サマータイムマシンブルース

【監督】本広克行
【出演】瑛太/上野樹里/与座嘉秋/川岡大次郎/ムロツヨシ/永野宗典/本多力/真木よう子
【公開日】2005/9.3
【製作】日本

【ストーリー】
マジに暑すぎる夏。とある大学の『SF研究会』部室。ぐったりと夏休みを過ごす5人の男子学生と2人の女性写真部員。前日にクーラーのリモコンが壊れ猛暑に悩まされるなか、ふと見ると部室の隅に何故かタイムマシンがあった。
『試しに昨日に戻って壊れる前のリモコンを取ってこよう』と軽い気持ちで乗ってみたら・・・


【コメント】
超久々に試写会が当たったので早速観て来ました♪

この映画は予告編がちょっと凝ってて興味を持っていたのが記憶に新しいです。
SF研と言う部室に何故かタイムマシンがあって、そのタイムマシンを使い1日前に戻って壊れる前のクーラーのリモコンを持ってくると言うなんともま~しょぼい目的なんですが、そこに到るまでの展開が非常にテンポが良く個人的に予想以上の面白さでした♪

過去にタイムトラベルをし、思わぬアクシデントで未来に変化が訪れると言うさながら『バックトゥザフィーチャー』のような体験をしながら、1日前の過去、そして現在、過去、現在と慌てふためきながら行ったり来たりするのが妙に笑えちゃいます。
そう言えば『バックトゥザーフィーチャー』の終盤にもあった、大時計が設置されている白い建物に酷似しているものが本作にも存在し、自分はちょっとニヤリとしちゃいました♪

ストーリーとしては、冒頭から意味不明なシーンが要所要所で出てくるのですが、後からタイムマシンを手にする事によって『あ♪あのシーンこうだったのか~♪』と納得させられる箇所がいくつもあります。
それがSF研の部員達のだるいギャグやハチャメチャな行動によって、面白おかしく表現されるので見ていて飽きません。

SF研の部員達1人1人も凄く個性豊かで、個人的に特に良かったのがカメラクラブ所属の伊藤唯。
ちょっと知的な感じと、SF研に部室を乗っ取られたと言う設定がかなりツボ♪(・▽≦)b
この映画のテーマ曲を歌ってて、自分も好きなTommy heavenly6のメガネを掛けた川瀬智子に少し似てるのもイイです♪

この映画の監督の本広克行といったら『踊るムービー2』や『交渉人真下正義』と踊るシリーズの印象がかなり強い監督さんですが(自分もそうでした)、こういった斬新な世界観を持った作品をこうも面白く観せてくれるのには脱帽。

