【監督】デビッド・イェーツ
【出演】ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/レイフ・ファインズ/ビル・ナイ/ジョン・ハート/リス・エバンス/ヘレナ・ボナム・カーター/ロビー・コルトレーン/イメルダ・スタウントンアラン・リックマン/他
【公開日】2010/11.19
【製作】アメリカ

【ストーリー】
ハリー、ロン、ハーマイオニーは、ダンブルドア校長の遺言を果たすべくヴォルデモート卿抹殺の鍵を握る“分霊箱”を見つける旅を続けていた。しかし世界を覆う闇の力はしっかりと結ばれたはずの3人の絆を引き裂いていく。一方かつてないほど危険な場所となった魔法会では、魔法省ばかりかホグワーツ魔法学校までもが死喰い人の支配下に置かれてしまう。新しく校長に就任したのは死喰い人となったスネイプだった。ヴォルデモート卿の命令によりハリーを生け捕りにしようとする死喰い人の魔の手が迫る・・・。
 
【コメント】
原作未読ゆえ新鮮に鑑賞出来たりもすれば、その無知さゆえ時に難癖つけたりもするハリポタも遂に最終章に突入。ファンタジー一色なシリーズではあるものの、5作目の『不死鳥の騎士団』辺りから妙にシリアスさも増した事で自分の評価も右肩上がりになってるため徐々にではありますが期待の持てる作品にはなってるんですよねぇ。
なので最終章の第1部となる本作も結構楽しみにしていたのですが、観た率直な感想としては期待通りというよりも第2部を期待させてくれるといった内容だと思いましたねぇ

自分が言う『期待』というのはシリアス面なんかも然る事ながら、死喰い人と騎士団の魔法アクションのようなものも主に挙げているわけなのですが、まあそんな期待所が本作では違うというかズレていたせいもあったり、予告編などでハリーとヴォルデモートが杖を使ってバチバチ火花散らしているシーンなんかも観ていたから尚更『あれ?』って感じを抱いたのかもしれない。モチロン期待していたアクションが全く無かったわけではありませんが、今回の第1部はヴォルデモートの魂が封じられた『分霊箱』を見つけるために、ハリーたちが色んな場所を訪れて手掛かりを見つけていくといった内容がメインのようでもあったから、魔法アクションの方も割と控え目(?)に描かれていたのかもしれませんねぇ?

でも冒頭でジョージが負傷したり、騎士団の中で一番強そうな感じがしたアラスター(マッドアイ)が意外にも速攻で殉職したりと思いっきりヴォルデモートに出鼻を挫かれてしまうので、分霊箱を破壊して反撃に出ようと意気込むハリーたちの旅もどこか窮地に立たされて逃避行をしているようにも見えてしまった。なんか本作はそれくらい最初からお先真っ暗な感じに映ってしまったんですよねぇ・・。せっかく見つけたペンダントも壊せないし、その破壊方法も分からない。ロンとハーマイオニー以外に頼れる人もいなければ、そのロンはまた嫉妬の炎が再燃してダークサイド一歩手前になったりもするから、ピンチの度合いで言えばシリーズ中一番かもしれない。やはり一番の頼みの綱であり、ハリーの支えにもなってたダンブルドアの死はかなり大きいなと改めて実感してしまいますねぇ。
・・しかしながらそのダンブルドアもハリーたちがこういう苦境に立たされる事を見越して遺言の品を残したのなら、その中に含まれてたヒントなどももう少し分かり易くした方が良かったのではなかろーか?とも思っちゃったり・・^^;今回新たに出て来た『死の秘宝』と呼ばれるものの1つもダンブルドアが所持していたようですし、それもまたハリーたちに残していた方が良かったのでは?と、これまた原作未読ゆえ邪推に考えてしまう自分なのでした


