【監督】トニー・ギルロイ
【出演】ジェレミー・レナー/レイチェル・ワイズ/エドワード・ノートン/アルバート・フィニー/ジョアン・アレン/デビッド・ストラザーン/スコット・グレン/
【公開日】2012年 9月28日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
CIAの極秘プログラム“トレッドストーン計画”によって生み出された最強の暗殺者、ジェイソン・ボーンがロンドンで新聞記者に接触しようとしていた頃。ボーンと内部調査局のパメラ・ランディの告発によって計画が明るみに出ることを恐れたCIA本部では、国家調査研究所のリック・バイヤーが証拠隠滅のために全プログラムの抹消を命じる。一方アラスカのCIA訓練地では、“アウトカム計画”によって生み出された暗殺者、アーロン・クロスが訓練を積んでいた。薬の服用を義務づけられていた彼は、相次ぐ予定変更によって自分の身に迫る危険を察知する。一方、彼の体調を管理しているステリシン・モルランタ社では、突然職員が銃を乱射。居合わせたマルタ・シェアリング博士は九死に一生を得るが、研究所で行なっていたことに事件の原因があると知っていた彼女に、再び危機が迫る・・・。
【コメント】
そいえば4年ちょっと前の『ボーン・アルティメイタム』が公開された時、記事上でシリーズのストーリーの幅を広げた続編が出るかも?なんて冗談半分な予想をしてましたけども、まさか本当にその類が出るとは思いませんでしたねぇ・・。ジェイソン・ボーンが活躍する前3部作は個人的に良く出来たストーリーで終わり方も想像力を掻き立ててくれましたし、あれで終わっても問題無かっただけに、実は同時進行である計画が進んでいたという内容はなんか掘り下げてる感もあり、好きなシリーズなれどどこか手放しで喜べない部分もあった・・。そんな怪訝な気持ちもあったせいか、やっぱりイマイチな印象を抱いてしまった作品でもありましたね、この『ボーン・レガシー』はっ^^;

自分の思い込みなんかもそのイマイチに起因してはいるので全部が全部作品のせいとも言えないのですが、それでもマット・デイモン主演の『ジェイソン・ボーンシリーズ』と同じ時系列で並行して動いていたもう一人の暗殺者の物語という事となれば、やっぱり自然と今回の主人公であるアーロンにもハードなアクションや追っ手とのチェイスなどがふんだんに盛り込まれていると思い込んでだけに、冒頭から前半に掛けてのびっくりするぐらいな『緩さ』にはあくびが出てしまったのも正直な所なんですよねぇ・・。アーロンの雪山での訓練は理解するまで『何してるの?』とどこか曖昧な感じでしたし、CIAが計画を抹消すべく関係者を一掃する過程も前シリーズの映像と連動させてる分、それが余計に長ったらしくも感じてしまったほど。と言いますか、せっかくリンクしてるのならばそこにジェイソンを少しでも映してくれたらどれだけ嬉しかったことやら。むしろリンクして理解出来たことは、やたら工作員のの育成計画を進行してたせいで、いざ計画が狂ってしまうと修正が困難になってしまっているCIAの無能さが露呈してるようで、ひどく滑稽にも見えてしまいましたねぇ。観ててやる気あるのかな?とも言いたかったくらいです(・・逆を考えると単にボーンとアーロンが凄過ぎるだけとも言えますが・・(´▽`;))。

でも最初こそ個人的に耐えるような鑑賞を強いられてはいましたが、マルタと合流してからのアーロンの凄まじい戦闘力が披露されると、それまでの緩さが圧巻と興奮に変わり、ノンスットプな逃亡劇とも相まってそこからグッと見応えも上がってはきましたね。人間離れした身体能力や偽造パスモートも即席で作っちゃう技術力と、CIAの追っ手も難なく振り切ってしまうその能力の高さはボーンと比べても見劣りしないほどの強さで、クライマックスのスピード感溢れるバイクチェイスもシリーズのお約束を踏襲してるようでこれもまた迫力満点♪・・・ではあったのですが、良くも悪くもチェイスのみに徹したのが駄目だったのか、ここも山場がちょっと拍子抜けと言うかあっさりめだったかなぁと?せめて超絶な暗殺者同士の能力を駆使した全力のぶつかり合いみたいなのがあれば良かったんですけどね~。おかげでNO.3の凄さも殆ど伝わらなくて、ラークス計画って本当にトレッドストーンやアウトカムより優れているのかと疑問に思ってしまいました(汗


