マイケル・ジャクソン THIS IS IT

【監督】ケニー・オルテガ
【出演】マイケル・ジャクソン
【公開日】2009/10.28
【製作】アメリカ

【ストーリー】
2009年6月に急逝した世界的スーパースター、マイケル・ジャクソン。彼は同年夏に、ロンドンのO2アリーナでのコンサートを計画していた。その名も”This is it”。本作では、09年4月から6月までの時間の流れに沿って、100時間以上にも及ぶこのコンサートのリハーサルと舞台裏の貴重な映像を選りすぐって編集。多数の楽曲と圧倒的なダンス、パワーに溢れたパフォーマンスを次々と披露するリハーサルから、最高傑作になるはずだったコンサートを体感する。またその合間には、天才と呼ばれた舞台裏の素顔や、完璧を追い求めたシンガー、ダンサー、クリエーターとしての彼の姿も挿入。長年に及ぶスタッフたちとの深い絆と友情までも描き出す・・・。
【コメント】
マイケル・ジャクソンに関しては元々ファンとかではありませんでしたし、彼の楽曲にしても誰でも1回くらいは聞いた事あるような有名なものしか知らなかったので、そんなファンじゃない自分にとってこの作品もスルーの対象だったのは正直なところなんですよねぇ・・。(2週間限定ですぐ終わってしまうと言うのも理由の1つでしたし)
しかし公開されるや否や世界中で大ヒットを叩き出し、鑑賞したブロガー様の評価もすこぶる良く、更にその大ヒットの影響も受けて2週間限定上映も4週に延長。全く予想外のヒットを連発していたので、恥ずかしながらその煽りに乗っかって自分も鑑賞した次第なのですが、これは煽られなくとも観るべき映画だったかもしれませんね~
マイケル知識ほぼゼロの自分でも結構楽しめましたっ。

まあ今の今までアーティストの生のライブというものを一度も見た事が無かったからなのか、はたまたマイケルのライブ自体が他のアーティストライブよりぶっちぎりで秀でていたのかは定かではありませんが、そのマイケルのライブの内容は演出や特殊効果、バックダンサーにバックコーラス、楽器演奏者など、全てにおいて凄いレベルが高くて、スクリーン越しで自分もかなり圧倒させられてしまった部分がありましたねぇ。カメラーワークもマイケルを近場で捉えているシーンが結構多かったりしたので、リハの様子も含めて本当にライブ会場の最前列で見てるかのような迫力を味わえた気がします。
でも上記の通り、自分はマイケルの楽曲は『スリラー』とか『今夜はビートイット』といった、誰もが一度は聞いた事のある曲しか知らなかったため、それ以外の歌をマイケルが歌うシーンではやや手持ち無沙汰な感じになるんじゃないかと懸念もしてましたし、実際本作を観てその感じが全く無かったというわけではなかったのもこれまた正直な所・・。だけどそういった場面ではマイケルの周りで踊ったり演奏したりしてたダンサー達や演奏者達のプロのテクニックの数々に目を奪われていた部分も多かったので、「飽きる」という気分は短めだった気もする。特に自分が目を引いたバックダンサーの人達に到っては劇中で何百人と参加してたオーディション風景も映し出されていたので、マイケルの周りで踊っていた人達は正に選ばれしトップダンサー。皆動きが統一されてて凄いカッコ良かったんですけど、そのダンサー達に全く劣らずキレのある鋭い動きを見せてくれたマイケルの姿は本当に五十路かと疑ってしまうほど後半には自分の知ってる「スリラー」や「ビートイット」がクオリティの高い映像とともに披露されて自分も凄いテンション上がりましたけど、マイケルの動きも全盛期とあんまり変わらない(?)動きを披露していたので驚いてしまいましたっ。


