2010年最初のS.I.C.はてっきりイクサやダークキバといったキバシリーズがまたラインナップされると思ったのですが、ここで路線を変更していきなりの仮面ライダーカブトが登場っ。電王シリーズみたいにキバも勢い(?)に乗ってバババッ!!と一気に発売して欲しかったもんですけど、それとは別に平成ライダーシリーズの主役ライダーを全種類揃えてみたいと言う密かな願いも片隅にはあったので、カブトの発売もやっぱり嬉しかったりはしますね。
でもカブトは『キャストオフ』という機能が備わってる点でもS.I.C.化は正直難しいんじゃないかとは思ってたんですが、今回のS.I.C.仮面ライダーカブトはそのキャストオフよりも凄いギミックが満載で驚いてしまいましたっ


残念ながら重装甲のマスクドフォームのパーツは入っていませんでしたけど、その代わりとばかりにこのカブトには最終形態であるハイパーフォームの換装パーツと多数のオプションパーツが付属。これだけでも個人的には喜ばしい事なんですが、今回はそのハイパーフォームだけでなく、仮面ライダーディケイドでカブト自身が変形したファイナルフォームライドの『ゼクターカブト』用のギミックまで盛り込んでいるというなんとも太っ腹な詰め込みっぷり♪そのせいか箱の重さもなかなかのものでして、中身も重箱のように3段重ねになってるというボリューム感がまたイイですね
ライダー1体でこんなにパーツが付いてるS.I.C.を買ったのは、もしかしたら自分は初めてかもしれませんね~?

【カブト】

カブト本体はストンパー部分のダイキャストやブレスト部分のメタリックレッドなどが結構映えているため、メカニックな紋様などとも相まってカッコ良く仕上がってます。しかも顔のパーツはキャストオフをした時のカブトホーンの可動まで出来たり、カブトゼクターのゼクターホーンも左右に動いたりするので、細部に到るまでかなり凝っているな~というのも確認できましたね。


↑あとパーツの中にはディケイドライバーとライドブッカーも付いていたので、換装すれば簡単にディケイドカブトにも変えられるのも嬉しいですね。
そいえばディケイドが一番最初にカメンライドしたのも確かカブトだったよーな・・?ライダーがライダーに変身するというのは凄い斬新だったので、カブトに変身した時はホント驚いちゃいましたねぇ

【ハイパーフォーム】
最強形態のハイパーフォームはブレイドのキングフォームのように頭部や胸部のパーツを外しての全取っ替えだったので、正直この辺りの換装はちょっとめんどくさかった・・。自分の購入したカブトが運悪く該当してしまったのかもしれませんが、細かいパーツが妙に『ゆるい』ので途中ポロポロポロポロ外れまくってしまい、換装中は少々ストレスが溜まってしまいました・・。

 
まあそんな感じでハイパーフォームの換装中はどことなくムスッとした顔付きで組み立ててた自分でしたけど、パーフェクトゼクターを持たせて無事ハイパーキャストオフを果たしたカブトを見たらストレスも一気に吹き飛んじゃったみたいな?(軽っ)。テレビ版と遜色の無い造形美もさすがといったところですし、虹色の羽が展開されるハイパークロックアップ状態をしっかり再現できるのも嬉しい限りです♪


【ゼクターカブト】

上記のカブトもハイパーも良い出来映えでしたけど、それ以上の存在感を持って箱の中にデデンと鎮座していたのがこのゼクターカブトギミック。テレビ版とは違ったオリジナルの造形が施されてるのも然る事ながらですが、まあとにかくデカイですっ。手に持って腰にあてがって見た感じだと、玩具のDXカブトゼクターとそれほど変わらないんじゃないでしょうか?ホーンの部分を掴んで思わず『RIDER KICK!』と発動させてしまいたくなったのは自分だけでしょうかね?
ゼクターカブトはファイナルフォームライドした際にカブトの体が変形して完成するフォームでもあるため、このS.I.C.ゼクターカブトもカブト本体とこのゼクターカブトギミックを合わせて完成させるようになっててこれまた凝りに凝ってるのですが、個人的にはそれがちょっと億劫で、このゼクターカブトの換装もまあ面倒くさいっ!カブトパーツの着脱だけじゃなく、今度はカブトの胴体も分断して折り畳むように組み込むため、端から見たら換装と言うよりも解体に近いかもしれませんねコレ・・


そんなこんなで完成したゼクターカブトはこんな感じにっ。


ちょっと無理矢理カブトをうんしょうんしょと押し込んだ所もあったんですが、完成状態を見たらそれなりの苦労に見合ったものではあるかなとは思いますね。けど外面はなんともメカニカルでカッコイイ形状なんですが、ひっくり返して見るとカブトが折り畳まれているという悲惨な状態だったりもしますので、改めてファイナルフォームライドはトンデモな形態だな~なんて思っちゃいますねぇ・・。(そのファイナルフォームライドを複雑な方法で具現化させたS.I.C.もとんでもないですけど・・)



とまあ2010年最初のS.I.C.商品としては良いスタートを切ったかと思える仮面ライダーカブト。パーツも豊富、形態変化のバリエーションも多彩と、ディスプレイ以外でも何かしら長く遊べたり出来そうな気もしますが、それでも個人的には今回のカブトの換装パーツの類はあと1~2回ほど見てそれなりに楽しんだ後は普通にカブトに戻してコレクションケースに飾るだけになりそうな気がします。パーツを組み込む際になかなか入らない部分を強く押し込んだり必要以上にねじってしまった箇所などもあるから、もうパーツをはめ込む穴などがかなり緩んじゃってる所があるんですよねぇ
購入して損をした気分は全く無いんですが、換装が予想してた以上にゴチャゴチャしてて組み込み辛いという印象があったのも否めなかったですね。

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP