【監督】クリストファー・ノーラン
【出演】クリスチャン・ベール/マイケル・ケイン/ゲイリー・オールドマン/アン・ハサウェイ/トム・ハーディ/マリオン・コティヤール/ジョセフ・ゴードン=レビット/モーガン・フリーマン
【公開日】2012年 7月28日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
ゴッサム・シティを襲撃したジョーカーを倒した後、トゥーフェイスことハービー・デント検事殺害の罪をかぶり街を離れたブルース・ウェイン。その8年後、再びゴッサム・シティに戻ってきた彼は、街の破壊をもくろむ新たな強敵ベインを前に、バットマンとして対峙する・・・。
【コメント】
アメコミ大攻勢とばかりにスパイダーマンにバットマン、そしてアベンジャーズという3強がひしめき合う状況となった2012年の夏。3作品どれもが話題に事欠かない超大作ばかりですが、個人的に一番気になっていたのはやっぱり本作でしたね。クリストファー・ノーラン監督のバットマンシリーズ完結編であり、自分も2012年一番楽しみにしていた洋画作品だっただけに、その膨らんだ期待を本編でも見事に応えてくれてただただ圧倒されてばかりだった。『ダークナイト』が傑作と言われて敷居も高かったでしょうけども、結果的にはこちらも傑作でございました。

前作かから8年の歳月が流れ、ゴッサムシティもある程度平和になり、バットマンという存在も不要になりつつあった矢先に現れた今度の敵はベインなる存在で、何でも原作ではジョーカー以上の強敵とも言われてるのだとか?エキセントリックだったけど純粋悪な怖さが滲み出ていたジョーカーをも上回るとはなんと恐ろしい・・などと観る前は何やかんやと想像してたもんですが、そんな感じでこちらも無駄に敷居を上げてたせいか思ってたのと少々違ってたのも正直なトコかもしれませんね・・^^;
確かにベインはシリーズ最後の敵としてはかなり手強い相手で、筋骨隆々な肉体も飾りではなく肉弾戦でもバットマンを蹴散らし、尚且つ知略にも長けてるのでジョーカー以上と言うのも納得してしまいますけど、ただ常に狂気をはらみ、見ててゾクゾクッと身震いさせるものがどうも異なっていて、少なくともベインにはその雰囲気があまり感じられなかったかもしれない。なんだかそういう心理的な点を踏まえればジョーカーの存在(あと演じてたヒース)って言うのもいかに突出していたのか、改めて思い知らされちゃいますね。
ただ、ジョーカーとベインって恐怖によって民衆を縛り付ける辺りは何となく似通ってまして、それにほぼノープランで行き当たりばったりなジョーカーに対し、緻密な計画を練って計算づくで動くベインという対比性なんかも観てて面白いと思っちゃいました。

ゴッサムシティ全体を巻き込んだベインとの本格的な戦いも本当にスケールが大きく、クライマックスが近づく度に興奮の度合いも増し増しになっていくのを感じられ、夏ド真っ盛りにも関わらず鳥肌が立っちゃうかのようなアクションの数々は迫力も満点ですね。ブルースも最初こそ8年振りのバットマン復帰だからベインに惨敗でしたけど、絶望の淵から這い上がってきた事で精神的にもまた強くなってカムバックし、あのシンボルマークも満を持してどどーんと掲げた瞬間も『ヒーローは遅れてやって来る』みたいな鉄則をしっかりと加味してて物凄くたぎってしまった♪原子爆弾の起動やベインの凶行を阻止する切迫した展開も、善悪の判断を天秤にかけながら揺さぶりを掛けて最後までハラハラさせたジョーカーの犯行と比べれば大分シンプルにも見えたのですが、ヒーローモノは個人的に大元を断つみたいな分かり易いものの方が好みなので、思想や論理などといった小難しいものを並べるよりかは自分もこの方が良かったかもしれない。それにブルースも今の今まで『ゴッサムは救うに値するか?』とか『バットマンの存在意義は?』などなど、色々悶々としながら戦っていたようにも見えたので、最後の最後で原点に立ち返るかのように勧善懲悪を貫徹するバットマンとして戦ってた姿などもやはりヒーローとしてカッコ良く見えてしまったのでした。
あと今回はほぼ孤軍奮闘していた以前とは違い、ゴードン以外にもキャットウーマンや警察官のブレイクといった頼もしい仲間も増えていて、それぞれが適材適所で活躍する場面も多かったのでそこもまた見応えがあったと思いますね(キャットウーマン+バットポッドなどは凄いクールでした)♪