最初はライブ映像を交えたマイケルの栄光や挫折などを関係者の話を盛り込みながら進んでいくドキュメンタリー形式かとも思ったんですが、111分ほぼライブリハーサルの映像ばかりだったので、自分もなんか擬似的なライブ体験をできた気がしましたね。
時折見せるマイケルのプライペートな素顔も自分には新鮮でしたし、スタッフやバックの人達がリハ中にミスや思ってるのと違う音を出しても決して苛立ったり怒鳴ったりせず、むしろ謙虚な姿勢でもって修正案を出す彼の姿には、ホント相手を思いやる心と言うのが見て取れた。スタッフたちにしてもマイケルと一緒に何か出来るという名誉もモチロンあると思いますが、彼の人柄を理解しそして惚れ込んでるからこそ、音一つに対しても徹底したこだわりを持つマイケルの要求などに応えて完璧なライブにしようとする熱意が十分伝わってくるんですよねぇ。
それにリハーサルでこれだけの迫力だったんですから、完成されたライブはもっと素晴らしかったはずっ。そう思うと急逝したマイケルの訃報は今更ながら本当に悔やまれますねぇ。ロンドン公演を生で見る事叶わずとも、本作観た後だと自分もライブDVDとかでこのライブの完成形を堪能してみたかったです。

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
映画ドキュメント 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 THIS IS IT        ケニー・オルテガ監督 2009年 アメリカ この作品、評判良いですね~皆さんの記事を読むと、映画館の大画面で観るのをお勧めしてらしたので、それならばと観てきました。 当たりです...
職場でランチタイムに話題が出て、そういえば公開してるんだと気がついたのは昨日の話。マイケル・ジャクソンの幻のロンドン公演リハ・・・ステージはもう観られない。平日の昼間とはいえ、ギリギリに飛び込んだらほぼ満席です。^^;そりゃもう、当たり前の話なのかもし...
マイケル,フェーエバー!!!!!!!!!!!!!  
'09年製作 監督:ケニー・オルテガ 出演:マイケル・ジャクソン 2009 年6月25日、"King of Pop"マイケル・ジャクソンが亡くなった。享年50。10数年ぶりの歴史的ライブ“THIS IS IT”を目前にした悲劇だった・・・。これは、ひとりの天才エンターテイナーと...
THIS IS IT(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督: ケニー・オルテガ 出演:マイケル・ジャクソン他 誰も見たことのない彼に逢える。 6月に急逝したマイケル・ジャクソンの死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー。 『HSM』の監?...
10月31日(土)やっとマイケルの「THIS IS IT」を見に行く事ができまし
今週の平日休みは祝日明けの水曜日。 いつもの平日より混んでるな・・・とおもったら水曜日はレディースデイだからなのね。 普通ならコンサートリハーサルの映像映画ならこんなに話題にならないだろうけど、さすがマイケル・・・ 限定二週間の上映も延長決定らしいし、...
原題:THIS IS IT公開:2009/10/28製作国:アメリカ上映時間:111分鑑賞日:2009/10/28監督:ケニー・オルテガ出演:マイケル・ジャクソン誰も見たことのない彼に逢える。+あらすじ+ 2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマ?...
  □作品オフィシャルサイト 「THIS IS IT」 □監督 ケニー・オルテガ □キャスト マイケル・ジャクソン、他■鑑賞日 11月1日(日)■劇場 109CINEMAS(IMAX)■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> マイケ...
マイケル・ジャクソン。2009年6月25日にこの世を去った伝説のキング・オブ・ポップ。彼がロンドンで行う予定だった公演のリハーサル映像と、舞台裏のメイキング映像を編集したドキュメンタリー。   マイケル・ジャクソンが亡くなってからもう半年近くになる...
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」★★★★ マイケル・ジャクソン出演 ケニー・オルテガ監督、112分 、2009年、2009-10-28公開                     →  ★映画のブログ★                      ど...
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー―   監督 : ケニー・オルテガ 『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』【comment】公開2日目に観に行きました。劇場は前3列?...
すごい・・すごい人だ・(涙)ひたすら彼のすごさを思い知る111分!!
これは映画じゃない{/atten/}マイケルのLove&soul{/m_0163/}そのもの{/atten/} 世界同時公開な上、たったの2週間だけの上映!!ってことで激混みが予想される土日を避けて行ってきました~。 このドキュメンタリーフィルムは7月に行われる予定だったマイケルのロンド...
「THIS IS IT」は2009年6月25日に亡くなったマイケル・ジャクソンさんが行う予定だったコンサートのリハーサル映像を収めたドキュメンタリーである。亡くなってから4カ月が経過するけれど、この映像を観ているとまだ亡くなった実感がないほど素晴らしいプロモーシ...
マイケル・ジャクソン THIS IS IT~THIS IS IT~ 監督: ケニー・オルテガ    出演: マイケル・ジャクソン 公開...
<<ストーリー>>2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は...
監督:ケニー・オルテガ(ロンドン公演の監督さん。よくぞ映画にしてくれました) 出演:マイケル・ジャクソン(KING OF POP!!) 10年ぶりとなるツアーに先駆けて、今年の夏、 ロンドンで開催されるはずだったマイケル・ジャクソンのコンサート「THIS IS IT?...
本作は今年の6月に急逝したマイケル・ジャクソンが、その死の直前まで準備をしていた
マイケル・ジャクソン THIS IS IT’09:米 ◆原題:THIS IS IT◆監督: ケニー・オルテガ「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」◆出演:マイケル・ジャクソン ◆STORY◆2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル?...
【 55 -12- 1ヶ月フリーパスポート=4 】 昨日観たかったのだけど、目の前でSold Outで今日に持ち越し。 で、今日やっと観れたが・・・・絶句{/b_face2_shock_m/}  2009年6月25日に急逝した“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。本作は、ロンドンで実施予定?...
――― これがキング・オブ・ポップが私たちに遺してくれた最期の贈り物。 噂に違(たが)わぬ傑作でした。 2009年はあと一ヶ月ありますが、間違いなく今年観た映画のNo.1です。 マスメディアによって徹底的に傷つけられ貶められた天才は、最後の最後、自分では観られる?...
    【'Michael Jackson's This Is It'】 誰も見たことのない彼に逢える。 【監督】 ケニー・オルテガ  【上映時間】 111分   【製作...
それが・・・これなんだ・・・
世界的な米国エンターティナー、マイケル・ジャクソン(1958-2009年)の公演リハーサルの模様を綴(つづ)った音楽ドキュメンタリー「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」(2009年、米、111分、ケニー・オルテガ監督、コロンビア映画配給)。この映画は、?...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

