【監督】楠葉宏三
【声の出演】水田わさび/大原めぐみ/かかずゆみ/木村昴/関智一/千秋/田中理恵/飯塚雅弓/温水洋一/さかなクン/山野史人/ケンドーコバヤシ/真矢みき
【公開日】2010/3.6
【製作】日本

【ストーリー】
架空の水で町を海の底にして本物の魚を泳がせて遊んでいたのび太とドラえもん。ところがそこへ五千年前に地球にやって来た人魚族の王女・ソフィアが迷い込んで来てしまう。ドラえもん達は人魚スーツを着てソフィアと一緒に海の冒険を楽しんでいたが、突然巨大ウツボに襲われてしまう。間一髪助かったものの、その途中でしずかちゃんが怪魚族にさらわれてしまう。ドラえもん達は人魚族の宮殿で「人魚の剣」にまつわる不思議な伝説を知り、そしてこの剣を巡り、人魚族と怪魚族の戦いが始まるのだった・・・。
【コメント】
四捨五入すると齢30になるオヤジ予備軍の自分ですが、映画ドラえもんはそんな自分よりも一足早く30作到達の満30歳っ。一応一通りドラ映画を観て来たイチファンとしてもなんか妙な親近感がありますね。
でもそんな節目の年に従来のリメイク作だとやっぱりパンチが弱いせいか、記念すべき30周年目の作品は人魚の国を舞台にしたオリジナル作品。旧作リメイクと違って新鮮に観れた部分もあった反面、特筆した点などもあまり見受けられなかったようにも思えます・・。

今回のストーリーの発端ともなるドラえもんの『架空水』という道具は海の無い場所に架空の海を作ると言う物なのですが、その効果たるや世界中を海に見立てる事が可能と言うことなので、これには長い事魅力が下降気味になってたドラえもんのひみつ道具の中でも久々に『凄いな~』と思わせるシロモノだった。個人的に好きな旧作ドラ作品の中で『パラレル西遊記』とか『雲の王国』があるんですけども、その2作品もかなり凄いひみつ道具が出て来てたのが今でも記憶に残ってるんですよねぇ。どこでもドアとかタケコプターといった定番の道具もそうですが、やはりこういったスケールのデカイひみつ道具などは、大人になっても変わらず『憧れ』みたいなのを抱いてしまってマジで欲しいとさえ思ってしまいますねw
それに本作は海が舞台なのもあって、同じ海繋がりで旧作の『海底鬼岩城』にも出て来た『テキオー灯』や、のび太たちが深海で寝泊りしていたキャンプハウスなどもちゃっかり出て来てちょっとニヤケてしまいましたし、怪魚族が乗っていた戦闘船みたいなのもこれまた海底鬼岩城のバトルフィッシュにどことなく似てるな~とも思ってしまった。オリジナル作とはいえこう似通った部分を観せられると、少々懐かしさも感じてしまいました。

・・・しかしまあ秘密道具の魅力についてはベタ褒めしてるものの、肝心のストーリーについては正直イマイチだったんですよねぇ。『緑の巨人伝』のように本作も海の汚染などを問題に挙げると踏んでたんですが、これが思った以上に軽~い扱いだっため個人的にはがっかり。それにリメイク作の内容もあってか、わさドラ映画になってからはのび太くんが結構勇敢に活躍してた印象もあるんですけど、今回はわたわたしてる部分しか印象になく、逆にヒロインのソフィアが活躍してたと言うのもちょっと残念かなと。
なにより一番首傾げだったのが挿入歌を歌っていた武田鉄也さん。記念すべき30周年と言う事で十数年ぶりに復活して楽曲を提供してくれたというのは確かに嬉しい事ですし、自分も『少年期』とか未だに好きなので内心楽しみにしてたのですが、その挿入歌が流れるシーンと歌が悲しい事に全然合ってなかった・・・
こんな事なら前作の『宇宙開拓史』のように明るい楽曲にした方が良かったんじゃないでしょうか?申し訳ないんですけど武田さんの歌が流れるシーンだけなんか昭和っぽくなっちゃってました


『30周年=大作』という自分の勘違いな先入観を持っていたせいもあると思いますが、それでも今回の人魚大海戦は期待していた以上の面白さを確立していなかったように思えます。
・・しかし前々から『リメイクだけじゃなくオリジナル作も出して欲しい』と自分で言っておきながら、いざそのオリジナルが公開されたとなると今度はリメイクと違って思い入れが薄い分、逆に平凡な作品に見えてしまったというかなりワガママな意見もあったりで、結局どっちが良いのか自分でも曖昧になってきましたねぇ
そんな感じで本作は個人的に及第ギリギリの評価だったので2011年の次回作に巻き返しを図って頂きたい所ですが、オチの映像を観た限りでは『ピピッ♪』という音を発する玉が一瞬だけ横切るシーンが確認でき、来年は遂にアレが来るのかーっ!!と、最後で異常にテンションが高くなってしまいました(まるで仮面ライダーの劇場版みたいですねw)

評価:○

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

2011年の映画ドラえもんは本当に鉄人兵団になりましたね.私はとても楽しみです.この調子でパラレル西遊記もリメイクされないですかね?

来ましたねぇ・・

>りゃりゃさんこんばんわ♪

りゃりゃさんも人魚観に行きましたかな?しかし鉄人兵団遂に来ましたねぇ・・。恐れていたと言うか内心期待してたというか・・(汗
個人的に鉄人兵団は旧作ドラの中でも特にお気に入りなので、リメイクでリルルの悲劇性をどう料理するのか非常に気になります。

パラレル西遊記はどうでしょうね~?けどあの作品はのび太がカッコイイので、これもまた2011年以降の期待といったところでしょうか?

こんばんわ

ザンダクロスの消滅シーンが私にはどうも腑に落ちませんでした.皆どう思ったのでしょうかね?リメイクでそれも書いて欲しいです.

あれ?

>りゃりゃさんこんばんわ♪

ザンダクロスの消滅シーンですか?でもあれ?自分の記憶が確かならザンダクロスが消滅するシーンとかの映像は無く、ただそのまま消えていただけだったよーな・・?
最後の消滅シーンで覚えてると言えば、リルルが歴史を変えた瞬間、鉄人兵団たちがバリバリーッ!と電撃食らったように消滅するシーンと、リルルも淡い光を纏いながら消滅するシーンは覚えてるんですけどね~?どっかで記憶飛んでますでしょうか?(汗

こんばんわ

すいません.ザンダクロスの消滅シーンはありませんでした.ただ,リルルの歴史改革が済んだ後,ザンダクロスの消滅シーンも映って欲しかったのです.リルルも髪の毛を縛って欲しいです.鉄人兵団のリメイク楽しみですね.

縛る!?

>りゃりゃさんこんばんわ♪

確かに鉄人兵団やリルルの消滅シーンがちゃんと映っていたのに、ザンダクロスだけ無しってのは寂しいですよね。のび太たちが勝利して大喜びしてた頃にはすでに消滅済でしたし・・(汗)一応ザンダクロスも正義のロボットとして活躍したのですから、リルルみたいに印象深く消えて欲しかったですよね。りゃりゃさんの言う通り、その部分はリメイクで是非加えて欲しいところっ。

あ、でもリルルの髪を縛るというのはどうもしっくりこないよーな?リルルは飛んでる時あの長い髪がなびいてるのも良かったので、個人的にはそこ変えないで欲しいです。

こんばんわ

そうなのですか.リルルがザンダクロス(本名ジュド)と会話をするシーンも欲しいです.そして,敵側にも,巨大ロボットが欲しいです.メカトピアの地球侵略で騒ぎついて誰にも信じて貰えないシーンがありましたけど,パパにも騒ぎつくシーンが欲しいです.おやすみなさい.

ザンダクロスの言葉遣い

>りゃりゃさんこんばんわ♪

そいえばジュドは頭脳を入れてなかったから、劇中でもリルルとの会話と言ったものはありませんでしたよね。こんにゃく乗せて喋るようになったのは驚きましたが、あんなに荒っぽい言葉遣いなのも輪を掛けて驚きですw

しかし敵側にも巨大ロボットというのはちょっと面白いですね。そうなったらザンダクロスとの一騎打ちでMS戦みたいになってしまいますね(笑

こんばんわ

この調子で日本誕生もリメイクされないですかね?
度々ギガゾンビ側にこだわるようですいませんが,ギガゾンビを冒頭で出して欲しいです.あれはククルが時空乱流に巻き込まれる話から始まったのですよね.後,ドラえもんグループの落盤の生き埋めからの自力での脱出のシーンも欲しいですね.日本誕生のリメイクの予告は,多分ペガ,グリ,ドラコのシルエットではないでしょうか?

