【監督】キャスリン・ビグロー
【出演】ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティ/ガイ・ピアース/レイフ・ファインズ/デビッド・モース/エバンジェリン・リリー/クリスチャン・カマルゴ
【公開日】2010/3.6
【製作】アメリカ

【ストーリー】
2004年夏。イラク、バグダット郊外。アメリカ軍の爆発物処理班は、死と隣り合わせの前線の中でも最も死を身近に感じながら爆弾の処理を行うスペシャリストたち。ある日も爆弾の処理を行い、退避しようとした瞬間に突如爆弾が爆発。一人が殉職してしまう。新しい中隊のリーダーに就任したウィリアム・ジェームズ二等軍曹は、基本的な安全対策も行わず、まるで死に対する恐れが全く無いかのように振舞う。補佐に付くJ.T.サンボーン軍曹とオーウェン・エルドリッジ技術兵は、いつ死ぬかもしれない緊張感、特に一瞬の判断ミスが死に直結する爆弾処理の任務の中で、徐々にジェームズへの不安を募らせていく・・・。
【コメント】
今年のはじめに『アバター』を鑑賞して衝撃を受けた者としては、ゴールデングローブ賞に続いてアカデミー賞でも作品賞などを受賞して欲しいなぁ~みたいなのが本音ではあったんですが、そこは唯一の対抗馬であったこの『ハートロッカー』が阻止。監督賞とのダブル受賞にその他もろもろの受賞と、気付いたらアバターを大きく引き離していて唖然くらっちゃいましたけど、その事でも一気に注目度が上がった本作を遅れ馳せながら自分もようやく鑑賞。そして観終わって改めて知った本作の凄さ。この手のジャンルは相も変わらず苦手ですが、全編に渡って極度に張り詰めたような場面は否応にも目が釘付けになりましたねぇ。

しかしまあ苦手とは言ってはいるものの、自分にとってこういった戦争を題材にしたような作品はその時代に何が起き、そんでもって歴史的な出来事の裏で何があったのか?なんてのを観て学ぶ教科書のようなものと捉えてるとこもあるせいか何かとタメになったりもしており、本作のハートロッカーもそんな感じに思えた。爆弾解体のスペシャリストである爆弾処理班に所属する3人の視点で進行するその内容は、危険な解体作業の実態などを緊張感に富んだ映像でもってまざまざと見せ付けてくれます。

爆弾が起動しないよう間近で信管などを抜くという作業をする以上処理をする人は死と隣り合わせであり、そのため作業員の死亡率も他と比べれば5倍も違うというのですから、正に世界で一番危険な仕事といっても大袈裟ではないかもしれない。その危険性にしても爆風で充分過ぎるほどの致命傷を与える事を冒頭で理解できますし、隊員が常に身に付けている防護服ですら物凄い気休め程度にしか感じませんね・・
また舞台にもなってるバグダット郊外は、地中に埋もれている爆弾の他にも遠方から処理班を狙っている狙撃者などにも気を配らないといけないようなので、そんなピリピリした雰囲気や疑心暗鬼の気持ちを持ち続けながらの任務がほぼ毎日続くとなると、気が滅入ってしまうのも当然のように思えます。

けどそんな中で処理班のリーダーのウィリアムは型破りな行動で班内を混乱させ続け、ただでさえハラハラするようなシーンがウィリアムの無謀極まりない作業によって更に拍車をかけるから心臓に悪いゾッとする場面がますます増えていくんですよねぇ・・。まあ端から見たらホント『どこかのネジが取れてるんじゃないだろうか?』と思ってしまう程ハイな人なんですが、それでもあんな大胆な行動が出来るのは今まで何百と言う数の爆弾処理をこなしてきた彼の実績と経験に裏打ちされた熟練者ならではの行動のようにも思えますし、慎重さや手順通りの作業が重視される仕事ではあるけれど、ウィリアムのマニュアル無視な行動も時と場合によっては必要なんじゃないか?と、途中からやや肯定気味な立場で自分は観ちゃってました
そのウィリアムを演じたジェレミー・レナーはほぼ知名度の無い俳優さんなんだそうで自分も全然知りませんでしたが、主演男優賞にノミネートされただけはあって本作では見事な熱演っ全編に渡って醸し出されてる緊張感なども彼の額に流れる汗や息遣いがあってこそだと思いますし、トラブルメーカーな性格と時折見せる人情味溢れる姿も上手く演じてたんじゃないでしょうか?
それと髪型がどことな~くダニエル・クレイグっぽかったので、アングルによってはダニエルボンドに見えちゃったというのは自分だけかもしれませんね


