【監督】大友啓史
【出演】佐藤健/武井咲/吉川晃司/蒼井優/青木崇高/田中偉登/奥田瑛二/江口洋介/香川照之
【公開日】2012年 8月25日
【製作】日本

【ストーリー】
明治11年。東京では人斬り抜刀斎を名乗る男が誰かれ構わず斬りつける事件が発生していた。亡父から継承した神谷道場を切り盛りする神谷薫が無謀にも男に立ち向かおうとしているところを、通りすがりの男が助ける。その人こそ、幕末には反幕府軍の暗殺者として活躍した人斬り抜刀斎本人だった。今は緋村剣心と名乗り、斬れない刀を携え流浪の旅をしながら、どんな悪人でも決して命を奪わない不殺の誓いに従いながら人助けをしている。偽者の人斬り抜刀斎の正体は、実業家の武田観柳に用心棒として雇われた鵜堂刃衛だった。世界支配を目論む観柳は女医の高荷恵に阿片を作らせ、それを元手に得た莫大な金で武器を買い漁っていた。そして観柳は手始めに神谷道場一帯を手に入れるべく、市井の人々を殺そうとする。神谷道場に身を寄せる剣心は苦しむ人々を見て、打倒観柳を決意。250人もの護衛をつける観柳に、剣心は喧嘩屋の相楽左之助とともに立ち向かっていく・・・。
【コメント】
ジャンプに連載されていた時は確か志々雄真実のお話辺りから興味を持ち始めて、そこから兄貴が購入していた単行本を読んで後追いの形で自分も熟読するようになった時代劇漫画の『るろうに剣心 明治剣客浪漫譚』。アニメ化もすればOVAも出たりゲームも出たりと、多方面に作品が展開した事で当時の人気も伺えたのですが、果たして今回の実写映画化に到りましてはどうかな~?と言いますと、個人的にはあらま~っ!な感じでかなり絶賛してしまったw
剣戟アクションだけじゃなく、原作の重要な部分などにもしっかり向き合ってたようにも見えたので、その原作の方と同じくらい本作も飲めり込めた気がしますっ。

当然自分だけではないはずですが、アニメや漫画等の実写映画においての懸念の1つに『忠実』というのがあると思いますし、自分も今まで好きな漫画とかが実写化するたびになんか口が酸っぱくなるくらい記事で述べてるほどのクドイ単語でもあるんですけども、本作でも先ずこの辺りをいぶかしげに観てしまったというのが正直なとこだったりしますね^^;
偽者の人斬り抜刀斎の事件の裏で暗躍する大きな陰謀を阻止するというのが本作のお話の流れでしたが、これは原作だと2つ分のストーリーに相当し、それを今回は1つにしてしまったような内容でもあったので、その2つのお話で剣心の敵役であった武田観柳と鵜堂刃衛が一緒に絡んでいる場面を観た時は少々苦笑いが出てしまった。それに加えて更に別のお話で敵対する人物や過去に因縁のある相手諸々が立ち位置を変えて出て来るものですから、これは知ってるだけに違和感を感じずにはいられなかった所でもありました。・・ただ個人的にこのごちゃ混ぜ感のような内容は原作寄りでもあると同時に、新たに連載されたキネマ版に近い印象も抱いたので、違和感こそあったもののここ駄目そこ駄目みたいな嫌悪を抱くことは無かったですね。

それに色々と手を加えてはいましたが、それでも好感を持てたのはやはり剣心が誓いを立ててる『不殺』の思いも丁寧に描いてる点じゃないでしょうか?原作の方でもこの不殺は重要なテーマであり、剣心も苦悩し傷付きながらも最終的に1つのシンプルな結論に達していましたけど、本作でも剣心の人斬り時代の回想や幕末期に戦った人物達の言葉を経て、彼を不殺に導いた理由やその決意・重みと言ったものが、初めて知る方にも結構分かり易く説明されていたのではとも思うんですよねぇ?そのせいか、当初娯楽活劇とも思っていた内容が予想以上に骨太にも見えちゃいまして、ちゃんと時代劇として観ても問題無いくらいだったほどっ。
アクションも申し分無くで、こちらはCGにあまり頼ってなかった(?)分佐藤くんを始めとした出演者たちの生身演技もかなり映えていたと思いますし、時代劇の本格的な殺陣とはまた異なるスピーディなチャンバラアクションも迫力充分♪あと剣心の必殺剣である飛天御剣流に関しましても、殆ど披露されなかったってとこが逆に良かったかもしれない。大友監督版のるろ剣はなんだかリアルな雰囲気も醸し出していたので、そこに漫画チックな飛天御剣流の必殺技がたくさん出て来たらそれこそ一気に冷めてた気もする・・^^;そういう意味では現実的に出来そうな双龍閃だけに留めたのは正解かもしれませんね~?これが三池監督とかだったら多分技を連発してたでしょうから(笑


