【監督】坂本浩一
【出演】福士蒼汰/高橋龍輝/清水富美加/坂田梨香子/冨森ジャスティン/志保/土屋シオン/田中卓志/渡部秀/三浦涼介/高田里穂/君嶋麻耶/岩永洋昭/桐山漣/菅田将暉/益岡徹/他
【公開日】2011/12.10
【製作】日本

【ストーリー】
隕石によって時空が歪み、現在と40年後の世界が繋がってしまった。40年後からやって来た「仮面ライダーポセイドン」が持っていたのは、未来のコアメダル。戦いを何より好むポセイドンの目的は、この時代のライダーであるオーズとバースを倒す事だった。放浪の旅から帰国したオーズ=火野映司をポセイドンが襲撃する。だがその時、かつての戦いで消滅したはずのアンクが出現した・・・<仮面ライダーオーズ>。
 
【コメント】
本編寄りの夏劇と共に、ライダーコラボの冬劇としてだんだんと定着しつつあるMOVIE大戦も本作で3作目に突入。お祭り要素が強いシリーズなので、夏劇同様自分もすっかり見逃せない作品へとなってしまいました。
しかし今年は上半期が勉強尽くしさったのもあり、オーズの夏劇やレッゴー仮面ライダーも断腸の思いでスルーしてしまい、結果今年の劇場鑑賞は本作のみとなってしまいましたが、いやはやこれがまた凄い良かった♪やっぱり坂本監督になるとライダーアクションがハリウッド並に洗練されてホント全編メガマックス級の面白さとなり、今年のライダー作品の〆としてだけじゃなく、仮面ライダー40周年を締めくくる上でも素晴らしかったと思います。

MOVIE大戦は新しいライダーとその前のライダーが互いにストーリーを進行しつつ、最後には1つに纏まってコラボレーションするという3部構成が基本になっていましたが、本作ではオーズ&フォーゼだけではなく、敵である財団Ⅹの暗躍を阻止すると言う名目で昭和の7人ライダーが大集合。更にその財団Ⅹとは因縁もある仮面ライダーダブルも参戦する事で一気に5部構成へとパワーアップを果たしており、正にメガマックスと謳うだけのボリューム感となっています。
とはいえ7人ライダーとダブルはどこかサプライズな演出に留まっているようでもあり、全体的な物語を繋ぐのはやはりオーズ&フォーゼの後輩ライダー達(笑)のストーリーがメイン。どちらのパートもゲストである新ライダーを交えた後日談&外伝的なものとなっていますが、この2つはそれほど悪い内容じゃなかったんですよねぇ。むしろ感動の度合いがいつもより大きかったとも思う。オーズでは消えてしまったアンクがある理由で戻ってきた事で改めて映司や比奈との絆の深さを知る事が出来たりもすれば、フォーゼでは弦太郎と撫子のロマンスを軸に仮面ライダー部の友情もこってりと描かれていて、その熱い友情パワーには思わず一緒に拳を突き上げて『宇宙キター!!』と叫びたくなってしまうほど熱いものがありますw・・ただアンクが戻って来た理由や撫子の正体を知ってしまうと途端に突拍子も無いものに思えてしまうのも否めないのですが、そんな事はどうでもいいってくらいの『勢い』みたいなのが本作にはあるので、そこら辺はさして問題点としては見えなかった気がする。

『勢い』と言う意味でとりわけ際立ってたのがやはりライダーアクションで、坂本監督が劇場版ダブルで見せたスピーディで激しい立ち回りは本作でも健在。ワイヤーを駆使したアクロバティックなアクションに加え、オーズはコンボ、フォーゼはアストロスイッチ、そしてダブルはガイアメモリのフォームチェンジを矢継ぎ早に駆使し、敵をバッタバッタとなぎ倒していく姿はさながらライダー無双と言ってもおかしくないくらいの暴れっぷり。個人的に大好きなダブルにしても見せ場こそフォーゼやダブルほど多くないものの、それでも今回は先輩ライダーとしての貫禄がたっぷりで、戦い方にも無駄が無くかーなーりスタイリッシュ。1対4でも軽くけちらしてしまう辺りに場数の違いを感じさせますね。翔太郎とフィリップの掛け合いも相変わらずですし、弦太郎との暑苦しいやり取りも爆笑です
モチロンダブルよりも更に大先輩な栄光の7人ライダー達も坂本アクションを取り入れた事によって後輩ライダーたちに見劣りしない活躍をしていますし、各々の必殺技に新しいエフェクトも加えられているからこちらも非常にカッコイイ♪ライドルをブンブン振り回したり、Ⅹキックがやたら派手なエフェクトに見えた仮面ライダーⅩが個人的に一番カッコ良く見えたかもしれません^^;


