G.I.ジョー

【監督】スティーブン・ソマーズ
【出演】チャニング・テイタム/レイチェル・ニコルズ/マーロン・ウェイアンズ/シエナ・ミラー/レイ・パーク/イ・ビョンホン/デニス・クエイド/ジョセフ・ゴードン=レビット/クリストファー・エクルストン/他
【公開日】2009/8.7
【製作】アメリカ

【ストーリー】
ガン細胞治療のために開発された化学物質"ナノマイト”。武器商人デストロは悪の組織コブラと手を組んでナノマイトを奪い取り、人類にとって最悪のウィルス兵器へと作り変えてしまう。最強の兵器を手にしたコブラは、パリをはじめ次々と世界各地を襲撃する。コブラの脅威が各地を襲うなか、アメリカ政府が送り込んだ切り札・・。それは、世界中から集められた世界最強の機密チームG.I.ジョー。ハイパー・スーツを身に付け、数々のガジェットを駆使するエキスパート集団だ。エジプト・パリ・東京と、世界を舞台にかつてない壮絶な戦いが始まった・・・。
【コメント】
思えばG.I.ジョーというフィギュアの名前は昔漫画のこち亀で初めて知ったクチなのですが、当時はそのフィギュアに何でそんなに魅力があって何でそんなに価値があるのかイマイチ分からなかったんですよね~?でも映画を観たらなんとまぁ~男のロマンをビシバシ刺激するかのようなアクションにハイテク機器の数々
元のフィギュアの方からどこまで忠実に再現したかはちょっと分かりませんが、名前しか知らない自分でもかなり興奮してしまいました。

しかし悪の組織と戦う正義の味方なんていう対立は、イチ仮面ライダー好きとしてはすんごい大好物なシチュエーションでもあるため、本作で描かれている世界征服を企むコブラなるテロ組織と、それを阻止するG.I.ジョーがナノマイトという兵器を巡って戦いを繰り広げたりする展開は個人的にはすこぶる好感が持てたし面白かった♪やはり夏ド真っ盛りでくそ熱いこの時期は、あーだこーだ考えて頭の方にも熱を持っちゃうような深い作品より、こういった単純明快な作品の方が良い気もしますね。だから自分もハイパースーツや斬新なメカの迫力ある映像にただただ酔いしれていたのですが、まあそういう部分ばかりに焦点を当ててツッコミどころ満載の内容を度外視で観てたせいもあるのか、ストーリーが進むにつれ明かされていく幾つかの衝撃の事実や出来事に、『あ!なるほど~!』と自分は結構『素』で驚いてしまった所もありましたねぇ

本作ではコブラとG.I.ジョーの組織対立の他にも、デュークとバロネス、スネークアイズとストームシャドーのように、それぞれの組織に属する人物たちの因縁もストーリーに絡んでくるため、自分のようにあまり軽んじて観てはいけない部分なんかもあったりしますし、バロネスの弟であるレックスという人物に到っては意外な形で登場するので盲点を突かれる人もいるのではないでしょうか?
スネークアイズとストームシャドーの因縁も度々フラッシュバックシーンが流れては、2人の子供時代を演じてる子役の動きが凄いなぁ~・・・と感心してしまうのですが、それと同時に背景のなんちゃってジャポンも同じくらい拝めるので、笑いとアクションを同時に堪能できた2人の過去は良くも悪くも見応えたっぷりな感じがしましたねw


最初から最後までド派手アクションの連続でしたし、黒幕も捕まってめでたしめでたしだったものの、終盤に入っていきなりキナ臭い1シーンが出て来たり、ふんぞり返ってピーヒョロ口笛吹く大統領のオチでジ・エンドだった辺りからすると、最初から続編を視野に入れた作りだったみたいですねぇ・・。コけてたらどうするつもりだったんでしょう?
だけど1作目でこれだけ凄かったのなら次回作も個人的に期待が高まってしまいますし、このG.I.ジョーもソマーズ監督の新しい代表作になればいいですねぇ♪


※そいえばそのソマーズ監督繋がりだったのか、なんか本作の中にハムナプトラな人達がちゃっかり紛れ込んでいたのもこれまたびっくり。
気のせいかとも思ったのでエンドロールも注意深く見たんですが、なんか名前が無かったように思えるので、シークレット扱いなんでしょうかね~?結構はっきり見えてたのに・・
でもイムホテップさんは次回作も出て来そうな予感・・

