【監督】マーティン・スコセッシ
【出演】レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キングズレー/ミシェル・ウィリアムズ/エミリー・モーティマー/パトリシア・クラークソン/マックス・フォン・シドー/ジャッキー・アール・ヘイリー/イライアス・コティーズ
【公開日】2010/4.9
【製作】アメリカ

【ストーリー】
精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター・アイランド。厳重に管理された施設から一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消した。孤島で起きた不可解な失踪事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズは、この孤島の怪しさに気付き始めるが・・・。
【コメント】
基本的に洋画鑑賞は字幕重視ではあるのですが、映像に集中させるため新たに用いられたという超日本語吹替版なるものはどんなものなのだろうと思って今回だけ吹替で鑑賞しようと予定してたんですが、こっちでは何故か字幕しか無いというのを鑑賞前日に知ってしまい、観る前からすこぶるテンションが下がってしまったんですよねぇ・・。これで本作の物語も残念なものだったら更に気落ちするとこでしたが、そこはやっぱりデニス・ルヘインの原作の魅力というべきかはたまたスコセッシ&ディカプリオコンビのタッグの力というべきなんでしょか?始めに脳の思い込みのことを説明されて自分も注意深くなってたつもりでしたけども、その時点ですでに嵌っていたのかもしれませんね~?結構普通に引っかかってもいました(笑

しかしこういう仰天な内容の作品とかを観ると『勘の鋭い人は・・・』なんて思いたくなる部分もあるってもんですが、劇中の様々なヒントやキーワードを観た限りでは伏線を上手く張ってたりもすればこれ見よがしな場面も少なく無かったりはするものの、真相へ簡単に結び付かないようバラバラにしたパズルのように巧妙に散りばめてもいるので、そう早々と全ての謎を見破る事は難しいんじゃないかなとは思いますねぇ。映像1つ1つ、そして登場人物1人1人にしても、無駄なシーン・意味の無い言動と思われるものは殆どなく、それは主人公のテディが夢で見る従軍時代の過去や妻のドロレスの痛々しい姿といった一見ストーリーとは無関係にも見えるものでさえ後々の真相にちゃんと結び付いてくるので、自分もなんかいつにも増して『なるほどっ』と納得してた回数が多めだったようにも感じちゃいました。

・・でも真相に到るまでの謎解き要素や、その謎が一気に解明される終盤と全体的に見所たくさん詰まってるのは良いのですが、本作の一番の核心部分に到っては個人的にあんまり驚きが無かったんですよねぇ
確かに意外な設定ではありますし、自分も最後の舞台になる灯台でネタバレタイムが始まるまでは理解してなかったのですが、ようやく全てが判明したにも関らずMMRばりに『な、なんだってぇーーーっ!!』と驚愕出来なかったのは、おそらく前に観てた『迷宮の女』を思い出してオチがどことなく似通ってるな~と感じてしまったからかもしれない・・(設定こそ違いますけど)。
この手のオチは他の作品でもたくさん見受けられるんじゃないかとは思いますが、自分も比較してしまうような作品を観た記憶があるせいで、最後は少々冷めた目で観る結果となってしまったのかもしれません
それに原作の結末と大分違うとも聞いてるので、これがもし原作通りだったらここまで反応薄くはならなかったかな?・・とも思っちゃいましたね。


謎や言動を極力見逃さないようにと2時間半いつも以上に画面に釘付け視線のようになっていたせいか、なんか凄い集中力を使ってたような気がする本作。結果的に残念な作品ではないんですが、それでも面白かったというよりはちょっと疲れたかも?みたいな感じを受けてしまったのもまた本音。
まあ真実を知った後確認のためにまた観たくなるのも良く分かるんですけども、ホームグラウンドに超吹替が来てないというのも考慮すれば2回目は個人的に『ナシ』ですな・・・