・・とまあ最終章でもあるんですけど、観た感じとしては本当の最終章である第2部に向けての準備段階と言った展開に見えなくも無くて、個人的には少~しばかり物足りない印象も否めなかった気がする本作。これは確かに3Dにしなくて良かったとも思っちゃいますねぇ・・
それでも最後に最強の杖を手に入れ、更に力を増したようなヴォルデモートの姿なんかを観ちゃうと、2部に向けての本格的な決戦も予感させ、クライマックスへの期待感を再度高めてくれているようでもあった♪
残りの分霊箱や死の秘宝の所在その他諸々気になる要素がまだたくさんあるので、第2部で全部解消して綺麗な大団円で終えて欲しい所ですねぇ♪

あと個人的には第2部でも不思議ちゃんのルーナの出番が多ければ嬉しいところですっ

評価:○
分霊箱。四次元バッグ。自由な妖精。
 『ついに、完結へ。』  コチラの「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」は、ついに最終章へと突入した、史上最強のファンタジー・シリーズの第7弾となる11/19公開のアドベンチャー・ファンタジーなのですが、昨夜早速レイトショーで観て来ちゃいましたぁ~♪前作はIMAX?...
PART2への期待がますます膨んだ--!!この展開に拍手---♪
原題:Harry Potter and THE Deathly Hallows 公開されましたね。ついに、、、、。ということで初日に行って来ました。ただでさ...
三本の矢は折れない!  
JUGEMテーマ:映画館でみました!いままでのハリー・ポッターはおままごとだった!
総論:説明的なストーリーテリングに退屈した。でもPART2も観に行くよ。イギリスの作家J.K.ローリングによるベストセラー小説「ハリーポッター」シリーズの第7章「ハリーポッターと死の...
11月19日公開の映画 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」を鑑賞した。 この映画はハリーポッターシリーズ第7弾で死の秘宝に関する謎を ハリーポッターが仲間と共に追手から逃げながらも 謎に迫っていくストーリーである。 いよいよ最終章となるPART1はフィナ?...
注目の映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」を鑑賞しました♪
 かつて彼らは可愛らしかった。  魔法魔術学校の制服を着て、大人顔負けの活躍をする彼らの姿は、微笑ましかった。  ハリー・ポッターとロン・ウィーズリーとハーマイオニー・グレンジャーの3人である。 ...
 イギリス&アメリカ  ファンタジー  監督:デヴィッド・イェーツ  出演:ダニエル・ラドクリフ      ルパート・グリント      エマ・ワトソン      レイフ・ファ ...
「ハリー・ポッター」シリーズの映画版第7弾。最終章2部作の前編です。
「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」★★★☆ ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン 出演 デイビッド・イェーツ 監督、146分 、2010年11月19日公開、 2010,アメリカ,ワーナー (原題・作:HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART I) ...
こんな忙しい時に! 映画に行っちゃいました~~~。 <ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1>、本日公開だったんですも~~~ん!^^!   ...
 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』を観た。  【ストーリー】  ハリー(ダニエル・ラドクリフ)、ハーマイオニー(エマ・ワトソン)、ロン(ルパート・グリント)に課せられた使命であるヴォル...
2001年に第一作が公開された、歴史に残る大ヒットファンタジーも、遂に最終章を迎える。 刊行される度に分厚さを増して行く原作を、一本の映画に脚色する限界に達したのか、はたまた過去6作で世界累計54億ド...
映画 「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」        HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS:PART1 を観ました 暗い暗いラストへ向かってのエピソード集に思えました。 原作は読んでないので分からないのですが、前後編の二話に収めるのも無理で...
Harry Potter and the Deathly Hallows: Part I(2010/イギリス、アメリカ)【劇場公開】 監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/ヘレナ・ボナム=カーター/ロビー・コルトレーン/ウォーウィック・デイビス/レ...
【解説】 J・K・ローリング原作の大ヒット・ファンタジー・シリーズの第7作にして二部構成で描かれる最終章の第一部。ついに闇の帝王ヴォルデモートとの最終決戦に臨むべく過酷な旅に出たハリー、ロン、ハーマイオニーが、次々と待ち受ける試練に立ち向かっていく姿を...
あらすじハリー、ロン、ハーマイオニーの3人はヴォルデモートを倒すべく、分霊箱を探すが・・・。感想いよいよ、あの超人気シリーズの完結編でも、PART1とPART2に分ける...
ヴォルデモートの復活によって、魔法界は闇に包まれた。魔の手はハリーにも伸び、ハリーは親友のロンとハーマイオニーと共に、ヴォルデモートの魂を収めた分霊箱を破壊する旅に出 ...
ハリーポッターと死の秘宝 前編は劇場で鑑賞したが 結論は内容は満足だけど少し終わる所が早い思うよ
 いよいよクライマックスの始まり。ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1です。2010年に鑑賞したのですが、レビューアップは年を越えてしまいました(汗)。それでも封切りから1ヶ月も経っていたので少しはマシかな?と思っていたのに、激混みでした。
いよいよ<ハリー・ポッター>も最終章。しかしクライマックスをじっくりと描きたいという意向から、シリーズ初の前後編に。 この作品も原作未読で観ましたが、一本に収めなければ、という制約がないせいか、一つ一つのシーンがゆったり目。ホグワーツ魔法魔術学校に通...
10-85.ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1■原題:HarryPotterAndTheDeathlyHallows:Part1■製作年・国:2010年、アメリカ・イギリス■上映時間:146分■字幕:岸田恵子■鑑賞日:12月3...
【関連記事】 「ハ リー・ポッターと賢者の石(第1作)」 「ハリー・ポッターと秘密の部屋 (第2作)」 「ハリー・ポッターとアズカバン の囚人(第3作)」 「ハリー・ポッターと炎のゴブ レット(第4作)」 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎 士団(第5作)?...