この映画のオリジナルである『ヨーロッパ企画』の公演もどういったものなのか興味がありますね♪

『サマータイムマシン・ブルース』公式サイト
 満塁のチャンスにバッターがいない・・・透明ランナー制を採用すればいいじゃん!っていうか、それより過去に戻って・・・いやいやいや・・・ 猫に小判、豚に真珠、SF研にタイムマシン。発達した科学の機器を与えられても、小市民的な発想しか浮かばないSF研究会の面々。
こまったちゃんが「チラシに…」という記事を書いていたので開場して入り口でちらしを受け取った瞬間、即効「割引」の記載を探しました。あった!!!確かにチラシの裏側左下の隅に★「クーラーリモコン」持参割引実施!! 暑いさなか、ご自宅からクーラーのリモコンを劇場
監督 : 本広克行主演 : 瑛太 / 上野樹里 / 与座嘉秋脚本 ; 上田誠   公式HP:http://stmb.playxmovie.com/ 「サマー・タイムマシーン・ブルース」 一言で言えばこの映画は 「今日と昨日をひたすら往復する日常SF」、突き詰めて言えば「アインシュタイン...
『サマータイムマシンブルース』(2005 / 日本 / 本広 克行) Text By 百恵 紳之助  未来(つーか今?)を変えないために、今日とちょこっといじくっちゃった昨日を行ったりきたりして辻褄をあわせるべく大奮闘する大学生のバカな男の子たちのお話でありまして、えーと・・・
「タイムマシンムダ遣い」 いやぁ良いキャッチコピーですね! 今年ベスト3に入る映画ですよこれは!ジャンルの違う映画とは比べようがないですが、ボク的には第1位に躍り出ちゃうんじゃないの?っていう位です。 夏休みの暑さでダラッとした雰囲気、ポップな飾り付けの部室
今日は待ちに待ったSTMB完成披露試写会がヤクルトホールであるのです。一応18時の待ち合わせだけど、早めに会場へ行こうと会社を抜け出して新橋へ。17時45分位に着いたのだけど、すでに長蛇の列が!!うぉぉ~すごい人気だ!!私も早速並んだよ!!きくちくん早く来ないかなぁ~。
「サマータイム・マシン・ブルース」 ヤマハホールで鑑賞本広克行監督作品。SFか、コメディーか、アドベンチャーなのか、サスペンスか…。ジャンルは何なのでしょう。おばかムービーとも言えるしよくわからないのですけど。内容も大学生のSF研というサークルの学生達が
「踊る大走査線」の本広克行監督作品「サマータイムマシン・ブルース」の試写会に行って来ました。 それは暑すぎる夏、クーラーのリモコンが壊れたところからはじまった? それとも、この地が大きな沼だった、大昔のころからの話だろうか? ある意味壮大な時間軸を、リモ
お見事!!とても楽しめる作品!本広克行作品は「スペーストラベラーズ」で初めて出会った。それから、「踊る~」シリーズを見るようになり、現在に至る。はじめは、何かまったりした感じ・・・でも、どこかでテンポが変わり、本広作品らしいテンポに
初めに一言・・・『容疑者 室井慎次』で消化不良の人は見るべきだ(爆)スタートレックのコスプレでおなじみの三上市朗さんも出てるし(笑)『踊る大捜査線』でおなじみの本広克行監督が監督とプロデュースを手掛けた『サマータイムマシーンブルース』の舞台挨拶に行ってきた
「サマータイムマシン・ブルース」「交渉人 真下正義」から間髪いれず公開された本広克行監督の新作。先程、レイトショーで鑑賞。 とにかくオモシロすぎる。映画館でこんなに笑ったのは久しぶり。単なるドタバタ劇といわれそうだが、こういった作品はツボ。本広監
●サマータイムマシン・ブルースをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 夏休み中のとある大
「サマータイム・マシン・ブルース」   2005夏/日本  監督・プロデュース:本広克行   主演:瑛太、上野樹里、与座嘉秋   原作・脚本:上田誠    パンフ 横長・袋とじ企画付き(H画像じゃないよ^^;)ひと夏の青春ものであり、タイム
試写会「サマータイムマシンブルース」開映18:30@ヤマハホール「サマータイムマシンブルース」 2005年 日本配給:東芝エンタテインメントプロデュース・監督:本広克行出演:瑛太、上野樹里、与座嘉秋、川岡大次郎、ムロツヨシ、永野宗典、   本多力、真木よ
夏まっさかりを舞台にした映画が9/3からの公開ってのはこれ如何に。。夏休み期間中に合わせての上映だったらもっと話題になったのではないだろうか。ちなみにこの映画、エアコンのリモコンを持参すると1000円で観れるそうだ。俺はミニシアターのポイントで今回はた...
とある大学のSF研究会の部室には、前日にクーラーのリモコンが壊れ、猛暑に悩む部員...
出演者は、その他にムロツヨシ、真木よう子、永野宗典、佐々木蔵之助などなど。「踊る大捜査線」の本広克行監督がこのキャスティングで作る青春コメディ、しかもタイムシンだと?どうもSFちっくらしい。すっかり気になってあらすじを読んでみると、なんともコミカルなお...
