蝉しぐれ

【監督】黒土三男
【出演】市川染五郎/木村佳乃/緒形拳/原田美枝子/今田耕司/ふかわりょう/石田卓也/佐津川愛美
【公開日】2005/10.1
【制作】日本

【ストーリー】
東北の小藩『海坂藩』。下級武士である養父の元で成長する牧文四郎。父は藩の派閥抗争に巻き込まれ、冤罪によって切腹を命じられてしまう。その後、謀反人の子として苦難の日々を送る文四郎だが、剣の鍛錬で培った強い心、そして幼馴染のふくの友情にも助けられ、懸命に母と生きていった。
時が経ち、ある日、筆頭家老から牧家の名誉回復として文四郎にある任が言い渡される・・・


【コメント】
かな~り前に一度だけ、TV版の蝉しぐれを観た事があったんですが、ふくは劇場版の木村佳乃の方が物腰柔らかな感じがしますね(^▽^;)

藤沢周平氏の原作で映画にもなった『たそがれ清兵衛』と比べると、殺陣以外個人的には蝉しぐれの方が古き良き日本の情景や、日本人の気高い心を強く表しているとは思います。
映画自体、特筆すべき所はあまり見受けられない作品なのですが、四季折々の美しい風景や、時折流れる切なげな音楽が何とも言えない儚げな感じにさせてくれます。

何時の世も国や政治の権力争いや内部抗争は絶えないけど、本作も前半部分はそういった藩内の勢力争いによって父親が反逆の罪に問われ、汚名を背負う事となった少年時代の文四郎の苦難は見ていてかなり切なくなる。でも父親の遺体を荷車で引っ張って坂で立ち往生してる時に、坂の上から駆け付けて来る幼馴染のふくの姿を見たら思わず目頭が熱くなってしまいましたですよ・・・(T^T)

後半はふくが身ごもった子を巡っての、世継ぎを決めるお家騒動を中心にストーリーが進んでいき、文四郎とふくが再会するシーンはちょっと感動♪クライマックスに二人きりになるシーンで、今まで胸の内に秘めていた二人の想いを静かに、それでいてはっきりと口に出す場面は観ていてジ~ンと来ました♪正にプラトニックです。

しかしストーリー全体を観ていて思った事は、ちょっと時間の流れが突飛過ぎるかなと言う感じを否めなかった事です。
後半いきなり大人になった文四郎が出て来たり、文四郎とふくが2人きりで話しているシーンでは文四郎が何時の間にか結婚してて、更に二人も子宝に恵まれていたりと・・
よく『○○年後・・・』と言ったような文が出てくるシーン等があるように、自分としては時間が経つ表現をする上で、この『○○年後・・』とかいう表現は結構気にするほうなんですよね。そうしないとあれから何年経ったのかな・・・と言う事が観る側にもあまり良く伝わらないかなとも思うので。
殺陣のシーンもやや迫力味に欠けますが、でもここで名脇役の田中要次が出演していた事にちょっと喜んでしまった自分。しかも今回は斬られない。それも良かった♪(^w^;)(笑


藤沢周平の原作の中ではかなりの評価を受けている本作ですが、でも映画としてはイマイチ押しが足りないのではないでしょうか?
若年層より、日本文化の良さを理解できそうな年配の方には受けが良い映画かもしれませんね。(自分が観た時はホント年配の方が大半以上を占めてた事も考慮に入れて)

