リンダリンダリンダ

【監督】山下敦弘
【出演】ぺ・ドゥナ/前田亜季/香椎由宇/関根史織
【公開日】2005/7.23
【製作】日本

【ストーリー】
高校生活最後の文化祭に向けて、オリジナルの曲の練習を続けてきたガールズバンド。
ところがギター担当の萌(湯川潮音)の突然の怪我をきっかけにボーカルが抜け、バンドは空中分解寸前となる。残されたドラムの響子(前田亜季)、キーボードの変わりのギターの恵(香椎由宇)、ベース望(関根史織)はひょんなことからブルーハーツのコピーをやる事となる。そして彼女達がボーカルとして声をかけたのは、なんと韓国からの留学生ソン(ぺ・ドゥナ)だった。


【コメント】
正に今時の女子高生!!と言うものを思い起こさせてくれるような作品。高校生が活躍する色々な青春映画を一通りは観て来たつもりですが、その中でもこの映画はひどく現実的な女子高生らしさが出ていました。

正直ザ・ブルーハーツ自体をあんまり聴かない自分なのですが、『リンダリンダ』とかは凄く有名なので、何度か耳にした事はありました。
そのブルーハーツを女子高生バンド+韓国人留学生が文化祭で披露すると言う青春バンド・ムービー。

と言うかこの映画を『スウィングガール』のように、陽気で爽快感溢れる青春映画だと思って観に行く人は多分泣きをみたのではないでしょうか?
ストーリーの大部分は主にボーカルのソン、ギターの恵、ドラムの響子、ベースの望を中心とした、文化祭でバンドを成功させる為にひたすら練習を繰り返す風景。そしてその過程で彼女達を取り巻く人物達との友情や、甘酸っぱい恋模様などを中心に描かれています。
それ程笑えるシーンが幾つもあるような映画でもなく、逆に寒い所もある。シーンを盛り上げるようなBGMもあんまり多用されているわけでもないので、どうしても地味な印象を与えるのは否めないと思います。

山下監督の意図としては元気いっぱいな女子高生よりも、ややだるそ~な雰囲気を残したり、時に何かに対して一生懸命になっているそんな等身大の10代の女の子としても描きたかったのではと思ってるんですけどね~。

そして主演の前田亜季やぺ・ドゥナ、香椎由宇に関根史織など若い女優さん方もイイ具合に女子高生になってましたが、ぺ・ドゥナだけは一番の年長者(確か25)だけに、やや女子高生らしさが薄れていたのが痛いっ!!ホント痛いっ!!(汗
『TUBE』で彼女の事を初めて知って以来、密かに期待している韓国女優さんですが、でも本作のソン役はちょっと天然も入ってて非常に面白いぺ・ドゥナを観る事が出来ました。ラストの体育館での演奏シーンもリンダリンダをとても上手に歌ってたのが結構凄い。
あと、『繋ぎ』で歌ってた萌と言う役の湯川潮音という方が凄い美声だったのが印象に残ってます。


最後まで観てもこれといった派手さは無いけど、観てると何だか次第に楽しい雰囲気にさせてくれました。
リアル女子高生な描写を徹底してる故に、一見の価値有りな映画でした。