164分と言う内容は超大作とはいえ自分にとっては久しぶりのボリューム感だったので、当初はかなり気合を入れて臨んでいましたけども、最初から最後までこれまた気合の入った作品と言うのはやはり時間の概念を忘れさせてくれるほどに没頭させてもくれますね。一番盛り上がるのは総力戦が始まる後半辺りからでしょうけど、前半も中だるみが無くて良かったですし、アルフレッドの言葉が伏線のようになる最後のシーンも、ようやく安息を得たブルースの姿が重なって感動的・・でもあったと同時にこのシリーズの幕閉めとして衝撃的なシーンも連なっていて驚愕でもあった。ノーランバットマンだけを観てる人でも『継承する』という言葉が目に見えて明らかだから衝撃を受けること請け合いだとも思いますし、過去のバットマン作品をも知っているならばようやく『ロビン』という名前も出て来て、そう繋がるかっ、とニヤケ顔必至w
終わり方は余韻を残すものだとばかり思ってましたが大違いで、結局一番最後がボルテージMAX。『伝説が壮絶に終わる』という謳い文句は、あながち間違ってはいませんでしたねぇ。
監督 クリストファー・ノーラン 主演 クリスチャン・ベイル 2012年 アメリカ/イギリス映画 164分 アクション 採点★★★ 自己紹介の際に出身地も添えると、その土地に因んだ
三部作の完結編として大満足であります!!!
【THE DARK KNIGHT RISES】 2012/07/28公開 アメリカ 164分監督:クリストファー・ノーラン出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ、トム・
□作品オフィシャルサイト 「ダークナイト ライジング」□監督 クリストファー・ノーラン□脚本 ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン □キャスト クリスチャン・ベ
楽しみにしていた「ダークナイト・ライジング」 プレミアでの大事件の時は、屋久島に旅行中だったので何も知らなかった私。 中盤までのあまり何も起きない展開に、「予告編で観た
 A hero can be anyone...  クリストファー・ノーラン監督は、三部作のテーマをそれぞれ一言で表現している。  『バットマン ビギンズ』は"Fear(恐怖)"。  『ダークナイト』は"Chaos(混乱)...
アタマの中がオリンピックに支配されてしまいそうな今日この頃(笑) バランス取らなくちゃということで、さっそく公開直後のこの映画をチェック。 当ブログでは、前作ダークナイト...
ランキングクリックしてね ←please click NIGHT(夜)ではなく、 KNIGHT(騎士)。 RISINGではなく、RISES 待ってました!! バットマン ビギンズからのクリストファー・ノーラン監督が
ランキングクリックしてね ←please click NIGHT(夜)ではなく、 KNIGHT(騎士)。 RISINGではなく、RISES 待ってました!! バットマン ビギンズからのクリストファー・ノーラン監督が
うつむいたバットマン像に、彼は、人々は、何を思うのか・・(涙)今回も傑作--!
原題:The Dark Knight Rises監督:クリストファー・ノーラン出演:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディしみじみと感傷に...
伝説が、壮絶に、終わる。 原題 THE DARK KNIGHT RISES 上映時間 164分 脚本 ジョナサン・ノーラン/クリストファー・ノーラン 監督 クリストファー・ノーラン 音楽 ハンス・ジマー 出演 クリス
キャットウーマンの腰つきがたまらんな。
ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしいのです というのは、実家に出入りする娘と、私の母親からの情報。 子役(とその親)がたくさん向かいのお寺
 2005年のバットマンビギンズから再スタートしたノーラン版バットマンシリーズ3部作もいよいよ最終章。ダークナイトの記事です。
THE DARK KNIGHT RISES/12年/米/164分/アメコミヒーロー・アクション/劇場公開(2012/07/28) −監督− クリストファー・ノーラン 『インセプション』 −製作− クリストファー・ノー...
「バットマン」シリーズ3部作の完結編。 重厚な雰囲気は変わらずですが、前作「ダークナイト」が凄かったので、本作でどう締めくくるのかと期待がとにかく大きく、見たいような見た...
新生<バットマン>三部作――ではなく、今は<ダークナイト・トリロジー>と呼ぶようだが、それの完結編。 前作から8年後、ハービー・デント殺害の罪を被ったバットマンは姿を
JUGEMテーマ:洋画    ◆ バットマン シリーズ    バットマンカーでなく、バットマンバイクは高性能。    未来にあんなバイクに乗ってみたいですね。    そして、都市戦用戦闘機は    戦闘ヘリが進化したも...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪

164分の長さを感じさせずに見入ってしまいました。
前作が傑作なだけにどうなのかーと思ってましたが見事な完結編でしたね。
アルフレッドにはもらい泣きしてしまいました。
旧シリーズもひととおり観たので、ロビンという名前が出てきた時にはニヤニヤしちゃいましたわー。

色々詰まってて良かった

>yukarinさん♪

かなりの上映時間なので鑑賞中に(トイレで)席を立つ人がちらほらいましたけど、自分も見入っていたのでそれほど尿意の危機を感じることがなかったですねー^^;

ダークナイトを超える・・とまでは行かないまでも、重厚な物語と衝撃的な展開は変わらずでしたし、バットマンの肉弾戦、ザ・バッドなどの新ガジェットのアクション、そしてアルフレッドにはもらい泣きと、色々な要素が詰まっててもう全然飽きませんでしたねぇ♪あ、でも最後のロビンの継承のびっくり度はダークナイト以上だったかもしれませんw

狂気の種類

メビウスさん☆
確かに前作のヒースの狂気に比べると、その狂気の種類が違うからなのか、身震いするような恐怖というのがやや足りなかったかもしれないです。
暴力的脅威や、核爆弾の脅威などはバットマンで今まで描かれてきた狂気に満ちた脅威と種類が違うので、そういう意味ではややもすると他のアクション物と差がなくなってしまったようにも思いました。

凄い映画~

メビウスさん、おはようございます^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
いやぁ~、凄い映画でしたね!
まさに映画の醍醐味をひしひしと感じさせてくれる映画でした!
長尺ながら、全然長さを感じず、
冒頭からしっかり呑み込まれてしまいましたよ(笑)
アンちゃんのボディコンも目の保養になりました(汗)?!

身を削ってたがゆえに・・

>まだ~むさん♪

ヒースの狂気に満ちたジョーカーの姿はあの訃報も重なったせいか、正に身を削るような凄味があり、そしてそれがそのまま演技に活きていたように思えましたので、自然と身震いをする雰囲気が滲んでいたんですよねぇ。その点がやはりベインとジョーカーの狂気の度合いに違いというか差を生んだんじゃないかとも思っちゃいます。
でもアクション特化という意味では、ベインの演出は分かり易くて良かったかもしれませんね^^;

>cyazさん♪

重厚なストーリーも然る事ながら、バットマンのアクションも肉弾戦が多かったですし、ガジェットもてんこ盛りで、娯楽大作としても合格点な、正に凄い映画w冒頭の飛行機から飛行機の飛び乗りなんて曲芸みたいで自分も興奮してしまいましたよ♪
そうそう、興奮と言えばキャット・ハサウェイ(笑)のピッチリスーツ姿も同様ですね^^色香の少ないこのシリーズ唯一の『華』であったとも思います♪

こんばんわ♪

ジョーカーほどの衝撃は私もなかったとは思いますが、
ベインからは底辺に生きるもの深い憤りがみえた気がしました。
ズタボロになりながらも這い上がるバットマンには--
リアルなヒーロー像がみえたし~。アルフレッドの愛にも涙。
迫力ある映像や脇を固める人々も素晴らしかった!
終わってみればこの3部作はどれも傑作だったと思います~。
痺れました~!


