【監督】湯山邦彦
【声の出演】松本梨香/大谷育江/宮野真守/悠木碧/林原めぐみ/三木眞一郎/犬山イヌコ/石塚運昇/高橋克実/中川翔子/山寺宏一/ローラ
【公開日】2012年 7月14日
【製作】日本

【ストーリー】
サトシとピカチュウ、アイリス、デントたちは、次の目的地ローシャンを目指し、山沿いを走る列車で旅を続けていた。サトシたちは、貨車の上で見たことのないポケモンが傷ついて倒れているのを発見する。そこへ突如、地上最強のドラゴンポケモン・キュレムが現れ、サトシたちに襲い掛かるが、間一髪のところでキュレムの追撃から逃れる。サトシたちが出会ったポケモンは、世界やポケモンを守っている聖剣士と呼ばれる3体のポケモン、コバルオン・テラキオン・ビリジオン。その聖剣士たちの後継者とも言われる幻のポケモン・ケルディオだった・・・。
【コメント】
夏の劇場アニメとして最早恒例ともなっているポケットモンスターですが、今年でその劇場版も早15年と言う節目を迎え、約半分くらいの作品を劇場鑑賞してきた自分としても良くこれだけ付き合ってきたなぁとなんかしみじみ思っちゃいますねぇ。ゲームの方は一度も遊んだ事ないのにね・・^^;
まあ毎回向上しているクオリティや個性のあるゲスト声優さんなどに魅かれたりもする理由で、にわかファンな自分も毎年鑑賞してるのですけども、さすがに前回のような2作品同時公開がまた行われたら嫌気が刺しそうだっただけに、今回の本編+短編の2本立て公開はまま許容範囲内といったとこですね。

そいえば5年前の10周年超大作の時は『ディアルガVSパルキアVSダークライ』という3つ巴のポケモン対決が話題になりましたが、15周年である今回も偶然なのか同じくポケモン同士の対決を描いたバーサスタイトルとなっている本作。その内容は最強のドラゴンポケモン・キュレムと聖剣士を目指すポケモン・ケルディオの一騎打ちのみに終始した、従来のポケモン作品にしては非常にシンプルなストーリーになっていたと思います。
全部のポケモン作品がそうではなかったですが、それでもこれまでの作品の多くには劇場版で中心となるオリジナルのポケモンを巡って様々な思惑が交錯してたりもしたので、今回のようにポケモン達だけのストーリーを扱ってるのが個人的には珍しく見えてしまった。おそらくこういった設定にしたのは同時上映で本編より先に上映された、『メロエッタのキラキラリサイタル』という短編にも時間を割かなければいけない故の尺の関係上も起因してるのかもしれませんね。本編の方も上映時間が75分と短いですし、その時間帯であまり破綻しないストーリーや面白さを出すために複雑さを極力廃したというのもあるかもしれません。
ただそんな短い時間の中でも、キュレムとケルディオの対決はかなり熱く描かれており、バーサスモノに見合うバトルシーンがたくさん詰め込まれていましたし、後半はそんな2体のポケモンバトルにも徹底してたので迫力の方は申し分なし。
また聖剣士の後継者と言われる今回の主役ポケモンのケルディオは、己の力を過信する無謀さと危うさがあり、他の聖剣士である3体のポケモンとも照らし合わせれば、さながら三銃士のダルタニャンを彷彿とさせる雰囲気がありましたねぇ。キュレムとの対決で恐怖を抱いて逃げ出してしまうものの、サトシたちと出会った事で仲間との絆や互いに支えあう大切さを学んでいく過程はベタだけど、本作はケルディオの成長物語でもある分この展開は悪くはないかも?
それと今回はゲストキャラクターがいないせいか必然的に主要ポケモンは全員喋りだし、ゲスト声優さんも全員ポケモン役に回っていたのですが、起用されていた方々は結構合っていた気がしますし、ケルディオ役の中川翔子は特に上手かったと思う。・・と言ってもしょこたんは山ちゃんの次くらいにポケモンムービーの常連なのでゲストと呼んでいいのか怪しいものの、ポケモン役でもしょこたんにとっては本作が初の主役らしいので、なかなか気合の入っていたハイトーンボイスなども聞けて素直にカッコ良かった印象がありました。


相変わらずアニメーションの質は問題もなく、今回のケルディオの成長を軸にした物語も上映時間的に見ればお子さんに丁度良い塩梅のようにも思えましたけども、しかしながら本作は15周年記念作なんですよねぇ・・?それを鑑みればやはりボリューム不足というか、15周年に釣り合う感じとは呼べなかったかもしれない。
短編の方も邪推ではありますが、自分から見ましたら劇場で貰える3DSのデータ配信のポケモンがメロエッタだから仕方なく・・っぽくもみえてしまい、15周年という記念にあてがう必要性があまり感じられなかったんですよねぇ?独立させてOVAとかには出来なかったんでしょうか?
それにロケット団の面々も絡んで来なかったのも少々残念でございました・・。

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP