ルパン

【監督】ジャン=ポール・サロメ
【出演】ロマン・デュリス/クリスティン=スコット・トーマス/パスカル・グレゴリー/エヴァ・グリーン
【公開日】2005/9.17
【製作】フランス

【ストーリー】
1884年。巧妙な盗人テオフラスト・ルパンを父に、ドルー・スービーズ公爵夫人の妹アンリエット・ダンドレジーを母に持つアルセーヌ・ルパン(ロマン・デュリス)は、ドルー・スービーズ公爵の城館で謎めいた絵画やフランス王家から伝わる見事な財宝に囲まれて暮らしていた。中でもかつてマリー・アントワネットが所有しており今は公爵夫人の持ち物となっている、宝石のちりばめられた豪奢なネックレスは魅惑の品だった。この代物をまだ少年であったルパンは父親の指図で盗み出し、手渡す。父親は相棒と共に夜の闇へと遁走するが、朝になって城館からほど遠くない場所で、殴り殺されたと思われる身元不明の死体が見つかる。残された証拠である灰色の馬と指輪の印章が、アルセーヌと母親を窮地に追い詰め、喪も明けぬまま二人は館を追い出されてしまう。・・・そして、その悲劇から15年の歳月が流れる・・・


【コメント】
今年映画館で観る初フランス映画なのですが、もしかして自分って仏映画の良さをまだ理解できていないのか、久々に眠気を誘発させる映画でした・・(前日は9時間も寝たのに・・・)

『ルパン』と来れば本作のアルセーヌ・ルパンよりも孫の三世の方が日本では超有名。名作アニメベスト100にもノミネートされたり、アニメ名場面では『いえ、ルパンはとんでもないものを盗みました。・・あなたの心です』・・と言うとっちぁんの名セリフが必ずと言って言い程出てくる事等から、知ってる方ならやっぱりアニメの『ルパン3世』の方を思いおこすのではないでしょうか?
でもルパン一世こと『じっちゃん』の活躍は原作を読んだことがない自分(またかよ)もあまり知らないわけで、そのじっちゃんの若かりし頃の活躍とはどんなものかと期待をしていたのですが、でも正直ちょっと肩透かしを食らってしまいました・・・(-_-;)

2500万ユーロ(37億円)もの大規模な製作費、カルティエが全面的に協力をしてくれたジュエリーの数々、そして原作の『カリオストロ伯爵夫人』をベースにした名シーン等、原作の良さを理解しているマニアにはたまらないかもしれませんが、ストーリー全体に面白味があまり感じられず話の展開も急ぎ足な部分が多かったような気がします。
アクション要素もあったりするのですが、フランスは戦う時も紳士的に立ち回らなければ行けないのだろうかと思うくらいにスピード感や緊迫感が無さ過ぎです。

主役であるアルセーヌ・ルパンの幼年期の不幸な生い立ちや、従姉のクラリスとのロマンスと自分が全く知らなかった怪盗紳士の秘話は結構新鮮でした。けど、彼の本職(?)とも言うべき宝石を盗む方法は意外にも大雑把で、自分が思ってたようなものとはかなり違ってました。
『おいそれ絶対気付かれるだろっ!!』と言いたくなるくらいで、ある意味大胆と言えば大胆・・(^▽^;)
『自分が思ってたようなもの』とは、やはり孫の3世のような奇抜な盗み方を思ってしまったわけで、でもこう思った時点でやっぱりモンキーパンチ流のルパンに毒されているなと痛感してしまった自分です・・(汗
まあ、3世の方は19世紀の頃と比べて科学やら何やらが目覚しく進歩してるのもあり、色々なハイテクマシン等も駆使した上での奇抜な方法なわけで、本当は本作のじっちゃんのやっていたような方法が『正統』なのかもしれません。
でも孫の方もそうでしたが、本作のルパンもモミアゲが長い事長い事( ̄∇ ̄;)しかも孫と違ってまるでひねくれてるかのようにモミアゲが途中で曲っており、先端付近は変に鋭角になってて何だか武器になりそうです。モミアゲだけは遺伝するんでしょうかね~?(笑

