【監督】窪岡俊之
【声の出演】岩永洋昭/櫻井孝宏/行成とあ/寿美菜子/藤原貴弘/松本ヨシロウ/矢尾一樹/豊崎愛生/三宅健太
【公開日】2012年 2月4日
【製作】日本

【ストーリー】
暗黒の時代。富と領土を巡って百年の長きに渡る戦争が続く荒廃の地で、ガッツは己の剣のみを頼りに戦場を渡り歩く傭兵として育ち生きていた。特定の軍に所属する事無く、常に他者を拒絶しながら戦ってきたガッツ。彼はあるとき、戦場の猛者たちの間でも敵に回したくないと畏怖される傭兵団・鷹の団と出逢う。そしてその団を統率していたのは、類まれなる強さと美貌を兼ね備えた、自分と同じ年頃のグリフィスだった・・・。
 
【コメント】
『黒い剣士』こと、ガッツの復讐の物語を20年以上の長期に渡って連載している三浦健太郎の『ベルセルク』。その壮絶な世界をなんと全て映像化するというビッグプロジェクトを聞いた時は驚いたもので、故に今年の劇場アニメ関連ではエヴァや細野作品と言ったビッグネームよりも楽しみにしていたのですが、ただ『全て』と言われるとどーも途方も無いプロジェクトにも聞こえるので不安が無いと言えば嘘になっちゃうというのも然りですね
まあ先の事は兎も角として、そんな壮大なサーガの先陣として打って出た今回の『黄金時代篇』ですが、イチファン視点としては合格点で面白かったです♪

3部作として2012年度中に公開予定となっているこの『黄金時代篇』は、主人公のガッツが少年~青年期に在籍していた傭兵団『鷹の団』での栄光と悲劇を描いた物語。鷹の団を率いているグリフィスとの出会い、不死のゾッドとの戦い、そしてユリウス伯爵の暗殺と、観た所原作のだいたい4~6巻辺りのエピソードを本作では描いていたのですが、初っ端から最初の3巻分無視してるので『ベルセルクまるっと映像化』という謳いは既に矛盾してる気がしないでもないですね。ただやっぱり映画にする以上は『初見』な方も視野に入れてると思うので、それを踏まえれば、ガッツの過去の物語を最初に持ってきたのも『とっつき易さ』重視だったんでしょうかね~?『ファンならば分かるはず』という暗黙の了解みたいな感じも見受けられますし、ガンビーノの登場が回想だけってのも正に『ソレ』なのかもしれませんねw

ストーリーの展開も一応後々のエピソードに繋がる重要なポイントはちゃんと抑えていたのでさして問題は無かったですけども、尺の関係上ガッツの鷹の団での初陣やフォス大臣の存在などが省かれていたため、いきなり3年が経過したり、ユリウスの悪巧みが唐突過ぎたりと『ん?』と思う違和感を無視する事は出来なかった。・・ただこれもまた原作の知識が補完されてるが故の違和感かもしれず、初めて観る方にはもしかしたら問題は無いのかもしれない。自分もゾッドの死の預言などがちゃんと忠実だったので、多少の細かい差異は許容範囲内といった所でしょうか?
それと個人的にはアニメーションも良くてこれも見応えがありましたね♪冒頭の城攻めから大勢の兵士が入り乱れる合戦シーンなどは、3DCGと手描きの混合アニメーションとやらが結構斬新で、激しいアクションに上手く活かされてると思う(慣れるまで時間が掛かりますけど)。原作でもガッツの強さなどは音や映像が無くとも十分に伝わる『凄味』がありましたけど、今回の映像で観ると改めて分かる常人離れの腕っ節。大剣で血飛沫撒き散らして豪快にぶっ飛ぶ敵兵達がとても哀れだったけど、それがまた迫力ありっ。ベルセルクの世界は血生臭いバイオレンスやエロティックな描写もふんだんに盛り込まれてるので、今回そういった点もきちんと再現してる辺りに製作陣の本気も伺えた気がします。


