【監督】本広克行
【出演】織田裕二/柳葉敏郎/深津絵里/ユースケ・サンタマリア/伊藤淳史/内田有紀/小泉孝太郎/甲本雅裕/北村総一朗/小栗旬/他
【公開日】2010/7.3
【製作】日本

【ストーリー】
湾岸署を襲った最悪の猟奇的連続殺人事件から7年。お台場はさらなる変貌を遂げていた。外国からの要人が降り立つ空港が近く、高速道路や変電所などのライフラインもあるお台場はテロリストの格好の標的になっていた。その対策のため、湾岸署は高度なセキュリティシステムが導入された新湾岸署へ移転することとなり、その引越しを一任されたのは強行犯係係長に昇進した青島刑事だった。やる気を見せない部下や、やる気が空回りしている部下たちとともに引越し作業に取り組む中、湾岸署管内で次々と事件が発生する。金庫破りやバスジャック、そして引越し作業の混乱の中、湾岸署から青島やすみれらの拳銃が3丁盗まれ、連続殺人事件へと発展していく・・・。
【コメント】
2~3年くらいの間の空き具合なら何とか記憶も留めてるとこなんですが、さすがに7年もご無沙汰となると辛い所もあったりで、それくらい今回の最新作は主要やサブな人達も含め、たくさんの登場人物が出て来てホント予習が必要だったと思えるほどのボリュームでしたねぇ。自分の場合『踊る』は劇場版から入ったというのもあり、テレビドラマ関連の事柄に関しては少々入り難かった部分もあったものの、事件と合間の笑いとをテンポ良く絡めた展開などはやはり楽しめました。

全体的な印象としては群像劇のようなストーリー、そして青島を筆頭にした主要人物らも昇進や異動などで立ち位置こそ変わっちゃってる人もいましたけど、本作もまたシリーズ通じてほぼ同じメンバーが出ているせいか、そういった『踊る』ならではのお馴染み感と言うんでしょうか、懐かしさみたいなのを崩していないのは自分も観てて感じることが出来ましたね。青島は係長になっても変わらず無茶っぽい行動をしてるみたいですし、保身最優先なスリーアミーゴスの御三方の言い逃れも健在なようで相変わらず笑いを誘ってくれていましたっ
でもそんなシリーズの『らしさ』と同時になんかいつも以上に『騒がしい』というイメージも自分の中ではあり、序盤から湾岸署の大規模な引越し作業が係長に昇進となった青島指揮のもと行われるため、その懐かしさといったものをしみじみと感じる暇がそれほど無かった気もするんですよねぇ?シリーズキャラクターほぼ総出演と言ってもいいくらい大所帯な内容ですし、そんな新旧キャラがごった返したような現場で入り乱れてると、さすがに全てを把握するのは難しく、それでいて目まぐるしも抜け切れなかった気がする。青島率いる強行犯メンバーにしても、内田有紀が演じてる夏美を伸次郎と同じ新キャラと思っちゃったくらいなので、TV版未見な自分は人物相関も少々ゴチャゴチャになってましたね

登場人物も多ければ今回の事件も過去最多な8つの事件が連続発生。新しい湾岸暑をコンピュータで占拠するサイバー犯罪っぽい雰囲気は良かったんですけども、ただ解決策が盲点と言うかちょっとお間抜け感ありで、DVDレコーダーがおかしくなったら取り敢えず電源コードや端子を全部ぶっこ抜いてオールリセットするウチのオカンの対応みたいで結構笑えたwまあ人間冷静さを欠けば初歩的な事も見落としがちになると言いますから、一倉管理官らの呆然とした反応もある意味リアルなものなのかもしれませんねぇ(自分も言われるまでは全然気付かなかったので・・^^;)
ただ8つの事件の裏で暗躍していた日向美奈子の存在に関しては、自分はそこまで深く介入しなくても良かったんじゃないかな~?と思ってしまった。OD1でも一際個性を出まくってた印象的な女性犯罪者ではありましたけど、個人的に崇められるほどカリスマのある人には見えなかったので黒幕としては薄味だったのが正直なとこ。むしろ実行犯の少年たちが易々と湾岸所内に入る事が出来た辺りから警察内部に内通者がいるんじゃなかろーかと睨んでた自分は、アイスマンな表情を匂わせていた鳥飼を真っ先に疑ってたりしたんですよねぇ・・。全然違ってましたけど
しかしその鳥飼は演じてるのが小栗旬なもんだからイイ演技だったってのもありますが、個人的にはかなり気に入ってしまった新キャラクターでもありましたねぇ。最初こそ本店支店のいざこざの調整役として冷静に物事を進めていた好青年っぽく見えましたけど、途中で怪我をしてからは『ダークナイト』のトゥーフェイスみたいに性格変わった?と思うほどドス黒いオーラみたいなのを纏っていた気がする・・
悪・即・斬みたいな偏った思想もかなり危ないし、もし踊る4とか予定してるんだったら青島との対立なんかを観てみたい気がしますねぇ。


