【監督】クリストファー・ノーラン
【出演】レオナルド・ディカプリオ/渡辺謙/ジョセフ・ゴードン=レビット/マリオン・コティヤール/エレン・ペイジ/トム・ハーディ/ディリープ・ラオ/キリアン・マーフィ/他
【公開日】2010/7.23
【製作】日本

【ストーリー】
ドム・コブは人がいちばん無防備になる夢の中にいる状態のときにその潜在意識の奥底に潜り込み、他人のアイデアを盗み出すという犯罪のスペシャリストである。危険極まりないこの分野で最高の技術を持つコブは、陰謀渦巻く企業スパイの世界で引っ張りだこの存在だった。しかしそのためにコブは最愛のものを失い、国際指名手配犯となっていた。そんな彼に、幸せな人生を取り戻せるかもしれない絶好のチャンスが訪れる。そのミッションはインセプションと呼ばれ、それは彼の得意とするアイデアを盗むミッションではなく、他人の潜在意識に別の考えを植え付けるという難度の高いミッションだった・・・
 
【コメント】
本作の物語が当初シークレットのように伏せられていた部分が多かったせいか、地面ごとせり上がってくる街の映像、そしてキャスティングもディカプリオだけじゃなく『バットマンビギンズ』に続いて再びノーラン作品に出演の渡辺謙と言った明らかになってた部分だけで自分にはかなりドキドキやワクワクがあったりで、どうにもこうにも期待しない事にはいかなかった本作。・・空振りな作品じゃないよう内心祈るように鑑賞してたなんて点でもドキドキものではありましたけど、個人的にはその期待を上回るシーンの数々に興奮の連続でもありましたね♪ノーラン監督が『鬼才(奇才?)』と呼ばれる理由もなんか良く分かった気がします。

過去にも相手の脳内や仮想空間などを舞台にしたSF作品は数多く作られていますし、目を疑うような常識はずれな世界観にしても狭く浅い自分の範囲だと安直ながら『マトリックス』辺りをポワワンと思い浮かんでしまうとこなのですが、そういったジャンルの中で括るとこの『インセプション』もなんだか革新的なものに見えてしまった。ノーラン監督が長年練りに練ったたというその内容は、他人の夢に入り込み、その人が持つ『アイデア』を盗み取るという仰天な犯罪劇が展開。タイトルのインセプションはその夢の中でアイデアを盗む以上の高等技術であり、対象の潜在意識まで深く入り込んで別の意識を『植え付ける』ことの呼び名だそうで、この難度の高いミッションに挑むコブたちのスリリングな夢バトルがとにかく見応え満点だった
インセプション遂行のため夢の中でまた夢に入り、そのまた更に夢の中、更に更に夢の中と、意識の奥底まで深く潜っていくかのような夢世界の見せ方はかなり秀逸で、夢の中も入るたびにどしゃ降りのNYや雪山といった感じで雰囲気もガラリと変えるから、その都度観た事も無い・・と言うよりも有り得ない映像の数々に圧倒されてしまう。潜れば潜るほど先の夢より後の夢の方が時間経過が遅くなると言った奇想天外な設定なんかもあったりで、そのため同時に進行している夢世界でのミッションやそれを妨害する敵とのアクションなどにも結構な緊迫感を与えてくれるんですよねぇ。先の夢で起きた異変が後の夢でも何かしらの影響を及ぼしたりもするから、コブの相棒のアーサーが大活躍するホテルの廊下のバトルなんてはもうエライこっちゃな状態になってしまって興奮も然る事ながら同時に笑いも込み上げてしまったっwあまりCGを使わずにセットを多様したとも聞いてるので、ホントどうやって撮影したんだろうと映像と同じくらい不思議に思えてしまいます。
あとインセプションのミッションと並行するように謎めいていたコブの悩みの元である妻のモルの存在と、彼女の死の真相にも隠された驚きがあって良かったですね。最初こそ長い夢の生活で現実と夢の区別が付かなくなってしまってるちょっとした自業自得者と思ってあんまり好きになれない女性だったんですけども、その裏には成功したら現実世界の行動すらも変えかねないインセプションの恐ろしい作用も起因していて『なるほどなぁ』と納得もしてしまった。
・・でもなんかこう『驚き(↑)』とか言ってる時点で、前半辺りにコブが過去にインセプションを実践した経験があるという事を自分はすっかり頭から除外していた感もあったりで、相変わらずの鈍感ぶりも発揮していた気がしますね