メビウスさん こんにちは
実現されなかったMJのロンドン公演に向けての
リハの風景のドキュメンタリーを観ながら
MJのステージに対する真摯な姿勢と、そして彼と共演することを
ほんとに心から喜んでステージに向かうバックダンサーやスタッフの姿を観て
マスコミやニュースで色眼鏡をかけてしまったことが悔やまれました。。。

色眼鏡

>にゃんこさんこんばんわ♪

自分もこのリハーサル映像の中のマイケルを観るまでは、彼がここまで他人に気遣う心を持ってたり、地球の現状を深く憂いでいたなんて露知らずでございました・・。それに歌を殆ど知らない分、2~3年くらい前のスキャンダル関係の方が印象強かったので、ホント自分も色眼鏡で見てたなと思い、彼の人柄を理解してるファンの人達にも申し訳ない気持ちになってしまいましたねぇ・・(汗

こんばんは~ちょっぴりご無沙汰してます!
メビウスさんも、本作をご覧になったのですね(嬉)

本当に予想外の超ヒットとなりましたね。
周囲でもマイケルをあまり知らなくても
足を運ぶ人が多く観られます。でも一様に
感想は「素晴らしい」で、マイケルのみならず、
本作が秀作ドキュメンタリーだということの
証明であるように思います。迫力ありましたよね!