作品の上映時間は80分とやや短めではあったものの、体感時間的にはそれ以上にも感じてしまい、端折りがあっても何だか濃い80分に思えてしまった本作。・・まあベルセルク全体の魅力としましてはまだまだま~だ全然明かされていないですし、ファンタジーの片鱗もせいぜいゾッドくらいなんですけど、それでも『掴み』としては申し分なく、アニメーションのクオリティもこのまま維持できるなら、6月の『ドルドレイ攻略』も期待していいのかもしれませんね
・・しかしベルセルクの世界を描くといっても、原作が未だ完結していない以上どこまで映像化するのか定かではありませんが、オープニングにシールケや狂戦士の甲冑などが一瞬垣間見えたので、少なくとも『千年帝国の鷹篇』まで行く算段は立ててるのかな?ひえーそうだとしたら本当に長丁場の付き合いになるのかも・・・。

評価:◎
☆このブログを以前から読んでくれている方なら分かろうが、私が、この20年以上描きつがれている人気作を読んだのは半年ほど前に過ぎない。  故に、テレビアニメ版も知らないので、動いているガッツを観るのは初めてだ^^  あの巨大な剣を自在に振り回す姿に感動!...
平成24年2月10日(金)。 映画「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」。 【監  督】窪岡俊之 【監  修】岩尾賢一 【脚  本】大河内一楼 【原  作】三浦建太郎 【作画監督】恩田尚之 【キャラクター】    岩永洋昭 (ガッツ)・櫻井孝宏 (グリ…
面白かった。続きが気になる。
【声の出演】  岩永洋昭(ガッツ)  櫻井孝宏(グリフィス)  行成とあ(キャスカ) 【ストーリー】 孤独な剣士ガッツは、百年戦争に揺れる地を傭兵として渡り歩いていた。身の丈を超える長大な剣を自在に操り、強大な敵をいとも簡単に倒すガッツ。そんな彼に目をつけ...
劇場版「ベルセルク」(『ベルセルク 黄金時代篇? 覇王の卵』)を見てきました。公開日に、劇場で。 → 公式ページ → Gyao:冒頭10分イッキ観せ!のページ アニメを見に行くのは、正確には思い出せ...
11年/日本/80分/ファンタジー・アクション/劇場公開(2012/02/04) −監督− 窪岡俊之 −アニメーション制作− STUDIO4℃ −主題曲− 平沢進『Aria』 −声の出演− ◆岩永
改めまして… 皆様、明けましておめでとうございます 本年も宜しくお願いいたします さて、2009年ぐらいから、ずっとなのだけど、ブログに頂いたコメントへの返事が滞っていて、更に
漫画「ベルセルク」の映画化。1〜3作目まで弟と一気に観ました。 私これ昔漫画を集めてたんですよね〜今どうして刊行されてないんだろう。不定期連載にもほどがある!ヾ(*`Д´*)
漫画原作を一応読んだことのある三浦建太郎の大長編ファンタジー、ベルセルク。原作が遅々として進まない中、アニメ映画化されていたようで・・・(^_^;)  三作目の「黄金時代篇III ...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

初見でしたが、楽しく観れました!
手描きとCGの組み合わせ方がうまかったですね。
戦闘シーンはあの量の人間を描き分けるのは難しいと思いますので、うまくCGを取り込んだなと。
それでも手描きの風合いは失われていなかったですしね。
お話も引っかかるところなく、観れました。
グリフィスとガッツの行く末は悲劇なのだろうな・・・と思いつつ、次回作も期待したいと思います。

斬新なアニメーション

>はらやんさん♪

はらやんさんも楽しく観れたようで、イチファンの自分としてもなんだか嬉しいです♪
手描きとCGのアニメーションは最初のパッと見だと全然分からなくて、こんなの良く描いたな~と感心しちゃいましたね^^;でもああいうハイブリットな手法だからこそ、従来のアニメには無かった(?)カメラアングルなどが出来たようで、結果迫力が伴ってて自分も見応えを感じました。