圧巻のビジュアルに魅了されもすれば、随所にも観た人の想像性をビシバシ刺激する箇所(特に最後のシーン)が盛り沢山でもあったため、長大な上映時間でも飽きるどころか逆に引き込まれるような雰囲気を味わえてかなり楽しめたのですが、それでも全体的な評価として見ると手強い部分があったのも否めなく、インセプションという単語にはじまり、エクストラクト、トーテム、そして夢の世界の仕組みに到るまでと、覚えなければいけない単語やその他諸々が何かと多くてそこが本作の惜しい所だとも思ってしまった。
そう言う事も踏まえればこのインセプションは、一度目の鑑賞でノーラン監督の構築した奇抜過ぎる世界観をある程度理解して、2度目の鑑賞で再度楽しむなんていう観方もまた良いのかもしれませんねぇ?自分も流れに任せて理解不足や見落としがちだった所があったかもしれないので、これはもうリピート決定♪
モルのようにドップリハまらないよう気を付けたいものですw

評価:☆
平成22年8月1日(日)。 映画「インセプション」。 【監督・脚本】クリストファー・ノーラン 【製作総指揮】クリス・ブリガム 、トーマス・タル 【音 楽】ハンス・ジマー 【 キャスト 】レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴー?...
 『お前の頭へ侵入する─』  コチラの「インセプション」は、クリストファー・ノーラン監督、レオナルド・ディカプリオ主演の7/23公開のSFミステリーなのですが、7/17~19は先行上映ってことで、その先行上映の初日のレイトショーで早速観て来ちゃいましたぁ~♪一昨年?...
なんという事でしょう。  面白すぎます!  
 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」  ラストのトーテムの回転は止まったか?  最近映画の評価が100点満点ばっかですいません。  私は脚本に関してはプロの映画クリエ
7月23日公開の映画「インセプション」を鑑賞した。 この映画は夢からアイディアを盗むスパイが最後の仕事として アイデアを植え付ける仕事に挑む。 夢から夢へ深く入り込む事で意識を植え付けていく スパイストーリーである。 夢からアイディアを盗むという発想も...
映画『インセプション(Inception)』は、クリストファー・ノーランが監督・脚本・製作を務め、レオナルド・ディカプリオが主演を務めています。日本人の渡辺謙さんもメインキャストに名を連ねています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
映画「インセプション」を鑑賞しました。
人の夢の中に入り込み、潜在意識からアイデアを盗み出すコブ。彼はターゲットであるサイトーからのアイデアの奪取に失敗するが、サイトーに腕を見込まれ新たな依頼を持ちかけられる。それは特定の人物のアイデアを盗むのではなく、相手の潜在意識に別の情報を植え付けるイ...
映画 「インセプション」 INCEPTION を観ました          クリストファー・ノーラン監督・脚本 2010年 アメリカ 難しい事は解りません。でも面白かったです。 共有した一つの夢の世界で皆が動き回る。(やったことありませんが)ゲームみたいですね。 ...
普通に見に行きました。マトリックスに似ている気がします。レオさんが、人の頭の中に
 映画『インセプション』を鑑賞しました。  小生は古くからのSFファンなので、CMで流れる映像なんかにほだされてしまい、ほとんど衝動...
渡辺謙の堂々たる存在感。 人によっては、更に深く深くストーリーを検証し、違う解釈を導き出される方もおられるだろう。 あまり考え過ぎると、作品さながら夢の中でも考え込んでしまうのでご注意を。 観客の頭脳にも挑戦的で、壮大なスケールで描くお薦め脳内アクション?...
JUGEMテーマ:映画館でみました!お前の頭へ侵入する。
 色々喧しく議論されているようなので、それではと『インセプション』を渋谷ヒューマントラストシネマで見てきました。 (1)なかなか理解が難しい映画だと聞いていたものですから、冒頭から心して見たせいか、それほど混乱せずになんとか見終わることができました。むろ?...
