【監督】デヴィッド・フィンチャー
【出演】ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン・ティンバーレイク/アーミー・ハマー/マックス・ミンゲラ/ブレンダ・ソン/ルーニー・マーラ/他
【公開日】2011/1.15
【製作】アメリカ

【ストーリー】
2003年、ハーバード大学に通うマーク・ザッカーバーグは、親友のエドゥアルド・サベリンとともにある計画を思い付く。それは大学内で友達を増やすため、学内の出来事を自由に語り合えるサイトを作ろうというもの。ハーバードというエリート階級社会で、『自分をみくびった女子学生を振り向かせたい』そんな若者らしい動機から始めたこの小さな計画フェイスブックは、瞬く間に大学生たちの間に広がり、ハーバードからアイビー・リーグ、シリコンバレー、そして全世界へと山火事のように広がっていった。けれどIT界の伝説、ナップスター創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、彼に傾倒していくマークと、彼を警戒するエドゥアルドの間には、次第に亀裂が生まれ始めていく・・・。
 
【コメント】
日本では『mixi』などが人気があるせいか、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の事などもそれなりに知ってはいたつもりでしたけども、実は『フェイスブック』という存在に関しては本作を知るまで全然分からなかったサイトだったりします。世界中で5億人もの人達が利用してるモンスターサイトだと言うのも驚きなら、サイトを作った人物が自分よりも若い人で最年少の億万長者だと言うのもまた驚きっ。そして本作はそのフェイスブック創設者であるマーク・ザッカーバーグの波乱な半生を描いた物語。自分の好きな監督のデヴィッド・フィンチャー作品だからというのもありますが、それでもマークを取り巻く様々な人物達の愛憎渦巻くドラマには自分もかなり嵌ってしまいました。

中心人物であるマーク・ザッカーバーグなる人物はパソコンやコンピューター関係には天才的な才能を持ってはいる反面、その天才肌を鼻に掛けたような嫌味な言動や余計な一言がかなり多く、まったくも~!ってくらい空気の読めない人。どこか嫉妬深くもあり、発端となるフェイスブックの開発の根元もフッた恋人を見返すのがきっかけという不純な動機なので、こんな性格では友達はおろか敵を沢山作ってしまうのも無理はないと思えてしまいます。
実際マークは恋人だけじゃなく、後々に大学の親友や知人にフェイスブックの利権やアイデア盗用の問題で訴訟まで起こされてしまうのですが、その訴訟問題とフェイスブック開発の裏側を交互に描きながら進展していく本作の流れはとても見応えがあるんですよねぇ。2つの出来事を同時進行させていくといった演出は複雑でごちゃごちゃしそうな懸念も抱きますけど、実際観ると複雑どころか結構分かり易く、細切れのようなシーンを上手くくっつけて過去と現在の物語を違和感無く見せてもいますから、↑でも言ってる通り嵌ってしまう事は請け合い。個人的には『スラムドッグミリオネア』をふと思い出しちゃいましたね。

フィンチャー監督の独特な映像センス(ボートレースのシーンは音楽と相まって特に好き♪)も嵌ってしまった理由の1つですが、最も印象付いたのは登場人物たちの会話の応酬もとにかく凄いということ。マークが一番ぶっちぎってますけど、親友のエドゥアルドやウィンクルボス兄弟、協力者のショーンなども場面毎にかなりのマシンガントークを炸裂させるから、字幕を追って観る観客の立場としましては正直大変っちゃあ大変ですね
けど憎しみあり嫉妬あり裏切りありトラブルありと色んな負の感情も出て来るこのフェイスブック問題。マシンガントークはそののっぴきならない状況の危機感のようなものを助長しているようにも思えまして、そしてそれを上手く映像で表現しているフィンチャー監督もまた凄いなと思えてしまいます。
『凄い』繋がりで言えば、主演のマーク・ザッカーバーグやアンドリュー・ガーフィールドの若手俳優の熱演・・もそうなんですが、個人的にはウィンクルボス兄弟役を演じたアーミー・ハマーなる人っ。といっても演技云々ではなく完全に『見た目』なんですが、なんと兄弟の顔はハメコミ合成なんだとか?スンゲ~、恐ろしいくらいに自然だから事実を知らなければ『えっ!?』な感じ。この辺りは『ベンジャミン・バトン』を思い出しましたw