評価:○
 『全ての“謎”が解けるまで この島を出る事はできない。』  コチラの「シャッターアイランド」は、精神を患った犯罪者だけを収容する絶海の孤島「シャッターアイランド」を舞台に、4度目となるマーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演で、描かれる...
さすがに超日本語吹替版なら寝ないだろうっと思いながらの観賞でしたが…今年初のうたた寝指数60分。原作を読んでいるから、かなり脳内補完されているせいもあるせいか、あらっと思ったらシーンが変わってる(爆)いや、確かにスコセッシ監督の作品寝てるものが多いとはい...
謎はたいした事ないが, ディカプリオはたいした事ある。  
 アメリカ  ミステリー&サスペンス  監督:マーティン・スコセッシ  出演:レオナルド・ディカプリオ      マーク・ラファロ      ベン・キングズレー      ミシェル・ウィリアムズ 【物語】  精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター ...
【SHUTTER ISLAND】 2010/04/09公開 アメリカ PG12 138分監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、エミリー・モーティマー、マックス・フォン・シドー、パトリシア・クラークソン...
超日本語吹替版にちなんで......描いてみた。 貫禄つかないでいいから、永遠の少年でいてほしかったレオナルド・ディカプリオ。  「ミ...
シャッター アイランド'09:米 ◆原題:SHUTTER ISLAND ◆監督: マーティン・スコセッシ「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」「ディパーテッド」◆出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー◆STORY◆1954年9月、ボストンの...
シャッター アイランド~ SHUTTER ISLAND ~ 監督:  マーティン・スコセッシ    出演: レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、...
少し前に原作を読みました~ 『シャッター・アイランド』デニス・ルヘイン原作本の発売当時、“ラストが袋綴じになっていた”―というネタばれ厳禁ストーリーがどう映画化されたのか気になっていました【story】精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイ...
「シャッター アイランド」★★★☆ レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングスレー主演 マーティン・スコセッシ監督、117分 、 2010年4月9日公開、2009,アメリカ,パラマウント (原題:Shutter Island )                    ...
                              全ての“謎”が解けるまで               この島を出る事はできない。 公開初日に鑑賞しました。今回はMOVX京都で、、、、、超吹き替え版で観るべきでした(涙) レオナルド・ディカプリオ...
  □作品オフィシャルサイト 「シャッター アイランド」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 レータ・カログリディス□原作 デニス・ルヘイン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、パトリ?...
巧妙に仕組まれた映像!?確かにもう1回見直したくなる作品だ(笑)
モンスターとして生きるか、善人として死ぬか? 【Story】 精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理さ...
全ての“謎”が解けるまでこの島を出る事はできない。注)ネタバレ感想です!
人間の心こそ最大のミステリー。何分で仕掛けに気づくか、同伴者と競うも良し。ラストについて、自説を語るも良し。または肩ひじ張らず、素直に観てしっかり騙されるのも楽しいお薦め作品だ。
●「シャッター・アイランド Shutter Island」 2009 アメリカ paramount Pictures,Phoenix Pictures,138min. 監督:マーティン・スコセッシ  原作:デニス・ルヘイン『シャッター・アイランド』 出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キング?...
【{/m_0167/}=17 -6-】 すごい煽っていたでしょう、映画館の予告編でもテレビのCMでもこの映画を取り上げた情報番組なんかでも。 「錯視」を見せたりとか「全ての“謎”が解けるまでこの島を出ることが出来ない」というようなコピーだとか、観た人のインタビューでは「2?...
予告編も含めて、あらゆるメディアでこの謎に 挑みどの時点で真相が掴めるのか・・・と 煽り文句を並べた映画というのは過去に、あったけど 今回も過大解釈をせずに、観賞しました。
[シャッターアイランド] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年32本目(30作品)です。 【あらすじ】 1954年。 精神を患った犯罪者の収容施設があるボストン沖の孤島、シャッター アイランド。 四方を海に囲まれた厳?...
全ての“謎”が解けるまでこの島を出る事はできない。
 もう終わってしまった映画館も多いですが、本格的ミステリーがおもしろそうなシャッター アイランドを観てきました。
甘いマスクで一世を風靡したディカプリオも、最近はすっかり貫禄がついてしまったけど、演技のほうは・・・? と思っていたら、ごめんなさい。 いつの間にか、しっかり演技派俳優になっていたとは・・・・ しかし、その丸顔ベビーフェイスが災いして~
ブログネタ:映画は吹き替え? 字幕? 参加中 映画を、吹き替えで観るか?字幕で観るか? それが問題だ。( ^ _ ^; 両方、良いところがありますよね。 字幕は、演じ手の声が聞けること、 吹き替えは、映像に集中できるし、 文字の制限が字幕ほどないのでニ...
監督 マーティン・スコセッシ 主演 レオナルド・ディカプリオ 2010年 アメリカ映画 138分 サスペンス 採点★★★ “ショック死したらハワイにお墓を建ててあげます!”とか“戦慄のサーカム・サウンド!”とか、なんのことかサッパリ分かりませんが、やたらと魅惑…
名作「タクシードライバー」や、「ニューヨーク・ニューヨーク」「ギャング・オブ・ニューヨーク」などの作品で知られる、鬼才マーティン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオを主演に、メガホンを執った驚愕(きょうがく)のサスペンス「シャッターアイランド」(...
『ディパーテッド』のマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが再びタッグを組んだ、不可解な事件が起きた孤島を舞台に、謎解きを展開する本格ミステリー大作。原作は『ミスティック・リバー』の著...
SHUTTER ISLAND 2010年:アメリカ 原作:デニス・ルへイン 監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、イライアス・コティーズ、ベン・キングズレー、パトリシア ...
シャッターアイランドはWOWOWで鑑賞も 結論は全体的にオチ読めたけど満足は出来たよ 内容は1945年精神疾患の犯罪者らを 収容する

