【監督】ベン・アフレック
【出演】ベン・アフレック/ジョン・ハム/レベッカ・ホール/ブレイク・ライブリー/ジェレミー・レナー/ピート・ポスルスウェイト/クリス・クーパー/タイタス・ウェリバー/
【公開日】2011/2.5
【製作】アメリカ

【ストーリー】
広大なアメリカのどこよりも強盗が多発する街。それがボストンの北東部に位置するチャールズタウン。そこに暮らす者たちは、愛と憎しみを込めてその街を“タウン”と呼んでいた。タグは強盗を親から子へと家業のように引き継がれてゆくこの街から抜け出そうとしていた。しかし、その思いとは裏腹に今では強盗一味のリーダーに収まり、狭い街角で家族のように血と骨を分け合って育った3人の仲間たちと、ひとつの証拠も残さない完全犯罪に命を張っていた。その日も綿密な計画に従って銀行を襲撃。だが逃走するまでの間、予定外の人質を取る羽目になる。人質となった支店長のクレアがタウンの住民だと知ったダグは、何を見たのかを確認するため、正体を隠して彼女に近づくが・・・。
 
【コメント】
実はベン・アフレックの主演作を自分はそれほど観てはいない方なので演技諸々の評価は付け難いのですが、こと監督業での手腕に関して言えば今回もグッジョブと言っていいかもしれないっ。・・まあ監督2作目で才能アリと決め付けるのはそれこそ大袈裟ではある気もしますけど、それでも自分は本作を含めた彼の監督作2作はどっちとも観て損は無いと思えましたし、そういった点も踏まえれば、やっぱしベンは俳優よりも徐々に監督向きになりつつあるのでは?と思えた良作でございました♪

本作は1作目の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』と同じクライムモノではありますが、その中身はラブストーリーもあれば過激なアクション描写もあったりで、サスペンス色が強かった前作と違い、なんかバリエーションのようなものが豊富になってる気もして見応えがあったんですよねぇ。
不気味マスクを被って銀行を襲うダグたちの所業も殆ど無駄が無く緻密ですから、犯罪行為とはいえども冒頭からかなり魅せてくれますし、一応不殺を信条としているダグの紳士な心構えも含めて自分はのっけから引き込まれるような感覚があった。その銀行強盗の襲撃シーンも冒頭・中盤・後半と段階的に激しさが増し、クライマックスのスタジアム襲撃は警察の包囲網をいかに掻い潜るかと言う絶望的な状況も相まって凄い緊迫感にも富んでいます。
あと細かいトコも挙げれば、ジェムが所持してたKG-9(?)の重厚なマズル音などもモデルガン好きとしてはちょっとツボにハマッてしまった所だったりします

内容の方もなかなかに心揺さぶられるものがあってこれもまた秀逸ですね。強盗のいろはを家業のように受け継ぎ犯罪に手を染め続けて来たダグが、襲撃した銀行の支店長との出会いによって生き方を変えたいと願う思いはなんとも切実。しかし一方で苦楽を共にした仲間との絆を『チェンジしたいんですっ!』って理由で簡単に捨て去る事も出来なければ突き放す事も出来ないわけで、犯罪に手を染めた者が辿る逃げ場の無い惨めな末路といったものも哀愁たっぷりに描かれている。それにダグの性格が妙に悪党ぽくないせいか、人生を変えるかそれとも犯罪に手を染め続けるかという決断を秤へ掛けるかのように、揺れ動いては苦悩する彼の心境などは、堅気目線でもどこか同情しちゃいそうになるかもしんないですね。
・・まあだからこそ最後は落とし前を付ける意味合いも込めてどこか納得の行く終わり方にして欲しかったのですが、個人的に言うとそのラストが少々腑に落ちなかったんですよねぇ。埋もれてた大金にしてもそうで、あれってば元は盗んだお金だと思いますから、道徳的に考えるときっちりお返しするのが『有効な使い道』だと思うんですけども、観た感じだと全く別な方向に使い込んでしまったようで、『あらら~?』なオチになってしまったのが本作唯一の不満と言った所です。


そいえば本作は一応アカデミー賞の助演男優賞にもノミネートされていましたので、自分も主演のベンよりもジェレミー・レナーに目が行ってしまった辺りは然もありなん。ノミネートされてるだけはあり、ジェムを演じたジェレミーはホントハマリ役で、昨年は作品賞に輝いた『ハート・ロッカー』でハイな爆弾処理班を熱演してましたけど、こっちはこっちでキレると怖い爆弾みたいなジェムを好演w正直言うとジェレミーもそのハート・ロッカーが初見でまったくも~っ!ってくらい出演作品観てはいないのですが、インプリンティング(刷り込み)というのは絶大なもので、個人的にジェレミーはこうしたワルっぽい役柄が特に似合うな~と思えちゃってるんですよねぇ。劇中ではかなりファックな発言大連発なんですけど、ジェレミーが言うとなんかサマになってるからどうも憎めません(笑
主演のベンも頑張ってはいましたけど、監督2作目としてこれだけ良い内容に仕上げたのですから、これからは長所を伸ばした方が彼ももっと飛躍するのではないでしょうか?実績を積み重ねて良い作品を連発すれば、イーストウッドのように『ベン作品にハズレ無し』という名誉あるキャッチコピーが近い将来に与えられるかも知れませんねぇ~?