・・まあフィンチャーら作り手側の脚色も混じってるとはいえ、世界中で誰でも何処でも出会いを作る事が出来るというフェイスブックというのは確かに楽しいサイトにも思えましたけど、その背景に関係者のこうしたドロドロな騒動があったと思うと、知らなかった利用者の考えもどこか変わってしまうかもしれませんねぇ?
マーク自身もデジタルな世界で膨大な人との繋がりを得る事が出来たものの、その結果として現実での人との繋がりや絆を失ってしまい、ラストでエリカにメールを送って更新しまくってる姿はどこか物悲しい雰囲気を醸し出している。天才ゆえにその考えをなかなか他人に理解してもらえない彼がフェイスブックを作った本当の理由って、もしかしたら自分を真に理解してくれる『誰か』を探していたからなのかもしれませんね~?と、自分も脚色を加えてみたり。

※あと本当は最高評価を付けたかった部分もあるんですが、自分の無知が仇となり、マークらが度々話してた専門的な用語に少々困惑してしまったとこもあるので1つ評価を下げちゃいました
株の知識とか全然無いもんですから、エドゥアルドが憤慨してた『株の希薄化』の意味も不明だったので、後で調べてみたらなるほどと納得。そりゃあ親友でもキレますよねぇ・・。

評価:◎
成功と孤独は表裏一体。  
JUGEMテーマ:映画館でみました!天才ゆえの孤独・・・
東宝シネマズ二条にて鑑賞。今回はポイントでの鑑賞。まもなく6000ポイント、さていつ頃フリーパスポートをゲットしようか?と思案中です。出来れば、観たい作品がたくさん続く時期にと考えているんですが、、、、。タイミングが難しいわ。 話題作、「ソーシャル・...
世界最大のSNS「Facebook」誕生の裏側を実話に基づき描いた作品です。
ソーシャル・ネットワーク '10:米◆原題:THE SOCIAL NETWORK ◆監督:デヴィッド・フィンチャー「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」「ファイト・クラブ」 ◆主演:ジェシー・アイゼン ...
ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグが立ち上げたウェブサイト。「ザ・フェイスブック」と名付けられたそのサイトは急成長を遂げ、今や世界最大のSNSとなった。マーク自身 ...
 『ソーシャル・ネットワーク』を観た。  【ストーリー】  2003年、ハーバード大学に通うマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ )は、親友のエドゥアルド・サベリン(アンドリュー...
話題の映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞しました。
1月15日公開の映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞した。 この映画は世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス) のFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグ氏が Fa ...
 「面白い度☆☆☆ 好き度☆☆」  あなたはサイテーじゃないけれど、そう見える生き方をしている。  ソーシャルネットワーキングサービス「Facebook」を考え、立ち上げ、儲け、
『 ソーシャル・ネットワーク 』 (2010)  監  督 :デヴィッド・フィンチャーキャスト :ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハ...
世界で5億人以上が登録しているSNS(交流サイト) 「Facebook(フェイスブック)」の誕生物語。 自分は未登録。→登録しました。 ソーシャル・ネットワークを略してSNS。 日本でのSNSといえばmixi。 ...
近ごろのアメリカンドリームってやつは...。
  □作品オフィシャルサイト 「ソーシャル・ネットワーク」 □監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 アーロン・ソーキン□原作 ベン・メズリック □キャスト ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク■鑑賞?...