ここやこことかで、メンズデーが無いことに関して嘆き、悲しみ、人生について深く考えたINDYですが(人生って難しいね~)、まあ、劇場にアンケートとかあると意見欄に「メンズデーも作って」と書いて投函し、立候補しないまでも地道に運動を続けている訳ですけれども、そう
映画館で 瑛太、上野樹里、佐々木蔵之介 出演、本広克行 監督作品「サマータイムマシン・ブルース」を観ました。●ストーリー2005年の夏休み中のある大学の誰もいないグラウンドで“SF研究会”甲本(瑛太)・新美(与座嘉秋)・小泉(川岡大次郎)・石松(ムロツヨシ)・曽我(
『サマータイムマシンブルース』http://stmb.playxmovie.com/ http://stmb.playxmovie.com/movie/ おもろかった。(´∀`)結構しっかり話作ってあった。小さい事から大きな事まで巧みに話に取り込んであって。隙の無い作りになってます。(・∀・)b最初
子供向け夏休み映画も終わり、観たい映画がいっぱい!雨の中サマータイムマシン・ブルース観に行ってきました。月曜日&雨だけあって、観客11人・・・でもなかなか面白い映画でした。大学の「SF研究会」の部室の、クーラーのリモコンが壊れた!ことからはじまります。翌
ストーリー:夏休みなのに毎日大学に来ては、部室でたむろしている「SF研究会」の面々は、大切な部室のクーラーのリモコンを壊してしまう。翌日、いつものようにメンバーが部室を訪れると、そこには見慣れない金属製の物体が置かれていた。座席とダイヤル、レバーがついたそ
鑑賞した日 : 9月9日金曜日 鑑賞した劇場 : センチュリーシネマ 今日は有休をとりました。平日の映画鑑賞は落ち着いてていいですね。本日1本目は「サマータイムマシン・ブルース」です。楽しみにしていた一作。かなり期待を込めて観はじめました。&nb...
日本 107分監督:本広克行出演:瑛太     上野樹里    与座嘉秋    川岡大次郎夏休み中のとある大学のSF研究会の5人の男子学生はSFの研究などせずもっぱら野球で遊ぶ毎日。彼らが部室騒ぎする中大切なクーラーのリモコンが壊れてしま....
9月8日(木)TOHOシネマズ木曽川にて甲本、新美、小泉、石松、曽我の5人は大学のSF研究会に所属している。しかし、SFの研究などせず、真夏の部室でクーラーに当たりながらダラダラと過ごしていた。そんな中、はずみで新美の持っていたコーラが、クーラーのリモコン....
今日も映画ネタですね。初めてタイトルを目にしたときから、頭の中で渡辺美里が流れてしまい、妙に気になっていた『サマータイムマシンブルース』ようやく昨日、時間ができたので見てきました。一緒に行った友だちに、「クーラーのリモコンを持っていくと1000....
私は「上野樹里」が結構好きである。初めて彼女を見たのは「スウィングガールズ」の試写会の時でした。特にとびっきりの美人というわけではないのですが(失礼(^_^;))、結構すっとぼけたキャラクターがなんかいいな~と思ったんですよね。本人も結構そのままのキャラクター
BACK TO THE 昨日!!CAST:瑛太 上野樹里 他公開する前からずっと楽しみにしていた映画の1本。その理由は私の好きな俳優さんの瑛太くんと上野樹里ちゃんが出演しているから!!主演の瑛太くんは「小津先生」から知っているんですけど「オレンジデイズ」でなんかいいなっ
上野樹里出演作は全部見る!と頑なに誓う中年貧乏英語塾塾長が、ゴウ先生であります。ゆえに、昨日見に行ってきました、『サマータイムマシン・ブルース』。何せ、渋谷のアミューズCQNは、毎週水曜日は終日1000円で男性でも見られるようにしてくれています。使わない手はあり
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(37) サマータイムマシンブルースサマータイムマシンブルースを観た。「踊る大捜査線」シリーズや「スペーストラベラーズ」の本広克行監督が、新進気鋭の劇団「ヨーロッパ企画」のヒット舞台を...
俺のVIDAL SASSOON(ヴィダルサスーン)盗ったのは、誰だっ!(;`O´)oYHEEEEEEE! BACK TO THE 昨日!!!タイムマシンのムダ使い!「サマータイムブルース」は、渡辺美里。この映画は、「サマータイムマシンブルース」。いやいや、観てきましたよ。某....
さて、面白かった3連発。 2本目は日本映画です。 この映画、あの『踊る大捜査線』で有名な本広克行監督が、初心に帰って単館系作品を・・と思い、劇団ヨーロッパ企画の同名作品を映画化したもの・・らしい。 <STORY> 大学のSF研究会の部員5人が、イヌのケチャを入れて3対
注意:ネタばれ大有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。やたらにテンションが高いSF研の5人組と、SF研に部室を乗っ
監督:本広克行出演:瑛太、上野樹里、与座嘉秋、川岡大次郎、ムロツヨシ、永野宗典、真木よう子評価:92点公式サイト青春って、やっぱりええもんじゃ。「映画を見ている1時間半だけ、20年前にタイムスリップさせてもらいました」って、....
