妖怪大戦争

【監督】三池崇史
【出演】神木隆之介/宮迫博之/近藤正臣/阿部サダヲ/高橋真唯/栗山千明/菅原文太/豊岡悦司
【公開日】2005/8.6
【製作】日本

【ストーリー】
両親の離婚の為に母の故郷、鳥取で暮し始めた都会っ子のタダシ(神木隆之介)は、クラスメートとも馴染めないいじめられっ子的な存在。
ある日タダシは、神社のお祭りで大勢の子供達の中から麒麟送子に選ばれる。麒麟送子は世界に平和をもたらすと言う正義の味方の役で、大天狗が守る伝説の剣を取りに行かなければ行けないという。タダシは自分の勇気を試そうと山に登ったが、怖くなって途中で引き返してしまう。そして家に帰る途中に、愛らしい妖怪スネコスリと出会うのだった・・・


【コメント】
実はこの映画を観る前に、舞台が鳥取県だと言うことで検索でちょこっと鳥取の方言を予備知識として付けたのですが、『だいやぁ~』とか『だっちゃ』とか分かるのですが、体の事を『みがら』と言うのですね・・(-_-;)
自分の地元の方言ととタメ張るくらいの高難度(鳥取地方の方にはすいません)

ちょっと弱虫な主人公タダシがひょんなことから麒麟送子と言う正義の味方となり、数々の妖怪達の力を借りて魔人・加藤保憲を倒すべく奮闘する冒険物語。
荒俣氏原作の『帝都物語』の加藤が出てくるもんだから、最初は関連してるのかな~?と思いましたけど、そうじゃなかったんですね(^▽^;)
今度は日本を滅亡させる為に復活。それとなしに、何だか野望が大きくなってるような気が・・

ストーリーはちょっと子供向けな感じもする内容なんですが、観てみると納得で、大人も子供も充分に楽しめます♪
特に水木しげるが大好きな往年の方々にとっては、油すましやぬり壁、一反木綿に猫娘など、『ゲゲゲの鬼太郎』に出て来た多数の妖怪がアニメ顔負けなくらいの実写版で、ソックリに登場するのが嬉しい所なのではないでしょうか?
ちなみに自分は『ゲゲゲ』よりも、どっちかと言えば『悪魔くん』寄りなので、百目とか出て来てくれたのには嬉しかったです♪

そして数々の有名妖怪が出てくるのならば、それに扮する個性的な俳優陣も豪華絢爛。
竹中直人やミュージシャンの忌野清志郎等が特殊メイクで妖怪に扮してますが、そう本格的なメイクでもないので、よく観察して見れば『あっ!この妖怪アノ人だっ!!』って分かるくらいに見分けられて、これはこれで楽しいです。
特に気に入ったのはやっぱり川姫役の高橋真唯ですね~(〃▽〃)さすがグラビアやってるだけあって、あのフトモモはかなりキます♪
更にツボだったのは、妖怪・大首役の石橋蓮司!!や、もはや妖怪じゃなくて、顔面蒼白になった石橋蓮司のドアップの顔です!!只でさえ厳つい顔つきなのに・・・(・ロ・;)

あれに驚いてしまったのは、タダシと自分だけでしょうか?

そして、忘れてならないのが天才子役こと神木隆之介くん。今回のタダシ役では『お父さんのバックドロップ』で競演した南果歩と親子って言う設定が個人的に良かったです♪
初挑戦のワイヤーアクションもイイ具合に魅せてくれて、機怪と戦うシーンはちょっと迫力ありましたですよっ!!
でも麒麟送子の専用衣装に着替えるシーンが、カットインばりにチラチラ出るのですが、あれってもしかしてサービスショットなのでしょうか?!!
しかも『インストール』で上戸彩の胸をさわった事が記憶に新しいのに、今度は高橋真唯のフトモモですかぃっ?!(;゚ ロ゚ )
相変わらず世の快男児達が羨む事をスクリーンで披露してくれちゃってます(汗

ただ妖怪オールキャストでファンには嬉しいですが、部分的にちょっと理解に苦しんだシーンもありました。
川姫と加藤の因縁の関係を、もう少し丁寧に描いて欲しかったのがその1つですね。

ラストのオチも何だか・・・・う~~ん・・・・津田寛治が大人役って・・・(^▽^;)

