prometheus.jpg

【監督】リドリー・スコット
【出演】ノオミ・ラパス/シャーリズ・セロン/マイケル・ファスベンダー/ガイ・ピアース/イドリス・エルバ/ショーン・ハリス/レイフ・スポール
【公開日】2012年 8月24日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
科学者エリザベスが、地球上の時代も場所も異なる複数の古代遺跡から共通のサインを発見した。それを知的生命体からの招待状と分析した彼女は、巨大企業ウェイランド社が出資した宇宙船プロメテウス号で旅立つ。2年以上の航海を経て未知の惑星に辿り着いたエリザベスらは、砂漠の大地にそびえ立つ遺跡のような建造物の調査を開始。やがて遺跡の奥深くに足を踏み入れたエリザベスは、地球上の科学の常識では計り知れない驚愕の真実を目の当たりにするのだった・・・。
【コメント】
エイリアンシリーズはそれほど好きではなく残酷で痛々しい描写が多分にあるせいでむしろ敬遠しちゃう方なのですが、その一方で偏愛するデヴィッド・フィンチャー監督を知るきっかけを作ってくれたという点では感謝をしているとも言えますし、シリーズに関連しているのでは?と言う前口上もかなり気にはなってたのも確かなんですよねぇ。なのでイチファンとして期待していたというよりは、どこか臭いもの嗅ぎたさ感覚の興味本位の鑑賞っていうのが正直なトコかもしれません(汗

しかし冒頭のタイトルロゴが徐々にあらわになるような出方からして1作目を踏襲しているので、初っ端から本作がエイリアンに深く結びついているであろう事が容易に想像出来てしまったわけなのですが、物語が進むとその想像もより一層濃いものとなり、それは本作の監督がリドリー・スコットじゃなければモロパクリなのでは?と疑ってしまうほどにリンクしていますね。謎の色白マッチョな人物が何か飲んだと思ったら体が崩壊すると言う出だしこそ意味が分かりませんでしたけども、その後の長期航路の睡眠から目覚めるくだりや三日月のようなフォルムをした巨大な物体、更には『ウェイランド』エトセトラエトセトラと、どこか記憶に覚えがあった分ニンマリ要素も多数で、そういうのを観ちゃっただけにもはや人類を創造したのは誰なのか?というストーリーのキモよりも、あの怪物を創造したのは何なのか?という所に自分はシフトしちゃってたような気もしますねぇ・・。

あとエイリアン色が濃厚だったのもあり残虐で過激なシーンも多くて、自分のチキンハートも久々に前面に出てしまったかなと・・^^;。エイリアンシリーズでもフェイスハガーの寄生するシーンとか体内の強力な酸で人間の体がグズグズになっちゃうシーンなどは心理的にもちょっと堪えてたのですが、どうやらそれは本作でも健在でしたねぇ。特にフェイスハガーに似た生命体みたいなのは見慣れてるヤツと大分違っててホント寄生虫(もしくはミミズ)がそのまま大きくなったみたいな感じでしたし、寄生方法もダイレクト過ぎるのでォエォエ~で嫌悪感極まりないっ-ー;また、お腹を突き破る事でも有名なチェストバスターにしても同様に似た生命体が出て来ましたが、こちらはむしろエリザベスの痛々しく生々しい腹部切開の方が強烈過ぎて、そこだけに到っては『SAW』に負けてないのでは?とふと思ってしまったほどです。
でも同類ではないにしろ、チェストバスターってエイリアンシリーズでもほぼ回避不可能ともいえる存在だっただけに、それをあんな荒い処置で切り抜けてしまったエリザベスのタフネスさには驚いてしまった。ここら辺もやっぱりリプリーの精神性みたいなのが受け継がれているんでしょうねっ