しかし、ストーリー自体は難ありでしたがキャスト陣は中々良かったです♪
特にカリオストロ伯爵夫人を演じていたクリスティン・スコット・トーマスが一番良かった。『妖艶』と『残虐』を併せ持った悪女っぷりが凄くハマっており、百年以上も生き続けている魔女の様な設定もイイ。催眠術も出来たりと本当の魔女みたいでした。
クラリス役のエヴァ・グリーンは『キングダム・オブ・ヘブン』の時もそうでしたが、やっぱりお姫様や令嬢役が似合いますね。
・・・と言うかそう言う役所しか見た事がないだけですけど・・(汗

とまあ、個人的にはスリル感やスピード感、アクション要素も中の下と少しがっかりな内容でしたが、クライマックスでのルパンと息子ジャンとの再会。そして獄中を脱走し、ルパンの息子ジャンを利用(?)するカリオストロ伯爵夫人と、何だか続編に絡みそうな展開を残しつつの終り方が気になってしょうがない映画でした(無いと思いますけどね)(^▽^;)

『ルパン』公式サイト
???Τ???????????ä???????α?ΰ???Τ?ξ塢??ä???????Ф????λ????????????ä??????Τξ???ä?Τ???å?,?????????Ū?Ť????ä?????ã???????????????Ĥ???С??礦?η?Υ?????????????Τ??????????οΥ?????????????Τ?褦?Ф?ĤŤ?å????ñ???????????Ф?ä?
ルパン三世のおじいちゃんってどんな人?カルティエ全面協力って?と興味津々でこの映画鑑賞決定!!!早速会場で勝又さんに「ルパン三世のおじいちゃんてさぁ…」って話しかけたら、そういう観点から本日の「ルパン」鑑賞を想定していなかったみたいで「???」って顔をさ
イイノホール「ルパン」試写会。 ジャン=ポール・サロメ監督、フランス映画。 主演がフランスで「ロバート・デニーロの再来」と言われる天才俳優、若手ナンバーワン(らしい)ロマン・デュリス。 「スパニッシュ・アパートメント」主演の彼かな? と思ったらやはりそうだ.
8月15日(月) GTF 「ルパン」 イイノホールで鑑賞フランス映画。アルセーヌ・ルパンの生い立ち、何故泥棒になったかと言う過程が描かれています。主人公のルパンを演じるロマン・デュロス。フランスでは相当人気のある若手俳優しいです。私は初めてなんですが、なん
先日GETした映画のチケで本日公開のルパンを見てきた。終わり方がいまいちだったが、宝石~豪華~さすがカルチェすげ~王妃の首飾りに孔雀の宝石 すごすぎます。何本かのルパンの作品のアレンジして利用しているらしい。カリオストロ公爵や513?奇岩城など...
久しぶりのフランス映画ですわ~♪ と言っても、ルパンで連想ゲームをすれば、「ルパン三世」しかでてこない私・・・(^^;)心配だわ。 <STORY> 1882年、幼いアルセーヌ・ルパンは、父に言われたまま叔母が持つマリー・アントワネットの首飾りを盗み出すが、その父は首
邦題:ルパン『ルパンは、従妹のクラリスの父親ら名士たちが秘密の会合を行っていることを知る。会合に忍び込んだルパンは、美しいカリオストロ公爵夫人と出会う。』director ...Jean-Paul Salome(Belphegor - Le fantome du Louvre)Arsene Lupin/Raoul d'Andre...
鑑賞した日 : 9月23日金曜日 鑑賞した劇場 : ゴールド劇場(10:20~) ルパン=ルパン三世(アニメ)僕はこのイメージが強い(笑)何度か予告を観ましたが結構面白そうに思えました。そんな自分が本作に期待していたのは、スリルのある盗みとキレのあるア....
ルパン  とりあえず、何か映画を観たかったので『ルパン』を観てみた。小学生の頃に怪盗ルパンシリーズ(本)は制覇した覚えはあるが、どんな話だったかよく覚えていない(←おいっ)。なんとなく「紳士的な泥棒さん」という印象だったような気がする。  映画では(おそ.
ロマン・デュリス、クリスティン・トーマス・スコット、エヴァ・グリーン、パスカル・グレゴリー出演のアクション。公開日:9月17日☆ストーリー☆1884年。巧妙な盗人テオフラスト・ルパンを父に、ドルー・スービーズ公爵夫人の妹アンリエット・ダンド....
試写会「ルパン」開映18:30@よみうりホール「ルパン」 ARSENE LUPIN  2004年 フランス イタリア スペイン イギリス配給:日本ヘラルド映画監督:ジャン=ポール・サロメ製作:ステファーヌ・マルシル、エマニュエル・バレストリエリ、   クリストファー・グ
