【監督】マイケル・ベイ
【出演】シャイア・ラブーフ/ジョシュ・デュアメル/ジョン・タトゥーロ/ロージー・ハンティントン=ホワイトリー/パトリック・デンプシー
【公開日】2011/7.29
【製作】アメリカ

【ストーリー】
1969年7月20日、アポロ11号は月面着陸に成功。全世界が固唾を呑んで見守ったこの歴史的異形の陰にNASAと米国政府がひた隠しにした事実があった。月の裏側にはトランスフォーマーたちの地球襲来の足掛かりとなる物体が不時着していたのだった。
そして現代、それは再び始まった。あの未知の金属生命体<トランスフォーマー>の侵略者が再び人類に牙を向く。しかし、それは世界を闇で包み込む前兆に過ぎなかった。人類に関与するトランスフォーマーたちの応戦もむなしく、新たな侵略者の圧倒的な破壊力に対し成す術も無く追い詰められていく。果たして、人類に残された最後の希望とは・・・。
 
【コメント】
本作が公開されていた夏時期はちょ~ど職場のお勉強の追い込み時期とも重なっていたせいか、断腸の思いで劇場鑑賞を断念し、『DVDで観れるDVDで観れる・・』なんて事を言い聞かせながらどうにか『勉強>映画』の強固精神を貫いたはいいのですが、鑑賞したらしたで前2作のスケールを超えるくらいの興奮を得る事もできたのですから、今更ながら3Dだとどれくらい凄かったんかな~?なんて欲求等もふつふつと沸いてきちゃいましたねぇ^^;
しかしながら2Dでも確かな迫力と映像で楽しませてくれたことには変わりなく、シリーズの集大成としても差し支えない面白さだったとは思います。

前作の『リベンジ』は確か脚本化組合員らによるストライキとバッティングしてしまったがためにベイ自身も力を奮うことがままならなかったと言っている程内容的には残念無念な作品ではありましたが、駄作のレッテルを貼られつつもトランスフォーマーたちのドンパチは相も変わらずでしたし、正直『ソレ』が目当てな自分としましてはサムたち人間側のストーリーは今回もあってもなくてもどっちでもいい所があったのもまた変わらずだったわけでwしかし反省を活かすべく練られたてであろう今回の内容には自分も予想以上に見応えを感じてしまったのです。
『救世主なのになんで就活しなきゃならないんだっ』とごねる主人公の求職事情は果てしなくどうでもいいとして、今回のストーリーの発端となるオートボットの宇宙船の存在を、人類の偉業の1つである月面着陸とリンクさせ、実は裏ではこんなことが・・と陰謀めかしている設定に関しましては結構上手く繋げていまして、『ほうほう♪』なんて頷きながら面白く観れてたんですよねぇ。少なくとも前作のピラミッド絡みよりは幾分説得力が増してるのではないでしょうか?
また、多分にユーモアやエロス(主にヒロイン)を交えて少し滑っていたのもこのシリーズの不評の1つだと思いますが、悪のディセプティコンが大軍を率いて本格的な地球侵略を開始する本作では、どっちかと言うとシリアス面の方が表立っていたので、おちゃらけた感じが少なめだったのも、最終決戦的な雰囲気を盛り上げてて良かったのかもしれません。

