【監督】七高剛
【出演】市原隼人/戸田恵梨香/村上淳/カンニング竹山/阿部進之介/矢島健一/堀部圭亮/小林且弥/本田博太郎/相島一之/きたろう/伊武雅刀/若葉竜也/松重豊/時任三郎
【公開日】2011/10.1
【製作】日本

【ストーリー】
人一倍正義感が強く刑事を目指していた警察官の勇作は、警備犬を育てる警視庁警備部警備二課装備第四係へ異動となる。希望と違う職場に戸惑いつつも、ハンディキャップを抱える犬・シロと出会った勇作は、ハンドラー(犬の訓練士)としてシロとともに成長していく。そんな中、警視庁を揺るがす連続爆破事件が発生する・・・。
 
【コメント】
感動モノの鉄板要素となりつつある動物を交えた作品は久しぶりの鑑賞になるわけなのですが、それとは別に観ようと思ったのはやはり『海猿の原作者』って部分なわけでもあり、ホント観てみたら同じ『匂い』と言いますか、雰囲気を感じ取る事が出来た気がする。犬や仲間との絆を深めながら卑劣な犯罪者に立ち向かうという真新しい(?)警察ドラマでもあるから色眼鏡も少なからずではあったけど、同時にしっかり感動も出来たので好感の持てた作品だったと思います。

警察の捜査に関わる警察犬の存在は知ってはいましたけど、本作に出て来るのは『警備犬』という犬達と、その指揮を任された『ハンドラー』という警察官達の物語。警察犬は事件の捜査や追跡を担当するのに対し、警備犬は事件を未然に防ぐのを役割とするらしく、その存在や職種の異なりなども初耳だっただけに『ほぉ~』と心の中で頷く回数も自然と多かったですねぇ。
個人的に海猿に近い雰囲気を感じた理由としてはそういった『初耳感』みたいなのもありまして、潜水士の事も鑑賞した当初の頃はなんにも知りませんでしたから、本作も厳しい訓練に犬や同僚の仲間達とのドラマ、そして警察組織との関係性などを含めて明かされる警備犬という知られざる職種の実態は、無知脳な自分にはなんだか適度な刺激も与えてくれたように思う。何より『バディ』っていう単語も聞いちゃうと嫌でも海猿を思い出してしまって顔がニヤけてしまうもんですから、主人公の早川勇作と警備犬のシロがバディとして親和を深め合う過程も見応えがあった♪刑事としての能力はあるけど協調性に欠ける勇作と、ずば抜けた嗅覚を持ちながらアルビノ(劣性遺伝)として生まれたため警備犬に向いていないと言われるシロ。そんな欠点を持つ者同士が互いに成長し、マイナス面を信頼でカバーしながら犯人を追い詰めていく展開は『ベタだけど面白い』と、またも海猿テイストw
演技の面でも犬のシロなんかはかなり上手かったように見えましたし、窮地に陥る終盤のシーンなどは市原隼人の枯れ声も手伝ってか袖を引っ張る仕草に思わずホロリと来てしまったほど。白繋がりですが、白戸家の大黒柱よりも魅力に溢れていたように思えます(ちなみにシロは♀だけど、劇中では♂設定になってるんだそうです)。


市原隼人が最初から体張ってるアクションもあれば、劇中の犯人が爆弾魔なので火薬を用いた派手なシーンもあるものの、それでも全体的に観たならばやはり勇作を中心にシロや装備第四係との絆を描いた物語でもあるから、エンタメ・・娯楽映画としてはやや大人しめかなという結論にも到った本作・・・。だけど自分はこの作品、ちょっと長い目で見たいという気持ちもあり、個人的に海猿テイストが濃いように思えた分『シリーズ化』も念頭に置くならば本作は『始まり』だとも思うし、勇作を含めた装備第四係メンバーのバックストーリーも正直もっと見たい所ではあるので、今回は期待値込みの評価かなと。
犬との共同演技となるとかなり難しそうですけど、実現できたら嬉しいですね

評価:◎
□作品オフィシャルサイト 「DOG×POLICE 純白の絆」□監督 七高 剛□脚本 大石哲也□キャスト 市原隼人、戸田恵梨香、時任三郎、松重 豊、村上 淳、       カンニング竹山、堀部圭亮、伊武雅刀■鑑賞日 10月2日(日)■劇場 TOHO?...

コメントの投稿

非公開コメント

どうしようかなぁ

こんにちはw
市原くんがちょっと苦手なのでスルーしようか迷っていましたが、やっぱ観ようかなぁ。戸田さん好きだし(笑)

『ベタだけど面白い』を最近一番好んでいるんですよね。
こんなご時世だからかしらねぇ(^^;;;

時任さん!

>たいむさん♪

実は自分も市原隼人はそれほどファンじゃなかったり・・^^;『ROOKIES』も見てなかったもんですから・・(汗)。でも出演者目当てを敢えて言うならば、やっぱりこれも海猿繋がりで時任さんかなとwまだ下川さんが抜けてませんけど、やっぱり時任さんは上司役が凄い似合います。

多分海猿が好きな人なら結構楽しめるのではないかと思いますっ♪たいむさんも時間があればどうでしょ?


PAGETOP