そんな迫真の演技で魅せたジェレミー・レナーをはじめ、一緒に共演してたアンソニー・マッキーやブライアン・ジェラティという人達もほぼ無名。BGMも限られたシーンのみの使用だったり、手持ちカメラで撮ったかのような映像も見て取れたから、ドキュメンタリーさながらの本作は『アバター』とはまた違ったリアリティがあり、巧みな演出も散りばめられててアカデミー賞で絶賛されたというのも確かに納得出来る所がありましたねぇ。
・・でもこの映画って爆弾処理班の姿を通してイラク戦争に関する問題やら何やらを浮き彫りにした作品かといえばそれはそれでまたちょいと違うような気もする。むしろ個人的にはあまり知らなかった爆弾処理班という職業の人達の日常や日々の任務での苦闘、そしてそれぞれが抱える不安といった部分に忠実に迫ったのが結構印象強かったですね。

評価:◎
 『彼らは、数えきれない命を救う。 たったひとつの命を懸けて─。』  コチラの「ハート・ロッカー」は、2004年夏のイラクを舞台に爆発物処理班の兵士たちの姿を描いたPG12の3/6公開の戦争映画なのですが、公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ~♪監督は、「...
処理できないものは人間の心。  
うむむ、イラスト描くのが、難しい映画だった。 「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー(58)監督。 第82回アカデミー賞では作...
映画 「ハート・ロッカー」 THE HURT LOCKER         キャスリン・ビグロー監督 2008年 アメリカ 観たのはアカデミー賞発表の翌日です。 さすがアカデミー賞受賞効果でしょうか。 平日の通常料金の時間帯で、並んで入ったのは久しぶりです。 (私は安い福...
イラクでの取材体験に基づいて描く戦場の恐るべき実態 東宝シネマズ二条にて鑑賞。仕事終了後、急いでシアターに。。。。今日はアカデミー賞6冠に輝いた「ハート・ロッカー」です。ニューヨークアイラブユーパート2はちょっと後にしてまずこの記事を書きたいと思います...
【THE HURT LOCKER】 2010/03/06公開 アメリカ(PG12) 131分監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース、エヴァンジェリン・リリー、クリスチャン...
第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹...
 彼らは、数えきれない命を救う。たった一つの命を懸けてー。
ハート・ロッカー(原題:THE HURT LOCKER) 306本目 2010-10 上映時間 2時間11分 監督 キャスリン・ビグロー 出演 ジェレミー・レナー(ウィリアム・ジェームズ二等軍曹)      アンソニー・マッキー(J・T・サンポーン軍曹)      ブライアン・ジェラテ?...
作品情報 タイトル:ハート・ロッカー 制作:2008年・アメリカ 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース あらすじ: 2004年夏、イラク・バグダ...
イラク戦争の現場バクダッドを舞台に、死と隣り合わせの日常を送る米兵士らの緊迫の姿を描いた戦争ヒューマン・ドラマ「ハート・ロッカー」(2008年、米、131分、キャスリン・ビグロー監督)。この映画は、テロが続く混迷を極めるバクダッドで、爆弾処理チームの3...
『 ハート・ロッカー 』 (2008)  監  督 :キャスリン・ビグローキャスト :ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・...
昨日2010年12月4日(土曜日)の過ごし方… 前日の夕方から始まった夜勤が残業で朝までになってしまい、帰宅できたのがAM7:00過ぎ… それから小一時間ほど入浴、でその後はうつらうつらと…で気が付くともう夕...
2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートを記録し、作品賞・監督賞、最有力候補とも言われている映画『ハート・ロッカー』。 2004年、イラク戦争で爆発物処理という任務に従事する男たちの物語です。 他の軍人に比べ、死亡率が5倍高いという爆発物処理班で...
あらすじ2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーにジェームズ軍曹が就任する・・・。感想『ハートブルー』のキャスリン・ビグロー...
ハート・ロッカー / THE HURT LOCKER 2008年 アメリカ映画 監督・製作: キャスリン・ビグロー 製作:マーク・ボール ニコラス・シャルティエ グレッグ・シャピロ 脚本:マーク・ボール ...
アクションというか戦争スリラーといってもいいような内容でした。 リアルな迫力があって、空気がぢりぢりとしてるので、観終わって本当に疲れました。ドンパチするだけが戦争ではないというのを改めて感じた作品でした。 人間が壊れてしまう。戦争中毒者となってしまっ...

