【監督】デヴィッド・フィンチャー
【出演】ダニエル・クレイグ/ルーニー・マーラ/クリストファー・プラマー/スティーヴン・バーコフ/ステラン・スカルスガルド/他
【公開日】2012年 2月10日
【製作】アメリカ、スウェーデン

【ストーリー】
スウェーデンを揺るがせた財界汚職事件の告発記事を書きながらも、名誉棄損で敗訴したミカエル・プロムクヴィスト。意気消沈の日々を送っていた彼のもとに、ある日スウェーデン有数の財閥ヴァンゲルの元会長ヘンリック・ヴァンゲル老人から家族史編纂の依頼が舞い込む。しかしそれは表向きで、ヘンリックの真の目的は40年前に起きた親族の娘ハリエット失踪事件の真相究明だった。40年前に一族が住む孤島から何の痕跡も残さずに消えた少女ハリエット。ヴァンゲルは彼女が一族の誰かに殺害されたと信じていた。依頼を受けて調査を開始したミカエルは、成功の裏に隠された一族の血塗られた過去に気づいたものの、手掛かりが掴めずにいた。すると一族の弁護士から天才的な資料収集能力の持ち主として、リスベット・サランデルという名の女性を紹介される・・・。
 
【コメント】
2009年に公開されたオリジナルの方は友人・知人などにも勧められて観よう観ようと前から決めてたはいものの、諸事情とか色々都合を付けてはズルズル先送り状態にしてしまい、結局未見のまま本作に臨む形となってしまいました・・
当初は原作も相当な長編と聞いてたので、取り敢えずオリジナルの方で知識をある程度補完してなんてことも考えていたのですが、『ソレ』がフィンチャー監督の演出等になんらかの『妨げ』になる可能性も無きにしも非ずなので、今回は未見&イチ偏愛者として純粋な視点で鑑賞。オープニングから妙にハイセンスな映像が本編と一体どう結び付けていたのかはさておき、フィンチャー監督の映像表現が初っ端から爆発してる事は確かで面白かったです♪

原作自体が衝撃的なのか、はたまた『セブン』を手掛けたフィンチャーの手腕が冴え渡ったのかは分かりませんけど、40年前に起きた少女失踪事件に端を発し、そこから未解決の連続猟奇殺人事件の謎との関連性などが徐々に紐解けていく内容は、極寒のスウェーデン同様に身も凍るようなゾクゾク感が滲み出ていましたねぇ。それは残虐な行為によって殺害された犠牲者の無残な遺体やネコの変わり果てた姿といった視覚的なものもそうだったのですが、それ以外でも何か出そうな部屋の薄暗い雰囲気であったり、ミカエルやリスベットが調査資料の違和感に気付いた時のシーンで自分もピンと気付いた時なんかはどこかゾクリ・・と来る、そんな心理的なものさえあった気がする。性犯罪や虐待といったキーワードも本作では目立ってただけに過激な描写も結構目を引いていましたけど、これもまた妥協なしなフィンチャー監督の作品に対する『本気度』と思ってもいいのかもしれません。

事件を解き明かす記者のミカエルとハッカー能力に長けたリスベットの2人も、性格や人間性などからして見ても真逆な感じではありますが、コンビを組むとなかなかどうして相性が良くて驚き(反発や衝突がかなりあるんじゃないかと予想してたので・・)。最初は互いの接点が薄いため、それぞれのパートを突き進む前半はちょっと焦らされてるような部分もあったのですけど、コンビを組んでからは事件の謎がとんとん拍子で解けていくので、そういう意味でも本作が面白くなってきたのは個人的には後半部分だったかもっ。
また本作のタイトルにもなるくらいヒロインであるリスベットの存在感は確かに突出していて、サスペンス以外の見所があるとすれば間違いなく彼女そのものだと思う。眉毛なしで鼻ピアスで龍の刺青アリな物凄い見た目も然る事ながら、抜群の調査能力とハッカー能力も有しているというパッキッシュウーマン。凄絶な過去で孤独も抱えるが、ミカエルには次第と打ち解けて陰では女性らしい一面も見せたりもしたりと、個性際立つとはこの事なんでしょうかね~?演じてるルーニー・マーラもフィンチャー監督の前作『ソーシャル・ネットワーク』が初見ですけど、リスベットの外見を完璧にするその体当たり演技もあっぱれです


去年から今年に掛けての鑑賞数がまた著しく低いせいか、サスペンス作を観たのも随分と久しく、加えて登場人物も魅力に溢れていたので、個人的にはこの『ミレニアム』シリーズの印象は悪いものではありませんでしたね。むしろオリジナルと同じくシリーズ化を念頭にしてるなら、ストーリーよりもキャラクターの概要を良く知るという点でも観た価値はアリ
・・しかしながら作品の内容を全部理解できたかと言えば実際そうではなく、事件に関係してたヴァンゲル家を例に挙げれば一族関係者がちょっと多くて、どなたが親子で兄弟なのかこの2時間半で全把握するのは正直無理だった。リスベットがキレイに纏めてなければ自分も正に『誰が誰やら』でしたねぇ・・

