【監督】クリント・イーストウッド
【出演】モーガン・フリーマン/マット・デイモン/トニー・キゴロギ/スコット・イーストウッド
【公開日】2010/2.5
【製作】アメリカ

【ストーリー】
反アパルトヘイト運動により反逆罪として逮捕され27年を監獄で過ごしたネルソン・マンデラは、釈放後の1994年、遂に南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。だが彼は国民の間に人種差別と経済格差がいまだに残されていることを痛感する。そんな中、スポーツという世界共通言語で国民の意識を変えることができると信じるマンデラは、弱小だった南アフリカ代表ラグビーチームの再建を決意。翌年に自国で開催するラグビー・ワールドカップに向け、マンデラとチームキャプテンのフランソワ・ピナールは、互いに協力していくことを誓う・・・。
【コメント】
ネルソン・マンデラという人物については南アフリカの元大統領であり、ノーベル賞受賞者という経歴こそ知ってはいましけど、その彼が母国でどういった貢献をしたかといった具体的な内容に付いてまでは正直無知だったため、アパルトヘイト同様『名前だけ』っていう脳内補完が妙に虚しくもあった自分・・
けど知り得ていなかった分ネルソン・マンデラの白人・黒人と分け隔てなく接する人望の厚さ、先を見越す卓越した政策手腕などに脱帽した所もあったりで、感動したと同時に映画を通してまたまた勉強させてもらったような気もします。

しかし実話を基にしたスポーツ映画などは数限り無くありますし、本作も『国の恥』とまで言われる南アフリカの弱小チームがワールドカップで奇跡の快進撃を果たすと言う嘘のようで本当な話が描かれてるわけなのですが、観た感じだとスポーツモノとしてはどことなく毛色が違うとこもあったかなと・・。
イーストウッド監督の作品でボクシングを題材にし、選手とコーチの親子にも似た絆や信頼を描いた『ミリオン・ダラー・ベイビー』がありましたけど、この『インビクタス』もラグビーを通じて白人と黒人の融和、ひいては南アフリカの国家団結に望むマンデラのチャレンジスピリットなストーリーも並行していたので雰囲気的に似てるかな?とも思ったんですが、全体的に切なくなかった分だけ本作の方がなんか面白く観れた感じもありましたね。
とはいえアパルトヘイト撤廃からそう月日も経っていないせいか、マンデラの政策も当初は非難轟々の嵐。自身のSPや政府職員に白人を迎えるが、あのギスギスしたような場面(特にSPの皆さん)は観てるこっちも冷や汗モンでしたし、連戦連敗を重ねるスプリングボクスと主将のフランソワの心情なども当初はかなり惨めに思えたものの、それでもそんな問題山積みお先真っ暗な現状のなか、マンデラとフランソワが小さな事からコツコツと周りを変えて行き、白人と黒人の確執が徐々に解けていくような見せ方は上手くて微笑ましくもなってしまうっ。白人と黒人の混合だけじゃなく、『選手の名前を覚える』、『新くなった国歌をちゃんと歌う』、『黒人地区でラグビーのPR活動をする』、『黒人を虐げてきた過去に向き合って理解する』・・といったマンデラとフランソワの行動は、周りから見たら対して意味のないように見えるかもしれないけど、誰もやらなかっただけにそういった些細な行為は少なからず周りにも影響を与え変化を促す確かなきっかけにもなったりするって事なんでしょうねぇ。だから本来の職務やプライベートを投げ出してでもそういう事を何よりも優先して取り組んだマンデラの姿勢にも感動をしてしまい、指導者として、そして人間としても立派な人だったんだなと言うのも改めて知った気がします。


でもラグビーの試合シーンなどに到っては個人的にどことなくご都合的な所も感じずに入られませんでしたが、しかしその出来すぎ感もまた実際に起こった事なんでしょうから奇妙だけどしょうがないとは思いたい所ですし、イーストウッド監督のことですからあんまり手を加えず歴史的事実をちゃんと再現していたとも思いたいですね。手に汗握る迫力あって結果的には良かったですし
まあ飛行機の低空飛行などに関してはさすがに大袈裟すぎるよーな気もしましたけど、その飛行機のサプライズなんかも加わったことで決勝戦のシーンは自分も気持ちを凄い高揚しながら観ることができ、最後に堅物SPのジェイソンさんの笑顔とか白人の警察官たちに胴上げとかされてる黒人の少年の姿とかを観たら、最初に抱いてたギスギスした緊張感が一気に解けてとても晴れやかな気分になった♪
完全な和解とまでは行かないまでも、あの決勝戦では確かに国民の心は1つになっていたような気がしますね。