歴代最高

>りゃりゃさんこんばんわ♪

・・りゃりゃさんって日本誕生に相当強いこだわりを持っているみたいですねw自分も日本誕生は主題歌が結構好きなので印象に残ってる作品なんですが、りゃりゃさんがプッシュするもんでウィキとかでちょっと調べてみたら、歴代ドラ映画の中でも最高の観客動員数を誇っているんですね。プッシュする理由も分かる気がしました^^;

もしリメイクがあるとしたら最後の予告編で次回作のキャラクターとかが一瞬出てくるオマケ要素はもうお馴染みになっちゃいましたが、ペガ・グリ・ドラコも有り得ますね。自分は日本誕生を意識させる石槍とか、それこそツチダマが一瞬出てくるとかを想像しちゃいます。

こんばんわ

宇宙小戦争,竜の騎士,パラレル西遊記の予告編も想像してしまいます.宇宙小戦争なら,ドラえもんが小さくなるか,ロコロコの耳が出てくると思います.竜の騎士は,ちょっとわかりませんが多分恐竜のシルエットではないでしょうか?パラレル西遊記は,ドラえもんがきんと雲に乗せられると思います.メビウスさんはどういうのを想像しますか?失礼しました.

色々予想

>りゃりゃさんこんばんわ♪

わさドラ映画の次回作公開予告の際には必ず次の作品の何かしらのキャラクターが出てくるのである程度予想は付ける事が出来ますね。小戦争ならド直球でパピが出てくるんじゃないでしょうか?竜だとガンホーが恐竜にまたがってドタドタ通り過ぎるとか?パラレル西遊記に関してはきんと雲以外有り得ませんねw

こんばんわ

久しぶりです.鉄人兵団のリメイク楽しみです.宇宙小戦争,竜の騎士,パラレル西遊記がもしもリメイクされた時のメビウスさんの妄想リメイクも教えて貰えますか?

リメイクと言うより変更点w

>りゃりゃさんこんにちは♪

妄想リメイクですか~?まあ頭で想像する分にはなんぼでも思いつきますからねw

簡単なところで行くと・・

宇宙小戦争~チーターローションでのび太がバテずにアジトに無事到着するw

竜の騎士~いなくなるのがスネ夫じゃなくのび太w

パラレル西遊記~リンレイが男じゃなく女に変更w


・・・なんて設定になれば面白いんじゃないかと?^^;

こんばんわ

ありがとうございました.メビウスさんは,鉄人兵団のリメイクでカットされるシーンと,変更されるシーンと,追加されるシーンはどこだと思いますか?失礼しました.

武装

>りゃりゃさんこんばんわ♪

う~ん・・、鉄人兵団は個人的にとても良い作品なので、出来ればカットされるシーンとかはあって欲しくないんですよねぇ^^;旧作のどこか1つでも抜いちゃうとなんかダメになっちゃいそうな気もしますし・・。
でも追加されるシーンなどがあるならば、自分はザンダクロスの武装を追加して欲しいかもしれませんね。旧作では腹部のレーザービームくらいしかありませんでしたから、リメイクでは男のロマン(?)のロケットパンチとかあれば面白いななんて思っちゃったりしますw

おはようございます

宇宙小戦争,竜の騎士,パラレル西遊記のもしもリメイクされるならのカットされるシーンと,変更されるシーンと,追加されるシーンはメビウスさんはどこだと思いますか?

無い方がいいです^^;

>りゃりゃさんこんばんわ♪

う~ん・・、変更や追加はともかく、カットされるシーンとかは出来ればない方がいいのでは?鉄人兵団同様、旧作の映像はどれも必要だと思って描いてるはずですから。

追加としてはやっぱりどの作品も新キャラクターを盛り込んで、旧作との立ち位置を微妙に変クして欲しいかも?変更点は↑に書いてるので省略しまっす。

総評

>メビウスさんこんばんわ♪

いや~、お久しぶりです!!2010年になってからの3ヵ月はバタバタしてまして、やっとのことで今日「人魚大海戦」を観に行くことができました。さてさて、受験の結果を報告しておきたいと思います。実はセンター試験で失敗しちゃいまして、かつての第一志望であったKK大を諦めることにして、同じ教育大であるS大を受けることにしたのですが、前期試験を見事に失敗してしまいました…。で、「もう無理かもな…。でもやるしかないか!」と思い、後期試験に臨みました。正直出来はかなり微妙…だったのですが、奇跡的に合格してたんです!最後まで諦めちゃダメだってことを実感しましたね。当然自分だけの力で合格できたわけではなく、ぼくの周りの人々が支援してくださったおかげなんですよね。メビウスさんにも力を与えていただきました。本当にありがとうございました!ちょっと大学入学後の生活に不安ばかり感じているのですが、頑張っていきたいと思います!

で、前置きが長くなってしまいましたが、人魚大海戦の個人的な評価&感想を箇条書きで述べていきたいと思います。

☆ゲスト声優
今年は真矢みきさんと温水さん、そしてケンコバさんとさかなクンがゲスト声優でしたが、四人ともうまかったです!(毎年おんなじこと言ってる気がしますがw今年はホントにそう思いました。)さかなクンの声はアニメ向きなんでしょうねwそれにしてもサッカーナってw

☆「夢をかなえてドラえもん」
この曲って素敵だな~って思いました。映画館で聴くとより一層感動しますね♪このOPがずっと続いてくれることを祈ってます!第二の「ドラえもんのうた」として。

☆全体
今回の映画は全体的に分かりやすい話だったと思います(少なくとも緑の巨人伝よりは)。そしてダブルメモリアル作品ということで、所々で懐かしいネタが出てきたので、一ドラファンとしては思わずにやけてしまう所が多かったようにも思いますw「これぞ30周年の集大成作品、映画ドラの真骨頂!」…とまでは言いませんが、個人的にはなかなか面白かったと思います。でも無難に作ったなという感じはちょっとしましたね…。もうちょっと面白くできたのでは?と思ってしまいました。そこはちょっと残念かな…。

☆(個人的な)不満点
・ブイキン簡単にやられすぎwもうちょっと悪役としての威厳見せてほしかった~。まあドラえもんたちが自分たちでブイキンの倒し方を考えていたところは「ああ、成長したな~。」と感心しましたけどね。
・ハリ坊って、いろいろプッシュされてたのに本編ではそんなに言うほど活躍してなかったような…?かわいさだけがウリのキャラだったんでしょうか?
・ドラミちょっと棒気味だったかな?

今のところはこれぐらいしか述べられませんが、また他の方々の感想などを拝見させてもらって今年の映画ドラえもんを振り返っていきたいなと思っています。
さて、来年も映画ドラえもんが公開されるということで、例年の通りおまけ映像がありましたけど、どうやら来年は鉄人兵団のリメイクらしいですね~♪「おざしきつりぼり」とザンタクロスの頭脳である青い球が出ていたので間違いないと思われます。そういや今作でも「おざしきつりぼり」出てましたけど、来年の映画の布石だったのかもしれないですね~。個人的に期待三分の二、不安三分の一っていう感じです。まあ大丈夫でしょう!


お疲れ様でした

>きーやんさんこんばんわ♪そんでもって超ご無沙汰しておりました。無事受験も一段楽したようでお疲れ様ですっ。

第一志望こそ残念な結果となってしまったようですが、もう一つの方は無事合格できたようで良かったですね~i-237そうそう、『人魚』ののび太のセリフじゃないですけど、諦めちゃダメなのですよw自分はこのブログを通しての応援くらいしか出来ませんでしたけど、合格できたのはきーやんさんの力だとも思いますから、胸張っても良いと思いますよっ。

でもって話変わってドラえもんですが、今回の出来映えに関しては自分は平凡すぎた感じを抱いちゃったんですよねぇ~。まあ30周年の節目だから超大作と勘違いしてたのもありますが、個人的には巨人伝や宇宙開拓史の方が良かったかもしれません。
でもゲスト声優は安定してましたし、OPは自分もすっかり聞き慣れてわさドラの良い定番曲となっていますね。
来年の鉄人兵団はまだ情報が何も無いので、自分も気合と不安が半分の状態です。個人的に旧作ドラ映画の傑作の1つなので、悪い意味でぶち壊さないで欲しいものです^^;

のび太くんが…

>メビウスさんこんばんわ♪

いやいや、メビウスさんにもホントに力をもらい、センター直後の受験勉強に真剣に取り組むことができました。ありがとうございました!あと、某洗顔石鹸のCMでのある女優さんのセリフにも力を与えてもらったものですw

う~ん、やっぱり期待しすぎたんでしょうかね…。まあでも面白くなかったといえばウソになってしまいますし、自分も例年通り退屈することなく観れたのでおおむね満足ですけどね。もう少しストーリーを練ってくれればもっと面白くなったと思うんですよね~。来年に期待しましょう!今回での失敗を次に活かしてくれることを祈って。

