妄想工作

戯言

2009-09-08

妄想工作

この『妄想工作』という本は、以前プレイステーション3の『まいにちいっしょ』というゲームのニュースコンテンツ内で紹介された本なのですが、その内容を見て面白・雑学本好きな自分としては結構興味が沸いた本だったので、本屋さんで運良く見つけたのをイイ事にすぐさま購入してしまいましたっ。

・・まあ人間一度くらいだったら、現実では有り得ない事や成し得ない事などを頭の中で自分なりに妄想なんかしてイメージを膨らませてみたなんてことあるんじゃないかなぁ?とは思うのですが、この本の著者の乙幡啓子さんはそんな自身が考えた妄想をお得意の工作大真面目に具現化させちゃったもんだから、その発想自体に先ず笑えちゃいます

具現化させた作品の数々も面白く、『サーモグラフィー風のセーターを着たら暖かく見えるか?』という妄想を実践するため、あの赤とか青とか緑とかやたら複雑な温度分布を6色の毛糸を使ってセーターに細かく再現する辺りからしてなんか凄い。『着たら暖かいのか?』という結果は別としても、その地道~な作業行程を読んでいると、拍手すら贈りたくなってしまうほどです。
その他にも『マンガのようなバッティング(ボールがバットにヒットした瞬間、バットが妙に曲がって見えるアレ)をしてみる』といった笑える工作もあれば、『あしたのジョーに出て来るようなボロTシャツを作る』、『アルミホイルで王冠を作る』など、身近な道具で簡単に作れそうな工作もあったりと多岐に富んでいる。本の方も図解入りでちょっとしたマニュアルみたいな感じですし、作る過程での苦労や失敗談、そして何より『よくそんなの思いつくな~・・とある意味感嘆してしまう乙幡さんの妄想のスケールの大きさにも笑えてしまうので、誰でも楽しく読む事が出来ると思いますね。


・・でも自分は学生の頃から図画工作などはちょっと苦手でしたのでおんなじもの作れるわけないと思いますが、物作りに自信のある人は本書を片手にチャレンジしてみるのもまた一興ではないでしょうか?個人的には『捕らえられたエイリアン風エコバッグ』というのが一番簡単で作り易そうに見えましたし見た目もメチャクチャ笑えたので、誰か作ってくれましたら自分買い取っちゃうかも?(笑

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 

コメントの投稿

非公開コメント

ちわー

ガンプラすら上手に組み立てられなかった自分にとって、工作の上手い人というのは尊敬の対象であります

さらに「サーモグラフィー柄のセーター」とか、そういうくだらないものに情熱を傾けられるところも尊敬しちゃいますね

「くだらないものに情熱を傾ける」といえば、感動してしまったのがETVの番組『ピタゴラスイッチ』のOP。DVD買ったら、その後ようつべで普通に見られることを知って「はやまった・・・」と思いました(笑)

というわけで、未見でしたら某動画サイト(笑)で、「ピタゴラ装置」で検索してみてください

不器用ですから・・

>SGAさんこんばんわ♪

自分もSGAさんと同じで学生の頃から図画工作とか苦手だったので、その不器用さは好きなガンプラを作る際にも影響を与えていますね。今でもちょっとしたことでパーツを間違って切っちゃう事があったりしますし、記憶として覚えてる部分では、ガンダムF90の組み立ての際ニッパーを滑らせて中指の皮を深くえぐった痛い思い出があります(汗

>ピタゴラ

ピラゴラスイッチのDVDって出ているんですか?それは自分も欲しい♪自分も以前ユーチューブとかでピタゴラ視聴してましたが、あの装置は一度見ると癖になっちゃいますよね。毎回色んなバリエーションの装置が出てくるので、この乙幡さんの妄想と同じでよく作れるな~と毎回感心してしまいます。こっちで放映される時間上なかなかリアルタイムで見れませんが、DVDをもし見つけたらそれこそ自分は衝動買いしちゃいますねw

PAGETOP