【監督】矢口史靖
【出演】五十嵐信次郎/吉高由里子/濱田岳/川合正悟/川島潤哉/田畑智子/和久井映見/小野武彦
【公開日】2012年 1月14日
【製作】日本

【ストーリー】
家電メーカー、木村電器の窓際社員、小林・太田・長井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボットの開発を命じられていた。近く行われるロボット博での企業広告が目的だ。しかし、ロボット博まであと1週間というところで、制作途中のロボット『ニュー潮風』が木端微塵に大破してしまう。窮地に追い込まれた3人は、ロボットの中に人間を入れて誤魔化す計画を立てるが・・・。
 
【コメント】
『ウォーターボーイズ』を観て以来、そのオリジナリティ溢れる題材で自分も何度となく笑わされている矢口作品ですが、今度は『おじいちゃん+ロボ』と何とも奇妙なコラボレーションとなっている本作。漫画脳の知識から思わず小畑健の『CYBORGじいちゃんG』を思い起こさせるキーワードでもありましたけど、自分の食指を動かすロボットアクションこそ無い代わりに、おバカな発想と演出でドタバタに盛り上げる矢口監督の笑いのセンスは相変わらずと言ったところっ。今年初めての邦画としては申し分ない面白さでした。

しかし『直ぐバレそうだし、直ぐ分るじゃん』と、鑑賞中大半の人が思いそうな突っ込みで展開され続ける内容ではあるものの、『それ』を敢えて理解した上で楽しむ事も前提ではあるのでしょう。ニュー潮風に扮した鈴木おじいちゃんの素っ頓狂な行動やそれに振り回され慌てふためく木村電器の落ちこぼれトリオ、そしてロボオタの女子大生やその他大勢のリアクションなどは、個人的にガハハ~と大笑いをするほどツボにはまったものは無いけれど、塵も積もれば山となるというのか、ププッと小笑いなシーンが頻繁だったせいで、ロボジーちゃん達の珍騒動に飽きる要素は無かったですね。
あとそれとは別にロボット工学関係にも明るければまた違った楽しみも出来たんじゃないかとは思いますが、生憎そちらは疎いので、落ちこぼれトリオ同様にちんぷんかんぷんでございましたw

また、『今回の鈴木さん』はシリーズ最高齢70歳オーバーと、『今までの鈴木さん』に比べれば随分フレッシュさが足りない気もしましたけど、それでもどこか憎めないキャラでもありましたねぇ。頑固でワガママで端から観ればホントムカッときちゃうのですが、内心では孫達にイイおじいちゃんとして仲良くなりたいという今時(?)の祖父母らしい本音もあったりすれば、どこか仕方なしに引き受けたニュー潮風もオレオレオレだから♪と何度もアピールする目立ちたがりな一面にも、なんだかな~と思いつつ自分もどこかニヤニヤと観てしまったりで・・。まあ共感という程ではないにしろ、退職して何にもすることが無くなった折に引き受けた着ぐるみまがいの仕事がこうもブレイクするとは思わなかったでしょうから、まったくも~ってくらいのこの興奮を誰かに教えたい!という気持ちは分からないでもないんですけどねぇ~。ただ、教えたら教えたで『ボケてる』と一蹴されちゃう辺りが今回の鈴木さんの悲しい所かもしれませんね


ネス湖騒動のように実はウソでしたごめんなさい的カミングアウトも少し予想していただけに、あの切り替えはちょっと上手かった・・とも思ったのですが、オチでループっぽくもなっちゃったので、ハッピーというよりは元の木阿弥のようで『あ~あ・・』と微妙にスッキリしない終わり方に見えちゃったかな~と・・^^;
それに鈴木おじいちゃんの笑みは4人組の新たな苦難の始まりをも告げるようで、どこか不気味でもありました