『G.I.ジョー』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
 『この戦い、かなり刺激的。』  コチラの「G.I.ジョー」は、50年の歴史を持つアクション・フィギュアの世界を実写映画化した8/7公開のアクションなのですが、早速公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ~♪予告で使われていたアクション・シーンは確かに”刺?...
かなり久しぶりの映画の感想です。なにやら派手なアクションの予告編やってた「G.I.ジョー(G.I.JOE:THE RIS
アメコミとスターウォーズのパロディ?  
こちらも続編をやるき満々なようだ。日本では20数年前にTVアニメが放送されていた「G.I.ジョー」。よって「G.I.ジョー」の名には聞き覚えがあるのだけど、まったく見ていなかったことから初めて見るのと
新兵器・ナノマイトの輸送任務に就いたデュークとリックは、任務中に謎の武装集団に襲われる。その窮地を救ったのは、地上最強のエキスパートチーム・G.I.ジョーだった。ナノマイトを守るため、デュークとリップはG.I.ジョーに入隊する。一方、ナノマイトを狙う悪...
「G.I.ジョー 」★★★★ チャニング・テイタム 、シエナ・ミラー 、ジョセフ・ゴードン=レヴィット 、デニス・クエイド 、イ・ビョンホン 出演 スティーヴン・ソマーズ 監督、118分、2009年                            ★映画...
  この戦い、かなり刺激的。   ■ある日、NATOの開発した緑色の化学物質ナノマイトが世界征服を目論む悪の組織“コブラ”に強奪される。その物質は本来ガン細胞の治療薬として研究開発されたものだったが、あらゆる金属を侵食し粉々にする驚異の性質を持つため、コブ
まさかの二番煎じ 【Story】 世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させる1990年代。あらゆるものを破壊する威力を持つ最...
 TOHOシネマズでは“TOHOシネマズデイ”と称して毎月14日に¥1000興行を行っている。「G.I.ジョー」を上映しているスクリーン4はお盆休みと重なり満員御礼の満席だ。男女比は男8:女2と言うシネコンでは珍しい、圧倒的に男だらけの熱気に包まれた上...
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009年/アメリカ監督:スティーヴン・ソマーズ出演:ブレンダン・フレイザー    チャニング・テイタム    シエナ・ミラー    ジョセフ・ゴードン=レヴィット    デニス・クエイド    イ・ビョンフォン    レイチ...
 アメリカ  アクション  監督:スティーヴン・ソマーズ  出演:チャニング・テイタム      シエナ・ミラー      イ・ビョンホン      レイチェル・ニコルズ 【物語】  世界征服を企む悪の組織コブラが、各地で活動する1990年代。 あらゆるも...
派手そうな映画だなぁ~どんなもんかしら?【story】世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させ、あらゆるものを破壊する威力を持つ最強兵器ナノマイトがコブラ一味の手に渡ってしまう。パリのエッフェル塔が破壊されるなど、コブラの脅威が世界各地を?...
な、なんなんだいきなり…  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] blogRanking[:右斜め上:]【あらすじ】ガン細胞治療のために開発された化学物質“ナノマイト”。武器商人・デストロは、悪の組織“コブラ”と手を組んでナノマイトを奪い取り、人類にとって最?...
 今年、ようやく50本目です。G.I.ジョーを観てきました。
「G.I.ジョー」というと、兵隊さんのお人形というイメージ(古っ!)があるのです
突っ込みどころはあれど、思いがけず楽しめました♪
あらすじあらゆる金属を食い尽くす化学物質“ナノマイト”が邪悪なテロ組織“コブラ”に強奪された。その輸送任務に就いていた兵士のデュークとリップコードは、最強の国際機密部隊...
定時で帰れているとはいえお仕事は盛り沢山 ここ最近は某有名アニメとも(仕事で)格闘中のピロEKです(割とツラめ) 今日は特に近況らしいモノも御座いませんので早速映画観賞記録です。 「G.I.ジョー」 (監督:スティーヴン・ソマーズ、出演:チャニング・テイ...

コメントの投稿

非公開コメント

そうそう

ブレンダン・フレイザー名前なかったですよね~。
でも、イムホテップさんは姿が変わっちゃったからどうなんでしょうね?
アメリカでは好調らしく、続編も確定されたとニュースで見て
ほっとしております~♪
コブラさんのファンなんで、絶対続編も観ちゃう!

楽しい作品でしたね。
でも、こういった作品、なんだかんだで好きなんですよ。
見終わった後は、「楽しかった!」ってだけで十分なんです。

続編は、いつごろできるんでしょう。
また、どんな展開になりますかね。

なんちゃって

メビウスさん、こんにちは!
あの日本語禁止な日本はもうすこしなんとかならないかしらねぇ??

