PSNのダウンロード専売されているオリジナルゲームは安価故に一度プレイして取るもの取ったら(トロフィーのこと)ハイ終わりみたいな満足感の得られないものも少なくなかったりはしますが、それでもたまに内容の濃いものや琴線に触れるような良作に巡り合えると、イチゲーマーとしては得した気持ちにもなってしまう。今回紹介する『風ノ旅ビト』も個人的にはナイスアイデアと親指立てたくなってしまった魅惑のゲームでございました。
 

『風ノ旅ビト』は『flOw』、『Flowery(フラアリー)』といった独創的なゲームを手掛けてきたアメリカのデベロッパー、thatgamecompanyの最新作。PS3で3月15日にダウンロード配信されたアドベンチャーゲームで、民族衣装の様な服装を纏った『旅ビト』をプレイヤーは操作し、広大なフィールドを思う存分に駆け巡る楽しさを味わう事が出来ます。

thatgamecompanyの作品が独創的・・と言うよりは他のゲーム等と異なっている点はそのゲームシステムにあり、プレイヤーに自由に遊んでもらいたい配慮からか、とにかくシンプルさにこだわっているのが挙げられると思います。過去の2作品でもゲーム内の説明やマニュアルといったものが極力廃されていましたが、『風ノ旅ビト』もゲーム内で明確なストーリーが説明されるでもなければ旅ビトの目的もあまりよく分からず、更にはセリフといったものも一切ナシ。ゲームを盛り上げるサウンドも極力抑え目にされ正に切り詰めるだけ切り詰めた感が満載なので、ゲーム開始時にもいきなり砂漠のど真ん中に放り込まれた瞬間『何すればいいの?』と疑問に思いながら周辺をウロウロしまくったプレイヤーさんも多いとは思います(自分もその一人だったりします)。


(プレイヤーが操作する『旅ビト(仮称)』。結構面妖な姿)


(ゲーム開始時、こんな感じでいきなり砂漠の真っ只中に放り出される



【基本プレイ】
まあそんなストーリー諸々がいささか不明確ではありますけど、進めていくつれてどうやら旅ビトは遥か遠方にそびえる山脈を目指しているようで、その山脈の頂に到着する事が一応の目的となっています。



山脈の道中には多彩なステージの他に道を切り開く様々な仕掛けも随所に施されていますが、本作には基本ゲームオーバーという概念が無いので、フィールドをじっくり見渡してゆっくり対処すれば誰でもクリアできるくらい簡単なものにはなっていました。



また操作も非常に単純で・・

アナログステッィク(移動)
○ボタン(仕掛けなどの解除使用等)
×ボタン(お札みたいなアイテムを取った際のジャンプに使用)

の3つのみだから、開始時にも全然迷う事無く手軽に楽しめるのも良いですっ。



【他の旅ビト】
インターネットに接続した状態で本作をプレイしていると、道中に同じ風貌の旅ビトがひょっこり現れる時があったのですが、コレは他のユーザーさんが操作してる旅ビト。遭遇する事が出来れば一緒に苦難の旅路を分かち合う事だって出来ちゃいます。


でも、PS3でオンラインプレイなんかをしてると大抵そのユーザーさんのIDネームや登録してる国籍などが把握できるんですけども、本作はその辺りもまた独特でして、道中でそういったユーザーさんの情報が一切表示されないんですよねぇこれがまた。
・・このようにセリフといったものも無ければ旅ビトの素性も分からない。そんなんで一緒に旅なんか出来るものなのか?なんて不安も当初はあったものの、実際何度かプレイして一緒にお供してると実はこの『何も分からない』という状況が意外にも凄い面白かったのです♪

確かにゲーム内では基本的なコミュニケーション方法ともいえる『言語』が存在しないので意思疎通が困難にも思えました。ただその代わりとして使用できるものが↑の○ボタンを用いたコミュニケーション方法で、○ボタンを押すと旅ビトは何か音のようなものを発することができ、ホールド(長押し)する事で音の範囲も拡大したりします。これを上手く活用する事であたかも旅ビトは喋ってる様な仕草を表現する事が出来るんですよねぇ。



ですがモチロンこれは『喋ってるような仕草』をするだけで、実際はこれで何を訴えているのかは全く分かりません^^;しかし『何も言わない』と『何か言っている』の差のようなものはやはり歴然でして、少なくともこの○ボタンコミュを用いればユーザーさんの何かしらの意思を感じ取る事が可能で、そしてその意思を上手く汲み取る事も出来れば、ゲーム本来の目的とはまた違った楽しみ方も生まれてくる。
例えばこの風ノ旅ビトのトロフィーリストの中には『瞑想(他の旅人と一緒に座って20秒間瞑想する)』という旅ビト同士のコミュニケーションが必要なトロフィーもあり、これを実践しようと自分は同行中の旅ビトさんに○ボタン連打で訴えを強調した後に座る仕草を取ったりしたのですが、その旅ビトさんもトロフィー未取得だったせいか自分がやりたい事を察してくれて一緒に座ってくれた時は、ステージをオールクリアした以上に歓喜しちゃったほどです

あとこれはたまたま自分が恵まれていただけかもしれませんが、他のユーザーさんの旅ビトさんが皆一様に優しかったというのも楽しくプレイ出来た理由の1つですね。
素性が不明だとやっぱり偏見などといった相手を勘ぐっちゃう要素も払拭されるんでしょうかねぇ?自分に同行してくれた旅ビトさんの中には常にピッタリくっついて離れ離れにならないよう付いて来てくれる人もいれば、はぐれた際にも音を発して『ここにいますよー』とちゃんと知らせてくれて尚且つずっとその場で待ってくれてるなんて人もいたので、こうやって素性が分からずとも相手を思いやる気持ちみたいなものにも感動しながらプレイしていたのでした♪



とまあ、普通にクリアするだけなら3~4時間のペースなので手軽なゲームとして楽しむ事も出来れば、到る場所に隠し要素も含まれているので思いの他長く遊ぶ事も出来る『風ノ旅ビト』。ダウンロード価格1200円の値段に見合うものがあるかどうかはそれこそプレイした人それぞれかもしれませんけど、個人的にこの作品の神秘的な雰囲気や幻想的な風景などといった部分には、前作の『Flowery(フラアリー)』を凌ぐクオリティを感じる事が出来た分、自分はプレイした価値があったとは思いました♪


(個人的に一番好きなシーンだったステージ4の道中。美し過ぎるっ♪)


本作も入れればまだ3作しか出ていませんけど、thatgamecompanyの作品はこれからもご贔屓にしていきたい所でございます。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

PAGETOP