  □作品オフィシャルサイト 「ソーシャル・ネットワーク」 □監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 アーロン・ソーキン□原作 ベン・メズリック □キャスト ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク■鑑賞?...
ソーシャル・ネットワーク (デビッド・フィンチャー 監督) [DVD] 解説(amazonより) 全米2週連続No.1 2010年度東京国際映画祭オープニング作品 デヴィッド・フィンチャー監督最新作 ...
 すでにグラミー賞の4冠を獲得していて、さらにアカデミー賞の最有力候補ともされていますから、早目に見ておこうと、『ソーシャル・ネットワーク』を吉祥寺のバウス・シアターで見てきました。 (1)この映画はFacebookの創始者であるマーク・ザッカーバッグ氏のことを中...
 世界最大SNS・Facebookの創設者マーク・ザッカーバーグがFacebookを作る過程を描いた作品ソーシャル・ネットワーク、観た人に「フェースブック」を知らなくても楽しめるかを確認した後、観てきました。
ソーシャル・ネットワーク(原題: THE SOCIAL NETWORK) 343本目 2011-03 上映時間 2時間 監督 デビッド・フィンチャー 出演 ジェシー・アイゼンバーグ(マーク・ザッカーバーグ) 、 ...
あらすじハーバード大生のマークは、彼女に振られた腹いせに女子の品定めサークルをネットに立ち上げるが・・・。感想世界最大のSNSフェイスブックの生みの親で史上最年少億万長...
ソーシャル・ネットワーク 映画 - goo 映画 ソーシャル・ネットワーク:作品情報ー映画.com 「ソーシャル・ネットワーク」オフィシャルサイト ソーシャル・ネットワーク@ぴあ映画生活 ソーシャル・ネットワーク (映画)-Wikipedia ○作品データ(映画.com) 原題:The Soci...
 『天才 裏切者 危ない奴 億万長者』  コチラの「ソーシャルネットワーク」は、いよいよ2日後に迫ったアカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、録音 ...
参加人数5億人という世界最大のSNS「Facebook」。 SNSとかほとんど興味がないのですが、 登録してます。 アメリカに住んでいる友人から勧められたのですが、 それがなかったら入らなかったですね。 登録してあると、 個人がUPしている写真とか見られるのでね。 で...
デヴィッド・フィンチャー監督が、ソーシャル・ネットワーキング・サービス“フェイスブック”を作った男、マーク・ザッカーバーグを主役に据えて撮影した映画『ソーシャル・ネットワーク』。 ジェシー・アイゼンバーグ演じるマーク・ザッカーバーグの、虚空の一点を見...
THE SOCIAL NETWORK/10年/米/120分/青春ドラマ/PG12/劇場公開 監督:デヴィッド・フィンチャー 製作総指揮:ケヴィン・スペイシー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー <スト...
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ジェシー・アイゼンバーグ 2010年 アメリカ映画 120分 ドラマ 採点★★★★ いつまでも根に持って虎視眈々と復讐の機会を伺うタイプではないんですが、“機会があれば仕返ししたいリスト”ってのを常に心の奥にしまっている私…

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もこの作品を知らなければフェイスブックなんて知らなかったかもです(苦笑
しかし世界で5億人って・・・凄いですね。
次期ビル・ゲイツですわ(汗
主人公のマークはKYでしたが、
マシンガントークに聴き惚れて見入ってしまいました(笑
天才は頭の構造が違いますね!

あ、遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします。

認知度がいかほどか?

>えふさんこんばんわ♪

調べてみたら日本にも一応フェイスブックはあるようなのですが、SNSの認知度で言えばまだmixiやGREEほどではないのかもしれませんね?もしかしたら実名登録って部分がちと難ありなのかも・・^^;

マークを筆頭にしたマシンガントークも確かに凄いものがありました。ジェシー・アイゼンバーグに到っては、最初にエリカと話してたあのシーンを90回以上もやり直したのだとか?
本作のマシンガントークは俳優泣かせでもあるのかもしれませんねぇ~。

