【監督】ダーレン・アロノフスキー
【出演】ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・ハーシー/ウィノナ・ライダー
【公開日】2011/5.11
【製作】アメリカ

【ストーリー】
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは、元ダンサーの母親の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作『白鳥の湖』のプリマを演じるチャンスが訪れる。しかし純真な白鳥の女王だけでなく、邪悪で官能的な黒鳥も演じねばならないこの難役は、優等生タイプのニナにとってハードルの高すぎる挑戦だった。更に黒鳥役が似合う奔放な新人ダンサー、リリーの出現もニナを精神的に追い詰めていく。やがて役作りに没頭するあまり極度の混乱に陥ったニナは、現実と悪夢の狭間をさまよい、自らの心の闇に囚われていくのだった・・・。
 
【コメント】
チャイコフスキーの三大バレエの1つである『白鳥の湖』は自分も勿論知ってはいましたけど、それはあくまで『名前だけ』な外面のみ。『本場』と呼べるバレエの演目を拝見したことは一度も無いわけで、あると言えばせいぜい昔見に行ったグランディーババレエ団でガハハと笑った記憶だけと言う相変わらずの知識不足なわけであるのですが、そんな自分でものめり込むほど凄い作品だっと思えたのは、やはりひとえに主人公ニナを堂々と演じきったナタリー・ポートマンあってこそなんでしょうねぇ。迫真の演技だけじゃなくやたらリアルな幻覚描写もあったりと、自分も鑑賞中何度かゾワワッと逆立つものを感じてしまいました。

確かに本作は主演のナタリーが今年のアカデミー主演女優賞を受賞した事にもよって一際注目が集まっていた作品でもあるとは思うのですが、念願だったプリマを射止めたヒロインのニナがバレエ監督やライバル、母親と言った周囲の人々からの重圧に晒され苦悩していくその内容は、不気味さや官能的なシーンなども相まってかなり見応えのあるものにもなっています。
ニナは生真面目な性格なども災いして徐々に精神を病んで行く姿が痛々しくもまた狂気じみていて、黒鳥の表現がどうしても出来ずプレッシャーに押しつぶされそうにもなれば、他のバレリーナたちの嫉妬の嵐にも胃が痛み、更に自分とは正反対な性格のリリーの存在にも頭を悩ませたりと、精神崩壊の材料はたくさんはびこっている。その過程で次第に現実と幻覚の境界が曖昧になって行く演出もゾクッとする感覚を通り越してもう普通にホラーと化しているんですよねぇ・・。正直ここまでビビらせる要素が多かったなんて予想外なもんでしたから、自分も『ぉぉっ・・なんて声を上げてしまいそうなシーンが何度かありました

主演のナタリー・ポートマンに関しましては文句無しではないでしょうか。本作も彼女目当ての鑑賞でも全然損はしないと思います。10ヶ月以上もこなしたと言うバレエの成果は素人目なれど確かに華麗で美しく、本当にプロのバレエダンサーを彷彿としてるようだった。ミラ・クニスが演じるリリーとの妄想絡みなども体当たりでこなしてるからホント恐れ入る。終盤の白鳥と黒鳥の演じ分けにしてもお見事で、個人的にナタリーの出演した作品の鑑賞がかなり穴だらけだからというのもあってか、彼女の役柄でここまで鬼気迫るようなものを観た事が無いような気がしまして、清純の白鳥と狂気の黒鳥という二面性を兼ね備えたラストシーンは圧巻だった。これだと役作りも極限めいていたのではないでしょうかねぇ?劇中のニナも役を完璧にこなしたいゆえに自身を極限まで追い込んでいたふしが見受けられましたから、同じ演じる者同士『演技をとことん追及する』という点でもシンクロ率は相当高かった気がします。


ダーレン・アロノフスキー監督の前作『レスラー』では落ち目一歩手前だったミッキー・ロークを見事に復活させた良作でしたけど、この『ブラック・スワン』ではナタリー・ポートマンという1人の女優を演技派へと成長させる事にも貢献したこれまた素晴らしい作品だと思いますね。結末としては悲喜交々のようにも感じましたけど、それでも最後の最後にママさんが見に来てくれた事や、苦心の末に白鳥と黒鳥を見事に演じ切る事が出来た点を踏まえれば、少なくともニナはイチ表現者としては完全燃焼が出来て本望のようにも見えたラストでございました。