今年のゲスト声優はホントに皆さん上手でしたよね?それまではちょっと演技に難のある方が少なくとも一人起用されていることが多かったと思うのですが、真矢さんをはじめ、皆さんキャラになりきれていたように思いました♪それと作画も全体を通して安定してました。新宇宙開拓史では序盤の作画がえらいことになってましたからねw

ただ、今作ではのび太くんがあんまり活躍してなかったですよね…。時々感動すること言うんですけど、もたもたしているところが多く、普段ののび太くんと同じように見えてしまったのもちょっとマイナスですかね。今作は監督が普段のアニメの監督だったので仕方がなかったのかもしれませんが…。逆にソフィアさんやジャイアン、しずかちゃんが結構活躍していたように思います。スネ夫は…いつも通りでしたねw

鉄人兵団のリメイク…、どうなるでしょうね?小学生のとき何回もビデオで観ていた思い出深い作品であるのでオリジナルの良さをぶっ潰すことはしてほしくないですよね。新宇宙開拓史のようにオリキャラを入れるかもしれませんね~。ただ、個人的にですが、ラストの大昔の世界に行く展開は変えられるかもしれないと思います。実際F先生もこの展開はあまりよく思われていなかったようですし。

無難

>きーやんさんこんにちは♪

う~ん、自分も退屈って程ではなかったのですが、良くも悪くも無難だったというのがこの作品の印象です。
今までの作品が原作ありきのものばかりでしたから比較しながらも楽しめた部分があったんですが、やっぱりオリジナルとなると比較対象がないもんですから、自分は良し悪しの基準を単純に内容の方へ向けてしまった形になっちゃいました・・^^;

鉄人兵団は思い入れがあるだけに想像も膨らみますが、一際存在感が大きかったザンダクロスは結構カッコ良くなるかも?と、色々と過剰な期待をしてる自分ですw

「惜しい」

>メビウスさんこんばんわ♪

オリジナルとなるとリメイクと違って元がないですもんね。どうしても内容でもって評価を下さなければいけないわけで…。メビウスさんが仰るとおりだと思います。そしてぼく自身も今作は無難だなと感じました。

ついに鉄人兵団のリメイクで勝負に出るわけですが…。個人的にこれまでのわさドラの映画は「惜しい」ところが結構あると思うんです。完全になくすのは無理だとしても、できるだけ少なく堅実に製作すれば多くの人が今後の映画ドラに安心感を覚えることができると思うんですよね…。来年の鉄人兵団のリメイクでは「惜しい」ところを少なくして、オリジナルの良さを残して製作してほしいですね。

何しても批判

>きーやんさんこんばんわ♪

わさドラ映画は興収や動員数こそ安定しているものの、内容が賛否激しいので毎年完璧な作品とは言い難い・・というのも然もありなんですねぇ。個人的に凄い良かった巨人伝も周囲では酷評旋風吹き荒れてましたし、開拓史にしてもギラーミンをもうちょっと強くして欲しかったという職場のママさん先輩の意見もあったりで多種多様です。それにオリジナルはともかくリメイクモノはただでさえ思い入れ強い人がいますからねぇ~。製作側もそのオリジナルの良さを損なわないように堅実に作ってると思いますが、堅実すぎると単なるコピーと批判もされかねないし、逆に新しい要素を加えると無駄な要素を加えすぎとこれまた批判されかねないので、正直なトコ来年の鉄人兵団もそんな感じで意見の良し悪しが真っ二つになるのは確実と思ってます^^;

小泉元首相の『何をやっても批判されることかな~』という有名な言葉はこういった映画の内容にも当て嵌まるのかもしれませんね~?(笑

賛否両論

>メビウスさんこんばんわ♪

たしかに映画に限らず全ての分野において賛否両論はありますから、来年の鉄人兵団のリメイクも必ずぱっくり分かれると思いますね~。ましてやオリジナルの鉄人兵団でも意見が分かれてましたからね。

話はむっちゃ変わってしまいますが、メビウスさんは声優さんの変更をどう思われますか?最近某アニメでよく話題にされていますのでw

時と場合によりけり?

>きーやんさんこんばんわ♪

鉄人のリメイクはまだ内容が全然把握できてないのでなんとも言えませんけども、それでも一応オリジナルを傑作と位置付けてる自分としては、来るべき評価を下す時は酷評を点けたくないものですね~^^;

>声優さんの変更

某アニメがどのアニメなのかは分かりませんが、声優さんの変更と言うのは個人的に良い時もあれば悪い時もありますね。ドラえもんのように世代交代を余儀せざるを得ない状況にもなってキャストを一新したという事なら納得の出来る範囲ではあるのですが、途中からいきなり変更するとかとなるとやっぱり違和感アリアリで、どうあっても受け付けない時なんかがありますね。最近だと明探偵コナンで小五郎のおっちゃんが神谷明から小山力也に変わったそうですが、あれはかなり違和感あるんじゃないでしょうかね~?

前とは違う

>メビウスさんこんばんわ♪

それです、某アニメっていうのはw小五郎の声優が変わってから全く見なくなりましたね(だいぶ前から見てないかw)。てゆうか見たくないです。神谷さんの声以外考えられません。なんか解雇されたとか…。

それなのにドラえもんはそんなに時間をかけずにすぐに慣れることができたんですよね~?おそらく声優だけじゃなく作画監督やスタッフなどをとっかえたことで「前とは違う」と吹っ切ることができたんでしょうね。

慣れてくれば・・

>きーやんさんおはようございます♪

あ、やっぱりソレでしたか『某アニメ』(笑
ドラえもんとかと違って神谷明から小山力也へのチェンジはホント唐突な部分もありましたから、自分もビックリしちゃいましたね。自分が聞いた分だとギャラ関係でもつれたとかなんとか?映画の世界でもギャラの折り合いが付かず降板なんてのはありますが、声優の世界でも同じなんでしょうかね?それが本当だとしたら神谷明はどれくらい貰ってたのやら・・・?

でも慣れってのは恐ろしいとこもありますから、小山力也の小五郎も長い事続けていけば、ファンの人達も次第に聞き慣れてくるのではないでしょうか?自分もわさドラ声優陣の当初のイメージは違和感ありありだったけど、今じゃ全然苦になりませんからねぇ。

小五郎=小山さん?

>メビウスさんこんばんわ♪

やっぱし神谷さんクラスともなればかなりの金額だったんでしょうね…。正直神谷さんが降板することを知ったときは「ふーん、そうなんや~。」ってぐらいにしか思わなかったですけどもw小山さん演じる小五郎の声ってどんななんでしょうね??まだ聞いたことないです。

まあ小山さん自身も神谷さん演じる小五郎のイメージが壊れないように演技をしてはると聞いているので、ひょっとしたらいつか小五郎=小山力也となるかもしれないですね~。でもぼくの中ではいつまでも小五郎=神谷明です。

新小五郎役に非声優が起用されなかったことは唯一の救いだったのでしょうか?獣の奏者エリンでは、主役のエリンを演じたタレントの星井七瀬さんが最終的に叩かれる結果となってしまいましたので、やはり非声優は起用すべきではないんでしょうかね…。

野太い・・

>きーやんさんこんばんわ♪

小山小五郎は神谷小五郎と違ってちょっと声が野太い印象がありますね。やはり『24』のジャック・バウアーの印象が強い人でもあるので、合わないと感じる人もかなりいるのではないでしょうか?^^;

でもホントプロが引き継いだから良かったもんですけど、『非』の方だったら猛烈なバッシングは必至でしたでしょうね~?今映画の方でも『超吹替』というタレント声優などを起用しないプロで固めた正統派(?)の吹替版も出てきたのですが、アニメもそんな感じで真っ当にやればヒット作もたくさん出るんじゃないかと思うし、役に起用されたタレントさんも叩かれる事少なくなるんじゃないでしょうかね~?

正式な声優

>メビウスさんこんばんわ♪

そういや最近映画ドラえもんでも主要のゲストキャラは正式な声優が担当することが多くなりましたよね。やっぱり非声優を起用したことに対するバッシングを避けるということもあると思うんですが、視聴者に安心して観てもらおうという製作者の思いが伝わってくるんです。話題性だけで演技力が皆無の芸能人を起用するのは愚の骨頂ですもんねw

大学生活の方は、まあマイペースにやってます。友達は何人かできたものの、正直未だに学校生活に慣れることができず、履修の単位も他の人よりも少なくて…。(人によりますよねw)毎朝起きるときものすごく不安になります。

まだ4月なので・・

>きーやんさんこんばんわ♪

ゲストキャラにタレントさんを起用するのは未だ続いていますし多分これからも無くならない可能性はありますが、それでも以前と比べるとプロの方も加えてバランス良くしてるのは分かりますね。確か本作でもウリ坊が飯塚雅弓だったよーな・・?
あと自分は内容が秀逸なら非声優さんでも問題ないときもたまにありますねっ。


※大学生活の方も取り敢えずは問題なく過ごされてるみたいですね^^まあでもまだ4月なので学生生活や日常生活などに多少の不安を感じるのは仕方ないと思いますよ。自分も仕事始めた頃はそれこそまるっと1年不安極大でしたからw

非声優起用

>メビウスさんこんにちは♪

小中では不安を感じていたのはほんの数週間だったんですけども、大学となるとそれまでと違いますから不安を感じる期間も結構長いんでしょうかね…?まあいつかは不安が解消されるでしょうからそれまで気長に過ごしていこうと思ってますw

まあ女優やタレントの方を起用することが全面的に悪いことだとは思いませんし(ほとんど非声優さんとなるとさすがにイヤですけど…)、本職の声優さんともうまいことバランスとって起用してくれるとこちらとしても観やすくなりますもんね♪そういや昨日ふと思ったんですけど、アニメのこち亀ってほとんどが非声優の方でしたよね?8年ぐらい続いてけっこうヒットしましたけど、何がヒットした所以だと思われます??