原作に沿ってた・・とはお世辞にも言い難いものの、剣心の不殺の描写は断片的ながらもブレてはいなかったように思えますし、主演の佐藤くんの剣心もおろろな素顔と抜刀斎時のキリッとした二面性を巧みに演じ分けててホント上手かった♪大友監督が手掛けていたせいか音楽も龍馬伝にとても近かったので、総じると好感要素が多くて自分にとっては良作でございました♪
それとなんでも巷ではアベンジャーズを凌ぐほどのヒットとも聞いていますので、絶好調なら当然『次』も視野に入りそうですし、断片的だった剣心の過去もより深く描けそうな気がするっ♪劇中でも繋ぐ事が出来る材料を幾つか出していたので、これは自分もイチファンとして応援したいとこですね。
「るろ剣」は好きだった。 まるで佐藤 健くんが人気者になっていつか実写版の主役をやるのを想定して描いたのではと思うほど、漫画のキャラクターの主役にぴったり。 実際、彼しか
おろ。 悪くはないでござるよ。  
アクションシーンは見応えアリ!
原作は未読でござる。
和月伸宏のコミック「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」を実写版映画化した作品です。
 『るろうに剣心』を渋谷TOEIで見ました。 (1)映画『BECK』で好演した佐藤健が出演するというので見に出かけたのですが、まずまずといったところでした。  舞台は、明治11年の東京。 ...
るろうに剣心を観てきました。 週刊少年ジャンプで連載。アニメ化・実写映画化などと様々な形でこれまでにも登場していた一作。 普段は穏やかで本気をだせば強い主人公、緋村剣心
12年/日本/134分/時代劇アクション/劇場公開(2012/08/25) −監督− 大友啓史 −原作− 和月伸宏『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』 −脚本− 大友啓史 −主題歌− ONE OK ROCK『The ...
時代劇のいわゆる「殺陣」では無く、「アクション剣劇」という所が新しい試みかなって思います。 週刊少年ジャンプに連載された和月伸宏さんのコミック「るろうに剣心−明治剣客浪

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

深みはそれほどないものの、テーマ性をしっかりと持っていたのが一番の強みでしょう。
コスプレショー以上の物語がありました。
アクションは予想以上の仕上がりだったので、キャラが熟れた次回作が今から楽しみです。

原作ファン

メビウスさん☆
かなりの原作ファンでいらっしゃるのですね!
私はアニメをちょこっとかじった程度なのですが、実写化でも劇画やアニメにひっぱられすぎず、リアリティにこだわっていながらも、原作の世界観を崩していなかったのが凄く良かったですよね。

次への下準備と思えば・・

>ノラネコさん♪

剣心が抜刀斎と呼ばれていた時の過去は結構壮絶でもありますので、さすがに2時間ちょっとで描き切ることが出来なくて、その辺りはホント「さわり」だけみたいな感じでもありましたねぇ^^;
でもそんなさわり程度でもサラッと流す感じではなく、きちんと丹念に描いてるような感じが見受けられもしたので、『次』を見越した上での下準備的な作品として観るならば、充分満足できる内容でもあったかな~と思っちゃいました。

>まだ~むさん♪

後追いの形のファンなので初期からというわけではないのですが、それでも世界観や人物などは暗記するくらい読んでたので、少なくともイチファンと豪語は出来るレベルだと思います(笑

大友監督版のるろ剣は登場人物の設定や立ち位置などが変更されてて、ファンの人たちも首を傾げてる方が多いとは思いますが、剣心の過去の出来事などは断片的ながらもかなり忠実だったので、作品の一番のキモがしっかりしてる点は個人的には評価高かったですねぇ。あと映画ならでは新しい要素も幾つかあったので、それらも蛇足感がなくて良かったと思ってます♪

