映画漬けどころかほぼ仕事漬けだった8~9月。いやはや、久々にすんげー疲れました・・

振り返る事7月某日、3年前と同じ出張先へ補充要員としてレッツラゴーしてくれと言われた時は『今時期かよっ!!』と心で嘆いたものの、それでもあの毎日の時間外手当や毎週の休日出勤からなる手当のデカさは正直ウマー♪でもあったので、ハードではあるものの再度要請に応じた自分(と後輩くん)。しかしその反面、出張期間が厳しい暑さの残る8~9月内という部分にはやはり戸惑いもあった所です。
後からニュースやら何やらで知ったのですが、今年の8~9月は残暑や処暑というよりもまだ夏ド真っ盛りと言ってもいいくらいのハンパない気温だったようで、未だ30度オーバーとか百ウン十年振りの記録的猛暑日とかっていうハイスコアをたたき出されると、出張先でも温暖化の深刻さなんかをひしひしと感じてましたねぇ・・。また来年もこんな猛暑日になるのかな~?とか、2012年にホントに『ノウイング』みたいな事になってしまうじゃないかな~?とか

そんなネガティブ思考になるくらい出張先も物凄い暑さだったもんですから、仕事場での懸念は当然暑さ対策。3年前のかすかな記憶では9月半ばでもまだジメッ・・とした蒸し暑さが残っていた覚えがあるので、仕事の休憩時やお昼休み、そして終了時の時はメシとかよりも水分の方を過剰に摂取していた気がします。
他に下宿先でも自作で薄っぺらいレモンの蜂蜜漬けみたいものも作って『う~ん、水足した方がよくね?』なんて根拠の無い案を一人で愚痴りながらももしゃもしゃ頬張って糖分補給も割とこまめに行っていたせいか、何とか連日の猛暑も耐え抜いて期間内を乗り切る事が出来た次第です(でも仕事場では左肩関節痛や腰痛など、さすがに無傷の帰還とは行きませんでした


唯一の休みである週末の日曜は向こうでも映画観て過ごそうとも思ったものの、その映画館がどこにあるか全然分からず、場所を聞いて発見したのが最終週の数日くらい前だったもんですから、出張期間中はホントにノームービー。鑑賞数が昔と比べると凄い激減してるので禁断症状こそ出ませんでしたが、それでも1ヶ月に1~2回は必ず観てる方ではあるため、どこかムズムズとした歯痒さみたいなのはありましたねぇ。
映画に行けない分どこか手持ち無沙汰な休日にもなってしまい、まぁた中尊寺やら厳美渓やらといった文化遺産巡りしか浮かばずマンネリ気味でつまらん週末も覚悟していたとこですけど、今回は運良く(?)趣味がシンクロしてた仕事場での先輩に近場・遠場問わず色々な店や場所(要はオタクっぽいトコ)に案内してもらい、掘り出し物の購入に夢中になったりと、恥ずかしながらかなりはしゃいでいたw
とりわけ興奮したのが↓の石ノ森章太郎の生家訪問石ノ森章太郎ふるさと記念館。結構近くにあるとの事だったので、仮面ライダー好きとしては生みの親の生い立ちなどを知る絶好の機会でしたね(正直無知だったので・・)。



 
生家の方は意外にも自由に閲覧&写真撮影可能で、生前の石ノ森氏の写真や作品、氏が使っていた机やお気に入りの品といった貴重な資料や物が置かれてあり、氏が当時暮らしてた雰囲気みたいなものを自分も肌で実感出来たような気がした。一体ウン十万もするとか言う仮面ライダーの人形なども入り口前に飾っていて、こんなトコに置いて盗まれはしないんだろうか?と余計な心配もしてしまいました



(母体の中にいる気持ちになるとかならないとかで、氏のお気に入りだったとかいう球体型の椅子。見た目は思いっきり変ですが座り心地は中々良かったです。)


(大広間の脇には氏が亡くなる1ヶ月前に書いたんだという直筆の仮面ライダーも飾っておりました【管理人のおばさん談】)


 
生家の直ぐ近くにあった石ノ森章太郎ふるさと記念館にも氏の作品の数々が多数展示してあり、ここでしかお目にかかれないお宝の品などもあってまたまたテンションアップ♪入り口付近のショーケースにはズラズラッと並べられた仮面ライダーのマスクコレクションの素晴らしさに釘付けにもなれば、ビデオコーナーみたいなとこでは過去の仮面ライダーの名場面などが収録されており、大の大人2人がストロンガーの名場面に長時間見入るという異様な光景も生み出しておりました


あと常設展示の他にも何やら記念館の10周年記念として『石ノ森章太郎ヒロイン展』というのも展示してあったのでこちらもついでに見て来たのですが・・・・自分はポワトリンしか分かりませんでしたね(汗


とまあ仕事が忙しかった分、そのうっ憤を晴らすように週末は趣味の方面へいつも以上に心血を注いでいた気がしないでもないんですけども、映画と同じく仮面ライダーや色々な玩具の収集といったものも自分の趣味の1つでもあるから、今回のオタロードも普段の週末の映画鑑賞と同じくらい有意義な時間を過ごせたと思います。
そういう意味では自分のために都合を付けてくれ、遠方まで案内したりウマ~♪なラーメン屋さんなども案内してくれた向こうの先輩にもこの場を借りて改めて感謝したいところでございます。


※ちなみにその先輩からは、ガンプラの話やら何やら話が盛り上がった拍子で『PGエヴァあっけどもらう?』なんて運びになり、そのご厚意に甘えて↓の『パーフェクトグレード エヴァンゲリオン』をジャパネットもびっくりの3000円で譲ってもらいました(ほぼ美品)。


なんでも購入当初、組立用と改造用とで2つ購入して結局1つは作らず終いとなって現在に到るらしいのですが、PGを2つ購入するって辺りからしてちょいと次元が違うような気もしました




以上、仕事に精を出しつつ、掘り出し物の収集にも精を出していた出張先の簡潔報告でございました。

PAGETOP