日本人にはアニメのルパン三世が刷り込まれており、すべてのキャラが完成していてなかなかこれは難しいですね。
怪盗ルパン モーリス・ルブラン原作 ロマン・デュリス主演有名なアルセーヌ・ルパンのお話泥棒の父から戦い方 泥棒の極意を教わり金持ちだけから泥棒する そして人は決して殺さない言うなれば紳士泥棒として ルパンは有名になっていきますブルボン王朝の財宝を盗み出そう
仏&伊&西&英合作 132分監督:ジャン=ポール・サロメ出演:ロマン・デュリス    クリスティン・スコット・トーマス    パスカル・グレゴリー    ロバン・ルヌーチモーリス・ルブラン原作のルパン・シリーズ生誕100周年を記念作品。「カ...
映画館にて「ルパン」★★★☆☆ストーリー:ルパン(ロマン・デュリス)は、従妹のクラリス(エヴァ・グリーン)の父親ら名士たちが秘密の会合を行っていることを知る。会合に忍び込んだルパンは、美しいカリオストロ公爵夫人(クリスティン・スコット・ルーマス)と出会う
製作/2004年・フランス監督/ジャン=ポール・サロメ 出演/ロマン・デュリス クリスティン・トーマス・スコット エヴァ・グリーン パスカル・グレゴリー60点うむぅ… 微妙… びみょ~~~~ぉ。悪くないんですけれど、最後まで今ひとつ盛り上がれず、残念な結果に終わ
小学校の高学年から中学にかけて、ルパン、シャーロックホームズ、ポワロなどのミステリーにどっぷりつかり、図書館中の本を借りて読み漁っていましたので、公開を首を長くして待っていました。さてこの映画は怪盗ルパンシリーズの「奇巌城」・「813の謎」・「魔女とルパ
監督:ジャン=ポール・サロメ出演:ロマン・デュリス,クリスティン・トーマス・スコット,エヴァ・グリーン,パスカル・グレゴリースービーズ公爵家で暮らすアルセーヌ少年は、泥棒である父の指示で、公爵夫人が所有する「マリー・アントワネットの首飾り」を盗み出す...
 あ、『ルーブルの怪人』の監督だったのか・・・納得。 日本ではモンキー・パンチによる「ルパン三世」の方が圧倒的に知名度が高い。フランス人は当然のことながら、「ルパン三世」を知らない。そして、主人公であるアルセーヌ・ルパン(ロマン・デュリス)の揉み上げを見
ルパン 試写会@新宿 東京厚生年金会館2005.09.06推理小説が好きで子供の頃は怪盗ルパンやシャーロック・ホームズの本はよく読んでいたので、観たいと思っていた作品。カリオストロ伯爵夫人やクラリスが登場するしルパン三世の「カリオストロの城」の方が...
この映画は、モーリス・ルブラン原作の「ルパン・シリーズ」生誕100周年を記念して製作されたフランス映画です。若きルパンが、謎を秘めた妖しげな魅力を持つカリオストロ伯爵夫人を助けたことから、莫大なフランス王家の宝石を巡る抗争に巻き込まれていく物語「カリオス...
ルパンと言えばルパン三世…いや、初代(?)の誕生秘話。フランス映画なので、全体的にグレーがかかっている印象はお馴染み。ついでに人間関係がややこしくて、しっかり観ていないとなにがなんだかわからなくなりそうな雰囲気とでも書けば伝わるだろうか。現代劇ではないの
『ルパン』公式サイトルパン [herald.co.jp] 監督:ジャン=ポール・サロメ 原作:モーリス・ルブラン 出演:ロマン・デュリス 、クリスティン・スコット・トーマス 、   パスカル・グレゴリー 、エヴァ・グリーン 、ロバン・ルヌーチ 2004年...
昨日、原作を読み返しておいたルパン。調子がよかったら今日見に行こう、 と思ってたんだけど、もうこれを読んじゃったらみたくて仕方がない。 というわけで友人を誘い早速見に行きました。 んんんんんんー?? となった原因は一つ。 ルパンがビミョウ。 私がルパンが好.
奇岩城新潮社このアイテムの詳細を見る昔「シャーロック・ホームズ」にハマリたての頃、むさぼるように次から次へと読む私に、母は「ルパンも読みなさい」と言った。母の言いつけは守っておこうかと思った私は、「奇岩城」と「ルパン対ホームズ」だけは読んだ。カルティエと
ルパンの映画、初日に銀座まで見に行ってきました。人の入りはどうかなーと思ってましたが、私の見た回は満席。もともとさほど大きな映画館ではありませんけど、やはり初日から盛況なのは嬉しい限りですv