人類誕生という謎は現実的に見ても神秘に満ち溢れていますけど、リドリーの考える『ソレ』はなんか異星人らの生物兵器の開発が根底に含まれていたせいもあってか、自分は創造者達の傲慢さが目にも付いてしまって結果的には神秘もへったくれも無かった気がする・・。その逆に起源を知りたいという知的欲求に駆られた故に悲劇に見舞われた人間側も一概に被害者とは呼べないような気がしますし、とどのつまり異星人もその遺伝子を持つ人間もまた愚かしい部分があると言う事なのかな?
それと最後に出て来たアレに関しましては、登場したことでちょっと整合性がズレてしまった気もしますね。あの最後の1人が1作目の仰々しい台座に座ってた人物だったとしたなら、あそこでお腹が突き破れるのは変な気がしたんですよねぇ?
もっとも、ここからまたエイリアンをリブート、もしくは再構築する何らかの準備があるのなら話は別なのですけどねっ( ̄ー ̄)
※カンの鋭い人は注意。 ※ネタバレにはならないようにしましたが 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Prometheus) ----これ、リドリー・ス
監督 リドリー・スコット 主演 ノオミ・ラパス 2012年 アメリカ/イギリス映画 124分 SF 採点★★ 一時期ブームになりましたねぇ、“神々の指紋”。デニケンの焼き直しに過
□作品オフィシャルサイト 「プロメテウス」□監督 リドリー・スコット □脚本 ジョン・スパイツ、デイモン・リンデロフ □キャスト ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー
タイトルが出るまでの、オープニングのインパクトがまず凄い。 わずか数分間で、今回のテーマは「人類の源流」探し、だと明示する。 まるで2001年 宇宙の旅 (2001 A Space Odyssey)を思い出
原題:Prometheus監督:リドリー・スコット出演:ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、ガイ・ピアース、イドリス・エルバ、人類の起源というよりは・・・
「プロメテウス」★★★★ ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダー、 シャーリーズ・セロン、ガイ・ピアース出演 リドリー・スコット監督、 124分、2012年8月24日(公開) 2012,アメリ...
あの有名な作品に繋がる一本だったのか・・・。
 人類は どこから 来たのか。 人類最大の謎、それは《人類の起源》 好き度:=80点 MOVIX京都にて鑑賞。 リドリー・スコット監督によるSF映画。1979年のスコット監督で有
24日のことですが、映画「プロメテウス」を鑑賞しました。 IMAX 3Dにて見ました いや〜 久々に大画面で映画館で見るべき 圧倒的 迫力、映像美‼ まさにIMAX映えするなぁと 3D効果も...
 【ネタバレ注意】  『プロメテウス』という題は、20世紀フォックスのCEOトム・ロースマンの発案だ。リドリー・スコット監督によれば、当初『プロメテウス』はジョン・ミルトンの...
 エイリアンシリーズの起原となるプロメテウス。予告編を見ただけでもう虜。公開が楽しみで仕方のなかった作品の1つです。
12-71.プロメテウス3D■原題:Prometheus■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:124分■字幕:戸田奈津子■観賞日:9月1日、TOHOシネマズ渋谷 □監督・製作:リドリー・
リドリー・スコット監督自身が、自ら「エイリアン」の前日譚を描くという事で少し興奮気味に借りてきました。 世間では酷評だったようなのですが、あれだけいわれていた「人類誕生
人類は どこから 来たのか。 人類最大の謎、それは《人類の起源》 −感想− あはは。 なんやねんバチンバチンって。 最先端医療装置のはずやのに縫うんやなくてホッチキス処置って
幾つもの古代遺跡に共通する壁画を発見した考古学者のエリザベスは、これを宇宙からの招待状だと捉える。ウェイランド・コーポレーションはこの”人類の起源を探る旅”に出資、エリ...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ。
冒頭のマッチョさんのシーン、
意味不明でした(汗
私は、まだまだ続きを見ないとよくわからない、
って感じでしたわ。

後付け?

いま、こちらを拝読しながら
ふと思ったのですが、
『エイリアン』を最初に考えたとき、
この背景がすでに
リドリー・スコットの頭の中にあったのかどうか?
後付けかどうかということが
意外と論じられていないような気がしました。

後付なのかも?

>えふさん♪

冒頭のマッチョさん=エンジニアさんは、あの星で自分達が作った生物兵器によって全滅寸前に追い込まれていましたから、あの人も逃げ場がないと諦めて自分で死の道を選んだのかな~?とか思ってたんですけど、でもそれなら彼らを襲った元凶はどこに?という部分にも行き着くので、もしかしたらあの人が化け物になって他のエンジニアを襲ったのかな?とも考えちゃうんですよねぇ?
答えが明確じゃない分、とにかく消化不良が多い作品ですよねコレ^^;

>えいさん♪

そいえば映画雑誌の記事でリドリーが言っていたのですが、エイリアンの1作目の色々な謎を後続の監督さんたちが何らかの形で答えを出してくれると思っていたらしいんですけども、気付いたらAVPみたいなお金儲け映画しか作られなくなって、これじゃアカンと思って自分がその答えを提示しようと思ったのだそうです。
・・こう聞きますと、多分リドリーは1作目を作っていたとき、これらの背景をそれほど深く考えていなかったとも捉えることが出来る気がします^^;
やっぱり後付けなのかもしれませんねぇ?(汗

