【監督】テリー・ギリアム
【出演】ヒース・レジャー/クリストファー・プラマー/ジョニー・デップ/ジュード・ロウ/コリン・ファレル/リリー・コール/アンドリュー・ガーフィールド/バーン・トロイヤー/トム・ウェイツ
【公開日】2010/1.23
【製作】イギリス・カナダ

【ストーリー】
2007年、ロンドン。パルナサス博士が率いる旅芸人の一座が街にやって来た。博士の出し物は、人が密かに心に隠し持つ欲望の世界を、鏡の向こうで形にして見せる『イマジナリウム』。博士の鏡をくぐり抜けると、そこにはどんな願いも叶う摩訶不思議な迷宮が待っている。しかし1000歳になるという博士には、悲しい秘密があった。それは、たった一人の娘が16歳になった時に悪魔に差し出すと言う約束をしたこと。タイムリミットは3日後に迫った娘の誕生日。一座に加わった記憶喪失の青年トニーとともに、博士は鏡の迷宮で最後の賭けに出る・・・。
【コメント】
テリー・ギリアム監督の作品って相変わらず変わってますねぇ・・。『ブラザーズ・グリム』や『ローズ・イン・タイドランド』のようなファンタジックな映像美は本作でも健在でその辺りは観てて楽しかった所がありましたけど、逆に少々マニアックと言うか、奇想天外なストーリー展開に関しても同様に健在な気がしたので、どうしても到る場面であくびを連発してしまった自分
1月の映画の中では期待していた作品だったのですが、ヒース・レジャーやジョニー・デップという豪華な面子に触発されて『観てみよう!』と思い立った部分もありますし、そんな単純な理由で鑑賞してしまったせいか、結果的に自分は少々火傷を負ってしまったという感じもしますね^^;

でも話の内容自体を見るとそれほど難しくなく、遠い昔に悪魔から不滅の命を得たパルナサス博士が『死』を与えてもらうため再び悪魔と賭けをするといったもの。ただ死の代償として一人娘を悪魔に差し出すと言う苦渋の選択を強いられてしまい、どうにか別の方法がないもんかとうんうん悩みながら一座の仲間や記憶喪失の青年・トニーとともに打開策を練って行く様子などが描かれていたのですが、やはり個人的には思ったほどのめり込めなかったというのも正直な感想なんですよねぇ(汗)。自分がただ単に監督の世界観をイマイチ理解できなかったというだけなのかもしれませんが、それ故に話やセリフがどうも冗長に感じてしまいまして、あんまり身に入らなかった気がする・・むしろ自分はそんなパルナサスと悪魔との娘を奪い合う駆け引きみたいなやり取りよりも、いきなり首吊り状態での登場となったトニーの存在や、そのトニーを演じたヒースの代役を務めたジョニー・ジュード・コリンの3人の方が面白く観れた気がします。
↑の通り、自分は『目当て系』な鑑賞目的でもあったので、これが遺作となったヒースの演技もモチロンそうですが、ジョニーら3人は特殊メイクとか使わずにどういうトニーを演じるのかと言う不思議さも気になってたんですよねぇ。実際ジョニーらはヒースの突然の訃報がなければ実現しなかった共演でしょうから、どこか急造的な仕上がりになってるかも?という懸念も抱いたのですが、実際観てみたらなるほどそういう設定にしたのかというファインプレー(?)に思わずニヤケてしまいましたね
それに別の人が突然演じるとなるとどうしても違和感を持ってしまう部分はありますけども、ジョニーらは服装だけじゃなく髪型・ヒゲ、それと多分仕草やクセみたいなのもそっくりに演じてたんじゃないか?と思うので、ヒースじゃなくてもどことなく・・・ホントどことなくではありますがヒースの面影を残しながら演じてるようにも見えてしまい、鏡の世界限定の役という設定もあってか、あまり違和感を感じなかったのが不思議といえば不思議です。


しかしテリー・ギリアム監督の個人的イメージである『映像はイイけど内容に戸惑う・・』という印象は、残念ながら本作でも拭えなかった気がします・・。う~む、悪い作品じゃないとは思うんですが、どうにもモヤモヤした感じが残っちゃう辺り、やっぱりこの監督さんの作品は単純に自分の好みとは違うのかも?
けどヒースの突然の死や、それに伴ってのジョニーらの参入などといったかなり予定外な事も起こってしまい、結果脚本などもかなり変えなくては行けない状況になってしまったとは思いますから、元の脚本で尚且つヒースのオール出演な内容だったらどうだっただろう?というのも考えてしまいますね。

