【監督】三池崇史
【出演】妻夫木聡/武井咲/斉藤工/大野いと/安藤サクラ/前田健/伊原剛志/市村正親/一青窈
【公開日】2012年 6月16日
【製作】日本

【ストーリー】
富豪のひとり娘で天使のように純真無垢なお嬢様・早乙女愛は、復讐を誓い単身上京した額に一文字の傷がある不良の誠の鋭い眼差しを一目見たときから恋に落ちる。身の上も性格も何もかも違う二人。境遇の違いをまざまざと感じさせるような出来事や命を賭して彼女を愛するという岩清水の存在もあるが、愛は決して一途な心を曲げない。己の拳以外誰も信じない頑なな誠に、全身全霊をかけて愛する愛の心は通じるのか・・・?
【コメント】
取り敢えず観終えた感想としては、なんともはちゃめちゃな映画だったなぁという事でしたねぇ。三池監督だしワイルドな不良姿の妻夫木だしって事で単純に『クローズZERO』よろしくな不良映画という見定めをしちゃいましたが、フタを開けたらアクションありラブストーリーあり歌あり踊りありギャグありアニメありと正にごった煮状態の唖然としてしまう内容になっていた・・。
でもごった煮だからお話等が破綻してるわけでは無かったですし、むしろ自分は楽しめた部分の方が多かったですね。三池監督のオーバーな演出もむしろエンタメとして良かった気はします。

問題児の太賀誠とヒロインの早乙女愛の純愛模様を軸にして進んで行く本作ですが、そのストーリー展開が奇抜と言うか斬新で、昔懐かしの歌謡曲を熱唱しながら踊りまくるミュージカルシーンを取り入れているというのが何とも面白かったですね。ハリウッドのミュージカル映画のような豪華絢爛さこそ皆無ですが、振り付けを担当していたパパイヤ鈴木のやたらハイテンションな踊りの数々は、それぞれのパートを担当する人達の個性も良く活かした風になっていて笑ってしまうものが多かったし、70年代の歌謡曲にしてもにしきのあきらといった有名な曲しか分かりませんでしたが、それを歌と踊りで彩った主要人物達が皆一様にアクが強いので個人的にはそれで上手くカバー出来てたかなと(´ー`)b
・・と言いいますか、女子高生を演じてる武井咲などはどこかしっくり来る部分もありますが、もうおじさんと呼ばれても差し支えない自分と近い年齢の妻夫木聡が十代の学生に成り切ってるというのは、もうその存在自体がギャグに思えて仕方が無かった。それとも舞台となってる70年代って結構濃ゆい顔立ちの人達が多かったんでしょうかね?座王権太を演じてた伊原さんなんかがその最たるもので、実年齢40超えなのに17歳って堂々と言っちゃってる辺りがもうバカ過ぎるっ。狼少年ケンのテーマを歌ってる時もハジケまくってて、ミュージカルパートの中では一番の笑い所でしたねぇw
あと斉藤工が演じる岩清水は不良ではありませんけど、愛への想いが強過ぎるために暴走気味な行動やこっ恥ずかしいセリフを惜し気もなく言っちゃう様は、大真面目ゆえに滑稽。基本的にはイイ人なんですけど、超前向き思考お嬢様な愛のせいでなんか色々と損をしてる『巻き込まれ型』のようにも見えてこれまた面白い人だった♪メガメガネ呼ばれてスリッパでも頭ぶっ叩かれてとボケキャラとしても大活躍してくれてましたw