鑑賞:劇場2005年9月17日日本公開 2004/フランス監督 ジャン=ポール・サロメ出演 ロマン・デュリス/クリスティン・スコット・トーマス/パスカル・グレゴリー/エヴァ・グリーン原題 “Arsene Lupin”原作 モーリス・ルブラン「カリオストロ伯爵夫人」な...
ロンドン・パリから無事に帰国して、荷物の整理や雑用に追われるなか、ふと今日が水曜だと気付いて、新宿に出るついでに映画館にも足を延ばした。一ヶ月以上留守にしていたので、観る映画の候補はたくさんあったのだけど、フランスが恋しくて、『ルパン』を観ることにした。
ラウール・ダンドレジー! おぉ、懐かしい名前!!モーリス・ルブランの怪盗紳士ルパンのシリーズを読んで育ったrukkiaであるが、とりあえず覚えているのはそれだけだった(^^;ルパンのお父さんテオフラステと息子ジャンがかっこよかった…。が、主人公はアルセーヌ・ル
俺の名は、ルパ~ン三世!かの怪盗アルセーヌ・ルパンの孫だ。世界中の警察が、俺に血眼。とっころが、これが捕まらないんだなぁ。ま、自分で言うのもなんだけど、狙った獲物は必ず奪う神出鬼没の大泥棒。それが、この俺、ルパン三世だ!!ルパン三世のじっち....
30年も前に、あんなに一生懸命読んでいた、 大好きだった『怪盗ルパン』が映画にな
ルパン上映時間 2時間12分 監督 ジャン=ポール・サロメ 出演 ロマン・デュリス クリスティン・スコット・トーマス パスカル・グレゴリー エヴァ・グリーン  ルパン誕生100周年である。「銭形のとっつあ~ん」のルパンではなく、そのおじいさんにあたるモーリ...
仏&伊&西&英合作 132分監督:ジャン=ポール・サロメ出演:ロマン・デュリス、クリスティン・スコット・トーマス、パスカル・グレゴリー、ロバン・ルヌーチ評価:79点(100点満点)公式サイトモーリス・ルブラン原作のルパン・シリーズ...
むかし、むかし・・・少年少女世界文学全集なんていう本をうちの母親が、買ってくれたのですが(笑)これってほんっと 誰のためだったのかなぁ?それがたぶん、猫の読書初めになっているような気がしますその中にあった『奇岩城』・・・ルパンとここで出会っちゃったん...
  モーリス・ルブランのルパンシリーズの映画化。「ハリウッドで使われてしまったけど、これは怪盗ルパン誕生秘話から活躍を描いた『ルパン ビギンズ』だ」といった内容のことを監督が話していた通りのストーリー。豪華絢爛な冒険活劇。ロマン・デュリスのルパン、恋に落ち
●ルパンを鑑賞。 盗人の父と高貴な母をもち、城館で財宝に囲まれて育ったルパン少年
映画『ルパン』を観てきました。子供の頃、ワクワクしながらポプラ社の「ルパン」を読みふけり、原作者であるモーリス・ルブラン名義のものは全部読んだ記憶がある(ルブランが死亡した後、遺族の了解を得て正式な「ルパン」ものとして5作品があるが、そちらは1作しか読ん
いいじゃない、ロマン・デュリスのお茶目なルパン!エンタメですから、こんなもんでしょ。軽く楽しめた。十字架の謎を解き、王家の財宝を探そうー。モーリス・ルブランが1905年に生み出した大怪盗アルセーヌ・ルパン。ルパン生誕100周年、ルパンシリーズの「カリオストロ伯爵
   ヒルズでは上映していないので   マイカルシネマズにて。   行ってみたら7列しかない劇場でした。   狭いのにスクリーンは大きい。   間近で大きいスクリーンを観るって結構疲れます。。   このスクリーンで観るくらいなら   次回はやめようかな...
[テアトルタイムズスクエア] スービーズ公爵家で暮らすアルセーヌ少年は、泥棒である父の指示で、公爵夫人が所有する“マリー・アントワネットの首飾り”を盗み出すが、翌朝、父は死体で発見された。15年後、怪盗となったアルセーヌ・ルパン(ロマン・デュリス)は、王家の
毎日のように日付詐称でこんばんは。(駄目人間)このブログを開設してから、華流作品しか語っていないので(開設して間もないせいですが)、ここらで洋画の感想を一つ。公開中のもので、まずは「ルパン」を取り上げてみようかと。あ。昨日、なかなか酷な感想を述べ
 「カリオストロ伯爵夫人」をベースにしているとはいうものの、ルパンシリーズのいくつかの作品からもエピソードをピックアップしてあります。  ル
わたしが狙うのは最高の宝石と最高の女CAST:ロマン・デュリス/クリスティン=スコット・トーマス/パスカル・グレゴリー 他ルパンに特に思い入れがないワタシはそんな楽しめなかったデス・・・。だってモンキーパンチのルパン3世もまともに観た事ないんです・・・。じゃあ