こんにちは

相変わらずTBがダメなのでコメントのみで失礼を。

漫画とかって兄とか姉とかの影響を受けますよね~
私も姉のを引き継いで、姉以上にはまったなんてのがありますもん。
流石に「るろうに剣心」は縁がなかったのだけど、今になってテーマを聞くと、良い作品だったのだろうなと思うところで、なんで読んでなかったのだろうと少し残念に思ってます。

映画は健くんありきで制作できたと納得のもので、アクションは120点と思います。CGで必要以上に人間離れさせていないところが私も良かったかと。例え漫画での設定がそうであっても、実写をわざわざ漫画チックに作る必要はないですもんね。

オフモードの飄々とした雰囲気も、健くんならではかと感じます。「電王」での良太郎であらゆるタイプの人物を演じ分けた力量は本物ですから、オンオフの切り替えが見事と思います。

「不殺の誓い」の矛盾にはどんな決着があるのか気になるので、出来れば原作も読んでみたいと思ってて、今、お試し的にジャンプ発売された総集編の雑誌を今読んでいるところです♪

電王が活きてる

>たいむさん♪

兄は姉といった存在は、その下の弟や妹からしてみればやはり一番身近にいる模範者のような人でもあるので、与える影響というのは親と同じくらい大きいものがあると思いますね。今思えば自分の好みの漫画・ゲーム・アニメ・映画諸々も兄貴の好みと殆ど似通っていますし、今回のるろ剣も正にそう。兄貴の部屋に入って熟読してた記憶が本作を機にふつふつ蘇ってきましたw

そうそう、そいえば健くんが以前演じてました『電王』の良太郎が今回の剣心役にも上手く活かされていた感じがしますね♪
ひょろひょろな普段の良太郎は剣心のおっとりさにも通じてますし、モモに憑依されて『俺、参上!』と強気モードになる演技はさしずめ抜刀斎といった所でしょうか?切り替え演技はさすがと言うべきですね♪

次もありそうな感じですから、たいむさんもそれまでに是非原作読破をばっ^^

漫画のみに限らず

こんにちは

メビウスさん、こんにちは!

原作未読でしたが、楽しめました。
やはり佐藤健さんのオンオフ時の演技分けが見事でしたよね。
やっぱ「電王」の時を思い出しました。
まさに敵役。
あとやはり運動神経がよいので、アクションもキレキレで楽しめました。
こちら2作目も作ってほしいですね。
スカルVS電王は別の意味で燃えました。
須藤元気さんが、どっかでオネエになるかと期待してたりもして(笑)。

こんにちは!

健クンの剣心素晴らしかったですね~。
私も絶賛したいと思います。
以蔵も電王もコレを演る為の運命とさえ思っちゃいましたよ。
確かに原作通りとは言えないかもですが2時間にして彼の過去・
不殺の思いもみえた展開はさすがと思えたし。
脇を固めるる皆さんにも見惚れちゃいましたです♪次を-!
期待しちゃいますよねこれは~(*^_^*)

健くん、、、まったく知らない存在だったのでしが、
オンオフの切り替えがめりはりがあって
アクション・・・いや殺陣はシーンはとても良かったです!
ほほの傷の説明まで丁寧にしてくれて~
初心者でも背景が納得できました。
続きができたらまた見たいですね!

再発揮

>はらやんさん♪

健くんの電王の時の憑依演技が思わぬ形で再発揮された感じですよねwそれを知ってるだけに切り替えは確かに絶妙っ。若手(?)なだけにアクションにもフレッシュさがあってそれもまた良かったですしね。
あ、そいえば元気さんもダブル劇場版に出てた出てた!^^何気にるろ剣はライダー関係者も多いですね・・。

>くろねこさん♪

剣心の抜刀斎の姿は龍馬伝で言えば以蔵に近いですし、おっとりな普段の表情の使い分けは電王の良太郎。健くんが過去に演じた役柄と不気味なくらいリンクしてるのが不思議ですけど、ただそれだけ酷似していれば剣心役の適役を決定付けるには充分ですよねw
他の出演者の人たちも容姿的にはそっくりさんな人達が多かったですし、オールバックな江口さんも斉藤一が良く似合う♪・・ただ牙突はもうちょっと頑張りましょう・・ですね^^;(汗

>えふさん♪

えふさんは健くん初見ですか?自分は仮面ライダーの時からツバ付けてたのでしたっ(爆)。ただ自分も逆を言えば今の人気若手俳優さんは健くん辺りしか思い浮かばないというのが現状です(汗
剣心の頬の傷は本編の回想で若いお侍さんに1つ付けられただけに留まっていましたし、あれが十字傷になる経緯も上手い具合に伏せられてもいたので、おそらくあれも続編の伏線にしてるんじゃないかなと思います。近い内に朗報がもたらされると自分も信じています♪

これは拾い物の映画でした!