コメントの投稿

非公開コメント

俳優目当て・・・

こんばんは。
昨今、近場のシネコンで観れる映画が邦画ばかりで寂しい思いをしてたので、
お気に入り俳優がた~くさん登場するこの作品をずっと待っていました。
わたしも原作は1作目の前半で挫折した(苦笑)けれど、
次々に贅沢に登場する英国オジサン俳優鑑賞が最大の目的となってまして、
来年の夏にはそれも終わっちゃうのか、とまた寂しくなったり…

大団円に向けての長い助走といった感じの本作、
ちょっと物足りなく感じても仕方ないのかもしれませんね。
その代わり、最後の最後は「もうおなかいっぱい」と言っちゃうほどの内容だといいですね。

そうですね

やっぱりダンブルドア校長が守ってくれてたんだよなぁ
ってのが凄く感じられましたねぇ。
なんかもう自分らでやるしかなくなっちゃってるところとか
少し切ないですよね。うん。
守ってくれてた存在、かけがえのない存在、
あ、ちょうどTV放映中の秘密の部屋で
透明マントが登場してますw

こんばんは!!

分霊箱探しはまさに迷走模様でしたが、
3人で旅し乗り越えていく姿は 絆の強さを際立たせてくれた気がします♪
3角関係じゃない彼らの不思議な関係がまたいいんだな~(笑)
「死の秘宝」については私も同じこと思いました-。
この3兄弟の物語も意味深ですよね。ワクワクです--。
全てはPart2に持ち越し-。否が応でも期待しちゃいますね♪

No title

私もここ最近の作品は右肩上がりになってたところでした。
今回はとくにダークになって、魔法アクションもけっこう増えて面白かったです。
まぁ~いままでハリーが厚遇うけてみんなでバンザイてきなのが
どーしてもおままごとに見えてしまってあまりはまれなかったのですが、
主役が大人になったこともあってか!?
やっと!大人が見て楽しめるファンタジーになったな~
とおもいました。
最後どうなるのか、楽しみです♪

過去に秘宝が1つ出てた?

>悠雅さんこんばんわ♪

悠雅さんの近場のシネコンは邦画びいきみたいになっちゃってるんでしょうか?^^;ミニシアター系ならまだしも、シネコンで洋画の方を控え目にするというのは、お客の立場からしたらちょっと辛いですねぇ(汗)。

でも英国俳優さんは韓流スターと同じくらい疎い自分ではありますが、今回はビル・ナイをはじめ、確かに色んな俳優さんが出てた気がしますね。ハリポタシリーズって意外に豪華なキャスティングの時もありますから、今回も正にそんな感じでしょうか?自分もパッと見で『あっ、この人!』って分かるようになれば、悠雅さんのように俳優鑑賞でも楽しめると思うのですが・・(汗

