【監督】滝田洋二郎
【出演】岡田准一/宮崎あおい/佐藤隆太/市川猿之助/笹野高史/岸部一徳/渡辺大/白井晃/横山裕/市川染五郎/中井貴一/松本幸四郎/他
【公開日】2012年 9月15日
【製作】日本

【ストーリー】
将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれ、学問への造詣も深い安井算哲。しかし出世や富には興味が無く、自分の好きな算術や星の観測に熱中している時は周りが見えなくなってしまう。若き将軍・徳川家綱の後見人である会津藩主・保科正之は彼を見込み、新しい暦を作るという大計画のリーダーに抜擢する。しかし、この計画には途方も無い時間と労力がかかる上、長年に渡りその莫大な利権を持っていた朝廷を敵にまわすも同然という大きな問題が立ちふさがっていた・・・。
【コメント】
日本の暦といったものはカレンダーなどでも度々目にするものですし、そうした常日頃に見る当たり前にあるものだと思ってたとこもあってか、暦を誰がどのように定めたのかという突っ込んだ部分には今日まで見向きもしなかったので、本作はその歴史の一端を知るという意味でもなんか見応えがあったように思えますねぇ。滝田監督の作品『おくりびと』でも納棺師という聞き慣れなれない職業を介した人間模様がとても良かったですが、本作でも日本独自の暦を築いた安井算哲の知られざる偉業もなかなかにドラマチックでした。

800年以上も用いてきた古い暦表にズレが生じてきたため、改暦と言う一大事業を任される事になった碁打ちの主人公・安井算哲の成長を描いた本作は、自分が時代劇の作品(しかも史実モノ)で内心に抱いているお堅いイメージが良い意味で『薄い』感じもしまして、それによって本作はとても『見易かった』という印象もあったように思えます。
でも算哲は碁打ちの名人でもあると共に算術などにも長けているので、正直なところ劇中に出て来る天文学や暦学、そして碁に到っても無知の極みなので、それらに関して言えば真に理解できるものなど殆どありませんでした・・。けど算哲が体験する挫折や苦悩、そして様々な人との関わり合いを通して、彼の改暦に掛ける執念のようなものはとても強い思いとして理解する事が出来たのは確かで、えんも言ってましたけど『成すべき事は分かる』と言った感じっ。・・まあ理解できなかった部分にしましても、江戸初期の情勢を通して『へぇ~』と頷くとこが多かったですし、碁にも御前での対局があったのかぁとか、絵馬に算術の設問を貼り付けたりしたりとか、人物に到っても水戸黄門のイメージが強いだけに豪胆な光圀公の姿などに驚いてしまったりと、こちらも不満の対象と言うよりは興味深かったという見方の方が正しい気がしますね。

また主人公の安井算哲の人物像も面白く、こちらは碁打ちの名士とか算術に長けた秀才のような面よりも、むしろ自分と同じ『オタク』っぽい面が見受けられ、前半の絵馬の設問解きのように、好きなものに没頭するあまり周りが見えなくなったり無頓着になったりするそういった一挙手一投足がなんか面白かったですし、『ああっ!!』といううっかり声が出るたびに自分も笑ってた。演じてる岡田准一さんの時代劇役というのも最初は珍しい感じがしましたけど、根が生真面目で好青年風な算哲はなかなかのハマリ役じゃないかなと?
あとハマリ役といえば個人的には宮崎あおいも良かったですね♪なまじ普段からドラマなどを見ていない分、彼女を本格的に注目するようになったのは『少年メリケンサック』からなのですけども、それ以降の映画作品との比較のせいか彼女って自分の中では妻役が凄くハマってるように思えてしまい、本作でも清楚ながら芯が強く算哲を支えるえんを上手く演じてたように思えますね。
・・なんか勝手に自分の中で若妻イメージが定着しつつある彼女ですが、出来ればこれからの作品でも妻役を多く演じて欲しいと切に願っちゃったりもしてます(笑