・・本当は到る所にある小ネタやキーワードに気付いていればもっと楽しめたとは思うのですが、『にわか』な自分は結局スルーしちゃったり理解しないまま終わってしまったなんて部分があったのも否めず、そのため観終わった後ちょっと勿体無い気持ちというか、満足感のようなものが込み上げて来なかったのが残念であり無念でもあったりする・・。最後に青島が実行犯の少年に感じた違和感なんかもその一つな気がしますし、やっぱりちゃんとテレビ版観るべきだったのか、はたまた劇場版も隅々までチェックすべきだったのかと思っちゃいましたね・・

評価:○
踊りすぎて,てんやわんや。  
 『湾岸署最後の日、 最悪が占拠する。』  コチラの「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」は、大ヒットTVシリーズの「踊る大捜査線 THE MOVIE」、「踊る大捜査線 THE MOVIE2」に次ぐ劇場版第3弾となる7/3公開のポリティカル・アクション・コメディなのです?...
JUGEMテーマ:映画館でみました!湾岸署、封鎖されちゃいました。
7月3日公開の映画「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」 を鑑賞した。 この映画は1997年に放送された 踊る大捜査線の続編で7年ぶりの新作、 湾岸署移転による引っ越し部長に任命された 青島がある事件をキッカケに自ら逮捕した 犯人を釈放するよう...
「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」★★★★ 織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、伊藤淳史、内田有紀出演 本広克行監督、141分 、2010年7月3日公開、2010,日本,東宝 (原題:踊る大捜査線 THE MOVIE 3 )       ?...
平成22年7月9日(金)。 映画:「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」レポ。 小栗旬君が出演する!、ポストカードセットが前売券につく!と知り、劇場へ父に速攻走ってもらった私。 しかーしっ!、どんだけ携帯電話の液晶に目を凝?...
 数ヶ月ぶりに映画を観て来ました。いや~、今年は本当に映画館に足を運んでないよなぁ。劇場で観たい映画いっぱいあったのに…。  観て...
ドラマの再放送や、『めざましテレビ』などフジテレビの『踊る祭り』に踊らされ、いや興味をそそられて、とうとう観に行ってしまいました。『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』先日放送された『~THE MOVIE』もやっぱり見てしまい、『~レインボーブリッジを封鎖
 『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』を観た。  【ストーリー】  強行犯係係長に昇進した青島俊作(織田裕二)は、...
湾岸署が最新ハイテク設備を備えた新しい施設に引っ越す事になった。係長に昇進した青島が引越し対策本部長として奔走する中、銀行強盗事件とバスジャック事件が同時に発生。さらに引越しのドサクサに紛れて青島らの拳銃3丁が盗まれ、その拳銃を使用した殺人事件が起きて...
映画『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』は、連続テレビドラマ『踊る大捜査線』の劇場版第3作です。 織田裕二さんは、青島俊作 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
映画「踊る大捜査線THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」を観てきました!! 「踊る大捜査線」シリーズはドラマから今までの映画まで、全部観てますからね。 今回の新作を知ったときから、観に行くのはマストだったんですよ。 今回も、期待通りに楽しめる作品になってまし...
ドラマは未見で~す(再放送を1~2話少し見たくらい)でも映画は2作品とも観ています結構面白いですよね、踊るシリーズって【story】湾岸署を襲った連続殺人事件から7年。湾岸署は、セキュリティー設備が充実した新湾岸署への引っ越しをすることになる。引っ越しの作業を?...
踊らされてる大捜査線 【Story】 湾岸署は、セキュリティー設備が充実した新湾岸署への引っ越しをすることになり、その引っ越しの作業を一...
2010/07/03公開 日本 141分監督:本広克行出演:織田裕二、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、伊藤淳史、内田有紀、小泉孝太郎、北村総一朗、小野武彦、斉藤暁、佐戸井けん太、小栗旬、 柳葉敏郎湾岸署、封鎖されちゃいました。湾岸署を襲った連続殺人事件から7年。次々?...
和久さん、いやいかりや長介さんを生で見た最初で最後の「OD2」舞台挨拶から7年・・・ついに「踊る」が帰ってきたぁ本日より公開になった『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』本広克行監督、脚本の君塚良一、亀山千広プロデューサーの3人をゲストに迎え、「...
公開日に観ようかなと思ったけど、混んでて、通路側の席が難しそうだったので、次の金曜日(会員デーで1000円♪)に鑑賞。 「ま、はずれはないでしょ」という感じで「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ! 」。 「UCとしまえん 」は、平日の夕方として...
 なんか今さらという感じもしますが、踊る大捜査線シリーズ劇場映画第3弾、踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!を観てきました。  「今さら」というのは、封切られてから期間が経っちゃったというわけではなく、2作目からだいぶ経ってしまったので、、、とい...
踊る大捜査線 ヤツらを解放せよは劇場で鑑賞しが 結論は待望の第3弾でシリアス&面白さ良いけども
踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!'10:日本◆監督:本広克行「サマータイムマシン・ブルース」「踊る大捜査線」◆出演:織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、伊藤淳史、内田有紀小泉孝太郎、小栗旬、北村総一朗、小野武彦、斉藤暁 ◆STORY◆湾...
うる星やつらかドラゴンボールかってくらい 出演者が増えてしまって、 それを破綻させずに見せ場作ろうってのは かなりがんばってるわけで。 おまけに7年のブランクの分、キャラ設定にリアルさを出そうとするから みな若干職掌が変わってる。 (もっとも青島は多分良く…
トイ・ストーリー3(原題:TOY STORY 3) 325本目 2010-29 上映時間 1時間43分 監督 リー・アンクリッチ 出演 トム・ハンクス(ウッディ) 、  ティム・アレン(バズ・ライトイヤー)     ジョーン・キューザック(ジェシー) 、  ネッド・ビーティ(ロッツ...
 これまでの2つの作品を楽しく見たこともあって、酷く遅くなってしまいましたが『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』を、吉祥の映画館で見てきました。 (1)こうした鳴り物入りの映画は、宣伝ばかりすごくて中身がなく、結局のところ面白くないというのが通?...
踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!(映画.com) 踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!@ぴあ映画生活 踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!オフィシャルサイト ○作品情報(映画.comより) 監督:本広克行 製作:亀山千広 プロデューサー:臼井裕?...
 「規則は、破るためにあるんだよ。」  『踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル』(1998年)で、主人公・青島刑事が口にするセリフだ。  テ...
◆踊る大捜査線シリーズ踊る大捜査線の3作目を見ました。最終日近くとあって劇場は、ガラガラでした。しかし、映画は面白い。
10年/日本/141分/刑事ドラマ/劇場公開 監督:本広克行 製作:亀山千広 脚本:君塚良一 出演:織田裕二、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、伊藤淳史、内田有紀、小泉孝太郎、北村総一朗、小野武彦、斉藤暁、佐戸井けん太、小林すすむ、甲本雅裕、寺島進、松重...
昨日、2011年3月15日(火曜日)の夜勤の途中、ふとインターネットのニュースサイトを見ると『静岡県東部、震度6』の文字が…私の息子が住んでいるのは神奈川県西部なので心配になり電話するも災害時のためすぐには連絡が付かず…やっと連絡が取れて無事を確認。 息子曰く...

