【監督】ロブ・マーシャル
【出演】ジョニー・デップ/ペネロペ・クルス/ジェフリー・ラッシュ/イアン・マクシェーン/ケヴィン・マクナリー/アストリッド・ベルジェ=フリスベ/サム・クラフリン/キース・リチャーズ
【公開日】2011/5.20
【製作】アメリカ

【ストーリー】
キャプテン・ジャック・スパロウが漕ぎ出す新たな航海。それは、永遠の生命をもたらすという伝説の“生命の泉”を探す旅だった。禁断の宝を求めて、実在した史上最恐の海賊“黒ひげ”、いまや英国海軍に寝返った元海賊でジャックの宿敵バルボッサたちが動き出す。さらにジャックの前に姿を現したのは、かつて愛した女海賊アンジェリカだった。それぞれの野望と裏切りが渦巻く中、伝説の泉の鍵を握る人魚シレーナと、若き宣教師フィリップは出会い、決して叶うはずのない恋に落ちる。幾重にも仕掛けられた罠と謎を解き明かし、“生命の泉”に辿り着くのはジャックか?それとも・・・。
 
【コメント】
ジョニーファンではないものの、メインテーマの相変わらずのカッコ良さとか登場人物たちの騙し騙されといったやり取りの応酬とかが適度なアクションシーンよりも面白味があり、個人的には前3作とも良い娯楽作となっていたパイレーツ・オブ・カリビアン。このシリーズは『ワールドエンド』で綺麗に打ち止めにしても良かった終わり方にも思えたのですが、新しい登場人物に新しい冒険と心機一転のような面持ちを持ったこの4作目に関しましては、雰囲気的には1作目を鑑賞した時のような気持ちを抱きながら観てた感もありましたので、今回もまた手堅かい出来かな?と思えた次第です(懸念材料もそれなりですけど・・)。

前作の最後でも伏線が出ていた通り、本作の鍵となるのは『生命の泉』と呼ばれるもので、その泉の水を飲んだものは他者の命(寿命)を得ることが出来るというもの。一口飲んだら不老不死・・なんてちょっとありきたりで単純なものも頭の中で予想してた部分もあっただけに、『自身が不老不死になるんじゃなく、他人の命を奪い加算する』という禍々しさを持った設定に先ず興味を惹かれたところっ。
物語はその泉を狙ってジャック・スパロウや敵となる黒ひげといった海賊たち、何故かイギリス軍の将校となっているバルボッサ、そして他国からはスペインまで絡んできたりと今回も結構大事な争奪戦が繰り広げられているのですが、色々な思惑が絡み合ってもいれば、バルボッサのようなお馴染みの人物たちの立ち位置も少し変わっていたり、更に泉の鍵となる『人魚』や『聖杯』といったものまであるので、正直泉に到るまでの過程は少々ひっちゃかめっちゃかで、新シリーズな分個人的には前作より複雑な感じも抱いてしまいました。