オチは予想どおりでしたが、いろいろムリムリな映画でしたね。
続編ありきで大丈夫?なのだけど、続編がなくちゃ救いようがない。
面白かったけれど、それだけかなぁ(^^;

こんばんは

なーんにも考えずバカになって楽しめる痛快アクション映画でした。ここまで潔い作風も久しぶりな気がします。
ところどころ、どこかで観た事あるような場面やツッコミたい場面の連続でしたが、それを勢いで押し切れるだけのパワーがありましたね。パリでの攻防戦はかなり燃えました。

続編はしっかり作られるでしょうね。次は加速スーツの出番をもっと増やして、アメリカ的メタルヒーローを構築して欲しいです(あ、それはアイアンマンか)。

英語使え!

>miyuさんこんばんわ♪

自分もブレンダンの名前を必死こいて探していたんですが結局見つかりませんでしたね~(汗)デュークとスネークアイズの訓練のシーンでいきなり出てくるもんですから『あれ?あれ?』と思い、映ってる間は何度も確認しちゃいましたね。
でも元はアメリカの人気フィギュアなだけに、母国で受けなかったらさすがにやばかったですよね(笑)次も内容はそれほど深くなくて良いので、またド派手アクションを見せて欲しいものです♪

>亮さんこんばんわ♪

本作は内容を少しおざなりにした代わりに、アクションに凄い特化した作品だったので、自分も理屈ぬきに楽しんじゃいましたね~。それに観終わったあとズシリと重くなっちゃうものより、こういうスカッ!としたものの方が自分も好きだったりします♪
けど続編モノはあまり間が空きすぎると物語を忘れてしまう部分もあるのが難点。2年越しの2011年辺りにまた観れればいいですね。

>たいむさんこんばんわ♪

スネークアイズの過去の日本ではカタコトでも日本語話すのかな~とか思ってたんですが、お坊様が『英語を使え!』と一喝するシーンでさすがに自分も『え~っ!』と絶句してしまいましたね~w色んな映画に色んな日本が出てきましたけど、本作のジャポンもまた異質でございました(笑
まあでもただ面白かっただけで内容スカスカだったのは、これが序章でシリーズ重ねる毎にどんどん面白くなっていく・・・と、考えたい所ですね(汗

>えめきんさんこんばんわ♪

冒頭のナノマイトの奪還戦やパリの攻防戦など、一度戦いが始まったら考える暇すら与えないスピード感溢れるアクションの連続で、自分もかなりテンションアップしましたねw
今回ツッコミどころは分かっていても敢えて押し殺してたんですが、えめきんさんも指摘してたダースモールなシーンは心の中で自分も感じてました。あれはファンの視点も考慮して、スネークアイズに合体忍者刀を持たせるべきだったんじゃないでしょうかね~?自分もレイ・パーク=ダースモールのイメージがまだ強いですしね(^▽^)

ツッコミさえも楽しみのうち?(笑)

とにかく壊しまくる映像に行っけ~ってノリノリの自分は相当ストレスたまってたのかもしれません。(笑)

イムホテップは続編出る気満々。でも顔変わってるからおよびでない~!?

見終わってから
あれはないよな~って
笑い飛ばして盛り上がる!!
2度おいしい映画です。(違)

ストレス解消

>Agehaさんこんばんわ♪

パリでの攻防戦なんて車がボンボン飛んでミサイルやら何やら飛びまくって派手にぶっ壊しまくってましたよね~wでもAgehaさんの言うとおり、この映画はストレス溜まってる人にもオススメできる映画かもしれませんね。爆発もド派手だから爽快感も最高かと(笑

イムホテップさんは大統領の顔になっちゃいましたけど、ナノマイトの力で元の顔に戻ったり出来るんじゃないでしょうか?続編ではイヤ~な役所になりそうですね(^^;)

こんにちは☆

ストーリー的にはイマイチ感がありましたがメビウスさんの好きな要素がたくさん入っていましたね♪

>キナ臭い1シーン

これは完全に続編ありきの作り方でしたね。この行為ってかなりの勇気ですよねwこれだけお金をかけて大すべりなんかしたら、映画界の歴史に残るほどの笑いモノですからねw

確固たる自信

>daiさんこんばんわ♪

特撮も好きでロボットモノも好きなせいか、悪の組織と戦う正義の味方と言う単純な内容も決して嫌いな方ではありませんでしたし、敵味方が使うハイテクメカの数々もカッコ良かったので、自分の触覚はかなり小躍りしてましたねw