なんにしても大人になってからw

>きーやんさんこんばんわ♪

子供の頃だと声優や映画の内容よりも、逆にドラえもんなどのキャラクターに魅かれますからね。自分も旧作を小学生のころに観てましたけど、その頃は大山のぶ代さんの偉大さとかまるで分かってませんでしたwドラえもんにしても他のアニメにしても、やっぱり作品の良さというか声優の良し悪しにしても理解できてくるのは大人になってからですね。


こち亀に関しては漫画は読んでるんですが、アニメの方は見た事無いです^^;でも両さんの声をラサール石井が担当してるのは知ってましたね。一度も聞いた事無いんですが、合ってるんでしょうか?

主題歌はアニメに欠かせない要素

>メビウスさんこんばんは♪

あ、そうなんですか。ぼくはこち亀のアニメはよく見てました。サザエさんの後だったので「ああ、日曜終わるな…。」と憂鬱になりながら見てましたね~w個人的に両さんの声はラサール石井さんで合ってるなと思いましたけど、結構賛否両論あるみたいですね…。

話は変わっちゃいますけども、最近ワンピースのOPをクイズ!ヘキサゴンのユニットが歌っているようで、ものすごい批判の嵐だそうですねw聴いてみたんですけど、「今の話と展開が合ってないな…。おまけにシリアスなシーンで明るい曲ってどういうこと!?」と思ってしまいましたwやっぱり曲もアニメ作品になくてはならない要素ですから、そこもしっかりやってほしいもんですよね~。

やめとくべきでしたね

>きーやんさんこんにちは♪

声優さんの良し悪しは分からないものの、こち亀のストーリーは漫画の方でも好きなものが多いので、アニメでも面白く仕上がってる感じがしそうですね。・・そいえばこち亀のドラマ化では確か香取慎吾が両さんを演じてましたが、あれは正直全然イメージ合ってませんでした・・i-202


ワンピースに関しても残念ながら地元では放映されていないのですが、あのアニメも長寿なだけに、主題歌などは慎重に選んで欲しいとこですよね。ヘキサゴンはなんか番組に出てる人が色んなユニット組んでるので、正直もう何が何やら・・i-229
羞恥心でやめておいた方がよかったんじゃないでしょうか?

アニメの実写化

>メビウスさんこんにちは♪

こち亀の実写版は失敗でした…。両さんだけじゃなく他の配役もミスキャストすぎて見るに堪えなかったですwまずあの作品を実写化しようってのがそもそもの間違いなんですよね~。一方、今クールでは怪物くんが実写化されました(昨日最終回でした)けど、あれは意外と良かったと思いました。原作とはかなり違ってるんですけども、お金だったりとか、友情だったりとか、毎回テーマが深くて見るたびにいろいろと考えさせられたように思います。

ドラえもんも一昨年に舞台化されたようで、TSUTAYAでそのDVDを見つけ、レンタルして観たんですけど、こちらもなかなか良かったです♪ところどころシュールなところがありましたけどw

向き不向き

>きーやんさんこんばんわ♪

マンガやアニメの実写化をしたのはいいものの、原作の思い入れが深いためにいざ観てみたら思い切りギャップを感じたというのは珍しくないですよね。漫画やアニメにしても、その作品の表現上実写化に向き不向きなものって必ずありますから、自分が思うにこち亀もその部類に入るんじゃないかと思いますね。

そいえばドラえもんは以前舞台化されたというのは自分も聞き及んでいた・・というか、巨人伝スレでも語ってましたねw
確かアニマルプラネットだったよーな・・・?アニマルは主題歌も含めて好きな作品の1つなので自分も観てみたいものですが、生憎とツタヤが近くにない・・(汗

来年は…?

>メビウスさんこんばんわ♪

たしかに実写化するにあたって向き不向きな作品ありますよね。両さんが香取くんて、あまりにミスキャストすぎました…wそういやドラゴンボールも実写化されましたけど、あれってどうだったんでしょうか…。聞くまでもない気がしますがw

そういや、来年の映画のタイトルが発表されました!我々が予想していた通り、あの作品だそうです。あと、新魔界大冒険のように副題がつくそうですよ♪

決定しましたね

>きーやんさんこんばんわ♪

自分も調べて知りましたが、来年のドラ映画はやっぱり鉄人兵団のようですね。サブタイは『はばたけ天使たち』だとか?
天使という言葉は確か旧作でのび太が最後リルルに当て嵌めていた言葉ですが、複数形になってるのはどういう意味なんでしょうね~?ドラえもんたちの事も指してるのか、はたまたリルル以外の誰かを指してるのか?今から妄想膨らみますねw

勝負に出た!

>メビウスさんこんばんわ♪

ぼくもメビウスさんと同じ疑問を持ちました。やはりここはオリジナルキャラを出すのか、はたまた「天使たち」というのはドラえもんたちを指すのか…?今の段階では全くわからないですね~。ただ、わさドラ6作目にしてシリーズ中屈指の名作をリメイクするということで製作陣も勝負に出たわけですから、これまでのドラえもんファンを裏切らないよう、原作を尊重して製作してくれると思いますけどね♪

色々新事実発覚

>きーやんさんこんばんわ♪

実は日曜日にポケモンを観に行ったのですが、その時の予告編に鉄人兵団の速報が流れておりました。
それを観た限りだとオリジナルを踏まえつつアレンジを加えてる箇所もいくつかありましたねぇ。ザンダクロスがコけたりしてる面白いシーンもあれば、そのザンダことジュドの頭脳も真ん中がぱっくり割れて口のようなものが出ていたりと驚く部分もありましたよw

そいえば鉄人兵団のポスターにはザンダのほかにもメカトピア側とも取れるもう1体のロボットも映っていたので、それも何なのか気になるところです。

オリキャラ

>メビウスさんこんばんわ♪

今年は5、6年ぶりにポケモン観に行こうと思ってるんですよ♪スキマの主題歌を劇場で聴きたいのでw7月は何かと忙しいので観に行くのは8月になってしまいますねえ…。あ、あとトイストーリーとアリエッティも観に行かなければ!

もうすでに来年の映画ドラえもんの劇場予告が始まってるんですね~♪ザンタクロスがそんなことになっちゃってるんですかw早く速報観てみたいですwメカトピア側にオリキャラとなるロボットが登場することになるんでしょうかね~?そうだとおそらく新鉄人兵団で核を握るもう一人の重要なキャラになりそうですね♪

トイ未見!

>きーやんさんこんばんわ♪

そいえばきーやんさんスキマ好きですもんねっ。そのスキマの主題歌も相まって今回のポケモンは面白かったですね。ゾロアークの親子愛のような絆は感動すると思いますよ~。
ちなみにアリエッティも良い作品です♪トイの方は・・・・実はシリーズ観てなかったりで・・(汗

鉄人兵団の予告編ではリルルこそ出て来ましたが、いるのかいないのか良く分からないオリジナルキャラの存在は確認できませんでした。でもリルルだけならはばたけ天使たちって複数形にする必要ありませんもんね。ますます気になります・・

ポケモン映画主題歌にスキマ!?

>メビウスさんこんばんわ♪

でもまさかスキマがポケモンの映画主題歌歌うことになるとは、全く予想してませんでしたね~。曲の方はリリース日に即買いして聴いたんですけども、まさにスルメ曲ですね。聴くたびに評価が上がっていく曲です。早く劇場で聴きたいものです。ドラえもんとポケモンの二大アニメの映画主題歌を担当したということで、これで知名度の方もグンと上がってくれればファンとしてはうれしい限りです♪すいません、個人的な話ばかりで…。もちろん映画の内容の方もすっごく楽しみですよ(汗

そして新鉄人兵団ですけども、ぼくも予告観ましたが、オリキャラとなる登場人物・ロボットはたしかに見受けられませんでしたね~。でもメビウスさんが仰る通り、「はばたけ天使たち」ってサブタイトルを付けてるわけだから、やっぱりオリキャラは出てくるのだろうか?という疑問はありますよね。もしかしたらドラえもんたちのことか、もしくは敵側のロボットたちを含めた全ロボットのことを「天使たち」と銘打っているのかもしれませんね。

実はあんまり意味が無かったり・・?

