【監督】田崎竜太
【出演】吉川晃司/桐山漣/菅田将暉/山本ひかる/木ノ本嶺浩/山本太郎/渡部秀/三浦涼介/高田里穂/大口兼悟/君嶋麻耶/有末麻祐子/宇梶剛士/他
【公開日】2010/12.18
【製作】日本

【ストーリー】
竜との結婚式を迎えてマリッジブルーの亜樹子は、翔太郎とフィリップと共に戦いに巻き込まれて、プテラノドンヤミーが持つメモリの力で鳴海壮吉の過去を垣間見る事になる。舞台は風都で最初に起きたドーパント事件。なぜ壮吉は仮面ライダースカルになったのか?その謎がハードボイルドに明かされて行く・・・【仮面ライダースカル メッセージ for ダブル】。
 
【コメント】
前作のダブルから仮面ライダーが秋放映になってからというもの、劇場版の方も新ライダーお披露目を兼ねた夏劇、そして冬は2つのライダーがコラボするこのMOVIE大戦というのがパターンされつつあるような気がしてきましたねぇ。仮面ライダー好きとしてはテレビ本編だけじゃなく、劇場版でもたくさんライダーが観れるのは正直嬉しいところでもあるので、この夏劇と冬劇は自分もこの先恒例化して欲しいとこでもあるのですが、去年のMOVIE大戦のディケイドが散々なものでしたからまたどちらか一方がコケるんじゃないかという不安もあるのも然もありなん。案の定その予感は当たらずとも遠からずって感じだったかな~・・と

まず先陣を切ったダブルの物語は待望の再登場であるおやっさんこと鳴海壮吉の物語であり、彼がどうして仮面ライダースカルになったのかという誕生秘話が明かされる内容になっています。
最初こそ翔太郎やフィリップたちの変わらないドタバタさが垣間見えて出だしから笑わせてくれますが、メモリの能力で亜樹子が壮吉の過去の記憶に飛ぶと、そこから描かれるのはハードボイルドな壮吉のビギンズナイトであり、吉川晃司のハマリ役も相まってかなり渋い内容となっている。歌姫メリッサとの微妙な関係やフィリップのような立ち位置である新キャラクターのマツとの友情も、翔太郎たちとどこか被る所があってニヤニヤしてしまうとこがたくさんあったかと思いますね。
注目のスカルの初変身に到っては突発的な変身だったのでどこか劇的なものを期待した自分は『あれ?』な気持ちにもなっちゃいましたけど、それでもそのスカルになるきっかけを与えたのが本編でもお馴染みだったアノ人で、しかも壮吉とは幼馴染みの間柄だという関係にはスパイダードーパントの正体以上になかなかの驚き要素だった。他にも子供時代の翔太郎がちゃっかり出て来たり、あの決めゼリフが使われるようになった理由も判明したりと、スカルの物語は色々とサプライズが多くて結構楽しめましたねぇ♪
一方のオーズパートは日本一欲深かった(?)と言われる織田信長の復活を軸にしたストーリーが展開するものの、こちらはなんかそれこそ突発的な場面や最後のコラボ展開に間に合わせるために急ぎ足な感じが見受けられて、個人的にはイマイチ乗り切れないものがあった。だから今回もやっぱりダブルの方が面白かった印象があるのですが、それでもオーズの方はダブルとは違ってテレビ本編の伏線をいくつも張っており、それは新ライダーのバースであったりもすれば、恐竜のプテラノドンを模したヤミーの登場で新たなグリードの出現も予感させる事もしたりと、本編へのこれからに期待をさせる内容にも見えましたねぇ。これはこれでまたサプライズな部分もありますから、まま楽しめたかなと思います。


・・そいえば自分って前作も壮吉のカッコ良さにシビれたとか言ってましたし、今回も結果的に一番見応えあったのは壮吉ビギンズだったので、なんかMOVIE大戦って今の所おやっさん様々な感じがしなくもないですねぇw
まあモチロン最後のMOVIE大戦も迫力がありましたし、仮面ライダーコアもド派手、オーズの新コンボのタジャドルや久々のゴールドエクストリーム共に神々しくて興奮もしたのですが、そのMOVIE大戦のパートでど~も双方に大きな違和感を感じてしまい、結果最後の最後で自分は首傾げ状態になってしまった。タジャドルコンボにしても、アンクのコアメダルを本人がいきなり2枚とも持ってたのがかーなーり唐突でしたし、壮吉がスパイダードーパントの能力のせいで亜樹子に会う事が出来ないってくだりも『え?普通消えるんじゃ・・?』って思ったのは多分自分だけじゃないはず・・^^;むしろ何らかの形でメモリブレイクしなかった方がより説得力があったかもしれませんね~?あれはっ。その2点が個人的には減点対象でございました。惜しい限りです。