No title

こんにちは♪

>ラストでエリカにメールを送って更新しまくってる姿はどこか物悲しい雰囲気を醸し出している・・

って本当にそう思いました。
彼は彼女にそして友達に認めてほしかっただけなんじゃないかって
私も思いましたね~

私もぜんぜん知らなかったので、へーーーーって感心とともにみておりましたわ。

facebook

メビウスさん
今晩は☆彡
少し前に外国のサイトで、facebookのロゴを見かけることがありました。
その時は何だろうなんて思っていたんですが、、、、。まもなくこの映画で
その実態が判明したようなわけです。19歳の若者が立ち上げた企業だと
知り、本当に驚きましたよ。現在は途方もない会員数らしいですね。
マーク・ザッカ―バーグのインタビューも少し見たのですが、ジェシ―のような
あんな凄さはなかったけですが(笑)
そうなんですよ。99回ものテイク、でもジェシ―はそれ以上でも大丈夫だと
言ってました。彼もマークじゃあないけど、凄い役者かもしれませんね。

TB&コメントありがとうございました♪

こんばんはv-22

この映画のマシンガントークは凄かったですよね~
字幕を追いかけるのに必死でした。

でも各々の役柄をこなす俳優陣は上手く特徴を捉えていて
終始見応えもありましたし、
鑑賞し終えて時間が経ってからも
いろいろと考えてしまうような後引く作品で…

後味は決して良くないのですが
妙に印象に残る映画だったと思います。

どうせなら100回

>Nakajiさんこんにちは♪

最後のシーンはエリカのページをただ無造作にキーを押して見てるだけともとれましたが、自分は匿名でちゃっかりエリカと友達になろうと孤軍奮闘してるマークの姿に見えちゃいました。その姿は哀愁漂ってますよねぇ。
でもフェイスブックの発端がエリカへの腹いせのような感じでしたから、やっぱりマークの本心はエリカのような身近な人に自分の能力を認めてもらいたかったのかもしれませんね?

と言うかあれほどマークを無視してたエリカがフェイスブックに登録してるって一体・・(汗

>mezzotintさんこんにちは♪

ちょっとしたアイデアと運が向けば夢を実現できる・・・正にマークはアメリカンドリームを体現したような人にも思えちゃいますねぇ。会員数も今現在だと5億人よりも更に増えていそうですし、この映画がきっかけでもっと増える(それとも減る?)ような予感もしますから、この恩恵で本物のマークも多少の脚色には目をつぶって欲しいですねw

ジェシー・アイゼンバーグの99回リテイクってホント凄いですよね。時間内に納めるために良く頑張ったと思います。
でも99回目で成功したのなら、キリよく100回目もやって欲しかったかも?(笑

>テクテクさんこんにちは♪

若手の俳優さんばかりで正直自分の知らない人ばかりでしたが、ジェシー・アイゼンバーグを筆頭にして、確かに皆さんの熱演っぷりも見応えがありましたね。でも観る側は字幕を追うのが大変でも、演じる側としたら今回の作品はセリフを上手く早く話すのが大変だったのかもしれませんね~?マシンガン・トークはエディ・マーフィーだけで充分ですw

それに大分脚色も加えられてるようなので、後味悪い結末等はひょっとしたらもう少し抑え目だったのかもしれませんけど、 印象に残ったのは確かですね。得るものも大きかったけど失ったものもまた大きい。デジタルでは変えられない人の繋がりの大切さもどこか身に染みた作品です。

こんばんは

ただのサクセスストーリーでなく、親友との友情と絆の物語だったことがとても良かったです。マークとエドゥアルドの友情が少しずつ崩れていく姿には涙がこぼれました。

フェイスブックで世界を繋げた男の孤独という皮肉が、物語をより悲しく深いものにしていましたね。

No title

メビウスさん、こんばんは!

