【監督】ポール・W・S・アンダーソン
【出演】ミラ・ジョボビッチ/アリ・ラーター/ウェントワース・ミラー/キム・コーツ/ショーン・ロバーツ/スペンサー・ロック/ボリス・コジョー/中島美嘉
【公開日】2010/9.10
【製作】イギリス、ドイツ、アメリカ

【ストーリー】
東京・渋谷からT-ウィルスが感染し始めて5年・・アンデッドが街を埋め尽くす荒廃した世界。感染を逃れるため、生存者たちは唯一の安全地帯とされる“アルカディア号”への乗船を目指していた。しかし、アンデッドに完全に包囲されたロサンゼルスの刑務所には逃げ遅れた生存者がいた。アリスは彼らをアルカディア号へ乗せるため、刑務所の脱出を試みるが・・・。
【コメント】(注:ゲーム経験者としての感想です)
原作のゲームバイオは来年で15周年に差し掛かるという長寿なタイトルとなりつつありますが、その原作ゲームを基にしたこの映画バイオも本作を入れてシリーズ4作目、そして1作目からも早8年が経過してたりとこれまた結構な長寿となりつつありますねぇ。元ネタがゲームでここまで長く続いてる作品というのは自分もあんまり知らないので、そういう意味では映画バイオの方もゲームと同じく成功してるシリーズ作品と呼べるのかもしれません。
・・でも前作では監督さんがバイオをあんまり知らなかったせいなのか、ど~も前2作とは違う毛色に見えてしまって『先が思いやられるな~』と少々見切りを付けかけてしまったのですが、今回はその不安を一旦掻き消すかのように色々な点で盛り返していた感じはするっ。『怖い』といった感覚はもはや超薄味になってますけど、しかしそこはさすがバイオ大好きアンダーソンとでも言うべきなんでしょうか?その分3D効果やドンパチアクション等をこってり盛り込んでる娯楽アクションとしては面白く観れました。

前作のⅢに難色を示した部分としましてはアリスのクローンなんていう仰天設定もそうですが、それ以前に地球規模のバイオハザードが起きてしまったにも関らず、元凶のアンブレラ社はしつこいと言うか懲りないと言うか、未だウィルス研究をせっせこせっせこ続けていたりなんだりしており、正直闇市場の取引とかバイオテロの必要性も無いくらいのカタストロフな世界でそんな事してまだ何かメリットがあるんかいな?なんて疑問を抱くようなストーリーだったから、ややつまらない印象を抱いたんじゃないかなぁと思っちゃったりするトコなんですよねぇ
そんな穴だらけと言うかちょいと無理矢理感のあるストーリーは本作でも無きにしも非ずで、そちらの悪い方面もまたまた引き継いでしまってる感じではありますね。冒頭の東京からしても些か奇妙に見え、あの女性はどういった経緯で感染したのか不透明でもあり、ポッと出て来て惨劇も突飛だから最初から軽くつまずいてる気がしないでもない。前作以降一番気になってたアリスクローンの存在やアリス本人の超人的な能力にしても、ああいう風に軽く突っぱねてしまうトコなんかにもちょいと首傾げではありましたねぇ。
まあそれでも個人的に前作よりも好きだった理由として、ゲームから引っ張って来ているものが今回かなり多かったもんですから、イチファンとしてはそこら辺で非常に好感が持ててしまったのです♪

観た限りだと劇中では昨年発売された『5』の要素を多く取り入れているように思い、アリス達が過去散々相手にしていたゾンビも口がパックリ割れたり集団になって全速力で襲ってくる場面などを観ると、ゾンビではなくむしろゲーム中に出て来たマジニに見えるんですよねぇ。・・とは言っても本編でそのマジニの説明が全く無かったもんですから、恐らく映画の方ではマジニと言うよりTウィルスで更に変異をした新手のゾンビの類なのかもしんない。それになんかアリスも『そんなの関係ねぇ!』って感じで気にする事無く目の前に現れたら即ぶっ放すみたいな姿勢だったので、もしかしたらマジニっていう存在自体はあんまり意味を成していないのかもしれませんねぇ?インパクトはありますけどっ
その他のクリーチャーでは斧を持った処刑マジニにお顔が真っ二つ犬のアジュレ(造形お見事♪)、それ以外ではクレアに胸に埋め込まれてた赤い装置といったものも確認。そういった細かい所にもなんか自分はニンマリしてしまいましたねw
中でもとりわけ印象深かったのがラスボスであるウェスカーの存在。この人に到ってはアンダーソンら作り手の熱意と愛情を感じてしまうくらいの忠実な再現度で、驚きを貫通して笑いが込み上げてきたw演じてるショーン・ロバーツという人がゲームの方のウェスカーと同じくらい似せているって言うのもありますが、それ以外にもグラサンを投げるシーンやレッドフィールド兄妹と取っ組み合いをするシーンでのカメラワークなどはもう見事なまでの完コピ!そしてゲームの中でも攻略法分かるまで『当たんねぇええ~っ!!』と嘆いたユーザー続出(?)な、戦慄のマトリックスムーブもきちんと披露してくれているシーンもイイ♪作り手がファンの1人なら、やはり同じファンのツボを良く理解して作ってくれてる所もありますねぇ。バイオハザードがヒットしてる要因としてはそういうゲームネタも1つでしょうから、ここまで長く続いてるんだとも思っちゃいますね。