『繋ぎ』みたいな要素としてアクションシーンを多用してくれれば嬉しかったかもしれませんが、本作ではブラックパール号がとある事情で一切活躍しないため、大砲でドッカンドッカンと船を撃ち合うようなシーンも無ければジャックたちによるアクションも前作以上に控え目な印象に思えてならなかった。これってアクション映画初挑戦と聞いているロブ・マーシャル監督の演出ゆえにこうなっちゃったんでしょうかねぇ?海賊らしい立ち回りが少ないパイレーツ・オブ・カリビアンと言うのも残念と言えば残念ではありますが、でも前述の通り自分はこのシリーズはアクションよりもジャックをはじめとした登場人物たちのやり取りと言いますか、いかに相手を上手く出し抜くかという騙し合いみたいな所に面白味をシフトした部分もありますので、控え目なアクションなどを上手く補ってたかな?と思うくらい、各キャラクターの思惑が時に計画的、そして時にあからさまに見えちゃったりで楽しかった♪
とりわけ今回初登場でペネロペ・クルスが演じてたアンジェリカの性格が面白くて、お宝や目的のためなら平気で嘘を付いちゃったり誘惑したりするとこなんかは、まるでルパン三世の峰不二子のようだったw演じてるペネロペもさすが情熱の国の出身者だけに(?)、ワイルドっぽくも妖艶な女海賊が思いの他サマになっており、前3作のエリザベスとはまた毛色の違うヒロイン像を表現できてると思いますね。人魚のシレーナも綺麗で良かったけど、自分はやっぱりアンジェリカの方が好きかもしれない♪
敵である黒ひげの存在も、海賊船を意のままに操ったりもすればゾンビを作ったりも出来たりと何とも不思議な力を持っている最恐の海賊。こういった個性溢れる敵役が毎回出てくるのも本シリーズの魅力の1つでもありますけど、それでもかつて死ねない体になったバルボッサやデイヴィ・ジョーンズといったインパクト大の敵役と比較しちゃうと、今回の黒ひげもこれまた控え目な感じといいますか、敵役としては悪い意味で一番『まとも』に見えちゃったりしたわけで・・。この人の魔法パワーもどういうものだったのか不透明にも思えましたが、最後のバルボッサを観る辺りだと黒ひげ自身というよりはその黒ひげが持っていたあの剣がマジックアイテムだったと解釈すればいいのかも?う~ん・・、そうだとしたらやはり敵役としてはちょっと弱い印象だったかもしれません


海賊が主体となって活躍するこのシリーズは抜け目なく腹黒い人達が多いですし、漁夫の利を得るように誰が一番の勝者となるのか毎回分からないから楽しめる作品ではあるのですが、シリーズの顔でもあるジャック・スパロウに到りましては、今回はなんだかいつも以上に飄々とし過ぎているだけのようにも見えてしまい、だんだん海賊としての魅力も減ってきてるような気がしないでもないですねぇ・・。だからむしろ本作では本業を捨てたように見せてその実機会をじっくり伺い、身体の一部を失いながらも復讐の一念に執念を燃やすバルボッサの方が海賊としてずっと魅力的に思えてしまった。
黒ひげのお宝も奪った事で海賊としてもパワーアップを果たしたようなので、そう遠くない時期にありそうな次回作ではジャックの人気が低迷しないものかと、少し不安にもなってしまったのでした。

評価:○
 『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』を観た。  【ストーリー】  史上最恐の海賊・黒ひげことエドワード・ティーチ(イアン・マクシェーン)が【生命の泉】を狙い動き出した時、ジャック・スパ...
                    原題: PIRATES OF THE CARIBBEAN: ON STRANGER TIDES MOVX京都にて鑑賞。通常・字幕スーパー版で観ました。20日はラッキーなことにMOVXデイということもあり、1000円で鑑賞! ジョニーディプ扮するジャック・...
まさか第4弾が作られるとは思ってなかったんだよね、このシリーズ。ジャック・スパロウは変わらずジョニー・デップです。3作で一区切り置いたのか、いつものメンバーはバルボッサとギブスくらいしか出てきません。3作も観返さないとなぁ。 海賊といえば「黒ひげ」、出...
前半は退屈。 後半ちょっとだけワクワク。  
 アメリカ  アドベンチャー&アクション&コメディ  監督:ロブ・マーシャル  出演:ジョニー・デップ      ペネロペ・クルス      ジェフリー・ラッシュ      ...
PIRATES OF THE CARIBBEAN: ON STRANGER TIDES/11年/米/136分/アドベンチャー・アクション/劇場公開 監督:ロブ・マーシャル 製作:ジェリー・ブラッカイマー 出演:ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、ジェフリー・ラッシュ、イアン・マクシェーン、サム・...
ジョニー・デップの悪ノリ演技が楽しめる、”キャプテン”・ジャック・スパロウの大冒険物語、仕切り直しの第4弾。 今回は3Dでの鑑賞と相成ったが、わざわざ3Dを選ぶほどの内容じゃなかったな。 というか、ホントは2Dで充分だと思ってたんだけど、字幕版じゃなく...
JUGEMテーマ:映画館でみました!待ってました!ジェリー・ブラッカイマー作品
ジャック・スパロウの魅力 【Story】 美しい女海賊アンジェリカ(ペネロペ・クルス)と再会したジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)は、アンジェリカによって生命の泉を見つけ出すため、歴史的な...
□作品オフィシャルサイト 「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」□監督 ロブ・マーシャル□脚本 テッド・エリオット、テリー・ロッシオ□キャスト ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、イアン・マクシェーン、ジェフリー・ラッシュ、サム・クラフリン、アスト...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは^^