コメントの投稿

非公開コメント

ドラマティック

ではあるのだけど、どこか突き放した
淡々とした描写がドキュメンタリーっぽくもありましたよね。
なんだかやっぱりすごく引き込まれちゃう
力強い作品だったなぁ~って印象が残ってますね。

良く心得てる

>miyuさんこんばんわ♪

どこかドキュメンタリー風でとてもリアリティのある内容に見えたのは巧みな映像処理に拠る所も大きいとは思いますが、あえて知名度が低い俳優さん3人を起用することでそのリアリティを更に高めていたと思いますねぇ。自分もジェレミー・レナーを知ってたらこうも現実的には観れなかった気がします。
まあ一部にガイ・ピアーズやレイフ・ファインズといった有名な人もいましたけど、どちらも目立った役柄ではなかったから、その辺りもなんか『良く心得てる』って感じがしましたねw

作品賞受賞も確かに納得出来る骨太作ですねっ。

このテンプレートもいいですね☆

ブログのタイトルロールが短いのは、好きなんです。
すぐ記事に入れるし、開けた時重くないし(笑)

メビウスさんが最後に書かれているように「イラク戦争に関する問題やら何やらを浮き彫りにした作品かといえばそれはそれでまたちょいと違うような気もする」に同感です。
戦争原因や問題がごっそり抜けて、対テロ戦闘班でもない「爆弾処理班」というスペシャリストを描いた作品で、戦争映画ではないのかも、と最近思えてきました。
このビグロー監督、そういう極限状態を好んで撮る人だけに、緊迫感は凄かったです。苦手なんだけど(汗)観てよかったです。

小難しくない?

>管理人さん改め、あんさんこんばんわ♪

戦争映画であるにはあるのですが、観た感じだとそれほど小難しい内容にしてはいなかったように思えますし、自分も処理班たちの日常をドキュメンタリー風に追った作品と言う位置付けで鑑賞してましたね。同じく苦手ジャンルですけど、あんまり深く考えずに観れたのはそのせいなのかもしれませんね~?

>テンプレート

自分はブログのテンプレは半年に1回の割合で変えてますねっ。fc2は膨大なテンプレ数がウリですが、2カラムにこだわりを持ってるのでこれだっ!って思えるものが意外と少ないんですよねぇ(なんとワガママなっw)

メビウスさん♪

今晩は☆彡
TB&コメントありがとうございます。
鑑賞から随分時間が経ちました。
最近では「グリーン・ゾーン」。
イラク戦争関連の作品が続きますね。
多分どれも反戦メッセージを込めたもの
だと思うのですが、、、、。
何か、作品の競い合いのような感じがしたり。。
どうなんでしょうね。臨場感あふれ、凄い
作品でしたが、、、、。色々感じる今日この頃
です。何か愚痴っぽくなってすみません<(_ _)>

こんにちは♪

うんうん、私もどことなくダニエル・クレイグに似てると思いました!
内容は淡々としているんですが緊張感も伝わってきて引き込まれました。
アカデミー賞作品賞など取ってしまったのが納得です。
個人的にはアバターを応援してたんですけど^^;

自分だけじゃなかったようで・・w

>mezzotintさんこんばんわ♪

そいえば今公開中でマット・デイモン主演の『グリーン・ゾーン』も大量破壊兵器云々でイラク戦争絡みの作品ですね。う~ん、最近その戦争モノが多いのか少ないのか意図的にスルーしてる自分にはちょっと分かりませんが、少なくとも予告編観た限りだと、グリーン・ゾーンはこのハート・ロッカーほど骨太に見えなかったのですがどうなんでしょね?ボーン3部作は面白かったんですが、グリーン・ゾーンはちょっと触覚が反応しなくてスルーしちゃいそうです(汗

>yukarinさんこんばんわ♪

あ、yukarinさんもダニエルヘアーに見えました?アングルがドアップだとそう見えなくも無いのですが、でも自分だけじゃなくてちょっとホッとしましたi-229

淡々としてるのは敢えてドキュメント風な演出にしたからでもあるでしょうね~?でもそれが現在進行形なイラクの現状をリアルに映しているようで、逆に変に盛り上がるよりはいいかもしれないと自分は思っちゃいましたねぇ。i-228

今年のアカデミー賞は『アバター』とこれの一騎打ち、みたいなことがよく言われましたよね
でも実際に両方見てみると、この二本方向性が全然違ってて同じ土俵で比べるのはかなりむずかしい気がします
『アバター』がファミレスだとすれば、こちら渋いバーといった感じかなあ。自分の例えもなんだかようわかりませんが(笑)