評価:◎
ランキングクリックしてね ←please click ベン・アフレック監督第二作目。東京国際映画祭クロージング作品。 ロンドンで、まだ~むと「
犯罪を甘く描いたらダメだ!   
【THE TOWN】 2011/02/05公開 アメリカ PG12 125分監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、タイタス ...
映画「ザ・タウン」を観てきました。ベン・アフレックが主演・脚本・監督の一人3役を務めています。ベン・アフレックの脚本と言えば、過去に、まだハーバード大学に在学中だった幼なじみで親友のマット・デイモンと共同執筆した「グッド・ウィル・ハンティング(1997...
全米一銀行強盗が多発する、ボストンのチャールスタウン。ここで生まれ育ったダグもまた、仲間と共に強盗を生業としていた。ダグは地元で暮らすクレアと恋に落ちる。しかしクレア ...
秋にロンドンで公開されていた映画。 途中まで見ていたので、続きを見たかった~と思っていたら、運よく機内映画で見ることが出来た。 冒頭から見せる迫力の銀行強盗シーン。 ジョン・デリンジャーの強盗と違って、それは確かにトラウマとして残る恐怖体験なのだけど・...
ベン・アフレック監督・主演によるクライム・サスペンス。 全米一の犯罪多発地帯、強盗こそが住人の“ビジネス”となっている街、それが「ザ・タウン」だ。 生まれ育った街の呪縛から逃れ、新しい人生を歩みだ...
 THE TOWN  ボストンのチャールズタウン。犯罪の多発するこの街で生まれ育ち、幼馴染と 銀行強盗を繰り返すダグ(ベン・アフレック)。彼は人質として拉致した銀行の支 店長クレア(レベッカ・...
チャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが 宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となる ベン・アフレックが自ら主演も兼任して映画化した犯罪ドラマ。 強盗を家業とする主人公が、ある女性を愛したばかりに仲間と…
ベン・アフレックの監督第2作。 橋一つを隔てただけで、生活レベルが全く違う環境のもと、犯罪発生率が高い都市、ボストン・チャールズタウンが舞台。 チャールズタウンからアップタウンに銀行強盗を行う犯罪団のリーダーをアフレックが演じる。 彼に、強烈な個性がたく...
 アメリカ  犯罪&ドラマ&アクション  監督:ベン・アフレック  出演:ベン・アフレック      ジョン・ハム       レベッカ・ホール       ピート・ポスルスウェイ ...
【=11 -3-】 この三連休は仕事だった、だから今日も仕事の隙間に映画に行ってみた。 仕事になって、波乗り行かずに大阪に居たら、映画を観て、トレーニングもみっちり時間をかけて出来て、買い物とかの野暮用も消化でき、そして仕事も出来て、久しぶりの友人にも会えた...
  □作品オフィシャルサイト 「ザ・タウン」□監督・脚本 ベン・アフレック □脚本 ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード□原作 チャック・ホーガン □キャスト ベン・アフレック、レベッカ・ホール、ジョン・ハム、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・...
 『ザ・タウン』を観た。  【ストーリー】  広大なアメリカのどこよりも、銀行強盗が多発している小さな街がある。  ボストンの北東部に位置するチャールズ・タウン。  そこに暮らす者たちは、愛情...
☆すまんね、今、風邪か花粉症かわからない状態で、体調が悪い。  本日は2本観る予定だったが、この『ザ・タウン』を観て、いったん外に出たら、もの凄い寒気に襲われ、帰宅を決めた。  だから、短信です。  でも、映画を観る前も体調は万全じゃなかったが、映画を...
ザ・タウン(原題:THE TOWN) 348本目 2011-08 上映時間 2時間5分 監督 ベン・アフレック 出演 ベン・アフレック(ダグ) 、 ジョン・ハム(フローリー)      レベッカ・ホ ...
 【ネタバレ注意】  『ザ・タウン』を観た翌々日、再び映画館に足を運んで『ザ・タウン』を観た。こんなことは初めてである。  1度目は大いに楽しんだ。2度目は脚本の妙に感心した。  本作では、後の...
 銀行強盗の覆面が印象的な予告編。そしてこの作品に出演しているピート・ポスルスウェイトが今年2011年1月2日に死去され、本作が遺作となったザ・タウンを観てきました。
11-13.ザ・タウン■原題:The Town■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月13日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・脚本:ベン・アフレック□脚本:ピーター・クレイグ□撮...
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2010年 アメリカ映画 150分 ドラマ 採点★★★★ 私が生まれた田舎町は、県内で一番大きな街である仙台まで電車一本で行けるってこともあってか、駅前にはサラリーマン族や商店などちょっと裕福な人が集まり、線路を…
THE TOWN/10年/米/125分/犯罪ドラマ・アクション/PG12/劇場公開 監督:ベン・アフレック 原作:チャック・ホーガン『強盗こそ、われらが宿命』 脚本:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ピート・ポスルスウェイト ...
サブタイトルのアフレック夫妻に厳しい私…云々は映画「バレンタインデー」の記事を併せて参照ください さて久しぶりの更新 寒くなって来るとパソコンの前に座るのも億劫でですねぇ 最近の近況ですが… 昨日2011年12月18日(日曜日)、娘が貯めていたお小遣いでAndroid?...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