シリーズ一番の見所であるトランスフォーマーたちの戦闘&変形に到ってはもう言わずもがなっ。オートボットとディセプティコン、敵味方共に新参者や新武器、出で立ちが変わってたりもすれば、戦闘シーンもスピーディとスローを用いて緩急のある演出を盛り込んだりと、色々な面でまたパワーアップしてる点が見て取れます♪そいえば前作で自分は『やり尽した感』があるなんて事も言っちゃったのですがまあ勘違いもいいとこで、本作こそが大盤振る舞いと言った感じでもうあらん限りの破壊を尽くしちゃっています
ただトランスフォーマーたちの戦いには毎回確かに驚かされては高く評価してるのですが、今回特に良かったのは人間側もきちんと奮闘してるという部分ではないかと思うんですよねぇ。これまで人間側・・・まあようはノックス大佐率いるNESTの部隊などの軍人さんたちは、正直オートボットの力無しだとディセプティコンにまるっきり手が出せなかったのが現状でしたけど、地球侵略の危機に黙ってられんとばかりにディセプティコン軍に意地の猛攻を見せる様は、オートボット同様になんかカッコ良かったぁ。戦闘シーンはトランスフォーマーたちの独壇場なので今回もそんな感じがかなぁとたかを括ってはいたけど、最後ばかりはおざなりにせず、人間も活躍してるんだと見せ付けてくれた辺りも好感触♪
モチロン、人間側だけじゃなくトランスフォーマーの面々もかなり見せ場が多くてこちらも大満足♪個人的敢闘賞は新キャラのショックウェーブで、モノアイ風の赤い目に使役する巨大ドリル型TFなど、とにかく見た目のインパクトが強烈でかなりシビれた♪ディセプティコン側の面子ではメガトロンの腹心的なスタースクリームが1作目から大好きだったものの、今回はそのメガトロン同様少々活躍の場が無くて残念でもあり、『目がぁ目がぁ!』とまるでムスカみたいなセリフで往生してしまうのも、ちとあっけない最後に見えちゃいました


ド派手さも際立てば粗さもまた際立つのが本作のお馴染みと言うかお約束のようなものでもありましたが、そういった大なり小なりの不安材料があったとしても、本作の強みであるアクション要素とトランスフォーマー達のカッコ良さで強引に抑え込むだけのパワーをも感じた完結編(・・でいいんでしょうか?)。こういった娯楽ムービーでも最近はダーク路線などが流行ったりなんかもしてますから、勧善懲悪モノは単純明快な分やっぱり自分は大好き。トランスフォーマーも人間もカッコ良くて非常に楽しめましたっ♪(けどオプティマスはもうちょっと慈悲の心があってもよかったよーな・・?)

評価:◎
ド迫力を無心で楽しもう!!!  
完結編を謳いながら、既に4作目の話も聞こえてきている「トランスフォーマー」の3作目で、今回が初の3D映画。 監督のマイケル・ベイは3D映画に興味がないと言ってたけど、ジェームズ・キャメロン監督に唆され(?)、作り始めてみたら結構ハマったらしい。実際、な...
 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』を観た。  【あらすじ】  1969年7月20日、アポロ11号は月面着陸に成功。全世界が固唾を呑んで見守ったこの歴史的偉業の陰にNASAと米国政府がひ...
【TRANSFORMERS: DARK OF THE MOON】 2011/07/29公開 アメリカ 154分監督:マイケル・ベイ出演:シャイア・ラブーフ、ジョシュ・デュアメル、ジョン・タートゥーロ、タイリース・ギブソン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、パトリック・デンプシー、ケヴィン・...

コメントの投稿

非公開コメント

日本インターネット映画大賞募集中

突然で申しわけありません。現在2011年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/19(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)。

こんばんはー^^

面白かったですね!
戦闘の迫力は凄かった!
映像も綺麗だったし・・・

オプティマスはかっこいいし、バンブルビーは可愛いし♪
ラスト(かな?)満足な映画でした~^^

上の記事にコメント出来ないようなのでこちらで・・・
今年はお世話になりました!
来年もよろしくお願いします^^

ベストと呼べず・・

>みすずさん♪

このシリーズは続編が作られるたび映像も迫力も増していますから、今回も凄い楽しめましたよね♪でもベイ自身公然と最後の作品とは言ってないんじゃないでしょうか?もしかしたら近い内に4作目もあるかもしれませんね?さすがにその時はシャイア・ラブーフ勘弁ですけど・・^^;

そいえば自分は今年のベスト記事はコメントとTBを伏せさせて頂きました。ベストと呼べるほど鑑賞してませんし、記事の方も今年の出来事を振り返った文章が大半だったので、ベスト記事という位置づけにしませんでした(汗)。
でも今年は未曽有の震災が発生し、みすずさんも忙しかったと思います。せめて来年こそは明るい話題で包まれたい年にしたいですね。