『リンダリンダリンダ』公式サイト
リンダリンダリンダ(2005)監督/山下敦弘 出演/ぺ・ドゥナ、香椎由宇、前田亜季、関根史織、湯川潮音今時の女子高生バンドがブルーハーツを演奏する!しかもボーカルは韓国人
 “日本のカウリスマキ”とまで評価される山下敦弘監督。アイドル系女優までも脱力系ギャグに浸らせる・・・ ザ・ブルーハーツには全く思い入れがないのですが、ここまでやられると帰り道に口ずさんでしまいました。バンドの練習というのは、飽きて嫌になっても更に繰り返
ついに、ついに、観ちゃいましたヨ「リンダ リンダ リンダ」。いやぁ、感動です、むーびんぐはぁと!私の中では「マラソン」も「スターウォーズえぴ3」も越えました<比べるのがまちがっちょります>。素晴らしぃぃぃ、クライマックスにはジーンときちゃいました、グゥゥッ.
???ι?Х??İ????Υ?????Ф?Τ??Х??äΤ??ã???????衢α?衣α??????Х????Τ?ΥХ?ι???Ĥ???ä??礦¤?????????λž夬?Х?Ķ??Υ???Ω?夲???????Сι?ǵä????褦?Υ?????Τ??餤Ρ?ν?ä??ä?ФΤĤ?????????Τ?Ĥ???÷???Υ??Ф?Τä??????????Ф??μ?????
鑑賞した日 : 9月9日金曜日 鑑賞した劇場 : シネマテーク 本日2本目は「リンダ リンダ リンダ」です。こちらも楽しみにしていた一作。時間が迫るにつれ自然と期待が高まります。 ←4人のサイン入りポスターです…って光のせいで見えないじゃん....
映画「バトル・ロワイアル」からすっかりBR出演者はご贔屓で、その中でも特に好きな前田亜季ちゃんが出演。琴弾役だった、三村恭代ちゃんも出演。しかも、韓国若手女優のペ・ドゥナさんが、日本語の曲「リンダ リンダ」を歌う!?ブルーハーツ世代じゃないけど...
リンダ リンダ リンダ  2005/日本  ★★★★★監督 山下敦弘出演 前田亜季 / 香椎由宇 / 関根史織 / ペ・ドゥナ / 三村恭代 / 湯川潮音 これはとんでもなく素晴らしい映画だ。 とにかくシンプルな構成に、ラストに一つカタルシスを用意しておくという、
千代田区公会堂「リンダリンダリンダ」試写会。 始めは、「ペ・ドゥナが日本映画に出るらしい」と聞き、「“リンダリンダリンダ”って、ブルーハーツ関係の映画らしい」から、「山下淳弘監督で、女子高生がブルーハーツのカバーバンドをする物語らしい」って事は、「ペ・ド.
映画館にて「リンダ リンダ リンダ」★★★★☆またまた友人に「あなた青春モノ好きね~」と言われる事覚悟だけど、やっぱり青春モノはイイ!ストーリー:高校生活最後の文化祭のステージに向けてオリジナル曲の練習を重ねてきた女の子のバンド。ところが本番まで後3日と
-----やっと行けたみたいだね。周囲の評判もよく、観る前から期待が高かったようだけどどうだった?「これは間違いなく、今年を代表する一本。観ている間中、息を呑んでスクリーンから目が離せなかった」-----どこがそんなによかったの?「物語そのものはシンプルなんだ。文
女子高生がブルーハーツ。ボーカルは韓国からの留学生!?CAST:ペ・ドゥナ/前田亜季/香椎由宇/関根史織 他いつも行っているチネチッタではこの作品が上映されないため、「ネバーランド」以来での2回目の109シネマズMM横浜で観ることに。109シネマズは全然なれていないた
???Х????Τ????ġ????α??????δ?餱???äġ???湯??????????İ???塢?????????????Сhttp://www.linda3.com/????Υ??????Ť???Х?????????????ä?Τ???????????Х?????ä???ζ?İ???ηá??????????????Υ???İФΤ?ή?????????ν??????ķ?????????????ä????η
バンドものにハズレなし!という定説が映画界にはある。たとえば『ザ・コミットメンツ』『すべてをあなたに』『スクール・オブ・ロック』『ロックよ静かに流れよ』・・・。もちろん例外もあるが、この映画はずばり「アタリ」のほうだ。主人公たちのバンドへの取り組みの姿勢
愛知県地方ではまだ公開されていないので、渋谷シネセゾンにて観てきました。ペ・ドゥナ  なのだけれども、なんといってもソンさんでしょう!  たまたま通りかかっただけで、Voになるわ、カラオケ  ボックスで絡むわ、いきなり告白されるわ、『ミンナ、  パンツミ
 実は・・・お盆休み最終日の今日も映画を見てきた私(=^_^=)今日見た映画は「リンダリンダリンダ」だったんですが・・・ 今日の映画館は梅田茶屋町ロフト地下の「テアトル梅田」です ここの映画館は100席と60席ほどの、いわゆるミニシアターなんですが、なかなか「通」が
9月5日(月) TOHOシネマズ木曽川にて文化祭前日、バンドを結成しているキーボードの恵(香椎由宇)、ドラムの響子(前田亜季)、ベースの望(関根史織)は途方に暮れていた。文化祭のライヴに向けてオリジナル曲の練習を重ねてきたのに、ギターの萌(湯川潮音)が指を骨折....