でも大人になっちゃうと、妖怪を信じていたあの純粋な気持ちも、段々と忘れていってしまうのでしょうね。

『妖怪大戦争』公式サイト
 
神木くん!あなた上手すぎるわよ!そして。冒頭に出てきた妖怪は「件」(くだん)だったのね!公式サイトはこちら。魔人・加藤保憲率いる「機怪」軍団対120万の日本妖怪たち。…映画のタイトルや上の文章からだと血みどろの戦いを連想するところなんですけどね、大部分の妖怪
作品:妖怪大戦争監督:三池崇史主演:神木隆之介、宮迫博之、南果歩、佐野史郎、徳井優、津田寛治、柄本明公開:2005年 日本(プロデュース)チーム「怪」 水木しげる、荒俣宏、京極夏彦、宮部みゆき映画館妖怪大戦争僕は、生まれて初めて 真っ白な嘘をついた。自分の為に
★早くエンドロールが見たかった (つまらなかったのでは非ず)☆星3.5点<2005年 日本 124分>監督 三池崇史 脚本 三池崇史 、沢村光彦 、板倉剛彦 出演 神木隆之介 、宮迫博之 、南果歩 、成海璃子 、      宮部みゆき、大沢在昌、京極夏彦、荒俣宏      
 かつてはアントニオ猪木も務めたといわれる麒麟送子。彼はブラジルに移住していたこともあるので、小豆パワーではなくてコーヒー豆パワーによって強くなったのかもしれない… 舞台は水木しげるの生地鳥取。ゲゲゲの鬼太郎や多くの妖怪のブロンズ像が立ち並ぶ水木しげるロ
あまり何も考えず見ましたがけっこうおもしろくて楽しめました!しょっぱなにいきなり加藤が出てきたときには「なんなの?」って思いましたが、実はあまりいろいろと考えないほうが逆に話に入り込みやすくて楽しめる?この映画の見所はやはりなんといっても多種多様な妖怪た
水木しげるに京極夏彦、荒俣宏、宮部みゆきの"怪"のメンバーによるプロデュースと聞いて完成が楽しみだったしかも最近ノリにノッてる三池崇史監督作品主役も天才子役と名高い神木隆之介くん更に更に何よりも惹かれたのはこの映画の悪役の加藤保憲(豊川悦司)こ...
今日は理恵子と久しぶりに試写会に行って来ました。なんか今年は去年以上に邦画を見に行っているような・・・そしてこの秋公開の映画も結構気になる作品が多いな。{/kaeru_en2/}STORY 日本語オフィシャルサイト両親の離婚で、東京から母の故郷、鳥取に移り、母と祖父と
2005年 日本 124分監督 三池崇史 脚本 三池崇史 、沢村光彦 、板倉剛彦 出演 神木隆之介 、宮迫博之 、南果歩 、成海璃子 、宮部みゆき 「妖怪大戦争」公式サイト→ココストーリー(チラシより)泣き虫でいじめられっ子の少年タダシ...
「ランドセル姿で人を殺しまくる小学生の殺し屋集団がいる。それに対するは在日朝鮮人の男。カクテキをほおばりながら、得意のテコンドーを武器にガキどもを処刑していく。そして死体は袋につっこんで燃えるゴミの日に廃棄する・・・」その存在すらも疑ってしまうような、こ
8/6(土)映画「妖怪大戦争」初日。10:00より東京では舞台挨拶。行かれた方是
タイトル:妖怪大戦争/角川映画 ジャンル:妖怪エンターテイメント/2005年/124分 映画館:MOVIX京都1(席) 鑑賞日時:2005年8月6日(土),15:10~ ほぼ満員 私の満足度:60%  オススメ度:50% ある程度楽しませてもらいながらこんなこというのも悪いかな?とおもったりするも
日本 124分監督:三池崇史出演:神木隆之介    宮迫博之    菅原文太    近藤正臣何やかやとツッコミを入れてたらこの手の作品は心底楽しめない!ま、確かに敵の総大将が魔人・加藤保則って時点で子供や荒俣宏氏の傑作「帝都物語」を知らな
2005/8/6 神木隆之介 豊川悦司 栗山千明 高橋真唯映画「妖怪大戦争」初日舞台挨拶 丸の内ピカデリー2レポ日本テレビアナウンサー阿部哲子が妖怪大戦争のプロデユースチームの説明、簡単な内容のおさらいをしてキャストを舞台に呼び込みます。舞台右側の扉から...
「妖怪大戦争」 よみうりホールで鑑賞よみうりホールの入り口付近で連れが合流するなり「今日の客層ちょっと変、妖怪がたくさんいる。」私は「?」状態。「ヲタクが多いってこと?」と思ったけど彼女に言わせると「違う、子供と妖怪。」彼女はすっかりもう入ってしまってい
いえーい!見て来ました「妖怪大戦争」姑獲鳥の夏に続く京極夏彦先生関連作第二段だーい!一言で言うと、予想以上に相当面白かったです!本夏至上最強の邦画娯楽映画にあたる今作品見なきゃ損損!踊らにゃ損損!!(笑)
