【監督】窪岡俊之
【声の出演】岩永洋昭/櫻井孝宏/行成とあ/寿美菜子/藤原貴弘/松本ヨシロウ/矢尾一樹/豊崎愛生/三宅健太
【公開日】2012年 6月23日
【製作】日本

【ストーリー】
鷹の団に入団して3年、団長グリフィスの夢をともに追ってきたガッツだったが、グリフィスのふとした言葉がきっかけで退団を決意する。一方、ミッドランド王国とチューダー帝国の戦争は最終局面を迎え、鷹の団は5000人の兵力で3万人の敵兵がいる難攻不落のドルドレイ要塞に挑むことになる・・・。
【コメント】
三浦健太郎原作のダークファンタジー『ベルセルク』を全て映像化するというビッグプロジェクトの先駆けとして2月に公開が開始された黄金時代篇三部作。その第一弾である『覇王の卵』が結構良い出来映えだっただけに、待たされた4ヶ月弱を随分と長く感じながらも楽しみにしておりました(先行上映の蜘蛛男よりも楽しみだったかも^^;)。
しかしアニメーションの質や声優さんとキャラの合致性、ストーリー展開など、イチファンゆえにどこか色々と品定めするような感覚もあった前作。結果的にそれらは取り越し苦労な感じでしたけど、その前作以上にハードなバイオレンスやエロスといったベルセルクに欠かせない要素に関しては今回も一切の妥協なしな姿勢でこれは天晴れという他無かった。満足のできる本気のクオリティさも心底楽しめた内容です♪

『覇王の卵』では傭兵だったガッツがグリフィスと出会い、様々な戦いを通して絆を深めていく過程を描いていましたが、今回は鷹の団最大の戦いでもあるドルドレイ城塞の攻略、そしてガッツとグリフィスの別離などが軸となって進んで行きます。
ドルドレイ攻略の激しい攻防戦に、ガッツとグリフィスの訣別によって鷹の団が栄光から破滅へと転換するといった見所がたくさんある所でもあるので、そういう意味でやはり気になったのは前作同様原作の雰囲気を損なっていないか?という既読者としての視点。・・生憎とこの辺は正直変わり過ぎてる場面もあって驚きもあれば『おや?』と疑問に思うとこもあったものの、ただ個人的にそれら全部が『悪い感じ』というものではなかったですね。ドルドレイ戦やガッツとグリフィスの雪原での決闘、シャルロットとグリフィスの官能シーンといった重要な場面と比較しますならば、今回削除(又は割愛)されていたものは回想や口頭での補完、あるいは別に知らなくても本編にあまり影響しないものも多いので逆に上手く編集したなぁ^^;と思えた位ですし、その代わりとばかりに本作の幾つかのシーンにアレンジを加えたりサプライズを入れたりしてるプラスアルファな要素も嬉しかった。黄金時代篇でまさかファルネーゼとセルピコが出るなんて予想外だったので、すっごいチョイ役でも『おっ!』と思いながら身を乗り出しそうになってしまったほどですw

また前半はチューダー帝国との大規模な戦いが大半を占めてましたので、合戦シーンも前作以上に迫力があって非情にカッコイイ♪後に色々と尾ひれが付く事になるガッツの名場面『百人斬り』からして凄まじく、その荒々しいまでのソードアクションはスピード感や敵兵の四肢が惨烈するエグイ描写も手伝ってか原作漫画の方とはまた異なるパワーを感じましたねぇ。ガッツの疲弊と共に周りの音もクリアな感じから一転スモークがかったような細かい演出になるのも妙にリアルで良かったですし。
戦いの山場であるドルドレイ攻略戦もハイブリッドアニメーション様様で、数万人が入り乱れる戦場の情景を時に遠方、そして時に至近距離からとカメラアングルも目まぐるしく変わっていくので臨場感も中々のものっ。このドルドレイ戦では劇中の音楽を手掛けた鷲巣詩朗さん渾身の2000人規模オーケストラも戦場を盛り上げてるので、画と音に魅入られたアニメ作品というのもなんか久々に体験したなぁと思っちゃったのでした。