 犯罪現場は、お前の頭の中。 東宝シネマズ二条にて公開初日に鑑賞しました。先行上映がありましたが、1800円はきついので、一般公開まで待っていました。レオナルド・デカプリオと渡辺謙の初共演ということで話題になっていた本作。かなり難解そうな感じもしていま...
1日のことですが、映画「インセプション」を鑑賞しました。 レッドカーペットイベントにも行った今作 評判も良いだけに期待も膨らんだのですが 期待を裏切らな...
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「バッドマン・ビギンズ」「ダークナイト」で新しいバットマンを生み出し絶賛を受けた クリストファー・ノーラン監督の待望の最新作{/ee_3/} 日本から、渡辺?...
先行上映で鑑賞―  錚々たるキャストの中に渡辺謙が・・・【story】コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、人の潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗むことのできる優秀な企業スパイ。ある日、コブの元に“インセプション”と呼ばれるほぼ不可能に近い仕事?...
 毎日暑いですね~。出かけるのもおっくうなので夏休みでもやっぱりレイトショー。そんなわけで他の書込を見てもすこぶる評判の良いインセプションを観てきました。
人の夢の世界にまで入り込み、他人のアイデアを盗むという高度な技術を持つ企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描く。監督はクリストファー・ノーラン、キャストはレオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール...
あらすじ人が夢を見ている間に、潜在意識の奥底にまで潜り込み他人のアイデアを盗む出すスペシャリストのコブ。そんな彼に、「インセプション」と呼ばれるミッションが課せられる・...
『 インセプション 』 (2010)監  督 :クリストファー・ノーランキャスト :レオナルド・ディカプリオ、エレン・ペイジ、渡辺謙、 ジョゼ...
 夢枕獏著「サイコダイバー・シリーズ」が、遂に実写映画化!  ウィキペディアにサイコダイブの説明がある。  それは、人の精神に潜り込み(ダイブし)、対象の持つ記憶情報を入手すること、対象の隠され...
監督 クリストファー・ノーラン 主演 レオナルド・ディカプリオ 2010年 アメリカ映画 148分 SF 採点★★★★ 先日、吉瀬美智子さんと食事をするっていう、なんとも素晴らしい夢を見まして。ただ悲しいかな、食事を終えて店を出ようかという時に目を覚ましてしま…
この映画、実は夏に公開になった時に観たのです。 で、何でレビューがこんなに遅くなったのかというと、 実は、映画の途中で寝てしまったのです。 朝一番の回を観に行ったのですが、 この夏はとても暑かったせいか、 物凄く冷房がきつかったのです。 おまけに首が寝...
本日は映画「インセプション」の記事ということで最近私が観た夢の話でも書こうと思ったのですが…夢の話ってのは退屈だからねぇ…止めておきます では、早速。以下は映画観賞記録です。 「インセプション」 (監督:クリストファー・ノーラン、出演:レオナルド・?...
INCEPTION 2010年:アメリカ 監督:クリストファー・ノーラン 出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、ト ...
2010年日本公開作品 吹き替えで観賞。アカデミー4部門受賞 作品賞ほかノミネイト。大好きな新バットマンシリーズの監督クリストファー・ノーラン最新作という事と、渡辺謙 ...

コメントの投稿

非公開コメント

そうですね

これはノーラン監督の作品の
「メメント」のようにオチが分かっている状態で
観るとまた違った楽しみのある映画ですよねぇ。
1度目と2度目で違う楽しみ方が出来るのはいいですよねぇ。
ちょっと複雑なところもありましたが、
それでも1度目はかなり引き込まれますからねぇ。
あたしもいつかリピートしたいと思います♪

脳乱(ノーラン)w

ほんとに革新的な映像でしたね。
とにかく凄かった~

ノーランの思考にあっぱれ!

今週,2回目観に行きます!