監督:本広克行出演:瑛太、上野樹里、与座嘉秋、川岡大次郎、ムロツヨシ、永野宗典、真木よう子評価:92点公式サイト青春って、やっぱりええもんじゃ。「映画を見ている1時間半だけ、20年前にタイムスリップさせてもらいました」って、....
あの~、ある日突然、自分の部室に タイムマシンがポンと置いてあるとして。 ・・それもすんごくちゃっちい。 乗りますか? リモコンなしでは作動しないエアコン。 リモコンが壊れる前の時間に戻ればいいじゃん・・・・って。 そんな理由でリモコン取りに行くんですよ、マ
日々気温を増す夏休み、ある大学のSF研究会はいつものように遊んでいた。しかしある日、彼らにクーラーのリモコンが壊れるという大事件が起こる、クーラーが作動しない部室にイラ立ちを隠せない彼らの前に、見たこともない謎の物体が現れる。ふざけ半分でその物体を作動さ
『サマー タイムマシン・ブルース』 もう最高!最近見た中で、一番
下らないのに面白い!おバカなのに爽やか!
★★★★  ある程度の内容がわかっていて、かつタイムトラべルに興味がある人でないと、全く見向きもしないB級映画だ。多分興行成績は、惨澹たるものだったろうな・・・。それを乗り越えて、この映画を作った人は偉いね! サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エ
サマータイムマシンブルースです。こういう映画は非常に健康的だと思います。もうCMの時点からそう思いました。出演は瑛太、上野樹里です。もう言わずもがなですね。監督は本広克行。踊る大走査線とか。スペーストラベラーズとか。そういうのです。最初に行っておきますが
最近は雨だったり(今日は雨{/kaeru_rain/})晴れたり、暑かったり、寒かったり…どんな服装で会社に行ったらいいのかわかんないです。さて今日は、またまた映画レビュー{/face_ase2/}本当はオモチャとか小説とかの記事も用意したいんですけどね。ついつい。購入した「キン
『サマータイムマシン・ブルース』あらすじ『暑すぎる夏の、とある大学のSF研究会の部室。そこにはSFの研究などまったくせず、ただぐったりと夏休みを過ごす5人の男子学生と、2人の女性写真部員がいた。前日にクーラーのリモコンが壊れ、あまりの酷暑に悩ま...
【story】暑すぎる夏の、とある大学のSF研究会の部室。そこにはSFの研究などまったくせず、ただぐったりと夏休みを過ごす5人の男子学生と、2人の女性写真部員がいた。前日にクーラーのリモコンが壊れ、あまりの酷暑に悩まされるなか、突然、部室の片隅にタイムマシン...
「サマータイムマシン・ブルース」★★★☆wowowにて鑑賞瑛太 、上野樹里主演本広克行 監督、2005年思わぬ拾い物だった「運命じゃない人」を見て、他の人のブログを見ると、そこにこの作品について触れている人が結構いたので、WOWOWの放送を知って、...
『サマータイムマシン・ブルース』公開:2005/09/03監督:本広克行出演:瑛太、上野樹里、与座嘉秋、川岡大次郎、ムロツヨシ、永野宗典、本多力、真木よう子、佐々木蔵之介☆story☆夏休み中のとある大学。“SF研究会”の5人の男子学生はSFの研究などせずもっぱら野球.
第38回目は「サマータイムマシン・ブルース」です。この映画については、まずこの映画が出来るまでのいきさつについてから話さなければいけないと思います。<映画化されるまでのいきさつ>映画の企画は2003年夏、本広監督が偶然ある芝居を観た事から始まった。その芝居とは
個人的に「第2の広末」なんて言っている上野樹里。あ、なるほど、クレアラシル出身か。道理で。まぁ、絶対こちらの方が上だと思うし。出演キャリアも着実に積んでるし、可愛いし。変な男に引っ掛からなければ大物になるだろうなぁ。結局[ミカエル]は見逃したけど、年内2...
あらすじとある大学のSF研究会の部室には、前日にクーラーのリモコンが壊れ、猛暑に悩む部員たちがいた。ところが、彼らは部屋の隅にタイムマシンがあることを発見「昨日に戻ってリモコンを取ってこよう」ということになり乗り込んでみるが・・・。感想評判が良いので気...
 コチラの「サマータイムマシン・ブルース」は、ヨーロッパ企画の舞台を「踊る大捜査線 THE MOVIE」の本広克行監督が映画化した青春SFコメディです。  原作者でもあるそのヨーロッパ企画の上田誠が脚本を手掛け、いい意味で舞台的な掛け合いによるコミカルさを残しなが...
テレビの地上波の深夜番組を録画。 たまにはパソコンのチューナー録画も役に立つのね。 この作品・・・巷の噂ではなかなか評判がいいし、 宅配レンタルのスポットレンタルでは、なかなか順番が回ってきそうもない人気ぶり。
京都の劇団「ヨーロッパ企画」が手がけた舞台劇「サマータイムマシン・ブルース2003」を映画化した作品。監督は 本広克行、キャストは瑛太、上野樹里、与座嘉秋、川岡大次郎、真木よう子、佐々木蔵之介他。 <あらすじ> とある大学のSF研究会の部室には、前日にクーラー...