・・でもこのシリーズってそこそこヒットはしてるものの、次を作れば作るたび粗もどんどん目立ってるような感じがするのもまた否めないんで、エンド後のオマケ映像観ても『おおっ!』より『また作るの?』って思う人の方が圧倒的に多いんじゃないでしょうか?
幸い自分はゲームのネタが多かった事や3Dでの鑑賞も踏まえてⅢよりは面白かったですし、オマケにしても金髪verのアノ人が出て来たりもすれば(あんまり似てない・・)、アリス計画のほかレッドフィールド兄妹にも干渉するアンブレラの思惑に、次回作はアリスではなくレッドフィールド兄妹が活躍するベロニカ絡みとかにもなるのかな~?なんて色々想像もしてしまって『おおっ!』な終わり方ではあったのですけども、逆を考えればそういうファン要素が多くなかったら今回もまたⅢと同じ結果になっていたのかもしれない。
ゲームから引っ張ってくるネタの数々はまだあるにしても、内容がそのゲームと全く違う様相を呈してきてるので、出来ればファンの方だけではなく作ったカプコンにも呆れられる事のないよう次回作も尽力して欲しいものです。

評価:○


 『新たな物語は「東京」から始まる。』  コチラの「バイオハザードIV アフターライフ」は、日本のゲームを映画化した「バイオハザード」、「バイオハザード? アポカリプス」、「バイオハザード?」に続くシリーズ第4弾となる9/10公開のSFアクション・ホラーなのですが、...
マンネリを打破するアクションが見どころ!  
人類滅亡後の世界で、アンデッドの群れからのサバイバルを描く人気シリーズ第四作。 「バイオハザード? アフターライフ」では、シリーズの生...
【解説】 ミラ・ジョヴォヴィッチ扮する最強ヒロイン、アリスの活躍を描く「バイオハザード」シリーズの第4弾にしてシリーズ初の3D作...
先行上映で観て来ました~3Dで観たかったのですが、時間の都合で2D鑑賞です―【story】T-ウイルスの蔓延で世界は荒廃し、人間は滅びつつあった。そんな中、生き残りの人間を探して世界中を旅するアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、ロサンゼルスの刑務所に隠れて生き残?...
プリズン・ブレイク:エピソード-バイオハザード 【Story】 ウイルス感染の広がった世界は荒廃し、人間は滅びつつあった。そんな中、生き残...
【RESIDENT EVIL: AFTERLIFE】 2010/09/10公開(09/04先行) アメリカ PG12 97分監督:ポール・W・S・アンダーソン出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、キム・コーツ、ショーン・ロバーツ、セルヒオ・ペリス=メンチェータ、スペンサー・ロック、ボリス・コ?...
'10年制作 監督:ポール・アンダーソン  出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウェントワース・ミラー、アリ・ラーター、スペンサー・ロックほか 巨大製薬企業アンブレラ社の開発したウイルスが漏れ、結果世界に感染が拡がり人類が滅びつつある現在。かつて人体実...
Resident Evil: Afterlife (2010年) 監督:ポール・W・S・アンダーソン 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ウェントワース・ミラー、ショーン・ロバーツ 日本製人気ゲームの映画化第4弾で、女戦士アリスが生き残った数人の仲間とともに、迫り来るゾンビ軍...
 アメリカ  アクション&SF&ホラー  監督:ポール・W・S・アンダーソン  出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ      アリ・ラーター      キム・コーツ      ショーン・ロバーツ 【物語】  ウイルス感染のまん延で世界は荒廃し、人間は滅びつつあった。 そん...
バイオハザード IV アフターライフ(原題:RESIDENT EVIL: AFTERLIFE) 331本目 2010-35 上映時間 1時間37分 監督 ポール・W・S・アンダーソン 出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス) 、 アリ・ラーター(クレア・レッドフィールド)     キム・コーツ(ベネッ...
[バイオハザード IV アフターライフ] ブログ村キーワード  前作「バイオハザードⅢ」から3年。シリーズ最新作が、3Dで登場。「バイオハザードⅣ アフターライフ」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。あれ?前作で完結とか言ってませんでしたっけ?? ...
 ゲームから誕生した映画・バイオハザードシリーズの4作目、バイオハザードIV アフターライフを2Dで観てきました。だって3D高いんだもん。
監督 ポール・W・S・アンダーソン 主演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 2010年 ドイツ/フランス/イギリス映画 97分 アクション 採点★★ かつてやってたラジオの収録の時であろうが、大勢の前でプレゼンする時であろうが、大まかなテーマが頭に入っている以外は事前準…
RESIDENT EVIL: AFTERLIFE 2010年:アメリカ 監督:ポール・W・S・アンダーソン 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、キム・コーツ、セルヒオ・ペリス=メンチェータ、ウェント ...
あらすじアリスはウイルスに支配されない安全な場所を探して世界中を旅していた・・・。解説中島美嘉ハリウッドデビュー『ワイルドスピード3』の妻夫木聡『アルマゲドン』の松田聖...
あらすじアリスはウイルスに支配されない安全な場所を探して世界中を旅していた・・・