>miyuさんこんばんわ♪

ダンブルドアはシリーズ通してハリーたちを陰で支えてきた人ですもんねぇ。その支えが無いから今回は序盤からもう不安要素がたくさんあって、楽しく観るというよりはビクビクしながら観てたかも?(笑)けど今回はそのダンブルドアの過去のようなものも明かされてちょっと驚き。絵に描いたような善人だと思ってましたが、実際は少々曰く付きな人だったみたいですね(汗

そいえば死の秘宝のひとつに『透明マント』って出て来た時、自分もハリーが過去に使用していた透明マントがピンと来ました。なんか関連性があるんでしょうかね~?

>くろねこさんこんばんわ♪

今までのシリーズで3人が出ずっぱりってのは無かったような気がするので、今回はハリーらの友情や絆を色濃く描いていたようにも思えましたね。3人の関係もロンが離脱してハリーとハーマイオニーがダンスを踊った時なんかまた新しいカップルが出来るんじゃないかと内心ハラハラしてしまいましたw
・・しかし最終章は分霊箱探しの旅に終始してるかと思ったのですが、最後になって死の秘宝と言う新たなキーワードも出て来て、ますます謎が深まってきた感じがしますねぇ・・。あの3兄弟の話も御伽噺の類ではなく、真実だと捉えた方がいいのかもしれませんね。

>えふさんこんばんわ♪

自分もイイ調子で右肩上がりだったのですが、今回ちょっと下がってしまいました^^;まあ本作は単品として楽しむというよりは、ホント最終章に向けての伏線やら何やらといった内容でしたからしょうがないのかもしれませんが・・(汗

そいえばハリポタシリーズはダークでシリアスな路線になってきてから自分も大分好感のもてるシリーズになって来てますね♪3作目のアズカバンの囚人辺りまではダニエルくんらもまだ子供っぽい雰囲気を残してたので、子供が楽しめるファンタジーのような観方しか出来なったものの、4作目でヴォルデモートが復活してからは闇の勢力との対決も表面化していったので、そこから大人な自分も大分食いつき良くなりました(笑

最後は出来ればハッピーな感じで終って欲しいですね。

メビウスさん♪

今晩は☆彡
お久しぶりです!なるほどパート2への準備段階ですか、、、。
そうですね。宿敵ヴォルデモ―トとの闘いが見どころですものね。
きっと今回よりずっとアクティブな映像になるかもしれません。
ゆるい展開がどうも睡魔に繋がったような(言いわけですね)
多くのキャラにも、混乱しましたが、ぜひパート2は目を凝らして
頑張って鑑賞したいなあと思います。

こんにちはw

こんにちはw
いよいよクライマックスとなりましたが、納得のデキでした。
ピンチ色が濃いのは、ダンブルドア初め、ハリーを護る人がどこにもおらず、まだまだ未熟な自分たちだけで自分たちの身を守らなければならないから。
それでも知恵を絞って切り抜けるわけで、大人になりましたよねw
成長しいるのは彼らだけじゃないし、あっと驚く後編をお楽しみに!

3D反対派としては、今回はホッとしましたし、後編でも字幕2D上映館が地元でもあることを祈ってるところです。

大人へ!

こんにちは。

おっしゃるように、
この映画は『不死鳥の騎士団』から
いっそうダークな方向へ舵を切りました。
それを考えると、
そこから監督が変わったのも正解。
また、その一作前の『炎のゴブレット』のラストで
ハーマイオニーがハリーやロンに向かって言う
『わたしたち、みんな変わってゆくのね』には
とても意味があった気がします。
彼らの子供の時間は終わった…。
その自覚から生まれる
静かな悲しみがよく出ていたと思います。

今度も2Dがいいですねっ

>mezzotintさんこんばんわ♪

今回ハリーは分霊箱、そしてヴォルデモート側は死の秘宝探しに奮闘して互いに決戦の下準備をしていたように見えてしまったんですよねぇ^^;単品で観たらどうかな?とも考えた結果、自分は本作を準備段階作品と決めこんでしまいました(汗
でも自分もハリポタシリーズは毎回キャラクターの名前で苦戦してる所がありますので、自分としてもパート2はあんまり増えないで欲しいですねw