評価:◎
原題:The Girl with the Dragon Tattoo監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラetc...身も心も寂しい~。
リスベットの魅力減 【Story】 月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)のもとに、ある大財閥会長から40年前に起こった兄の孫娘失踪事件...
[ドラゴン・タトゥーの女] ブログ村キーワード  スウェーデン発、大ベストセラー・ミステリー「ミレニアム」シリーズ三部作のハリウッド・リメイク第1弾。「ドラゴン・タトゥーの女」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。“鬼才”デヴィッド・フィンチャー?...
□作品オフィシャルサイト 「ドラゴン・タトゥーの女」□監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 スティーヴン・ザイリアン □原作 スティーグ・ラーソン □キャスト ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、ロビン・ライト、ステラン・スカルスガルド、ジュリアン・?...
劇的は薄めだが,タイトルロールの女性が濃い味。  
 アメリカ  ミステリー&サスペンス  監督:デヴィッド・フィンチャー  出演:ダニエル・クレイグ      ルーニー・マーラ      クリストファー・プラマー     ...
ランキングクリックしてね ←please click カッコイイ ツェッペリンの「移民の歌」のカバーに合わせたオープニングの疾走感 質感の異なる黒くメタリックでクール、フィンチャーの昔のpvがさらに進化したような映像 2年前日本でも公開、スウェーデン...
オープニングの歌が頭にこびりついて離れないや・・・。
【=9 -0-】 初めて予告編を観たときに「こりゃ絶対に面白い!絶対にハズレはない!」と確信したので、封切りを今か今かと心待ちにしていた、期待は裏切られなかった~!v(≧∇≦)v イェェ~イ♪  雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に名...
映画が元気のミナモト! てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「静かなシーンの時にお腹がなるとすっごい恥ずかしい」 シネトーク101 『ドラゴン・タトゥーの女』 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO
 『ドラゴンタトゥーの女』を観た。  【あらすじ】  スウェーデンを揺るがせた財閥汚職事件の告発記事を書きながら名誉棄損裁判で敗訴したミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)は意気消沈...
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ダニエル・クレイグ 2011年 アメリカ/スウェーデン/イギリス/ドイツ映画 158分 サスペンス 採点★★★ 非常に当たり前の事なんですが、どんな国だって暗部ってのはあるんですよねぇ。もう、福祉大国だろうが安全・清潔を売…
●「ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tatto」 2011 アメリカ Sony Pictures,Columbia Pictures,MGM Pictures,158min. 監督:デヴッド・フィンチャー 出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラー、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バー...
2009年、スウェーデンでスティーグ・ラーソンの小説、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」が映画化されました。 この原作は三部作になっており、映画も三部作になっています。 小説も世界的に話題になり、その幾重にも重なった謎解きの面白さと深いテーマ、斬新な?...
  3月1日(木)に観に行って来ました   オープニングから ツェッペリンの 移民の歌やで~  (カバーやけども) この曲は大好きなので   初めからテンション上がるわ   と思いつつ お話が始まると 難しい  何やら難?...
 予告編がめっちゃおもしろそうで、とても楽しみにしていた映画の1つ、ドラゴン・タトゥーの女の記事です。
THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO/11年/米/158分/ミステリー・サスペンス/R15+/劇場公開(2012/02/10) −監督− デヴィッド・フィンチャー 過去監督作:『ソーシャル・ネットワーク』
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のリメイク。 話の顛末は面白いことも含めてわかっているので割愛。OPから音楽と映像が非常にクール。 ミカエル役にはダニエル・クレイグ 、

コメントの投稿

非公開コメント

ヴァンゲル家、
顔と名前が一致しませんでしたね(苦笑
それでも長さは感じず、面白く見れました。
まぁ~普通にサスペンスとしてね。。。

名前は覚えてるのですが・・

>えふさん♪

ヴァンゲル一族はハリエットやアニタとか、名前なら覚えているのですが、相関図が頭の中では整理できませんでした・・^^;

そいえばオリジナルを鑑賞したブロガー様方の意見によりますと、この作品は内容よりもリスベットの存在が大きいとも言ってましたねぇ。そう言われるとあの個性はストーリーそっちのけになるくらい強烈なのも頷けます・・。

こんばんは

オリジナルに比べて誰が誰やらは意外と整理していたように思えましたが、やはりオリジナルを知っててもスウェーデンの聞きなれない名前は誰が誰やらになりますよね。

オリジナルに比べてリスベットが少しエッジが足りない気がしましたが、個人的な感想は置いておいてサスペンスとしてはきちんと作られていたように感じます。

手堅いサスペンス

>daiさん♪

意外と整理されていたという事は、オリジナルのヴァンゲル家はこれよりも複雑だったという事でしょか・・?^^;もう2~3人増えてたら自分はもうてんてこまいですね・・(汗