『蝉しぐれ』公式サイト
  公式サイト 映画 『 蝉しぐれ 』  [試写会鑑賞]2005年:日 本  【10月1日ロードショー】  [ 上映劇場  ] 監 督:黒土三男脚 本:  〃原 作:藤沢周平「蝉しぐれ 」  藤沢 周平 蝉しぐれ 音 楽:岩代太郎イメージ
 「文四郎さまのお子様は?」「未だ・・・」「いまだ・・・とおっしゃいますと?」「未だ・・・い、今田耕司」 『たそがれ清兵衛』『隠し剣、鬼の爪』と続いた藤沢周平作品の映画化。今回は、山田洋次監督ではなく、黒土三男監督がメガホンをとった。どうしても山田作品と
蝉しぐれ監督・脚本/黒土三男  原作/藤沢周平出演/市川染五郎 木村佳乃 緒方拳 ふかわりょう 今田耕二 原田美枝子配給/東宝市川染五郎見直す度  90点       「日本」の四季の美しさに感動度 100点★★★★★★★☆☆☆ストーリー
『蝉しぐれ』をみました。藤沢周平作品のなかでも指折りの名作を原作としています。原
作品:蝉しぐれ監督:黒土三男主演:市川染五郎、木村佳乃、石田卓也、佐津川愛美、緒方拳制作:2005年 日本映画館蝉しぐれ「忘れようと、忘れ果てようとしても、 忘れられるものではございません」-20年、人を想いつづけたことはありますか。-心待ちにしていた映画「蝉
映画館にて「蝉しぐれ」 ★★★★☆ストーリー:江戸時代の東北の海坂藩。下級藩士の牧文四郎(市川染五郎)の父(緒形拳)は、藩の派閥抗争に巻き込まれ、冤罪によって切腹を命じられた。以後、文四郎は謀反をおこした父の子として数々の試練にさらされる。藤沢周平原作も
蝉しぐれ原作/藤沢周平  監督/黒土三男出演/市川染五郎、木村佳乃、今田耕司、ふかわりょう、他観てきました。四季それぞれの景色がどれもこれもきれい。本当に「現代」の日本の中から見つけてきたのかと疑ったよ。先日原作を読んだのは、5割がこの映
9月25日 「蝉しぐれ」 東商ホールで鑑賞藤沢周平の最高傑作といわれる「蝉しぐれ」を15年の歳月をかけて映画化…。一青よう(ボードの中に文字が探せませんでした。)のイメージソングが流れ期待していました。これも作品はよんではおりません。物語は主人公の文四郎と
タイトル負けしているような・・・胸は打たれませんでした。 でも嫌いではない。
昨日、娯楽大作系の「セブンソード」を観たので今日はしっとり文学的な「蝉しぐれ」を観に行きました。さすがに、藤沢周平原作の時代劇だけあって年齢層高めのお客さん多かったですね。私としては劇場予告編でプッシュしまくりだった純愛物語に期待しての観賞でした。出....
映画感想「蝉しぐれ」【評価】★★★★【映像】★★★★【滋味】★★★★【エロ】【笑い】★★【役者】★★試写会に行ってまいりました。藤沢周平先生の「蝉しぐれ」が原作らしいんですが、原作は読んだことありません。その藤沢周平先生が唯一映像化を認....
「残心」という言葉がありますね。剣道で教えられたのは、相手を打ち抜き勝負が決した後も、心を剣に残しておくこと。この映画を観終ったあと、ふと、この言葉を思い出しました。全てが解決したわけでもなく、願いが成就したわけでもない、だからといってひたすら悲しいでも
今日は2本かけもち試写会です。本当は秀君がお休みだと思って用意していたのに、あっさり「日曜日は仕事で休めないよ」って言われちゃって…残念。あーちゃんはNHKでやっていたドラマ版の蝉しぐれを見ていないのでドラマとの比較は出来ないけど、ドラマを見ていた人は泣
藤沢周平原作映画化第3弾。もっとも監督は黒土三男。山田洋二ではない。舞台は海坂藩。これも、たそがれ清兵衛や隠し剣鬼の爪と同様。原作者が同じなのであたりまえか。母親の故郷が庄内の為、個人的にこの地方には思い入れがある。自分自身が山田洋二監督作の前記2作...
文四郎さんのお子が私の子で、私の子どもが文四郎さんのお子であるような道はなかったのでしょうか昔は、時代劇があまり好きではありませんでした。だって何が悲しくて、自分のお腹を切ったりするんでしょうか?つい最近まで、全くもって理解出来なかったのです。勿論今でも
この映画を世界に…市川染五郎主演・映画「蝉しぐれ」舞台挨拶(サンスポ)公開初日を迎えて舞台挨拶が行われたとのこと。↑の記事タイトルにあるように「この映画を世界に・・・」とあり、実際に記事中にも、構想から15年がかりで同映画を完成させた黒土監督は「この映画
