2/20の国内限定公開と同時にPlayStation®StoreでもガンダムUCがいよいよ配信となり、自分もこの日が来るのを密かに楽しみにしておりましたっ。
『逆襲のシャア』でのシャアの反乱から3年後を描いた宇宙世紀の新しいストーリーは原作未読な分新鮮な所もあり、それでいてどことなく懐かしい時代背景も匂わせてたりで、とても濃い60分だったようにも思える。アニメーションのクオリティやモビルスーツ戦の迫力もテレビとは明らかに違うので、これは自分も映画館で観たかったな~とも思っちゃいましたね。
冒頭での始まり方からも垣間見えたのですが、UCの世界観は宇宙世紀元年に起きたテロみたいな事件から始まりを告げていた辺り、なんかその宇宙世紀全体を軸にした壮大な物語になる事を予感させるストーリーにも見えてしまいましたねぇ。
本作において最大の謎でもある『ラプラスの箱』と呼ばれる存在も、連邦を転覆しかねないものでもあり、それでいて未来を変える力を持つとも言われるほどで、唯一秘密を知っているようなビスト財団の爺さんやカーディアスの重い言葉などからもかなりいわくつきなシロモノである事を伺わせる。主役機のユニコーンガンダムに到っても『箱の鍵』と呼ばれる重要なMSのようですし、そんな感じでまあ~とにかく『含み』みたいなのがたくさんあり、この第1話の『ユニコーンの日』は原作未読の自分にはどんなものなんだろう?と色々想像力を掻き立てられたて回だったような気がしますね。加えてヒロインのオードリーなんかもVIPな人みたいでその正体も気になる所ですが、途中マリーダが『姫!』って呼んでいたから、そのキーワードで自分は早くもピンと来る女性が頭に浮かんでしまった。
よく見たら似てるような似てないようなで、この辺りはどうなもんなのやらです・・

あと一番期待していたMS戦に関しては正直ちょっと当てが外れてしまったかもですね・・
個人的にユニコーンが結構活躍するかなとは思ってたんですけども、その勇姿が見れるのは本当に最後の最後な約1分弱くらいなもんですから非常に少ないっ。ユニコーンの真の姿とも言われてるデストロイモードでの戦いにしてもこれからって時に~!!で『続く』なので、その点は残念といえば残念ですねぇ
それでもがっかりという気持ちは然程なく、ユニコーンの代わりとばかりに袖付き側のクシャトリヤが前半・後半に渡って連邦のMSと大立ち回りを繰り広げるため、物量で迫る連邦に単騎でも圧倒するクシャトリヤの強さはホントカッコ良かった♪ファンネルをばら撒きながらのえげつない攻撃も然る事ながら、バインダーを閉じてガードする姿なんかも独特だったから見てて飽きませんでしたし、そこにアニメーションのクオリティの高さも加味してた感じもするので、結果的にクシャトリヤだけじゃなくギラ・ズールやリゼルなど、他のMSにしても見応えのある映像が多かったとは思います。


でもこのガンダムUCは60分の内容で全6話だというのを事前に聞いたのですが、ひょっとしたら端折ってる箇所や急ぎ足な所も多分にあるかもしれないし、小説を読んだ方々も首傾げな場面が少なくなかったんじゃないか?という気もしますけど、未読な自分が鑑賞した分だと『掴み』はオッケーのようにも感じました(内容を知らない分、違和感を覚えなかったからかもしれませんが・・)。
色んな謎をはらんだドラマ部分にクシャトリヤの1人相撲が目立ったMS戦と何かと印象に残った第1話だったものの、そのクシャトリヤと最後には互角に渡り合ったユニコーンが次はデストロイモードでけちょんけちょんにするんじゃなかろーかとか、ストーリーも袖付きのトップのフル・フロンタルといった重要(?)キャラなどが絡んで来て一層盛り上がるんじゃなかろーかと思うと、次の第2話も期待しないわけにはいきませんね。
宇宙世紀0096。スペースコロニーインダストリアル7に暮らす少年・バナージは、空から落ちてくる謎の少女・オードリーを助ける。「戦争を止める」と話すオードリーに協力することを決意するバナージ。連邦とジオン残党による戦闘にコロニーが巻き込まれる中、バナージ...
『亡国のイージス』、『終戦のローレライ』などの作家・福井晴敏が『逆襲の シャア』の3年後を舞台に「ガンダムエース」誌上で連載した同名小説を 映像化したSFアニメ。 キャラクターデザインは安彦良和で、メカニックデザインがカトキハジメが 担当。 開くと地球連邦政..
今日は何故かYouTubeで発破歌二郎を探して見たくなって実行 記憶にあるほどには面白く無かった…そんなピロEKです。 本日も昨年の残務整理記事、TSUTAYAさんでレンタルしたアニメですね。 「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン):episode 1:ユニコーンの日」 (監督...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

TB&コメントありがとうございました。

久しぶりの宇宙世紀モノを体感できて大興奮でした。

原作を読んだ僕としては、ストーリーは「上手く省略できている」と感じましたね。主人公の周りの人物にだけスポットを当てたのは良かったです。ただ、そうなってくると残り5話でまとめられるかが心配になってくるんですが。