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。
長い出張おつかれさまでした。

さて、バイオⅣは個人的にも大満足でした!
ストーリー自体は薄っぺらですが、多々あるゲームネタや他映画のネタが満載でポールさんがほんとに好きなように作った・バイオハザードが大好きなんだってのがよく伝わりました。
さらに『アバター』以来の本格3D作品ということもあって3Dを活かした魅せ方に工夫(ちょいやりすぎ?)もあって
そういった演出面ですごくよかったと思う。
それから、今回ついに満を持して登場したクリスやクレアの活躍にウェスカーの超人アクションと
過去シリーズの問題点だった“アリスだけ”ではなく他のキャラクターも目立っていたのが良かったです。

ラストに登場したジルのサプライズは次回作への期待という意味でものすごい威力を発揮w
でも、次回作こそレオンの登場を期待したいww
あぁ、あと今回地味に生き残ったルーサーを出世させてあげてww

こんばんは

お久しぶりです。
まあ1作目には及ばないですけど、普通に楽しい映画ではありました。
ただやはりゲームよりになってますよね。
私の様に90年代にちょっとやった程度だと、だんだんキャラとかについていけなくなりつつあります。
次回からはレッドフィールド兄弟に比重が移りそうで、だんだんとこの流れは加速しそうですね。、

こちらにもお邪魔しました♫

アンブレラ社がやっていることがイマイチ意味不明・・・という欠点はありつつも(笑)、私も結構面白く観れました。
家でバイオの5をせっせとやっている奴がいるので(笑)、私はゲームをしないながらも、見覚えのあるキャラ登場にテンションが上がったんです(笑)
次回作はあの人が出てくるんですね~
ミラも年をとってきたし、作るのならサッサと作って欲しいです(笑)

ゲーム寄り

>光さんこんばんわ♪

コメントから察するに、光さんもゲーム経験者ですね。ホント、内容こそ薄味になっちゃってますけど、その分ゲームの5から持ってきた要素がたくさんあって、自分もイチファンとしては結構テンション上がりましたねぇ。3Dもかなり効果的に使われてましたから、その点は自分も概ね満足♪前作のⅢもこれくらい面白ければ良かったですね。
そうそう、レオンの加入は自分もキボンヌ!Ⅴに出て欲しいですよね♪果たして新米警官として出るのか、はたまた凄腕エージェントとして出るのか・・?(笑


>ノラネコさんこんばんわ♪

自分も今回のⅣは大衆受けする内容と言うよりは、ゲームをプレイした人向けのマニアックな方向の作品だったと思いますね。
ド派手なアクションなどは誰が観てもそこそこ楽しめはしますけど、クリスにはじまり、超人的な力を身に付けたウェスカーやラストの金髪ジル、その他諸々の詳細などはゲームをやった事ある人じゃなければ分かりませんもんね。付いていけなくなる人が多くなったら廃れる原因にもなりかねないので、もしⅤもまたアンダーソン監督が手掛けるなら、遊び心やオタク要素は控えて方がいいかもしれませんねw