ちょうど1週間前に試写会で観た、蝉しぐれのレビューを簡単に書こうと思います。キャッチコピーが、20年、人を想いつづけたことがありますか。 ですよ~何だかとってもメロドラマチックじゃないですか。ですが時は江戸時代・・文四郎は15歳、隣に住むふくに淡~い恋...
二十年、人を想いつづけたことがありますか。「忘れようと、忘れ果てようとしても、 忘れられるものではございません」 「文四郎さんのお子が、私の子で、  私の子どもが文四郎さんのお子であるような  道はなかったのでしょうか」■監督・脚本 黒土三男■原作 藤沢
-----これって『たそがれ清兵衛』や『隠し剣 鬼の爪』と同じ藤沢周平の原作だね。主演は市川染五郎で、ヒロインが木村佳乃だっけ。「うん。その二作は御大の山田洋次が松竹で監督。でも今度は東宝。監督も『渋滞』『英二』の黒土三男ということで、申しわけないけど、観る前
ご無沙汰してます。久々の更新です。今日は立て続けに2本見てきた。「蝉しぐれ」「sinobi-忍」どちらも時代物ですが、内容は全く別物。じゃあ「蝉しぐれ」からいこうか。結論から言うと
黒土三男監督が藤沢周平の原作に心底、惚れぬいて、丁寧に撮られたことが実感できる映画だった。限られた上映時間のため、大幅に割愛されたサイド・ストーリーもあるが、原作にほぼ忠実な内容が、庄内地方の美しい四季折々の映像を織り交ぜて、ゆったりと進んでいく。黒土監
今日は1日と言うことで映画を見に行った蝉しぐれ見ました
仕事帰りに観てきました。日曜日も仕事だけれど、せっかくの映画の日、観なきゃ!市川染五郎は「阿修羅城の瞳」からのファン!現代ものを描いた作品ではイマイチだけど、時代ものでは、絶品!やっぱりカッコよかった!!でも、この作品で注目すべきは
「文四郎さんのお子が私の子で、私の子どもが文四郎さんのお子であるような道はなかったのでしょうか」 。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん
第229回★★★★☆(劇場) 正しいことを正しいといえず、正しくないことも正しくないといえない現代社会。「力」に迎合する者が重宝され、正直者は損をする。 今ある輝きに目を奪われ、未来を照らす小さな希望に目をくれない現実。 この「蝉しぐ....
「蝉しぐれ」は市川染五郎が主役なので観たいなぁ、と思っていた映画です。染五郎はドラマでよく「お金持ちのボンボンでおちゃらけているけど、とっても友達思いのイイヤツ」を演じていて、性格がよさそうで好きなんです。スーパーの庄内米キャンペーンで映画鑑賞券プレゼン
下級武士で有る義父のもとで、育った文四郎。幼なじみのふくと、幼い恋心を抱きつつ成長していく。ある日、文四郎の父が藩に謀反を働いた罪で切腹文四郎は謀反を働いた父の子として、成長していくのだったが、幼なじみの暖かな思いやりに包まれて、剣術の腕を磨...
★★★☆☆なぜかチェ・ジウさんがお勧めしてくれる純和風映画。別の映画を観るつもりだったけど、席が売り切れだったので、急遽観てきました。公開初日で土曜日、しかも映画の日で千円均一。なのに座席は余裕あり。大丈夫なの!?主演が染五郎に木村佳乃って・・・。個人的
2005年10月5日 『蝉しぐれ』2005年10月1日より公開2005年/日本/2時間11分配給:東宝構想15年。藤沢周平の最高傑作!「蝉しぐれ」がついに映画化私たちがどこかに忘れていた『大切なもの』が、ここにある主役の文四郎には市川染五郎そして文四郎の幼馴染で、清くそし
とりあえず、予告の木村佳乃が印象的でしたから・・・早く観たかったものの結局レディースディのレイト鑑賞してきました。今夜の映画は『蝉しぐれ』『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続く同じ原作者の作品ということで舞台は東北・・・あ、でも言葉は標準...
日本の映画らしい、純朴な雰囲気でした。「ひたむき」「純粋」「真摯」「しのぶ」…と
20年、人を想いつづけたことはありますか。    出演: 市川染五郎 木村佳乃 緒方拳 原田美枝子    石田卓也 佐津川愛美 今田耕司監督・脚本:黒土三男  2005年 日本 131分「蝉しぐれ」オフィシャルサイト 
蝉しぐれ公式サイトマメ情報 ジャンル;時代劇 制作年度/国;'05/日本                  配給;東宝  上映時間;2時間11分      監督;黒土三男      出演;市川染五郎/木村佳乃観賞劇場:10/5(水)日劇◆STORY◆ 下級武士である牧文四...