評価:○
仮面ライダーダブルこと左翔太郎とフィリップの師匠とも言うべき存在鳴海荘吉。彼はいかにして仮面ライダースカルとなったのか。究極の欲望を持つ存在である織田信長の魂が鴻上フ ...
実は公開2日目に見に行ったんですが何だか忙しくて記事にならず・・・ 記憶が薄れる前に書きたかったんだけど時、既に・・・ 仮面ライダー×仮面ライダーOOO&Wfe...
仮面ライダー×仮面ライダー OOO&Wfeat.スカルMOVIE大戦CORE 2本目は仮面ライダーOOO ノブナガの野望でした 鴻上ファウンデーションによって発...
仮面ライダー×仮面ライダーOOO&W feat.スカルMOVIE大戦CORE 3本目がMOVIE大戦CORE仮面ライダーオーズとの戦いの場から姿を消した3枚のコア...
 昨日は,娘達も私も完全復調という状態ではなかったため初日を見送り,2日目の今日,「仮面ライダー×仮面ライダー OOO&W feat.スカル MOVIE大戦CORE」を見に行ってきました。以下,一部ネタバレがありますので,御注意ください。
昨年に引き続き、お正月映画に「仮面ライダー」が登場。4月には40周年記念作品も公開されるようなので、これで「仮面ライダー」は冬と夏、それに春から初夏にかけて、の3番組体制が確立してきましたね。 そして<戦隊ヒーロー>は夏と早春の2回。ヒーローべったりです?...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

僕は昨年のMOVIE大戦はけっこう好きなのですが、今回のは×・・・。
ダブルは荘吉メインの話でこれは文句なくおもしろかった。
もっと観たかったくらい。
でもオーズはやっぱり忙しかったですね。
もともとテレビも要素が多くて複雑なので、30分程度にまとめるのはなかなか難しいとは思うのですけれども。
その点、ダブルは去年も今年もうまくやっているなと感じました。

こんにちは

TB&コメントありがとうございました。

おやっさん、格好良かったですねぇ。
「さぁ、お前の罪を数えろ・・・」
ああ!ダブルの勇ましい台詞もいいけど、スカルの渋さ際立つこの決め台詞は反則級にカッコイイ!!
本当におやっさん祭りでした。

オーズとMOVIE大戦COREはイマイチでしたね。もうちょっとどうにかならなかったんでしょうか。

ダブル一色

>はらやんさんこんばんわ♪

フタを開けて見たら今回もやはり見所はダブル一色だった気がしますね。オーズに関しては昨年とダブルと同じスタート位置だと思うのですが、なんでこんなにも温度差のようなものが・・・。やはりノブナガが邪魔だったかな?(汗
オーズは来年の夏劇とMOVIE大戦に期待を込めましょう。その前にアクセルとエターナルのスピンオフが観たい!

>えめきんさんこんばんわ♪

今回翔太郎たちやおやっさんが使う決め台詞のルーツも知る事が出来ると聞いてたので、どんなもんかと思ったらその辺りもかなり渋かったですよね。『俺は自分の罪を数えたぞ・・さあ、お前の罪を数えろ』って、ホントカッコ良過ぎ♪おやっさん=吉川晃司だからこそ成り立っているセリフだとも思いますね。

対してオーズはテレビ本編でも盛り上がる部分がまだ少ないので、この出来映えに到ってはしょうがないとしか言えませんね・・^^;
ホント来年に期待です。

No title

こんばんは。今年最初に見た映画がコレでした(笑) まあわたしもちぐはぐな点はいろいろ感じましたが、子供たちは喜んで見てるようだったので、ならばまあいいかな、と
最後の共闘もかなり強引でしたが、「かっこいい~ アンク、俺たちも何か作ろうか?」というセリフにはけっこう受けちゃったりして

まあそんなわけで映画の出来は微妙ですけど、オーズ人気あるみたいですね。わたしこれの「チェンジコンボシリーズ」を集めてるんですが、「ガタキリバ」までは普通に入手できたものの、「ラトラーター」以降はいつお店に行ってもありません。こんなの平成ライダー始まって以来かも・・・

特撮始め

>SGAさんこんばんわ♪

SGAさんの2011年の映画始めは特撮ですかwいいじゃないですか仮面ライダーが最初なんてっ。おやっさんの渋さも然る事ながら、笑いもちゃんと盛り込んでいるので、内容はともかく初笑いとしては良い作品だったのではないでしょうか?

でもオーズって3つのメダルで変身するという特性上膨大な組み合わせも出来ますから、商法としては正にしてやったりですよねw
ラトラーターがどこにも無いとのことですが、ラトラーターってそんなに人気あるんでしょうか?個人的には串田ソングと相まって、コンボの中では今の所ガタキリバが一番好きですね(笑

PAGETOP