ガッツとグリフィス、そして鷹の団の行き着く先は最終作の『降臨』で明らかになりますが、原作どおりだとすると相当覚悟して観なければいけないと思います。はらやんさんも免疫を付けるために、お時間があれば原作を読んでみてはいかがでしょうか?きっとハマると思いますよ♪

こんにちは♪。

前知識ほぼ皆無で書いた私方ブログに、トラックバックに加え、コメントもいただき、嬉しかったです。ありがとうございますm(_ _)m。

これからガッツとグリフィス、どうなるんだろう。。。
とドキドキの余韻、本年中に満たせそうなので続く2作品も観に行く予定です。

初見でも、とっても濃い80分でした。
迫力のある戦闘シーンに圧倒されながらも気持ちをぐっとひきつけられ、そこに、友情や恋、策略(?)が絡んでくるのも面白かったです。

>『掴み』

で、これだけ凄いと…、これからどうなるのか、期待大です☆。

後々・・

>みぃみさん♪

80分の内容とはいえ、中々に濃い出来映えでしたよねっ。アニメーションも良かった分、見応えが随所にあった気がしましたので、時間を忘れるほど自分ものめり込んでいた気がします。

ガッツとグリフィスの関係はこの後も友情を深めるのですが、後々に凄い酷な展開となりますので、それをどう映像化するのかも楽しみですね。ある意味アニメーション表現の限界に挑むようなものなので・・^^;

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは。
原作コミックのファンなので、この3部作には否応なしに惹かれるものがありましたが、結構画のクオリティが高くてかなり楽しむ事が出来ました。
TVでも観ていても音響の凄さが伝わってくるほどで、製作者サイドは頑張ったなぁと感心させられるものもありました。
それと、主題歌に平沢進の音楽を使っていたのは良かったです。
彼の手がける楽曲は壮大なイメージを抱かせてくれるので凄く好きなんです^^

掴みはオッケー

>ヒロ之さん♪

ベルセルクはヒロ之さんのようなファンをたくさん抱えてる作品ですし、長寿漫画なだけにサーガとも化してるので、生半可な作りでは納得しない方も多いんじゃないか?とも思いましたけど、原作にあるバイオレンスさや激しい戦いを最新のCGや細かな描写でちゃんと再現していたので、自分もイチファンとしては感心させられましたね♪

そいえばオープニングの主題歌はベルセルクの壮大でダークな世界観を上手く表現していて自分も気に入りました。平沢進という方は初めて知ったのですが、パンフを見たらアニメ版のベルセルクでも手腕を発揮した方のようで、なんか納得してしまいました^^

おじゃまします。

どうも、あけましておめでとうございます。
メビウスさんに映画「ベルセルク」へのコメントと新年のご挨拶を頂いたあたりからインフルエンザにかかってしまい、お返しが遅くなってしまいましたスイマセン。
この映画(既に二作目まで観ました)は、悪くは無いけど、まず基本的に何故今アニメにするのかの意味も実は伝わっていないというか、そういう感想です。
あと、関係無いですが、この(原作の)当時のキャラクター名って、基本ダサいですねぇ。まず主人公がガッツだし。グリフィスもゾットもどこかで聞いたような(パクリくさい)感じだし。
では、また来させていただきます。今年も宜しくお願いいたします。

機が熟したとか?

>ピロEKさん♪

1月ももう中旬ですが、ピロEKさんとは新年のご挨拶がまだでしたので・・・・明けましておめでとうございます♪今年もひとつ、宜しくお願いいたします。

確かにベルセルクという作品を何故今になって映像化するに到ったのかは自分も正直分かりません^^;よくメモリアル記念にアニメ化されたり、技術的進歩によって映像化不可能だった作品をようやく映像化出来るようになった・・という例はありますけど、ベルセルクは果たして前者なのか後者なのか・・?ただ公式サイトによると今回の劇場版3部作に関しては2007年からすでに構想が練られていたそうなので、機が熟すまで『温められていた』のかもしれませんね?

>名前がダサい

・・ま、まあ^^;この辺りは個々の好き嫌いがあると思いますから千差万別ではないでしょうか?でも正直自分も最初イシドロの名前はダサいと思いましたw

PAGETOP