【監督】ジョセフ・コシンスキー
【出演】ギャレット・ヘドランド/ジェフ・ブリッジス/オリビア・ワイルド/マイケル・シーン/ブルース・ボックスライトナー/ジェームズ・フレイン
【公開日】2010/12.18
【製作】アメリカ

【ストーリー】
デジタル業界のカリスマとして名を馳せるエンコム社のCEO、ケヴィン・フリンの謎の失踪から20年。ある日、27歳に成長した息子のサムに父ケヴィンからメッセージが届く。消息を追ってケヴィンのオフィスに足を踏み入れたサム。だが彼は知らなかった。そこはケヴィンが創造した理想郷への入り口。あまりにも美しく、あまりにも危険に満ちた新世界、グリッドへの扉だと・・・。
 
【コメント】
個人的3D元年作品ともいうべき『アバター』を今年の年始に観た時はその革新的な映像に圧倒され、やっぱり年末にきちんと観ておくべきだったぁ!と後悔の念を抱いたものですが、そんなアバターに引けを取らない3D映像として同じく年末の映画ラッシュに馳せ参じた注目の作品がこのトロン:レガシー。予告編こそ自分は2Dしか観てませんけども、あのこってこてな未来世界を思わせるシーンの数々がもしアバター以上の凄さだったら・・なんて思うとやはり早く観たかったので、今回はきちんと年度内鑑賞wいやはや、やっぱり3DはSFが合いますね♪確かに凄い映像表現ばかりで驚きも絶えなかったです。

かなり話題になってる作品ですから自分も公開前から情報として知り得ていましたけど、この作品のオリジナルは82年に公開された同名作であり、今ではあんまり珍しくもなくなった『サイバー世界』を初めて映画に盛り込んだ画期的な作品として当時は凄い話題をかっさらったのだそうです。
しかし82年とかなり昔の作品ですから当然自分も未見でして・・・・。このレガシーも昔の作品のリメイクではなく続編と言う位置付けになってもいるそうなので、殆ど知らない自分もちょっと不安なとこがあったのですが、そういうのはいらない心配だったかなぁと思えるくらい映像諸々で充分補ってくれたようにも思う。確かに続編という設定上前作の内容を知っておく分に損はありませんけど、本作を観てた限りだと一応前作の出来事やサムの父親のケヴィンとクルーの関係などをサラッと説明してくれてますし、そのサラッとな説明で自分も珍しく(?)大体の構図を理解できたとこがあるので、すんなりトロンの世界観に没入出来ましたし、またアバター仕込みの3Dや最新のビジュアル映像、そして本作に出て来る様々な機器類にも目移りしちゃいましたねぇ

冒頭はほぼ2Dな映像ばかりだったから、まだかなまだかなとはやる気持ちを抑えつつ時折メガネをチラチラ外しながら観てた部分もありましたけど(特に意味なしw)、サムがいざトロンに入った瞬間いきなり3D特有の奥行き感がブワァッと広がりを見せて『キタッ!!』と心の中で妙ちくりんな喝采を上げてしまった自分。そこからは畳み掛けるような3D映像とトロンのデジタルワールドが満載で、1対1のディスクバトルや多人数でのバイクゲームといったデスゲームはもう色々凄過ぎてあんぐり・・。コンピューターの世界も全体的に暗めなせいか、トロン・シティをはじめとした建物や乗り物、そしてサムやクルーたちが着込んでいるスーツの光のラインなどがこれまた映えていて非常にクール♪仮面ライダー好きとしては555(ファイズ)のフォトンストリームも思い起こしちゃいましたねぇ(クルー側がそっくり過ぎw)。
そんな技術的な面でもう一つおったまげた所と言えば、出演してるジェフ・ブリッジスの若かりし頃の素顔を合成してクルーの素顔にしてるっていう部分も全く違和感がなく、あそこまで完璧処理してると驚きも然る事ながらどこか気味悪い雰囲気も漂っている・・。ホント、今の最新鋭の技術って何でも出来るんだな~と改めて思ったと同時に、オリジナルの作品の方も当時の最新技術を駆使してこんな感じで観る者を仰天させていたんでしょうね~?そういう意味ではトロンってなんだか次世代ビジュアルの見本市みたいな作品にも思えてしまいますねw


・・しかしながら生き別れとなった父と子の再会といったドラマ的な部分に関してはさして真新しいものを感じなかったものの、こと3Dを前提に作られた映像の数々に到っては、アバターに次ぐ革新的な映像を実現してると言っても大袈裟じゃないかもしれない。アバターがもう古いってわけではないのですが、それでも経った1年足らずでまたこうした度肝を抜く作品が出るくらいなのですから、3D技術の急速な発達をも感じ取る事が出来たトロン:レガシーは、今年の自分の最後の映画鑑賞としてもすんごい満足できた作品だったと思いますね

評価:◎
没頭は,ほどほどに。
映画「トロン:レガシー」を鑑賞しました。
ゲーム会社エンコムのCEO、ケヴィン・フリンが失踪してから20年。親友のアランにケヴィンから連絡が入った事を聞かされたケヴィンの息子サムは、父の経営していたゲームセン ...
JUGEMテーマ:映画館でみました!光るボディスーツ、着てみたい!
23 日のことですが、映画「トロン:レガシー」を鑑賞しました。 3D作品 初めて IMAXにて鑑賞しました いやー、すごい まさに映像体験とはこのことで 正直
『 トロン:レガシー 』 (2010)  監  督 :ジョセフ・コシンスキーキャスト :ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド、マイケル・ シーン、ボー・ギャレット、ブルース...
 「面白い度☆ 好き度☆☆☆」  CMが全てを物語る映画。  あちゃ~内容がねえ~。『アリス・イン・ワンダーランド』の時もそうだったけど、もうディズニーの3D実写映画は
トロン:レガシー 3D'10:米◆原題:TRON: LEGACY◆監督:ジョセフ・コジンスキー◆主演:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド◆STORY◆デジタル業界のカリス ...
「トロン:レガシー」★★★☆ ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド出演 ジョセフ・コシンスキー監督、125分、2010年12月17日公開、 2010,アメリカ,ディズニー (原作:原題:TRON: LEGACY )                   ?...
 『20年前に失踪した父を探して、 美しく危険なコンピューターの世界へ─。』  コチラの「トロン:レガシー」は、1982年に初めて本格的にCG(コンピュータ・グラフィックス)を駆 ...
10-81.トロン:レガシー■原題:Tron:Legacy■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:126分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:12月19日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■料金:1,...
1982年にジェフ・ブリッジス主演で世界で始めてCGを本格的に使った作品として知られている 『トロン』の続編。 ということなのですが当初見る予定をいれていなかった作品。 なんで見ることにしたか...
トロン:レガシー / TRON:LEGACY 2010年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督:ジョセフ・コシンスキー 製作:ショーン・ベイリー ジェフリー・シルヴァー スティーヴン・リズバーガー ...
監督 ジョセフ・コシンスキー 主演 ギャレット・ヘドランド 2010年 アメリカ映画 125分 SF 採点★★ “映像革命”とか“全く新しい映像体験”とか言った宣伝文句をよく耳にしますが、稀に斬新な映像表現を用いた作品こそあれど、ほとんどはエフェクト率が高くな…

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

メビウスさん、こんばんは。
私も鑑賞しましたが、独創的で幻想的な空間の映像技術には本当に目を奪われてしまいました。
映画の映像技術もここまで進歩したのかと。
アバターに比べるとストーリーでアバター、映像ではトロン・レガシーと言ったところでしょうか(笑)
でも、3Dのシーンって少なかったような気がします(汗)

こちらにもお邪魔します

>555(ファイズ)のフォトンストリーム
確かにソックリだ(笑)。案外、555が元祖『トロン』を意識しているのかもしれませんね。

ビジュアル面は完璧だったんですが、肝心の3Dは思ったほど飛び出さなくて残念でした。ストーリーは最初から期待してなかったのでよかったんですが、もうちょっと捻ってくれてもバチはあたらなかったですよね。

こんにちは

ええ、やっぱ3Dはが良く似合いますよね。
「555(ファイズ)のフォトンストリーム」というのも良く分かります(^^)
そこのところは大いに楽しませてもらいましたw

基本的に3D作品に興味がないというか、必要性すら感じていないのだけど、見せ方次第なのかなとも。
けれど、やっぱり字幕と3Dの相性は悪いと思い、今回は吹替えにし、磯辺さん平川さんを堪能です。

No title

内容はともかくとして、
ビジュアル的にOKな作品でした(笑
バイクのシーンは3Dならではで良かったのですが、
いかんせいいかげんに3Dはもういいわ!
とおもっています(苦笑
メガネがうっとおしくて、普通に見たいです。
いきつけのシネコンが、
重たいメガネから軽い3Dメガネに変わったので
だいぶ良くなったのですが、
それでも2Dの上映があればそちらを好んでみたいですわ(苦笑

ご立腹

>FREE TIMEさんこんばんわ♪

アバターの映像がまだ記憶に新しいのに、早くもそれに並ぶ映像作品が出てきたことは、娯楽好きな自分にとってもなんか喜ばしい限りですね♪もしかしたら毎年年末は凄い3D映画が出るっていうパターンが恒例になるかも?

自分も映像はトロン、ストーリーはアバターですねっ。トロンは確かに全編3Dというよりも3Dと2Dが半々といったものでしたけど、全編通して色んなガジェットが出てくるので、自分もそれに見事ハマッちゃいましたねぇ。特にバイクがお気に入り♪プラモが出たら買いたいものですw

>えめきんさんこんばんわ♪

体のラインに沿って発光機能が付いてる辺りが555ソックリだと感じちゃいました。もしかしたらエクシードチャージも出来るとか?(笑)でも元祖の方にもアレはあったんでしょうかね~?だとしたら確かに555の方がパクってる可能性大です(汗

まあ自分も予告編とかに過剰に煽られすぎたせいもあり、本編で結構2Dなどが利用されてた時は『あれ?』と思っちゃった部分もありますし、アバターと同じ技術やら機材やらを使用してるのならもっと奥行きなどもはっきりさせて欲しかったかもしれませんね~?