ジャックが見れただけで満足!なわたしですが、この映画では言われるように、バルボッサのかっこよさが際だってましたね^^

それでもジャック&ギブス、ジャック&バルボッサの絡みのシーンはニマニマで観ちゃった^^

で、わたしも黒髭はイマイチインパクトが足りなかったかなー。
ディヴィがあまりに強烈だったからかな。

あと2作続くはずなので、失速しないように頑張って貰いたいです^^

そうそう、海賊なのに陸のシーンが多かったのは、予算を大幅にカットしたからとか^^;
海の上の方がお金がかかるのね^^;

メビウスさん♪

こんにちは♪
お勉強中だと気になったことだと思います
でも意外に普通って感じでしたね。今までのキャスト陣が降板しちゃいちょっと華がなくなったりで。
見ごたえも少し半減(涙)作品に思い入れないだけに、もう少し刺激が欲しかったと思います。
次回作はどうなることやら・・・。
期待して待ちます。
久しぶりのコメントありがとうございました!!

懸念的中

>みすずさん♪

そいえばみすずさんジョニーファンだったwファンの方なら彼が出演してるだけでそれなりに満足出来るというものですが、自分はもう少しと言ったところ・・^^;
まあ今回はジャックの船のブラックパールなどもああいった事情で活躍できませんでしたから、魅力が減っちゃったのはしょうがないのかも?自分は『デッドマンズチェスト』の時のジャックがかなりカッコ良かったので、残り2作(?)でまた彼のカッコ良さなどが失速しないよう再燃するのを願うばかりです。

>mezzotintさん♪

このシリーズはジョニーの人気もありますけど、新作が出るたび話題沸騰なので確かに勉強期間中は気になってましたね。『面白いかな~?』みたいな感じで(笑
でも監督が変わっちゃうと作品の色と言いますか、質のようなものがこうまで変化するものなんですね。ロブ・マーシャルって聞いた時は随分畑違いのようにも感じましたけど、懸念はどうやら的中してしまったようで・・^^;
次回作はアンジェリカが無事孤島から脱出できたのかが知りたいですねw

こんにちは♪

オモシロいことはオモシロかったんすけどね。
ぶっちゃけるとキャラもストーリーもアクションもと全てにおいて
前3作品と比べてしまうとかなり小ぶりだなぁと…。
かと言って決してつまらないワケでもないし新章とのことなんで
序章として観れば悪くは無いし、ジャックがBP号拘る理由や
来歴まるわる謎と後に続く要素はオモシロあったんでなんだか
んだと言いながらも確り楽しんだと言ったところです♪ r(^^;)

痛恨

>名無しさん♪

名無しさん・・と言いたいとこですが、明らかに風情さんですねwブログ間のお付き合いが長いと少しではありますが、コメントにも個々の特徴が出てくるので名前が無くともだんだんと理解できてきたこの頃です(笑

さて映画の話ですが、面白くも無ければつまらなくもなく、ごくごく平均的な出来映え・・というのは、話題作にしてみればかなり痛恨ですよね^^;ある意味『華』が無いとも言えますから。
それと記憶違いじゃなければ、今回ビンタシーンが無かったような?あれは楽しみにしてたんですけどねぇ~(汗

こんにちは♪

コメントありがとうございました
私も今作はちょっと迫力不足というか、こぶりに見えてしまって残念な気分でした
まあ、ディヴィ・ジョーンズとか、不死のバルボッサとか、前作・前前作と強烈なインパクトのある敵役が出てたからというのもあるのでしょうが、黒ひげもせっかくのメジャーな人物なのに勿体無い使い方したなぁと思った次第です
人魚と宣教師、バルボッサと黒ひげなど、今回ジャックに絡む展開が少ないので、そういった意味でもジャックの印象が薄いのかもしれませんね
ブラックパール号その他も取り戻したことだし、次回作は派手に海上戦をしてほしいところですね!