>きーやんさんこんばんわ♪

スキマスイッチの曲は覚えやすい歌詞や明るい曲調も人気の1つでしょうから、アニメのみならずドラマやCMとかで多数提供されるんでしょうね~?本作に使われていた新曲のCDのジャケットにもポケモンのイラストがあるとか聞いてますし、コラボも積極的ですよねw

鉄人兵団の副題に関しては、今の個人的予想としては『新魔界大冒険』の副題と同じくドラえもんたちの事を指してるんじゃないかと考えています。どういう意味合いで天使と言ってるのかは分かりませんけども、もしかしたら裏をかいてあんまり深い意味が無いとも取れなくも無いし・・^^;
でもオリキャラの存在に関しては、出来ればリルル同じくらいの美人のロボットが出て来て欲しいですねw

心配なのは…

>メビウスさんこんばんは♪お盆も過ぎ、いかがお過ごしでしょうか?

新魔界大冒険では「七人の魔法使い」という副題が付いてましたけども、今回の「はばたけ天使たち」って副題もドラえもんたちのことを指しているのかもしれないですね~。現時点ではほぼ情報がないのでこれ以上語れないですけども。(汗

個人的意見ですけど、リルルのデザインは今作では少女っぽい印象を受けましたね~。のび太くんたちと同年代という設定にするつもりでしょうか?オリジナルはたしかリルルの方がちょっと上だったと思います。
あと心配なのは、内容もそうですけど、主役級キャラに非声優が起用されるのではないか、ということですね…。まあ非声優でも演技がずば抜けて上手ければあまり言うことはないですけど、演技が棒だった場合、作品自体をぶち壊しにしてしまいかねませんからね。ミクロスあたりは芸人が起用されそうですがw

あと、オリキャラにリルル並みの美人ロボットが出てきてほしいというメビウスさんの意見、ぼくも賛同しますw

芸人あるある

>きーやんさんこんばんわ♪

お盆どころか秋真っ盛りな時期となってしまいましたねw8~9月の間出張に行ってたので、お盆関係無しに働いておりました(笑

わさドラになってからもやっぱりメインは子供寄りになってますので、リルルのイメージもその子供に親しみやすいようのび太たちに近い雰囲気を出したのではないでしょうかね~?といってもオリジナルと比べればその違いは凄くて、思わずギャップを感じてしまいますよね。旧作の方は少女というよりもむしろ『お姉さん』みたいな雰囲気でしたもんねw

・・ミクロスが芸人。それ十二分に有り得ますね^^;でもミクロスの場合カタコトな喋り方でしたから、案外声の良し悪し関係ないかもしれません(笑

ご無沙汰してます!

>メビウスさんこんにちは♪

お久しぶりです!出張の件は近況伝言板の方で確認させていただきました。ホントに長期間の出張お疲れ様でした!こちらは夏休みが9月末で終わり、後期の授業が始まったんですが、まだ夏休みボケが残っているといった感じですねw

リルルに関してはデザインだけじゃなく、設定も少しいじられるのかもしれませんよね~?極端な話、リルルはメカトピアで唯一奴隷化されていない人間だった!とかw実は昨日、自分の妄想脚本をここに書かせてもらっていたんですが、しばらく放置してたら何故か全文消えてしまいまして、さすがにもう一度打つ気力はありませんのでまた別の機会にでも書かせていただきたく思いますw

ミクロスは、まあ多分ないとは思いますけど、リメイクで存在自体なくなってしまうのではないか?といろいろなところで噂されているそうです(汗 ミクロスの代わりにドラミちゃん、というわけではないでしょうけど、やはりミクロスもこのお話のキーキャラクターの一人なわけですから削るということはしていただきたくないです。まあでもミクロスを芸人が演じるというのは過去の傾向からみて濃厚そうですよね。それにメビウスさんのおっしゃる通りロボットですから演技の良し悪しはあまり関係ないでしょうしねえw

慎重

>きーやんさんこんばんわ♪もう10月にも入って秋真っ盛りなこの頃ですが、きーやんさんはまだ夏休みボケ?^^;そいえば大学生は夏休み期間が結構長いとも聞いてましたが、9月末まであったとは羨ましいですw

来年の春公開までまだ随分間がありますけど、ドラえもんファンの間ではもうかなりの憶測や予想想像が飛び交っていると思いますねぇ。個人的にわさドラのリメイク作は新キャラなどを入れて改変はしてるものの、オリジナルの土台自体は変えていない感じがしてるので、またそんな作風になるんじゃなかろーかと言うのも個人的な予想の1つ。
でも鉄人兵団は名作ゆえコピーだと安直だし、かといって大胆に変更するとまた緑の巨人伝の大ブーイング祭りになる恐れもあるから、作り手としては慎重になってるのかもしれませんね。
けどリルルが人間と言うのは新し過ぎますねwそれはそれで観てみたい気もします。

描写に期待!

>メビウスさんこんにちは♪

これまでのリメイク作品を見てみても、基本的に恐竜2006以外の作品はオリジナルの時にはなかった新しい要素を組み込んで作られていると思いますね~。恐竜2006は物語に関連するような新要素はほぼ皆無でしたし。今回もそんな感じで製作されているのではと、ぼくも思います。

緑の巨人伝の時はホントに大ブーイング祭りでしたもんねえ(汗 ぼくやメビウスさんのように高評価の人々にとってはやはり肩身が狭かったのではないでしょうか…?今作はリメイクなので下手な作り方をしない限りおおむね大丈夫だとは思いますが、監督が「新魔界大冒険」の寺本さんという女性の方が担当されるということで、しずかちゃんとリルルの交流などなど、旧作より深く入り込んだ描写が見られるのではないかと期待しています!

最初でしたから手堅く?

>きーやんさんこんばんわ♪

今思うと恐竜2006はわさドラの初映画でもありましたし、色々変えてしまって巨人伝のように大ブーイングになる事を恐れてたのかもしれませんね~?だからあまり新しい要素を入れなかったのかも?神木くんのピー介役だけが今は印象に残ってますかな?(笑

鉄人リメイクも正直どうなるか分かりませんが、寺本さんの手掛けた魔界大冒険は個人的に好きだったので期待はしたいですよね。女性監督さんですから、しずかちゃんとリルルの友情も良い感じで描いてくれるのではないでしょうか?

女性キャラ同士の交流

>メビウスさんこんばんは♪

恐竜2006は個人的にオリジナルよりも好きな作品ですね~。2004年から2年かけて製作されていたということで、映像がこれまでの作品よりもはるかにレベルアップしていて肝心のストーリーも全編通して破綻しておらず(原作をあまりいじっていないので当然ですけどw)、映画館に観に行った時あまりのハイクオリティーに度肝を抜かされたことが記憶に新しいです。オリジナルと違ってタイムパトロールに頼らずに自分たちの足で最終地点にたどり着くという設定に改変されましたが、そうしたことでピー助との別れがより感動的なものになったのではないかと思いますね~。

新魔界大冒険の時のように、しずかちゃんとリルルの友情を巧く描いてほしいというのはぼくも同意ですね。旧作でもしずかちゃんとリルルの交流は多かったと思うんですが、個人的には交流の時間はそれほど多くなくてもいいので、今作ではより深く、視聴者に何かを問いかけるような描写を期待してます。

余談ですが、残念ながら今作ではミクロスが登場しないそうです…。

出ない!?

>きーやんさんこんばんわ♪

恐竜2006ってオリジナルを上手く踏襲したリメイク作という感じで単純な観方もしていたのですが、実は2年越しのプロジェクトだったとは初耳(?)でした^^;やっぱりオリジナルの1作目でもあり、わさドラ映画の記念すべき1作目でもあるから、慎重且つ丁寧に製作したかったという作り手側の意向もあったのかもしれませんね。

と言うか、新鉄(新鉄人兵団)ってミクロス出ないんですかっ?!あんれま、それは衝撃ですねぇ^^;ミクロスは要所要所のシーンで活躍してたり笑いを取ったりしてくれたので期待してたのですが、出ないとなるとやはり改編が加えられる可能性大ですね。
リルルとしずかちゃんの友情エピソードも変わっちゃいそう・・。

主題歌決定!

>メビウスさんこんばんは♪

ミクロスの件ですが、ウィキペディアで見ただけなので「出ない」という確証はあまりありません…。出ないとはっきり言ってしまったことをお詫びします(汗 でももし出ないとしても、もともとの原作が素晴らしい出来なのでうまくオリジナルキャラと絡めながら作ってくれると思います。

ちなみに主題歌決まったみたいです。新予告編を見てびっくりしたんですけど、今回はBUMP OF CHICKENが担当するようです!男性アーティストはスキマスイッチ以来ですね~。自分はあまりBUMPは知らないんですけど、メビウスさんはどうですか?