ジェレミー・レナーはわたしはなんとなくマット・デイモンに似た雰囲気を感じましたです。ダンゴッ鼻がチャームポイントかな

こんにちは~♪
私も戦争映画のジャンルは苦手なのですが、この映画は2度も劇場鑑賞してしまいました。
圧倒的な緊迫感と、戦争は麻薬だ―みたいなテーマが深く心を揺さぶりました。
でも、、、上手く感想が出てこないんですよね~この映画って。
とにかく凄い映画だなぁ~って思ったんだけど・・・
無名な俳優さんを起用したのは正解でしたよね。有名な方も出てきましたが、あっと言う間に死んじゃってビックリでした(笑)

今思えば・・

>SGAさんこんばんわ♪

今年のアカデミー賞の時は何かとアバターvsハートロッカー、ひいては元夫婦対決と色々騒がれていましたよね。作品賞ノミネートは10作もあったのに・・i-202
でも同じようなジャンルで一騎打ちとなれば格好が付きますけど、確かに今思えばアバターとハートロッカーはジャンルからしてかけ離れていますから、同じ土俵(作品賞)での対決でも随分隔たりを感じますね。
それとアバターがファミレスでハートロッカーが渋いバーってのはなんか理解できますよ。自分もファミレスの方が肩肘張らず気軽に行けますからw

>由香さんこんばんわ♪

由香さんこの作品リピートしたんですかっ?・・ま、まるでウィリアm・・ゲフンゲフンi-201
ま、まあでももう一度観てみようと思うくらい凄い内容の作品と言うのも分かる気はしますね。そして感想があまり思い浮かばないというのも同意。自分の場合文章力が無いからと言うのもありますけど、観て凄いと感じても、それを文章とかで表現するとなるとまた勝手が違うんですよねぇ^^;これは苦手な戦争モノだけじゃなく、他の作品でも言えることなんですが・・(汗

それと『凄い』は内容だけじゃなく演じてる俳優さんもその凄いに尽きますね。主演のジェレミー・レナーに関しては本当にあの熱演で知名度低いの?と疑ってしまったほど。
レイフ・ファインズやガイ・ピアースもいましたけど、でしゃばったような役柄じゃなかったので、良く心得てるっと感じてしまいましたw

淡々としたなかにもすごい緊張感がありました!
正直いってアバターの何十倍も見ごたえありました。
とても女性監督とはおもえない作品でした。

今更気付きました

>えふさんこんばんわ♪

娯楽的な要素としては自分はアバターに軍配を上げますが、緊張感やドキュメント風の映像など、CGにはない徹底したリアリティを追求した点ではハート・ロッカーがダントツですねっ。
それにこういう骨太な内容を女性の監督さんが作ったというのも確かに凄いですよね。この作品が受賞されるまでは気付きませんでしたが、ずっと前に観てたK-19もビグロー監督だったと言う事に今更ながら驚いてしまいましたw

No title

おじゃまします。
私も苦手というか、こういった社会派作品に対して語る口を持っていないんですよねぇ…何も思わないわけではないけど。
で、フィギュアがカッコイイとか言っちゃうんで、最近の問題定義型(?)の戦争映画に対しては最悪の観客かも知れないなぁ…と。
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

別視点

>ピロEKさんこんばんわ♪

自分もこういう作品を観て何も感じないわけではないのですが、正直いざ記事として纏めようとする時に適切な表現が殆ど浮かんでこないんですよねぇこれがまたっ^^;そういう意味では自分も語る口の無い表面上の鑑賞になってしまっているといいますか・・・(汗

でもフィギュアじゃありませんが、自分はモデルガンとか凄い好きなので、本作に出て来る銃器類などには社会派そっちのけで興味を示した部分もありましたよ。特にスナイパーライフルなどはかなりカッコ良かったですっ(笑

こちらにも…

これを女性監督が撮ったというところも凄いですよね
骨太でピリピリとした作品になっていましたよ
でも、砂漠での銃撃戦のシーンなど、人が人を殺すことのなんたるかを繊細な描写で描いているところなどは女性としての感性を感じました

私もどちらかといえば戦争映画は苦手(嫌いではないです)な部類に入ります、不毛な争いで、結局反戦としてしか受け止められないから。
これも反戦メッセージのようなものを細かい部分で色々と感じられる作品になっていたと思います

男臭くて骨太です

>makiさん♪

キャスリン・ビグロー監督の作品は前作の『K-19』しか観ていないのですが、あれもまた凄い男臭い作品で、女性監督が撮ったとは思えないという意味では本作と同様でしたねぇ。でも取っ付き易い点では自分はこっちが好みかも?
内戦・人間爆弾・PTSDのような障害・・。反戦を訴える要素がいくつも見受けられましたけど、自分は爆弾処理班の内情や現地で抱える苦悩といった部分に強くスポットを当ててる点が良かったと思いました♪

PAGETOP