金曜日(29日) 会場:よみうりホール 営団地下鉄主催の試写会で、お土産に妖怪のステッカーを貰いました(笑)やはり、子供を意識して作っている映画なので、会場にはお子様が溢れ返っていました(笑)そ~ゆ~状況は、『スチーム・ボーイ』の試写会以来なのでちょっと
 妖怪大戦争を観てきました。  制作発表のときから気になってた映画だったんだけど...
●妖怪大戦争をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 両親の離婚で、東京から母の故郷、鳥取
 両親の離婚で、東京から母の故郷、鳥取に移り、母と祖父と3人で新たな暮らしを始めた10歳の少年タダシ。都会育ちのタダシは田舎の生活になかなか馴染めず、当然クラスでも浮いた存在で、いじめっ子の格好の標的となっていた。そんなある日、タダシは神社のお祭りで“麒麟
愛と平和の大冒険ファンタジー『 妖怪大戦争 』 2005年:日本監督:三池崇史プロデュースチーム「怪」水木しげる・荒俣宏・京極夏彦・宮部みゆき出演:神木隆之介、豊川悦司、竹中直人 他魔人・加藤保憲を倒せ!!人類滅亡をかけた世紀の戦いに少年と120万の日本妖怪...
ほんとうは夏休みが終わった頃にひっそりと見に行こうか~とおもっていたのけど、どーしても神木龍之介くんが見たくて朝一番で見ちゃいました。お子ちゃまたちに混ざって恥ずかしいなぁ~なんておもっていたのですが、けっこう大人がいるじゃないの!(子供の付き添いじゃな
妖怪大戦争の舞台挨拶観に行ってきました。生神木隆之介くん可愛かったっす。その様子をコチラのサイトでレポートUPしたのでよかったら見てみてくださいな☆『REPORT』の『2005/8/6 神木隆之介 豊川悦司 栗山千明 高橋真唯映画「妖怪大戦争」...
ニッポンの夏・・妖怪の夏・・って事で、公開初日のナイトショウ鑑賞。京極繋がり(「姑獲鳥の夏」)であり、戦争物対決(「宇宙戦争」)だったりして・・・ひらりん的には注目の一品。2005年製作の日本映画・冒険ファンタジー、124分もの。あらすじ親の離婚で母方の実家
妖怪テーマパークのごとく、たくさんの妖怪たちが、やんや、やんやと大騒ぎ!このノリはまるっきり子供向け!だけど、最後まで楽しめちゃう娯楽邦画な仕上がりです。妖怪を演じる役者陣もそれぞれが成り切っていてそれがまた楽しそうで羨ましいくらいだ(笑是非‘雪女
中盤の30~40分間、意識を失っていた。その間に、妖怪会議のシーンとかあったのをおぼろげに覚えているが、そのシーンでしか出ない妖怪も結構いたようだ。残念。オープニングの、廃墟と化した東京に、うおぉぉぉっと驚愕し、「未知との遭遇」のデビルズタワーそっくりの天狗
『妖怪大戦争』(2005 / 日本 / 三池 崇史) Text By 百恵 紳之助  いきなり余談ですが、ボクは鳥取県出身です。鳥取県出身者は自分の故郷が映画の舞台になるだけでとても嬉しいのですが、微妙な気恥ずかしさも感じてしまいます。(ボクだけか?)  一応砂丘はありますが、ほ
ワクワクする思いに満ちた愛と平和の冒険ドラマ!
社会に出て、十数年・・・・ものすごく久しぶりに日曜日に映画を見た!びっくりした!あまりの混雑に・・・・普段、平日にしか映画館に足を運ばない私には想像できない光景だった!人があふれかえっている!満席になっている!よくよく考えれば当たり前の
「妖怪大戦争」★★★神木隆之介主演公開されたばかりで劇場は混んでいた。前半はワリと面白く見ていられたがこの映画でいう「大戦争」に入ったあたりからバカバカしくなって来る。製作者の意気込みが最後まで続かなかったのか、急に子供向けに...
本日見てきました。京極ファンのぼくとしては当然見ておかなければ、という感じだったので彼女が見に行きたいと言ってくれたときは助かりました。・・・だって恥ずかしいじゃん、自分から観に行こうって言うの。 えーと結論。面白かったです。しかもかなり。館内は子供も
僕は、生まれて初めて「真っ白な嘘」をついた。 自分の為につく嘘が、「真っ赤な嘘」。他人の為につく嘘が、「真っ白な嘘」。それが、大人になるための入り口らしい・・・公開初日、「劇場版NARUTO2」を鑑賞後、レイトショーにて鑑賞。夏休みのせいか、公開初
特に予告を見たわけでもなく、まぁ面白そうかな~って気軽な気持ちで観に行った妖怪大戦争、面白かったです~!大好きな子役、神木隆之介くんが主演ってことも知りませんでしたが~色が白くてちょっと中性的で可愛かったなぁ~(アブナイ危ない・・)。役者だね、この子は...
なかなか面白いですよ。2時間全く飽きずに観る事が出来ました。「歴史に残る傑作」って訳では無いですけど;;シリアスでありながらも、かなり狙ってベタベタにしている作品で、細かい事などツッコむ気にさせないテンポのいいオモシロ映画。終始わははー!と...