映画「ルパン」を見に行って参りました。おもしろかったでございますよ!フランス語の映画を観たの久々~。フランスが舞台でも、割と英語で堂々とつくっちゃう傾向がありますからねえ。と思っていると、大阪・梅田の阪急百貨店で白昼堂々、3600...
財宝に秘められた謎をめぐる、怪盗ルパンの生誕秘話――。と・・言うことで♪はい!とってもゴージャズでしたよ♪ジュエリーはね♪
もうすぐ近所で上映が終わってしまいそうなので、駆け込みで見てきました。平日のレイトショーだったというのもあるのかもしれませんが、なんと貸しきりだったわ{/ee_3/} 一人の為だけにも上映するってなんて贅沢。…でもなんとなく恐かった。隣の席に荷物置いてたんだけど
「ルパン」「クラリス」「カリオストロ伯爵」という単語を聞くと、無条件で宮崎監督の某傑作劇場アニメを連想してしまう僕ですが、皆さんはいかがですか?というワケで、本日は現在公開中の本家フランス映画『ルパン』を観てきましたよ、トホホ。
盗賊紳士「アルセーヌ・ルパン」を映画化。フランスでもアクション映画を作るんだな~・・・2004年 フランス、イタリア、スペイン、イギリス 文芸・アドベンチャー・アクション2005年10月26日 川崎チネチッタ監督・脚本 ジャン=ポール・サロメ原作 モーリス・ルブラン
ルパン 10/5 京都シネマ1 ★★★ →日本でルパンと言えばアルセーヌ・ルパンよりもその孫、ルパン三世(一応、彼はフランス人なんだよな。。)が頭に浮かんでしまい、次元大介や五右衛門の姿を探してしまう。が、これはモンキーパンチの漫画じゃなくてフランスの映画
4.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)ルパン生誕100周年を記念して37億円もかけて作った作品だそーです。37億円・・・も?恐らくフランス映画としてはかなり破格なんでしょうね。ちなみに日本だとこの方よりも孫の方が有名だったりするかもしれま
DVDで鑑賞。昨年、劇場鑑賞時の感想を私のHP「うたかた(泡沫)」に載せていたので、文章を一部手直しをして、こちらにもUPしました!STORY:1884年、フランス。叔父スービーズ公爵の屋敷に暮らす少年、アルセーヌ・ルパン(ロマン・デュリス)は、あ...
すいません、また映画の話なのに枝葉に注目で。 実はDVDで昨日見てたんですが、 家族で鑑賞のため当然吹き替え版。 カリオストロ伯爵夫人の声が、声が。 増山江威子 なにがウケたってみんなここへ総ツッコミ。(爆) このカリオストロ夫人のキャラってば、この声のせいで
★本日の金言豆★「ルパン」シリーズには度々シャーロック・ホームズが登場するが、ルブランが勝手に出してただけ。2006年4月7日発売 日本でルパンといえば「ふ~じこちゃ~ん
なんだか、とっても謎の多い映画でした。。。華やかなミステリーをイメージしてたら、結構サスペンス?宝石類は、ゴージャズだったけれど。財宝や絵に秘められている暗号を解く、って、なんか最近よく耳にするようなフレーズ(笑)。芸術の国では、そういうのが流行?そして
ルパンCAST:ロマン・デュリス、クリスティン・スコット・トーマス 他幼い頃に怪盗の父親と離ればなれになったアルセーヌ・ルパン(ロマン・デュリス)は、それを継いで自らも怪盗ルパンとして名を轟かせていた・・・ルパン・・・と言えばもちろん「ルパン三世」。で、
原題:Arsene Lupinボクシングでは一流のトレーナーにして実は盗人だった父親から、貧しいものからは盗むなという教えと武術を習いアルセーヌ・ルパンは貴族社会のなかへ・・ 19世紀のフランス、父は当局から追われて逃げる途中仲間割れで撲殺死体で見つかる。実は替え
今年最後の映画(DVD)鑑賞かなぁ???ルパン三世は好きだけど、こちらは本家アルセーヌ・ルパンのお話。おフランスの作家、モーリス・ルブランという人の原作。
ルパンの名作カリオストロの城のフラッシュまんまと盗まれる
 1884年、アルセーヌ・ルパン(ユエ)は、父のテオフラスト・ルパン(ノード)と母のアンリエット・ダンドレジー(ブネル)とドルー・スービーズ公爵(ルヌッチ)家で幸せに暮らしていました。  ところが、父が窃盗の疑いで逮捕されそうになり逃走するのですが、その夜...
“怪盗紳士アルセーヌ・ルパン”を2500万ユーロという巨額の製作費をかけて完全映画化した冒険活劇。監督はジャン・ポール・サロメ、キャストはロマン・デュリス、クリスティン・スコット・トーマス、エヴァ・グリーン、パスカル・グレゴリー他。 <あらすじ> ルパン(?...