KAZZのこの映画の評価  いいねっいやぁ~泣けましたこういう映画で感動するようになったって、やっぱり自分もおじさんなんだぁ~とちょっとショック邦画は、やっぱり王道の時代劇なのかな”たそがれ清兵衛”などで知られる英雄でも、偉人でも無く...
??κ??????????微ΰĤ??ε?Ĥι????Σ????ô??????????????λ?Υ???????????鵻????ä?????ä?????Ĺ??顢?????????μ?????ä???????????? ?????貽μ?û??Ĥ???????μ?????ν?Ωø??ä?塢?????μĤ?????κδ?????????ä????å?Ĥä???η???ž夬ä???Τ???
監督 黒土三男 出演 市川染五郎 木村佳乃 石田卓
少年時代の描写が好きだ。少年たちの演技はアレだが美しい思い出を胸に秘め生きていくという後半のストーリーを引き立たせるために、たっぷりと時間をとり、四季の変化をカメラに焼き付ける緒形拳は「隠し剣、鬼の爪」の絵に描いたような悪人から一転して、尊敬できる父親を
●蝉しぐれをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 海坂藩の下級武士の息子・文四郎は、謀反
?≪蝉しぐれ:公式サイト≫ 【ストーリー】江戸時代、下級武士の養父によって育てられた牧文四郎。彼は父を誰よりも尊敬していたが、その父は藩内の陰謀に巻き込まれ切腹させられてしまう。謀反人の子としての汚名を着せられた文四郎は、母を助けながら、質素に暮ら
季節感を感じさせる田園風景が綺麗でした。やはり邦画の原点の映画だと思います。緒形拳、柄本明はやはり良かったです。大滝秀冶さんもまだまだ頑張って欲しいですね。原田美枝子も貴重な女優ですね。今田耕司(吉本...
「忘れようと、忘れ果てようとしても到底忘れられるものではありません。」人と人とが出会い、そこに築かれる絆。それは信頼であったり、友情であったり、そして愛情であったりと…。行く月を重ねても褪せる事なく存在するもの。この言葉を耳にして、始めて物語があるべき所
日本史が大嫌いだった私。そんなわけで、実は今までこのような時代物の映画はあまり観ていませんでした。最近は、面白い邦画も沢山あるので観ることにしました。幼馴染の2人、文四郎とふくが思いを寄せ合っているのだけれども、その恋は成就することはない、、、そん...
 体育の日は妻の誕生日なのだ。毎年毎年。河原町三条で映画「蝉しぐれ」を観た後、祇園で中華料理を食べてお祝いをした。「蝉しぐれ」は僕にとって、藤沢周平作品で一番好きな小説であり、映画化には芳しくない評価も聞いていたので二の足を踏んでいた。しかし、尊敬する仙
監督・脚本 : 黒土三男主演 : 市川染五郎/木村佳乃/緒形拳/      /原田美枝子/大滝秀次/石田卓也公式HP:http://www.semishigure.jp/ 原作 「 蝉しぐれ 」  藤沢周平著 (文藝春秋刊) Story : 東北小藩の下級武士である養父・牧助左衛門(緒形拳)..
20年、人を想いつづけたことはありますか。ひかえめでありながらも強かなキャッチコピーである。20年も人を想いつづけたことはあるだろうか?いや、ない。なぜならこの夏に20になったばっかりだから。それならば、これから先はどうだろうか。今までに二人の女性と付き合った
公開前から期待大でした。見て良かったと思います。愛情、友情、そして人を信じる心、本当に素晴らしかったです。文四郎の「父上を、尊敬していると言えばよかった」「ここまで育ててくれて、ありがとうございましたと言うべきだった」と父親との別れの前に言えなかっ
やっと観てきました。334 337 
蝉しぐれ監督:黒土三男原作:藤沢周平出演:市川染五郎/木村佳乃/緒形拳/原田美枝子/今田耕司/他江戸時代、下級武士の養父によって育てられた牧文四郎。彼は父を誰よ
蝉しぐれ____監督:黒土三男__原作:藤沢周平__出演:市川染五郎/木村佳乃/緒形拳/原田美枝子/今田耕司/他____江戸時代、下級武士の養父によって育てられた牧文四郎。彼は父を誰よ
「蝉しぐれ」★★★★☆大満足!市川染五郎、木村佳乃 主演素晴らしい作品に出会った。桜、蝉しぐれ、目に眩しい稲穂そして一面の銀世界。目にそして耳にと季節の移り変わりを感じ、隣同士の幼なじみはそれぞれの運命に翻弄されつつそれでも自分...
