愛についてのキンゼイレポート

【監督】ビル・コンドン
【出演】リーアム・ニーソン/ローラ・リニー/クリス・オドネル/ピーター・サースガード/ティモシー・ハットン/ジョン・リスゴー
【公開日】2005/8.27
【製作】アメリカ・ドイツ合作

【ストーリー】
1948年、セックスについての統計をまとめた『キンゼイ・レポート』を出版し、全米にセンセーションを巻き起こしたインディアナ大学の助教授アルフレッド・キンゼイ博士(リーアム・ニーソン)。著作はベストセラーになるが、キンゼイの栄光はある事がきっかけで地に落ちてしまう。失意の中研究を続ける彼は、喜びも悲しみも共に分かち合い魂で強く結ばれた妻のクララ(ローラ・リニー)に導かれ、科学を超えた境地に辿り着く・・・


【コメント】
全米で1万8000人以上にアンケートを取り、1人1人の性に関する報告をまとめたアルフレッド・キンゼイの実話を基にした物語。

リーアム・ニーソンが演じるアルフレッド・キンゼイの栄光と挫折の人生と共に、数人の助手と一緒に全米を渡り歩きながら調査し、記録した性のついての研究が赤裸々に描かれています

この映画を観るまであまり知らなかったのですが、この物語の舞台ともなる1940年代アメリカの性行為に対する世間の偏見や間違った知識たるや、ポカーンな(・ロ・;)感じで、開いた口が塞がらない状態でした。
『セックスをすると声がどもる』とか『体位は1つだけじゃないんですか?』等、今聞くとかなりバカらしい質問なのですが、それでも当時はこんな考えが『常識』だったんですよね~(-_-;)

そんな性と言う言葉すらも禁句のような時代に、その未知の部分に挑んだキンゼイ博士は今で言う『カリスマ』のような人だったのではないでしょうか?
その研究方法や講義の仕方などは正に目を疑うようなものばかりで、キンゼイの奥さんを助手の1人に抱かせたり(しかも奥さんも了承)、大学の講義では男性の性器と女性の性器(←しかもモザイク無しです)の写真を学生達の前で惜しげも無く公開したりと、かなり体当たり的なんですよね。

でも時には生き詰まり、葛藤し、性に対してひどく保守的な人物達から非難を浴びせられても決して挫けず、その解明に心血を注ぐ彼の生き様は素直に感動を覚えます。
そして彼を誰よりも理解し、常に傍で支えるクララ夫人との固い夫婦の絆も見所です♪

そう言った様々な苦労を重ね、完成させたキンゼイ・レポート。男性版と女性版があるらしいので、1度でいいから自分もキンゼイ博士が生涯を掛けて纏め上げたその書籍、観てみたいですね♪

どっかの図書館にないものでしょうか?(笑

『愛についてのキンゼイレポート』公式サイト
リーアム・ニーソン主演アルフレッド・チャールズ・キンゼイ1948年、1953年 二冊のキンゼーレポートを出版した当時アメリカでも性に対してはタブーとさられこの本が出版される事により、性に対する社会意識の革命が起こる約18000人から取材をしまとめたレポートでそれは衝撃
気になってた映画の試写会の日がついにやってきました。ここ数日、なかなか試写会に行くことが出来ず、本当に久しぶり!そして今日は、これから始まる映画三昧の日々の記念すべき1日目。見てきた映画は「愛についてのキンゼイ・レポート」です。{/hiyo_en1/}STORY 日本
-------「キンゼイ・レポート」って言葉、なんかどこかで聞いたことあるような....?「うん。懐かしい言葉だね。でもフォーンはもちろん、ぼくもリアルタイムで知るわけはない。だってこれって1948年に初めて発表されたレポートだもの」------なんのレポート?「『性』の実態
邦題:愛についてのキンゼイ・レポート 原題:Kinsey 監督、脚本:ビル・コン
この映画の公開日8月27日はある意味、記録にとどめておくべき日である。なにせ日本の映画館のスクリーンに、映倫許可ものとしては初めて<結合シーン>が映し出されるのだ。実は「愛のコリーダ」で堂々の本番シーンを演じた藤竜也の誕生日でもある(マザーテレサもそうだ
http://www.kinsey.jp/ リーアム・ニーソン(キンゼイ)や ローラ・リニー(マック)が好きで観に行った映画なんですが…。 タマバチの研究をしていたのが、結婚をきっかけにSEXについて、 350の質問を1万8000人の人達にアンケートを取っていく…。 世界中で大反響.
「愛についてのキンゼイ・レポート」 松竹試写室で鑑賞上映前に漫画家倉田真由美さんのトークイベントがありました。最近TVや雑誌での露出が多く顔は知っているけど漫画は知りません。漫画読まないし。ところがこの倉田先生、トークが上手。ワイドショーのコメンテーター
またもやひっさびさの更新です。いっつもこれゆってるなぁーあはは(^_^;)最近、「ごはん日記」から「映画日記」に変えたろかなぁーとか思ったりしてます。でもねー、こないだ室町四条にできた「bocca del vino」に行って来ましたぁ。でもって、「カノビアーノ京都」に
 カップル1、女性カップル1、男性1人客が2、女性1人客が1・・・これじゃサンプルが少なすぎる!もっと調査しないと客層がつかめない! 60年代のキンゼイ・レポートは確かに様々な分野に影響を及ぼし、エポック・メイキングであったと思われる。その内容は今まで全く知らな
リーアム・ニーソンが主演を務めてる映画ということで、見に行ってきました。感想など書きたいのですが、うまいこと書けるかわかりません・・が書いてみますね。(ネタバレ注意です~)生物学の教授で「タマバチ」の研究をしていたキンゼイ(リーアム・ニーソン)は自身の経
??Ĥ?Υ???Υ???ä?Τ?衣???С????ä??ä?Τ?α?????????????????ä??????餤ä??Τ???ä??????ä??Υ?Τ????????ä??Τä??ä????????ä??????¿????Τ????????????????Ū?????顢????????θΤ??????Τ?礦?Τ??????Ĥ???褦???ä?Τ???????äΤ???ä?顢Х
映画館にて「愛についてのキンゼイ・レポート」★★★★☆いまでこそ女性も「性」を語る時代になったが、50年前のアメリカではまだまだそれはタブーだった。名前しか知らない「キンゼイ・レポート」とキンゼイ博士。一体どういう人で、何をどういうふうに調べたの?ストー
「愛について」というか「性」についてですね。この映画の宣伝で「その愛に、満足していますか?」というのがありましたけど、恋愛のHow toものの映画だと思って観てしまう人がいたら。。。全然違う内容です。原題は「KINSEY」。動物学のキンゼイ教授の一生という感...
《愛についてのキンゼイ・レポート》 2004年 アメリカ/ドイツ映画 - 原題
そんでもって・・・今月の2本目はこれ。銀座のシネ・スイッチ銀座では、金曜日、女性限定だと900円で観られるのね。で、前から観たかったし、あ、ちょーどいいや^^;ってんで、昨日さくっと(笑愛についてのキンゼイ・レポートインディアナ大学の動物学の助教授、アル
●愛についてのキンゼイ・レポートを浜松中央劇場にて鑑賞。こんなマイナー臭がプンプ
?Ĥä??? ?? ???Υ?å??Alfred C Kinsey;1884-1957)Sexual Behavior in the Human Male??: ??????????Sexual Behavior in the Human Female??: ???????????Τ???Τ?ä1948?1953????餫??????ä??ä???18,000???Ĵ????Τ?ä??19??Ū????īζŪ?????Τä???Хθ???
試写会「愛についてのキンゼイレポート」開映18:30@松竹試写室「愛についてのキンゼイレポート」 KINSEY 2004年 アメリカ・ドイツ配給:松竹監督:ビル・コンドン製作:ゲイル・マトラックス 製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ、カーク・ダミーコ、 
タイトルからは全く魅かれなかったけど、『ゴッドファーザー』のフランシス・フォード・コッポラ製作総指揮、脚本は『シカゴ』のビルコンドンと聞いてとりあえず観ておこう。と。第62回ゴールデン・グローブ賞3部門(作品賞、主演男優賞、主演女優賞)ノミネート、アカデミー
中学生の時「オ○ニーをすると馬鹿になる」と真剣に思っていた一人です。しかしそう思ってはいても、理性が性欲に負けてしまうというのが多感な中学生という時期なのです。生物学者アルフッド・キンゼイは、大学で実地的な性教育の学びたいという学生の声に答えて、“結婚講
ストーリー:アメリカ、インディアナ大学の助教授キンゼイ(リーアム・ニーソン)は、助手たちに、アメリカ各地を一緒に旅しながら個別面接で、人々の「性」の実態のデータを収集するよう命じる。キンゼイは助手たちと面接の方法について試行錯誤するが…。(goo映画より引用
"KINSEY"監督・・・ビル・コンドン出演・・・リーアム・ニーソン、ローラ・リニー、クリス・オドネル、ピーター・サースガード、ティモシー・ハットン、ジョン・リスゴー、ティム・カリー、オリヴァー・プラット、ディラン・ベイカー、他。・物語序盤・1940年代の
日曜日にまたもや友達に連れて行って貰っちゃいましたvv(笑)場所:松竹本社 公開記念トークイベント付き★トークイベントのゲストは、作家の斉藤綾子さん。バイの方で、その視点から「愛のカタチ」を語って頂きました★著書を全く読んだ事がなかったので、読んでから行け
邦題:愛についてのキンゼイ・レポート『インディアナ大学の助教授キンゼイは助手たちに、アメリカ各地を一緒に訪問し、個別面接で「性」のデーターを収集するよう命じる。助手たちはキンゼイと面接の方法を試行錯誤する。』director ...Bill CondonAlfred Kins...
*ネタで映画を見ないのが感激コンサル流。ネタバレが嫌なら読まないでねv(つーかさ、ネタバレが嫌な人は何を知りたくてネットをうろうろしてるんだろー?悩まずに見に行った方が早いぞ~!当たりも外れも、要はネタじゃないんだから!)ちょっと興味があったのだけ....
偶然なんだけど、『ヴェラ・ドレイク』に引き続き、“性”をテーマにした映画を見ることになった。<STORY> 1910年代初頭のアメリカ。 性に対して極端に保守的な思想を持つ父親 (ジョン・リスゴー) の元で育ったアルフレッド・キンゼイ (リーアム・ニーソン)は、工学を
愛についてのキンゼイ・レポート 9/2 MOVIX京都シアター7 ★★★★ →リーアム・ニーソンが主演でそれらしい邦題はついでいるので「また恋愛がどうのこうの。。という映画か。。」とスルーの予定だったのですが蔵六さんのブログを見て興味を感じたので見てきた。
あんまり前情報なく、時間がうまく合ったので観に行ったのはリーアム・ニーソン主演の『愛についてのキンゼイ・レポート』キンゼイ博士は50年前にセックスに対するユニークなインタビューを試みそして、その結果を出版・・・男性版はベストセラーとなるがその後...
'05.09.10 KTと『愛についてのキンゼイ・レポート』これは気になりました。Hについて初めて本格的に調査し本を出版した人の話。ドラマとして面白そうだったのとやっぱり多少気になりました…(赤面) これにKTを誘ってしまうのもどうかとは思ったのですが…。まぁ、OKい...
チケットを買うと、入場者プレゼントとしてインターネット調査による日本人の恋愛観や性癖、性の履歴についての意識調査がまとめられた冊子がついていた。鑑賞前は読まなかったが、観賞後にそれを観ると・・・キンゼイ博士があれほど批判され軽蔑され身も心も削られながら調
人気blogランキングへ【この映画について】この映画はアルフレッド・キンゼイ(1894-1956)というクマ蜂の研究の第一人者であった実在の学者が、有る出来事をきっかけに性の実態を解明する行動に出る。今まで語られなかった他人の性行為について自らがインタビュ...
タイトルだけでも、何かグっときませんか?「性」って、人間が悩む永遠のテーマのような気がします。誰もが抱く性についての疑問を350もの質問にして、1万8千人に尋ね、その結果をまとめたキンゼイ博士の一大レポートが出来るまでのお話です。今から50年前の話ですが
公式サイト監督:ビル・コンドン出演:リーアム・ニーソン、ローラ・リニー、クリス・オドネル、ピーター・サースガード、ティモシー・ハットン評価:86点(100点満点)奇人の実話を描いた映画。キンゼイ博士って、ちょっとどこかおかしい。...
5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)今どきの中学生並みに幼稚な発想で全米を巻き込んで「性」について調査しまくったキンゼイ博士の半生を描いた伝記映画です。内容が内容だけに映画としてどー持って来るかなぁ~と思っていたのですが・・・思っ
昆虫学者のアルフレッド・キンゼイは、大学生たちがあまりにも性についての知識を持っていなかったため性についての講義をすることになる。講義をしていくうちにこれが興味深いものであるとキンゼイは思い、性行動についての研究を始める。アメリカ全土を調査し、完成された
監督 ビル・コンドン 主演 リーアム・ニーソン 2004年 アメリカ/ドイツ映画 118分 ドラマ 採点★★★ アメリカは先進的で自由でオープンな国と思われがちだが、実のところここまで保守的な国も珍しい。劇中でも語られるが、厳格で禁欲的なキリスト教徒“ピューリタン”の移
愛についてのキンゼイ・レポートKinsey2004年 アメリカ冒頭のインタビュー練習のシーンから、面白そうな予感がした。助手にピーター・サーズガードとクリス・オドネルなんて
さるおです。 『KINSEY/愛についてのキンゼイ・レポート』を観たよ。 これはおもしろい! ただ、愛についてのレポートじゃないので、とにかく、なんちゅーか、お子さん以外にはおすすめだYO(笑)! 監督・脚本は、『シカゴ』の脚本家ビル・コンドン(William Condon)、うーん
愛についてのキンゼイ・レポート製作総指揮:フランシス・コッポラCAST:リーアム・ニーソン、ローラ・リニー 他ゴールデン・グローブ賞作品賞、主演男優賞授賞、ゴールデン・グローブ賞助演女優賞、アカデミー賞助演女優賞ノミネートアメリカの性科学者であり昆虫学者のアル
愛についてのキンゼイ・レポートリーアム・ニーソン (2006/03/30)松竹 この商品の詳細を見るぷち情報2005年8月27日 劇場公開監督 ビル・コンドン 出演 リーアム・ニーソン 、ローラ・リニー 、クリス・
あらすじ今から約50年前、性について語ることはタブーだったアメリカ。大学で動物学を教えるキンゼイ博士(リーアム・ニーソン)は、恋人との結婚や学生からの要望をきっかけに、人間の性の研究に着手。そのレポートを出版し、全米に一大センセーションを巻き起こす・・..
原題:Kinsey男性の全裸はヘア付きで登場するけど、女性のオールヌードはない、モーホーのほうとイージーの話が中心だけど、これなら家族もママもOKさ・・ 50年も前の時代、生物学教授アルフレッド・キンゼイ(リーアム・ニーソン)、通称"プロック"はタマバチ
キンゼイ博士がまとめたのは、愛についての、というより、「性」についてのレポート。誰もが持つであろう疑問なのに、誰も尋ねず、誰も答えてくれない、性に関する疑問。自分はノーマルなのか、アブノーマルなのか。誰にも打ち明けられず、悶々と過ごしていた人々に、一縷の
今回も「映倫 R-15」指定のちょいエロ系作品かなっ。 といっても、大学教授が今までのタブーを破って、 性についてのアンケート調査を、まじめに行った・・・ という実話系の作品。
「愛についてのキンゼイ・レポート」(原題:Kinsey)は、2004年公開のアメリカの伝記映画です。ビル・コンドン監督・脚本、リーアム・ニーソン、ローラ・リニーらの出演で、性につい...