評価:◎
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワードインビクタス/負けざる者たち(原題:Invictus)キャッチコピー:ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。製作国:アメリカ製作...
 『ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。』  コチラの「インビクタス 負けざる者たち」は、本作で監督第30作を迎えたと言うクリント・イーストウッド監督が、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の”負けざる魂”によって引き起こされた奇跡の実話を、映画?...
期待の目にみごと応える爽やかな秀作。  
『インビクタス/負けざる者たち』(原題:Invictus)は、ジョン・カーリン原作の小説をクリント・イーストウッド監督が映画化した作品です。主演であるモーガン・フリーマンさんは製作総指揮も務めました。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
「インビクタス/負けざる者たち」★★★★☆ モーガン・フリーマン、マット・デイモン主演 クリント・イーストウッド 監督、134分、 2010年2月5日公開、2009,アメリカ,ワーナー (原題:INVICTUS)                     →  ★映画のブログ★...
史実は史実 【Story】 1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトに...
  □作品オフィシャルサイト 「インビクタス/負けざる者たち」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 アンソニー・ペッカム□原作 ジョン・カーリン □キャスト モーガン・フリーマン、マット・デイモン、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ、   ?...
予告を観ただけで感動して涙腺が緩んだ映画で~すウルウル【story】1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図?...
あらすじ1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップ...
 アメリカ  ドラマ&伝記&スポーツ  監督:クリント・イーストウッド  出演:モーガン・フリーマン      マット・デイモン      トニー・キゴロギ      パトリック・モフォケン 【物語】  1994年、マンデラはついに南アフリカ共和国初の黒人大統領とな?...
「インビクタス/負けざる者たち」、観ました。 1994年、27年間投獄されていたネルソン・マンデラが南アフリカの大統領となる。人種差別、...
▼動機 テレビ版CMの出来の悪さに反って興味を持った ▼感想 鑑賞後に色々と興味を持てる材料が残るところがよい ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領とな?...
昨年は「チェンジリング」で、まずファースト・ダウン。 続いて、ヤバイかもと身構えたにもかかわらず、ぶっ飛ばされた超魔球「グラントリノ」 そして今日、 三たびふっ飛ばされノックアウト! ナゼここまで書くかというと..... 過去触れているように、私はずっと「イ?...
アパルトヘイトが廃止され、全ての人種が平等になった南アフリカ。しかし人々の心は未だに変わっておらず、人種差別は続いていた。27年間投獄された後に大統領となったネルソン・マンデラ。国民の心を一つにする事を目標とする彼が選んだのは、弱小ラグビーチームの主将...
ちょっと物足りない。実際に起こった奇跡のような出来事に、マンデラその人の偉大さを重ね合わせるのは良い。アパルトヘイトという過去の記憶を鮮やかに覆す感動はあるが、それは映画で描かれていない部分の記憶から得られる感動であって、映画的高揚感とは言えない。
ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。
私のお盆休みの過ごし方。 13日(金曜日){/kaeru_fine/}{/kaeru_rain/}…夜勤明けなので(しかも帰宅後ビール{/beers/}を少し飲んだので)昼過ぎまでダウン{/face_hekomu/}。 午後(14時頃)から、(嫁さんの)実家に行っていた嫁さんと娘に合流。 夜には帰省している学...
10-7.インビクタス 負けざる者たち■原題:Invictus■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:134分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月6日、シネパレス(渋谷)■予告編□監督...
『 インビクタス/負けざる者たち 』 (2009)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :モーガン・フリーマン、マット・デイモン...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
この作品は、自分の心に響きました。
政治物としてみても、スポーツものとして見ても、きっと物足りなさがあると思うのですが、自分の場合は、リーダーとしての二人を映画の中に見たので、感動が人一倍だったのだと思います。
リーダーは、決してヒーローである必要はなく、周りの人間を鼓舞し、そして、チームをまとめて、目的を達成することにあるってことを改めて認識できました。
良い映画でした。

2人のリーダー

>亮さんこんばんわ♪

周りの人間を鼓舞し纏め上げる・・。マンデラとフランソワが正にその通りの存在でしたよね。マンデラは一国の指導者として、そしてフランソワはラグビーチームのリーダーとして時に熱弁し時に説得してと、それぞれ立場は違うけど、志を共にして絆を深め合っていく姿には自分も感動を覚えましたね。
でもこの作品、2人とも主役な感じはしますけど、自分は最初ラグビーの試合シーンで違和感みたいなのをかんじてしまったせいか、どことなくマンデラ寄りに観てしまった気がします・・(汗

こちらにも

メビウスさんはまあ満足という感じですかね。
私はイーストウッド作品としてはバランスが悪かった気がしてイマイチでした。史実なのでこれ以上でもこれ以下でもないんですけどね・・・。

去年の良作の記憶があるだけに・・

>daiさんこんばんわ♪こちらにも有難うございます♪

あらま、daiさんイマイチでしたか^^;
まあ自分もちょっと違和感と言うか疑問に思う部分が無かったわけではないのですが、実話は元々大好物なだけに、多少の不満も無理矢理許容範囲にしてしまいました(汗
でもイーストウッド監督の作品はほぼハズレがないせいか、どんどん観ていくと無意識に敷居みたいなのも高くなっちゃってたりするんじゃないでしょうかね~?もしかしたら自分も『グラン・トリノ』という良作の内容がまだ記憶に残ってるだけに、本作も絶賛一歩手前だったのかも?と思いたいところです・・e-263

こんにちは~♪

いい映画でしたよね~
いい映画だったんだけど、、、正直ちょっと物足りなさもありましたよね(汗)
弱いチームがどうしてあんなに強くなったのか?って辺りをもう少し描いてくれると気持ちが盛り上がったかなぁ・・・
でも、この映画はマンデラさんの人となりをラグビーを通して見せてくれたって思うと、これで良かったのかもしれませんが。
どうしても大感動を期待してしまいました(笑)

本当は強い(?)ボクス

>由香さんこんばんわ♪

前半あれだけボロボロに負けてるスプリングボクスを目の当たりにしたので、ワールドカップ予選での突然のような快進撃はやはり違和感持っちゃう人が多いのかもしれませんね(自分もそう思っちゃいましたし)。出来すぎに映るかもしれませんけど、ボクスの選手たちは元々ポテンシャル自体は凄い高いとも聞きましたので、アパルトヘイトの影響もあってか本調子を出せなかったという事も考えられますね~。
あともうちょっと上映時間が長ければボクスが強くなる過程も描けたとは思いますが、それでもマンデラの国家建て直しプロジェクトと並行してラグビーの試合も迫力はあったので、結果的には良かったかな~・・とi-229

00年代ベスト まとめ終わりました

メビウス様
スタジオゆんふぁのしんです。
00年代映画ベストテン まとめ終わりました
どうぞ、10年間の映画を振り返っていってください
ご報告まで

お疲れ様ですっ

>しんさんこんばんわ♪

00年代ベスト集計お疲れ様でした。参加したブロガー様方も悩みに悩んだチョイスだと思うので、どうなるか凄い気になってたんですよねぇ♪

後ほど伺ってじっくり拝見させて頂きます♪果たしてオールライダーは自分以外に何人チョイスしてるのやら・・?(笑

こんにちは♪

アパルトヘイト撤廃後の融和策の一環にノーサイドと言う言
葉のあるラグビーを用いたあたりのマンデラ氏の政治手腕
に感服する思いでした。
それにしても話が政治的にもスポ根にも成り過ぎずで絶妙
なバランスで綴られた骨太で熱く爽やかな、そしてナショナ
リズムを掻き立てられる秀作でした。
もうホント、イーストウッド監督のバイタリティと抜群の安定感
は何なんでしょう?
イーストウッドの監督そちての手腕にも感服です♪ (゚▽゚)v

マンデラもイーストウッドも凄いです

>風情♪さんこんばんわ♪

ラグビーのことを正直あんまり知らなかったので、そのノーサイドをヤフー辞書で検索したら、敵味方の区別がない意味と分かり、『なるほどっ』とようやく理解した自分だったりします^^;
でも憎みあう事じゃなく、対話や赦しをもって国の復興に臨んだマンデラ氏が用いる理由も納得ですねっ。イーストウッド監督もマンデラ氏のそういった精神性に憧れてこの題材を選んだとは思いますけども、それを分かり易く且つ感動を誘う映像でもって作り上げたイーストウッドの手腕もさすがといった感じですね♪

コメントありがとうございました

遅くなって、すみません。
うっかりしてました(^_^;)

そんな立場で指摘するのも何なんですが

>新くなった国家をちゃんと歌う

ではなく、国歌ですよね。


実話という事で、飛行機がテロをしない事も
南アフリカが優勝する事も、分かりきっているので
その辺りのスリルは、個人的には感じなかったですが
黒人も白人もなく、一緒に優勝を喜ぶ場面は
素直に感動できました。

超恥ずかしいっ!