知らないアーティスト

>きーやんさんこんにちは♪

ウィキの情報は信憑性が高いものもありますけど、自分たちが今話してる鉄人兵団のように情報がまだ多く公表されてないものは憶測や判明している情報しか提示されてませんからねぇ・・。自分は公式サイトを見て気長~に待っていますが、それでも未だ情報は少ないですねぇ・・。

でも次の主題歌はBUMP OF CHICKENですか?ま~た知らないアーティストの起用ですね・・^^;
オリジナルの『わたしが不思議』のような癒される(?)曲を予想してたのですが、こりゃ的外れかな?

ドラえもんとBUMP?!

>メビウスさんこんにちは♪

個人的にBUMP OF CHICKENというと真っ先に思い浮かぶのが「天体観測」という曲なんですけど、実はその曲ぐらいしかしらないというw(汗 これを機に一回聴いてみるのもいいかもしれませんね。というかドラえもんとBUMPの組み合わせって、ミヒマルの時以上に違和感を感じるのはぼくだけでしょうかw?

2010年も語り合ってくださってありがとうございました♪また来年もよろしくお願いします。それではよいお年を♪

思い出しました

>きーやんさんこんばんわ♪

あ、天体観測という曲なら自分も知ってます。結構前の曲ですよね?それを歌ってたアーティストがBUMP OF CHICKENなんですね。曲名だけしか覚えてなかったので、今ようやくピンと来ました^^;
まあ楽曲の良し悪しや合う合わないは本編と同じように聞いてみない事には分かりませんからね。去年の武田鉄也さんのようなアンバランスさだったら嫌ですけども、出来れば鉄人兵団の世界観にピッタリ合った曲になって欲しいですね。

それと、きーやんさんとは今年もまたドラえもん談義で華が咲いて自分も楽しかったです♪こちらこそ、来年も一つ宜しくお願い致します♪
きーやんさんも良いお年をっ。

明けましておめでとうございます!

>メビウスさんこんにちは♪今さらですけども、明けましておめでとうございます!2011年もよろしくお願いいたします。

たしかにどんな曲なのかを聴かない限りは悪く言えませんよね。実際ミヒマルが歌った主題歌もドラえもんのイメージに合ってましたから。BUMPがドラえもんに合った曲を提供してくれることを願いましょう♪にしても人魚大海戦の武田氏の挿入歌は正直場違いでしたよねw

今年の新鉄人兵団でもドラミちゃん出てくるみたいですね~。別に出るのが悪いと思っているわけじゃないですけど、最近の映画ではドラえもんたち5人と同じ扱いを受けているような気がしてまして…。昔みたくたま~に出てアシストする役回りの方が個人的にしっくりくるんですよね(汗

明けましてでっす

>きーやんさんこんばんわ♪自分も今更な感じですが、明けましておめでとうございます^^; 2011年も宜しくです♪

自分の場合、主題歌を歌うアーティスト自体あんまり知らないので、一概に合う合わないって決め付けるような立場ではないですからね~。それに歌も映画と同じで何度も聴き返していくうちにしっくり来る事もありますから、今回のBUMPもオリジナルに負けない記憶に残る名曲になれば良いですね。


ドラミちゃんに関してはもう出る事が前提のようなものですし、何気に皆勤賞(?)だから、個人的にはもういてもいなくてもどっちでもいいです^^;新鉄ではドラえもんたちと一緒に『即席落とし穴』の中で兵団と戦ったりして?(笑

そんな新鉄も公開まで2ヶ月切り・・・

ピッポって、う~ん…

>メビウスさんこんばんは♪

ドラミちゃんは2007年の新魔界大冒険から皆勤で登場しておりますが、ドラミちゃんが登場してストーリーがぶっ壊れたということはこれまでないので、高確率で今回も登場するんでしょうが安心して観ることができそうですwそれよりも気になるのが新キャラのピッポですかね…。鉄人兵団の雰囲気とは合わなさそうなキャラで少し不安なのですが(汗 …どういう役回りなのか、期待しておきましょう♪

ちなみに新鉄人兵団にはあの福山雅治さんがゲスト出演するそうですが、個人的にはうれしいやらうれしくないやら…といった感じですw

ましゃがっ!

>きーやんさんこんばんわ♪

今回の新鉄に出て来るピッポなるキャラは、自分も最初観た時は『やっちまったな~・・』と思っちゃいました^^;
あのヒヨコのナリはパッと見だとホント作品に合っていないような気がするし、ザンダの頭脳がそんな風に変化していいものかと首傾げでしたね。まだ観てないから不安の方が極大ですけど、新鉄ではピッポがマスコットキャラの役割を担うのかもしれませんね。

と言うか、ましゃ(福山雅治)がゲスト声優ですか?!あらやだっ、いきなりテンション上がっちゃいましたw
もしそれが本当だとしたら自分は嬉しいですね。ましゃはファンなので♪
けど楽曲提供ならまだしも、声優としてならばそれもちょっと不安ですね。メカトピアのボス役でもやるんでしょうか?

マスコットキャラ…?

>メビウスさんこんにちは♪

メビウスさんは福山さんのファンなんですか~♪ぼくも最近福山さんの曲を聴くようになりまして。でもまだファンではないかな…?

調べてみますと、どうやら「福山雅秋」というパロディキャラでちょびっと出演されるようですw福山さんが偶然テレビアニメの方で福山雅秋たるキャラを見かけて、今度は自分自身でアフレコしたいということから「自演」の運びとなったようですね~。ホントのチョイ役ということなのでちょっと安心しました(汗

おそらくピッポが登場することでミクロスの出番が少なくなってしまうでしょうから、ピッポばかりはさすがに不安大ですよね…。メビウスさんの仰るように一種のマスコットキャラとして登場するんでしょうが、一ドラファンとしてはそういうのはいらないんじゃないかと思うんです。多分ぼくだけではなく他の方々も思われてることだと思うんですが、ファンはこういうのは望んでいないはずです。まあ今の子供たちを楽しませるにはこういう要素が必要だということは分かりますけれども…。ここはピッポがただかわいいだけのキャラになっていないことを期待して公開まで持つことにしましょう♪

声優としてはどうか?

>きーやんさんこんばんわ♪

邦楽に疎い自分でも福山雅治は別な感じでして、日曜にオンエアされてる彼のラジオは頻繁に聞いてるので、男性アーティストの中では特に好きかもしれません。
けどまあ正直声優に関しては畑違いのような気もするのですが、ここら辺の抜擢は去年の大河ドラマの龍馬伝の人気が多少なりとも後押しされているのではないでしょうか?役者としてもイイ演技をしますから、ゲストとは言え声優でもその実力が発揮されれば嬉しい限りです。

それとピッポの存在の不安感は、おそらくドラえもんのファンなら誰しも思ってるでしょうね~?ザンダの脳はかなり傲慢で高圧的な発言が特徴的でもありましたから、それが崩れてしまうんじゃないかと思うと心配ですね。

>メビウスさんこんばんは♪

そうですよね、福山さんは歌手でもあり俳優さんでもあります。どちらをとっても抜かりがないと言いますか、いつもテレビで見ていると「あの人って多才で謙虚だよな~。」と感心しておりますw「声」の方でもどのような演技をされるのかちょっと楽しみですね~♪

ピッポの性格は生意気とのことらしいですが、やはりザンタクロスの頭脳があまりに印象的wだったこともあって、今作でその面が薄れてしまうのでは?と不安になるのも仕方ないかもしれません。どうせならそのままの形で出してほしかったというのが本音ではあるのですが、おそらくあの頭脳に少しでも個性を持たせたかったという思いが制作陣の中にあったのではないでしょうかね~?その制作スタッフの考えを尊重して楽しみにしておきたいと思います。

ここ数年はいつも3月末に劇場に観に行ってたんですが、今年は去年までと比べて余裕ができたので今回は早い目に観に行こうかと思ってます。もし新鉄の評価スレを建てられた時はまたお相手よろしくお願いしますね♪

>きーやんさんこんばんわ♪

ピッポの設定は最初こそ人間を見下していたけど、のび太たちと行動を共にしていく内に・・・・といった感じで、オリジナルのリルルとおんなじ心境になりそうだな~という事が観る前から大体予想出来ちゃってる自分だったり・・^^;
まあ確かにジュドの頭脳は別にキャラクター化しなくても、こんにゃく乗せて喋るだけ喋らせる方向でも良いとは思いますが、『新』と銘打つにはどこかをリファインしなければいけなかった部分もあるんでしょうね~?でも予告編を観た限り、クライマックスはオリジナルを踏襲した雰囲気に見えましたので、5日の当日はまた泣いちゃうかもしれませんね~w

※それと新鉄の記事ですが、ただいま自分、職場の資格取得の勉強のためにブログの記事やコメントも少し制限してますので、新鉄もおそらくはトラックバックのみになっちゃいます。だからもしコメントを致しますならば、またこちらの人魚記事の方になります。面倒ではありますが、どうかひとつ、ご理解ご了承くださいませ(汗

お久しぶりです!