鑑賞する前は一抹の懸念として、新ライダーであるフォーゼがまだあんまり本編も進んでいないから、去年のオーズみたいにグダグダなものになるんじゃないかなという不安もあったのですが、弦太郎の恋物語は最初から最後までノリが良かったですし、ゲストライダーのなでしこにしても観ていた子供達は大笑いしていたので自分も全然損な気持ちは無かった。隠し玉として最後に出て来た新ライダーも本編の楽しみへと上手く繋げていたのも良かったですね。
アクションも大満足、オーズも微笑ましいラスト、MOVIE大戦で初めてお腹一杯になれました♪

評価:☆
3年目となったお正月の仮面ライダー映画「MOVIE大戦」ですが、これは過去最高の出来。 前2作は、主役ライダーそれぞれのエピソードと最後に共闘するクライマックス編(MOVIE大戦)の三部構成になってましたが、今回はプロローグがあり、オーズ編があり、イン...
仮面ライダーフォーゼ変身ベルトがかっこいい!人気ベルトとアストロスイッチをゲットしたらココ!
だってだってWも登場するんでしょーーー。早く観たいーーー。 と、私の方が公開日を楽しみにしていました。 「仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX」を観たよ(2回)。 ( → 公式サイト  ) 出演:福士蒼汰、渡...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

>ライダー無双
まさに!その通り!
バッタバッタとやっつけてましたよね。
間引くことなく、フォームチェンジをテンポ良く見せられるのはやはり坂本監督だからでしょうね。
オーズ編はどうなるかと心配だったのですが(今までオーズは劇場版はいまいちだったので)、アンクの復活のくだりなどはよくまとめたなと。
一番オーズの劇場版中で良かったのではないかと。
フォーゼも仮面ライダー部全員でのカウントダウンが「青春!」って感じでいいです。
翔太郎と弦太朗の掛け合いもいい感じでした。
「W」と「フォーゼ」でもう1回くらいやってくれないかなぁ。
仮面ライダー部の面々が風都タワーに修学旅行に行って事件に巻き込まれるとか・・・。

計算されてるようなっ

>はらやんさん♪

坂本監督が手掛けるアクションは派手さも然る事ながら、ホントテンポも良くてカッコ良く見えてしまうんですよねぇ。多分このフォームの次はこのフォームが次へ上手く繋げる事が出来る・・みたいな感じで坂本監督も色々試行錯誤してフォームテンポを調整していたのではないでしょうか?個人的にはやっぱりダブルの流れるようなフォームチェンジがカッコ良かったですね。全然無駄が無かったです♪

ダブルとフォーゼで再度の競演、これは自分も観たいですね♪オーズにも出来ればカムバックして欲しいんですけども、やっぱりアンクが消滅しちゃってるという事実が他のライダーとの競演を妨げてるような気もしますからねぇ。アンクいてこそオーズも成り立つと言うものですし、友情出演などもあまり期待できないかもしれませんね(汗

こんばんは。お尻大変みたいですね。お大事に・・・

実はわたしも昨年は夏ライダースルーしてしまったんですよ。なんかもう劇場版は前ライダーのゲスト出演がないと物足りなくなってしまって(笑) 春には久々にディケイドが帰ってきてえらいことになるようですが・・・

>弦太郎との暑苦しいやり取りも爆笑です

最初翔太郎はいやな感じでしたけど(笑)瞬く間に打ち解けましたね。まあ二人とも単純系だし

ところで『オーズ』TVシリーズの最後は『うしおととら』にそっくりだなあと思うわたし。メビウスさんはこの漫画知ってますよね?

ディケイド復活♪

>SGAさん♪

夏ライダーのオーズは今年に入って自分もDVDで鑑賞したのですが、やっぱり前作のダブルとかと比べると弱かった気がします。劇場オリジナルのブラカワニコンボなどは最初新鮮ではありましたけど、プトティラやスーパータトバコンボを観た後だとだんだん普通に見えてしまいました・・^^;

春映画といえば噂にもなってる『戦隊vsオールライダー』、なんか聞いただけでも凄いですよね。自分はまだ詳しい情報は知らないのですが、ディケイド復活するんですか?と言う事はあの世界の破壊者も久々の登場と言う事でしょうか?これは楽しみー!^^

・・そいえばオーズでのアンクと映二の関係って確かに『うしおととら』に似てますね。最初はお互い反目してたけど、共に戦っていくうちに当初の目的はどうでもよくなっていて、気付くと良いパートナーになってた辺りとかそっくり?元ネタはもしかしたらそこなのかもしれませんね。

PAGETOP