コメントの投稿

非公開コメント

続編?

こんにちは。

衣装は豪華でしたが、ストーリーに特に深みの無い映画で残念でした。
もっと、ワクワクさせるような活躍して欲しかったですよね。

続編・・、あるかもしれないですね~。
原作はたくさんあるそうですから。
でも、あのラストから始まるのですかね~。

冒険活劇なのに・・・

>toeさんこんばんわ♪

一応本作はフランス王家の財宝を巡る冒険活劇でもありますから、その冒険活劇映画にドキドキ感やワクワク感がないのはちょっと痛いですね(-_-;)

続編・・・・は、もしあそこから繋げれるのだったら、やって欲しい所ではあるのですけどまたこんな中だるみが激しい内容だったらイヤですね(汗

TBありがとうございました

こんにちは~。
え??続編?
うーーん、もう充分かなぁって感じです(笑)
もうちょっとスカッとする活劇調を予想していたので、暗いムードにビックリしました。
悪くはなかったんですけどね~、やっぱりテンポの問題かしら?
ジョセフィーヌの衣装に目を奪われて、それだけでもお腹一杯になりましたよ~。

映える

>ミチさんこんばんわ♪

やっぱり続編は無理っぽいですね・・・(^▽^;)続編作ったとしても話しの展開がどうなるか分かったもんじゃないですね。
カルティエが提供した色取り取りのジュエリーも目を奪われましたが、それを着飾る女性達も凄い映えていました♪ジョゼフィーヌは主役のルパンを食うくらいの印象を与えてくれたと思います。

原作ファンでも

あらら、な出来だと思いました。
私も仏蘭西映画はよくわからんのです(^^;
クリスティン・スコット・トーマスはよかったですね。
彼女が甘い脚本を多少はしめていたと思いました。

フェロモンブワッ!!

