ヴァンガード

【監督】マシュー・ホープ
【出演】レイ・ブロック・Jr/エマ・チョイ/ジャック・ベイリー/シヴァ・グレウォル/スティーヴ・ウェストン
【公開日】未公開
【レンタル日】2009/8.7
【製作】イギリス

【ストーリー】
2015年、世界は混乱状態にあった。大戦で石油は失われ食料や水などの資源も枯渇。人口増加が危機的レベルに達する中、強大な力を持つ“企業(コーポレーション)”が出現。彼らは武装都市(レッドゾーン)に本部を置き、人間を間引くためのプログラムを計画する・・・。
【コメント】
個人的に未公開系2009年一番の駄作は『トランスモーファー リターンズ』だと思っていたんですが、まさかそのモーファーを超える駄作が出ていたとは全く知りませんでした。ストーリーをパッと読んだ感じでは随分と世紀末な感じがプンプンに漂っていたため、ひょっとして意外と面白いかも?と思って試しに借りてみたものの、残念ながらその期待は見事に砕かれちゃいましたね~・・。久々に時間を無駄にしたと断言できる作品に出会えまして、もうすんっごいつまんなかったですっ

観終わったあと先ず思った事としては、この作品とにかく本編で描かれる内容の情報量が少ないというか、凄い淡白なんですよねぇ。冒頭で何が出てくるかと思えば、めちゃくちゃヒゲモジャな男(←ちなみにマックスという主人公)が手製の槍を片手に何故か原始的なサバイバル生活を営んでおり、普通に平原とか森を歩いているとそこへ虚を突いたかのようにゴリラみたいな歩き方をした凶暴性剥き出しの人間がいきなり襲い掛かってくるという流れが数十分くらい続くので、この時点でちょっと頭に?マークがポンポンと出て来てしまうのです。一応↑のざっくばらんなストーリーのほか、本編が始まる前に世界が混沌となった理由やその世界を管理する『企業』と呼ばれる存在、更に企業が開発した薬で洗脳マシーンと化した『傭兵』に、薬の効果で獣のような凶暴性を持った『バイオシン』と呼ばれるものの説明が、ナレーションも何もない淡々としたスクロール文で表示されるもんですから、肝心な世界観を理解するのにも相当苦しくなる
でも後になるとサバイバル生活を送っていた主人公のマックスの秘密や、傭兵部隊のジャメルなど、沈黙が多かった前半と比べて人物もそれなりに増えて色んな会話あり意外な真相ありと色んな部分が紐解かれていくのですが、しかしそれもまた登場人物たちの会話などで紡ぐものばかりであって、映像や回想を交えた分かり易いものが何一つ無いのもこれまた痛い。これは観る人の想像力とかが豊かじゃないとかなり辛いものがありそうで、自分もほんわかと予想していた某漫画の世紀末風どころじゃなかったですよホント・・
それに自分はストーリーを読んでちょっと興味を惹かれた・・って部分もモチロンあるのですが、それとは別にパッケージに映っているどことなく格好がネオ風の渋い男が両手に持っている刀でこれまた某漫画の救世主のように大活躍をするんだろうなとか思ってたのですが、渋いどころか本作に出てくるのは原始風のヒゲモジャ男。しかも両手に刀じゃなくて両手に斧ですから、似ても似つかぬ見事な騙しっぷりっ!っていうかパッケージの男、誰ですかっ!?
パッケージフェイクや元ネタの内容と全然違うなんちゃって作品などは未公開系の常套手段ですから憤慨するのも今更ですけど、それにしてもですっ
本作観たあと改めてパッケージをみるとさすがにこれはないわぁ~・・と、ガッカリすること請け合いで、怒りを通り越して呆れてしまうとはこういう時のことなのかもしれませんねぇ・・。


あと細かいとこでは登場人物の設定がイマイチ不透明だったり、同じ場面(主に平原とか森)も多用してたのもあってか、世界が危機的状況にありバイオシンという危ない人たちがはびこってる大事な内容でも、その内容に見合っていないスケールの小ささも感じちゃいましたね。
まあ結果的に殆ど褒める所がない残念な作品だったものの、甘めな配慮で1つだけそこそこ良かったのを挙げるとするならば、バイオレンス描写が無駄に本格的だったってとこでしょうか?マックスが両手の斧でバイオシンの首や手足を斬り飛ばすと大袈裟なほど濃厚で大量の血が出てきましたし、これでもかこれでもかこれでもかこれでもかーーーー!!!っていうくらい斧でバイオシンをめった斬りにするシーンなどもカメラにまで鮮血が飛び散ったりしてこれまた無駄にグロかった気がします