ではでは、今年もお世話になりました♪良いお年をです。

昨年はお世話になりました

結局3回観ちゃいました。
しかも初IMAX体験もしてきちゃうほど大好きな作品でした。普段は文句ばっかり言ってる私ですが3Dは文句なしでした~。

昨年はいろいろありましたが今年は良い年になると良いですよね。
というわけで今年もどうぞよろしくお願いいたします。

明けましてです

>yukarinさん♪

明けましておめでとうございます♪今年のベスト記事はおよそベストと呼べない、ある意味出来事記事となっちゃったのでコメント欄を控えちゃったのですが、変わりにこちらにコメントを入れて頂いて感謝いたします。

でもトランスフォーマーは新作でるたび興奮してますが、今回も凄かったですよねぇ。しかも3Dでしたから、自分も映画館で観てればリピートしていたことでしょう♪しかもIMAX鑑賞とは羨ましいっ。自分も一度は体験したいのですが、そうなると県外移動となるので、今年の目標はIMAX鑑賞かな?アメイジングスパイダーマンとかは苦労してでも最高の環境で観たいですからね~w

それと、yukarinさんにも昨年はまたまた懇意にして頂いて感謝しています。今年もちょっと忙しい身ではありますが、2012年も宜しくお願いいたします♪

メビウスさん、
明けましておめでとうございます。
そして今年もたくさん映画が見れるいい年でありますように!
あ、トランスフォーマーランキングに入れるの忘れた!(汗
バンブルビーが泣いてるわ~~(苦笑

明けましてです♪

>えふさん♪

明けましておめでとうございます♪今年も洋画・邦画ともに注目作が目白押しですよね。最近は娯楽中心になっちゃってますが、今年くらいはアカデミー賞作品を全部観れるようにしたいです^^;
そいえばえふさんトランスフォーマー入れてませんねwランキング選考で迷ってるとたまにありますねそういうの(笑

と言うわけで、今年もひとつも宜しくお願いいたします♪

明けましてオメデトウであります♪ (`д´ )ゞ

今年も例年の如く映画&ジョジョを通じて同じ
幽波紋使い同士仲良くやって行きましょう!
ヨロシクお願いしますね。

先の震災での心労があったり、何やら多忙を極
めてるみたいっすけどムリせずにやってくださ
いね。例え思うように劇場に足を運べなくても
時にはムリに時間を作って観に行くのも大事だ
とサボリ癖のあるボクは思ったりします。

まぁ何かエラそうなこと言っちゃってるけどお
互いにガンバりませう。
と言うことで風情♪うはクールに去るぜ。
アリーベデルチ!

>風情♪さん♪

遅れ馳せながら明けましておめでとうございます。

震災の影響は良くも悪くも自分の映画ライフに変化をもたらしたかもしれません・・。それこそ震災直後の2~3ヶ月くらいは映画という気分ではなかったものの、それでも観ようと思えば観る事も出来たんですよねぇ。やっぱり被災地等の現場を訪れた後で『観ていいものか・・?』とどこかブレーキをかけて気落ちしていたようにも思えます。
ただそんな沈んだ状態から活力や元気を貰ったのもまた映画なわけで、やはり切り離せないものだとも実感した次第です。
今年も忙しい事に変わりは無いものの、それでも去年のように『観ればよかった・・』と悔いる事は極力少なくしようと思うので、今年は勉強中でも観たい映画にあまりブレーキをかけず、極力は鑑賞したい所存でございます。

というわけで、スタンド使い同士は引かれ合う間柄でもありますので、2012年もまた親し~くお付き合いできればと思います♪
アリーベデルチ!!

ブロガーのベスト10

今年のんが完成しました。
メビウスさんの10に、ライダーor戦隊がないのにちょっとさびしく思ってます・・・。
一年に一度この時期だけのお付き合いですが、今年もよろしくお願いします~。

待ってました音♪

>aq99さん

ご無沙汰しておりまっす♪そして明けましておめでとうございます。
aq99さんとはもう一年に一度の交流のようになってしまいましたが、ブロガー様ランキングは毎年楽しみにしてるので、今年も待ってましたと言った感じです。でも今回結構早く仕上がったのではないでしょうか?(笑

あとでゆっくり拝見させていただきますね♪今年も宜しくお願いいたします♪

PAGETOP