アニメーションの規制をものともしない過激な表現も然る事ながら、ガッツとグリフィス、そして鷹の団がこれから辿る悲劇の行く末などは、端折り有りとはいえ原作に沿う形を今の所は崩しておらず、丁寧に進行しても行ってるので今回も安心して鑑賞できた気がしますねぇ。
・・そしてここから後は栄光や希望とは程遠い禍々しき『蝕』がいよいよもって降臨。ベヘリットの嘆きと共に映し出されていた完結篇の映像の一端にはこれまた妥協無しの絶望が垣間見え、鑑賞する人達にもまるで『覚悟しとけよ?』と念押ししてるかのようでした(´△`;)
☆物語上の展開に乏しいが、ガッツをはじめとする派手な剣戟の数々と、野望の男・グリフィスの瞳の演出と、真っ赤になって恥じらうシャルロットお姫様の柔らかな乳房と、そして、同...
原作からいろいろ端折ってるものの、充分面白かった。
今日(6月23日)は、劇場版ベルセルク2「ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略」の公開日でした。もちろん、私は見に行きましたよ~。第1作は浜松で見ましたが、今回は各
(ネタばれあり注意) 2月に見た劇場版アニメで、虜(とりこ)になってしまったものがある。それが、この「ベルセルク」劇場版シリーズだ。http://www.berserkfilm.com/index.php 春に、黄 ...
12年/日本/93分/ファンタジー・アクション/PG12/劇場公開(2012/06/23) −監督− 窪岡俊之 『ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵』 −アニメーション制作− STUDIO4℃ ...
Berserk: The Golden Age Arc I - The Egg of the King, Arc II--The Battle for Doldrey (2012/日本)【DVD】 監督:窪岡俊之 キャスト:岩永洋昭、櫻井孝宏、行成とあ、梶裕貴、寿美菜子 全世界で3300万部を超え...
漫画「ベルセルク」の映画化。1〜3作目まで弟と一気に観ました。 私これ昔漫画を集めてたんですよね〜今どうして刊行されてないんだろう。不定期連載にもほどがある!ヾ(*`Д´*)
本日、二度目の記事で映画観賞記録 「ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略」 (監督:窪岡俊之、声の出演:岩永洋昭、櫻井孝宏、行成とあ、2012年邦画・アニメーション) TSUTAYA DISCASさんから「ハングリー・ラビット」と一緒に届いた一本。2012年12月29日(土...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

ちょうど本作は、最近原作を読んでいた部分でした。
省略した部分はいい判断をしているなと思いました。
基本的に映画はガッツとグリフィスの二人の関係にフォーカスをあてていますよね。
大きいところでは王妃の陰謀のところがばっさり削除されていますが、焦点の部分に影響ないところなので納得しました。
グリフィスが、自分の夢のためには他人を容赦なく切り捨てるというところは前作のユリウス暗殺で描かれているので、繰り返しになるところを避けたのかもしれません。
膨大な原作なので、映画にするにはいろいろ切らなくていはいけないと思いますが、スタッフはこれまでいい判断をしているので、次回作にも期待が持てます。

大臣がいないので

>はらやんさん♪

原作では晩餐会でグリフィスがわざと瀕死状態になって王妃を逆に謀殺しちゃいましたけど、映画の方でばっさりしちゃったのはユリウスと被っちゃうのもそうですが、フォス大臣がいないのも理由の1つかもしれませんね。あのちんまい大臣がある意味諸悪の根源のようなものでしたからね^^;

ホント、今の所良い感じで繋ぎ止めていますけど、正直次回作の降臨も見所いっぱいでどこを削るのかちょっと不安だったり・・。バーキラカという暗殺集団に黒犬騎士団など、グリフィス救出のパートは長いし激闘も多いので、出来ればあんまり削って欲しくないのがイチファンとしての願いでもありますね。

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは。
ベルセルクの世界にはエロスも付き物ですけど、今回はそれをも忠実に映像として再現していましたね。
生々しい濡れ場シーンはちょっとドキドキしちゃいました。
さぁていよいよ物語が大きく動き出しますね。
第3部の予告観たら、もうこれは監督側から「どないや!観たいやろ!!」と言われているような気がして、凄くテンション上がっちゃいました。
待ち遠しくて仕方が無いです。

正に妥協無し

>ヒロ之さん♪

そうそう、1作目と比べたりもしますと、ゴアとエロスのベルセルク要素は本作で格段に上がってますよねっ。製作者サイドの妥協無しの心意気、ひいてはベルセルクを完璧なものにするという決意が映像からも滲み出ているようで、自分もイチファンとして大いに満足できました♪そいえばシャルロットとグリフィスのベッドシーンは凄かったですよね^^;DVDはまだ購入してませんけど、したらしたであのシーンばかり観そうですw

そしていよいよ来春は壮絶なる完結編。ベルセルクの中で最もショッキングな『蝕』が描かれるとなると、期待反面怖くもありますね・・。今から覚悟を決めないと・・・。

メビウスさん、こんにちは!

メビウスさん、こんにちは!
原作知りませんが、興奮しました。
背景やキャラクターについていけるか不安でしたけど、とてもわかりやすく
大人向けのアニメで楽しめました。
ガッツの『百人斬り』はすごかったですね。人間離れしてたし。笑
戦闘シーン、壮大な音楽、エロスな部分など、濃厚な作品で完結編、楽しみですね〜

ファンだけじゃなくて安心

>アイマックさん♪

ベルセルクは原作の漫画がかなり長い事続いていますので、今回の劇場版にしましてもファンのみに支えられている部分も大きいかなと思ったのですが、アイマックさんは面白く観ることが出来たようで、ファンの1人として初めての方に受け入れられた事はとても嬉しいです♪

『覇王の卵』や本作の『ドルドレイ攻略』では鷹の団の栄光やガッツとグリフィスの友情や絆が描かれていましたが、ここから先の『降臨』はベルセルクの真髄でもあるダークファンタジーの片鱗が見えてきますので、見応えもあると同時に絶望感満載です^^;アイマックさんも鑑賞の際は覚悟を持って挑んだ方が良いかもしれませんよ?(汗

PAGETOP