>音一つに対しても徹底したこだわりを持つマイケルの要求
本当にそうでしたね。一時期、マイケルは変わってしまったのかと
離れてしまったわたしでしたが、そんなことはまったくなかったのだと
痛感しました。本当に惜しい方を亡くしたと思います。もっともっと
長生きしてほしかった・・・でも、彼の音楽は不滅ですね。

プロフェッショナル

ゴシップネタに事欠かないマイケルでしたが、
ステージ上ではプロのエンターテイナーだという事がよくわかりました。
ヒット曲は沢山あるけど、たまにしか活動してないみたいで、
どーなってるの???みたいなミュージシャンかとも思ってましたが、
この映像を見せられると、
「キング・オブ・ポップ」といわれるのも納得できますね。

こんにちは♪

マイケルのコンサートには行ったことがなかったので、最前列で見てるような気分になりました。
ファンだと胸を張って言えるようなヤツではないんですが、改めてマイケルのすごさを感じました。
リハでこれだけすごい!なら実際に行われていたらとんでもないすごいものになってたでしょうね。

由来

>JoJoさんこんばんわ♪ご無沙汰しております♪

ファンじゃない人は多分自分と同じようにマイケル歌とかをあまり知らない人だとも思うので、その歌を知らない分桁違いのスケールを持ったあのライブ演出の数々に目を奪われたのだと思いますし、自分もあの迫力のライブ映像には心の中で「すげー」を連発してましたw
そいえば予告編でマイケルは僕の歌で希望をもって欲しいなんて事も言ってましたが、そういう願いがあるからこそ歌一つ一つ、音一つ一つに対しても完璧を求めていたんでしょうね~。

>ひらりんさんこんばんわ♪

テレビの音楽番組などでたまにマイケルの歌が出ては「キングオブポップ」なんて言葉を自分も耳にしていましたけど、何故そういう由来を持つようになったのかは正直自分も今の今まで全然分かりませんでしたねぇ~(汗)
数々のヒット曲を持っていて、その売上が未だに破られていないなどの記録的偉大さも関係してるとは思いますが、それとは別に彼の音楽に対する姿勢などもその由来に関係してるんじゃないかと思いますね。アーティストのリハの風景なんて殆ど観た事ありませんけど、本作のマイケルを観た限りじゃ妥協が一切ありませんでしたからね~。他のアーティストでもあそこまでこだわっていないんじゃないでしょうかね~?(汗

>yukarinさんこんばんわ♪

自分はマイケルのコンサートどころか日本人アーティストのコンサートにすらただの一度も行ったことありませんです・・(汗)でもライブはやっぱり生に限るっていうセリフを聞いた事があるようなないような気もするんですが、臨場感などの違いで言えばやっぱりスクリーンでも味わえない迫力や他の観客との一体感みたいなのが味わえて面白そうな気がするんですよねぇ。
もともと本作もファンじゃないから観ない観ないと言ってたものの、食わず嫌いは良くないのもあり、重い腰を上げながらも観てみたら凄い大当たりだったので、自分もめんどくさがらずにやっぱり一度くらいはライブを体験をしてみたいなーとも思っちゃいましたw

こんばんは!

>彼の人柄を理解しそして惚れ込んでるからこそ、音一つに対しても徹底したこだわりを持つマイケルの要求などに応えて完璧なライブにしようとする熱意が十分伝わってくるんですよねぇ。

ステージはチームワークが大事で、円陣組んだり、いいものをつくるんだという熱気がこちらまで伝わってきました。スーパースターなのに謙虚でひたむきなマイケルの姿に、人から愛される理由がわかりました。
未完でもこのクオリティ、ロンドン公演、1公演だけでも実現させてあげたかったです。
ほんとに悔やまれますね・・・涙

こんばんは

こちらにもお邪魔します。

マイケルどころか音楽すらあまり聴かない愚か者であるにもかかわらず観に行ったんですが、マイケルのエンターテイナーとしての情熱に圧倒されてしまいました。

曲が終わるたびに拍手をしたくなる衝動に駆られました。きっと初日に行っていたら観客全員で拍手するなんて場面にめぐり合えてたんでしょうね。そこだけが残念です。

こんばんは!!