>由香さんこんばんわ♪こちらにも有難うございました♪

うろ覚えな1作目の記憶だと、確かアンブレラってウィルスを闇市場などに売買する事などが目的だったと思うのですが、世界があんなにメチャクチャになっても未だウィルス研究を続けてる所にはちょっと首傾げになっちゃいますね。意味不明というか、意味無しといった方がいいのかも?ラストのジルのセリフにレッドフィールド兄妹が絡む別な計画(?)も進めてるみたいに見えましたけど、何か関係があるんでしょうかね~?

それと由香さんはゲーム経験者ではなく、ゲーム視聴者?(笑)
息子さんに『ウェスカーにはロケットランチャーぶっ放せ』とお伝えくださいw

ゲームありき?

メビウスさん、こんばんは★

出張から戻られたんですね。お帰りなさい。
この作品はやはりゲーム経験者なら楽しめる
部分が結構あったんですね。私はゲームはしていないので?な部分が結構ありましたが、前作よりは楽しめました。

ゲームシーンいっぱい

>daiさんこんばんわ♪

映画のバイオシリーズもゲームから引っ張ってるネタが数多くありましたけど、ゲーム経験者から観ても今回は特に多かったと感じましたねぇ。
たとえば中盤の刑務所のシーンででっかい斧を持った処刑マジニというクリーチャーがいましたけど、そいつが刑務所の門を壊して大量のゾンビがなだれ込むシーンはゲームでもそのまま出てくるので、『あったあったw』と心の中でつぶやいていました^^
・・しかしそういったゲームからの再現度は素晴らしかったものの、内容は相変わらず薄いとこもあれば無理矢理なとこもあったりと、粗い部分が浮き出ていたのが残念ですね。

こんばんは♪

ゲームのほうは15周年なんですか~長いですね。
今回ゲームをやってないと?な部分があったのですが、メビウスさんは楽しめたようですね。
そんなに忠実に描かれてたんだーと驚きです。

また作るの?と思ったひとりです^^;
今回で終わりかと思ってたんで、あの感じだとまだまだ終わらなさそうな気がしますね。

そろそろ交代でしょうか?

>yukarinさんこんばんわ♪

忠実なシーンとしては、斧を持った処刑マジニが刑務所を門壊し、そこからゾンビがなだれ込んでくるってとこがゲームの1シーンにあって、自分はニヤケてしまいましたね。他にもウェスカーとのレッドフィールド兄妹との対決も凄いそっくりだったのですが、ただゲームだとウェスカーは試作型のTウィルスの影響で抑制剤などを投与してましたけど、映画のようにDNAを取り込むなんてとこまではいってないですねぇ^^;

でもこのシリーズも一体どこまで続くんでしょうかね~?アリスを演じてるミラもヒロインって呼ぶにはかなりお年を召してきたので、そろそろ誰かが主役を取って代わるのかもしれませんね。

こんばんは~!

メビウスさ~ん、お帰りなさい!!長期の出張、大変でしたね・・・本当にお疲れ様です。9月末までお留守というので、復帰は10月に入ってからかなと思いきや!!嬉しいです♪♪

>カタストロフな世界でそんな事してまだ何かメリットがあるんかいな?

ホントホント(笑)何のために隠密行動を続けているのかかなり不明で。それは本作も一緒で、だから話はあってないような感じで!

わたしはバイオのゲーム、4までだったので「5」の要素がいったいどのあたりなのかわからなかったのですが、メビウスさんの感想を拝読して理解できました。グラサン飛ばしもゲームにあったなんて!あの進化系ゾンビ犬もオリジナルではなく、「5」に登場していたのですね(笑)あんな凄い変化をするのにウエスカーには懐いていてお座りするところが爆笑だったのですが!

それでもゲームの映画化でこれだけシリーズが続き、あまり劣化していないのは評価できる点かも!?5では、ぜひレオンを登場させてほしいですね!

付け足し!

メビウスさ~ん、”戻りました”記事をじっくり拝読し、さあコメント書くぞ!と意気込んだら、コメント欄なかったのでこちらにまたもや書いちゃいます(笑)

ご出張先は壮絶な暑さだったのですね・・・ホントにお疲れ様です。お給料がウマーだったのが唯一の救いですね!わたしは内勤ですが、それでも今年の夏ほど水分を摂取したことはないです。そのせいか、食欲激落ちだったにもかかわらず、やせるどころか少し体重増加したような!?

石ノ森章太郎の記念館、面白そうですね!そういうツウな場所、楽しそう!そういえば、わたしは深川江戸資料館に行ったことがあります。こんなモノ好きなところ、お客さん少ないだろうな、と思ったら大混雑でびっくりでした(笑)

ご無沙汰しておりまっす♪

>JoJoさんこんばんわ♪ホントご無沙汰しておりましたっ♪

JoJoさんもバイオは4までプレイしてる事を知ってはいましたが、今回はその4を飛び越えて5の要素だけが多い感じになっちゃってましたねぇ^^;あ、でもゾンビに紛れて口がバケモノみたいな感じになってたあのゾンビは、4に出て来たガナードかもしれませんね?

映画のバイオもどこかゲームのバイオと並行して作っている部分も見受けられますし、ゲームで新しいのが出たら映画でもその要素を幾分か取り入れるといった感じにも見えますから、アンダーソン監督も相当5のネタをやりたかったんだろうな~?というのが、本作を観て思えちゃいましたね。グラサン飛ばしとかって本当にゲームからそのまんま持って来た感じなんですよwJoJoさんも4までプレイ済みなので、何時か5をプレイしてもらいたいのですが・・・・その前にPS3の確保が先でしょうか?(汗

Ⅴでのレオンの登場、多分ゲームファンなら誰もが(?)待ち望んでる事でしょう。自分は新米警官verじゃなく、4の時のエージェントverがいいですね(笑


※それと付け足しのコメントも有難うございます♪出張先で体験した記事は書いてたらどんどんマニアックな方向に進み、人様から見たらちょっと目が腐るようなものになってしまったので意図的にコメント欄閉じちゃいました^^;
出張先はホント暑くて、連日連夜の30度オーバーにはかなり参りましたっす・・。最終日辺りには幾分か涼しくなりましたけど、なんだか内陸と海沿いの気候の違いというのも身をもって体験しましたね。

石ノ森章太郎ふるさと記念館や生家はイチ仮面ライダー好きとしてはお宝や秘蔵映像などに溢れてて感極まりっぱなしにございましたw
まあこういう記念館にしてもJoJoさんが行った資料館にしても、普段お目に掛かる事が出来ない展示物が何かと多いですから、それほど興味なくともついつい足を運んでしまう事があるんですよねぇ。
そんな自分は最近地方の美術館に通う事が多くなってきました♪

こんにちは。

こんにちは。
自分も出張続きで・・・
お互い大変ですが、がんばってゆきましょう。

ところで、この映画。
やっと見ましたよ。
自分は、全てが想像通りでした。

こんにちは♪

1か2のどちらかだけプレイしただけのほぼ
ゲーム版未経験者のボクでも、アンブレ社
があの世界でいつまでウィルス研究してな
んのメリットが?と思えてしまいますよ。
確かにここまで来ると最早ゾンビも関係ね
ぇような等と多々思うところがですが、や
っぱり本シリーズが大好きなんで、この先
も思う存分楽しみたいなと。
なんせ最後の最後に来てジルの登場ですか
らね~。期待値↑っちゃいますよ♪ (゚▽゚)v

体調に気を付けて・・・

>亮さんこんばんわ♪

亮さんもひょっとして今出張でしょうか?自分は前と同じ出張先だったのでどこか気持ちに余裕がありましたけど、それでも日曜日以外はホント仕事漬けだったので、大変だった事に変わりはありませんでしたねぇ(汗)。でもこのご時世、仕事がハードというのはある意味幸福なのかもしれませんw亮さんも体調に気を付けて頑張ってください。

ちなみに本作が想像通りとは・・・想像通りのダメダメさだったとか?(汗

>風情♪さんこんばんわ♪

風情♪さんは1と2の経験者なんですねっ。あ~・・でもその1と2の要素を取り入れたのって、それこそ映画の中でも2作目くらいまででしたからもう過ぎちゃってますね^^;今回は5の要素がふんだんに盛り込まれていたので、今でも時々遊んでいる自分としては結構ツボに嵌りましたね♪
でもここまでアリスとアンブレラの因縁が深くなると、もはやゾンビの存在とかあってないような感じにも見えますね。ゲームでも4作目からガナードというゾンビに変わる者(本作で口が裂けたようなクリーチャー)が出てくるので、次回作も上手くそちらに移行するんじゃないでしょうか?
ジルの立ち位置もどうなってるのか気になりますし、なんだかんだで自分も期待しちゃいますねぇw