強盗が家業で代々受け継がれているのには驚きでしたね!
恐ろしい“タウン”でした。
しかもみんな悪い事をした、という気持ちがぜんぜんないし~(汗
そういえう意味でダグが街を抜け出したいという気持ちは理解できましたね。
また、実際の自分に気持ちを置き換えているのかも?

まるで別世界

>えふさんこんばんわ♪

経営しているお店とか技術を受け継ぐというのは聞きますけど、強盗を継承すると言うのはある意味凄いですよね・・^^;ダグの親友のジェムも強盗は当たり前って感じで話してた場面がありましたし、そういうセリフを聞くとなんか別世界のように思えてしまいます(汗

ダグの心情などは結構丁寧に描かれていたように見えましたけど、どうにもやり切れないような余韻を残す終わり方は、『ゴーン・ベイビー・ゴーン』と似通ってるなぁ~とも思っちゃいました♪


こんにちは♪

ベン・アフレックは私も監督業のほうがあってるかも~と思いました。
前作も良かったし、同じく余韻が残る作品でしたね。
ラストは意外でしたけど、、、

こんばんは

TB&コメントありがとうございました。

久しぶりに骨太のクライムサスペンスを見た気がします。主人公ダグを取り巻く様々な人間関係の全てに爆弾が内包されているという状況が、緊迫感を存分に出していました。

僕もジェレミー・レナーには「銃の達人」という印象が完全に刷り込まれてしまいました。『ミッション:インポッシブル』の新作にも出演するという事で、こちらも期待大です。

こんにちは~

ジェム、良かったですよね。
破滅型の典型だけど、ダグに対する友情はホンモノだって感じましたし。

全般的にベン版の『グッド・ウィル・ハンティング』に感じました。
あちらはマットに主演を譲ってオスカー。
ベンのものではないけれど、ジェレミーが検討してくれると良いですねw

No title

こんばんは☆メビウスさんコメントありがとー。

>『ベン作品にハズレ無し』

いいね~、ぜひそうなって欲しいわ♪

つっこみどころは多いのにかなり楽しめちゃった♪

ラストはちょっと

メビウスさん、トラコメありがとうございました。
せっかくハイスピードでスリル満点いい作品が、最後でちょっと残念でしたよね。
ベンがジェレミーに完全に食われていても、それなりにいい味を出していて、ぴったりだったと思いました。

こんばんは

細かい突っ込みどころはあるものの、これはもう凄く正統派のアウトロームービーで、非常に面白く観られました。
アフレックはやはり俳優よりも裏方に精進したほうが良さそうです(笑

こんにちは。

音まで分かるなんて銃に詳しいんですね!v-26 (^.^)
この映画、ラストのオチがちょっと弱かったですね。
ムリムリアメリカ人好みに仕上げていた感が有りました。
あれだけみんな、あんな事やこんな事になっていたのに、
ベンだけが主演・監督・脚本の特権をフルに活用していました。(^_^;)

いつも貧乏くじ

>yukarinさんこんばんわ♪

別にベンの演技自体変な所は無いですし、素人目から見ても上手いとは感じるのですが、ジェレミー・レナーのように脇に凄い存在感を放っている俳優さんなどはいるとやはりどこか外様俳優っぽくもなっちゃったりで・・^^;今回も貧乏クジですかねぇ?(汗
余韻を残す意味では『ゴーン~』と似たような終わり方でしたけど、反面腑に落ちない辺りもちらりほらりだったので、そこが惜しいですね。

>えめきんさんこんばんわ♪

確かにダグの周りの人達って札付きのワルばかりで爆弾を背負ってるようなものですから、足を洗おうと思っても中々出来ない焦燥感みたいなのも滲み出ていましたねぇ。でもジェムにしてもダグの父親にしても、心根は仲間や子を思う気持ちも持ち合わせているから、悪党でも憎みきれない所があったのも良かったかなと思います。