自分を信じて人々の期待や信頼に応える・・。
マイケルはそうして重圧に耐えて来た人だと思うんです。
ソコが。「キング・オブ・ポップ」孤高の場所。
あの音楽に向かう彼の真摯な姿に、彼を信じ崇拝するスタッフ&ダンサーのプロ魂に・・。
ソコがどんな所か感じることが出来た気がします。
凄い人でしたよね(涙)この公演本当に残念です!!

この作品、マイケル自身は本気で歌ったり踊ったりはしていないと思うんです。
ただし、指示や語りかける言葉は本気そのもの。
周りの人間が、そのマイケルの言葉を真剣に耳にし、自分の演技に生かす姿が、マイケルの偉大さを教えてくれたように思います。
マイケル自身もオーラがあるのですが、全体的な雰囲気が素晴らしかったですよね。

こんにちは~♪
感動しましたよね~
ここ何年もゴシップばかりのマイケルだったので、正直に言って「本当にコンサートが出来るのだろうか?」と思っていたところもありました。
ところが!!昔と変わらぬ歌声、50才とは思えない体の動き、ステージにかける真摯な姿勢、世界に向けたメッセージ、、、どれもこれもにクギ付けになりました!!
亡くなってしまったことが本当に惜しまれます。
ロンドン公演が実現出来ると良かったなぁ・・・(泣)

ファミリー

>アイマックさんこんばんわ♪

そいえば終盤の方でみんなが円陣を組んでマイケルが一言喋ってた時に、彼が「みんなファミリーだ」って言ってたのが自分は印象に残ってます。てっきり「仲間」とか言うと思ったんですが、ファミリーの方が一体感みたいなものがあるし、温か味みたいなものもありますよね。彼の人柄は言葉にも反映されてるということですねっ。

>えめきんさんこんばんわ♪

音楽をあまり聴かないのは自分もご多分に漏れずなので、本作を観てもそれほど大きい事は言えませんが、今ではマイケル初心者でも観て良かったなって思えるくらいですね。この映像を観なければマイケルの素顔を垣間見る機会すら無かったと思いますし、ちょっとだけですが彼の歌も聴き入る事が出来て、充実した111分でした。

>くろねこさんこんばんわ♪

有名になって確固たる地位や名声を手に入れた人は、それを地に落ちさせること無く走り続け維持しなければならない時がありますし、アーティストの場合はそれが顕著ですよね。しかもマイケルは「キングオブポップ」という呼び名まであるのだから、周りからの重圧などは計り知れなかったと思いますし、それを何十年も維持し続けてきたというのは確かに凄い事です。マイケルを神格化し、崇拝する人の気持ちと言うのもなんか理解できる気がしますね。

本当にやってしまいそう

>亮さんこんばんわ♪

そいえば劇中でマイケルが「徐々に声を温めて行くから」なんてことも遠慮気味な感じで言ってましたが、そういう言葉から察するにやはりあまり本気で歌ってなかったり踊ったりしてなかったことがうかがい知れますね・・。でもスタッフや一緒にステージに立っている人への指示に関しては熱の入れようがホント凄かった。キューの出すタイミングや音の強弱など、その徹底したこだわりにキングオブポップの妥協なきアーティスト魂を観た気がしますね。

>由香さんこんばんわ♪

生前の頃のマイケルと言えば自分もスキャンダル関係ばかりでしたから、今回のライブの事を初めて発表したときも正直「ふ~ん」な感じでしたけども、中身を開けて見たら凄い圧倒される内容ばかりで、ライブに1回も行った事がない自分もかなりのめりこんでしまいましたね。
50歳とは思えない動きと声量にも驚かされましたが、もう1つ別に、マイケルが環境問題に対してもとても熱心に考えていたという所も自分は驚かされました。そういうイメージを全然抱いてませんでしたからね~自分(汗
それに4年で環境破壊を止めるっていうのもマイケルの口から発せられると、なんか本当にやってしまいそうな感じがしますねw

こんばんは

どストライクのMJ世代ですので、曲は全部知ってるし、自分の中の歴史まで思い出してしまって、なんとも熱いものが込み上げてきました。
物作りの面白さを感じさせてくれるドキュメントとしても一級品だと思います。
これを観たら、本番が凄く観たくなります。
それが永遠に叶わないこの切なさ!
罪作りな映画です。

こんばんは、メビウスさん
コメTBありがとう♪

>煽られなくとも観るべき映画だったかもしれませんね~
マイケル知識ほぼゼロの自分でも結構楽しめましたっ。

本当そうだと思います。
わたしもだから、マイケルのファンでもない人にも勧めてます★
それでも楽しめるなんて彼はやっぱり最高のエンターテイナーだと思うし、
いなくなった今こういう風に絶賛するのもいやだけど
そういわざるを得ない存在だとあらためて思いますもん。
DVDになったらなったでまた何度も観ちゃうな、、、♪
貴重な映像、ライブ感覚で楽しめますよね。

DVD時にまた一波乱?

>ノラネコさんこんばんわ♪

思い入れの強い曲だとその当時こんな事あったあんな事あったなど、過去の思い出も一緒に蘇って懐かしく感じちゃうのは自分も分かりますし、当時一世を風靡していたであろうマイケル世代の人にとってはその思い出も1曲ごとにより強いものを感じちゃうでしょうね~?自分も最初に買ったCDはひときわ鮮明に覚えていまして、兄と取り合いになって乱闘した記憶が残ってますw
でもライブも未完成ゆえに、観た人それぞれの想いが巡って確かに切ない気持ちにもなっちゃいますね・・。自分もこれが完成したら、またマイケルは何かしらの記録を打ち立てるんじゃないだろーか?と色々考えちゃいました。

>migさんこんばんわ♪

いなくなって初めて分かる、なんて聞き慣れた言葉がありますけども、マイケルの場合が正にそうでしたね。生前だと気にも留めなかったのに、亡くなった途端彼の色々な側面がクローズアップされたりしたので、興味なかった自分も次第に反応するようになり、結果ライブ映像を通して彼の素顔を一時だけ垣間見る事が出来た貴重で新鮮な作品だったなと自分も思いましたねぇ~。

そいえば本作は劇場公開で予想外の大ヒットとなったみたいなですが、この分だとDVDが発売された時にまたひと波来そうな予感がしますね。特典とか限定版とか物凄そうな気がしますw

こんにちは

もしマイケルが存命だったら、ロンドン公演が実施されても、気にも留めなかっただろうなって思います。
世界中の、いったいどれだけの人がある事ない事のゴシップで偏見を持っていたことでしょうか。
もしマイケルが存命だったら、絶対に表にでることが無かったであろうリハーサルの映像。もしかしたら本番よりも価値のあるもので、この映画をこのようなカタチで世に発表してくれたスタッフに感謝したいですね。

存命だったら・・

>たいむさんこんばんわ♪

存命だったら・・・という願いはもう叶いませんが、自分も生前はゴシップ関係に塗れていた偏ったマイケルが印象に残ってただけに、例えロンドン公演が行われてたとしてもあまり関心がなかったかもしれませんね。むしろこのロンドン公演さえマイケルの借金返済のためのものだと聞いていたので、成功してもマイナスイメージは抜けなかったかも?(汗
でも完璧を目指していたマイケルがこの映像をどう思ってるかは分かりませんが、自分には本番以上の価値も然る事ながら、自分の偏りイメージを払拭させてくれた良い作品だったと思いますね。
い、今からファンになっても遅くないでしょうかね?(汗

こんにちは

メビウスさん、こんにちは!