>たいむさんこんばんわ♪

ダンブルドアもいないし、騎士団とも離ればなれ、ゆえに3人で決断し、危険な場所にも敢えて足を踏み入れてちょっとずつ前進していくハリーらの行動力を見ると、ホント大人になったなぁとも感じちゃいますねぇ。特に魔法省の懐にまで入っていく所はパイレーツのイカオヤジ(笑)ことビル・ナイに追い立てられ、紙一重の脱出に到るまで自分もハラハラしながら観てたとこがありましたっ。

そいえばパート2は3D上映とかになっちゃうんでしょうかねぇ?個人的には通常上映でも充分迫力あるし元も取れると思ってるのですが、無理して3Dにするよりは潔く2Dで公開した方が良いとも思いますね。

>えいさんこんばんわ♪

炎のゴブレットでハーマイオニーが最後に言った言葉は自分も印象に残っています。思えばこの時からハリポタが明るいファンタジーからダークでシリアスな展開に変わっていく・・という事をあらかじめ示唆していた言葉でもあったのかも?(考えすぎ?)
重苦しい内容はちょっと苦手でもありますし、こういったファンタジーにしても明るい方が正直好みでもあるのですが、デビット監督になってからはダークな雰囲気もハリポタに合うと理解してきたので、今ではこのダーク調のハリポタを自分も割と楽しんでたりしますw

こんばんは

私も鑑賞しましたが、2Dだけで充分だと思いました。
私も原作未読ですが、次回作が気になる程に完成度の高い作品に仕上がっていたと思います。
Part2では、どのような結末が待ち受けているのでしょうか?
来年夏まで待たなければいけないのが、ちょっときついですね(汗)

No title

>原作未読ゆえにその無知さゆえ時に難癖つけたりもする

いや~コレは読んでる側からしても同じことですぜ!
それだけ、何だかんだと言いながら気になる&期待してい
る作品ってぇことなんでしょうね。

今までだと数々のピンチもダンブルドア先生やシリウス等の
心強い味方がいたし、作風からも気楽に何とかなるだろうと
思えたけど、今回ばかりは先が見えない不安が大きかった
だけに、スリリングさではシリーズ1でしたよね。
ホント、来年の夏が今から楽しみです♪
(゚▽゚)v

3Dだとどうなってたのやら・・

>FREE TIMEさんこんばんわ♪

自分が期待していた魔法アクションなどがてんこ盛りなら3Dも映えると思うのですが、パート1はそんな感じじゃないですもんねぇ・・。2Dに踏み切る前は3Dを前提にしていましたから、今となってはどこに3Dを使っていたのか気になってしまいます(笑
パート2はクライマックスだけあって魔法アクション多めとの事ですが、個人的には次回も2Dだけにして欲しいとこでもあります。

>風情♪さんこんばんわ♪

難癖は自分のような未読者だと知らない事をいい事にあーだこーだ言えますけど、逆に言えば既読者は内容を知ってるゆえに言いたくなってしまう部分もあるでしょうから、確かにどっち側からしても同じ事ですよね^^;(今になって気付いたw)。ハリポタ全世界にファンがいますから、絶賛も多ければ非難も時として轟々になってしまうんでしょうけど、本作の場合はどっちなんでしょうね?
ハリーらの友情もそうですが、てっきり自分は予告編にあったヴォルデモートとハリーの対決が観れるかと思ってたので、肩透かしも少々あったりで・・(汗)。
あのシーンはパート2に持ち越しなのかもしれませんね。それはそれで楽しみっ♪

こんばんはー^^

面白かったですね!
そうそう、準備段階って感じの内容でしたね^^
辛いことも多い内容だったし、分霊箱や秘宝など、どうなるの~~て感じで終わったので、次が観たくて観たくてたまりません^^
7月までなんて長すぎですよー(T_T)

こんばんは

次回の大団円に向けて、今回はためてためてという作品ですね。
それでも、二部に分けたおかげで、じっくりとした心理描写が味わえて、個人的にはシリーズで最も楽しめた作品です。
早いところ後半が見たくてたまりません。

こんにちは♪

全然おさらいしてないんでとりあえず観ました!な感じです。
そうそうパート2へ期待させてくれる最終章の序章?みたいな。
私もルーナは好きなので次は出番が多いといいなーと思ってマス

忘れちゃうかも・・・?