でも確かに最初から続編前提の作りにした作品と言うのはバクチに近いものがありますね。普通1作目の興収やお客さんの反応などを見て続編などにこぎつけるとは思うのですが、やっぱりアメリカ発の作品ですから、母国では絶対受けるという確固たる自信があったんでしょうね~。
これでコケたら面白かったのに(笑

メビウスさん、
>男のロマンをビシバシ刺激するかのようなアクションにハイテク機器の数々
女の私でもそう感じましたわ~(爆
あのアクションとハイテク機器には魅力的でしたね。
でもやりすぎで見あきた感もあったのですが(苦笑
まあ~夏休みだからこんな作品もいいのでは!?(笑

欲求果てなく

>えふさんこんばんわ♪

えふさんもドンパチアクション好きですもんねw・・でも辺り一帯の被害を度外視したようなやり過ぎアクションは過度な部分も確かにありましたけど、自分も含め今のお客さんはあれくらいド派手なものにしないと多分満足しないと思っていたのではないでしょうか?
アクションにしても観る側の欲求は果てが無いでしょうから、見飽きるまで詰め込みすぎた結果がアレなんでしょうね~・・(^▽^;)

こんにちは♪

強化スーツを纏っての追いかけっこと、ドリル
マシンくらいあしか語るところが思いつかない
んですが、久々に純度100%に近い荒唐無稽な
ヒーローものを観たッ!ってぇ感じで、たいし
ておオモシロくはなかったですが、最後まで夢
中になって観てしまいまい、イイ暇つぶしにな
ったといったところです♪ (゚▽゚)v

こんにちは~♪メビウスさん^^

オコーネルとイムホテップがいましたね~ちゃっかりと(笑)

観終わった後に何も残らない映画でしたが、戦闘シーンは派手だったし、なかなか面白かったですね!
アメリカではヒットして続編が決定したようですね。続編でもイムホテップさんは出るかしら?(笑)

次回もオコーネル!

>風情♪さんこんばんわ♪

今の所本作は第1章といった感じでしたし、それほど重要なエピなどを盛り込まずただ単に楽しめる作品として仕上がってもいましたので、確かに夏休みや休日の暇な時に観ればイイ暇潰しになる娯楽作ですね~w荒唐無稽でもアクションが派手だったり映像が凄ければプラマイゼロなのです(笑

>由香さんこんばんわ♪

イムホテップさんは割りと出番があってすぐ分かりましたけども、オコーネルは唐突だったもんだからびっくりしちゃいましたねぇ~。しかもセリフも少なくて凄いチョイ役だから、そのまま気付かないか違和感持ったまま観終わっちゃった人もいるんじゃないでしょうか?(^^;)
でもああいうカメオみたいなのを見つける楽しさもあって面白かったので、出来れば続編でもまたオコーネルとかハムナプトラキャラクターが出て来て欲しいですね♪本作もアメリカの人気フィギュアですから、個人的にはX-MENみたいなシリーズモノやスピンオフモノがこの先たくさん出来て欲しいと思ってます♪

おはよっすー

おはようございます、メビウスさん
これ、TFのころにアニメもやってたんですが、メビウスさんはご存知ないということは、そっちでは放映されなかったのかなー
あるいはまったく興味がむかなかったか(笑)
 
それはともかく、この映画総じて「なにも残らん」という評価ですね(笑)
それなりにキャラの背景も考えられてるんだけど、観客の皆さんにその辺の努力がまったく伝わってないあたり不憫です。まーたしかにとってつけたような設定ではありましたが(爆)

ライダー的な要素も多々ありましたが、「熱血」「クール」「お笑い担当」「紅一点」という面々は戦隊っぽくもありましたね。あとは子供キャラがいれば完璧だった・・・

全然記憶なし

>SGAさんこんばんわ♪


え?GIジョーってアニメのトランスフォーマーと結構同時期だったんですか?自分トランスフォーマーはうっすら記憶にあるものの、GIジョーに到っては全然まるっきり覚えてませんw・・・も、もしかしてそれほど熱心に見てなかったからかも・・?(汗

しかしまあ本編で両陣営ともあれだけド派手に暴れて壊しまくっていたので、そのままの意味を取れば確かに『後に何も残らない』作品ですねw
続編だとは知らなかったものですから、正直自分もそれほど深くない単純な娯楽作だと思ってたくらいですし(^^;)あ・・・そいえばⅩ-MENの時も確かこんな考えだったよーな・・?
でもハリウッドのお家芸で、またここから色々な人物や設定を掘り起こしまくって長いシリーズになりそうな予感もするんですよね~。ヒット作になる予想を見越してツバ付けておくべきでしょうか?