妖怪うじゃうじゃや出てきて面白かった。。阿部サダヲがかなり好きなので、堪能しました。怪の皆様総出演で、子供には、戦争は疲れる腹が減るだけと、解りやすく訴えているのが可愛かった。。難しいのは大人だけのこと、子供にそんなことしたら、疲れるし、お腹すくだけで、
面白いっちゃあ面白いけど、 「大戦争」あんまり関係ないような・・・。 だって、最
荒俣 宏 妖怪大戦争 「妖怪大戦争」 今の時代に“妖怪モノ”ってどうなの?観るまでは不安だらけだったが、娯楽性、笑い、メッセージ性もあり、冒頭からラストまで楽しめました。子供向けなんかじゃなく、各世代が楽しめる作品だと思います。ここ最近
今日は、京極堂ファンの友人と、『妖怪大戦争』を観てきました。京極夏彦がプロデュースチームに入っていることと、水曜は安いし多少冒険してもいいよね…ということで。たぶんね、一人では観なかったと思うの(笑)母校の近くのシネコンで観たのですが、実はワーナー系はは
さて、盆休みだ。仕事のことは忘れて、携帯が鳴らない事を祈りつつ、一日中涼しいところにいた。子供だましという説と、傑作だ、という説が入り乱れている『妖怪大戦争』をやはりチェックすることにした。カップルやら、子供連れやら、熟年夫婦やら、いろんなタイプが見に...
ボクのフェイバリットディレクター三池崇史作品『妖怪大戦争』。角川グループも創立60周年賭けてますという大作。撮影中は「角川大映撮影所」が全焼に見舞われ、たたりじゃないかという噂があったとかなかったとか。でも無事上映にこぎつけ、観客の入りも好調。神木くんの可
監督・・・三池崇史プロデュース・・・プロデュースチーム「怪」、水木しげる/荒俣宏/京極夏彦/宮部みゆき出演・・・神木隆之介(タダシ)、宮迫博之(佐田)、栗山千明(鳥刺し妖女アギ)、豊川悦司(加藤保憲)、南果歩(稲木陽子)、菅原文太(稲木俊太郎)、近藤正臣(猩猩)、高橋...
いっちゃってますねー この映画。映画というより、なんかコントみたいな感じもあるけど。次から次へと、あまりにも飛んでる事が起こりすぎて 飽きません。奇妙で怪奇な世界へ迷い込みたい方には是非お勧めします!人類滅亡をたくらむ魔人が率いる悪霊軍団に、少年と120
麒麟送子に選ばれ、麒麟送子になり、麒麟送子として戦い、麒麟に乗って空を飛ぶ。その姿が見えるのはKIRIN(麒麟)ビールを飲んだ時だけ?!お祭りでしたね~大人たちが寄ってたかって子供の頃戻って妖怪の映画を作ろう!!とした意気込みが感じられました{/kirakira/}それに
妖怪大戦争という映画を観て来ました。 今回は妖怪の検証に、水木しげる・荒俣宏・京極夏彦という大御所が参加しているというので、大変楽しみにしてました。なんとも言えない味のある展開でした。 いまどきのヒーロー映画とは全く違う、妖怪の立場とか性質みたいな感じが
このタイトルの作品を観るのは何年ぶりだろうか。確か、何作か続編が作成されて、ガメラかなんかとの2本立てで、最後に観た作品には、タイトルに「東海道」と着いていた筈だ。以前から筆者は邦画に対して、素材は良いものが沢山あるのだから、後は時間とお金の使い方次第だと
お笑い芸人→3度のメシより好き、妖怪→水木先生の妖怪図鑑持ってました、三池崇史/宮部みゆき→よく観てます&読んでます、京極夏彦→それほどでもないけど。……ってことで観て参りました妖怪大戦争。 親の離婚により、母親の田舎で暮らしているタダシ(神木隆之介)は、
妖怪大戦争~ある夏の冒険記~&関連<一言喝采>やってくれました!三池監督!劇場公開作で、夏休みで、家族で見るのに、三池節大爆発です!もうほんとにハリウッドなんか目じゃねー!妖怪祭りじゃぁ~!!公開前から見たいと思っていて、昨日休みだったから観に行って来まし
笑える所が沢山たくさんあって楽しめたので良しって感じ。んで、俳優人が豪華!しかし妖怪になっているので 特殊メイクでパッと見は分かりません。ワタクシ、河童の川太郎が一番好き。かなり笑かしてくれるキャラで喋り方もおもろいっ!d(^_^o)すねこすりは 明らかにぬ...
土曜日に、妖怪大戦争鑑賞しました。マダガスカルと、どちらにするか悩んだのですけど。アニメが続くかなぁと思い、けっこう評判のよい妖怪大戦争を、観ることにしましたが、面白かったですね。B級映画の面白さ、マニアにはたまらない作品なんて、映画の好き...
 マゾと妖怪は似ているな  と思った。 共通するキーワードは「キモイ」か。だけど愛敬もある。怖い妖怪もいるけど、つい苛めたくなってしまう妖怪もいるでしょ?寂しがりやで、かまってほしくて、どことなく惨めで。ひねくれていて、純粋で。マゾヒストの生態と似通った
8/6『妖怪大戦争』の舞台挨拶に行ってきたぁ  サンスポ、日刊以前書いた通り(ココ参照)σ(●゜∇゜●)は神木くんと共演したことがあるのだぁ(笑)9:30に銀座に到着。地上に出ると(~Q~;) あっち~劇場入口で、大入袋と鳥取県の観光ガイド&マスコットの「トリピ....
極々私的な事情で、約半月も映画館に通えず、禁断症状を起こしていたのです。とはいうものの、ホントは映画なんか観に行ってる場合じゃないんです。そうは言っても、三池崇史監督だし、水木しげる先生だし、見逃したくはないわけです。
水木しげる、荒俣宏、宮部みゆき、京極夏彦というプロデュースチームの下、妖怪映画に「帝都物語」加藤保憲まで登場して百鬼夜行エンターテインメントができあがった。魔人・加藤保憲が蘇えった。妖怪ながら加藤の手下となったアギは、仲間だった妖怪を次々に捕獲する。そ
昨日、「マダガスカル」の感想を書いたときに、「メンズデーが無いじゃん!謝罪と賠償!」と、9月でもまだ暑い中、松岡修三並に無駄にアツくなってしまいましたが、皆様の情報によると、他のシネコンでもやってるところがあるみたいですね。教えて頂き、ありがとうございま
感想あげるのだいぶ遅くなりましたが、公開終了前日(ギリギリ)に観に行ってきました!「妖怪大戦争」2005年公開・邦画監督/三池崇史 脚本/三池崇史、沢村光彦、板倉剛彦出演/神木隆之介、宮迫博之、菅原文太、高橋真唯、阿部サダヲ、栗山千明 他*今...
私がこの映画に求めていたものは「単純に笑える」、それだけだった。 私の敗因は「少年と一緒に妖怪の住む山の森の中に引き込まれなかった」ことだろう。 「亡国のイージス」は、私には面白かった。 原作を読んでいなかったので登場人物もストーリーの概要もわからないまま.
「妖怪大戦争」シネコンの上映最終日に観にいった作品。なかなか観にいく気が起こらなかったんです。お粗末なの見せられたら萎えますからね。約20年くらい前に(そんなに昔?)ゲゲゲの鬼太郎の実写版があり、当時の本にはガキの自分もがっかりするようなキャラが載ってい
{amazon} 映画『妖怪大戦争』去年夏に公開された日本妖怪好きにはたまらない映画。ゲゲゲの鬼太郎の水木しげるもプロデュースに参加しており、ありとあらゆる妖怪が出演しているので、必見ですぜ。 主人公のタダシ君は10歳になる小学生、東京
妖怪大戦争日本の妖怪関係総出、総力を挙げた映画!ですか?!妖怪大戦争 と言えば、あの着ぐるみ、さくや妖怪伝 でも、使ってなかった??神木隆之介  クン、上手いわねぇ。子役のうちに、ダコタちゃん と、競演してください!見所は、、、なんなんでしょ?とに....
story今年10歳になるタダシは両親の離婚により、父親と4歳年上の姉と別れ、母親と祖父と共に母の故郷・鳥取で暮らす日々。漁港で働く母は家を留守にしがちで、タダシは最近呆けが
妖怪オンパレードの怪奇ものかと思いきや、フタを開けたら加藤保憲って~…帝都物語だった。軍服来てないから気がつかなかった。 トヨエツ、怖すぎです。やけに色っぽいし。 もっと怖ぇ~のは栗山千明。あの歳であんな役やっちゃって、この先目指す女優のスタイルに影響はな
こんなオモロイ映画とはしらなんだ。ファンタジーでもSFでもない、お祭り騒ぎの楽しさいっぱい。みんな、集まれ~~~!!
今年10歳になるタダシは両親の離婚により、父親と4歳年上の姉と別れ、母親と祖父と共に母の故郷・鳥取で暮らす日々。漁港で働く母は家を留守にしがちで、タダシは最近呆けが始まったちょっぴりおちゃめな祖父の対応に四苦八苦していた。東京から引っ越してきた都会のもやし
2005年 三池崇史監督「妖怪大戦争」(★★★☆☆)テレビで見ました。水木しげるが関わってるのねー!鬼太郎の銅像が出てくるしwいじめられッ子が、お祭りで麒麟に噛まれたことから、しきたりで、大天狗の山へ伝説の剣を取りに行くって、なんだ...
>映画『妖怪大戦争』(三池崇史監督)★★ 一番恐ろしかったのが、神木隆之介さんの演技力Σ( ̄□ ̄;)その若さで、ぐんを抜いていたよΣ( ̄□ ̄;)内容的にもエンターテインメント映画でしたねー。ところどころ、三池監督テイス
妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) (2005/日本)今年10歳のタダシは、両親の離婚により、母の故郷・鳥取で暮らす日々。東京から引っ越してきた都会のもやしっ子であるタダシは、クラスメートともいまいち馴染めない。そんなある日、タダシは神社の

コメントの投稿

非公開コメント

うんうん。

川姫と加藤(たぶん将門)の因縁はちょっとわかんなかったですね。
後ろに安倍晴明も立ってたし。
もしかしたらそのあたり、続編で語られるのか…?

こんばんは

私は「ゲゲゲ派」かな(笑)
帰り道、「ねずみ男」だけいなかったよね? 「目玉の親父」が見たかった~と、だんなさんと話しておりました(笑)
スネコスリはね、、、どうなんでしょうね?ぬいぐるみ・・・。

続編かな?

>あむろさんこんばんわ♪

あ、あの後ろにいた人って安倍晴明だったんですか・・・(^▽^;)(汗
もしこの映画の続編が出るとしたら・・・今度は別な麒麟送子役とか出るんでしょうかね?
だとしたらちょっと楽しみでもありますね♪


>ぐ~さんこんばんわ♪
ゲゲゲ派な方にとっては、ねずみ男や目玉オヤジがいないのはちょっと残念ですよね。目玉オヤジはちっこいので、もしかしたらいたかもしれませんね(笑

あ~・・・スネコスリ・・・(^_^;)キュ~って言う泣き声もまんま人の声でちょっと・・・(汗
スネコスリが流すあの黄色い血も、何だか自分の職場で使ってるオイルの色に似てるんですよこれがまたっ!!(爆

神木くん

役得ですね。
胸やら太股やら・・・

今度は一体・・・・

>kossyさんこんにちは♪

神木くんは今回もおいしい役ですよね~(^▽^;)
アイドルの次はグラビアも制したと言う感じでしょうか?(笑

胸、太股と来て・・・・次回の出演作もどこか触るシーンがあったら、今度はどこになるんでしょうね(汗汗汗

すねこすり

TB、コメントありがとうございました。
CGとかしっかりしてるのに『すねこすり』やけにちゃっちーつくりでしたね。あの狙いは何なのでしょうね。

TB有難う御座いました★

子供も大人も楽しめる映画でしたよね!
水木しげるワールドが実写で見れたのが嬉しかったです!
個人的には移動の時に出て来たカラスが相当ツボでした(笑)

フルCG

>chikatさんこんばんわ♪

すねこすりも全部CGにしても個人的には良かったんですけどね(^_^;)人形のような愛くるしさを表現したかったのでしょうか?こればっかりは監督に聞かないとわかりませんね☆(笑


>イヌキさんこんばんわ♪

ゲゲゲの鬼太郎はアニメでしか見た事ないのですが、それでもアニメに本当に忠実なくらいのメイクでイイですよね~♪
実写に抵抗がなければすんなり見れますもんね。

カラスが運ぶ座席みたいなやつも、ゲゲゲに確か出てましたよね♪

TB有難うございました★

初めまして~v
TB有難うございました★
私も、川姫と加藤の因縁・・・そして、背後の清明の関係が
解りづらくて「?」になりました(苦笑)
どうせ描くのでしたら、もっと掘り下げてもらいたかったです。
タダシくんの川姫への恋も・・・(←して・・たんですよね??;;)
でも気軽に楽しめる映画でしたよね。
鬼太郎がみたくなってしまいました♪(笑)

はじめまして

TB有難うゴザイマス☆
てか私もTBさせていただきました。
神木君可愛かったですよね。
色々疑問点はあるけど
なんだか楽しんでいる気がしたので好きです。

また遊びに来ます、
頑張ってください☆

良かったら、私のブログもたまに覗いてやってください。

鳥取県出身者

鳥取でもからだは「からだ」です。コナンとかもそうだけど、作者が鳥取県出身の割には方言は適当なんですよね。ま、大した問題じゃないんですけど。いつも「言わねぇよ!!!(笑)」って突っ込みながら見てます。この映画はまだ見てないけど、鳥取市内の映画館は妖怪が出そうなボロさ加減のとことかでやってるので、一番怪しげなところを選んで行ってみようかな、なんて思ってます。
ちなみに境港のネズミ男のブロンズ像は、みんなが歯ばかり触るので前歯2本のみピカピカなんですよ。皆さんもぜひ、お立ち寄りの際はネズミ男の出っ歯をナデナデしてください。。。

オスメント君のように・・・

>sachiさん初めまして♪

川姫はストーリー見る分では元々妖怪じゃなかったみたいですが、妖怪になった後、どういう風に過ごしてきたのかとかちょこっとでも良かったので描いて欲しかったでね。
そう言えば、タダシは川姫に恋・・・してたんでしょうかね?(^▽^;)これも冒頭で一瞬だけ言ってたので、そうなんでしょうね。・・・な、なんか分かり辛い・・


>どるねしあさんこんばんわ♪

神木くんは確かに野郎視点から見ましても『おっ・・♪』ときますよね(汗汗
でも『シックス・センス』のハーレイ・ジョエル・オスメント君も小さい頃は可愛かったのですが、今じゃメッチャおっさん顔ですからね・・・(・ロ・;)
神木くんは・・・そうならないように祈るばかりです(-人-;)