原作未読でもあるし史実でもあるので、観ている最中どこが変わっててどの辺りが本当なのかという疑問もありましたけど、どうやら脚色も多分に混入してるらしいので『あ、やっぱり?^^;』という感じで最終的には実直な時代劇と言うよりも娯楽要素込みのエンターテイメント作品として気軽且つ楽しく観れた本作♪長い年月を掛けて挑んだ改暦事業が突貫工事のような早急さに見えた妙は時間の関係上しょうがないかもしれませんが、それ以外はキャスティングも豪華でしたし、音楽もおくりびと同様久石譲と磐石にも見えましたから隙も少なく、個人的には好みな作品でございました♪
渋川春海って“はるみ”って呼ぶんだ。ずっと“しゅんかい”だと思ってた。
映画「天地明察」を鑑賞しました。
「天地明察」★★★★ 岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川亀治郎、 笹野高史、岸部一徳、渡辺大、白井晃、横山裕、 市川染五郎、中井貴一、松本幸四郎出演 滝田洋二郎監督、 141分...
天地明察     監督: 滝田洋二郎    出演: 岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川猿之助、笹野高史、岸部一徳、渡辺大、白井晃、横山裕、市川染五郎、中井貴一、松本幸四郎、
★★★★★ 岡田准一の表情がいい。算術や天体観測、暦研究など目の前の新しいこと全てにワクワクしている様子が伝わってくる。青年期から壮年期までだけなのに、大河ドラマを見て
□作品オフィシャルサイト 「天地明察」□監督・脚本 滝田洋二郎 □脚本 加藤正人 □原作 冲方丁□キャスト 岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川亀治郎、笹野高史、    
 『天地明察』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)原作〔冲方丁著『天地明察』(角川書店、2009年)〕を本屋大賞受賞の際に読み、大層面白かったので、映画の方はどうかなと映画館に...
映画「天地明察」観に行ってきました。冲方丁による日本の時代小説を原作とし、日本独自の暦を初めて作り上げた歴史上の人物・安井算哲(渋川春海)の生涯を描いた人間ドラマ&歴史...
 滝田洋二郎監督は大きな勝負に出てきたな。  『天地明察』を観て一番に感じたのはそこだった。  『天地明察』は勝負を描いた作品である。算術の設問を出し合う勝負、囲碁の勝
天地明察 MOVIX川口 太平の世が続く江戸時代、算哲(岡田准一)は碁打ちとして徳川家に仕えていたが、 算術にもたけていた。 もともと星を眺めるのが何よりも好きだった彼は、ある
 冲方丁原作の同名時代小説を、「おくりびと」の滝田洋二郎監督、V6の岡田准一主演で映画化。江戸前期、得意の算術を用いて、日本の正しい暦作りに尽力した囲碁棋士・安井算哲(の
冲方丁の小説は何となく題名だけは知っていたのですが、どんな内容なのかは全く知りませんでした。ただ本屋大賞を受賞したりで人気があるんだろうなあ、ぐらいに考えていたのですが...
江戸時代に日本独自の暦作りに挑んだ実在の人物・安井算哲の生き様を描く時代劇ドラマ。原作は吉川英治文学新人賞、本屋大賞など数々の文学賞を受賞した冲方丁の同名小説、未読です...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちはw

私も囲碁はしらないし、安井算哲の功績なんて「そうだっけ?のレベルでした(^^;
まぁ「陰陽師」のお話は好きなので、多少なり知識は有ったけれど、この小説を読んでなるほどな~って思った覚えがあります。

どこまでが創作かといえば、たぶん安井算哲のひととなりとか自身のエピソードは概ねそんなところではないかと思うけれど、「オタク」の習性はなんだか共感できるところですよねw
まぁオタクというと、未だに負のイメージが付きまとうい感じだけど、ダビンチだってエジソンだって偉人と言われる人々も技術者や研究者なんかはみんなオタクですもんね。
まぁ自分らレベルでは何も成し得ないだろうけれど、お互い好きなものに没頭しつつ精進しましょうね(笑)

岡田君のちょんまげは案外良いですよ。
「花よりもなほ」はご覧になってませんか?

好きこそ物の上手なれ

>たいむさん♪

暦は確か陰陽道とも関係あるんですよね?カレンダーにも載ってる仏滅・先勝・赤口とかもそうでしたっけ?でもその陰陽だけじゃなく、言われてみれば様々な分野に暦は活用されてるなと鑑賞中思っちゃいましたね。そういう意味でも改暦の重要性はよく理解できた気がします。

オタクという単語だけで周りから好奇の目で見られることもしばしばですから風当たりが強いときもありますけど、それでも好きこそ物の上手なれとも言いますから、そういう我が道を行く突き抜けた人がある意味成功者になる可能性も高いと思うんですよね。ダビンチ然りエジソン然り。そして算哲も然り。
彼のように好きが高じて偉大な業績を残すことが出来ればどんなに嬉しいことかっ。でも自分は多趣味ですからちょっと無理かなー?^^;

そいえば『花よりもなほ』がありましたねっ。今思い出したくらいなので、当然観ておりませんでした・・(汗

若妻(^O^)

確かに最近のあおいちゃんの役どころはこの手が多いかも。
篤姫以降、増えたかな~・・・?

おおかみこどもに、神様のカルテ、
ツレうつもそうだったな~・・・

というか、本屋大賞受賞作の映画化に
やたらあおいちゃんが起用されてるような。
作品が変わっても監督が変わっても
なぜにそう彼女が抜擢されるのやら。(^^ゞ

どこか意図的なものが・・

>Agehaさん♪

偶然なのか意図的なのか定かではありませんが、最近の彼女の役所はホント妻役が多い感じがしますよね。Agehaさんが挙げてる他に、『剱岳』でもそうでしたw
関連性のある事柄が多いと逆にどこか勘ぐってしまいそうですが、もしかしたら彼女はオファーの際に狙って本屋大賞モノやら妻役やらを選んでるのかもしれませんね~?恐ろしい子っ!^^;

こんにちは

好きな部類の作品なだけに、気になる点がどうしても違和感があるままという、残念な作品でもありました
星オタク3人の北極出地での様子は楽しかったですね!「一部フィクションです」というよりは、設定や演出が「ほとんどフィクションです」という感じでしたが、娯楽時代劇としてはみやすかったし、長丁場も飽きずに見ることが出来ました。

「花よりもなほ」もよかったですよ~^^ラストの笑顔でわたし岡田くん好きになっちゃいましたもん

娯楽と後学

>makiさん♪

もうあまり勉強らしい勉強もしない分、歴史上の出来事や偉人の活躍と言ったものはこういった映画作品で教えてもらってるのが大半で、本作も個人的にはエンタメと後学を兼ねた鑑賞になってましたね。まあ確かに多少・・・と言うよりは殆どが原作ありきのフィクションですから史実とは食い違ってるかもしれませんけど、自分が敬遠してる時代劇モノの中では面白かった感じがしますね♪『ご明~察♪』と的中したときも、妙に痛快な気持ちになってましたから(笑

PAGETOP