本編にも干渉することにはならず、後付けなのに自由に弄れるのかもしれません。あんなにシビアな環境だなんて知らなかった、ですよね(笑)
折角の機会、サーガの面白さをいかんなく発揮してもらいたいものですね。
でも、ブリタニアに敗れる結末は解っているので、レイラやアキトの結末は悲劇的なものに成り兼ねないのがちょっと心配。コードギアスだし。(まぁ死んだことにして別人になってハッピーもある?スザクのようにw)

逆転につぐ逆転、そして大ドンデンがコードギアスのお家芸ですし、そこをきっちり継承したEU編を満喫したいですねw

出来れば救いのある方向に

>たいむさん♪

鑑賞した後に公式サイトの方で順次公開の劇場リストを拝見したのですが、地元唯一の単館で11月に公開らしく、これまたなんとも遅い公開・・^^;しかもその11月ってエヴァとモロ被りもしてるので、タイミングが悪いにも程があります(汗)本作は世間での評価も結構良かったと聞いていますので、第2章は拡大公開も視野に入れて欲しいんですけどねぇ~?ナイトメアの迫力バトルなどは自分も劇場の環境で観たいですしね♪

また今回の内容もコードギアスをテレビ本編しか見てなかった自分にとっては、作品の世界観を広げてくれた意味でも結構見応えがありましたね♪
・・あ、そいえばE.U.はR2の方でスザクのランスロットにコテンパンにされてたシーンもあったと思うので、予告編のスザクはE.U.に向かう道中ってことでしょうかねぇ?そういう後々を考えれば確かにアキトやレイラを含むWZERO部隊にハッピーな結末は薄そうな気もしますけど、それでももしかしたら案外08小隊のシローとアイナみたいに密かに生き残ってひっそりみたいな結末も無きにしも非ずかなと?もうかなり妄想の域になっちゃってますけど^^;

でもテレビ本編の方がちょっと個人的に悲しくもあった結末だったので、出来れば劇場版はなるべく幸福な方向に進んで欲しいものですね。

SGA屋伍一

こんばんは。まずは100万アクセスおめでとうございます♪

メビウスさんはプレイステーションでご覧になられたのですか。ガンダムUCなどもそちらで観られるようですね。アニメの見方も本当に多種多様になったものですね
アキトやレイラにはなんとか幸せになってほしいものですが、EUという国家には非常にむかつくものを感じたので(笑)、これからブリタニアにメタメタにやられるのかと思うとザマーミロって感じです

次回はアキトとスザクの対決が見られるかな? アキトと狭山リョウとの関係もどうなっていくのか興味津々です

恩恵

>SGAさん♪

プレステ3を介して色々な映像配信をダウンロードすることができるプレイステーションストアの恩恵は、レンタル店が離れ過ぎてたり、地方で放映されない最新のテレビアニメをいち早く見る事が出来るという点では自分も非常に重宝してますね。これが無ければ今以上にアニメ関係は疎くなってるはずですので・・^^;(汗

EUという国家自体が腐ってるせいか、確かにアキトやレイラのこれからの行く末は非常に不安なものがありますよね。テレビ本編でも確かスザクのランスロットが介入してメタメタにされてた記憶もありますから、亡国のアキトはバッドエンドを想定して鑑賞するべきなのでしょうか?
リョウたちもWZEROに加入して絶対一悶着ありそうですから、2章は何かとハラハラした展開が多そうな気もしますね。

PAGETOP