ユニコーンの出番に関しては原作でも決して多くはなかったので不満はないです。それにしてもクシャトリアはメチャクチャ格好良かったですよね。

さすが宇宙世紀

>えめきんさんこんばんわ♪

自分もおそらく08小隊以来となる久々の宇宙世紀モノだったので、凄い興奮しながら観てましたね~。原作を読んでたえめきんさんも満足できたみたいですが、イイ感じで省略しながら纏めてる辺りだと、次の2話も期待できるんじゃないでしょうか?この出来映えの良さを全話通して維持してもらいたいですね♪

しかしユニコーンって原作でもそう出番多くなかったんですね・・^^;戦いともなればいやでもMSは活躍することになりますけど、ユニコーンはラプラスの箱の鍵という位置づけで兵器としては少し異なる存在だから、出番も限られていたんでしょうかねぇ~?
その辺りもどんどん明らかになっていくことを期待します♪

ゲームかぁ

こんにちはw
ゲーム機本体を持っていないので、ぜひにも劇場で観たいところなのだけど、延長してくれないと間に合いそうにありません。
DVDもしばらくはレンタルしないようだし、買わなくっちゃかなーと思いつつ、あと5巻あると思うと考えてしまいます。
私も原作は未読。福井さんだし読んでみようかとも思うけれど、他の本が山積みになっている今、10冊は苦しいです(^^;

やはりMS戦はおおくないようですね。やはりガンダムは人間模様が中心で、それこそがガンダムの真骨頂かなぁーと思いましたw

オードリーの正体は知ってて観るのもOK,もしかしてと思いながら見るのもOKかなーと。映像になった時点できっと誰もが同じ事を思っていると思うけど(笑)

限定はちょっと難点ですね

>たいむさんこんばんわ♪

このユニコーンは確かに凄い面白かったんですけども、公開が限定されたり配信もPS3のストア内だけと、やや狭い範囲で展開していたのは難点かもしれませんね。せめて拡大公開でもしてくれればもっと観れる人も増えるんですけどねぇ・・。
でも本作のクオリティは、映画館で観ても遜色のない迫力を与えてくれると思うので、もし拡大公開されたらガンダム大好きなたいむさんにも是非オススメしたいですっ♪種も面白いけど、宇宙世紀もやはり捨て難いですねw

>オードリーの正体

おそらく検索かければすぐ判明するとは思いますが、それでも自分は「もしかしてと思いながら見る」方にしますw曖昧な分そっちの方がなんか楽しめるような気がしないでもないです^^;
登場人物たちの気になるセリフなどでだいたいの予想は付けているのですが、当たってたとしたら随分成長したな~とっ(笑

あれれ?

なにをいまさらですが・・・
このガンダム、PSP、もしくはPS3を持っていないと見られないんですね・・・
さもなくばDVDを買うか

そのうち地上波でやってくれることを切に望みます。『鋼の錬金術師』が5クールまでやるそうなので、ハンパにあいた1クール、これで埋めてくれないかな~

700円で見放題ですっ

>SGAさんこんばんわ♪

UCはレンタルなどがまだみたいなので、自分のようにPSストアからのダウンロード鑑賞の場合、確かにPS3とネットワーク環境がないと見れないですね・・(汗)ただPSストアの場合、映像配信モノをレンタルダウンロードすると30日間自由に見る事が出来るので、そこが普通のレンタルと少し違う所ですね(ちなみにUCはレンタルダウンロード専用で700円しましたw)

でもUCは出来れば自分もテレビなどで放映して誰にでも見れるようにして欲しかった部分もありますね~。・・・というか、ハガレンって5クールまで続くんですか?ガンダムseedみたいに4クール止まりかと思ってただけにそれは驚きですっ。
後続の番組がまだ決まってないんでしょうかね~?^^;けどハガレンは佳境に迫るにつれてどんどん面白くなっていってるので、あともうちょっとだけ楽しめると思うと嬉しくもありますっ♪

おじゃまします。

おじゃまします。
私は原作も最後まで読んでいるのですが、このアニメの方が面白いです…で、ガンダムアニメの中でも最高のクオリティで作られているとも思いますね。

>でもこのガンダムUCは60分の内容で全6話だというのを事前に聞いたのですが、ひょっとしたら端折ってる箇所や急ぎ足な所も多分にあるかもしれないし、小説を読んだ方々も首傾げな場面が少なくなかったんじゃないか?

今後は分かりませんが、この第一話の部分までは原作をキッチリ全部入れ込んでるんじゃないかなぁ。主人公の行ってる学校がどういう学校か…とかは描かれていないみたいだったし、SFとかガンダムに詳しくない人には冒頭オードリーが落下のピンチになるあたりの説明も不足かも知れませんが…
逆に絵が足された事でコロニーとかモビルスーツ戦なんかの描写自体はより緻密にさえなっているかもです。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。

やたらハイクオリティ

>ピロEKさんこんばんわ♪

アニメのUCは原作ファンの方から観てもかなりの高評価になっていますよねぇ。自分は原作未読ではあるものの、劇場版に匹敵するアニメーションのクオリティや緻密さは、新説の宇宙世紀に対する作り手のこだわりなどもひしひしと感じてしまいます。

UCは全6話とも聞いていますが、4月には3話が控えていて早くも半分消化。俄然高い完成度をほこっているので、このまま突っ走って欲しいものですね♪

PAGETOP