>rukkiaさんこんばんわ♪

自分もあまりフランス映画を観ないので、もしかしたら本作にもフランス映画なりの良さみたいなものがあったかもしれませんが、理解できてないあたりやっぱりまだイマイチ分かって無いのかな・・・と(汗
クリスティンは良かったですね♪もう大人の女性と言うか、熟女ですね。凄いフェロモンをブワッと出していたと思います(笑

モミアゲに目が(笑)

こんにちは
やっぱり、注目はルパンのモミアゲでした^^;;;
モンキーパンチのイメージって原作に忠実だったわけですね(笑)
上映時間も少し削ってテンポよくしてくれたら、キャラ設定はいいので
おもしろくできたのでは・・・とも思いますが
これはこれで、猫は結構 それなり満足しました(笑)

モミアゲ遺伝

>にゃんこさんこんばんわ♪

原作にもモミアゲの事が書いていたのでしょうか?もしかしたらモンキーパンチが原作読んで、モミアゲの事が詳しく載っていたので似通らせた・・・と来れば納得いくのですけどね(笑
自分もキャスティングに関しては中々良かったと思いますね☆でもやっぱりストーリー展開にムムム・・・(=_=;)ときちゃいました(汗
もっとおフランス映画を観なければ・・・

TBありがとうございます

TBありがとうございます。
また観にこさせてもらいます。

ありがとうございます

>ELEYさんこんばんわ♪

また映画を見ましたら自分もTBしたいと思いますね♪トラバ返し有難うございまっす♪

モミアゲ話題ですね!笑

かなり、お父様からして、凄かったですよね!笑
しかし、まあ、仰るとおりキャストさん達は良かったですねえ~~!
TBさせていただきました。

進むにつれて・・・

>nicocoさんこんばんわ♪

最初はルパンの父親が誰に殺されたんだろと思ってちょっと注意深く観てたんですが、進むに連れて、え・・そう言うオチ・・・(・ロ・;)とちょっと唖然・・(汗
腹黒さは好きでしたけどね。
父親もモミアゲが鋭かったら良かったです(笑

こんばんは。
やっと見てまいりましたが、う~、一言で面白かったとは言いがたいのですが、それなりに楽しんできました。女性はやはり光物には弱いのかな…ストーリー展開はさておき、衣装などは必見かなとは思います。
盗まれるほうも気がつかないのは、おいおい!と突っ込みたくなりますね。

宝石の魅力

>charlotteさんこんばんわ♪

衣装や宝石は力入ってますよね♪宝石の魅力等は、自分にはちょっと理解が難しいのですが、女性の方なんかはその美しさや価値が理解できるのでしょうね。

ルパンの盗み方は大胆過ぎて、身に付けてる人が『盗んで下さい』と言ってる様にも思えてならないです(笑

スリル感やスピード感、アクション要素・・・って
やっぱりアニメの影響受けてるんでしょうね。
別物としてシリアスルパンを見ようとしても
どっかそういうものを期待してしまうあたり、モンキーパンチの
イメージはかなりすりこまれてるようで
そっから見に行くとあまり怪盗としてのかっこよさはないかも。
そのくせ英国紳士のような品のよさというよりは
ルパン3世の軽さもどっかにあったりする。
アニメとの共通点が中途半端にあるもんだから
なんだかな~という映画でした。

影響は受けてるのでしょうか?

>Agehaさんこんにちは♪

フランスにも日本のルパンアニメが放映されてるって聞いた事がありますし、この映画を製作する上で、少なからず影響を受けているのかもしれませんね。

しかしAgehaさんのレヴューにもあった、吹き替え版が凄く見たいですね(笑

あなたの心です

とっつぁ~~~ん!!!
いやぁ~アレはいいですよね(´∀`*)ウフフ
ルパンと言えば、孫の方が日本じゃ有名ですものね~。
あれもいつもTV映画って感じだけど、
1回ちゃんと劇場版作っても面白いかなぁ~と思いますね。
あ、カリオストロは劇場版なんかな?

劇場版

>miyuさんこんばんわ♪

とっつぁんの『あなたの心です』ってセリフはもう聞き飽きてるんですけども、カリオストロがテレビで放映されるたびについつい聞き入ってしまうんですよね~(^▽^;)なんだかんだ言いながらも名セリフですもんねw

そいえばルパンの劇場版は久しく公開されていませんね。確か『デッドオアアライブ』だったか『くたばれノストラダムス』くらいまでだったから、かなりの年月が経ってます。

PAGETOP