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪


>新くなった国家をちゃんと歌う

i-282ゥギャーーーーー!!見事に誤字ってる~!自分で書いておきながらめちゃ恥ずかしいですわコレッ!!
いやはや、指摘していただいてホント有難うございます。YOSHIYU機さんに言われなければこの先ずっと汚点を残したままだったでしょうね~・・(汗

そいえば飛行機が低空飛行で「がんばれっ。ボカ」と空から応援エールを送るシーンがありましたけど、あんな大それたこと当時もやってたのかな?と疑問に思ってしまい、最初はこの映画の中だけのシーンかと思ったんですよねぇ。でも後からあれも実際にあったと知ったので驚きっ。今の時世であんな事したら懲戒免職どころじゃないですよねぇ・・。

メビウスさん、コメントありがとうございました

今回なんだかんだでイーストウッド、毒を入れていると思いますよ。
強く思ったのは南アフリカのことをまったくといっていいほど肝心なところを描かなかったところです。非常に表層だけをなぞったのは、「これは過去の話ではなく、最近の現在のこと」だからだったと思います。「良識ある大人なんだから説明されなくても知っているよね?」と、バッサリやっている気がしてなりません。
何でもかんでも手軽に娯楽を交えて情報を提供され馴れすぎている人間には「退屈」に映るように調整したように、自分は想像しています。

理解してること前提

>クマノスさんこんばんわ♪

考えてみたらアパルトヘイトの実状や、黒人の人達が受けてきた苦しみなども、マンデラの言葉や収容所での回想シーンなどで垣間見る程度にしか描かれていなかったようにも思えるので、イーストウッド監督も大体の人が理解してる事前提で作り上げたんでしょうかね~?
まあ確かに過去の作品で『マンデラの名も無き囚人』や、自分が観た未公開作で『レッド・ダスト』というアパルトヘイトを題材にした作品が何作かあったので、それらを観なければ自分もますます退屈に感じてたかもしれませんねぇ・・i-202

こんにちは

人の心を動かして世界を変えるという偉業を成し遂げたマンデラ大統領。これが実話だというのが凄いですよね。ワールドカップの結末は知っていたんですが、それでも最後はハラハラドキドキでした。

イーストウッド監督の静かな演出は今回も健在でしたね。ただ、試合のシーンはもうちょっと派手にしてもよかったように思いました。

こんばんは

なるほど・・・ できることからコツコツやってく・・・ 大切なことですよね

危険も顧みずさっそうと行動する大統領はかっこいいっていやかっこいいんですけど、ガードするSPさんたちにしてみれば「おいおい勘弁してくれよ~」って感じだったでしょうね~ 幸い暗殺されなかったから良かったようなものの

あとあの飛行機のパイロットは、あとでこっぴどく怒られたと思います。始末書ではすまないんじゃないかなー

プチ後悔

>えめきんさんこんばんわ♪

アパルトヘイトという制度によって黒人の人達が受けた差別や暴力と言ったものがまだ根強く残っていた時代に、対話と赦しでもって改革を成そうとしたマンデラ大統領の手腕といいますか、その資質には改めて凄いと思っちゃいましたね。
・・でも自分は生憎とワールドカップをリアルタイムで観ていなかったのですが、こういう隠された秘話を今更ながらに知ると、見ておけばもっと本作はもっと感動してたに違いないとプチ後悔しちゃいますねw

>SGAさんこんばんわ♪

そいえばマンデラ大統領が最後に『ゆっくり行こう』ともいってましたが、あの言葉って急いで車を動かさなくてもいいって意味ではなく、事を焦らずに今何を優先するべきかをよく見極め、それこそ出来るところからゆっくりと進めて行こうと言う意味合いにも取れたのですが・・・・そこまで深くは無いかな?(汗

そうそう、飛行機のパイロットさんは『あの後』が特に気になりますよねwクビ覚悟でやらかしたその心意気にはシビれましたけど、なんかクビ程度で収まらないような気がするんですよねぇ?
テロに過敏になってる今の時代にあんなどえらい事やらかしたらクビ+タイーホなんじゃないかと^^;

おじゃまします

おじゃまします。
イーストウッドに対する期待の大きさゆえか(?)…イマイチ盛り上がらなかった映画です。
イーストウッドとしては、いつの何かとは違うものを訴えようとした映画なのかもしれませんが・・・ヤッパリいつもの感じを期待しちゃう訳で…ねぇ。
…特に後半の試合部分。基本的にスポーツ観戦が苦手な私なのでちょい退屈でしたわ。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。

流されてっ

>ピロEKさんこんばんわ♪

イーストウッドの作品は訴えかけるような内容が多いですからねぇ。本作は観易い印象もあった反面、ピロEKさんのように違和感を感じた人も多いんじゃないかとっ。ラグビーの試合シーンにしてもルールが分かっていれば良かったんですけどねぇ・・。自分も全く分からないから、最後は流されるように感動した部分があったかもしれません(汗

PAGETOP