そう彼のパフォーマンスもさることながら、彼のスタッフに対する態度の謙虚さ、そして高みを目指す志の強さに感銘を受けました。
天賦の才というのはあるとは思いますが、それに驕らない彼の生き方を感じられ、観て良かったなと思いました。
僕もほとんどマイケルに思い入れはなかったのですが、もっと早く彼のこういう一面を知っていればと感じました。

今更ですが・・

>はらやんさんこんばんわ♪

ホント、自分も早く本作のマイケルの姿をどこかで知っていればイメージを早く払拭できたでしょうし、遅まきながらファンの第一歩を踏み込めたんじゃないかと思いますねぇ。いなくなって初めて気付くその人の偉大さ・・・・・なんてよく言ったものです(苦笑)
自身の才能を鼻にかける事無く、常に相手と同じ目線で考え意見を言う彼の姿も、自分にとっては新鮮でしたね。色んな人に慕われ・尊敬されるのも分かる気がします。

こんばんわ

すっごく遅いコメントで申しわけありません~。。。
私もね、ファンだったのは昔~のことで、たぶん亡くならなければ
この映画を見に行く事も無かったと思うのです。
でも、行って良かったですわ♪
職人芸ってほどの素晴らしいステージ作りを見ることができました^^

PS「オーメン」の記事にもコメント入れたかったのですが、
コメント欄が無かったようなのでトラバのみで失礼しました(__)

良くも悪くも・・

>くうさんこんばんわ♪

やっぱり有名人が再注目される条件の1つに訃報や事件事故というものがあるので、良くも悪くも彼の早過ぎた死はファンの人もそうでない人にもこの映画を観てもらい、そしてマイケルの素顔の一端も知ってもらう機会になったかと思いますねぇ。まあ他のアーティストの舞台裏とかは見た事が無いのでなんとも視野の狭い評価ではありますが、それでもマイケルのコンサートの内容は最高峰と呼ぶに相応しいものだったと自分も思います。


※オーメンのとこのコメントについては全然大丈夫ですよっ。自分は時々職場の勉強や私情などで映画の記事を一時的にTBのみにする事があるので、コメントがないのはその為なんですよねぇ。

MJ♪

ちょっと時期はずれで、もうDVD化される今日この頃・・・
音楽ものはやはりスクリーンで見て正解でしたー。
結構コンサートの舞台裏は仕事柄潜入した事があるんですけど、アーチスト達の素顔を知るとより表舞台が感慨深いものがあるもので。
MJのような世界的ビッグアーチストで人間離れをしてる人であっても、本当は普通の人となんら変わらないんですよね。
でも思った以上にエンターテイナーで、かつ真面目な人なんだなあ~って思ったりw
普段、MJなんて見向きもしない人でも、魅せられてしまう映画の力って・・・すごいですよねえ;・・・


劇場で観て正解です

>シャーロットさんこんばんわ♪

音楽モノやミュージカルモノは大音響のスクリーン、更に名曲となればやはり自宅鑑賞よりも劇場を優先して見たい気持ちはありますよね。・・でも正直自分はマイケルのファンでもなかったから彼の歌もあまり知らず、鑑賞理由もどっちかといえば観た人達の評価などに後押しされての後追いタイプwファンじゃなくても大丈夫だろうか?という懸念はあったものの、観たら観たでマイケルの歌・プロのダンサーやミュージシャンのテクニックに魅了され、そして何より自分が抱いてたマイケルのイメージを180度変えてくれた気がするので、やっぱり自分も劇場で観て正解だなと思いましたね♪

そいえばDVDは明日ですね~♪自分も予約をしたのでかなり楽しみです♪やっぱりマイケルの中ではスリラーが一番好きなので、多分そこだけ何回もリピートするかもしれませんねっ(笑

PAGETOP