こんにちは

私もホテルの回転シーンは大爆笑でした。
あれって下手なコントより面白かったですよね。

あの連動ネタで言うならば、例えば、寝ていておねしょをしたら、映画冒頭のように夢の世界では水が浸入してくるのか?とか・・・

とにかく楽しかったです(笑)

こんにちは

夢の中に侵入するという壮大な世界観と緻密な設定は、最初は敷居が高く感じましたが、中盤で丁寧に解説してくれたことでかなり解り易くなっていました。ただそれでも、ちょっと難易度は高いかなと感じましたね。
そういう点もあるからか、そうしたSF設定よりも圧倒的なビジュアルセンスの方に脱帽しました。グルグル回るホテルのシーンは本当に驚かされましたね。

無重力にニンマリ

>miyuさんこんばんわ♪

この作品はモルの死の真相も物語に関っていましたから、事実を知った上でそのモルの行動を改めて観直すとまた面白さが増すと思いますね♪1度目はあれよあれよなとこもありましたけど、2度目は理解してる分余裕を持って楽しく鑑賞出来そうな気がします。自分も今週もう1回夢の世界に行って来る予定ですw

>Akiraさんこんばんわ♪

脳乱!ウマイwでもその通り♪独特な世界観を持つ夢世界は、予備知識も何も無ければホント脳が乱れるほど複雑。ノーラン監督も良く考えたものですよねぇ・・。
自分も今週2回目鑑賞予定♪あの無重力バトルとかは何回でも観たい気分ですw

>ゴーダイさんこんばんわ♪

ゴーダイさんも笑いが込み上げたように、あの無重力を見た瞬間『なんじゃこりゃー!』っていいながらニンマリしてしまった人は凄い多いと思いますね。しかもアレってCGでもないそうですし、バトルしてたジョセフ・ゴードン=レビットもまるで宇宙でアクションしてるような体験をしてたんじゃないでしょうかね~?こうなるとDVDの特典とかが凄い気になってしまいます。

>おねしょで水が浸入

冒頭でバスタブの水に落とされた瞬間夢の世界にも水が溢れてきましたから、イメージ的にはアリでしょうwその際はほのかなアンモニア臭かな?(オエオエ

>えめきんさんこんばんわ♪

コブたちの分かり易い説明で自分もなんとか付いて行けた気がしますね^^;ただ深層意識の奥深くまで行くたびに時間がどんどん遅くなっていくといった件は頭で計算する暇とかが無くて、最下層はとにかく1時間が何十年にもなるというアバウトさで判断してましたね(汗
でも夢世界の仕組みが分からなくても、その中で描かれる常識外な映像の数々には理屈のいらない素直な驚きと感動があって面白いですよねぇ♪ホテルのグルグルシーンとかはアトラクションにして欲しいですw

マトリックス同様、
わかったようなわからないような・・・
そんな不思議な作品でした。
途中、本物の夢の中にはいっちゃったけど(汗
それでも満足できるアイディア作品でした!

リアル夢落ちw

>えふさんこんばんわ♪

凄い活気的な作品に変わりは無かったのですが、それでも万人が理解でき楽しめる作品かといえばちょっと違う気もしますし、それくらいノーランの考えた本作の内容は奇抜さに富んでいたと思いますね。実際自分もちょっと理解に苦しんだトコもあるから明日リピートしに行く予定なのですが、夢世界の仕組みが分からないとホント、本物の夢落ちをしてしまいそうですね(笑

2回目行きました

はいさいっ!
メビウスさん、お久しぶりです。
お元気でしたか?
スワロはまあまあです(苦)

ねぶたも終わり、青森はもう秋に突入しそうですね~
その前に台風は大丈夫ですか?
先ほどのニュースで岩手へ突進していると聞きました。
沖縄でも大暴れしてくれた4号氏は
我が家のベランダの柵につけていた目隠し用の簾に甚大な被害を与えてくれました・・・
ま、100均の簾だからいいんですけどね。

で、映画ですが・・・で~じ面白かった!!
でもね、正直スワロの老化し始めた脳では理解しきれなくって。
大筋は理解できていたし、映像も圧巻なのでその場その場では楽しめたんだけど
「結局何でインセプションしたいんだっけ?」みたいな(苦笑)
それだけドでかいスケールの作品ってことですよね。

面白かったのは確かなので2回目を見てきました!
そうしたらさらに面白い!
こんどはディテールまで目が行くし、より深く理解できるので面白さが倍増です。
メビウスさんもぜひもう一度見ることをお勧めしますよ!!