どるねしあさんのブログも今度から覗かせて頂きますね♪お互いがんばりましょうp(^-^)q

前歯

>みずほさんこんばんわ♪

はわぁっ!!∑( ̄□ ̄;ノ)ノ
さ、早速地元の方からのコメントがががががっ・・・・

映画では結構鳥取弁が出てて、個人的にちょっと早口な所は分かり辛かったんですが、でも鳥取の方言は聞いてると自分の地元の方言に近いものもあったりと親近感も持てましたね♪

でも何でねずみ男の前歯ばかり触るんでしょうね?何か御利益があるとか♪(^m^*)
鳥取行ってみたいですね~♪自分も前歯触りたくなってきちゃいました(笑

川姫って

すごく目が大きくて
真正面からのアップだけで
妖怪に見えてしまったのは僕だけでしょうか

40年近く前に見た前作「妖怪大戦争」を期待して行くと
ちょっと路線を外してますが、これはこれで
充分楽しめました。
「まっしろな嘘」「戦うと腹が減る」が、
風情のあるキーワードでしたね

真っ白な嘘

>シロツグさんこんばんわ♪

タダシが目を覚ました時の眼前に現れた川姫が妙~に目見開いてましたよね(^▽^;)
三池監督もそれが狙いで、高橋真唯を起用したのでしょうか?(笑

冒頭でもまっしろな嘘って出ましたけど、最初は『?』でしたが、宮迫に言った最後の言葉でようやく分かりました。あの場面は結構良かったですよね♪

タイトル未入力

はじめまして。妖怪大戦争けっこう面白かったですよね。ただ一つだけ気になることがあって、この映画では一本だたらが両目とも健在でしたよね。一本だたらは隻眼(一つ目)、一本足が普通だと思うし、京極やら水木大先生がこれを見落とすはずがないと思うのですが・・・。

訳者の表情や演技が分かりやすいようにしたのかな、とも考えたりしたのですが・・・なんでだったんだろ?

見落としかも・・・

>boqさんこんばんは♪

一本ダタラはその名の通り、一本足の妖怪だと思ってて、一つ目と言うのは自分は初めて知りました♪チーム怪の面々がそれを見落としていたのだとしたら、正に『アイタタタ・・』ですね(^▽^;)

boqさんも結構妖怪に詳しいですね☆や、もしかしたらそれが常識で自分が無知なだけ・・・(・ロ・;)(汗

タイトル未入力

すねこすりは、わざとぬいぐるみっぽくしているらしいです。
よくみると値札もついている

値札が?

>わさんこんばんわ♪

すねこすりって敢えてぬいぐるみのようにしてるのですか?
あ、それだったら納得出来なくもないですね。

え?値札?!( ̄□ ̄;)マジですか?!(汗

お着替え

あそこはやはり、猩々の嬉しそうな表情を、見せたかったんだと思いますです。
観客へ、というより、近藤正臣さんへ、のサービスショット(笑)。


てなわけで、TBありがとうございました。

サービス

>にらさんこんにちは♪

あの神木くんのサービスショットはショタな方にはググッときてしまうシーンかと思ったのですが、近藤正臣さんも内心喜んでいたんでしょうかね?(^w^;)

ホント神木くんはまだまだ現役ですね♪(何の?

濡れもも

「亡国のイージス」以来のTB失礼いたします。
川姫の太ももは僕もかなりキましたw
加藤との因縁はもっと描いてほしかったですね。
子供から大人まで幅広い年齢層を意識して、
その辺りは欲張りながらもうまくまとめていたと思いました。

続編企画はあるのでしょうか・・

>現象さんこんばんわ♪

そうですね~・・・加藤と川姫は劇中に語られないもっと深い因縁があるようにも思えますね。回想シーン等も気になりますし。
ここら辺はもし続編とか出来るのであれば、語って欲しい所ですね

そういえば

3部作との話があるみたいでしたが、
興行的にはどうだったのでしょうか。
タダシの父と大人のタダシを津田寛治が演じていたので、
次回作はタダシの息子を神木くんが演じるとか^^;

ツダカン

>現象さんこんばんわ♪

3部作構成が真実だとするなら、興収は思いの他良かった?!
続編はブームが消えない内に出して欲しい所ですけどね。

そうそう、ツダカンが大人タダシとタダシのパパ(背中だけver)演じてましたよね♪
あの人が出ると妙に脇が引き立つんですよねー♪(≧∇≦)

コメント、TBありがとうございます。

いろいろな妖怪役の方々が出ていて、
それを探すだけでも面白い映画でしたよね。

多すぎ

>naoさんこんばんわ♪

あれだけ画面いっぱいに妖怪たちが出てくると自分の好きな妖怪も1匹くらいはいそうですけど、多すぎて見えませんね・・(汗
でもあの妖怪1匹ずつに名前が付いているんだとか?凄いですね~。

遅ればせながらDVDで見ました。
神木君がみょーに女の子っぽい(声が高い)ので頼りねーと
思っていたらラスト異常に強くなってるし。最後はオトナに
なると今まで見えていたものも見えてない・・・。
パートⅡはあるのかな?