評価:☆
ナタリー・ポートマンは凄かった。苛烈なバレエの世界で生き抜くニナの狂気や重圧、嫉妬、妄想や抑圧された心理を巧みに表現していたと思う。 念願のプリマの座を手にしたのはつかのま、「白鳥の湖」は白鳥と黒鳥という相反する二面性を表現しなければならず、黒鳥を演じ...
飛びます,舞います!  
JUGEMテーマ:映画館でみました!
抑圧と解放。清純と邪悪。白と黒。
念願だった主役の座を手にした臆病なバレリーナの物語です。
ナタリー・ポートマンが,2011年度アカデミー賞で,主演女優賞を受賞した,バレエ界が舞台の心理サスペンス作品。 あらすじ: ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のト...
【BLACK SWAN】 2011/05/11公開 アメリカ R15+ 108分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… ニューヨーク・...
BLACK SWAN/10年/米/108分/サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー <ストーリー> N.Y.のバレエカンパニーに所属する...
 『ブラック・スワン』を観た。  【ストーリー】  ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親の寵愛のもと、人生の全てをバレエに捧げていた。  ...
映画「ブラック・スワン」を鑑賞。
チャイコフ好き~♪
「レオン」「コールドマウンテン」「ブーリン家の姉妹」などの出演作品で知られる米女優、ナタリー・ポートマン主演の異色心理スリラー「ブラック・スワン」(2010年、米、108分、FOX映画配給、R15指定)。この映画は、野心と嫉妬が渦巻くバレエの世界を舞台?...
 アメリカ 2010年  サスペンス&ドラマ  監督:ダーレン・アロノフスキー  出演:ナタリー・ポートマン      ヴァンサン・カッセル      ミラ・クニス      ウィ ...
84点 2010年のアメリカ映画で、 監督は「レスラー」のダーレン・アロノフスキー、 主演はナタリー・ポートマンです。 2010年度のアカデミー賞で主演女優賞を受賞しています。 バレエ「白鳥の湖」の主...
近況報告…一週間ほど前の話から… 2012年5月13日(日曜日)この日はタイピング大会で久留米まで行くという娘を早朝から駅まで送った後、折角早起きしたのでプチ遠出をしようと嫁さん...

コメントの投稿

非公開コメント

メビウスさん、お元気ですか!?
更新されてうれしいです。

白鳥と黒鳥、ナタリーとミラの、
白と黒の対比がとても良かったです。
そして不気味さと官能シーンが見ごたえあった作品でした!

お久しぶりです

こんばんは。
TBとコメントありがとうございました。
お忙しくされてたのですね。資格試験、わたしも20年くらい前までは、本職関係のものをいろいろ受けたことを思い出します。

さて、この作品ですが。
本当に、仰る通りに見応えある作品でしたよね。
主人公の葛藤を描いたものなのだけれど、
た~くさんの要素が含まれていて、かなり集中して観てしまいます。
正直、疲れてしまうほど(笑)

ヴァンサン・カッセル、あまりにもピッタリでしたが、
妙に素敵に見えました。

ご無沙汰してます。。。

こんばんはv-22
TB&コメントありがとうございましたv-237
この映画は最初から最後まで肩の力を抜けずに観てしまうほど
私は常に先の展開に不安を抱きながらの鑑賞でしたよ~v-12

凄い映画だったとは思うのですがあの痛々しさを思い返すと
なかなか二度目の鑑賞に踏み切れません。。。

メビウスさん お久しぶりです

この作品,ほんとに作品全体の
気迫や凄味に圧倒されまくりの作品で
とにかくいろんな意味でパワフル
今年観た作品の中ではマイベストテン入り間違いなしかな。
ナタリーの女優としての才能や底力も
かねがね思ってはいましたがここまでとは!
いやはや素晴らしいですよね。

彼女の作品で同様に「ここまでやるか!」と唸ったものとしては
「宮廷画家ゴヤは見た」がありました~
美しい貴族令嬢の彼女が
スペインの異端審問で長年投獄され
やっと出てきたときに見る影もなく狂ってて
その外見の変貌ぶりに最初別人だと見間違えたくらい・・・
あの作品でも凄い役者魂の女優さんだな,と思いました。

ご無沙汰しております

>えふさん♪

ご無沙汰しております。試験勉強が一段楽したので、ようやくの再開です。またひとつ、宜しくお願いいたします♪

白鳥と黒鳥の対比、表現の仕方が対極なだけにそれを演じ分けたナタリーはお見事ですよね。単純に観ても二重人格を思わせるような代わり映えですから、ニナ同様に役作りは相当苦労したことを伺わせます。けどそんな苦労の甲斐あっての主演女優賞ですから、ナタリーとしても報われた感じがしますねぇ♪

>悠雅さん♪

ご無沙汰しております。
今年の資格試験や去年の出張もそうなのですが、ここ数年職場での自分の立ち位置も昔と比べてかなり変わってきたため、ちょっとだけ忙しい日々が続いてますね。『任される』という責任感も感じてるこの頃でございます^^;

話変わってブラック・スワンですが、コレ観てる側としてはニナの幻覚症状に一緒につき合わされている部分もあるもんですから、悠雅さんの言うように『面白かった』というより『疲れる』という表現の方が正しいかもしれませんね。
ヴァンサン・カッセルも見事なエロオヤジっぷりwあの人は女性絡みと言いますか、どこか好色な役柄が非常にハマッてる感じがします。確か一度や二度じゃないですよね?