こんにちは

メビウスさん、こんにちは!

あまり細かいことを気にさせない怒濤のアクションでしたよね。
僕もこういうの好きです。
やはり一番のお気に入りはハイパースーツかなあ。
もう少し観たかったです。
2作目やるんですよねー!?

『だけ』

>はらやんさんおはようございます♪

良くも悪くもこういうアクションだけがウリみたいな作りの映画には細かいことを要求するだけ野暮ですよねw自分も正直そのド派手アクションが目当てでキャスティングに好きな人がいたわけでもなかったので、純粋に凄い映像に酔いしれていました。

ハイパースーツもカッコ良かったんですが、活躍の場が少なかったのが心残りですね・・。その分2では思う存分魅せてくれると自分は予想してます。だから早く観たい♪

メビウスさん、こんにちは~☆^^
いつもTB&コメント、どうもありがとうございます!!!

GIジョーのフィギュアとか、全く知らずに見たんですが(でも、メビウスさんの記事を読ませていただいて、あ、そうか、こち亀で紹介されてたかも~!とうっすら思い出しておりますσ(^◇^;) そんな私もすごいく楽しめました~(*^^)v

それぞれのキャラクターの設定も好きでしたし、過去のシーンが流れるところもお気に入りでしたし、起承転結の起ばっかり続くような展開も面白かったです♪

そうそう!ブレンダン・フレイザーが出てましたよね~!
お、こんなところにっ!と驚きつつ嬉しかったです♪
ジョセフ・ゴードン=レヴィットも好きですし(素敵なお顔はほんのちょっとで終わっちゃいましたが(^_^;))キャストもとても良かったなぁって思いました。

続編ありきのあのラストも、口笛で・・ってなかなかやるじゃんって、素直に良いわ~って思えました^^
突っ込みどころもありましたが、コメディタッチな部分もあったせいか、そこのところ気にせず楽しく見ることができましたし、次ぎ、早く作ってもらいたいです~^^

こち亀読んでて良かった

>メルさんこんばんわ♪

↑のSGAさんも言ってますが、昔はなんか日本でもトランスフォーマーと同じくアニメ化されていたらしいのですが、なにぶん子供の記憶はうっすらなので覚えてなく、代わりにうちの兄貴が購読してたこち亀にこのGIジョーの事が書いてあって、人気も然る事ながらその値段の高さに驚いていた記憶だけは残ってますね~(笑

それとシークレットキャストのブレンダン・フレイザーの登場も面白かったですね。ホント、なんの前触れもなく登場するもんですから不意を突かれたような感じでしたし、見た限りエンドロールにも名前が載ってないので、目をこらした人は多いと思いますね。
続編でも出るかも?

こんばんわ

驚きも斬新さも感じなかった自分にとって
子役のアクションが、最も印象に残る場面でした。

名前見とくべきでした

>YOSHIYU機さんおはようございます♪

ビョン様やレイ・パークに負けじと、その2人の少年時代を演じた2人の子役のアクションもまた凄かったですよねぇw
動きもキレがあったように思いましたし、将来性を見越してエンドロールで名前を確認するべきだったかもしれません・・^^;

おじゃまします。メビウスさんは青森でしたよね…ご無事でしょうか。何事も無い事をお祈りしております。
何事も無い事を前提に映画の話です。
この映画の評価は私のブログに書いたとおり。
この映画のラスボスだったジョゼフ・ゴードン=レヴィットはこの後「インセプション」なんかでもいい感じ。この映画が汚点ってな事になってしまいそうな予感です。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。

>ピロEKさんこんばんわ♪コメントが遅くなって申し訳ありません・・。

東北を襲った震災は青森にも余波のような影響を与えましたが、幸い自分が住んでる所は両親に祖母ともに無事です。・・ただ兄と妹と従姉が揃って被災してしまいまして、自分よりもそっちが超心配ですねぇ。まだまだ余震が続いていますし、安心するのは当分先になりそうな気がします^^;

映画の話に戻りまして、ジョセフ・ゴードン=レヴィット。この人は今かなり人気が出て来た俳優さんですよね。自分がジョセフの存在を知ったのは確か未公開の『ストップ・ロス』っていう作品だったと思うのですが、その後は色んなメジャー作品に引っ張りだこのようですし、最近だとバットマン最新作にも出演が決定したとも聞いていますね。
本作の続編なんかに出てる場合じゃないかも?(笑

PAGETOP