>みすずさんこんばんわ♪

自分は単品として観たら・・って感じでもあったのでこんな評価になっちゃいましたけど、それでもこのパート1はハリーらが出ずっぱりでもあるからか、友情や絆の深さなどを最も印象的に描いている気もしましたね。今回はハリーよりもロンがカッコ良かったかな?(笑

しかしもう出来上がってるのに引っ張りまくる完結編・・。半年は以上ですから、その時にはもう忘れてるかもしれません(汗

>ノラネコさんこんばんわ♪

昔と比べ、心と体も大きく成長したハリー=ラドクリフくんたちですから、本作で描かれている苦悩や葛藤といった心理描写をホントよく表現できていると思いますね。・・でもでも楽しめた度合いで言えば個人的に本作は3番目くらいだったかな~・・と^^;(汗

でも前後編のような内容は忘れないためにもあまり間を空けず公開して欲しい所もあるんですが、来年の夏に持ち越した辺り、やはり夏休みなどと重ねた集客の拡大を狙ってるんでしょうかね~?

>yukarinさんこんばんわ♪

ハリポタはキャラクターにしてもなんにしても情報量が意外と多いので、原作未読な自分にとっては予習は必至ですね^^;結婚式の場面も正直誰の結婚式か分からなかったので、思ってた以上に穴だらけな自分。パート2の公開前に賢者の石から謎のプリンスまでロッドショーでどどーんと大奮発放映して欲しいですものですw

ルーナもモチロンですが、今回チョイ役だったネビルにも出て来て欲しいですね。ネビルも昔と比べれば心身ともにかなり成長してるので、ハリーたちと一緒に両親の仇を打てればいいんですけどね~?

TB&コメントありがとうございました♪

こんにちはv-22

今回の映画はとってもイイ所で終わっていましたよね~v-237

でも、予告編で公開されていたシーンが前編で登場しなかったのには
私も「あれっv-236」って思いました。

ハリーとヴォルデモートの対決は一番の見せ場でしょうから
そこはやっぱり後編のお楽しみって事なのでしょうねv-266

私はホラー系v-40が苦手なので
今回の映画はビビリまくりながらの鑑賞でしたが
それでも早く続きが観たいですv-238

フェイク?

>テクテクさんこんばんわ♪

予告編では自分もハリーとヴォルデモートが対決しているシーンに結構興奮してしまったので、本作はそれを楽しみにしていた所もあったのですが、フタを開けたらホントあれっ?って感じでしたよね。パート2の場面だとしたらパート1に入れる意図って何なんでしょう?
そいえば映画作品の中には情報の流出や内容を秘密にする工夫の1つとして、予告編に本編とは全く関係の無いシーンを入れるっていうのを以前テレビ番組で観た事あるのですが、ハリーとヴォルデモートの対決もそんな感じなのでしょうかね~?

何にしてもちょっと騙された感がありましたね^^;

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

原作の「死の秘宝」はさらに前半はスロースターターな感じがありました。
「まとまるのか・・・」みたいな・・・。
それでも後半は怒濤の展開になり、伏線も回収され、うまくまとめられていました。
映画もしっかりとラストが決まっているわけですから、そこに向かって一気に展開すると思います。
夏まで期待しながら待ってましょう。

パート2が真骨頂

>はらやんさんこんばんわ♪

そいえば原作のもっさり感のようなものは、はらやんさんだけでなく他の原作既読のブロガー様も記事内で述べていましたね。緩慢な内容だったとかで・・^^;だから今回のパート1もあまり急展開な要素を入れなかったのかも?