今晩は☆★

メビウスさん

今晩は☆彡
お邪魔するのが遅くなりました。
そう人類誕生の起源じゃあないですよね。
まさしくエイリアンの起源!!
これはもう一度エイリアン、観た方が良かったかな?
なんて思いましたわ。
噂によると3Dの方が良さそうです。私も2Dだったので
しまったなあと後悔

いっそ突き抜けた方が・・

>mezzotintさん♪

エイリアンの起源を人類の起源と言うお題目でちゃっかり隠しちゃってるような内容でしたねw観てからいうのもアレですけど、これだけエイリアン色なら始めから内容もタイトルもエイリアンモノとして突き抜けた方が潔いといいますか、スッキリしたような気もするんですけどね?一部の人達はそれが不満でもあったそうですから^^;(汗

でもお互いに3Dで観なかったのは失敗だったかもしれませんねぇ。どっちかというと未だ2D派なので、3D効果の良し悪しの判断はそれこそ運任せになっちゃいますw

わたしもあとで秘宝系のムックを読んで知ったんですが、『エイリアン』一作目の星は「惑星LV-426」、今回の『プロメテウス』の星は「衛星LV-223」、全然違う星なんだそうです。すごい紛らわしい・・・ 

「ウェイランド」といえばどこかで「この映画にもエンドロールでオマケがある」と聞いてワクワクしながら見てたんですが・・・ それかよ!と。微妙に肩透かしを食らった気分です

とりあえず続編が決まったそうですね。ぜひ次は『プロメテウスVSプレデター』を希望

再構築と見るべきでしょうか?

>SGAさん♪

惑星からして異なっていたんですか?!それなら色々過去との整合に不一致が見受けられるのも納得です。だとしたらこれはむしろエヴァ新劇のように、再構築した内容と思えばいいかもしれませんね♪・・でも確かに紛らわしい^^;

ただ微妙に異なる設定なら、この先オリジナリティ溢れる展開にしても良い気がしますね?エリザベスが行き着いた先が実はプレデターの星でしたっていうオチが自然でしょうか?・・・こ、今度こそ生き残れない(汗

こんにちは

私もあれ一作目と繋がらないなあ?と思っていたんですが、そういえば惑星自体が違ったような?と思っていて、こちらの上記のコメント欄を拝見して納得しちゃいました
エイリアンの起源で間違いないですね
どうやって増えていったのかは謎ですが、とにかく、ここからエイリアンが発生したと。
脚本は雑だったと思いますが、それでも楽しくみれました♪

永遠の謎

>makiさん♪

起源には違いないかもしれませんが、あの1作目と照らし合わせの鑑賞だと整合性が欠けてる部分も見受けられたので、むしろここからがはじまりというリセットな鑑賞で臨んだ方が逆に良い鑑賞が出来たんじゃないかなとも思っちゃいます^^;

でも確かにどうやって増えたんでしょうね~?寄生する対象もいないはずですから、そこだけが永遠の謎となってしまいましたw

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは。
剛力なんたらを主役の吹き替えに起用する配給会社の考えも雑でしたが、ストーリーも雑に思えました。
リドリー・スコットらしさが妙に薄い気もしましたし、何より何を描きたかったのかその辺も中途半端に感じました。
結局のところは『エイリアンの起源』を物語の軸に置きたかったのでしょうけど、それならそうでストレートに描いてくれた方が自分的には入り込め易かったかもしれません。
余りにもツッコミどころ満載なもんで、自分の記事もおかしな形になってしまいました(笑)。

相当酷そう・・

>ヒロ之さん♪

そういえばこのプロメテウスの吹き替えでヒロインのノオミ・ラパスを担当したのがゴーリキーさんと聞いているのですが、その酷さは自分も風の噂で耳にしています^^;やはり相当聞くに堪えないのでしょうか?(汗

でもエイリアンの原点を描きたかったのなら、ホントタイトルにしても『プロメテウス』なんていうのにせず、素直にエイリアンなんちゃらとかにしてストレートさを突き詰めれば良かったですよね。これが元で期待していたのと違うと言うブロガー様もいたので、今回は含みが返って仇になってしまったんじゃないかと思います。

PAGETOP