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 

コメントの投稿

非公開コメント

今ヴァンガード見ました。

感想全く同じです。
あのパッケージは詐欺だ・・・
途中中身間違えて借りたんじゃないかと思ってディスク見直しましたよ↓

なんなんだコレは・・・

>アッキーさんこんばんわ♪お返事が遅れて申し訳ありませんでした・・。

だはは・・、アッキーさんも観ちゃいましたか^^;パッケージと内容に物凄い『差』がありますから、これはホント詐欺と呼んでもおかしくない作品だと思いますねぇ・・。
でも未公開の作品はこういう地雷映画がたくさんありますので、怒るよりも笑いに転換したほうが良いのでしょうけども、時と場合によってはそうも行かないんですよねぇ。特に自分の場合近場のレンタル店が10kmも離れてるので、遠くまで行って借りた結果がこんなトンデモ作品だと割に合わなくて感情が荒ぶる時がありますね(汗

なんにせよ、アッキーさんもご愁傷様でした・・(^人^;)

いやあ、とにかくすごい映画を見てしまいました。すべて管理者様のおっしゃる通りでして、誇張や偏見は一切ないことを私がここに謹んで保証致します。とにかく突っ込みどころ満載ですが、「え?」と思ったことの一つは、プロの兵士たるものが、周囲に神経を張り巡らして状況をさぐっているはずなのに、すぐ後ろに人が来るまで気配すらも感じないという鈍感さに対してでした。これじゃあすぐやられちゃうはずですよね。あ、それから血の一滴でたちどころに解毒できちゃう効能にも笑いを禁じ得ませんでした。あー、長くなりそうなのでもうやめます。私としては、この映画の企画会議にぜひ参加したかったと残念でたまりません。相当笑えたと思うのですが…

>Toshiさんこんばんわ♪お返事が遅れて申し訳ありませんでした・・。

この作品に対しての『凄い映画』って言葉は、賛辞よりも呆れの方が上回ってますよね・・^^;散々たる内容は未公開作品の黒歴史リストに載せてもおかしくないかもしれません。
それにコメント上のToshiさんの疑問は確かに同意出来うるものではあるのですが、何分破綻しまくってる設定ばかりだったので、この作品に対しては自分たちの常識的な疑問は全く通用しないような気もします(汗

Toshiさんにもホント、ご愁傷様ですとしか言えないのですが、この作品って自分が行ってるレンタル店にもまだ置いてたので、もしかしたら他でもまだまだ被害が拡大するかもしれません。恐ろしい!!

パッケージは詐欺ですねw
でも映画は俺的にはそんなに悪くなかったw

訴えられてもおかしくない

>通りすがりさん♪

コメント&ご訪問有難うございます^^
未公開作品のジャケットフェイクはホント今に始まった事ではないのですが、この作品に関してはジャケット表記を間違えてしまったのでは?と思うくらいの異なりっぷりですよねぇ^^;これじゃ詐欺と呼ばれても言い訳は立たないかも?(汗

でも自分も腹が立ったゆえに今でも印象に残ってる作品ですねぇw一度しか観なかったもんですから文句しか出ませんでしたけど、ひょっとしてもう一度観たら通りすがりさんのように『悪くないかも?』って言えてしまうかもしれませんね?

私が感じたことと全く同じようなことを主さんが書かれていて、思わず笑っちゃいました!(笑)私もパッケージがカッコいいと思って借りたので、あの衝撃と落胆はいまでも…(笑)

お疲れ様ですw

>かなかさん♪

初めまして♪
だはは^^;かなかさんも観ちゃいましたか。取り敢えずお疲れ様でしたw
この作品を観た訪問者様のコメントをこの所定期的に頂いてるせいか、やっぱり皆さんも怖いもの見たさ臭いもの嗅ぎたさな心理が働いてるのかもしれませんね。けど観る人によっては好きな方もいらっしゃるのですが、それでも割合としてはやはり『ふざけんな』と憤慨する人が多く、ジャケットの珍妙さも相まって逆に強く印象に残っちゃう人が続出する事態へと発展しかねないかも・・?(汗
なんにせよ近年稀に見る未公開作品ですね^^;今年はこういう作品に出会えるでしょうか・・(笑

これはヤバイ

うーん…
こんなつまんない映画ってあるんですねぇ…
まぁ最後までジャケットの剣と銃を携えた渋いおっさんの登場を期待してた僕が悪いと言われればそれまでです。
90分がこんなに長く感じる映画は初めてでした(T-T)

ある意味正論w

>あっきーさん♪

あっきーさんも『コレ』観ちゃいましたか・・(汗)。自分を始め、色々な方が人柱となりながら『つまらん!!』と強調しているにもかかわらず、犠牲者がちょこちょこと出る一方なこの作品。やはり分かってはいるんですけど、それでもなんか気になるって感覚で観ちゃってる人がいるんでしょうね~?

でも確かに観る観ないの判断は自分自身でもありますから、本編に腹を立てる前に借りてしまった自分も悪いと思う気持ちは的を射てるようでどこか納得もしてしまいます^^;

PAGETOP