【監督】ドミニク・セナ
【出演】ケイト・ベッキンセール/ガブリエル・マクト/コロンバス・ショート/トム・スケリット/アレックス・オロックリン
【公開日】2009/10.31
【製作】アメリカ

【ストーリー】
アメリカ連邦捜査官のキャリー・ステッコが南極での2年間の任務を終えるまで残り3日。アイスピッケルで襲われた他殺死体が発見される。南極大陸初の殺人事件捜査で、長い間氷の下に埋もれていた重大な秘密を知ったキャリーは、本格的な冬の到来までに殺人犯を探し出そうとするが・・・。
【コメント】
そいえば邦画でも織田裕二主演の同名作でダムを占拠したテロ集団と戦うアクション作があって面白かった記憶がありますけど、ケイト・ベッキンセール主演の『ホワイトアウト』はアクションよりもむしろサスペンスの方に重点を置いてるといった感じでしょうか?自然の驚異と並行した謎の殺人犯との攻防はなかなかにスリリングな面も持ち合わせていて、個人的にはそれほど損は無かった気はしました。

本作は極寒の地である南極の高原にポツンと置かれた不自然な死体を発見する事から端を発し、何故殺されたのか?という謎も然る事ながら、犯人は誰なのか?そして冒頭の貨物機の事件との関係は?などなど、いろんな謎がちらほらあったので最初の内は結構考えてしまうとこも多く、事件の舞台ともなる南極大陸も凄く広大なんですけどタイトルにもなっている『ホワイトアウト』という現象も発生するため、広大なんだけどどこか閉塞的な雰囲気も漂っているんですよねぇ。
まあこう見るとサスペンスの要素としては魅かれる設定でもあったんですが、ここでちょっと残念だったのはストーリーが進むにつれてど~も『予想通りの展開』になり始めてしまい、途中から緊迫感や切迫した状況などがだんだんと薄くなってしまった事が痛いですね。

劇中では主人公のキャリーがトラウマとして抱える過去も描かれていたのですが、『信じてた者に裏切られた』というキャリーの過去と南極の事件をなんかダブらせてるようなとこも見受けられたせいか、普段鈍感な自分でも少々先が読めてしまうとこがあった・・。事件のカギともなる貨物機のブツの中身こそ分かりませんでしたが、少なくとも過去映像観た後に予想してた『金目のモノ』ってのはドンピシャだったから、ここはもう一捻り欲しかったかなと・・。
『予想通り』という意味では犯人もまたそうかもしれませんが、しかし個人的にその犯人の正体がちょっと意外でこれはいい感じで捻っていたのではないでしょうか?
自分が犯人だと思ってた『案の上の人』は、それこそキャリーが基地内で犯人と思われる人物に襲われた後間髪入れず出て来ましたし、言動も含みみたいなのがあるからもう怪しさ大爆発。キャリーの昔の相棒みたいに最後で手の平返すんじゃないかと最後まで警戒してたけどこれがまた大外れ。さすがに『縫い針』では気付きませんわい!
そういった点で自分はまんまと注意を逸らされてまた見事に騙されてしまったのですが、それでもあんまり驚きが無かったのは真犯人の動機がイマイチだったからでしょか?もうちょっと腹黒い人だったら、性格面でも意外性があって面白かったかもしれませんねぇ。


・・といった感じで内容こそ普通でしたし、もう一工夫あれば良かったかもなんて部分もありはしたものの、南極大陸で過ごす上での過酷さみたいなのはよく表現できてたとは思いますし、生々しい凍傷や体をロープに括りつけていないと一瞬で吹き飛ばされてしまうシーンなどを観てしまうと、ホワイトアウトの恐怖と言うより、かの地の厳しさみたいなのを改めて思い知らされたような気もする本作。
そんな厳しい場所でケイトら出演者たちが極寒ロケ(?)を敢行した頑張りも考慮して、及第点の面白さを何とか維持してたとは思います。

評価:○
【WHITEOUT】 2009/10/31公開 アメリカ PG12 101分監督:ドミニク・セナ出演:ケイト・ベッキンセイル、ガブリエル・マクト、コロンバス・ショート、トム・スケリット、アレックス・オロックリンStory:アメリカの南極観測所“アムンゼン・スコット基地”。...
極寒の隔絶された世界・南極。そのアメリカ基地に勤務する連邦保安官キャリーは、3日後に待望の帰国を控えていた。そんな時、氷原の真ん中で死体が発見される。謎の手術痕と胸に残された傷から、キャリーは彼が何者かに殺害されたと推測する。白い闇の中で、キャリーは南...
監督 ドミニク・セナ 主演 ケイト・ベッキンセイル 2009年 アメリカ映画 101分 サスペンス 採点★★ 仕事の関係で、山形に住んでいた頃の話。ホームセンターに普通に除雪機が売ってるのに驚きはしたものの、「宮城も山形も同じ東北。そんなビックリするくらいは雪降らん?...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪

ケイト・ベッキンセールが出てたから良かったのですが、お話はなーんか普通でしたよね。
南極の過酷さは出てたのは良かったです。
もうひと工夫欲しいところですね^^;

良くも悪くも・・

>yukarinさんこんばんわ♪

良くも悪くもケイトのみの作品って感じでしたねぇ^^;
個人的にはホワイトアウトの脅威を全面に押し出して欲しかったですし、真犯人のあの人ももうちょっと悪どい性格なら最後まで面白く観れたかも?
なんか全米では大赤字で見事にコけた作品なんだそうですが、突出の少ないこの内容ではしょうがないかもしれませんね・・(汗

こんにちは

TB&コメントありがとうございました。

南極という世界の過酷さはしっかり演出されていましたね。この映画の前にほのぼの南極生活を描いた『南極料理人』を観ていたので、そのギャップが面白かったですね。
サスペンスとしてはそこそこといった感じでした。

「あの輸送機に『遊星からの物体X』が入っていて欲しいな」なんて思って観てました(笑)。

ギャップが凄そうです

>えめきんさんこんばんわ♪

『南極料理人』は観ていないのですが、結構ゆる~い内容だとは聞いてますね。場所こそ同じですけどこっちはゆるさとはまた真逆の緊張感がありますから、確かにギャップの違いを感じてしまう事請け合いだと思いますねぇw

でも最初こそ輸送機の荷物の中身はかなりヤバイブツかと思ったんですが、キャリーの過去で相棒が大金と引き換えに裏切るくだりを見たらすぐピンと来てしまいましたi-229

PAGETOP