 泣けたよ~。笑えたよ~。とてもよかったよ。ビバ高校時代!!ビバ「リンダリンダリンダ」!!女子高生四人によるブルーハーツのコピーバンドが、ステージに立つまでのストーリー。何気ない高校時代。でもその一瞬一瞬が思い起こすと本当に幸せな一時だった。そんなことを
ストーリー:文化祭を翌日に控えた、とある地方都市の高校。軽音楽部の女子3名、キーボードの恵、ベースの望、ドラムの響子は途方に暮れていた。文化祭ライヴに向けて練習を重ねてきたのに、ギターの萌が指を骨折。ブチ切れたボーカルの凛子と恵がバトルを演じ、バンドが空中
*******************ストーリー*******************かつて潜水艦で日本を救った香椎由宇ちゃんは戦後、普通の女子高生になりました。平和憲法でローレライシステムは封印されてしまいましたが、ボディにピッチリの服で水につかっていないと気持ちが落ち着かない彼女は、仕方
先日見た「鳶がクルリと」同様、うちの劇場では上映しなかったので見に行ってきました。しかも今日はレディースデイ!一番小さい劇場だったせいか、場内はかなりの混雑でした。年齢層も、予想に反して中年のおじさん&おばさん。笑。ストーリーは、文化祭前日にバンドを
♪ドブネズミみたいに美しくなりたい写真には写らない美しさがあるからリンダリンダ リンダリンダリンダリンダリンダ リンダリンダリンダ♪♪「ドラム。練習サボるけど、かわいい響子ぉ!!(^^)//パチパチパチベース。料理チョッと味濃いけ...
ペ・ドゥナ、香椎由宇、前田亜季、関根史織が演じる女子高生4人が文化祭でブルーハーツをコピーする。(ペ・ドゥナは20歳overも違和感なし) 「スウィングガールズ」に似た映画かなと思って観たが、かなり趣は異なっていた。ジワッジワ~と込み上げてくる映画だ。恋より
軽音楽部の女子高生たちが、文化祭前日に結成した即席バンドで、 ブルーハーツの名曲をコピー。 笑って、泣けて、青春のいとおしい香りを感じさせてくれる青春バンドムービーです。 DVDリンダリンダリンダでは、 学園生活のリアルな空気感をフィルムに収めたメイキング映
「リンダリンダリンダ」評価 ★★★★☆(4.2)『あらすじ』 学園祭を前にメンバーの怪我を発端に険悪ムードとなってしまったバンド。ギターの女子生徒の指の骨折、ボーカルの脱退。学園祭での演奏も諦めかけていたが、意地でやることにする、...
『リンダ リンダ リンダ』★★★☆☆ <ストーリー> とある地方
リンダリンダリンダ~。ってことで、リンダリンダリンダを見ました。NANAを見たあとだったんですが、すごくサラリと見ることが出来ました。ただ、僕はこの手の映画のレビューが非常に苦手です。映画としては文化祭で女子高生がバンドをやるだけなんですもん。本当にこれだけ
監督:山下敦弘出演:ぺ・ドゥナ、香椎由宇、前田亜季、関根史織、三村恭代、山崎優子、甲本雅裕、湯川潮音、松山ケンイチ、りりィ、藤井かほり評価:97点公式サイトああ、たまらん。俺をもう一度高校生に戻してくれい。ちょっとい....
「リンダリンダリンダ」はとある芝崎高校で派手な文化祭・ひいらぎ祭でバンド演奏する4人の女の子のストーリーである。
単なる学園ドラマがなぜ、僕に元気をくれるのだろう?いったいなぜ、この単なる学園映画に、50歳を過ぎた僕まで、元気にしてくれるような要素があるのだろう。観終わった僕は、しばらく、「リンダ リンダ」の歌詞を頭にめぐらせながら、そう思ったものだ。「ブルーハーツ」
あらすじ高校生活最後の文化祭のステージに向けてオリジナル曲の練習を重ねてきたガールズバンド。ところがまさにその直前、ギター担当の怪我をきっかけにボーカルが抜けバンドは空中分解寸前となる。残されたドラムの響子(前田亜季)キーボード転じてギターの恵(香椎由..
私は学園もの映画が好きで、この映画もその一つになりました。僅かな学生生活の中で、そこでしか得られないことはたくさんあります。しかし、実際に学生の頃には時間が無限にあると感じていて、無駄な時間の浪費をしていたと懐かしく思います。「リンダ リンダ リンダ」は、
忘れていた高校生の頃を思い出しました。 そういえばブルーハーツも、ジッタリンジン
■状況 ライブラリより拝借 ■動機 自分がブルーハーツのコピーをしているため ■感想 結構好きなタイプの音楽映画 ■あらすじ 文化祭を控えたある日、軽音楽部の5人組バンドのギタリスト・萌(湯川潮音)が骨折してしてしまう。それを機にヴォーカル・凛子(三...
▼動機 諦めていた劇場鑑賞ができる! ▼感想 やっぱりこの映画は面白い ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 文化祭を控えたある日、軽音楽部の5人組バンドのギタリスト・萌(湯川潮音)が骨折してしまう。それを機にヴォーカル・凛子(三村恭代)が?...