評価:◎
ROBO-G監督・脚本:矢口史靖出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉、田畑智子、和久井映見、小野武彦
2012/01/14公開 日本 111分監督:矢口史靖出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉、田畑智子、和久井映見、小野武彦 変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに日本中が恋をした--。 弱小家電メーカー、木村電器に勤務する小林、太...
□作品オフィシャルサイト 「ロボジー」□監督・脚本 矢口史靖 □キャスト 五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田 岳、川合正悟、川島潤哉       田畑智子、和久井映見、小野武彦鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★?...
[ロボジー] ブログ村キーワード  「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖 監督、待望の最新作!「ロボジー」(東宝)。今回のテーマは『ジジイとロボット』!『変形しない。戦わない。働きもしない。そんなロボットに日本中が恋をし...
映画「ロボジー」を鑑賞しました。
「ロボジー」は電機会社が社長の思い付きでロボットでPRしようとリストラ寸前の社員がロボット開発をするが直前で故障し、73歳の老人がロボットの中に入って奇想天外が行動で ...
ロボジー'10:日本 ◆監督:矢口史靖「スウィングガールズ」「ウォーターボーイズ」◆出演:五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉 ◆STORY◆家電メーカー、木村電器の窓際社員、小林・太田・長井の3人組は、ワンマン社長から流行の二足歩行ロボッ?...
私が今月の1本にあげた作品。 こういう映画大好き!! ロボットにじいちゃん入れちゃうんだよぉう☆これは観ないと!
ロボット爺ちゃん、がんばる。 「ひみつの花園」「スイングガールズ」などの作品で知られる矢口史靖監督の最新作は、畑違いのロボット開発を命じられた技術者が、破れかぶれで着ぐるみロボットの中に老人を...
 『ロボジー』で主役を務める五十嵐信次郎って誰?そんな役者さんいたっけ?  ……と思ったら、『時空戦士スピルバン』(1986年)のギローチン皇帝や『世界忍者戦ジライヤ』(1988年)の黒猫こと闇忍デビルキャッ...
 『ロボジー』を観た。  【あらすじ】  家電メーカー、木村電機の窓際社員小林弘樹(濱田岳)、太田浩二(川合正悟)、長井信也(川島潤哉)の3人組は、ワンマン社長木村宗佑(小野武彦)から流行の二...
【=2 -0-】 妻に「観に行く?」って聞いたら、「どうせ、すぐにテレビでするでしょ」って断られてしまったが、どうも気になる映画だ、どうせならスクリーンで観ておきたい。 波乗り帰りのTOHOシネマズの日、「マイウェイ 12,000キロの真実」を先に観ておこうと思ってた...
 「ハッピーフライト」の矢口史靖監督最新作は、とある事情からロボットを演じる事になった老人と、彼に振り回される家電メーカー技術者の姿を描くドタバタコメディ。  正直、昨今のフジテレビ製作、特にコメディ映画には「オタクら、いつまでバブルの頃みたいな絵が...
ロボジー MOXIXさいたま 12番スクリーン ハッピーフライトは見ているんですがあれはあれで楽しいけど二度と 見たくない。 その監督の最新作。 ロボ爺 木村電器のロボット開発スタッフは3名(小林...
映画が元気のミナモト! てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「予告編を見ただけで内容が分かる映画は大概面白くない」 シネトーク98 『ロボジー』 監督・脚本:矢口史靖 出演:五十嵐信次郎/
 『ロボジー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画は、予告編を見ただけでなんとなく全体がわかってしまう感じがして、パスしようかなと考えていたところ、実際に見てみるとなかなか面白く出来上がっていたので、拾い物でした。  それには、主演のミッキー・カ...
2011年 日本作品 111分 東宝配給STAFF監督:矢口史靖脚本:矢口史靖 矢口純子CAST五十嵐信次郎 吉高由里子 濱田岳 川合正悟 川島潤哉 田畑智子 小野武彦 矢口監督に外れはないのは分かっていることなんだけど、その中でも一番好きです、ロボジー。本当に笑わせて...
 映画ブログのクセして映画の記事は約1ヶ月ぶり。久々の映画記事はロボジーです。
11年/日本/111分/コメディ/劇場公開(2012/01/14) −監督− 矢口史靖 『ハッピーフライト』 −製作− 亀山千広 −脚本− 矢口史靖 −出演− *五十嵐信次郎『デッドボール』・
【あらすじ】 家電メーカー木村電器の窓際社員、小林(濱田岳)、  太田(川合正悟)、長井(川島潤哉)の3人は、いつも ワンマンな木村社長(小野武彦)から流行の二足歩行 ロボッ...
家電メーカーで働く3人のエンジニアは、ロボット博に向けて二足歩行ロボットを開発、しかし開発中のロボットが大破してしまう。困った3人はお爺さんにロボットの着ぐるみを着てもら
ゴールデンウィークも本日で終了。 そんなゴールデンウィーク後半の過ごし方・その2 2013年5月4日(日曜日・みどりの日)は、朝から友達と福岡のコンサートに行くという娘を小倉駅ま...