>たいむさんこんばんわ♪

アバターのような大作だと3Dも凄い映えるとは思うのですが、それこそ流行りに肖る形で取り入れると途端にダメなものになっちゃいますから、そういう作品の時ほど3Dの必要性が全く感じられなくなるのは自分も同じかな~・・と^^;字幕派な自分にとっても吹替え優先な3Dってちょっと偏ってる気がしますしね。

しかしまあこれでその吹替えもダメだったら目も当てられませんでしたが、今回はベテラン勢だったので自分も一安心♪磯部さんの声相変わらず渋いですよねぇ~♪個人的には芳忠さんもツボですっ。

>えふさんこんばんわ♪

えふさんも3Dに対して相当立腹してるようですね^^;自分んとこのシネコンは『real3D』っていうメガネしか使っていないので良く分からないのですが、やはり映画館の場所や地域によっても使用するメガネの種類が違うんでしょうかね?でも重いメガネって自分もヤですわぁー。掛け慣れてない人だと途中でズリ落ちそうですもんねw
今年は3D元年的な年とはいえ、映画ファンの方から見れば3Dにしてもメガネにしてもまだまだ不満だらけなのかもしれませんね(汗

あけましておめでとうございます

この映画の世界ってどこか8ビット時代のテレビゲームみたくてよかったですよね。
特にライトサイクルバトル!あんな感じでインベーダーとかをやったら結構面白かったと思います。
ドラマ性はちょっと物足りなかったですけど、この映像でストーリーを練り込めばもう叶わないなって思いますよね。

8ビット時代

>ゴーダイさんこんにちは♪明けましておめでございます。

82年に公開された前作が8ビットゲームの栄えてた年(?)でもあるからか、確かにそんな雰囲気醸し出していましたよね。サムが訪れたゲームセンター内もそんな8ビットゲームが所狭しと置いてあった感じがしますし。あと、調べてみたらトロンのゲームって昔実際に出ていたんだそうで、やっぱり当時もそういった色んなメディアに影響を与えるくらい強烈な作品だったのかな~なんて思っちゃいます。

インベーダーをリアルにするとどうなるか分かりませんが、でもゲームでは昨年『スペースインベーダー インフィニティジーン』なるダウンロードソフトが出まして、かなり超進化してましたw

No title

こんばんは。ははは・・・ やっぱりメビウスさんも555を思い出しましたか。
82年というと自分はまだ小学校低学年でしたが、メビウスさんはそれよりさらに下だよね? さすがにもう生まれてはいたかな? 『Dr.スランプ』でちょこっとだけパロディをやってたのを覚えております

残念ながら自分はうとうとしちゃったけど(笑)、『アバター』とはまた違った映像を見せてくれましたね。やはり単に「3D」というだけでなく、それぞれ違ったセンスを見せていかないと、3Dもすぐに飽きられてしまうと思います。今年の前半はそんななんちゃって3Dが多かったけど、後半の『ガフールの伝説』『怪盗グルーの月泥棒』なんかはよかったですよ~

同い年

>SGAさんこんばんわ♪

ああいう体のラインに沿った発光スーツを見ちゃうと、自分の場合はイヤでも555を思い出しちゃいますね^^;ちなみに自分、82年のトロンが公開された年の生まれなので、トロンとは同い年だったりします(笑

しかしこのトロンも3Dは頑張ってはいましたが、やはりアバター超えとまでは行かなかったようですね。ただ奥行きありってだけでは、SGAさんの言うとおりマンネリ気味になりそうですし、何かしら変化も無ければまたなんちゃって系が横行しそうですもんねぇ・・。
そいえば今年最初の3Dは確か『グリーン・ホーネット』だと思ってましたが、予告編を観たらこれもまた3Dの価値があるのかな~?と思ってしまいます。

そうですね^^

映像は同じく♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!なぁ~っと見てましたが、
ドラマ部分、ストーリー部分は想像以上に(陳腐)だったかなぁ~
なんて思ってしまいました。すみません。小声でw

陳腐

>miyuさんこんばんわ♪

ストーリーの方は単純に親子のドラマでもありましたから、確かに普通と言えば普通。陳腐といえば陳腐ですよね。そこは自分も否定しません(何故小声w)。
やっぱり一昨年のアバターとおんなじタイミングで公開してるから、映像だけじゃなく色々と話題になっちゃってるんですよねぇ。自分は当初結構面白く観れてましたけど、今思うと『あれ?そう指摘されれば・・』なんて改めちゃう部分も・・。自分の方が小声になっちゃいますわっw(汗

PAGETOP