コメントの投稿

非公開コメント

リンダリンダリンダ

初めまして。no colorといいます。
よくブログを拝見させてもらってます。
最近ブログを始めたので勉強させてもらってます。
今回リンダリンダリンダがでていたのでトラックバックさせてもらいました。

リンダリンダリンダよかったです。
湯川潮音の声はよかったですね。湯川潮音のCDをかりたんですけどそっちも良かったですよ。

有難うございます♪

>no colorさんこんにちは♪

拙いブログで、いつも映画のコメントを四苦八苦しながら数時間掛けて書いてる(←実話)こんなブログを拝見して頂き有難うございます。m(_ _)m

あの湯川潮音と言う方の美声はちょっと驚いちゃいましたね。風来坊をあんなに綺麗に歌うなんて凄いです。湯川潮音と言うアーティストは覚えておかなければいけませんね。

TBありがとうございました。

すみません、ドゥナファンです(笑)。
彼女の主演映画は全部観てますけど
「リンダリンダリンダ」はぜひ代表作に位置付けてほしいくらいです。
監督が彼女の良さを全て理解した上で作ったとしか思えないくらい
彼女の持ち味が生かされてるように感じました。
早くDVDが欲しいです。

浅いドゥナファン・・・

>かのんさんこんばんわ♪

かのんさんはドゥナファンなんですね♪自分もTUBE以外のドゥナ作品観てみたいですね♪
何だか韓国版のリングの貞子役もやったとかで、それが凄く気になってしょうがありません。
でもドゥナは改めて日本語が結構上手いと感じちゃいました。トニー・レオンより上手いかな?(笑

TBありがとうございました

こんにちは。
この映画大好きでした~♪
ソンちゃんのつたない歌がイイんですよね。
誰も指摘してませんけど、個人的に気になる人は屋上でひとりマンガ喫茶(?)を開いていた子です。
あの子もとても高校生には見えなかったけど、なんかイイ味出してたな~と思って。
繋ぎの歌も歌ってくれてたしね。

留年生

ミチさんこんばんわ♪

ぺ・ドゥナの歌も良かったですが、サブキャラの女性たちも負けず劣らずの活躍(?)ぶりでよかったですね。
確か屋上で一人漫画喫茶ひらいていた人は田花子って言う留年生でしたね。あの人がクライマックスでギター弾いて、萌と風来坊歌ってた所は印象的でした♪

こんばんは★

TB&コメントありがとうございまぁす☆☆
ドゥナちゃん本当に超カワイイですよね!!!
ドゥナちゃんが出ている他の作品も見てみようと思います!!
見たら、また感想聞いて下さいね~☆

菅野美穂風?

>ななりさんこんばんわ♪

自分のぺ・ドゥナデヴューは『TUBE』と言う映画を観てからですね。
この時のぺ・ドゥナが何だか菅野美穂風で変に印象に残ってました(笑

韓国でもかなり人気のある女優さんらしいので、自分もレンタルで出演作探してみようとも考えてます☆

2005年映画一覧から・・・

とりあえず、今までにTBさせてもらってないもの一つ選んでみましたw
この映画もいたく感動した一本でした。

 ども、たましょくです♪

 話題作?をやっとチェックしました!
ちょっとユルい感じでしたケド、ブルー
ハーツの曲を通して描かれる今時の高校
生たちのやりとりが妙に心地よかったで
す♪

 ソンのとぼけた表情が全体的に作品を
いい感じに仕上げているなぁ~と。あと
漫画喫茶の中島さんの「すばらしい日々」
が良かった♪

今時の女子高生映画

>たましょくさんこんばんわ♪

ガールズムービーとしては、『スウィングガールズ』のように終始楽しい感じではないですけど、リアル女子高生の日常みたいなものが全体的に滲み出ていて、自分も意外にツボでしたね。あんまり飽きませんでしたし♪

そうそう、漫画喫茶の中島さん!あの人の歌は上手いですよね~♪

地味

TBありがとう。
これ、地味だからよかったと思いますよ。監督の作法でもあるけど。とても、計算されつくした演出と脚本です。じわじわと、よくなってくるんですよ。

じわりじわり

>kimion20002000さんこんばんわ♪

この映画って何度も観返すと、kimionさんの言うようにじわりじわりとまるで浸透するように良さがどんどん分かってくる作品でもあると思いますね。
自分もたまには映画をリピートしないと駄目ですね(汗

PAGETOP