・・まあアーロンの人間兵器っぷりは確かに凄かったのですけど、こと彼のアクションシーンなどにおいては自分が想像したような、もしくはそれに近い展開を望む事ならずで、あまり満足感を得られなかった本作。あとジェイソンのような自分探しとは異なり、アーロンは薬欲しさのシンプルな逃亡劇でもあったので、スピンオフ的な作品として変に続かずここで留めておいてもいいような気はするのですが、最後のパメラの一件やラークス計画の事をうやむやにしない意味でもまだ先があるのかなと思うと、今度はやっぱり『不安』の方が大きいかもしれませんねぇ?せめてジェイソンがまた帰って来てくれれば嬉しいのですが・・^^;
寝てしもた〜〜 終わったな、これは。(^^ゞ 「ハート・ロッカー」で見て以来、ジェレミーレナーってなんか好きなんですよ。 「アベンジャーズ」はいかなかったけど(おい) 「ミッシ...
原題:The Bourne Legacy監督:トニー・ギルロイ出演:ジェレミー・レナー、レイチェル・ワイズ、エドワード・ノートン、アルバート・フィニー、ジョアン・アレン、予告編が上手すぎる〜!
記憶を失ったスパイ、ジェイソン・ボーンの戦いを描いたロバート・ラドラム原作、マッド・デイモン主演の人気スパイアクション3部作(「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・ス ...
 JUGEMテーマ:洋画     ◆ボーン シリーズ    無人機をライフルで撃ち落とし、体内のカプセルを    メスで使って取り出すシーンは、秘
監督 トニー・ギルロイ 主演 ジェレミー・レナー 2012年 アメリカ映画 135分 アクション 採点★★ 『ボーン・アルティメイタム』で最高の幕引きを見せた“ジェイソン・ボーン
前半、ちょっと退屈・・・。
Data 原題 THE BOURNE LEGACY 監督 トニー・ギルロイ 出演 ジェレミー・レナー  エドワード・ノートン  レイチェル・ワイズ  ジョーン・アレン  アルバート・フィニー 公開 2012年 9月
「ボーン・レガシー 」★★★☆ ジェレミー・レナー、エドワード・ノートン、 レイチェル・ワイズ、ジョアン・アレン、 アルバート・フィニー、デヴィッド・ストラザーン、スコット
 完結編と思われた前作のボーン・アルティメイタムから約5年。ボーン・レガシーを見てきました。
ジェイソン・ボーンは 氷山の一角に 過ぎなかった。 −感想− え?なにこれ。 すっごく普通なんですけど。 新鮮さも無ければ斬新さも無い。 在り来たりのアクション映画。 面白くな
ジェレミー・レナーさんを主人公にもってきた、「ボーン」シリーズのスピンオフ的作品。 「トレッドストーン計画」によって生み出された暗殺者ジェイソン・ボーンが、ロンドンで新

コメントの投稿

非公開コメント

前半の雪山のシーンはジェレミーが見れたけど、、、
なんか何してるのかいまいちで退屈でしたね。
しかも薬探しの旅になっちゃって~(汗
バイクのシーンだけは面白かったけど、
ジェイソン・ボーンと絡んだ壮大なお話かとおもってたので
あれ?って感じでしたわ(苦笑

チョイでもなく・・

>えふさん♪

冒頭の雪山の件は訓練というのは何となく察する事が出来たものの、アーロンは一言も喋らないし、訓練の過酷さもイマイチ良く表現されてなかったかもしれませんね~?自分のコンディションもちょっと悪かったので、最初からかなり生あくびをしてしまいました(汗

自分は絡まなくても良かったので、せめてアルティメイタムで奮闘しているジェイソンの姿を少しでも映してくれれば嬉しかったのですが、結果的には顔写真のみでチョイ役ですらない扱いだったのが残念ですね^^;

こんにちはw

”アーロンの人間兵器っぷり”は雪山や狼対決で良く分かったけれど、ちょっと長過ぎ。最強?の№3と鬼ごっこだけにするくらいならば、こっちで強靭さを見せつけても良かったかなって。

アーロンが何故人間兵器になる事を自ら望んだのか?
ジェイソンに負けないくらいの深いものを新シリーズでも見せて欲しいですね。(ジェイソンを再び登場させるような話題性で盛り上げるのではなく)。

アーロンでどれだけ面白くなるか?