でもdaiさんも高く評価してるオリジナルのリスベットは、確かに見た目が突き抜けてますね。特にヘアースタイルが凄いっw
サスペンス要素はフィンチャー繋がりでちょっと『セブン』と比較しちゃいそうにもなりましたけど、手堅い出来映えだったので、自分も損は無かったですね。

こんにちは♪

オリジナルだともっと調査のエピに時間を割い
てて、その方法がネット検索を駆使してと言う
現代的なところが魅力でもあったんだけど本作
はどちらかと言うと人間描写にウェイトを置い
た感じがしました。
リスベットのキャラが多少ヤワになっていたり
多少の違和感を覚えたけど元ネタをほぼ忠実に
綴っていたん作品のモシロさは失われてはいな
かったです。
まぁ、つまらん結論になりますがオリジナルか
リメイクか?での好みになっちゃうんすけどね。
r(^^;)

ヤワ?なリスベット

>風情♪さん♪

オリジナルと異なり人間描写重視のようにしたというのは、前半まるっとミカエルとリスベット2人のパートに費やした部分からも大体察する事が出来ますね。しかし社会不適合のレッテルを貼られているリスベットの境遇はかなりひどいものがありましたけど、逆襲の仕方も更に輪を掛けてヒドイ^^;あれで『ヤワ』となると、オリジナルリスベットはちょっと怖いですね・・(汗

こんにちは~
そうですねオリジナル版観ていない人全般楽しんでいるようです★
わたしオリジナルさえそこまで楽しめたってほどでもなかったので、、、(笑)
あと今回のらすとは蛇足に思えちゃいました
あまりにリスベットがただの片思いみたいになっちゃってて。
メビウスさんオリジナルも機会あったらみてみてくださいー!

凄味

>migさん♪

比較対象があるのと無いのとでは、やはり観方も大分変わってきますよねぇ。自分もオリジナルを観ていない初見者だったので新鮮さもありましたけど、ただ結構過激な描写もあったので、個人的には面白かったというよりも、凄いという印象でございました。

でもリメイク観た後にオリジナル観るとどうなっちゃうんでしょう?リメイクに最初に触れてる分、やはりオリジナル観ちゃうとリメイクの方が良いと言う印象も持ってしまうかもしれませんね(汗

こんばんは!

結果的にはスウェーデン版と殆ど一緒だったので正直ガッカリしたものはありました。
フィンチャー風に大きくアレンジしてくるのかと期待していたものもありましたし。
結局フィンチャーらしさが見れたのはオープニングだけだったってのも寂しい感じがします。
展開が分かっていても面白かった事は確かですので、話自体は良く出来ているんだなぁとは思いました。

八方塞

>ヒロ之さん♪

原作ファンからも手厳しければフィンチャーファンからも手厳しい作品になってるみたいなので、正に八方塞のような状況ですね^^;なんかエイリアン3の頃の酷評振りを思い出してしまいました(汗
リメイクや続編モノはやっぱりフィンチャーに向かないんでしょうかね~?本作もオープニングの映像やセブンのようなサスペンスな雰囲気が個人的に好みでしたけど、それが返って二番煎じにも見えちゃったのかもしれませんね・・。

こんにちは

リメイクとしては大変よく出来てると思いますよ
ただ、リスベットがちょっと少女的すぎて、オリジナルでの野生的なイメージと
相反する感じで違和感が少々ありましたが、印象をぶち壊すほどではなかったです。(ラストはちょっと乙女だったけれどね)
むしろ新しい彼女の誕生という意味ではイメージを壊さずに良くできてると感嘆です
父親を殺そうとしておきながらも、どこか父性というか庇護してくれる年上の男性を求めるような危ういところが良かったのかもしれません
ただ1:1のバランスだったオリジナルと比べ、リスベットに比重が置かれてしまっているので、そこは少し難点だったかもしれません
オリジナル版も是非みてみてください^^

オバサンだとか・・?

>makiさん♪

オリジナルを観たブロガー様のレビューを見ると、大多数の方が記しているリスベット乙女論w・・実は以前小説も読破したとある知人様がオリジナルの方を観た際『リスベットがオバサンみたいでやだっ』と言っていたのですが、もしかしたら自分もそれが尾を引いてオリジナルを敬遠していた理由なのかも・・^^;
あの少女っぽい雰囲気のリスベットを観た後オリジナルを観たらどうなるのやら・・と正直不安もあるのですが、お墨付きもあるのでしたら大丈夫かもしれませんね。リメイクの方は三部作は無理そうですし、尻切れトンボも嫌なので自分も今度ちゃんと観ます。

PAGETOP