コメントの投稿

非公開コメント

え?

そうなんですか?
結末、原作と違うんですね!Σ(´д`ノ)ノ
でも、面白かったですし、
やっぱりデニス・ルヘイン原作の映画化作品は
い~ですね。
スコセッシ監督の演出も、ディカプリオの演技も
良かったし、確かに少し疲れる映画ではありましたけどね。

こんにちは♪

ボクは早々にオチが解ったしまったクチだった
んで、残念ながらさほどオモシロかったとは行
かなかったです。
と言っても物語云々ではなく、やっぱり今回の
過剰なまでの【煽り宣伝】による思い込みによ
って生じた期待感と中身のギャップが大きかっ
たのがオモシロいと思えなかった最大の要因で
したわ…><

ぐうの音も出ません

>miyuさんこんにちは♪

自分が聞いた分だとラストが違うというらしいのですが、多分テディが『モンスターとして生きるか善人として死ぬか』といったあの場面じゃないでしょうか?(よく分かりませんけど^^;)映画の中では自分の意志で決めたみたいな感じがしましたけど、原作だとそうじゃないんでしょうかね~?なんにせよひどく哀愁の漂う終わり方でしたし、それになんかデニス・ルヘインの映画化作品って全部そんな風に見えちゃいますね(笑

>風情♪さんこんにちは♪

風情さんは早い段階で謎が解けてしまったみたいですね^^;自分はチャックが持ってた67人目の患者の受入れ票の内容を、観客に渋るようになかなか見せてはくれなかったのでそこでちょっと違和感感じましたが、核心部分と上手く照らし合わせる事が出来なかったので結局最後まで理解できなかった方でした(汗
でも確かにこの作品の煽り宣伝は過剰でしたよねぇ。逆に控え目にしておけば驚きの度合いも違ってたんじゃないかとは思いますが、自分もその煽りにまんまと乗ってしまったクチなので、ぐうの音も出ませんねi-229

こんにちは♪

私は時間の都合で吹替版で観ました~
でもどこか“超”なのか・・・声優さんはうまい方で安心して観られました。

オチもどこかで観たな~という感じでそれほど衝撃的なもんでもなかったですね。
原作とは大分違うとは・・・
それよりも宣伝が煽りすぎなのがいけませんね。

外様でした・・

>yukarinさんこんにちは♪

自分は時間の都合上どころか肝心の吹替えが無かったのでちょっと悔しい思いをしてしまいましたwやっぱり同時公開の第9地区にデカイスクリーンを取られていたので、話題のある映画だったのに、こっちでは外様作品と化してました^^;

でもオチこそ見慣れた感ありましたけど、そこに到るまで伏線は上手く張っていたと思いますね。後から自分も公式サイトのヒントやらブロガーさんが気付いた点などを見て回ったら、大分見落としていた箇所アリです(汗

こんばんは♪

久しぶりのコメント、ありがとうございます!