こんにちは♪
私はこの原作を全く知らないのですが
ただアニメでテレビ放映されていた事は知っていたので
今回の実写版映画には全く興味がありませんでした(^^;

でも実際に観てみたら驚愕!

案外シリアスな出来映えで殺陣のアクションシーンもお見事!

これは海外に出しても恥ずかしくない邦画だと思いました。

メビウスさんのおっしゃる通りこれが三池監督の作品だったら…

全然違うタイプの映画になっちゃったと私も思います。

観てよかったですよねぇ

>テクテクさん♪

ゴローちゃんの高評価もあり、ホントスルーしないで正解でしたねw確かにアニメや漫画原作の作品はファンも少し限られてる部分もありますから、初見の方にとってはいぶかしげに思う所もあって興味の対象にならないというのもあるのですが、本作に到っては原作の漫画テイストを極力抑えてる点も個人的には好印象でした♪
でも漫画は剣心の飛天御剣流の必殺剣の数々も見所ではありましたから、それを目一杯繰り出す剣心の姿も観たかった気はします。

こんにちは!

メビウスさんこんにちは!

これ、原作は読んでいないんですよ。
なのでそこまで話に入り込めなかったんですが、まぁ武井咲ちゃんを見たいが為に借りたので、彼女の可愛さはタマランナァと(笑)
でも咲ちゃんよりも佐藤健くんのかっこ良さの方が光っていましたかね。
演技もそうですが、表情の使い分けが絶妙でした。
アクションシーンも凝りに凝っていて見ごたえがありました。
観ている間は楽しかったんですけど、観終わった後は特に興奮するまでには至らなかったってのが残念ではありました。

今年も色々とありがとうございました。
メビウスさんとお話が出来て楽しかったです。
来年もどうぞよろしくお願いします。

次・・・かな?

>ヒロ之さん♪

原作を知らないとのめり込む度合いも異なってきますよね^^;そうなるとやはり観るべき所はアクションだったりキャスティングだったりという表面的な部分であったりで、今回はヒロ之さんは咲ちゃんの方で大分満たされたようですね(笑

自分は一応原作は好きでしたので、健くんの演技の使い分けとか作品の雰囲気とかに見応えを感じましたが、続編を作る算段でもあるのか、原作と照らし合わせると妙に伏線が張ってあったようにも見えたので、個人的には『次』にも期待しちゃってます。・・・・あるかどうかは分かりませんけどね^^;

それとこちらこそ、今年もヒロ之さんに色々とお世話になりました♪
今年は未公開がかなり減ってしまったので、来年はまたそちらの方で盛り上がれれば嬉しいですね♪
ではでは、良いお年を~。

こんばんは!

明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願い致します♪

懐かしい原作漫画ですよね、読んでましたよ~~
殺陣というよりはアクション剣劇といったほうが正しい作品でしたね
佐藤さんのスピード感のあるアクションはなかなかのものだったと思います。
でも江口さんがかっこよかったな…牙突→シャンデリアは微妙でしたけど(笑)全体的な雰囲気がかっこ良かったですね

漫画原作の映画作品の中では、かなりできのいい部類に入るのではないでしょうか。アクションにブレがなくてみやすかったですし、かっこいい動き(アクション)にはやはり燃えましたもんね。

牙突に違和感

>makiさん♪

遅くなりましたが明けましておめでとうございます♪今年も宜しくお願いいたしますっ。

もともと原作が超常的な必殺剣や個性のあるキャラクターでひしめきあっていたのは自分も記憶に留めていましたので、本格的な殺陣にせず、剣劇アクションとして誰にでも楽しめるようにしたのは正解かもしれませんね?似てる似てないはありますけど、自分もかなり満足できた内容です♪・・・ただ江口さんの牙突は確かにちょっと違和感ありましたねぇ。あれは空中に飛ばず、本来の牙突のような突撃系にしてもらいたかったです^^;

PAGETOP