どこか再認識

>makiさん♪

ミュージカルな監督のロブ・マーシャルだからしょうがないと言えばしょうがないのですが、逆になんだか改めてジョニー・デップで持ってる作品だなぁとも感じる事ができたようにも思えます^^;

そいえば今回の敵役の黒ひげって実在の人物でしたね。実在してただけに、やっぱりデイヴィみたいなトンデモなキャラクターにするには難もあったのかも?
バルボッサみたいに復帰も無さそうですから、それが返って印象の薄い敵役となってしまったのかもしれませんね(汗

こんばんは^^

メビウスさん、こんばんは。
コメント&TB有難うございました。

確かに前3部作と比べちゃうと、盛り上がり的にももう一歩って所でしょうか^^;

ん~それでも私は楽しめました。
やっぱジャックが帰ってきてくれた、てのが凄く嬉しかったです。
しかもジョニー・デップですし。
これが違う役者だったら多分ダメな部類に入っていたのかもしれませんね。

それと今作はジャックが全編通して主役!ってのが妙に楽しくて。
破天荒な行動に終始ウキウキしたというか。
時間的にも短かったってのも良かったです。
正直前作長かったので途中ダレた部分もありましたから。
評価甘めにつけちゃいましたが、次作は是非、海を舞台に活躍して欲しいですね。
海賊なんだから、やっぱり大海原で暴れてくれた方がもっと盛り上がると思いますし、ファンとしてはそちらの方が観たいってのが本音ですね。

今回はパール号がでてこなかったし、
陸のシーンが多かったのでいまいち海賊気分が足りなかったですね。
ジョニデのキャラは楽しめましたが(苦笑
まぁ~次に期待!といったところでしょうか。
あ、ペネロペはもろ峰不二子でしたね(笑

こんにちは

メビウスさん、こんにちは。

レス遅れてスミマセン(汗

昨日ルパン3世をTVでやっていましたが、
峰不二子と今回のぺネロぺは似ている部分が
ありましたね。

それにしても続編があるような展開で終了。
今後はどういう展開になっていくのでしょうかね?

不二子ばりの悪女

>ヒロ之さん♪

ジャックが主役でジョニー・デップありきの作品・・。確かにその通りですよね。ディズニーのアトラクションが元ネタではありますけど、大多数の人は絶対ジョニー・デップ目当てでもありますし、思えば自分も1作目を観た時は彼の存在感に魅かれた部分が大きいと思います。そいえば本作ってかなり前にジャック役は別の役者さんを起用するなんてデマが流れてたのを記憶しています。今考えると恐ろしいですねぇソレ^^;ジャック・スパロウはもうジョニーのお家芸でもありますから、これからシリーズが続くたび、可能な限り続投して欲しいものですね。

>えふさん♪

今回パールが瓶詰め状態だったからジャックも本領発揮と行かなかったのかもしれませんね?だから已む無しなパイレーツ・オブ・大陸?(汗
次回作の希望として個人的にジャックはまたバルボッサとガチでケンカして欲しいかな~とw1作目のように2人は戦ってる方が凄いカッコ良かったのもありますしね♪
もちろんペネロペ・不二子もw

>daiさん♪

あ、そいえば昨日ルパンでしたよね♪しかも新キャスト版。自分はちょっと私用だったので録画したやつをまだ観てないのですが、沢城みゆきさんの不二子はどうでしたでしょうか?(好きな声優さんなので)。

脱線しちゃいましたが、アンジェリカの不二子ばりの悪女は個人的には良かったですね♪ジョニーも多分ルパンみたいに毎回騙される羽目になるんじゃなかろーかと?^^;そういう意味でも次回作は楽しみですねw

PAGETOP