そちらは、字幕しか無かったんですか?
こっちは超~日本語吹き替え版しか無かったです(汗)

私なんか、伏線、全部気付いたかというと、かなり見落としていると思います。
オチは衝撃的じゃなかったけど、レオの心情を見る映画だったのかな...と、後から思いました。
映画配給会社は、煽りすぎですよね(^^;)

狂気と悲哀

>あんさんおはようございます♪こちらにも久々のコメント有難うございました♪

地域によっては字幕オンリーだったり超吹替オンリーだったりと極端な所もあるみたいですね。やっぱり同時上映だった『第9地区』の方が注目度が高いせいか、大きい劇場を取られちゃってるのは自分のとこだけじゃないのかもしれませんね(汗

でもオチの良し悪しは人それぞれかもしれませんが、レオの狂気と悲哀に満ちた演技は確かに見応えアリでした♪テディのトラウマなんて壮絶過ぎましたし、あんな出来事を目の当たりにすれば現実世界から逃避したくなる気持ちってのもなんとなく分かりますね・・・。

こんばんは!

このオチは謎というよりも、あまりの切なさにびっくりでした(涙)
これはホント現実逃避したくなりますよね~。
レオ様の涙にはほろりとさせられました。
とはいえ「本当に辻褄合ってるのか?」
やっぱもう1度見直したい衝動にかられちゃいました~i-240
作戦にのかっちゃてる自分が悔しいです~(笑)

こんにちは★

コメ返遅れてスミマセン。

『迷宮の女』ですか確かに似ていると言えば似てますね。あちらは少しズルイ部分もありましたがこの作品と同様に結構楽しめました。

吹替えがないというのは珍しいですね。
字幕がない!というのはけっこうあるのに(苦笑
上映前のテロップで過去の作品を思い出して・・・
もうこのての警告はやめてほしい!とおもいました。
でもけっこうレオ様の演技に見入ってしまいましたが(笑

メビウスさん♪

今晩は☆彡
コメントありがとうございました。
そう言われると、あの結末は何処かで
観たような、、、、?
お恥ずかしいのですが、まったく分からず(汗)
なので意外に楽しめたんですよ。
結構意見が分かれる作品ですね。
レオ君はかなり力入ってましたね。

こんにちは~♪

私は原作を読んでいて、オチを分かって観ていましたが、それでも俳優さんたちの演技や幻覚の見せ方などに見入ってしまいました。なかなか面白かったです。

私の読みとり方が劣っているのかもしれませんが、基本的には原作と同じような物語だったと思います。で、、、原作の時は、「これで終わり?まだ裏がありそう・・・」とチョイ消化不良でしたが、映画の方が切ない終わり方をしていて好きでした~

テロップがそっくり

>くろねこさんこんばんわ♪

正直従軍時代の経験などもテディの妄想の世界なんじゃなかろーかと最後まで疑ってしまうものがありましたけど、その軍時代の殺戮風景だけじゃなく身近な家庭でもあんなことが起こったのですから、悲劇と言うほかありませんよね。しかしそういうトラウマを内に秘めた心情をレオは怪演していてましたし、自分はある意味内容のほうよりも良かったかもしれませぬ~(笑

>daiさんこんばんわ♪

あ、daiさんも『迷宮の女』見た事あるんですね。身近な人物+『結局オマエかよ!』って突っ込んでしまう部分がなんか似通ってるな~と思って比較作品として挙げてしまいました^^;
そいえばあの作品もオチまで真相が全然分からなかったんですよねぇ。それ以前にヒントみたいなものが凄い少なかったような・・(汗

>えふさんこんばんわ♪

3Dが台頭してきてからはホント吹替が勢いを増してきて字幕が隅に追いやられている今日この頃ですが、本作に関してはその逆・・だったんでしょうかね?個人的には超吹替に凄い興味あったんですが、聞いた話だとレオの声優さんがあんまり合ってなかったみたいですね^^;誰がやってたんでしょう・・?(汗
そうそう、あのテロップはまんまアレですよね(笑)確かにネタバレしたら途端につまんなくなる内容ではありますが、ネタバレしたらしたでなんでそういう事になってるのか?と違う側面で見ることが出来て、周りの違和感にも多く気付く事が出来てまた面白く観れるんじゃないでしょうかね~?