コメントの投稿

非公開コメント

最後、どうするのか心配してたんですけど、
上手くまとめましたよね!
そしてまた繰り返されるとは!(爆

ハリウッドのこてこてのロボットものとは違った
面白さがありました♪

アイデア勝利

>えふさん♪

あの結末に至るまで、途中に色々と伏線もありましたから『なるほどっ』とも思っちゃいましたね^^
でも結局また同じことの繰り返しになっちゃうのには苦笑しちゃいました(汗

日本だとハリウッドの本格的なロボットには勝てそうにないので、これはアイデアの勝利といった感じかもしれませんねw

こんにちは♪

ハリウッドのロボットものを観すぎてるせいか、逆に新鮮な感覚で観られました。
ロボットとじいちゃんの動きは確かに似てる^^;
じいちゃんを中に入れちゃうという発想が面白かったですね。

実際はどうなんでしょう・・?

>yukarinさん♪

ハリウッドのド派手なロボットアクションなんかと比べればそれこそ雲泥の差ですけど、アクション過多でなくても面白くすることが出来るという良い例なのかもしれませんねこれは。
でもああいうのってリアルでやっても意外にバレないのかもしれませんね(笑

こんにちは♪
本当にうまくまとめたな~って感心とともに、ほっこりしました。

吉高さんが面白かった~!!

グッジョブですね

>Nakajiさん♪

なんか意外なほど綺麗に纏まりましたよね^^;
その意外って思えたのは、おそらく鈴木おじいちゃんの性格上を思っての事だったのですが、これまた意外に機転が利いててびっくりwあれはグッジョブ♪って思っちゃいましたね。・・ただあれは見える位置によってはすぐバレてたでしょうから、運も左右してたのかもしれませんね。

そうそう、吉高さんも面白かったですね♪特にブチキレて携帯をへし折ろうとするシーンはギャップもあってかなり笑えましたw

ご無沙汰してます

メビウスさん、こんばんは☆
こういう映画大好きです!
途中、どうなっていくのかしら?と最後のオチがきになっちゃいましたよね。
そしたら本当に落ちて(爆)
いいおじいちゃんで、ジーンときたりもしました。

こんばんは

あー、そう言えばサイボーグ爺ちゃんもありましたね。
鈴木老人は何となく似てますね。
シンプルなアイディアに、さりげなく日本の今を盛り込みながら、痛快な笑に繋げた快作でした。

こんにちは

メビウスさん、こんにちは!

矢口監督は、やはりうまいですね。
まず発想がいいですね。
ロボ+おじいちゃんなんて普通は思いつきませんもん。
言われてみれば、あーおじいちゃんっぽい動きだよなと思ったりしましたけれど。
矢口監督はそういう目の付け所が他の人とは違っていてなんか好きです。

発想力豊か

>ノルウェーまだ~むさん♪

基本、矢口監督の作品って暗くならないから自分も好きですねw
鈴木のおじいちゃんも単なるワガママだったらムカッ腹もたつというとこですが、時々にイイおじいちゃんと思わせてくれるから憎めなかったんですよね~これがまた
^^;

>ノラネコさん♪

あらま、『Gちゃん』をご存じでしたかっ♪あっちはこっちとは違って本当に体を改造してサイボーグにしちゃってましたから差異はあるものの、共通点はありますよね。でもあのマンガほどぶっ飛んだ内容ではありませんでしたが・・(汗
ホント、ロボットの中身を人間になんていう単純な内容なのにこうも面白くなっちゃうのですから、何事もアイデアと発想の転換、それに工夫次第という事でしょうかね?^^;

>はらやんさん♪

ロボ+おじいちゃんは余程頭がやわらかくないと思いつかない発想ですよね。自分なんてロボとくればドンパチ又はロケットパンチみたいな男のロマン的発想しか出来ませんし・・(汗)ロボジーなんていうネーミングセンスもシャレが利いてて、意味が分かるとニンマリ^^
目の付け所もそうですが、監督は盲点を見抜く眼力も持ち合わせていそうですね。