それとジェレミーの新作はミッション・インポッシブルですかっ♪けどあんな強面ですから、悪役になりそうな予感大じゃないでしょうか?(汗

>たいむさんこんばんわ♪

『人生の再出発』という点ではホント、グッド・ウィル・ハンティングに通じる所がありますね。ダグほどではないけどウィルも結構ワルでしたしw
・・しかし1作目の『ゴーン~』もそうなのですが、作品に関った人達はオスカーにノミネートとかされるのに、監督のベン自身が陽の目を見ないというのもなんか寂しいトコもあったりで・・^^;
今回もジェレミーですけど、ベンの手腕も見込んで彼にはオスカーを獲得してほしいものです(だけど、個人的に期待してるのは『ザ・ファイター』のクリスチャン・ベールだったり)。

名監督になって欲しいっ

>migさんこんばんわ♪

巨匠のイーストウッドとベンを対比するのもおこがましいってものでもありますが、こう力作を連発するとそういうキャッチも相応しい日が来るのでは?とも思っちゃうのも正直な所。
どこでコケるかは分かりませんけども、出来ればベンにはクライムモノだけじゃなく、もっと色んなジャンルの作品に挑戦して欲しいですね。次作も高評価ならもう名監督と呼んでもいいのではないかと?

>まだ~むさんこんばんわ♪

最後で失速と言うのはどの作品にもある事ですが、本作に到っては別な終わり方も想像してただけに自分も『あれ?』って感じが拭えませんでした(仲間が絶命していくのを見て第二の人生よりも絆を優先するとも思ったので)。
まあベンがいい味出していなかったとしても、ダグ役をジェレミーにやらせるわけには行きませんしねぇ^^;ああいう冴えない役がベンには丁度良いのかもしれませんw

銃に注目

>ノラネコさんこんばんわ♪

ベンの監督作品って部分に釣られてはいたものの、こういったアウトロー作品は久々に観たのもあって、自分も面白く観れましたっ。
『グッド~』の時から良い脚本を練るのが上手い人ですから、そちらの方面で活躍した方が知名度上がるのではないでしょうか?実際本作もベン主演というよりベン監督って所に惹かれましたからw

>ミストさんこんばんわ♪

最近映画で銃のドンパチシーンとかになると、出演者の演技よりも銃の方にばかり目が行ってる時があったりもしまして、今回はジェムが最後にぶっ放してた小銃に注目しておりました。・・と言っても実際に銃を撃ったことが無いので音まで実銃と正確かどうかはちょっと分からないですねぇ~^^;(汗

オチが弱かったのは自分も同感で、なんかこう・・『痛み』のようなものが無かったですよね。
性格が良いとは言え、ダグもジェムたちと同じ犯罪を犯してきたわけですから、何かしら償った方が良いとも思ったのですが・・・。あれじゃ逃げ延びても虚しい気もします。

No title

こんにちは♪

諸々の要素を詰め込んだワリには巧く纏まっていた
し、オモシロいし飽きることも無いんだけど、結局
のところ感じるものも熱くなるものもそれほど大き
くは無かったんで周りとの温度差に若干の座りご心
地の悪さを感じてるところなんすよねぇ…><

クレアの金の使い方の感覚はチョット違ぇんじゃね?
でしたよね。
この部分とダグ一人がキレイに纏まり過ぎたのがチ
ョイと引っ掛かってるんすよねぇ。

寄付は違うような・・

>風情♪さんこんばんわ♪

確か『ゴーン・ベイビー・ゴーン』もそうだったのですが、ベンの作品のラストってどこかすっきりしない終わり方をさせますし、それは本作も似たようなものだったので、観る人によっては魚の骨がノドに突っ掛った微妙な気持ちを残しちゃう部分もある気がしますねぇ・・(汗
ダグも結局は逃亡の道を選んじゃいましたから尚更不完全燃焼な余韻残しちゃいましたし、クレアのお金の使い道にしてもあそこは『寄付』じゃないですよね^^;
FBIも怪しまないのが不思議ちゃんです(笑

こんにちはー^^

面白かったです~♪
わたしも引き込まれました^^
ドキドキでハラハラしましたし・・・最後まで飽きずに鑑賞できました^^
そうそう、お金、あれはいけませんよねー^^;
やっぱり使っちゃダメだよね。返さなくっちゃ^^;

全額寄付?

>みすずさんこんばんわ♪

銀行の襲撃シーンやカーチェイスなどはスリリングな所もありましたから、ホント飽きずに鑑賞できたのが自分も好感持てた部分ですね♪

でもクレアって本当に最後全額寄付したんでしょうかね~?あの様子じゃ警察とかも気付いてないでしょうから、個人的には幾らか着服してんじゃないかな?と勘繰ってしまいます(笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

PAGETOP