コメントの投稿

非公開コメント

BTTF

そっかぁ~あの白い建物がオマージュだったんですね!
最初そう感じたのに、すっかり忘れてしまうほど面白かったです。

はじめまして

こんにちは、はじめまして。神凪ユウと申します(ペコリ
「容疑者 室井慎次」の記事にTBしていただきありがとうございました!
こちらからもTBさせていただきますね。

もう「サマータイムマシン・ブルース」見られたんですね~。うらやましい!
小ネタもきいてる辺りがとっても本広監督って感じですね・・・。
実は見に行こうかどうか悩んでたんですが、メビウスさんの記事を拝見して映画館行き決定です^^

本広監督作品では「サトラレ」「スペーストラベラーズ」もとてもいいですよvv
それでは!

見て損無し

>kossyさんこんばんわ♪

何かあの建物どっかで見た事有るな~・・・って思ったんですよ。で、BTTFにも確か似たような建物有ったな~なんて変に思い出しちゃいまして・・(^▽^;)
オマージュされているかどうかは自分もわかりませんが、ニヤリとしちゃう人は自分だけじゃないかもしれませんね。


>神凪ユウさんこんばんわ♪

この映画を試写会で観れたのは運が良かった!!って思っちゃいますね♪
普段中々試写会があたらないものなので(汗
ノリもイイですし、観て損はないと思いますよ☆ユウさんも観ましたら、自分もトラバコメントさせて頂きますね。

あ・・・・サトラレ見て無いです・・・・(=∇=;|||)(滝汗

こんにちは!

コメント&TBありがとうございました。
私もポップでサイケな広告看板がかなり気になっていまして、(でもこういうのって
ハズすと最悪かも・・・という懐疑的な気持ちもアリ)試写会が当たったのを
いいことにいそいそと観に行ったのですが、結果、大大満足です。面白かった!
とことんおばかで暑苦しい勢いだけはあって・・・。多分また劇場に観に行くと思います。

予告編観る限りでは・・・

>matari-yukuriさんこんばんわ♪

自分も予告編観た後『なんじゃこりゃ?』と思ってしまった映画だったんですが、予告編をどんどん観ていく内になんか妙に興味が沸いてきたんですよね。
試写会当たって、つまんなくてもどうせタダだしいっかみたいな気持ちで観たら、あらま~!!と良い意味で期待を裏切ってくれました♪
何だか試写会と一般公開とは微妙に違うシーンがあるとの事なので、それも気になりますよね。