だとしたらパート2はもう否応にも期待出来ちゃいそうですね♪でも分霊箱や死の秘宝、ハリーとヴォルデモートの対決など色々な決着が残ってるので、急ぎ足な展開にはならないで欲しいですね。

後編は全編クライマックスでもおかしくない

こんばんわ
私も原作未読組なんですが
PART1は正直中だるみ的なものがひどかったようにも思う。
あの3人だけで探し物だからなかなか進展しないんだよね。

ただ作品の雰囲気はすごく良かった。
ダークでシリアスで重苦しくて命懸けで。
頼りになる味方が次々死んでいって、逆に敵が強大になっていき
こんな装備で大丈夫か?と不安でいっぱいになった。
そんなときの死の秘宝登場は戦略的におもしろくなりそうです。
死の秘宝の物語、けっこう好きだな。

そうそう、舞台がホグワーツじゃなくなって今までのシリーズから比べ世界観の急変ぷりに「これがハリー・ポッターか!?」と困惑。
・・・と同時に、存在自体が便利屋ハーマイオニーに脱帽。
でも可愛いのはルーナちゃんな!

次がついに最後
私も大団円であってほしいと思います♪

圧迫

>光さんおはようございます♪

前作でダンブルドアも死んでしまうし、本作も騎士団の被害が甚大だったりと、ハリーたちは序盤からピンチの連続なのに、ヴォルデモート側は益々力を蓄えちゃったりしてるので、この絶望的な状況は観ててもどこか圧迫感のようなものがありますよね^^;分霊箱もようやく1つ壊したくらいだし、おまけに死の秘宝の1つである最強の杖のようなものはヴォルデモートが握っちゃったので、これは来年のパート2も序盤からハリーたちは苦戦を強いられそうな気がします・・(汗)。

これでダンブルドアが生き返ってくれればいいんですけどねぇ?前作でスネイプ先生となにやら話してましたし、ひょっとしたら死の秘宝の蘇りの石で復活するなんて事も考えられなくもないかな~?と。

こんばんは

ハーマイオニーが家族の記憶を消すオープニングから
暗かったですよね(^_^;)

ただ、魔法省に潜りこむ所は緊迫感もありながら
なかなかユーモラスでしたよね。

今回のMVPはドビーさんでしたね(笑)

私もルーナのファンですけど、PART2はシリアスな展開が
続く事が予想されますから、出番少ないと思いますよ(^_^;)

相当の覚悟

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

冒頭のハーマイオニーのシーンからちょっと衝撃的ですよね。両親の記憶を消す辺りからも相当の覚悟を感じさせるただならぬシーンに見えました。

魔法省の場面がユーモラスに見えたのは、変身薬で一時的に姿を変えた役でもあの3人の役者さんのおかげでもありますよねぇ。あの終始ぎこちない仕草とかロンのキスシーンのオチなんかは、終始ダークな展開だった本作において唯一の笑い所だったのかもしれません。そいえば魔法省の重役でビル・ナイが出演してましたね。あれは観た後気付いて遅めのビックリでしたw

ルーナはパート2に出来れば出て欲しいと望んでいるんですけどね~?個人的にはルーナだけじゃなく、ネビルも出て来て『不死鳥の騎士団』の時のように皆で力を合わせてヴォルデモートと戦って欲しいですねっ。

こんばんは

ハリー・ポッターシリーズは前作の『謎のプリンス』から妙に面白く感じるようになったんですが、今回もその勢いのまま楽しく見ることが出来ました。ドビーの活躍や便利すぎる瞬間移動など、ちょっと都合が良過ぎると感じる展開もありましたが、やはり前後編に分けてもちょっと駆け足気味になってしまうくらいのボリュームなんでしょうね。

真の完結編であるPart2も非常に楽しみです。

スローペース

>えめきんさんこんにちは♪

原作の最終巻であるこの死の秘宝は凄い分厚いページ数でしかも上下巻なので、映画の方もどこか端折っちゃう展開になる可能性も捨て切れないですよねぇ・・。本作にしても分霊箱を結構見つけると思ったらたったの1個・・^^;しかも死の秘宝という新たな謎も出て来たので、パート2どころかパート3にした方が良いのでは?と思うくらいのスローペースwまた脳内補完などが大変になりそうな気がしますねぇ・・。

PAGETOP