コメントの投稿

非公開コメント

TBありがとうございまぁす

TBありがとぉございましたぁ☆

こちらこそです♪

>hirokaさんこんばんわ♪

こちらこそ、わざわざコメント頂き有難うございます。また面白い映画観ましたら教えて下さいませ♪

TBありがとうございます

はじめまして。TBありがとうございます。
キンゼイ・レポート…一度読んでみたいなぁ~と思いました。
それにしても18000人ものインタビューって…すごいなぁ~。
キンゼイが血を流していたシーン…とても切なかったです。

男性版かな?

>teruacoさんこんばんわ♪

自分もこのキンゼイレポートなる本読んでみたいですね~♪やっぱり最初は男性版がちょっと気になりますね(笑
キンゼイのお風呂場でのシーンは痛々しいと共に悲しみもこみ上げてきます。クララ夫人が優しく抱き締めてくれる所なんても~ジ~ンときちゃいましたね。

TBありがとうございました

こんにちは~。
キンゼイレポートから50年もたっているので、今現在のアメリカ人の性意識はその当時と全く変わっているでしょうねぇ。
特に女性の性解放は急激に進んでいますからね。
ああいう夫を支え続ける妻はホントに大変です。
クララあっぱれです!
(「ビューティフルマインド」もそういう感じでしたね~)

キンゼイ博士はエライ♪

>ミチさんこんばんわ♪

半世紀も経つと色々変わるものですが、それもキンゼイ博士のレポートに端を発して、今日に到っているのではと思っちゃいますね。
そうじゃなきゃ、アメリカの精知識も今頃は鎖国状態ですね・・・(笑

ローラ・リニー

こんにちはTBさせていただきました。ローラ・リニーよかったですよね。あんなダンナ様を持つとなかなか大変だったと思うのですが、そういうところも感じさせつつ超えた感じがとってもよかったです。

夫婦愛

>maruさんこんばんわ♪

キンゼイ博士は性についての研究に熱心過ぎたために、他人から見ると少し浮世離れなしてる印象を持っちゃうのですが、その夫の考えを誰よりも理解しているクララ夫人の愛に胸を打たれましたです♪

性体験のリポート等、内容はちょっとアレ(^▽^;)ですけど、夫婦の絆を深く描いている作品を久々に見た気がします。

こんばんは♪

研究熱心な博士を支え続けた、ローラ・リニー演じるクララが素晴らしかったです!
どんな事があっても、お互いを尊重し合い、信じ続ける究極の愛です!涙ものですね。

性問題と夫婦愛

>ななりさんこんばんわ♪

性と言うテーマを扱ってると同時に、キンゼイとクララの深い夫婦愛も盛り込んだ展開は、秀逸ですよね♪お風呂場のシーンは個人的に印象に残ってるシーンです。

今年はこういった夫婦の絆や愛を描いた作品がトントンと出て来ていますよね~。自分はちとこう言うのに弱いわけでありまして・・(笑

トラコメどうもです

真面目に研究してるからこそ、赤裸々告白が新鮮かつ、微笑ましくも見えましたねーーー。

先駆者

>ひらりんさんこんばんわ♪

当時の人からして見たらキンゼイ教授のやってた事ってすんごい変なことだと思いますけど、でも彼の徹底した研究が無ければ、一般的な性知識もあそこまで普及する事は無かったんじゃないかなとも思いましたね。

PAGETOP