総じて傑作

>くろねこさん♪

ジョーカーが犯行に及ぶ動機に明確な私怨などが無かった分、ベインの方は回想などからその根深さが読み取れもしましたよねぇ。特にゴッサムに対して・・。ただベインという怪物の存在感が大きかっただけに、その後の真犯人という急展開はちょっと面食らったと言いますか、冷や水を掛けられたように『何か』が急速に冷めちゃいましたね^^;出来ればあのままベインの犯行に終始してくれれば嬉しかったのですが・・(汗

でもこういった3部作などは作品毎に良し悪しを決められちゃう事がホント多いですし本作もご多分に漏れずではありますが、バットマン=ブルースの物語の始まりと終わりを丁寧に描いてる点を踏まえれば、3作総じて傑作だったのは同感ですね♪

mig

こんばんは★
ラストはアメコミでのロビンの立ち位置知ってるひとだったらわぁってなりますよね、
これ以降、ロビンがバットマンの側にってなるような
エンドよかった。

ダークナイトhaヒースの前作が強烈だったために
今回は意外とそうでもなかったです 笑

こんにちは

もはや3部作の完結編として賞賛の言葉しか出てきませんが、なんどリピートしても時間を感じさせないところは特に素晴らしく、名作に立ち会えたことへの喜びでいっぱいです。
壮絶なエンディングでありながら、最後はホロリでハッピーなところも気持ち良くってね~。

「永遠の命」に匹敵する「継承」とは何ぞやっものをみた気がします!
終わるのが勿体ないけれど、今はこのまま終わって欲しい、そんな気分です。

中身も時間もすごいボリュームだったけど、
見てるときはそれを感じさせない、
むしろあっという間に終わってしまった感じでした。
ラストは私もボルテージMAX!!でした(笑
見終わって、感無量の一言でした。。。

リピートも苦にならない

>migさん♪

ブレイクの本名がロビンだと知った瞬間、曖昧だった彼の立ち位置が明確になってスッキリしたと同時にやっぱり驚かされましたよねっ。それに旧シリーズを知らない人もロビンって誰?って感じで、またイチから見直す人も多くなるかもしれませんねーw

でもベインは原作だとバットマンを負かすほどの印象深い悪役なのだそうですが、実写ではやっぱり未だヒースジョーカーが他の追随を許さないと言った所でしょうか?もし新シリーズが出たとしてもまた比較されそうですね^^;

>たいむさん♪

自分も前作のダークナイトは映画やロードショー放映も含めればたくさん観た気がするんですけれど未だ飽きませんし、それはこのライジングも同様な気がしますね。上映時間が長いとリピートも億劫にはなりそうですが、盆休みの最後にもう1回観てそれを試してみようかと思っておりますw

そいえばダークナイトの後にアニメ版のスピンアウト作品が出たのですが、ロビンの後日談みたいな形でアニメ展開ありそうな気もします。終わって欲しいとは言いつつも、ファンはそういうの好きそうですもんね(笑

>えふさん♪

長大な時間の関係上、自分の職場の方にはえらく不評でもある本作ですが、それは実際観て感じて欲しいと思っちゃいますねホント^^;えふさんの言う通り、体感時間的にはあっと言う間に思えますし、個人的にはインタミッション無くても、もう少し長くてもいいくらいでは?とも思いました(笑

こんにちは

メビウスさん、こんにちは!

まさに完結篇にふさわしい作品でしたよね。
前作は今思えばジョーカーが強く印象に残る作品でしたが、やはり本作はバットマンの物語となっていました。
ウェインは両親を救えなかったというトラウマから戦いを始め、それこそ自分の命を削って、ある種強迫観念的に戦い続けるのですね。
けれどようやく彼はトラウマから開放され、人としての幸せを得ることができました。
バットマンの終わりとしてふさわしい結末だと思います。
すばらしいバットマン・サーガを提供してくれたノーランに感謝したいと思います。