神木からツダカン・・・

>ばけらったさんこんばんわ♪

いきなり強くなった神木くんにも驚きましたが、その後大人になった姿がツダカン(津田寛治)だった事にも更に驚いてしまいました・・愛くるしい少年期と比べてみても、こうまで変わるのかと唖然・・
スネコスリが悲しむのも納得です(違

今夜に地上波再放送されまして
最後のとことかに納得いかないもんですから
調べてみると、放映から7年もたっていたことに驚きましたw
(ってことは続きの作品出てないってことですねorz)

(私のひとつ前のコメや記事もとても古いものですので
活動を継続しているのかは分かりかねますが
書かせてもらいます)

この作品、宮迫さんの立ち位置が好きですw
ですが、ストーリー中心のシリアスさと
ギャグ中心のおもしろさがとても中途半端に
なっている感じが否めませんよねww

※ここから作品の不満をぶちまけます。コメでこんなことしてすみません
ストーリーをどうしたいのか分からない無駄なキャラ付け。
正直、キャストの無駄遣い。一人ひとりの妖怪の影の薄さ。
{ぬらりひょんとか総大将なのに見てただけなのはさすがに
頂けない}
妖怪が戦争と言ってる割にほとんど戦わない。上の総大将参照

続編が欲しくなるストーリーにも関わらず、東京を爆破させて
続けることを無理にしている感じ。後述の加藤復活参照。
主人公が非力過ぎて逆にいろいろ伝わってない。
主人公を盛り上げて盛り上げて、最後に加藤を倒したのが
『小豆』{小豆洗いと主人公が絡んでないから余計に…ね}
大人になった主人公が普通の青年で妖怪を忘れさっていると取っても問題ない感じ。それで終わるならまだしも加藤が復活している事によって続編orzの空気感。

方針がぐっちゃぐちゃと{私個人の主観ですが}感じました。
仲間と協力して強大な悪を倒す王道路線
それに+して加藤と川姫の因縁をちゃんと描いてみたり。
仲間{妖怪}との絡みをもっと描いてみたり。
妖怪の特徴を出したバトルシーンを前面に押し出したり。
ギャグ中心のコメディ映画にしてみたり。

今まで出した案の1または2を取ってごちゃ混ぜた映画{要するに纏まってない。私の文と同じように}が
この妖怪大戦争になると感じました。

祖父が実は妖怪だったりとか祖父が昔は麒麟送子だったとか。

主人公の熱い信念の一言とかで、ぬらりひょんがやる気になって妖怪たち全員で戦いを挑むとか。{この映画では結果としてそうなっただけでしたのであまりに軽いな~と思いました}

もう宮迫さんが主人公でいいよ…w{自暴自棄はダメですねw}

なんかいろいろだらだらと書いてしまって申し訳ないです。
これでは荒らしと同じじゃ…と自分でも少し感じます。

これ以上だらだら言うのもいろいろダメだと思いますので言っちゃいますと、要するにいろいろと惜しい作品だと感じました。
どっちらけ感の否めない作りには憤りを否めません。
総評価は3です(最大10 悪魔でも自分の主観です)
ギャグよりなり、シリアスよりなり、ちゃんとバランス取るなり、してくれていればもっと評価高かったです。

子供向けにしたって作りが甘いですよ。子供でも、もやもやが残る人が多そうです(この文は蛇足ですね。すいません)

長文失礼しました。
長々とすいませんでした。

こんばんわです

>名無しさん♪

こんばんわ♪コメントを残して頂き有難うございます。

・・これだけの長文になったほどですから、思う所がたくさんあったんですね。文章からもその気持ちが滲み出ております^^;
この作品は三池監督が手掛けていますけど、作品のジャンルに偏りが無い人だけに、内容が時としてとっ散らかりの印象になるのかもしれませんね?妖怪がたくさん出て来る作品でもあったので、その手のファンの方にも受け入れられていたのかどうかが今思うと疑問・・。自分も確かこの時は人気の子役だった神木くん目当てだったとも思いますし、正直妖怪関係も『ついで』だったような気がします(汗

まあ方向性としましては子供向けと捉えてはいますけど、こういう実写にしてもアニメにしても昨今の『子供向け』と呼ばれる作品もどんどんクオリティが上がってるので、見た目が楽しければイイという視点で作るのはもしかしたら危ういのかも?子供は楽しめればいいでしょうけど、映画料金に見合わない内容で泣きを見ちゃうのは他でもない親御さんですしね^^;

そいえば自分も久々に昔のレビュー記事を見ましたが、ひどいですねこれはw
正に若さゆえの過ちっ。今も駄文なんですけどね(苦笑

PAGETOP