ご無沙汰しております・2

>テクテクさん♪

ご無沙汰しておりますっ。
肩の力が抜けない不安だらけの鑑賞。良く分かりますっ。ニナの精神がどんどん異常になっていくしたがって、観てるこっちとしても何だか最悪の方向性を考えてしまうんですよねぇ^^;

確かに凄い内容でしたけど、心身共にズキズキと何か響いてくるキツイ作品ですし、二度観ようとは思っても夜中辺りはちょっと控えたいですね(笑

>ななさん♪

ご無沙汰しております♪
自分は相も変わらず『英国王のスピーチ』やら『トゥルーグリッド』やらと、アカデミー賞を賑わせた作品を取りこぼしているので、またベストテンが薄っぺらいものになりそうな気もしますけど、本作に関しては自分も太鼓判押しちゃってるので、暫定的ながらもベストテン候補ですね。
パワフルという意味ではナタリーはもうドンピシャですし、まだスターウォーズの記憶もこびりついてるだけに、良くぞここまで化けたという感じですね(あんまり観てない人が言うもんじゃないですけど^^;)

でも『宮廷画家~』のナタリーも凄いのですか?やはり未見な作品が多いと良作もその分取りこぼしていると実感・・(汗)。ナタリーの株が上がってる今なら、観る価値ありそうですねっ。

こんにちは♪

6周年へのコメントありがとうごさいました!
これからも変わらずお付き合いくださいませ。
ブログ復活されて良かったです。

本当にナタリーの演技は素晴らしかったですね。
ラストはトリハダものでした。
とにかく圧倒されまくりで見終わった後はドッとつかれましたー^^;
とにかく“すごい”としか言葉が見つかりませんでしたよ。

ダンサー共感

>yukarinさん♪

ご無沙汰しております。
この作品ってなんかナタリーだけ絶賛されてるような気がしないでもないですけど、あの終始見入ってしまうバレエシーンや狂気にとらわれる迫真の場面を見ちゃうと、それもまた納得だと思えてしまう迫力があったのも然りですね。
でもニナが劇中で見せていたプレッシャーから来る内面の苦悩は、実際のバレエダンサーも共感出来るのだそうで、あんなげんなりする事が公演ごとにあるのかなー?と思うと滅入っちゃいますね・・。ホント、どっと疲れる・・^^;

それとブログ6周年、改めておめでとうございます♪体調等に気を付けて、お互い楽しいブログライフをまた送りましょう♪

御無沙汰してます。

メビウスさん、こんばんは。

いつもTBとコメント有難う御座います★

これはもうナタリーの演技の素晴らしさに尽きますよね。

私も何度も背中がゾワゾワっとなる瞬間がありました。

他のシーンが心に残らない位、ナタリーの熱演に圧倒されっ放しでございました。

特にラストでのバレエシーンは言葉では言い表せない位の感動モノ。
美し過ぎて目が釘付けになっちゃいました。
監督の演出力と映像センスが最高に光った作品でしたね。

これ、劇場で観ていたら、もっと鳥肌が立ったんじゃないかと思います。

見事!

代表作数あれど

>ヒロ之さん♪

ご無沙汰しておりますっ。
ナタリーの代表作は数あれど、ここまで絶賛されたのはおそらくないんじゃないでしょうか?ナタリーといえばレオンのマチルダ、スターウオーズのアミダラと有名どころがたくさんありますが、これからはナタリーと言えばブラック・スワンのニナと印象付けてもおかしくない気がしますね。

それと自分も映画館で観たかったですねぇ・・。けどDVDでも相当ビビってたので、スクリーンの大画面だとヤバいかも?^^;

こんばんは^^

お久しぶりです^^
再開されたようで、またよろしくお願いします^^

ブラック・スワン、凄い映画でしたねー^^
ナタリーの演技が素晴らしく、魅入ってしまいました。
凄かったー><。

>現実と幻覚の境界が曖昧になって行く演出
そうなんですよね!
ナタリーと一緒に暗黒へ引き込まれていく感じがなんとも言えませんでした。

惑わされました

>みすずさん♪

ご無沙汰しております。久々の再開なものですからプチブランクみたいなものもありますけど、またひとつ宜しくお願いいたします♪

ニナと一緒に幻覚作用を味わいながら見入っていたせいか、観てるこっちもなんだか惑わされる部分が確かにありましたよねぇ。気分はさながらプチインセプションと言った所でしょうか?
最後の控え室での惨劇なども連続的に発生するので、現実と幻覚の境目が分からなくなってしまいました^^;