藤沢周平の最高傑作と言われた小説を、黒土三男監督が15年の歳月をかけて映画化した作品。時は江戸時代。寡黙であるが実直な父・牧助左衛門(緒形拳)。息子の文四郎はそんな父のことを誰よりも尊敬する少年だった。が、藩のお世継ぎ問題で派閥闘争に巻き込まれ、父は切腹の
日曜日のレイトショーで見ました。当然、客は中高年が多いと思ったのですが、その回は意外と若いカップルやOLっぽいグループ、女子高生とその両親など若い世代が目立ちました。時代劇が若い層にも受け入れられてきたのか、話の内容が純愛だからか、たまたまだったのか定か
 このところ『たそがれ清兵衛』『隠し剣、鬼の爪』(未見)そしてこの作品と藤沢周平原作の作品が軒並み映画化されています。  玄人好みする作風で
どうも、中学・高校時代、歴史の授業がすごく苦手で、「大切なのは、過去よりも未来だろ!!」なんて、傲慢な考えをしてまして(ーー;) が、映画を見るようになってから黒澤作品を見るようになり、時代劇の面白さを知るようになったのです。 しかし、なにせ歴史の勉強が嫌い
 藤沢周平さんの長編時代小説です。邦画は、やっぱり時代劇かな?と思えてきます。日本の文化で世界に驚きを与えられるものはやっぱり、戦国時代のサムライでしょう。いまだに、日本人は、髷を結って、刀を腰にさして・・と思ってる外国人がいるのは、きっと、このいでたち
今日は12月公演「深川暮色」と同じ原作者、藤沢周平作品の勉強に「蝉しぐれ」を見てきました。自分のダメ出しと重ねて役者目線で見ていた事もあるのか、映画の内容の印象が薄い。最後結ばれるのが「たそがれ~」だが結局悲恋に終わるその美しさが素晴らしかった。だけど子
「蝉しぐれ」「蝉しぐれ」は藤沢周平の最高傑作といわれています。実際に予告編でもそう出てたしね。ぼくも同居人に、これは読んだほうがいい、と言われびっくりするくらいの遅読っぷりで読み上げました。感動します。時代という制約を受け、それでもなお美しく輝く人の心。
日本らしい良い作品だとは思うけど、自分には合わなかった。しかし観る人によっては素晴らしい作品に映ると思います。ラストの市川染五郎と木村佳乃の対話は必見。
製作年度 2005年 製作国 日本 上映時間 131分 監督 黒土三男 原作 藤沢周平 脚本 黒土三男 音楽 岩代太郎 出演 市川染五郎[7代目] 、木村佳乃 、ふかわりょう 、今田耕司 、原田美枝子  解説: 藤沢周平作の長編時代小説を市川染五郎主演で映画化し....
冬から夏、春から秋へと、季節は走馬燈のようにめまぐるしく巡る。切なく悲しくやるせない思いと共に引き裂かれた恋・・そして無情に飛び散る血しぶき・・ 江戸時代は東北の小藩、義父牧助左衛門(緒形拳)の元で逞しく成長した牧文四郎(市川染五郎)には思いを寄せる幼なじみ
NHKの時代劇「蝉しぐれ」の再放送見ました?なんかすっごい良くなかったッスか。巨大な悪に一介の役人が、愛憎の狭間で揺れ動きながら挑む・・なんかハリウッド映画みたいですね。ハードボイルドだし。原作の藤沢周平先生は山形県鶴岡市出身。音楽もなんかアラブっぽい音
 今回で最後。『蝉しぐれ』である。
『蝉しぐれ』を観ました藤沢周平の傑作時代小説を黒土三男監督が構想15年の歳月をかけてついに映画化。権力闘争に翻弄され、悲恋をたどる男女の姿を描いた本格時代劇です>>『蝉しぐれ』関連ジャンル:時代劇・ドラマ製作年度:2005年・日本上映時間:131分監督:黒土
 映画 「蝉しぐれ」    (黒土三男:監督/藤沢周平:原作) のTV放映を昨日観ました。  蝉しぐれNHKエンタープライズこのアイテムの詳細を見る 藤沢さんの原作は、たしか読んでるはずなんですが、 何しろもう10年くらい前なので、 筋書きなんてまったく覚えてま
 時は江戸時代-  15歳の牧 文四郎(石田)は、東北の下級武士の父親の助左衛門(緒形)を尊敬し、剣術と学問に明け暮れていました。  隣家に住む幼馴染のふく(佐津川)に淡い恋心を抱いていた文四郎でしたが、ふくもまた優しく頼れる兄のような存在の文四郎に憧れ?...
お家騒動に巻き込まれて切腹に追い込まれた父親。接見も許されないで、切腹とは藩には、よっぽど隠し立てしたい何かがあったのでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