ではでは、お元気で!!!

ご無沙汰しておりますっ

>スワロさんこんばんわ♪ご無沙汰しておりまっす♪

8月も半ばになりましたが、未だメガトン級の暑さが全国で猛威を奮ってるこの頃、自分の地元も自宅職場問わずの蒸し暑さで凄い参っております・・--;
更に来週からは1ヶ月ほど岩手に出張へ行きますので、なんか精神面でもクタクタになっちゃってますね~。・・そいえば沖縄の方は台風も来てたのでスワロさんも更に大変だったのではないでしょうか?あ、でも100均の簾だけなら損傷軽微といったとこでしょうかね?(笑
何にしてもお変わり無いようで安心しました^^

あとインセプションの方は自分も先週2回目行ってきました♪1回目で得た知識があった分、自分も2回目は余裕も出来たせいか、最初から存分に楽しめましたねぇ♪
でもスワロさんが言うように『結局何でインセプションしたいんだっけ?』みたいな感じで、最後はロバートに仕掛けるインセプションの事は大分軽く扱われてしまっていて、代わりにコブとモルのエピソードがメインになっちゃってた気がするのも然もありなん(汗)
ロバート親子にあんまり魅力が無かったというのもありますが、気付いたらその辺りは自分もどうでも良くなっちゃってましたi-229


それと同じ映画観て時間がありましたら、また来て下さいませぇ♪ではではっi-237

今晩は☆彡

メビウスさん
今晩は。2回目鑑賞しないと言いながら、
まだ行ってないんですよ(笑)
このままだと観ないで終わっちゃいそう
ですが、、、、、。何とかチャレンジしたい
と思います。
メビウスさんはリピートしたんだ!!
近々頑張って行ってみます。
しかし皆さんの評価高いので、驚きです。

ご無沙汰してます

>mezzotintさんこんばんわ♪出張中だったため、コメントも遅くなってしまいました・・(汗

mezzotintさんはちょっとイマイチな所があったみたいですけど、2回目を鑑賞すると多分本作の観方と評価も若干変わってくると思います。最初こそ自分も夢世界の仕組みを理解するのに結構いっぱいいっぱいで余裕ある鑑賞が出来なかった気がするのですが、2回目はすんなり入る事が出来ましたし、そして相変わらず夢の中の映像やアクションに見入ってしまいました♪自分にとっては長く観ても飽きの来ない作品の1つになったかもしれませんね~?

満足できなかった分、mezzotintも時間があればリピートを推奨しますよ♪(もうしてるかっw)

こんにちは

TB ありがとうございます。

知的な興奮、アクション、サスペンス等々
面白かったですね

映像的にも凄くて
エンターテイメントとして 素晴らしい作品でした

一級品

>リバーさんこんばんわ♪

目を疑うような映像の数々に、夢世界で繰り広げられる常識を外れたアクション、コブとモルの夫婦の謎、そして豪華キャスティングと、確かにどれもが見応えあって自分も久しぶりに一級品のエンタメを観れたような気がしましたね♪

それにあれであんまりCGに頼らなかったともいうのですから尚驚きなんですよねぇ。DVDに必ず映像特典が入ってると思うので、どういった撮影方法だったのか見てみたいものです。

こんばんわ

コメントありがとうございました。

確かに複雑な世界観ではありましたけど
初心者アリアドネに説明するという手法で
かなり親切に作られてるように思いました。

最後は、どっちなんでしょうね?(^_^;)

こんにちは~♪
お久しぶりです!!
長い間出張に行かれていたんですね~
お疲れ様でございました!!