お疲れ様と言いたいw

>はらやんさん♪

このノーランバットマンはブルース=ウェイン一個人の波乱に富んだ物語でもありましたけど、やっぱり2作目のジョーカーの存在感が強過ぎたせいで、彼の物語としての重要性が途中でちょっと薄れてしまったような気がしますね^^;
その点今回は敵役のベインも良くも悪くも突き抜けた存在では無かったように思えますから、自分もバットマンの物語として彼の活躍に見入っていましたねぇ♪今まで散々苦しみながら戦ってきただけに、最後の安息のシーンもホロリとさせてくれて、なんか『お疲れ様』って言いたくなっちゃいましたw

こんにちは♪

今回、最終章にふさわしい、見事な着地だったという気がします。
少年の日のトラウマを引き摺り、前作では闇の騎士となり、
そしてこころを鍛えて、バットマンとして帰ってきた。
もう私も最後は、アルフレッドをさいおいて、ブルースの後見人のような気持ちで観ていましたよ。
戦いばかりではないノーラン監督のこのシリーズ、終わるのは寂しいですが、
希望を与えてくれるラストに、やっぱり胸が一杯で「お疲れさま」と云いたい気持ちになりました。

アルフレッドのように

>kiraさん♪

この3部作はブルースの出生から彼のトラウマに到るまで丁寧に描いてもいますから、シリーズ通して観てる側としてはkiraさんの言う『アルフレッドのような立場』という目線で観てしまうのも納得してしまいますね。アルフレッドも彼の心情や苦悩を唯一身近で感じていた人ですからね・・。

綺麗な着地点としてはカフェでのあの一幕でも充分でしたけど、ゴッサムの新たな守護者も提示するという点も見事だったと思いますねぇ。でもロビンの活躍は観た人それぞれが妄想するしかないんですけどね^^;

こんばんは。肉体的にはベインの方がジョーカーより圧倒的に強そうなんですけどね。それでもジョーカーの方がずっと怖そうに見えるというのはどういうことなんでしょう
壮絶な完結は見事だったんですが、
ノーラン版のバットマンはファンが計算したところによると合計1年弱して活躍してないっぽいんですよね。長年働いてる原作バットマンのことを思うともうちょっとがんばれ!と思わずにはいられません(^^;

予測不能ゆえに

>SGAさん♪

これは個人的に考えての事なんですけども、ベインがジョーカーよりもどこか見劣りするのは、ジョーカーが予測不能な事をしでかす危うさがあるからだとも思いますねっ。自分は両者の対比を計画性と無計画性で表しましたけど、ジョーカーの犯行には明確な動機がない分、やっぱり推し量れない恐怖みたいなものがあったんじゃないかなーと思ってるんですよね~。その点ベインは粛々と計画を実行に移す律儀なタイプに見えたので、極悪人には変わりないですが心理的にゾゾッと来るものはジョーカーよりも薄かったのは確かです^^;

おじゃまします。

おじゃまします。
今年の夏は、アメコミだのSFだのが豊作でしたね。
80年代を生きてきた私からすれば何となくノスタルジーも感じさせるラインナップ。で、どれもが良作っぽい(実際には観ていない映画も有りますが)と、これは何かのご褒美なんだと思います。
で、今回のバットマンですが、カッコ良いし、面白いし…まだ良く分からない部分もあるので、今度BD(3部作)を買ってジックリ観てやろうと計画中です。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。

毎年豊作w

>ピロEKさん♪

自分も毎年豊作豊作言ってるような気がしないでもないのですが、それでも今年は目に見えて豊作でしたね^^;夏場に超大作が公開されるのはいつものことですけど、それでも今年のスパイダーマン、バットマン、アベンジャーズのように、超大作がそれほど時期を空けずに公開されるというのも珍しい気がしまいたから、月間MVPなんかを設けてるブロガーさんはさぞ苦労したんじゃないかとも思いますw
バットマンは個人的にストーリー性は3作品の中でダントツでした。終わり方もホント壮絶でしたから、記憶に残るという意味でもダークナイトに次ぐ良作ですねっ。

こうしてバットマンは伝説となった…

こんにちは。

「ダークナイト」でこのノーラン版バットマンにハマり
3部作そろえようかと思っているにわかファンなのですが、
ライジングもまたバットマンの物語の締めとして素晴らしい作品でした。