こんばんはー^^

面白かったです^^
笑いのツボにはまったみたいで、始終大笑いしてみてました^^

そうそう、今時のおじいちゃんなうちの父も、孫の機嫌を取ろうと四苦八苦してるので(笑)、なんだか親近感わいちゃいました^^

ボケてる・・

>みすずさん♪

自分もこの作品のゆるい笑いには終始飽きませんでしたね。3人組とおじいちゃんのドタバタなやり取りもまるでコントみたいです^^

でも親近感と言いますか、鈴木おじいちゃんが『ニュー潮風はオレ♪』と言ってもボケてるで済まされちゃう所なんか、実は自分んとこのオババ様にも似通ってる感じがあったんですよねぇ^^;。オババ様も大分ボケてるので、これを観たらちゃんと言葉を汲んで鵜呑みにしちゃいけないかも・・と感じた次第です(汗

こんばんは。その後雪の方はいかがなもんでしょうか

サイボーグじいちゃんG、懐かしいっすねえ。わたしGの若い頃に似てるとか言われたことありますよ。この小畑先生がその後『ヒカルの碁』や『デスノート』であれほどブレイクしようとはねえ・・・

さて、『ロボジー』、大変楽しませていただいたのですが、つっこみたい点が一点。「最初にああいうことがあったんだから、開発室は1Fに移動しろよ」と。それじゃうまく「オチ」がつかないんでしょうけど(笑)

Gちゃん似?

>SGAさん♪

漫画に博識なおSGAさんのことですから、Gちゃん知ってると思いましたwと言うか、SGAさんヤングGちゃん似なんですかっ?^^;うーん、それはギャグと捉えればいいのでしょうか?(笑)
あ、でも前にブログにうpしてたSGAさんのサングラス自画で比べると確かに似てるかも?^^;

>1Fに移動

ダハハッ正論wけど映画を観た所、あの開発室もどこか急ごしらえみたいな感じだったので、空いてる部屋が2階にしか無かったんでしょうね(汗

こんばんは!

私も「サイボーグ爺ちゃんG」を思い出しました。
何気にあの漫画好きだったりします。

これも楽しい作りではあるのですが、思ってたよりも笑える箇所が少なかったのが残念でした。
でもミッキー・カーティスの味のある演技、吉高ちゃんのぶっ飛び演技には魅せられちゃいましたけども(笑)。
バレるかバレないかの部分をどうオチに持ってくるのかが気になりましたが、中々無難なラストで良かったです。

実写化希望

>ヒロ之さん♪

ヒロ之さんも知ってましたかGちゃんw自分もまだ単行本持ってますし、時々読み返してはその『ありえねー!』なギャグの数々に笑っております。何気にメカニカルなデザインもカッコイイですし、近い内に実写化されて欲しいものですね^^

しかしまあ自分も笑えたとは言ってますが、大半がゆるい笑いだったので失笑に近かったかもしれませんね(汗)でもミッキー・カーチスさんのボケっぷりなどは堂に入ってて、ホント普通のおじいちゃんぽく見えたのが面白かったかなとw最後もボケてるおじいちゃんとは思えない機転にききように思わず『上手い』と言ってしまいました(笑

こんにちは♪

丁寧に作られていた作品だと思います
アハハといった突飛な笑いはなかったですが、
伏線回収もできてましたし、潮風の最期の粋な行動なんかもあって、ラストはこれまた世界ロボ博でもっと凄い事が起こるんじゃないか、なんて思わせられる作品でもありました
おじいさんが中にはいってるという、それだけでも笑える作品ですが、オーディションで腰をやっちゃってぎこちなく去っていく後姿が実にロボットらしくて、笑っちゃいました

笑いのセンスは健在

>makiさん♪

突飛な笑いでもないけど飽きることも無かったりと、なんだかいい塩梅とも言える緩い笑いは、観る人によってはクセになるかもしれませんね?^^正直期待していた笑いとは異なっていましたけど、矢口監督の笑いのセンスみたいなのは健在だったかなと。

でも自分はこういったロボット博覧会に行って間近で見た事ないからアレですけど、今のロボットって凄い精密な動作も出来るくらいですから、こういうのを観ちゃった後だと『ひょっとして・・』みたいな疑心暗鬼を抱いてしまうかもしれませんね?(笑

PAGETOP