>メビウスさんこんばんは♪ご無沙汰してます。資格試験、本当にお疲れ様でした。

新鉄人兵団が公開されて間もない頃に例の大震災が起きてしまいましたが、メビウスさんのお住まいの地域は大丈夫でしょうか?今更ながら非常に心配です…。

新鉄人兵団の件ですが、劇場で観に行く前の不安が一瞬にして払拭されるほどの非常に素晴らしい作品でした。少なくとも「南海大冒険」以降の映画ドラの中で一番良かったと思います。リメイクということで元がよかったから成功したと言えるのかもしれませんが、メビウスさんが仰ったように、新鉄人兵団がこんなに素晴らしい作品になったのも、原作のシナリオを尊重して、さらにピッポとのび太くんの関係性を上手くオリジナル要素として絡み合わせることに成功したスタッフ一同の手腕に因るものだと思いますね~♪

まあ、演出上で数ヵ所「ん?」と思うようなところもありましたけど、全体的にはプラマイ0、むしろプラスになったと思いますし。問題なのは、来年以降新鉄人兵団並みのクオリティを保つことができるのかというとこですよね…(笑

ご無沙汰しております♪

>きーやんさん♪

こんばんわ。ホントご無沙汰振りでございます^^半年ほど前の勉強期間スタートとほぼ同時に震災が発生し、ブログもそのまんまプチ放置気味にしてしまっていたので、きーやんさんを始め訪問していただいてる皆様に心配を掛けてしまったのは申し訳なく思います・・。自分の住んでる青森は比較的被害が少なくてそこは安堵だったのですが、兄貴や妹がちょうど仙台や石巻方面だったので、被災してしまった当時はこちらもちょっと大変でございました(汗)。でも今は兄貴と妹もちゃんと元の生活に戻りつつあるので大丈夫ですよっ。

話変わりましてのドラえもんですが、きーやんさんもご覧になったようですね。元が名作なだけに自分も公開前は不安も大きかったですし何よりピッポが・・^^;
けど見事に払拭してくれましたよねぇ。個人的にラストシーンでリルルとピッポ(鳥バージョン)の影が重なり、リルルが本当の天使に見えたシーンは唸ってしまいました♪

DVD発売が楽しみ♪

良いところもあれば微妙なところも…?

>メビウスさんこんばんは♪

以前メビウスさんの住まいが青森だと聞いていたので震災の影響が少なからずあるのではと思い心配していたんですが、メビウスさん含め御兄弟様もご無事で安心致しました♪それと資格試験合格おめでとうございます!!

話は新鉄人兵団に戻りますが、今作はシーンの演出がとても凝ってましたよね。特に良かったもので、リルル最期のシーンからの無言演出は唸るものがありました。旧作と同じく「リルルー!!」と言わせてしまうとどうしても劣化だと思われてしまいますからこれは英断だったと思いますね♪そしてメビウスさんが仰っていたラストのリルルとピッポの羽が重なるところは「はばたけ天使たち」というサブタイトルに通ずるものがあり、いい締めだったと思います。

ただ良かったところもあれば個人的に微妙だと思えたところもあるわけで、例えば、しずかちゃんがボタンを押してビルを壊してしまうシーンでザンダクロスの砲撃準備に時間を取ってしまったことで旧作にあったインパクトが薄れてしまったかな?という印象を抱きました。映像的には見張るものがあったんですが…。メビウスさんは観ていて微妙だと感じたシーンはおありですか?

敢えて言うならば・・・

>キーやんさん♪

劇中の無言演出はオリジナルを知ってる人だと『ん?』と思う変更点でしたね。キーやんさんが唸ったしずかちゃんのラストのパートは自分も好感が持てた部分でして、あそこはオリジナルのように悲劇性を浮き彫りにするよりは穏やかな終わり方にしてなるべくダブらせないようにしたのも良かったかな~と。
一方でザンダクロスの砲撃シーンですが、あそこの『溜め』のような部分は、もしかしたらザンダクロスの兵器としての存在を強調したかったのかも?或いはただ単に微量でも尺を稼ぎたかったとか単純な目的かもしれませんが・・?(汗

自分は全体的に新鉄は高水準の出来映えに思えたので、今回に到っては欠点を探すのがちょっと難しいのですけども、敢えて言うならばやはりメカトピア軍団のビジュアルでしょうか?なんか『いかにも』な昆虫デザインで無機質感が弱まってたんですよねぇ。個人的にはオリジナルの方が凄い機械的で大好きです。

よりよい作品に…

>メビウスさんこんばんは♪すいません、いろいろと忙しくて返信がだいぶ遅れてしまいました(汗

今回の新鉄人兵団はたしかに高水準な出来だと思いましたし、来年以降もこれに並ぶ映画を作っていってほしいなと思っています。でも、どれだけいい出来であっても必ずどこかしらに「ん?」と思えるところがあったりするわけなので、そこは今後の改善点として翌年以降に反映していってほしいというのがぼく個人の考えなんですよね~。なのでそこは大事にしたいなと。一ファンとして、よりよい作品を期待しているわけなので♪

メカトピア兵の昆虫デザインはたしかに言われてみればその通りだなと思いました。もしかしたらあのデザインは来年の「奇跡の島」への布石だったのかもしれないですね…、ないかw

懐古的にならないように

キーやんさん♪

新鉄は個人的に旧作に見劣りしない良い出来映えだと思ってはいますが、ネット上の色んな場の評価を拝見しますと案外・・と言うかやはりまばらな評価なんですよねこれがまた^^;
良い追加要素にもなってたピッポの存在も邪魔だと言う人もいればもっと大胆なアレンジをしてもよかったという人もいる。確かに元々の旧作の出来が素晴らしいので比較しちゃうのも分かるのですが、個人的にはあまり懐古的にならず、新しい作品は新しい作品なりに映像や演出で良い部分あるので、自分はそれも含めて新鉄は素晴らしいと評価した次第ですね(そういう自分もちょっと懐古的ですが・・(汗)

それと自分はまだ来年のドラ映画の情報を掴んでいないのですが、来年はその『奇跡の島』っていうのがタイトルなんですか?なんかオリジナルっぽく聞こえますね。

温かい目で

>メビウスさんこんばんは♪

そうですね♪懐古的になりすぎると偏った見方しかできなくなりますから…。まあ懐古的になってしまうのも分からなくはないですけど、今の子供たちにとっては今のドラえもんが「ドラえもん」であって、それぞれの世代によってドラえもん観が変わってくるわけなので、そこは新旧問わず温かい目で見ていかないといけないのかもしれませんね。

来年の映画のタイトルは「奇跡の島~アニマルアドベンチャー」だそうです。これも原作の短編をベースにしたオリジナル作品みたいですが…。正直今年が良すぎたので来年がっかりさせられそうな気がしてなりません(汗

来年駄目なパターン?

>キーやんさん♪

キーやんさんもかなりドラえもん好きですし、そんな思い入れが人一倍ある人ほどリメイクや新シリーズを受け入れるのに時間が掛かるのも然もありなん。・・とはいえ、キーやんさんは順応性も高いみたいですから、その点の心配は杞憂といったとこでしょうか?(笑
でも仰るとおり、今の子供達にとってのドラえもんがわさドラであって、逆にこの新世代の子たちに旧ドラを見せると首傾げになると思うんですよねぇ。この辺りは自分も実践したように、時間を掛けて両作品ともに慣れるしかないですよね^^;

それと来年のドラ映画は動物絡みかな?どことなくアニマルプラネットを思い起こさせますけど、今年が良すぎて来年駄目ってパターン、自分もありそう・・(汗
でも監督が寺本幸代氏だったら期待が持てるかもしれません。

奇跡の島…

>メビウスさんこんばんは♪

そうですね~。大山ドラの前のドラえもん(半年間だけ日本テレビで放送されたシリーズ)をリアルタイムで見ていて、大山さんのドラえもん声にかなり違和感を覚えた人が多かったけれど、時間の経過とともに違和感がなくなったという話を以前どこかで聞いたことがありまして、やはりこればかりは時間をかけて慣れていくしかないなと感じました。まあ無理になれる必要もないんですけどね(笑

来年の「奇跡の島」についてちょっと調べましたところ、のび太くんのパパののび助が物語に深くかかわってくるそうです。そして監督は残念ながら?人魚大海戦の楠葉さんらしいです…(汗 さらに主題歌は前作でちょこっと出演したあの歌手だそうですよ♪

親子愛かな?