>たいむさん♪

訓練のシーンは確かにちょっと長過ぎましたね。CIAの計画頓挫から関係者抹殺に到るまで丁寧に見せたかったというのもあったかもしれませんが、全てが把握できて事が動いた頃にはもう中盤辺りでしたもんね^^;まあある意味でジェイソン・ボーンとは違った見方は出来ましたけども・・・(汗

でも自分はマット・デイモンが出来れば出て欲しいとも言っちゃいましたが、もしそうなりでもしたら先ず間違いなくジェレミー・レナーは食われちゃいますね・・(汗)。話題性で登場させるのは確かに危ない。新主人公アーロンで如何にボーンシリーズの世界観と内容をまた面白くさせるかが急務ですね。

SGA屋伍一

雪山のあたりではアーロンを迎えに来たエージェントが結局どういう人なんだかよくわからないまま退場してしまったのが「?」でした。まあこのあたりもわたし嫌いじゃないんですけど
とりあえずあと二つばかり主人公の違う続編を作って、最終的に『アボーンジャーズ』で全員集合したら盛り上がると思います。他のメンバーはトム・クルーズとかダニエル・クレイグとか

今となっては・・

>SGAさん♪

そいえば雪山の小屋にいたあのエージェントは結局どういう人だったのかちょっと分かりませんでしたね^^;アーロンとのぎこちない会話でてっきりアーロンを秘密裏に抹殺しにきた刺客の類だと思ってたのですが、爆散してしまった今となっては想像を膨らませるしかないですね・・(汗

でもこのシリーズを観てCIAの工作員を育成する計画はたくさんある事も知ったので、異なる計画で生み出された工作員同士が結託して大元(CIA)を叩くという展開になれば盛り上がりそうですよね?それこそジェイソン&アーロンみたいな感じでw
けどアボーンジャーズはちょっとオバカっぽい響きでは・・?^^;

こんばんは。

メビウスさんこんばんは!
ちょっとこれは自分的にも余り盛り上がらない作品でした。
なんか話も良くわかんないし、動きよりも台詞で見せる作品だったので序盤から直ぐにダレてしまいました。
アクションシーンもそれなりのことはやっているんですが、然程目新しさも無かったので、燃えるものもなかったです。
もう少しテンポが良かったらなぁってのも思いました。

負の遺産

>ヒロ之さん♪

やはりスピンオフがオリジナルを超えることはちょっと難しいのかもしれませんね?^^;前半のもっさりっぷりがやっぱり仇になってしまったのか最後までずるずると煮え切らない感が強くて、せめて掴みはオッケーとばかりに冒頭で凄いアクションとか見せて欲しかったかもしれませんね。『レガシー』は遺産と言う意味らしいのですが、結局その名の通り、シリーズの負の遺産となってしまった気がします(汗

こんにちは

いまいちでしたねえ。
最強の暗殺者とかいわれてた相手のチェイスシーンも呆気ないし、なによりレイチェル・ワイズに蹴り殺されるという…ふがいなさ。
ボーンの時にはビンビン感じていた知的戦闘能力がアーロンには全く感じなかったのも残念の極み。
シリーズに執着しすぎたのか、「ジェイソン・ボーン」と名前がでるたび、辟易してしまいました
それに前半部のダレることダレること!「これ詰まんない作品なのかなあ…」と不安になっていたらそのまんま終わってしまった!
ボーンのように「理由」がたいして重みがないためかもしれませんね。薬への執着ってだけではなあ…

薄味です

>makiさん♪

ジェイソン・ボーンの自分探しと比較してしまうと、やはり薬目的なアーロンの物語はちょっと薄味でしたね。過去になんらかの出来事があったのは回想シーンからも察する事が出来るのですが、それで引っ張るにはやはりパワーが足りなかったようで・・^^;
ホント、せめて終盤の最強の暗殺者とのチェイスが盛り上がればよかったんですけどね。追い付いた結果主人公じゃなくヒロインにしてやられてしまうというオチも妙に釈然としないモヤモヤが残ってしまったわけで、これはやっぱり続編・・・・は、やめた方が賢明でしょうかね?(汗

PAGETOP