コメントの投稿

非公開コメント

今回はオールキャストに加え、
過去の犯人役の人たちも出てきたので、
ごちゃごちゃした人の出入りでしたね~。
それでもこのシリーズは、
小ネタがけっこうおかしいので笑ってしまた個所もけっこうありました(笑
ただドラマを見てる者からすれば、
室井さんと青島君の絡みが少なすぎるのが残念でした。

もはや雲上の存在

>えふさんこんばんわ♪

オールキャストですから主要のみならずスーパーサブとも言える脇役の人達も当然出てるはずですし、そういう細かい配役などにも気付いてれば自分ももっと楽しめたんじゃないかと思うんですけどね~?過去の犯人たちにしても自分は小泉今日子やナイナイの岡村くらいしか分かりませんでしたけど、それでも分からないなりに『過去にこんな人達が犯人役をしてたんだ』という事を知る事が出来て、違った驚きもありましたねw

そいえば青島と室井さんの絡みは今回極端に少なかったですよね。これも室井さんがもう雲の上のような役職になってしまったせいでしょうか?
OD4(?)もあんな感じになっちゃうんでしょうね~?^^;

こんにちはー^^

面白かったけど、確かに「騒がしい」感じはあったね^^
わたしも鳥飼疑いました^^;
でも、違っていてちょっと残念(^m^)
「4」が出来たら青島との絡みが増えそうだね^^
室井さんも出番少なかったけど、今回筧さんいなかったねー(>_<)残念でした。

こんばんは

いろんなところで無理があったり、重要なポイントに焦点が当てられてなかったり、明らかにおかしい描写があったりと、いろんな弱点がある映画だと思いますが、それでもやっぱり楽しく観れてしまうのが『踊る』シリーズの魔力なのでしょうか。それともただ単に僕が好きなだけなのかもしれませんけど。
とりあえず、次回作はなるべく早くお願いしたいです。

筧さん不在w

>みすずさんこんばんわ♪

オールキャストほぼ総出演ゆえ慌しいのはしょうがないにしても、少なくとも自分はちょっと困惑してしまった部分がありましたねぇ~。あの引越し作業の中での人物の判別は思った以上に難しかったです・・(汗

あっ!そいえば筧さんが演じてた新城さんいませんでしたね^^;スピンオフの『室井』からどこに行ったんでしょうね?(汗

>えめきんさんこんばんわ♪

多少の弱点も持ち前のギャグ要素と大所帯な登場人物を後押しにし、力技で押し切るといった感じでしょうか?あまりファンではないので、今回そういう印象も受けた自分なのですが、変に回りくどいよりは良いかもしれませんね♪エンタメは単純明快のほうが自分も好きですし♪

でも前作から7年も経過しちゃったから、今度は何年掛かるんでしょうね~?また合間にスピンオフを繋げたりもしそうですよね。^^;

祝70万HIT

こんばんは☆

メビウスさん、70万HITおめでとうございます☆
10周年とは言わずもっと早期に100万目指してくださいね☆

この作品の方ですが、ファンでなければかなり難しい映画ですね。笑うんだろうと思われるシーンもあるんですが、イマイチ空振りでさらに大人の事情が作品の絡みを薄めつまらなくさせてしまっているのが残念でした。

辛い所もありますけど・・

>daiさんこんにちは♪

そいえばずっと前に公開された『あぶない刑事』もそうですが、こういった刑事モノに限らずTVドラマから映画になる作品ってやっぱりファンの方とかに限られる部分もありますから、自分のようにTVドラマの方だけ観てないで映画だけ観てるって感じの人には、今回のてんこ盛りな内容は正直辛いとこもありましたね・・^^;でも個人的に笑い所と思わせるシーンはしっかり笑わせてくれて、楽しめたのもまた然りです。

それと70万hitの方も有難うございます♪10周年で100万とか言っちゃいましたけど、考えてみたら6年目で70万だから、単純計算でもあと2~3年で100万行っちゃいそうですね。訪問してくれる方が滞らなければですが・・(汗

こんばんは♪

もしかして踊るファンだけで盛りあがってるのかなとも思ったりして^^;
私は大好きだったんで、7年だったのに同じキャストが大集合は嬉しかったです。
でも室井さんと青島くんの絡みが少なかったのは残念でした。

観方の違いでしょうか?