評価:○
 『鏡の中は、すべての願いが叶うパラレルワールド しかし、そこは大切なひとを奪う迷宮だった─』  コチラの「Dr.パルナサスの鏡」は、あの衝撃からちょうど2年、ヒース・レジャーの命日の翌日である本日1/23に公開となったPG12指定のファンタジー・ミステリーなので...
 イギリス&カナダ  ファンタジー&ミステリー  監督:テリー・ギリアム  出演:ヒース・レジャー      ジョニー・デップ      コリン・ファレル      ジュード・ロウ 【物語】  鏡で人々を別世界に誘う見せものが売りの、パルナサス博士の移動...
JUGEMテーマ:映画館でみました!鏡の中は、わがままな願望がいっぱい。
Dr.パルナサスの鏡 (原題: THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS) 299本目 2010-3 上映時間 2時間4分 監督 テリー・ギリアム 出演 ヒース・レジャー(トニー)     クリストファー・プラマー(パルナサス博士)     ジョニー・デップ(鏡の向こうのト?...
人々を不思議な幻想世界へと誘う不老不死の怪しい老人・パルナサス博士。様々な場所でショーを催していた彼の一座は、橋で首を吊っていた男・トニーを助ける。トニーは恩返しのために一座を手伝い、ショーは成功をおさめるが、パルナサス博士は悪魔と恐ろしい賭けをしてお...
 レディースデイだったのでテリー・ギリアム監督作品の『Dr.パルナサスの鏡(原題:The Imaginarium of Doctor Parnassus)』を観て来ました。  まぁ、...
Dr.パルナサスの鏡~THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS~ 監督: テリー・ギリアム    出演: チャールズ・マッケオン、ヒース・レジャー、ジ...
Dr.パルナサスの鏡’09:イギリス+カナダ ◆原題:THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS◆監督:テリー・ギリアム「ブラザーズ・グリム」「ラスベガスをやっつけろ」◆出演:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ヴァーン・トロイヤー、アンドリュー・ガーフィ...
今週の平日休みは川崎のシネコンをはしごして、3本観てきました。 その1本目は、ヒース・レジャーの遺作で、 奇才テリー・ギリアム監督作。 ヒースの取り残し部分をジョニデとジュード・ロウとコリン・ファレルが演じて完成させた、 涙ぐましい作品として、世に語り...
言わずと知れたヒース・レジャーの遺作にして、映画撮影途中でのヒースの急逝を受け、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルがヒースの役を引き継いだ“Dr.パルナサスの鏡”。3人が亡きヒースの幼い娘に出演料を贈った―という美談も相まって、結構話題にな...
ヒース・レジャーよ、永遠に 【Story】 鏡で人々を別世界に誘う見せものが売りの、パルナサス博士(クリストファー・プラマー)の移動式劇...
 【ネタバレ注意】  『Dr.パルナサスの鏡』の主人公は、テリー・ギリアム監督である。  なにしろテリー・ギリアム自身が「僕自身に関す...
[Dr.パルナサスの鏡] ブログ村キーワードDr.パルナサスの鏡(原題:The Imaginarium of Doctor Parnassus)キャッチコピー:鏡の中は、わがままな願望でいっぱいこの迷宮から、大切なひとを救えるの...
ヒース・レジャーの遺作・・として、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルらイケメン俳優たちが、ヒースの愛娘マチルダにギャラを払ってもらう・・という美談で盛り上がったこの映画、そんな美談とはある意味別世界の、不思議な映像美と卑しさを描いた作品...
 ヒース・レジャーが亡くなって完成が危ぶまれていたDr.パルナサスの鏡を観てきました。
この間やっとのことで、『Dr.パルナサスの鏡』を観賞してきましたー。 公開から約2カ月。。。ちょっと温存しすぎでしょうって、自分でも思ってみたり。。。 ******************** 『未来世紀ブラジル』『バロン』のテリー・ギリアム監督が贈るミステリアス・ファン...
★★★★ ……★は4個あげたいけれど点数は75点。ネタバレ有りなのでご注意。 ★粗筋「未来世紀ブラジル」のテリー・ギリアム監督によるファンタジードラマ。人々の隠れた欲望...
{/kaeru_rain/}{/kaeru_fine/} これも先日少しだけ書いた話ですが… 今度は壊れたHDDレコーダーのお話{/face_hekomu/} うちにあった機種はシャープのDV-HRD20という機種。 いつごろ買ったのかというと…ブログ読み返しても書いていないし{/face_ase2/}、仮面ライダー響鬼...
『 Dr.パルナサスの鏡 』 (2009)  監  督 :テリー・ギリアムキャスト :ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、 コリン・ファレル、トム・ウェイツ、リ...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪

T・ギリアム監督の描く世界観が好きなんですが、作品全体と
なると何故か肌に合わないんですよねぇ…。

「バロン」を彷彿させる映像や盟友モンティ・パイソンの毒気と
ギリアム節全開でこの辺はオモシロかったんですが、やっぱり
作品全体で見ると同様に少々火傷を負ってしまったってぇやつ
なんすよね…r(^^;)

こんばんは

私も「合わなかった」クチです。
むかし「ブラザーズ・グリム」で大火傷したので
この監督さんは自分には合わない,ということは百も承知で
それでもヒースの遺作なので観に行ってきました。
ヒースが思ったよりたくさん出ていてその点は嬉しかった~

作品で火傷したのは「グリム」の時と同じ。
予想して行った分,傷は浅かったけど。
理解はできるし,映像も楽しめるんですよ。
でも描いてることが「ふーん,それで?」って感動しないんです
私から見たギリアムさんの感性って。

単純に合いませんでした・・--;

>風情♪さんこんばんわ♪こちらにもどうもですっ。

独特の感性といいますか、こういう摩訶不思議な世界観を持っているのはテリー・ギリアム監督だけじゃないとは思うのですが、それでも自分にはどことなく盛り上がりに欠けるところがありまして・・。あまり起伏に富んでなくて淡々と終わってしまった感じもするので、個人的にはもうちょっと毒気とかも抜いて欲しかったかな~?と思っちゃいましたね^^;テリー・ギリアム監督の作風を知らないで、尚且つ予備知識無しとかで観てたらとんでもない事になりますねこれはっ(汗

>ななさんこんばんわ♪

そいえば自分、確かブラザーズ・グリムでもあくびしてましたねぇ・・(汗)あれはグリム童話がモチーフになっていたので、心なしか入り易い印象があったと思うのですが、ギリアム監督オリジナルの本作は最初からちょっと取っ付き辛い印象がありましたね。ヒースが出て来てから自分も食いついちゃいましたしっ(笑
でも自分はギリアム監督の作品をあんまり観ていないせいもあって、その独特の感性に付いて行けなかったんじゃないかな~?と思いたい所なんですが、俳優さん目的の鑑賞は時として火傷の元というのを、改めて身に染みた気がしますね・・。

こんにちは

TB&コメントありがとうございました。

なかなか一筋縄ではいかない内容で混乱しましたが、幻想的で美しい世界や4人の役者が演じたトニーのキャラクターは面白かったです。
でもやっぱり、トニーはヒース・レジャーに一貫して演じて欲しかったですよね。特に最後の絞首刑台のシーンは、是非ヒースにやって欲しかったです。

少々複雑で・・・

>えめきんさんこんばんわ♪

自分もブラザーズグリムやDVDでローズインタイドランドを鑑賞しましたので、ある程度の理解と覚悟をして挑みましたが、やはり想像以上の世界観でしたねぇ・・^^;
『深い』というよりもなんか『濃い』内容に思えてしまい、鏡の中の世界も幻想的で美しかったですが、映像的になんかブラックなところもあったので、好みが分かれるとこでもありますよね。
やっぱり好感が持てたのは、ヒースほかジョニーらが演じてたトニーの存在だったかも?まさかあんな裏の顔を持ってたというのも驚きましたし、首を吊っても死なないマジックにしても本当に大丈夫なもんだろうか?興味が沸きましたw

・・・でも確かに最後の絞首刑のシーンとかはヒースが演じてた欲しかった部分もありますが、映画の中とはいえまたヒースの死を観るというのも複雑な気がするようなしないような・・・(汗

テリー・ギリアム監督

ホント、この監督にお金をつぎ込んで、あの世界観を3Dで作って欲しいです。

こんばんわ~

ぶっ飛び世界ですよね~^^;
目が白黒って感じでした。
鏡の中の世界が絵のように綺麗で奥行きがあって
ちょっと不気味で。。。
それと4人のトニーを楽しんで。。。
って見方で正解だと思いますわ♪
とにかく、不思議な映画ですもん(^▽^;

個人的には、ジョニー目当てもあったりして。。。
でも、一番目を奪われたのはリリー・コールの
美しさでした~(*^^*)

幻想的でもあり不気味でもあり

>ひらりんさんこんばんわ♪

ただでさえ好みが分かれるであろうギリアム作品ですから、万人とまでは行かずとも大多数の人が食い付く要素としてはやはり3Dも1つの手だとは思いますよね。あの鏡の世界をアバター仕込みの奥行きあるものにすれば、例え毒っ気があったとしても自分も凄い見入っていたと思いますね~♪