メビウスさん、こんばんは
そうか・・・ ウェスカーはゲームでは「5」のキャラなんですね。『バイオ』の感想ってゲームの話なのか映画の話なのかちゃんと把握してないとメチャクチャ混乱します(笑)

今回「2」(映画の、です・笑)のあの人が再登場と聞いてとても楽しみにしていたのですが、いつまで経ってもさっぱり現れず・・・ やっぱり最後のあの人がそうだったってことなんですよね? カッコがまるで違ってたので全然わかりませんでした・・・ あれじゃ中島美嘉と大して扱い変らないじゃないですか・・・

そんなわけで、「5」では(映画のです)ジ○VSアリスの対決をじ~~~っくり見せてほしいんですがね

見分け方

>SGAさんおはようございます♪

今回のラスボスでもあったウェスカーは、ゲームではクリスやジルと同じ『1』から登場してる古参キャラで黒幕的な存在でもあります。でも今回はちょっとあっけない終わり方になっちゃってましたけど、なんでもあの大爆発のシーンでパラシュートがちらりと映っていたそうなので、予想としてはウェスカーはゲームの方と同じくまだしぶとく生きてる可能性も捨て切れ無いですねぇ?金髪verで出て来たジルも楽しみではありますが、個人的にはウェスカーの復帰も次回作で期待したいところでございます♪

>『バイオ』の感想ってゲームの話なのか映画の話なのかちゃんと把握してないとメチャクチャ混乱します

↑コレよく分かりますwゲームの方も映画と同じナンバリングタイトルがあるから、分からない人は混同してしまう事あると思いますねぇ。
でも実はゲームと映画の見分け方はちゃんとありまして、ゲームのナンバリングタイトルは『2~5』と言った数字表記に対し、映画の方は『Ⅱ~Ⅳ』と言った具合でローマ数字表記になってちゃんと区別されてたりします。

初耳でしたら、今後のご参考までにっw

ウェスカーには

ほんと手を焼きました・・(笑)
特に発射場のウェスカー(笑)
ゲーム経験者以外には、全っ然優しくない作りですよねぇ・・^^;
マジニとかアジュレ出てきたって、分かんないでしょうに。
でもマトリックス避けはニヤリな場面でしたね^^
てか、いつまで続編作るつもりなんですかねー?
ミラが老化しない内に、出来るだけ多く撮るつもりなんでしょうか・・?( ゚ω゚):;*.':;ブッ
個人的にはンデスの方が強敵でした・゚・(ノД`;)・゚・

華のあるうちに・・・

>りとらさんこんばんわ♪

ウロボロスウィルスとかは全然関係ないですけど、ウェスカーの超人的な身体能力の再現度はホントに良く出来ていて、ゲームのファンだというアンダーソン監督らしいこだわりが見えた部分は、同じくファンの自分から観ましても好印象でしたね。

流れ的にはあと一作作る予定なのかもしれませんが、おそらくミラは良くてその次回作で見納めかもしれませんねぇ。もうアリス計画が然程意味の無いくらい話が広がっちゃってますし、それに加えてミラ自身の年齢諸々も要因になるかもしれませんから、華のある内に去るのもまたいいのかな~と・・?(汗

そいえばンデスは自分も大苦戦っ^^;プロフェッショナルになると回避コマンドが一瞬なので、ほぼ勘頼みでボタンを押してた時もありましたね。今でもクリア出来たのは奇跡だと思っちょりますw

こんばんは

コメントありがとうございました。
ゲームをしてない者の感想としては、中島美嘉が
出てきた事、普通の人間になってもアリスの強さは
変わらない事、しつこく続く事ぐらいしか印象に
残らない作品でした(笑)

温度差・・

>YOSHIYU機さん♪

ホント、ゲームを知っていればそこそこ面白いのですけどねぇ・・^^;シリーズは順調に続いてますけど、ゲーム経験者と未経験者によるこのシリーズの温度差のようなものはいつまで経っても縮まりませんね(汗)

あ、そういえば、中島美嘉は今年公開の最新作にまた出演するんだそうです。なんでも今度はミラと対決するんだとか?

PAGETOP