で、、、この映画ですが、
>2度目の鑑賞で再度楽しむなんていう観方
私もそう思った口で、再見したいと思っています。
鑑賞後、皆さんの感想を読ませて頂いたら、どんどんどんどん疑問が膨らんでいって、「これは、私が感じたものよりも、もっと奥が深いんじゃない?」と悶々してしまったんです。
DVDで見直してスッキリしたいです!(笑)

現実かな~・・・?と

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

そいえばアリアドネも夢の世界に入るのは初めてだったせいか、コブ達に説明を受けてるシーンがありましたよね。あれは観客にも説明してるようで確かに分かり易かったです。そういう配慮があると無いとではやはり違いが出てきますね。

最後は・・・・自分は一応現実と言う事で落ち着いてます^^;


>由香さんこんばんわ♪

出張中はホントノームービーでしたので、どこか歯痒いとこがありましたねぇ。でも仕事がすんごいハードだったので、例え観れたとしても疲労困憊で記事を書く余裕とか無かったかもしれません(汗

インセプションのDVDは多分来年辺りになると思いますけど、自分もその時は一応買う予定立ててますね。もう1回ホテルの廊下の無重力バトルとか観たいですし、絶対特典で撮影風景とか入ってると思うのでっ♪

遅ればせながら

メビウスさん、おかえりなさい~ 復活、お待ちしてましたよ。色々大変だったみたいですけど、収穫もそれなりにあったようですね

2010年はもしかしたらSF映画革新の年かもしれませんね。『アバター』が大ヒットして、この『インセプション』があtって、年末の『トロン・レガシー』にも期待が膨らみます。『第9地区』もあったしなあ

あのホテルでアーサーが活躍するシーンは、酔いつぶれたお客さんを上手に片付けるバーテンさんのように見えなくもなかったです(笑)

物議を醸している最後のシーン、実はこないだキャストがポロッと真相を明かしてしまったそうです 
http://www.gizmodo.jp/2010/10/post_7740.html

うーん。これでいいのか?

あっさり暴露

>SGAさんこんばんわ♪ご無沙汰しております。
向こう(出張先)では熱中症ギリギリな感じだったりマニアック方面に走ったりと確かに色々な意味で大変でしたが、無事職務をこなしてきましたよw
・・でもあの写真の収穫物を見た限りでは、『お前本当に真面目に仕事してたのか?』なんて感じに見えなくも無いですよねぇ・・^^;


今年は3Dなども本格的に台頭してきたせいか、画期的なSF作品が数多く出てるのも確かですね。『アバター』で端を発し、本作のインセプションでも目を疑うような映像の数々で釘付けにされたので、後続の『トロン・レガシー』などにもかなり期待が持てると思います。けど、トロン・レガシーって続編とも聞いてるのですが・・?

あっ!そいえば『第9地区』観るの忘れてた!(爆


※それと貼って頂いたリンク先から問題の真相を覗き見してきましたが、メチャクチャあっさりですね(笑)。
でも現実と虚構のどちらを信じてたかと言えば、自分は前者でもあったので、『やっぱりそうだったか』と納得もしてしまいましたw

おじゃまします。

おじゃまします。
これは面白かったですね。よく出来た話で、かつ見せ方も完璧。ノーランって本当に凄い監督みたいですね。
話は複雑にも思えましたが混乱する事も無く、それなりに理解できたつもり…というかこれも脚本が良い塩梅な部分なんだと思います。
ご指摘の

>覚えなければいけない単語やその他諸々が何かと多くて

な部分も個人的にはSFとか好きで子供の頃から良く観たり読んだりしていた事が幸いしてか混乱させられなかったですしね。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。

>ピロEKさんこんばんわ♪またまたお返事遅れて申し訳ありません・・(汗

この作品は自分もとても面白かったですし、ピロEKさんも含めた他のブロガー様の評価もすこぶる良かったので、正に2010年の良作品であり、ノーラン監督の代表作の1つでもある映画ですよねぇ♪自分も公開後またリピートしちゃったくらいですし。
・・といっても自分は最初の鑑賞で内容や単語の脳内補完があまり上手くいかなかったせいもあってのリピートというのもあるのですが、それでも何度鑑賞しても夢の中の現象などは面白かったし最後のシーンもうーむ・・と考えさせられたりするので、個人的にはスルメのように観る度味が出る作品のようでもありましたねw

PAGETOP