遅くなりました

こんばんは☆
私、本作のレビューを載せて以来、ブログは放置してました;
メビウスさんがコメント下さって、やっと自分ちものぞいた感じw
お互い、のんびりマイペースに続けましょうかねw

ところで。グランディーバの白鳥をご覧になった事があるんですか!!私でさえ見てないのにぃ。あはは。一度見てみたい白鳥でございます。面白いんでしょうねぇぇぇ

本作のナタポー、はりきってバレエ踊っちゃってましたね。どこら辺が本人だか全く分かりませんけど;
でも今思うとコワイという感情を通り越して結構笑えるかも…なんて思いますw
あんな黒鳥メイク実際にはありえないし、振付家のセクハラとかママとの葛藤も実際のプリマにはあまりない世界かと。なんとまあ大げさな~なんて。

でも映画的にはとっても面白かった。
私個人的な好みの作風ではないにせよ、最後にはやっぱり涙がw
ニナ=ナタポーっていう図式に見えてきて、よく頑張った!!って、スタンディングオベーション+ブラボーコールしてあげたくなりました(^^)/

マイペースに

>charlotteさん♪

こんばんわ♪ご無沙汰しております。
自分も勉強中かな~りブログを放置してましたが、charlotteさんも見た所大分長期化してますね^^;だけどそれでもいいと思いますよっ。個人的にブログは『あ~、早く次の記事書かなきゃっ』なんて事思った時点で後々駄目になりそうな気がするので、書きたいときに書くマイペースな気持ちが一番。期限があるわけでもないですから、お互いのんびりやりましょう^^
ちなみにグランディーババレエ団は確か10年くらい前にオカンと一緒に観たのですが、白鳥の湖で結構笑ってた記憶はあります。でも男のバレエ侮るべからずっ。笑える部分もあるのですが、華麗な踊りもきちんと披露するので、charlotteさんも機会があれば一見の価値ありですよ。

おっと話が超脱線・・(汗)
本作のお話の中ではバレエのプリマを巡って結構殺伐というかギスギスした雰囲気が漂っていましたけど、実際のバレエ界ではさすがにあそこまでひどくない感じなのでしょうか?目標のためならライバルも蹴落とす勢いでってのがどの業界でもありそうだったので当たらずとも遠からずとは思って自分は観てましたねぇ^^;
多少はアロノフスキー監督の妄想が混じってるのでしょうかね?(笑

こんにちは♪

TB&コメ返しが遅れて申しワケないです…。

>『白鳥の湖』は自分も勿論知ってはいましたけど
 それはあくまで『名前だけ』

全くもって右に同じであります。
それだけに物語云々を別として、詳しいことを知れ
ただけでも観た甲斐はあったなと。

にしてもN・ポートマンの鬼気迫る演技は素晴らしか
ったですね。オスカー受賞も頷けるってぇやつです。
観てるとニナには元から統合失調症の気があった感
が見受けられたけど、重圧から徐々に崩壊して行く
様や二ナが見る世界が現実なのか?妄想の産物なの
か?の緊張感は半端なくて怖かったです♪
(゚▽゚)v

知恵が1上がったw

>風情♪さん♪

映画を通して色々知る事は多々ありますけど、本作の白鳥の湖もお互いそんな感じでしたねw白鳥だけじゃなく、黒鳥がいるってのも初めて知ったくらいです^^;

そしてナタリーは圧巻♪素人目線でも後半の豹変ぶりとかゾゾッてなっちゃいますもんねぇ(汗)。身を削りすぎてリアルで危ない方向にならずにすんで良かったですw

ニナがドンドン追い詰められていく様子は
本当にホラーでしたね。
面白い映画でした♪

さりげなく怖い

>光太さん♪

過去記事コメント有難うございました♪

さりげない場面でゾクッとさせる描写が多いので、ホント下手なホラーよりもずっと怖いですよね^^;自分はニナの家にあった絵が一瞬瞬きするシーンがゾゾゾッ!と来ちゃいました。すんごい怖がりだと実感(汗
ただそういう描写がニナの心の不安定さを良く表現してもいたので、怖いと同時に秀逸と思わせる内容だったのは確かですね。

おじゃまします。

おじゃまします。コメントのお返しが遅くなってスイマセン。
私の場合、全体的に苦手な描写が多く(キチガイ描写やら痛い描写やら)、ノレ無かった映画ですが、ラストの黒鳥は良かったかな。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。

同じく

>ピロEKさん♪

自分も痛い描写は苦手ですね^^;『SAW』みたいなスプラッタものも基本ダメダメですし、本作でもニナの入浴シーンでちょっとアイタタタなシーンとかありましたしね。ただそれだけだったら自分も酷評ものでしたけど、それでもやっぱりその痛さを補うだけのものがナタリーの迫真演技や、あの黒鳥の演技にはあったと思いますね。痛い描写を我慢した甲斐があったみたいな?(笑

PAGETOP