>yukarinさんこんにちは♪

自分も楽しめた事に変わりは無いのですが、でもファンの方よりはその楽しみの度合いが低かったというのもまた事実だったりしますね。シリーズ通して見ていないのもあってか、楽しめる要素がふんだんに盛り込まれてるのにそれに気付かずスルーしてしまったとこも多いですから、ここら辺がやっぱりにわかとファンの観方の違いかなと思ってしまいました(汗

でも青島と室井さんの絡みの少なさは、室井さんの立場上どうしようも無かったかもしれませんねぇ。次回作があったとしても、それは変わらないかも?

こんばんは~♪
私もテレビドラマは未見なのですが、映画は好きで何回も観ているので、やっぱり踊る~の面々の面白さは楽しめました。
だけど、今回はより一層ゴチャゴチャ感があったし、事件捜査なんかもあまり描けていなくて物足りなさはありました。
事件の黒幕も、何も昔の犯人を再登場させなくてもいいのになぁ~って思ったわ~

見切りつけてましたw

>由香さんこんばんわ♪

お互いドラマは未見ですけど、そんな人でも程よく楽しめる要素があるのも『踊る~』の魅力なのかもしれませんね。スリーアミーゴスなんて知らなくても笑えてしまうでしょうしっ^^
でも7年ぶりなせいか、お祭り感もあって前2作よりも凄い大所帯となってましたねぇ。さすがに自分も全部のキャラクターを把握するのは困難だったので、途中で見切りをつけてしまったりで・・(汗)
日向の再登場も懐かしかったですけども、自分も出来れば違う犯人に指定して欲しかったですね。

こんにちは♪

踊るファンのNakajiとしてはたまらないものもありましたが、ごちゃごちゃ感はありましたね~!!
室井さんがもう少し絡んでほしかったですわ~

寂しくなりそうです・・

>Nakajiさんこんばんわ♪出張の都合でコメントが遅くなってしまいました・・(汗

Nakajiさんのように踊るのファンの方でしたら、前半の湾岸署内のゴッチャリした引越しシーンでもキャラクターをちゃんと把握出来るのだと思うのですが、自分にはちょっと敷居が高く感じちゃいましたね^^;サブキャラなどはホント後になって『あ、そういえば・・』みたいな感じで気付いてたので、その点はやっぱりにわか故の浅さが露呈したと痛感しております(汗

室井さんは出世して凄いお偉いさんになった反面、出演シーンが物凄い激減してしまいましたねぇ・・。青島と室井さんの2ショットなんかも踊るの名物でしょうし、それがあの最後のシーンだけというのも確かに寂しい気もします。

おじゃまします。

おじゃまします。
私のブログにコメントをいただいてから(毎度の事ですが)反応が遅くなってしまい申し訳ありません。
このシリーズへの全体的な印象は、事件が結末に向かうにつれグダグダに、尻すぼみ…てのがあったのですが、この映画は中盤からダレてきたというか、今までで一番ダメだったような気がします。前半で楽しませていただいた貯金がラストには残っていないというのかなぁ。
あと、小泉今日子については私も薄味の黒幕というか、ピンと来ないかんじでしたかね。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。

>ピロEKさんこんばんわ♪

こちらもコメント頂いてからかーなーり間が空いちゃいまして申し訳ありません・・^^;お勉強の合間のパソコンいじりと言うことでご了承して頂ければ幸いです(汗

この作品は踊るシリーズの集大成的な作品だと後から聞きまして、確かに大所帯なキャラクターや随所にある細かいネタなどを見るとそう感じる所もあったのですが、ゆえにお祭り的な内容にもなってしまい、ストーリーもあまり惹かれるものを感じなかったのは自分も同意見かもしれません・・。
でもそれは自分が『にわか』であるからでもあるでしょうし、本当のファンの方の評価はやはり軒並み高いんですよねぇ。この辺りにやはり『ファン』と『知ってるだけ』の明確な温度差があるように感じました(汗

テレビシリーズが穴だらけなので、何とか地元で再放送とかして欲しいものです。

PAGETOP