何年後だったのでしょう・・・

私もそれ、思いました。
あのラストシーンは、何年後だったのでしょうか・・・。
うちのだんなさんは1年後じゃなかった?なんて言ってるのですが、
1年で子供二人は変でしょ(笑)
「20年、人を愛したことが・・・」とある位だから、全部で20年のお話だとは
わかるのですが・・・。

TBありがとうございました

こんにちは~v-222
時間の経過のことは私も唐突に感じました。
欲を言わせて頂くと、文四郎には結婚していてほしくなかったなぁ。
純愛を貫いて独り身でいてくれたら・・・・なんて。
でもあのシーン、年取ってなさ過ぎでした(笑)

トラバ有難うでございます~

こんばんは~ で はじめまして~
20年....って事は10年以上たっているって事ですよね...たぶん
原作だと、もっと後なんですけどね。
2時間で、幼年期・青年期で...その後ってのは、きつかったんですかねv-16

同じく…

時間の流れがわかりませんでした。
最後のシーンもその前のときと二人とも雰囲気変わってなかったし。
木村佳乃のやけに凛とした雰囲気もそのままでした。

時間の経過1

>ぐ~さんこんばんわ♪

原作を読んだ方なら多分時間の足跡を分かるとは思うのですが、未読だとやっぱり劇中で詳細な時間経過を明確にしては欲しかったんですよね~。1年で子供二人だと急ぎ過ぎですね(笑


>ミチさんこんばんわ♪

文四郎は結局結婚してしましましたけど、自分もやっぱり最後までふくへの想いを胸にプラトニックラブを貫いて欲しかったです。
そう言った一個人の想いとは裏腹に、人生とはすれ違いや果たせない思いと共にあるのだと感じてしまいましたです。

でも二人に小じわとか微妙な表現加えていたら、時間の経過を少しは理解出来たんですけどね

時間の経過2

>だむだむまんさんこんばんわ♪

やっぱり原作だともっと経ってるんですね。幼年期・青年期もストーリー上結構大事な場面が多かったように思えるので、1本に絞る事は出来なかったんでしょうね。個人的に本作はもっと長くても我慢できます。