良ければ観てくださいませ

>mezzotintさんこんばんわ♪

自分がどっかで観たような・・・と比較して挙げた『迷宮の女』という作品も、『実は○○が○○だった』みたいなオチなので凄いに通ってる印象を受けたんですよね~。もしレンタル屋さんで見かけたらmezzotintさんも手に取ってみてはどうでしょうか?なんとな~くそう感じるところ、あると思いますよw

でもレオの今回の演技は、確かに彼の今までの出演作の中でも特に力が入ってる気がしますね。ディパーテッド以上に思える演技は鬼気迫るものもありましたしねぇ・・。

>由香さんこんばんわ♪

オチが分かってると大抵はつまらなく感じてしまいますが、その分引っ掛けポイントをより重点的に観れる事が出来そうなので、楽しく観るという点ではそっちの方が良いかもしれませんね~?

でも原作とラストが違うと聞いてたのに、既読者の由香さんがほぼ同じと感じたのなら、やっぱりデマだったのかも?(汗

チョいご無沙汰です

メビウスさん、おはようございます。連休いかがおすごしでしょうか
この映画、あんましよい評判を聞いていなかったのでぐっと期待値低めで見にいったらなかなか楽しめましたよ。あとみなさん口をそろえて「オチがすぐわかった」とおっしゃいますが、自分もメビウスさん同様普通に最後までだまされました(笑) この映画にとってみりゃ一番都合のいいお客さんですよね・・・ 本当は「このくらいの問題を解くのは、わたしには朝飯前だよふふん」とかっこつけたことを書こうかとも思いましたが、人間やっぱり正直が一番!ということで

>確認のためにまた観たくなるのも良く分かるんですけど
>2回目は個人的に『ナシ』ですな・・・

この辺も同意です。自分の場合はあまりにもやるせないお話であるからですが

ところでメビウスさん、『第9地区』は見ないの? あれはメビウスさんにこそ見て欲しい!

オチが分からない人・・

>SGAさんこんばんわ♪こちらもちょっとご無沙汰しております。

本作は自分も見終わって記事書き終わった後他のブロガーさんの評価を見たのですが、やっぱり大方の人がオチが途中で分かってしまったり過剰な宣伝方法の問題点を指摘していましたねぇ。でも宣伝方法はともかくとして、自分は観てて違和感のようなものは感じこそしたものの、真相については上手く隠しているようでまるで気付かなかったくらいだから、こうも謎は全て解けた的な映画ブロガーさんがたくさんいるとやっぱり自分の観方が間違ってたんじゃないかと自信を無くしてしまうところっ^^;
でもSGAさんもどうやら最後まで分からなかったみたいなので正直ホッとしました(ぇ


>連休いかがお過ごしでしょうか?

5月初日から3日連続で仕事場の泥水掃除要員に駆り出されました・・・。クサイクサイッ!!i-238

あと第9地区はちょっと鑑賞時期を逃しちゃったかもしれませんね~?確かに自分の触覚が凄く反応した作品ではあるのですが・・(汗
もしかしたら・・・と言うかほぼ間違いなくDVD鑑賞になっちゃいそうです。その時観たらまたSGAさんとこにお邪魔しますっ。

2回目

メビウスさん、コメントありがとうございます。
2回目なしですかー?
まあ、テレビ放映されたら吹き替えだから、それでいいかもですね。
私も字幕で見たので、次は吹き替えも見たいです。
私も日本のCMにあおられず、最初まんまと騙されましたし、ディカプリオ他みなさん上手なので、なかなかいい映画だったと思います。

他国では?

>ノルウェーまだ~むさんこんばんわ♪

結局2回目なしでしたーi-229う~ん、自分も超吹替え観たかったんですけどねぇ・・。あ、でもこの作品って意外に早くテレビ放映とかされそうですよね。その時になったら多分大分忘れてると思いますからまた新鮮な気持ちで観れるかも?(笑

けど日本のCMは凄い煽りようでしたけど、他国ではどんな感じで宣伝してたんでしょうね?この作品、その過剰な宣伝のせいで評価著しく下げてる人もいますので、ある意味編集者の腕も左右されるのかもしれませんね?

PAGETOP