構成は見事でしたよね、会話が中心でありましたが2時間ひきつけられました。
マークの本心が最後までずっと見えないというのが、お話を引っ張っていく力になっていたと思います。
とは言いながらも、自分が感情移入できる人物を見いだせなかったからか、没入感はあまりなく、登場人物を客観的に眺めているというような状態でありました。

こんばんはー^^

面白かったけど、マークとショーンは最後まで好きになれなかったですー^^;
始めた動機も不純だったね^^;

>ラストでエリカにメールを送って更新しまくってる姿
あの姿は切なかったですねー。気の毒というか^^;
でも、自業自得?かな(ーー;)

サクセスだけどほろ苦い

>えめきんさんこんばんわ♪

成功の代償とばかりに恋人や親友を立て続けに失ったマークの半生を見ますと、どーも一概にサクセスな感じには思えなくなっちゃいますね^^;
けどフィンチャー作品って美談で終わるような作品がそれほど無いので、フィンチャーが監督になった時点でほろ苦い結末も想像しておくべきだったかもしれませんねぇ~w
それと現実のマークは現在でもエドゥアルドと仲違いのようなので、そこもちと悲しいですね・・。

>はらやんさんこんばんわ♪

会話劇中心でもダれることなく観れたのはマークらの人物描写が魅力だったのかはたまた脚本が良かったからなのか・・?どちらにせよ、自分も生あくびが出る事無く2時間飽きずに観れましたね♪
でも自分はマークがあんまり天才過ぎるせいか、周りの人達がどこか凡人のようにも見えてしまったので、エドゥアルドに少し感情移入しちゃいました(マークとおんなじハーバード大なんですけどね^^;)

>みすずさんこんばんわ♪

マークは性格が苦手でしたけど、ショーンに到っては人間的にあんまり好きになれませんでしたね・・。大手のスポンサーを紹介してくれてたのはいいのですが、その後はコバンザメみたいにマークにくっつくし、クスリにも手を出したりしてたからダメダメさ全開です(汗

しかしまあ身から出たサビとはいえ、マークも最後は凄い空虚になっちゃって哀れにも思えますね・・。

こんばんは!

コメントありがとうございました!

エドゥアルド人気高いですよね~!
私は大学は美術科だったのですがマークよりもエキセントリックな変人をたくさん見てきたので、マークにあまり違和感なく感情移入できたんです。

そして理系方面にも相当な変わった人がいるって言うのは竹内薫さんの本などでいろいろ読んだことがあるので、まあ思ったよりはまともだったなって言うのが正直な感想でした!

株の希薄化の件もマークは「金なんて紙きれであいつとの友情なんて壊れるわけない」とか、ずれた思考をしたんじゃないでしょうか?wお金がらみの話に興味なさそうでしたからね・・・

新スパイダーマンの好演

>ゴーダイさんこんばんわ♪

エドゥアルドは演じてるアンドリュー・ガーフィールドが新スパイダーマンだという事もあってか、むしろ演じてる側の方が人気あるのかもしれませんね。自分は彼は本作が初見だったのですが、マークと同じく天国から地獄に急転するエドゥアルドを上手く好演してたんじゃないかと思います。

そいえば自分も漫画とかでよく知るのですが、理数系に特化したようなキャラクターってマッドサイエンティストのような出で立ちや白衣を着て少々変人ぽい雰囲気を持ってる人が少なくないような気もするのですが、現実でも理系方面に詳しい方は普通の人と違った価値観や自論を持ってるんでしょうかね~?あくまで想像ですけど・・。

あくまでも個人的な意見ですが

>現実でも理系方面に詳しい方は普通の人と違った価値観や自論を持ってるんでしょうかね~?