>キーやんさん♪

声優さんの交代による違和感と言うのは、ドラえもんのような長寿番組になればある意味いつか必ず訪れる一時期の試練のようなものですから、イチファンとしては頭ごなしに否定するよりも、先ずは慣れる事。確かにそれは重要だと思いますね。でもドラえもんは声優交代と共にアニメの画柄もリファインしましたから、今思えばそれもまた違和感の緩和に一役買ってたのでは?と思っちゃいます。

『奇跡の島』はのび太パパも絡むのですか?のび太の両親が物語に関わるのは珍しい気がしますね。なんか親子愛が引き合いに出されそうな予感・・(汗
あ~、でも監督さんは楠葉さんですか・・^^;観てみないと分かりませんから、取り敢えずは期待と不安の半々ですね。

前科?!

>メビウスさんこんばんは♪

そうですね。わさドラは基本的な所は大山ドラと同じですけど、スタッフ等交替によって作風が原作寄りになったので、良くも悪くも大山ドラとは全くの別物になったという感じはしますね~。大山ドラしか認めないという人がいるのも仕方ないことなんですが、わさドラにも独自の良さはあるはずなので、今後その良さが一般の視聴者に届くように作っていってもらいたいです♪

…やはりオリジナルとなると「緑の巨人伝」と「人魚大海戦」という前科?がありますから、個人的には不安を感じずにはいられないですね(汗 「人魚大海戦」はともかく、「緑の巨人伝」はまあ好きな作品なので世間での酷評っぷりがちょっと辛いですが(笑 まあでも今回のオリジナル作品で「化ける」かもしれませんから、期待7割不安3割の気持ちで劇場に足を運びたいと思います…(笑

それと、2011年本当にお疲れ様でした!激闘の日々だった思います!来年もこんなぼくでよろしければドラえもん談義に付き合ってやってください。それでは良いお年を~!

お世話になりました

>キーやんさん♪

近年のドラ映画はリメイクばかりで芸が無いとも言われてますし、それじゃあオリジナルを作ろうという事で作ってみればまたけなされてと、端から観たらなんかスタッフさん達が不憫に思えてくる時もありますね^^;そのけなす大多数は子供じゃなく、自分たちのような世代だと思うのですが・・(汗
旧作に胡坐をかかない挑戦意欲は評価してるんですけどね~?今年の鉄人兵団の勢いをそのままに、来年の作品も期待を上回れば嬉しいですね♪

それとキーやんさんにも今年はお世話になりました。今年は未曽有の災害も発生し、本当に激闘でしたけど、来年こそは明るい話題に包まれる穏やかな年であってほしいですね。そしてキーやんさんとは、また来年も楽しくドラ話で華を咲かせればと思います^^

ではでは、キーやんさんも良いお年をです♪

明けましておめでとうございます!

>メビウスさんこんにちは♪今さらですが、新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今の子供たちではなく我々のような大山ドラに慣れ親しんだ人たちがわさドラを批判しているというのは確かにそうですよね。ドラえもんに限らず、そういうジャンルの作品はその世代の子供たちによって変わっていくものだと思ってます。わさドラが依然として批判される理由は「大山ドラとわさドラは違う」という事実があるにも関わらず、多くの人たちが未だに大山ドラのドラえもん観に縛られているからなんですよね…。そこの所は時間と慣れの問題としか言いようがないと思います。

去年の「新鉄人兵団」のように今年の「奇跡の島」が良い作品になるかもしれない…、可能性は0ではないと思いますので、何とか期待を持ちつつ観に行こうと思っております(汗 それと来年の映画は何かも気になりますね~。今までの法則からいくと来年はリメイクで、個人的には「宇宙小戦争」あたりが来ると思うんですが…、いかがですか?

新作→リメイク

>キーやんさん♪

もはや明けましてと言うのさえ恥ずかしいくらい日が経ってますけど、それでも明けましておめでとうございます(笑)。今年も宜しくお願い致します♪

子供はおそらく純粋にドラえもんを視覚的に楽しく観ているだけでしょうから、ストーリーにやっかみを入れるのはやはり大人ですよね。そこにはファンという部分もありますが、中にはせっかく映画料金払ってるのに・・・なんてひどく現実的なものもあったりで・・(苦笑
でもその中にはやっぱり今のドラえもんをあまり良く観ないで食わず嫌いな批判をする人もいますから、そこはちょっと寂しいというか悲しい所がありますね。見慣れると絶対見方が変わると思うんですけどね?

そいえば『新魔界』以降、ドラ映画のパターンは新作→リメイクを繰り返していますから、それがセオリーなら2013年はリメイクですね。
『宇宙小戦争』はチーターローションがまた見たいという意味では興味ありますけど、モロに戦争描写ですからねぇアレ^^;
80年代の古いドラ映画でチョイスとならば、個人的にはパラレル西遊記が実現して欲しいですね。音楽とか凄い好きなので。

来年の映画は?!

>メビウスさんこんばんは♪

今年の奇跡の島より来年の映画が何なのかの方が楽しみになっているような…?wまあそれはともかく(汗

たしかに言われてみれば宇宙小戦争はちょっと今の時代には…という感じがしますねえ。「少年期」もさすがに使われないかな…?他には震災があったからこそ「立ち上がれ日本!」という意味で日本誕生が来るかも…と思ってるんですけど、奇跡の島で動物がメインになりそうなので、ぺガ・グリ・ドラコの存在がかぶっちゃいそうなんですよね~。

パラレル西遊記は題材的にもありそうですけど、あの作品はF先生原作じゃないからどうなるんでしょうね…。リメイクしたとしてもパパとママの妖怪化の辺りはかなりマイルドになっていそうなのであんまり期待できないような気もしますし…。

忘れてました

>キーやんさん♪

宇宙小戦争は名曲『少年期』がありますから、リメイクされるとしたらまた聴けそうな気もしますけど、その時は多分武田さんは歌わないかもしれませんね?誰かがカバーする可能性のほうが高いかも・・?

あ、そいえばパラレルは先生原作じゃないですね^^;
それにあの作品は曲などが良い反面、結構怖い描写も多かったんdねすよねぇ・・。ママが不気味な声で階段を上がってくるシーンとか、先生が牛のバケモノになっちゃうシーンとか、歴史が変わった後は何かと衝撃的なシーンばかりだったような気がしますw

挑戦?

>メビウスさんこんにちは♪

うーん、『少年期』は他のアーティストには歌ってほしくないですかね…。武田鉄矢氏だからこそ良いと思っているので(汗 どうせなら新しい曲で『少年期』に引けを取らないようなものを作ってほしいです。

パラレル西遊記は初の藤子プロの作品ということでいろいろと挑戦していたのかもしれませんね。ホラー的な描写もそれまでの作品とは違っていたような気がしますし…。でもリメイクされるとするとやっぱりF先生原作のものであるべきでしょうからパラレル西遊記はないような感じですかね~?わさドラ初のファンタジー物としてドラビアンナイトとかがリメイクされるかも…?

名曲は下手に歌えません

>キーやんさん♪

『少年期』を名曲と分かっているアーティストの方なら、多分怖れおおくて歌うに歌えないかも・・wまた仮に百歩譲って誰かが歌ったとしても、その時は非難轟々が集中するのもどこか想像できてしまいますもんね^^;

そいえばドラビアンナイトは確か平成ドラ作品でしたね。わさドラ映画も結構回数をこなしてきましたし、そろそろ平成作品のリメイクにも手を出さなければならなくなってきた頃合でしょうか?・・・と言うか平成作品の方が圧倒的に多いので、遅かれ早かれそうなっちゃうのでしょうけど・・(汗

ファンタジー路線?

>メビウスさんこんばんは♪

そういえば平成になってからの大長編ドラえもんはファンタジー路線を狙ったものが多いような気がしますね~。アニマル惑星や夢幻三剣士なんかは特にその色が強いですが、これからもファンタジー路線でいくのか、それとも昭和の現実世界とリンクした冒険物語に頼るのかで今後の進路が決まるのではないかと思います。

「奇跡の島」も早いもんで今週末から公開ですね~。人魚大海戦よりは面白い出来になってればいいなという気持ちで観に行きます(笑)今年はいつ観に行けるか分からないですが、また内容について語り合いましょう♪

先ずはドラえもん

>キーやんさん♪

ドラ映画がファンタジー多めなのはやっぱり対象が子供だという部分もあるのかもしれませんね。地球環境に警鐘を鳴らす微妙に説教臭さがある内容も悪くは無いのですが、純粋に楽しんでもらうには、ファンタジー路線が一番なのかもしれません。

『奇跡の島』もいよいよ明日公開ですね♪モチロン自分も楽しみ♪
今日から明日に掛けてはハリウッド映画もアカデミー賞を賑わせた話題作が軒を連ねてますけど、自分も先ずはドラえもんからですね(笑

PAGETOP