TBありがとうございました

タイムマシンのネタでこんな日常的な面白い話が出来るんだなぁと感心しちゃいました。こういう構成が出来る原作者ってやっぱり頭がキレる方なんでしょうね。大作じゃなくていいから、こういう邦画をもっとたくさん観たいですネ。

堅苦しさも無く

>かのんさんこんばんわ♪

タイムパラドクス的なストーリーが加わるとやっぱり物語のつじつまを合わせないと行けませんから、何処と無くシリアスな展開になるものが多いのですが、この映画は敢えてそう言う固い所を砕いて、柔らかく見せている感じを受けますね♪
脚本や演習等がしっかりしていると、ホント、大作映画よりもむしろこういった映画を観たいと思いますね☆

見ていて飽きない

こんにちは。
TB&コメントありがとうございました。
見ていて飽きないですね~。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、ニヤ( ̄ー ̄)bですね。

私も、ヨーロッパ企画の舞台版気になります。

オマージュかな?

>toeさんこんばんわ♪

あの白い建物は『バック~』のオマージュだと言い切れるものではありませんが、ピンと来る方なら、やっぱりニヤリと来ますよね。タイムパラドクスなストーリーを扱ってるだけに、どうしても照らし合わせてしまいます。DVDの特典なんかにネタバレされるんでしょうかね?

かなり近距離なタイムトラベル(笑)

邦画でこんなに面白かったのって、久しぶりです^^
話題になった『ザ・有頂天ホテル』よりも、私はこっちのほうが楽しめました♪本広監督の『スペース・トラベラーズ』もなかなか面白い作品ですよ。銀行強盗のお話なんですが、よろしかったらチェックしてみてください^^

TBさせていただきますね^^

ノリが良い♪

>いまのまいさんこんばんわ♪

この作品は去年の邦画トップ10内に入れた良作なだけに、自分もかなり面白かったですね。『有頂天ホテル』も面白いですけど、喜劇って感じですし、純粋に楽しめるのなら自分もこっちでしょうかね~?

『スペース・トラベラーズ』って確か金城武が出演していた作品ですよね。『サマー~』と似たようなノリなんでしょうか?時間があったら是非チェックしてみます♪

こんにちは♪
ずっと前の記事にすみません。
なかなか借りられなくてやっと観たら面白かったです。
こんなにタイムマシンを無駄遣いしていいんだろうかという所が気に入りました(笑)
そうそう『バックトゥザーフィーチャー』に出てくるような建物ありましたね!!

今でも思い出せます

>ゆかりんさんこんばんわ♪

ゆかりんさんも面白く観れたようで良かったです☆自分は試写会で1度きりしか観ませんでしたが、今でもあの面白さは思い出せますね。ヴィダルサスーンとか(笑
UDONで出てきた3バカ見てたら、自分もまた借りたくなってきました。出張先でレンタル店あったら借りようかな?

んっ!?

ナニゲにメビウスさんの最高☆印って珍しいかも?
◎は時々お目にかかりますが、コレは大満足だったのですね~♪
あたしも楽しく観れましたっ!

昔はたくさん付けてました

>miyuさんこんばんわ♪

これは個人的に良作だったうえに試写会にも当たったので、そういうお得感もプラスした評価だったかもしれませんwあ、でもブログ始めた当初はやたらめったら☆付けてました(笑

この作品は『神様』という人物が色んなシーンにこっそり出てくるので、1回観ただけでは分からないんですよね~。2回観て初めて分かる部分もあるので、そういう作り方も面白かったですね♪

ヴィダル・サスーン

今日スーパー行った時に、ついつい値段を確認しちゃいましたっ。
学生たちの行動・言動はウザッタクもありましたが、「これぞ青春」って感じのドタバタ感が楽しめましたね。

親も使用

>ひらりんさんこんばんわ♪

ヴィダル・サスーンはずっと前に自分んとこの親も使っていたので、それを観ていて思い出しちゃったから結構笑えたんですよねぇ♪
学生達のとりとめない会話は確かにウザイというかクドイ感じもしましたが、そこもまた学生らしい馬鹿騒ぎ的な楽しみもあって面白かったですね。それにあの学生達のうち3人は、後々「UDON」にも出てくるから、本作を観ていると尚楽しめると思いますね。

PAGETOP