持ってます!(笑)

かつて自分が読んだ本でこんな本がありますよ。http://dario.gloomy.jp/tt/blog/?eid=399

疲れそう・・・

>ゴーダイさんこんばんわ♪またコメント有難うございます♪

面白い内容の本ですねぇw理系バカと文系バカ、どちらも分野別で特筆した人たちですけど融通がきかなそうで両者ともガンコそうですよねぇ^^;
コミュニケーションが不得意と言うのもなんか納得できそうで、単純な会話とかも科学的根拠や深い言葉で遠回しに切り返されそうで疲れるかもしれない・・。それをマークに照らし合わせるとどこかなるほどと思えちゃいます。

理系文系どちらにも順応してるハイブリッドな人とかいたらいいんですけどねw

No title

メビウスさん、こんばんは
かの有名なアレクサンドル・デュマは盗作で訴えられた際、「てめーが書いたんじゃ駄作にしかなんねーから、オレが傑作にしてやったんじゃねーか」とおっしゃったそうです。天才はスケールが違いますね。マークはここまで開き直っちゃいなかったけど

もなさんエドゥアルドに同情的ですが、わたしはあんまし彼に好感が持てず。まあ腹の立つのもわかるけど、なんかやることがいちいちせこいように見えて。彼はスパイダーマンよりグリーンゴブリン二世の方が似合うと思います(笑)

実は今日『ザ(笑)・タウン』を見てきたんですが、自分としてはこちらの方が『ソーシャル・ネットワーク』よりはるかにズキュウウウンと来ました。だのにアカデミーでは助演男優くらいしかノミネートされてないのはなぜだろう・・・ 記事書いたらまたお邪魔します。TBはたぶん届かないと思うので、どうぞご容赦

ネガティブ

>SGAさんこんばんわ♪

SGAさんエドゥアルドダメでしたか^^;まあ確かにフェイスブックが大きくなってからは資金繰りなどの金勘定の方が強く出てた部分もあったりしましたけど、マークという天才と照らし合わせるとひどく凡人にも見えちゃったので、自分はその辺りに共感しちゃったのかもしれませんね~(凄い惨めに見えちゃいましたしw)。そいえば新スパイダーマンはダーク路線だと聞いてるのですが、もしそうだとしたら、またエドゥアルドのようなネガティブな人格が形成されそうですねw

『ザ・タウン』の記事アップしましたら、自分もお邪魔しますね♪

こんばんは

日本ではフェイスブックしてる人、そんなに
多くないですよね(^_^;)

冒頭のエリカとのマシンガントークだけで既に
マークが、どういう人間かを理解させる演出が
素晴らしかったですよね。

マークが女の子に瓶を投げて、受け取れずに
2度(笑)も瓶を割ってしまう場面は、笑えましたが
そんなとこにも、意思疎通が下手なマークらしさが
垣間見えてましたね。

実名はイヤですね

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

日本でも一応フェイスブックしてる人はたくさんいるみたいですけど、それでも『世界中』で見たらまだまだ登録者数は少ないようですね。自分が聞いた所だと100万人くらいらしいのですが、5億の内の100万ですからホント微々たるものですよねぇ^^;自分も本作で知って興味は沸いたものの、やはり実名登録と言うのが少々ネック。それならミクシイの方が良いですね(笑

あとこれまた聞いた所によると、実際のザッカーバーグの人間性はあそこまで根暗じゃなく、ちゃんとコミュニケーションの図れる好青年なのだとか?取材とかノーコメントだったそうですから、フィンチャー監督の脚色が多分に盛り込まれたザッカーバーグなようですねw

そうですね^^
結構難しい用語もぽんぽんと飛び交ったましたし、
ジェシー君の早口マシンガントークも凄かったですね^^
あれ、相当練習したのかなぁ~(^ー^* )フフ♪

苦労報われず

>miyuさんこんばんわ♪

IT関連や株の用語なんかもバシバシ飛び交っていたので、自分も後追いで理解するのに苦労しました。全て理解してたわけじゃないので、大分鵜呑みにしてたのも多いですけどね(汗

ジェシー・アイゼンバーグの早口は相当練習したそうですよ。本当はこの作品って2時間越えだったようなのですが、ジェシーくんの早口で大分短縮させたんだとか?冒頭のトークは99回もリテイクしたそうなので、正に執念めいたものを感じます。

でもそんな苦労もアカデミー賞では報われませんでしたね・・^^;

PAGETOP