【監督】ウルズ・エッガー
【出演】クリストフ・ヴァルツ/ジルク・ボーデンベンダー/トビアス・モレッティ/スティーヴン・バーコフ
【公開日】未公開
【レンタル日】2010/4.9
【製作】オーストリア

【ストーリー】
とある地下室で拷問された若い売春婦の死体が発見される。さらに翌日には両腕を切られた麻薬の売人の死体が見つかり、そのいずれの現場にもまるでなんらかの儀式を思わせるように旧式カメラのフラッシュの電球が残されていた。捜査官のトニーとトーマスは、捜査を進める中で全ての遺体に数字のようなものが残されている事を突き止めるが・・・。
【コメント】
一応デヴィッド・フィンチャー監督を偏愛してる自分としてはこういうタイトルのサスペンスモノは嫌でも『アレ』を思い出してしまうので、二番煎じ的なものも含めてど~も危険な香りが漂っていたのですが、それでも覚悟を決めて手を出そうと思ったのはやっぱりヴァルツさん主演と言うとこが大きかったんですよねぇ~。
・・・が、フタを開けて観てみたら予想外な部分が数箇所あってちょっと面食らってしまいました

と言いますのもこの作品、ジャケットこそ如何にもクリストフ・ヴァルツ主演って感じなんですが、実際はトビアス・モレッティという俳優さんが演じてるトーマスが主役のようでしたし、ヴァルツさんが演じてるトニーなる人物はそのトーマスの相棒と言うか、本作の事件を共に追う警察仲間の1人といった立ち位置だったので、先ずこの辺りで軽く面食らって騙された気がしますね^^;
でもまあ過去にもキーファー・サザーランド主演と見せかけてその実全然違ってた『ファイナル・ソルジャー』だったり、最近では『GOAL3!!』なんていうトンデモな作品もこの『ちゃっかり主役』の一種だったので、正直もう腹立たしいというよりも『あ・・またですか?』みたいな苦笑モノに変わりつつある自分だったりします

ストーリーの方は↑でも挙げてるデヴィッド・フィンチャー監督の『セブン』を彷彿としたようなものだったので、正に製作国を変えたオーストリア版セブンといった感じでしょうか?しかしながらその猟奇的な犯行はなかなかグロイものがあったりで、生々しい殴打跡や両腕の切断、逆さ磔と自分も眉をしかめてしまうものが結構あった。犯行現場に数字を残していく犯人の謎のメッセージも意味深で興味を引かれるものがあり、その謎も終盤までかなり引っ張って飽きさせない(?)見せ方にもなってるので、危険ぽく思えた作品の割には程よく見応えありましたね♪
・・ただちょっと気になったのは途中途中で画面が白黒のアニメ調というか、まるで漫画のようなタッチになるシーンが多用されてたんですよねぇ?本編でもトーマスの息子が劇画作家を目指していたみたいなんですが、何か関連付けたかったとか?外国のノベルとかは良く分からないのでそこんとこはさっぱりですね


本作の謎の1つでもある現場に残された不可解な数字に関してはオチ直前でようやく判明し、そしてその数字の持つ意味がこの作品のタイトルすばりそのものでもあるのですが、ようやく謎が解けた!と思ったらまた画面が白黒チックになってしかも急にエンドロールが流れ出すもんだから『なんじゃこりゃーー!!』とすこぶる憤ってしまった。まだ犯人の正体もトーマスの過去のトラウマもなんにも明かされてねーじゃん!と、尻切れトンボみたいな終わり方にその場で地団駄踏んでたんですけどまあそれもそのはず、なんとこの作品2部構成になっていて、エンドロールが終わった瞬間第2章の予告が流れ始めました
90分とやや短めの内容なのに妙~に引っ張りまくってたと思ったらこういう事だったとは・・。2章があるなんて全然知らなかったから、憤りが瞬時に驚きに変わってしまいました(笑
となると2章は事件の糸口を掴んだトーマスたちがいよいよ謎の犯人を追い詰めていくような形になるんでしょうかね~?けどこの第1章を観た限りでは所々のシーンにヒントみたいなものもあったり、犯人とおぼしき怪しい人物も妙な仕草をしてたので個人的に目星付いてはいるものの、お決まりの『衝撃の結末』も謳ってるので、ひょっとしたら意外な人物が犯人なのかもしれない。
なんにせよ、第2章がとても楽しみになってきました♪

評価:◎
【TEN】 2008年 オーストリア 90分監督:ウルズ・エッガー出演:クリストフ・ヴァルツ、ジルク・ボーデンベンダー、トビアス・モレッティ、スティーヴン・バーコフStory:とある地下室で拷問された若い売春婦の死体が発見される。さらに翌日には両腕を切られた麻薬の売...

コメントの投稿

非公開コメント

同時にアップ?

私も今日記事アップしました^^
ヴァルツさん主演ということで観たんですが主役じゃなかったですねぇ^^;
お話としては好きなタイプなので続きが気になります。
所々の漫画風のシーンは何か意味があるんですかねぇ。

息ピッタリ?

>yukarinさんおはようございます♪

あらまっ、yukarinさんも昨日アップしたんですか?同じ未公開鑑賞者としてだんだん息が合ってきましたね(笑

自分もヴァルツさん主演という名目が無ければスルーしてたと思いますが、観たら観たで主役というより準主役みたいな感じでしたね。しかも不倫してるし^^;
でもフィンチャー監督のセブンが好きなだけに、自分も本作の設定自体はとても好感が持てて続きがかなり気になってしまいました。第2章も楽しみですね~♪

気になります

なんか、気になりますねー。
うーん、未公開だし。
観たいと思います。
ところで、第2章で終わるんでしょうか・・・・
終わらなかったりして。

5/7が楽しみです

>亮さんこんばんわ♪

確かに未公開作品ではありますが、サイコサスペンスとしてはなかなかイイストーリーではあるので損は無いかなとは思いますよ。この1章ではようやく犯人の糸口となるキーワードを見つけて終わったので、多分次の第2章で犯人の正体などが明らかになって終わっちゃうのではないでしょうか?2章のレンタルは5/7なので、自分も絶対観ます♪

あ、でもヴァルツさん主演の作品ではないのでご注意をw

PAGETOP