とまあ自分は原作漫画こそ未読なので、違和感を感じることなく笑えてたり誠の一騎当千アクションに凄みを感じたりもしたのですが、それでもそんな誠の暴れっぷりを拝見した限りでは元は笑いの入る隙なんてないくらいの硬派な作品とも見受けられるので、それこそこんなコメディ色を強調したりミュージカル仕立てにしてファンの人は大丈夫なのかな?という懸念も無いとは言い切れないかな?三池監督の映画に対する挑戦意欲は今に始まった事ではないけども、今回はもしかしたら悪ノリが過ぎてるかもしれませんね?(汗
あと個人的にこの作品は事前に加藤清史郎くんが凄いとも聞いていたのでそれも密かに期待しての鑑賞だったものの、これはちょっと過大評価だったかもしんない。冒頭と最後をアニメシーンにせず、実写として清史郎くん本人に演じてもらった方が良かったかもしれませんね。
2012/06/16公開 日本 PG12 134分監督:三池崇史出演:妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親 天使が悪魔に恋をし
12年/日本/134分/青春ロマンス/PG12/劇場公開(2012/06/16) −監督− 三池崇史 『逆転裁判』 −原作− 梶原一騎『愛と誠』 −振付− パパイヤ鈴木 −主題歌− 一青窈『愛と誠の

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪

ちょっとご無沙汰しちゃってます!

いやー面白かったですね。
最後まで笑わせてもらいました。
死語も時がたてば面白くなるもんですね(笑)
伊原さんの高校生役はかなりツボでしたわ。

2~30年経てば・・

>yukarinさん♪

ご無沙汰しております。この所自分がなかなか映画鑑賞しなくなっちゃったもんですから、尚更そうなっちゃったのかもしれませんね^^;(汗

『君のためなら死ねる』とかってセリフは今でこそバリバリの死語でかなり笑えちゃいましたけども、この原作漫画が世に出ていた当初は凄くカッコイイ言葉だったんだろうなとも思うと時代の流れを感じちゃいます。同様にきっと2~30年経ったら今の流行語とかも死語になっちゃうんでしょうね~?

そいえばコンビニで愛と誠の文庫本読んだのですが、伊原さんが演じてた権太はビジュアルが全然違ってましたwなんかドカベンの岩鬼みたいでした^^;

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは。

天使が悪魔に恋をする

正にその通りだと思いました。
武井咲ちゃんそのものが完全にお嬢様の枠を超えて天使と化していましたから。
それにしても可愛かった。
もうそれくらい武井咲ちゃんに釘付けな2時間だった訳ですが、他のキャストも全く悪くなかったです。
その辺は流石の三池監督だなと、妥協を許さない姿勢にはいつも頭が下がる想いです。

こんにちは♪

「メガネもからだの一部だぞ!」のメガネがかなりの確率でずれてたのがまた笑えたり。
コンビニで原作チェックされたそうですが、うん、最初に読んでおかないで正解だったと思いますよ(笑)
面白かったけど、やっぱり違和感ありましたから。
特に高原由紀とか…
伊原さんの権太の「俺おっさんに見える病なんちゃうか」とかも笑えましたよね。そんな彼の歌パート「狼少年ケンのテーマ」が一番笑えちゃいました~
全体に気持ち悪いダンスがつぼにはまりました♪

後から読んで命拾いw

>ヒロ之さん♪

確かに、武井咲ちゃんが演じてた早乙女愛はその言動の突飛さや他の人よりちょっと常識的にズレてる感じがもうお嬢様って枠を飛び抜けてもっと別次元な存在にも見えてしまいますよね^^;・・まあ悪く言っちゃうと『天然』なんですけど、その素のボケっぷりを演じてた武井ちゃんもまた可愛かったのも確かですね♪
あと個人的にガム子もギャップという意味では可愛かったです(笑

>makiさん♪

漫画にしても小説にしても何にしても、原作モノを先に読んで鑑賞すると意識的に比較をしてしまうのはよくある事ですが、本作に到っては後追いの熟読でホント良かったと思ってますw
劇画風のタッチは作品の古さを否応にも感じさせますし、内容も今で言うとベタもベタ^^;映画の中で大胆なミュージカル調にして笑いを取っていたのも、ホント現代人に取っ付き易くするためなんでしょうねぇ~。
そいえばこれも後から知りましたが、この作品は以前にも実写化してたそうですね?その時は誠役が西条秀樹だったとか?むしろそっちの内容の方が気になる・・・^^;

PAGETOP