>シンボルマークも満を持してどどーんと掲げた瞬間も
>『ヒーローは遅れてやって来る』みたいな鉄則を
>しっかりと加味してて物凄くたぎってしまった♪

こういったシンボルを示すタイミングや
バットマンが8年ぶりに市民の前に現れるバイクチェイスのシーン等のタイミングが絶妙だったので
164分という長丁場でも全くダレる事はなかったですね。

ビギンズも必見

>熊谷さん♪

ノーランバットマンはヒーローモノにありがちなお約束要素が少ないと思ってただけに、満を持しての登場といった滾る場面を入れてくれたのは、イチ特撮好きとしては嬉しかったですね♪そういった盛り上がるシーンを要所要所に入れてもいたので、ダレなく鑑賞することが出来たのも納得というものです。

ダークナイト・ライジングと観ましたら、一番最初のビギンズも断然オススメします♪このライジングはむしろそのビギンズの色合いの方が濃かったので、補完という意味でも是非揃えてくださいませ~♪

こんばんは!!

メビウスさん、こんばんは。
今月は大作が多くレンタルされるのでウキウキ気分です。
『アベンジャーズ』よりも先にこちらがレンタルされたのですが、もう兎に角興奮しまくりの160分でした。
前作が大傑作だっただけに心配したものが多少はありましたが、その不安もものの数分で打ち消されてしまいました。
ベインというキャラは若干ジョーカーに比べるとインパクト薄かったですが、それでも見事なまでの非道っぷりは楽しませてもらいました。
後半は大盛り上がりでしたし、何よりラストのマイケル・ケインの笑顔に胸が熱くなった次第であります。
ロビン誕生を予感させる辺りもニヤリものですよね^^

レンタルでも大攻勢

>ヒロ之さん♪

そいえば劇場公開の時も最初はスパイダーマン、次はバットマン、そして最後はアベンジャーズというアメコミ大攻勢になっていましたので、レンタル店でもその流れが今正に来ているといった感じなのかもしれませんね^^
でもヒーロー集大成であるアベンジャーズも娯楽作品と言う意味では凄い面白かったのですが、ダークナイトライジングも負けていませんね♪いや、重厚な物語も加味すれば、むしろアベンジャーズ以上かも?ホント2時間半超えの長大さでも、内容が濃いのでずっと興奮できますし、ロビンなどのサプライズ要素も最後まで盛り込んでいるので、飽きなんて来やしないw
前作のダークナイトも傑作でしたが、ライジングも負けじとな傑作。自分も後からDVD買います♪

こんにちは

感無量です
とにかく格好いいバットマンをみさせてもらいました

昔のコミカルなバットマンも好きでしたが、この監督のこのシリーズは、重厚さとシリアスさで実際にゴッサムという都市があるかのような錯覚をおこさせるほどリアルな描写と、人間の裏表、正義と悪といったメッセージ性を強く打ち出すことで闇よりいでしヒーローの格好良さをとにかく抜群に描き出しているんですよね

正直ベインには何の魅力の欠片もおこさせられなかったのですが、キャットウーマンは良かったですねえ
これ単体で作品あってもいいくらい素敵でした。
執事の夢どおりのラストも感動的でしたね~

踏襲こそしますが・・

>maikiさん♪

自分も昔のコミカルバットマンはテレビ放映なども介して何度も観てるほど好きではありますが、ノーラン監督のバットマンは踏襲こそしますけどやはり全体的には従来のものとは一線を画していますよね。仰るように重厚さやシリアスさもそうですが、ゴッサムが架空の街とは思えないほどリアリティに富んでもいますから、アメコミではあるんですけどアメコミの範囲を超えてて、何度圧倒されたか分かりませんね^^

あ、そういえばキャットウーマンは以前ハル・ベリーが主役を務めた同名作品があったのですが、あれはあれで個人的に面白かった記憶があります。アン・ハサウェイのキャットウーマンも、過去を深く掘り下げてはいなかったので、気になると言えば気になりますよね。・・・でも単品じゃパワー不足かも?(汗

PAGETOP