>くうさんこんばんわ♪

自分はギリアム作品の真髄を理解出来るくらい彼の作品を観ていないのもあってか、内容こそ困惑する部分はありましたがそれ以外、とりわけヒースやジョニーらの出演には見応えを感じましたねぇ。ヒースらが出てきただけでなんか眠気のようなものも消えていきましたから、つくづく自分はソレ目当てだったんだなという事を痛感いたします(汗

でも鏡の世界は幻想的な反面、個々の欲望が具現化したような世界でもあるので、確かに不気味な印象も抱いてしまいますよね。チンピラ4人組がママ~ン!!って叫びながらスカートの中に入った瞬間、ドカーンッ!!っていうのは『えぇ~~!?(´□`;)』って思いましたw

こんにちは~♪
メビウスさんはイマイチでしたか~
私もきっとそうだろう―と思って観に行きましたが、何故か面白く観れてしまいました。何がツボだったんだかよく分かりませんが(笑)

ところで、メビウスさんはギリアム監督の『12モンキーズ』はご存じですか?私は昔観た時にイマイチだったのですが、先日観直したら物凄く面白かったんです。SF物ですが、よく練られたストーリーで惹きこまれました。もし未見でしたら是非一度観てみてね!ギリアム監督への印象が変わるかも・・・

印象が変わるならばっ

>由香さんこんばんわ♪

巷でも賛否が凄く分かれる作品と言われていますし、自分もその中では正直苦手な部類に入るかな?と思ったのですが、自分の場合は単純にストーリーをよく理解せず、流し観な感覚で鑑賞してしまったせいもあると思いますねぇ~・・。パルナサスと悪魔の賭け事の仕組みがもう少し分かり易ければな~?という我がままっぷりを今更ながらに言ってみたり・・(汗

>12モンキーズ

ブルース・ウィリス出演の作品ですよね。実はテレビで放映されてたのをチラチラ観ただけで、全編通しで観た事は無かったりします・・^^;あれもギリアム監督の作品だったんですねぇ。
オススメして頂き有難うございます♪それだと忘れない内に早めに観ないといけませんね(後々に持ち越すとホント忘れてしまうので・・(汗)。

こんばんは★

テリー・ギリアム監督の映像先行型の作風は相変わらずでしたね。ただ本作に限ってはヒースの遺作なのでヒースの映像だけで満足という人も多いと思います。

由香さんもおっしゃっていますが、一度『12モンキーズ』を観てみると、彼の作る世界観の中での脚本の深みが味わえるかもしれないですよ♪

遺作という方がしっくりくるかも?

>daiさんこんばんわ♪

確かにテリー・ギリアム監督の作品と言うよりも、ヒースの遺作という方がこの作品は印象強いかもしれませんね~?^^;テレビのCMなどでも、ヒースをはじめ代役のジョニーらがかなり目立ってたので、自分のようにソレ目当ての人も圧倒的に多そうです(その分火傷した人も多そうですけどねw)

でもdaiさんも由香さんもチョイスする12モンキーズは、ギリアム監督の作風を理解するうえで外せない作品みたいですね。そうプッシュされるとやはり観たい気持ちがムクムクと膨らんできますねぇ~♪

謎系・・・

メビウスさん、こんばんは~。
お久しぶりですね!!

スワロも車で1時間半ブッ飛ばしてこの映画見に行ってきました。
なんせ、ヒース絡みでちょっとした話題作でしたものね。

しかし、やっぱりT・ギリアム・・・
あのギリアム・ワールドはスワロには少々ハードルが高かったようです。
『ローズ・イン・タイドランド』はとっても大好きな作品なんですけど
この作品は監督が云わんとしていることが伝わってきませんでした。
・・・いや、メッセージ性は溢れているのかもしれないけれどもキャッチできない・・・
「妙に道徳的」「妙に哲学的」というのはわかるのだけれども
それ以上の深い洞察が20代後半に突入したスワロの脳が許さなかったので(苦笑)

そうそう、実は続ブログは閉鎖しちゃったんです。
というのは引っ越しに伴ってネット環境がぐっと悪くなってしまったので・・・
映画はちょいちょい見ていて、今はレトロにノートに感想をしたためています(涙)
ネット環境が整えばblogリベンジも考えているんだけど・・・
どうかな・・・??

洞察力足らず?