>chikatさんこんばんわ♪

やっぱり他の皆さんも結構時間の経過を気にするほうだったんですね。・・・自分だけじゃなくて良かったです(^▽^;)(笑
女性であるふくだったら、何年経っても変わらぬ美しさ・・・と言うもので世辞が聞きますが、文四郎は何か変化を付けて欲しかったですね。体のどこかを少し衰えた感じにする事でも、時間の経過というものを理解できますからね。

こんばんわ

TBありがとうございました。私も駆け足気味な時間の流れはちょっと気になりましたが、原作もあることなので仕方ないのかなと一応納得してます。押しが足りないところも私も感じましたけど、ここは素朴な情感を優先させたのかなと今にして思います。

やっぱり見ないと・・・・

>かのんさんこんばんわ♪

原作もやっぱり駆け足気味・・・・なわけありませんが、やっぱり原作を未読だと映画と比較が出来ないので、本当は素晴らしい場面を悪く言ってるのはないかと、時折自虐的に自信が無くなる時が有ります(汗

原作を読みたいけど、時間がないと言い訳がましく言っちゃう自分が少し情けないです(=_=;)

TBありがとうございます

TBありがとうございました。
時間に関しては確かに、冬の後、即夏だったりしてましたね。

俺が行ったときも客層はほとんどご年配の方々でした、
その中で一部中高生のような若者もみられたので、なんとなく安心しました。

はじめまして!

こんにちは、TBさせていただきました。
確かに、かなり割愛されているエピソードが多いので、
原作を読んでいないと理解できない部分がありますよね。
まあ、20年の物語を2時間で収めるのだから、仕方ないのでしょうけど(笑)。
子供時代をもっと短縮して、大人になってからのお話をもう少し掘り下げたほうが
よかったのかもしれませんね。

TBありごとうがざいます

私も時間の流れについていけない所がありました。
いきなり大きくなった文四郎が出てきて・・・。

私が見に行った時も年輩のかたばかりでした。
会社のおばさんも見に行くと言っていたので劇場に入って納得しました。
今度はDVDでもう一度時間の流れを把握したうえで見てみたいです。

是非若い世代に

>トネンさんこんばんわ♪

自分の劇場も殆ど年配の方(しかも夫婦のような方々)が大半を占めていましたが、10代、20代の方はあまり見掛けませんでしたね。時間帯にもよるのかもしれませんが・・
でもこういう日本の美しい情景を表した映画などは、若い世代のかたにも観てほしいと、ヤングな自分も力説したいです(ぇ

>snowflowerさんこんばんわ♪

自分も市川染五郎が活躍するとばかり思っていたので、幼年期は30~40分くらいでおわると思いました。
でも一昨日本屋に行ったのですが、意外にも原作が何処にも無いんですよね・・・(汗
や、ただ単にウチの本屋がヘボイだけかもしれませんが・・・(-_-;)

ウチの職場はダメダメです・・・

>umekoさんこんばんわ♪

自分の職場でこの映画のことを聞かれたのですが、簡単に物語りの経緯を説明したら『やっぱ観ないことにしようっと♪』と嬉々しく言っておりました・・・・だめだ・・・こりゃだめだ・・・(;=ゝ=)(汗
良い映画だとは思うのですけどね~・・・

DVDではどんな特典が付いて来るのでしょうね?それによっては購入の方向にしたいですね♪

またまた時間の経過のこと

私も最後におふくの家を訪ねたシーンが、1年か2年程度後のことかと思って、「子どもは男の子と娘・・・」なんていうから、「またまたぁ、まだ独身なんじゃないの?」と思ってました。
原作を読んでいなかったから、わかりませんでした。

時間の経過3

>km_achinさんこんばんわ♪

映画を観てる分には1シーン上の出来事なので、何年も経ってるとなるとやっぱり『え?』とギャップを感じちゃいますね。
もう2人もお子さん生まれてましたけど・・・(^▽^;)(笑

原作も時間経過が突飛なんでしょうかね?

TBありがとうございます。

初めまして。おじゃまします。
>映画としてはイマイチ押しが足りないのではないでしょうか?
自分も同意見でございます。まあ、それがこの映画の良さなのだ…と言われてしまえば、そうかもしれない、とも思ってしまいそうな、いい加減なヤツではございます。
自分の観賞時には、女子高生等もちらほらおいでになっていたようでございます。感想をうかがってみればよかったかもしれませぬ。

和服美人

>あかん隊さんこんばんわ♪

やっぱり『たそがれ清兵衛』とちょっと比べてしまったんですよね自分は(^_^;)たそがれは殺陣が結構好きだったので、蝉しぐれはそれと比べると些か派手さも無く押しが足りなかったのかな?・・・なんて(汗

そう言えば自分が鑑賞した時は、年配の方に混じって、和服姿の美人な女性がいたんですよ!!
なんか印象に残ってます(笑

TB、コメントありがとうございます!

もう少し上映時間を長くして話を膨らませて欲しかったv-421

キャストの立ち振る舞い、演出のメリハリがきいていて
引き込まれて、v-406まくって目が腫れてしまいました。

こう言う邦画が増えると良いのですが。。。。
今度は、何故にキムタクv-399

キムタク

>KAZZさんこんにちは♪

自分も2時間半・・・150分にしても良かったかなと思いますね。10分増すだけでもストーリーの幅が増えて、その分感動も増すかと思いますしね♪

そう言えば藤原作品のトリを飾る『武士の一分』の主演にはキムタクみたいですね。
なんだかキムタク目当てで観に行くお客さんが多くて、藤原作品の良さ自体を理解されぬままになりそうで、今からちょっと懸念されますね(-_-;)

メビウスさんへ★

こんばんは♪
染五郎さんステキ★
でも次はキムタクなんですよね。何故・・・涙。
藤原先生の作品の良さがくすんでしまいます!!涙涙。

どうなることやら

>ななりさんこんばんわ♪

自分は染五郎の出演作を観るのはこれが初めてなんですが、阿修羅城の瞳にも出てたんですね。これは観てなかったもので(^▽^;)>゛

自分も、キムタク主演と言うのも何かな~?と思ってるんですが、どうなるんでしょうね?
観るまでは分からないので、楽しさ半分不安半分な気持ちで『武士の一分』公開まで待ってみましょう♪

コメント&TBありがとうございますe-466

私は、NHKのドラマから入って、映画の前に原作読みました。

キーワードが・・秘剣「村雨」・・・・

またお邪魔しますね。

もうちょっと見ておくべきだった

>ともさんこんばんわ♪

自分は↑でも書いてある通り、TV版はたった1度しか見てなくて・・・(^_^;)
こんな事ならもうちょっと詳しく見ておくべきでした。
秘剣・村雨はちょっと気になりますね。

景色と時の流れ

こんにちは。

コメントありがとうございました。
景色の美しい映画でしたね。
しかし、私も時の流れに時々、は??と思うことがありました。
しばらくしてから、あぁこれは2年後なのね・・とか考えてしまいました。
もう少しその辺、考えて欲しかったですね。

時間の経過3

>toeさんこんばんわ♪

時代の流れは分かる人には分かるかもしれませんが、そう言うテロップ映画の中で入れて欲しいと言うのがやはり本音ですね。
実際大人の文四郎は本当は何歳なのか?と今でもちょっと分からないんですけどね・・(汗

 こんばんは♪
 TB&コメント、どうもありがとうございました。

 時間の流れ、たしかにちょっと唐突でしたね^^;;
 いきなり子持ちになってて、私もびっくりでした(笑)

いつの間に・・

>miyukichiさんこんばんわ♪

てっきり文四郎はまだふくに一途だと思ったら、もう結婚してしまったというオチが意外でしたねwその家族のこともぜんぜん描いていなかったので、最後まで結婚してるって言う雰囲気が出ていなかったように思えます。

確かに

押しは強くないかもしれませんが、
主演の2人や美しい風景があたしは
結構藤沢作品のなかでは気に入ってます♪

自然美

>miyuさんこんばんわ♪

内容は好き嫌いあるかもしれませんけど、日本独特の自然の美しさが本作でも際立っていて、そこは確かに見所の1つかもしれませんね。自分も今度また時代劇の作品を鑑賞する際は、登場人物や物語だけじゃなく、背景を彩る日本の原風景にも注目したいですね♪

PAGETOP