>スワロさんこんばんわ♪ご無沙汰しておりまっす♪

片道1時間半掛けての鑑賞はホントお疲れ様ですって感じですねぇ・・^^;自分のホームグラウンドの2倍近い距離感に思えるだけに、スワロさんの映画鑑賞も相当しんどそうです・・。
そんなこんなで鑑賞した本作ですが、スワロさんもちょっと受け付けない部分があったみたいですね。確かにメッセージ性はちゃんと含まれているんですよねっ。自分も後からブロガー様方の記事を読んでようやく理解しましたし(爆
ただそれを本編でちゃんと把握できるかで良し悪しが分かれるのも否めなくて、変に毒っ気もあるから困惑しちゃう所もある気がするんですよねぇ?自分も洞察力足らなかったかも?(汗

それとやっぱりブログ閉じてしまったんですね・・あぅあぅi-241
だけど環境の変化になれるまではブログもままならないとは思うので、そこら辺はスワロさんの事情優先ですね。でももし落ち着いてまたネット環境が整えば、今度はツイッターなどはどうでしょう?巷で流行ってるつぶやきみたいな一言二言を文章にしたようなもので、ブロガーさんの間でも結構やってる人がいますね。手軽に更新できるっていうのが良いみたいなので、機会があればどうでしょうか?(自分はブログでアップアップなので無理ですけどねw)

メビウスさん、おはよーさんです
評価には○がついてますけど、記事を読むとかなり△よりの○なのでは(^^;
自分はわりと楽しめたほうです。クライマックスのあたりだけは、やや不満が残りますけどね

前々作の『ブラザーズ・グリム』は、これに比べるとかなり普通のエンターテイメントでしたね。わたしもそんなにギリアム作品観てるほうじゃないですけど、見た中でざっと評価するなら
『バロン』・・・◎
『ブラザーズ・グリム』・・・○
『12モンキーズ』・・・△
ってとこでしょうか

名作の誉れ高い『未来世紀ブラジル』はまだ見てないんですよね。観なきゃ

△寄りですね

>SGAさんこんばんわ♪

・・確かに後々になって思うと普通評価の○の割にはイマイチとも取れるコメントしか発してない辺り、ホント△寄りの○なのかも?(汗)点数で言ったら3点?^^;
実は前に観たブラザーズグリムも○だったんですが、あっちは色んなクリーチャーが出て来てちょっと琴線に触れた部分もあったから、個人的にはパルナサスよりも面白かったかもしれません・・。

あ、そいえば自分も未来世紀ブラジルまだ観てませんっ。12モンキーズは由香さんやdaiさんがオススメしてたので近い内に観ようと思ったのですが・・・・・あら?SGAさんはイマイチ?i-229

やっぱりギリアム作品は賛否激しいですね・・。

おじゃまします。
「G.I.ジョー」のコメント欄でメビウスさんがとりあえずご無事と聞き少し安心しましたが、ご兄弟やご親戚は被災されているんですね。このまま収束、復興…と上手く進むと良いのですが。
さて、今度は昨年中盤に頂いたコメントへのお返しで参りました。こちらでも遅くなってしまい申し訳ありません。
「Dr.パルナサスの鏡」のことはあんまり覚えておりません。私のブログのこの映画の記事ではコリンをブサイク扱いしましたが、最近観た「クレージー・ハート」ではそんなにブサイクにも思わなかったなぁ…と、不当にカッコ付けていなかったからかもしれませんが、ちょっと見直したかもしれません。
ともかく「Dr.パルナサスの鏡」のことについては、頂いたコメントへの返事やらお詫びやらを例によって、
http://blog.goo.ne.jp/piro-ek0324/e/dc8cf6db3d5833cde82b200f58a93d37
に書いております。良かったら読みに来てくださいませ。
あと「グラン・トリノ」の記事でも同じく…
http://blog.goo.ne.jp/piro-ek0324/e/dc8cf6db3d5833cde82b200f58a93d37
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。

>ピロEKさんこんばんわ♪こちらもお返事が遅くなってすいません・・。

被災した自分の兄と妹と従姉は仙台や石巻周辺に揃って住み固まっていますので残念ながら3人とも被災をしてしまったのですが、命あってのものでもありますし、今回の震災においてはむしろ運が良かったと思わざるを得ません。震災の影響で今までの『当たり前』がかなり崩れてしまったのでまだ落ち着ける段階ではありませんが、それでも着実に復興の兆しは各地で見えていると思います。原発の問題も心配ですが、ほんと徐々に収束に向かうことを願いたいですね。

あ、そうそう映画の話題をっ^^;
自分は本作は正直ヒースやジョニーが目当てでもありましたので内容は二の次だった気がしないでもないですね~。コリンはこれまた正直に言うとあんまり好きな俳優さんでもないのでこの作品でもそれほど気にも留めていなかったのですが、最後にちゃっかりオイシイ役を貰ってたような気がしないでもないですね(笑

PAGETOP